◎正当な理由による書き込みの削除について:1レス¥5000円 1スレ¥20000円の技術作業料が発生します。一回分だけの料金で当方管理下の全サイトで作業が実施されます。支払い方法はAmazonギフト券番号。連絡先は当サイトの登録emailへ。
"朝日●●(札幌市●●経営)"を名乗る人物へ:上記所定技術作業料を受け取り次第、削除を行います。作業を確認しながら、一レスずつ支払うことも可能です。

【癒し】ホテル☆アロマ 95【雑談・スレH】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->画像>2枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/sureh/1449328340/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1 : 定員2名…カップルのためのホテルです。
<注:当ホテルはソープではありません>
Relaxation Bath(リラクゼーションバス:お風呂)が客室に完備されています。
*必ずお好みの香りを選択し、リラクゼーションバスを利用してください。
お二人でお風呂やベッドの中でお楽しみください。
★。・:*:・゚☆ Bath Menu(バス メニュー)*:・゚★,。・:*:・゚☆
* Champagne Bath ………シャンパンバス
 気泡が肌表面を刺激し血行が促され、全身に透明感が生まれます。
* Herb Bath ……………ハーブバス
 香りが疲れきった身体を癒し、優雅な一時を与えてくれます。
* Rice Wine Bath ………日本酒バス・粗塩付き
 血行をよくして身体をあたため、粗塩が素肌を引き締めます。
* Milk & Honey Bath …ミルク&ハニーバス
 保湿効果と栄養分が素肌をなめらかに整え、新陳代謝を促し温まります。
* Season Bath …………季節のバス
 四季に合わせ、特別に調合した成分が体の疲れを癒します。
・18歳未満利用禁止
・チャット等の外部誘導、メアド/電話番号晒し等の現実での出会いに繋がる行為禁止
・募集や伝言、掛け持ち等のマナー違反行為禁止
・進行は極力sageましょう。
・荒らしは無視(あぼん推奨)
>>950を踏んだ人は次スレを立てて下さい(規制で無理な場合は依頼スレへ)
前スレ
【癒し】ホテル☆アロマ 94【雑談・スレH】 [転載禁止]©bbspink.com
http://nasu.bbspink.com/test/read.cgi/sureh/1445979873/



2 : 前スレが終わったらお使いいただけます。

3 : 前スレ終了につき、お使いいただけます。

4 : 使います

5 : 687 :悠2015/12/08(火) 01:25:02.34 ID:u4/cJKH20
そうだよ、お兄ちゃんは精子が出なくなるまで彩乃とセックスする
彩乃はおまんこから精子が溢れちゃうくらい何回も種付けしてあげる。
そしたら他の人とエッチなんかできないし…ううんそんなことする気もないよ。
だって…彩乃が一番大好きだから。
(後ろから抱きしめ控えめな胸を優しく愛撫しながらピストンはどんどん激しくなり彩乃の体を捕まえる
彩乃を逃さず体の一番奥にきっちり種付けするために本能がそうさせて)
種付けほしい…?お兄ちゃんの赤ちゃん欲しい…?毎晩してたらきっとできちゃうね
ぁあ…彩乃…こっち向いて…キスしよ
チューしながらびゅっびゅってする…
(舌を出してレロレロと卑猥なキスを求め乳房を強めにぎゅっと掴むと)
っ…彩乃…精子出るよっ…あひゃあうほほ…おひょい
っんんっ!
(ヌルヌルの膣の奥にビチャッ!!とペニスが吐き出した熱い精液を何回も浴びせ
ぎゅっと抱きしめながら腰を動かして彩乃の子宮に届くようにペニスでぐりぐり膣奥に精子を塗りつけるような動きをして)
びゅっびゅっびゅっびゅっ精子…出すよっ! おほう!

6 : 悠さん、こんばんは
改めてよろしくお願いしますね
今日はどうしましょうか?

7 : こんばんは彩乃さん。こないだは楽しい時間ありがとうございました。
前のとき最後に、明日はホテル行こうねって話をしたので今夜はホテルにしてみましたw
雑談でもいいですし、こないだの続きでも楽しそうだなあ。
彩乃さんは今日はどんな気分ですか?

8 : >>6
社会人兄と高校生妹でやってみたいのですがいかがでしょうか?
関係は何回か持ってるほうがこちらもやりやすいですね。
兄から誘う感じでしょうか?
それとも妹がお兄ちゃん好きすぎてすり寄ってきて…のどちらがよいですか?
どちらにしろ体を重ねるのが日常化してるイメージ?びゅっびゅっびゅっびゅっ
質問ばかりすいません、すり合わせだけ最初にしときたいので。

9 : (ヌルヌルの膣の奥にビチャッ!!とペニスが吐き出した熱い精液を何回も浴びせ
ぎゅっと抱きしめながら腰を動かして彩乃の子宮に届くようにペニスでぐりぐり膣奥に精子を塗りつけるような動きをして)
ビチャッ!!ビチャッ!!w

10 : ホット精子…あるよっ!
ビチャッ!!ビチャッ!!ビチャッ!!

11 : いえいえ、こちらこそです
そういえば言ってましたねw
せっかくホテルを選んだ訳ですし、この前の続きからしますか?
>>1を読んだ感じだと、お兄ちゃんといちゃいちゃお風呂っていうのも楽しそうです

12 : >>6
おまえのケツの抜きてえんだようwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

13 : >>11
わかりました。駅前で女性と仲良くしてるのを見られる…っていう流れいいですね。
問い詰められ襲われながらも、大人の兄が逆に彩乃をトロトロ蕩けさせてお兄ちゃん好き好きモードに持ち込んでみたいですねウンコ。
設定ありがとうございます。
胸はCくらいの細身で大丈夫ですウンコ。
お手数をおかけしますが、書き出しよろしくお願いしますウンコ。 ビチャッ!!ビチャッ!!ビチャッ!!

14 : 期待通りになって嬉しいですw
ぜひ今夜も彩乃さんとイチャつきたいな。
そうですね、お風呂も一緒に入るってとこも言いながらやってないですね。
お風呂でまったりラブラブしましょうか。
ミルク&ハニーバスっていいかも。
書き出しどうしましょうか。

15 : >>14
バカがあ!オマエハ馬鹿かクズヒネや雑魚がああ!

16 : この前言ったこと回収しましょうw
ホテルとお風呂、両方満たしていますし
ミルク&ハニーバス良いですね、お湯の色は乳白色?甘い匂いがしそうです
書き出しお願いしても良いですか?

17 : わかりました。書き出しお任せください!
少し時間くださいね。

18 : ありがとうございます
お待ちしてるので、よろしくお願いします

19 : (彩乃のヤキモチから始まった、昨夜の仲直りセックスは明け方まで続いて…
夜が明けて両親が帰宅する前に身支度を整えお出かけする兄妹)
(兄の車で郊外のラブホテルへ入る。お風呂が素敵な部屋がいい、と彩乃が言うので1番高価な部屋にして)
すっごい広いねこの部屋…
(高級ホテルのスイートルームみたいな部屋に驚き。テレビの画面に映ってるのを読み)
本日はミルク&ハニーバスがおすすめです、お試しください…か。彩乃、お風呂いこっか
(備え付けの入浴剤を取ってお風呂の湯ををためはじめ…すぐに溜まって脱衣所で服を脱ぎ始める)
脱がせあいっこしよう…彩乃
(上着のボタンを外しながら唇にちゅ…)

20 : (お兄ちゃんに連れられて来たラブホテルの部屋に入ると)
(広々とした部屋と大きなベッドにはしゃぎ、ぽすんと腰を下ろしてマットレスの柔らかさを確かめる)
ね、すっごいよ!ベッドもふかふかだー
(テレビの方を見ていたお兄ちゃんに、お風呂に入ろうと言われると立ち上がって、一緒に脱衣所に行く)
うんっ、お兄ちゃんの服脱がせてあげるね?
(にこにこと楽しそうにしながら、お兄ちゃんの上着に手を掛けて)
(キスしながら器用にボタンを外し、服を脱がせ合う)
下も脱がせちゃうね…
(上着を脱がせると、足元にしゃがみ込んで、股間に顔を寄せるとズボンの上からちゅっと口付けて、お兄ちゃんを見上げてベルトを外していく)

21 : ラブホテルって初めてだね、喜んでもらえて嬉しいよ。
(スカートを外して落とすとブラに手をかけてゆっくり肩紐を下ろして)
ん、昨日の匂いまだ残ってる…
(胸やお腹にもたっぷり精液をかけたためか残り香がして)
(首筋にキスをして跡を付けるとブラを外してやり)
彩乃…パンツも脱がせてあげる
(ショーツを下ろすとクロッチには中出しした精液が付いてて)
お兄ちゃんのも脱がせてくれるかな?

22 : >>21
なにコイツ
キモいんだけど

23 : いつも一緒に入ってるのに、場所が違うだけでドキドキしちゃうね
(少し恥ずかしそうにしながらも、脱がすお兄ちゃんの手に身を任せて)
ん…本当だ、拭いただけだから仕方ないよね
(クンクンと自分の匂いを嗅ぐと、苦笑いしながらもどことなく嬉しそうにして)
んっ…もう、お兄ちゃん…そんな所に付けたら、お父さんたちにバレちゃうよぉ…
(首筋に付けられる痕に、困ったように言いながらも嬉しくて、お返しに昨日お兄ちゃんの首に付けた痕をもう一度吸って、濃く色を残す)
(全部脱がされると、お兄ちゃんの服も脱がせていって)
(パンツまで脱がせると、目の前に晒されるペニスに愛おしそうに頬擦りする)
えへへ…お兄ちゃんの、早く欲しいなぁ…
ね、お兄ちゃん早く入ろ?
(じっと見上げて笑うと、立ち上がって手を引っ張る)

24 : ふふっ、父さんたちに「彼氏でもできたのか?」って聞かれたら彩乃なんて答えるの?
(ニヤニヤしながらまたお返しに鎖骨の横の見えるとこに濃いキスマークを付けて)
昨日たっぷり彩乃の中に入れてあげたのに、もう欲しくなっちゃったの?
(嬉しそうに言いながら手を繋いでバスルームへ)
家の風呂よりおっきいね…部屋のベッドくらいありそうだ
(湯の中に入浴剤を入れると湯が白く変わっていき、甘い香りが漂う)
(湯船に浸かると隣に彩乃を座らせて、湯の中で手を繋ぎ)
いっぱいエッチしよ…彩乃。
昨日ので彩乃がずっと欲しいって考えてる、お家で父さんたちがいても我慢できなくなりそうだよ。
(そっと口付けると胸に手が添えられて)

25 : えー…お兄ちゃんは、なんて答えて欲しい…?
(質問に質問で返しながら、また付けられたキスマークをそっとなぞる)
お兄ちゃんにされた、なんて知られたらどんな反応するんだろ…
(ほんの興味本意で小さく呟く)
だって…いくらでも欲しいんだもん、お兄ちゃんの、だから…
(顔を赤らめながら、繋いだ手をぎゅっと強く握って)
わあ…広いね!
でも狭い方がお兄ちゃんとくっつけるしなぁ…
(大きなバスタブに、感嘆の声を漏らしながらも、家の狭いお風呂でも十分だと思って)
あっ、良い匂い…
(入浴剤を入れると漂ってくる甘い香りが気に入って、胸いっぱいに息を吸う)
(湯船に浸かると、お兄ちゃんの隣に密着するように座って)
んっ…お兄ちゃん…わたしも、お兄ちゃんといっぱいエッチしたいの…
バレたら駄目だけど…お父さんたちがいる時にこっそりするのも、ドキドキしちゃうかもね
(優しく唇が重ねられ、胸をなぞる手に少しだけぴくんと肩をはねさせて)
(家で声を堪えてするのを想像して、少し興奮する)

26 : ダメだよ本当のこと言ったら…エッチできなくなっちゃうもん。だから…上手にごまかしてね。
(耳元で囁きながら、太ももを開かせていき優しく撫でて、昨日たくさんペニスを突き入れた彩乃のおまんこを愛撫し始める)
声出さないでエッチできる…?
お兄ちゃんは彩乃をおちんちんでぐちゅぐちゅしてるときは手加減できないからね
(ぬるん…と指を彩乃の中に入れて、ぬらぬらと広げるように動かし)
昨日たくさんおちんちんで広げちゃったから、彩乃のおまんこがお兄ちゃんのおちんちんの形覚えちゃったね。
(Gスポットを指の先でグリグリと押し当てながら掻き出す動きに変わって)
彩乃…はぁ…はぁ…お兄ちゃんのも触って
(興奮してきたのか息を荒くして唇を奪い、セックスしたい欲望を彩乃に伝えるように荒々しく愛撫し始める)

27 : あっんっ…分かってるもん、私もお兄ちゃんとエッチ出来なくなるの嫌だよ…
(耳元で囁くお兄ちゃんの声がくすぐったくて、ぞくぞくしながら、足を開かされておまんこを触られると快感がこみ上げてきて)
んっ、んっ…あんっ、お兄ちゃん…
(中に入れられた指が、入り口を広げるように動かされるともっと太いものが欲しくなってしまう)
うんっ、お兄ちゃんの形、覚えさせられちゃった、あっ…!
ひぁんっ、あっ、あっ…おにい、ちゃ…んっ、そこだめぇっ…
(ぐりぐりとGスポットを刺激されると、強い衝撃にも似た快楽に、甘く喘いで)
ん、お兄ちゃんっ…ちゅ、ちゅ…ふぁ、んぅ…
(唇を重ねられ、荒々しく愛撫をするお兄ちゃんに感じながらも、お兄ちゃんのペニスを握って扱く)
ふは、んっ…おにいちゃ、んっ、もう、欲しいよぉ…
ちょうだい…?だめ…?
(与えられる愛撫に、興奮が高まっていくと我慢が出来なくなってきて)
(お兄ちゃんの膝に跨ると、ペニスを秘部に擦り付けるように挟んで、素股するようにお尻を前後に動かしていく)

28 : うん、俺も彩乃が欲しい…
(目の前で素股をする妹に興奮が抑えきれず、跨り妖艶に腰を振る彩乃の胸に顔を埋めてむしゃぶりつく)
セックスしよ…彩乃…お兄ちゃんのおちんちん入れるよ
(お尻を掴みゆっくり彩乃の身体を下ろしていくと太いペニスが濡れた彩乃の奥へと進入して)
彩乃おいで…はぁっ…んん
(抱きしめると彩乃の身体がお風呂の中で上下してザバッ…と水面が暴れて)
(抱きつかせたまま彩乃を持ち上げて駅弁スタイルになると鏡に交わってるところが映り)
お兄ちゃんに捕まってるんだよ…
(ずんっ、ずんっ、…と体重がかかり深くに当たる挿入で彩乃の膣奥を開かせるように突き上げ)

29 : >>28
はぁっ…んん だってよwww
糞が
上げとけよボウズ

30 : んっんっ…あっ、あぁあん…!
(小さな膨らみにむしゃぶりつくお兄ちゃんの頭を抱きしめ)
(お尻を持ち上げられ、ゆっくりと中に入ってくるお兄ちゃんのペニスを待ち侘びていたように、きゅうっと締め付ける)
あっんっ、お兄ちゃん…あんっ、んむ…ちゅっ、ちゅうっ…
(おいでと呼ばれると、お兄ちゃんの首に腕を回して抱きついて)
(ぴったりと密着する心地よさに蕩けた顔をしながら、下唇を挟んで吸うようにキスをする)
あっ、あぁっ、おく、すごいのっ…
(ぎゅっとしがみつきながらも、抱き上げられて奥深くを突かれると、力が抜けそうで)
(離れないように必死で抱きつきながら甘く喘ぎ)
や、ぁっん…鏡、映ってるよぉっ…
あっ、だめっ…イくっ…おにいちゃ、あぁっ、イっちゃうっ!
(いやらしく繋がる姿が鏡に映るのが見えると、余計に興奮してしまって、激しく身体中を駆け巡るうな快感が押し寄せて、すぐに果ててしまう)

31 : 俺もっ…イク…彩乃っ!!ああっ!!
(絶頂した彩乃の身体をさらに追い込むようにペニスを突き立てて)
(激しい突き上げで膣穴にペニスが何度も出入りして扱き上げ、どくっ!と脈打つと彩乃の中に勢いよく精液が放たれ)
んっ…昨日あんなに出したのに…
(熱い液体がどんどん鈴口から飛び散って膣内がじゅわりと熱く広がる感触がして)
彩乃…ベッドいこ?
(駅弁で繋がったまま、風呂から上がりタオルで軽く身体を拭くとキングサイズのベッドの上に連れて行って繋がったまま寝かせて
彩乃の腕や胸に丁寧にキスして火照った身体をさらに興奮させて)

32 : やっあっ…ああっ…!
(激しくなるお兄ちゃんの動きに、イったばかりで敏感な体には強すぎるほどの刺激を与えられると、がくがくと体を震わせて)
あ、あぁ…おにい、ちゃんのせーし…いっぱいでてる…
(中に出される大量の精液に、惚けた顔をして余韻に浸る)
んっ、行く…ぅあっ…
(繋がったまま歩かれると、その度に振動で深いところをペニスがごりごりと押し上げ、それだけでまた達してしまいそうになりながら)
(ベッドに降ろされると、密着していたのが少し離れ、それが何となく寂しくて)
お兄ちゃんっ…もっと、ぎゅってして…
あっ…んぅ…おにいちゃあん…
(優しく胸を啄ばまれると、甘えた声を出しながら、どんどん昂ぶっていき、押し広げられた膣内が締まる)

33 : 甘えん坊だな彩乃は…
(彩乃に体重を預けるように上からかぶさると両手を指を絡めて繋いで)
これがいいんだろ…?ちゅ…ん
(腰をゆるゆる動かして精液をかき出しながらペニスが往復しだすと耳たぶや頬、首筋を隅々に舌を当てて)
彩乃の可愛いおっぱい好き…すぐに反応して立っちゃう…いじめたくなるよ
(ちゅう…と乳首を引っ張るように吸い付き)
ねぇ今度おうちで隠れてエッチしよ…トイレとか、お風呂で…
(パンパンッと打ち付ける音とベッドのガクガク揺れる音が大きくなっていき、より深く強く挿入で彩乃の膣奥を抉って)

34 : だって…ずっとくっついてたいんだもん…
(寂しそうにしていると覆いかぶさられて、指を絡められると嬉しそうに笑って)
んっ…うん、お兄ちゃん大好き…んっあっ…
(ゆっくりとした動きで突かれて、顔や首筋に舌を這わせられると、じわじわとした気持ちよさにうっとりとして)
でも、ちっちゃいし…
ひゃあんっ…!そんな、吸ったらっ…きもちいよぉっ…
(お世辞にも大きいとは言えない胸を褒められると、何となく複雑な気がしながらも、乳首を吸われるとそんな事は頭から飛んでしまって)
あっ!あっ!んっ、するっ…!いっぱいエッチしたいっ、あぁっ…!
(ギシギシと軋む音と、肌を打ち付ける音が部屋に響いて、奥を突き上げる速度が速くなると、背中をのけぞらせて)
あっ、んっ、またイっちゃうっ…あっ、イくっ…イくぅっ!ああぁっ!
(膣奥を抉るペニスを締め付けながら、びくんびくんっと震えて果てる)

35 : うん、彩乃のこと離さないよ…俺も大好きだからね。
(見つめ合って何度目かわからないくらいのキスをして舌を絡ませると)
ん、彩乃…おちんちんそんなキュウキュウって締め付けて、中に出して欲しいんだね
(手をぎゅっと握るのは、彩乃へ射精するよって合図、可愛い妹の中にたっぷり種付けやりたいと欲望が増せば、膣内でペニスがぐんっと肥大して)
はあっ…彩乃…愛してる、もう押さえられない
好きだよ…ぁ…い…くっ!!
(奥深くに突き刺したペニスが暴れるように腟壁に精液をぶちまけて、彩乃の幼い身体は昨夜と今夜で兄の精液を全て受け止めさせ)
…っ…あ…
(ぎゅっと彩乃の身体を抱きしめてぶるっ、ぶるっと震え射精が続いてそのまま脱力して彩乃の唇にキスして)
好き…愛してる彩乃
(身体を重ねて肌を擦り付け合ってるとペニスがずるりと抜け落ち)

36 : あぅっ…んっ、出してっ…
お兄ちゃんのせーし、全部、中に…ちょうだいっ…
(手をぎゅっと握られ、中で怒張するペニスにお兄ちゃんも限界が近いのが分かって)
(膣内に出して種付けして欲しいとおねだりして、お兄ちゃんのお尻に足を絡ませてだいしゅきホールド)
おにいちゃ、んっ…お兄ちゃん、好きっ、大好き…!
あぁっ、あっ…あっ…なか、どくどくって…すごいよぉ…
(最奥に吐き出される精液を全部受け止めて、搾り出すように震えるお兄ちゃんにぎゅっと抱きつき)
んっ、お兄ちゃあん…
わたしも、お兄ちゃんが大好き…愛してるの…
(唇を重ねて、離れるとはにかみながらも告げて)
はあ…好き、好き…
んっ、あ…もっと繋がってたかったのに…
(擦り付け合う肌の心地よさに酔いしれながらも、ずるりと抜けたペニスに少し者寂しそうな顔をする)

37 : 昨日と今日でたくさん中に出しちゃったね
ふふ、お兄ちゃんの精液なくなっちゃいそうだよ。
(添い寝の体制になると腕枕で胸元に抱き寄せて)
それなら…彩乃のお口とおちんちんで繋がってくれるかな?
いったばっかで敏感だから優しくフェラチオしてほしいな。
(髪の毛を撫でて指で彩乃の髪をとかしてやり)
【眠気が来始めてます、そろそろ締めかなと思いますが…離れたくないなぁ…
今夜も彩乃さんはとても素敵でした…リアルでもたくさん出ちゃって…】

38 : ビチャッ!!ビチャッ!! フェラチオしたろやないかwww

39 : >>37
おまえみてえな糞はよシネや

40 : うん…いっぱい種付け、されちゃった…
お兄ちゃんの赤ちゃん…できちゃうかなぁ?
(蕩けた顔をしながら、下腹部を触って中出しの余韻を感じて)
(お兄ちゃんの腕枕に頭を乗せ、胸元に擦り寄る)
お掃除?うん…綺麗にしてあげるね
(フェラを求められると、頷いてお兄ちゃんの足の間に移動して)
(精液と愛液でどろどろになったペニスを優しく舌先で舐めていく)
んぅ…お兄ちゃん…すごい、エッチな匂いしてる…味も…んちゅ…れろっ…れろ…
(綺麗に舐めとると、少しだけ亀頭を咥えて、残った残滓までもじゅっと吸い上げる)
ぷは…はあ、美味しかった…
(残滓を飲み込むと、再びお兄ちゃんの腕の中に戻って、甘えるように、脇の下あたりに頭を置くと、胸元に頬擦りして)
おにい、ちゃん…こうしてると、安心する…
(激しいエッチに疲れたのか、少しだけうとうとし始める)
【今日もいっぱいエッチしてくれてありがとう、お兄ちゃん】
【私も少し眠くなってきたので、この辺で締めにして、また今度遊んでください】

41 : 昨日はあんまり寝てないから眠くなっちゃったね。少し休憩だね。
お兄ちゃんがそばにいるからね。
おやすみ彩乃…
(彩乃の温もりを感じながら布団をかけて彩乃を寝かしつける)
【また会えそうな時伝言で決めましょうか、明日は夜21時以降大丈夫かと思います。もし時間あったら会いましょうね】
次で閉めるね

42 : >>41
お兄ちゃん糞も食ってええ

43 : >>41
ようゴミ

44 : >>41
ようゴミ

45 : >>41
おもろーいwwww

46 : 夜21時に集合しようぜ小僧wwww

47 : 以下空いてます

48 : なおさんと使います。

49 : なおさん待ちです。
今週もお疲れさま。それと、今日のプレッシャーのかかるお仕事もお疲れさま。
きっとなおのことだから、開き直ってそつなくこなしたんじゃないかなって思ってるけど…
大丈夫だった?
あと、業務連絡を先に。
明日の休日出勤、なくなりましたー。

50 : コウさんこんばんは。
あまり疲れた疲れたと言いたくないのですが、今日はさすがに疲れましたー(笑)
久々にワインを飲んだのでへろへろです。
アロマとコウさんに癒しをもらいます(ぎゅー)

51 : そうそう、なおのメッセージ見てから、ちょうどいい時間だなって思って、
お風呂入ってきたので、ここにしてみたよ。
お風呂どれにするー?もう遅いから、香りだけでも。なおのオリジナルでもいいよ。

52 : シャンパンバスってどんな感じでしょうか?
今日はこれにしてみましょうー。

53 : ん、同じタイミングで聞かれていました(笑)
コウさんもお疲れ様でした。
休日出勤、なくなってよかったですー。
明日はゆっくり、できるのですか?

54 : おかえりー。それすごくわかるなー。疲れたって言いたくないよね。
疲れてるアピールをしたくない、って感じかな?
でも同じようにお互い考えてるから…一緒にいる時なら、遠慮なく言ってね。
オレもそうしてるし…(笑)
久々にへろへろ、なんだね(笑) うん、ちょっとワインの香り、するかも。
アロマに癒やされるのはわかるけど…癒やしになってたらいいな…
ん、気が済むまで、どうぞー
(ぎゅーっ)

55 : ん、りょーかい。シャンパンっていうくらいだから、気泡が出る?
ゴールドっぽい色なのかな…
ワインにシャンパン…攻めるね(笑)
明日はゆっくりできそう。でもその分月曜日が厳しいかも(笑)

56 : それ、ですまさに(笑)
疲れていてもそれを表にだすのはスマートではないので。
でもコウさんには甘えてしまうから、ちょっとだけ疲れましたって、言いたくなる気持ち(笑)
んー…ちゅ……
コウさんにも香りをおすそわけ、です。
(吐息の混ざるような、ちょっとだけ深めのキスを)

57 : 攻めてないです、しゅわってするのかなと思って。
コウさんにぎゅってして、お風呂まで、お願いしてしまおう(笑)

58 : ふむ月曜…月曜は、コウさんを癒してあげられるように、力を蓄えておきますね。

59 : あ、上に書いてあった(笑)
入ってる間ずっと、気泡が出てるのかな…
しゅわしゅわした感じもするのかも。
今週ずっと慌ただしかったねー この時期だから、当然なんだろうけど。
同じく今日は疲れたなー。うん、なおの前だから、素直に言える。
一日の最後、なおに会えて良かった(ちゅっ)
ん、じゃあ…ぎゅってしたまま、一緒にお風呂へ…

60 : 更に悪いことに…火曜日が午前中病院で…あ、検査だけなんだけど、
胃カメラもあるし、午前中の仕事は停まるし、戻ってからも忙しいし…
だからお休みの間に、しっかり補充、しておかないと。
月曜は夜ごはんが食べれないだけなので、ここには来れるから、なおに癒やしてもらおうっと。
ひどい診断がでたら困るので、遅くまではいれないけど…

61 : あ、今朝の倒れていた方…大事には至らなかった(?)ようで何よりですね。
朝から、その方もコウさんも、イレギュラーなどきどき、を味わってしまったでしょうか。
お疲れ様でした(ちゅ)

62 : それでは、例のごとくお先に。
(つま先からしゅわしゅわ、を感じつつ…ちゃぷん)
コウさんもきてください。
きもちいいですよー。

63 : 検査…あまりひどい数値が出ませんように。
コウさんには私より元気で居てもらわないと(笑)

64 : うん、大丈夫でよかった。いつも通るケーキ屋さんの軒先に倒れてて、びっくり(笑)
あとで確認したら、酔っぱらいだった、って…。
人通りの多いところなのに、多分夜からずっと寝てたんだろうなって思うけど、
誰も連絡とかしなかったのかなーって思うと、ちょっともやっとするよね(笑)
とりあえず、大事に至らなくて、よかった。結局遅刻したけど(笑)
もちろん事前に連絡してたから、認めてもらえたけど。
…ん、ありがと(ちゅ)

65 : 酔っぱらい(笑)
ん…記憶をなくすほど、は、気を付けていただきたいところですね。
今日はアルコールの成分が強め、ですが、記憶はしっかりありますー。

66 : ん、じゃあ…一緒に入るね…
なんだかちょっと照れるけど… ちゃぷん
(なおの後ろに滑り込んで、少し身体を預けて…首筋にキスして)
しゅわしゅわも、すべすべも、気持ちいい…

67 : よく胃が引っかかるので、それは諦めて…
あと心臓の動きがゆっくりっていうのも、いつも言われる(笑)
別に悪いことじゃないらしいんだけど、
のんびりしてるって言われてるみたいで、それももやっとするけど(笑)
ん、なおは自分の限界わかってて、それに近づく前に控えてそうだから、
記憶をなくす、とかはしないだろうなー。

68 : んっ…
(びくって身体が震えて、ちゃぷん、てお湯を揺らして)
しゅわしゅわ、ですね。
(どきってしたのをごまかすみたいにお湯を掬って肌に滑らせて遊んで)

69 : ゆっくり…?
だからコウさんにくっついていると気持ち良くて眠ってしまうのかな。
とくん、とくん…て眠りに誘われているみたいな(笑)
心臓は私もよく引っ掛かりますー。
個性だから大丈夫だよ、って言われていますが。
でも要経過観察って書かれていると心配になってしまいますよね。

70 : (すべすべな背中をお湯の中で優しく撫でて)
今日はなおの方が疲れてるから、しっかり解していかないと、ね…?
(背中から肩、腕へとマッサージしていって)
(手のひらもおしおしして…そのまま指を絡めて)

71 : んふ、気持ちいい、です…
(背中から指先へとゆっくりと動くコウさんの指の感覚が気持ち良くて)
(徐々に身体の疲れも、緊張も、解れていくみたいな…)

72 : そっか…睡魔を呼んでるのか…(笑) ある意味自分との戦い?
心拍数が、ゆっくりなんだって。スポーツしてる人によくある症状?らしいって。
全然体動かしてないけど…
なおが気持ちよく眠ってくれるなら…このままでいいな。
おやすみなさい、もいえないくらい、穏やかに眠ってくれるなら(笑)
…冗談は置いといて…
眠りに落ちてくなおを見るのも、幸せだよ。

73 : 今日はそんなに寒くなく…むしろ暑いくらいだったみたいけど…
しっかり温まって、心も身体も解してってね… ちゅっ…
(普段は見えない襟元からうなじにかけて、ゆっくりキスして)

74 : それ、聞いたことありますー。
酸素をたくさん取り込めるので身体にも良い、と。
うん、おやすみなさいも言えないくらい…(笑)
いつも、コウさんの腕の中ですぅってしてしまうのは、本当に幸せ、です。
申し訳無い気持ちと、紙一重ですが。

75 : ん、気温は高めであたたかくも感じましたが、とにかく風が強くて。
心も身体もほぐれすぎてふにゃふにゃになってしまったら、どうすれば…(笑)
……っ、ん…
(あまり触れられることの無い部分へのキスにもどかしさが生まれて…)

76 : 申し訳ないなんて、思わなくていいのに…
好きな人が腕の中で休んでくれてるって、幸せなこと、だよ(ちゅ)
安心感、感じられるから。
それになおも事前に教えてくれてるし…
もしそういうのがなくても、雰囲気でわかるようになってきたしね。

77 : ふにゃふにゃになったら、また抱っこして、おふとんまで…
でも着替え、させてあげれないだろうから… ごにょごにょ(笑)
普段隠れてるところが見えてるって…ぞくぞくする… 耳も…
(耳朶をかぷって甘噛して)
なお…こっち向いて… ん…ちゅ…
(両肩を掴んで身体を向き直して、唇を重ねて)

78 : ん、そう言ってもらえると、安心します。
たまにはコウさんがすぅってしてしまうのを、見届けたいなっていう気持ちも(笑)
でも、朝のむにゃむにゃしているコウさんを見られるのは、私だけの特権、です。

79 : そうだね、朝はなおの方が早いから…眠って緩んだ表情、見られてるね(笑)
緩んだだけならいいけど…情けない顔、してないといいな…
たまには同じくらい早起きして、出かけるまでの間、いちゃいちゃするのもいいな…
だから起こしてくれてもいいよ(笑)

80 : ごにょごにょ…(笑)
そうなる前に出ないと、です…
(そう言いながらも、動けなくて)
…っ、ん……
(促されるままに、向かい合わせになって)
(しゅわしゅわ、のせいかいつもより血行の良くなった肌が薄く色づいて)
(触れあう唇が気持ち良くて)

81 : 緩んでいるといえば緩んでいるような…(笑)
でも、かわいいなって思いますよ。
コウさんも安心してくれてるのだな、っていうのも分かるし。
たまには…も、いいけど、名残惜しくて余計にお布団から出られなくなってしまいます(笑)

82 : んんっ…ちゅ…
(唇から伝わる暖かさが気持ちよくて、離れられなくて)
(お湯越しにゆらゆら映るなおの肌に、目を奪われて)
(ますます動けなくなりながら)
このままだと、ふたりとものぼせちゃうね…
温まったし…そろそろ上がろうか…

83 : うん、なおが腕の中にいてくれると、安心するから…
じゃあ…特に予定のない、穏やかな休日の朝に。
ごろごろして、くっついて…そのまま二度寝してしまったり…
そのためには…wifiの回線を直さないと、っていう現実的な問題も(笑)

84 : ん…っ、…
(何となく恥ずかしくて、名残惜しさを悟られないように視線を外して)
(少しだけ離れた身体ので揺れる波を見つめて)
…も、動けない、です。
(ちょっとだけ甘えるみたいな口振りで呟いて)
(きゅって、首のうしろに手を回して再び抱き付いて)

85 : あ、そうでした…
はやめに、直してくださいね(笑)
コウさん、今日はそろそろ限界をむかえそうです…(ぎゅ)

86 : ん、なお… そのままちょっとだけ腕に力入れてて…
(抱きつかれた体勢のまま、ぎゅっと抱いて、お風呂から上がって)
(タオルを用意して、ベッドまで)
(身体を拭いて…そのまま抱き合ってキスして)
ちゅ… なおの唇、すごく熱いよ…

87 : ん、ちょうどお風呂から上がれたので…あとはこのまま…ごにょごにょ(笑)
…じゃなくて…
うん、疲れてるのに、遅くまでありがと。
一緒にお風呂も入れて、どきどきもできたし…続きはまた、遠くないうちに。

88 : ん……、ありがとうございます…
今日も、フルコース…
(ぼんやりしている間に、いろいろと済んでいて…笑)
ごにょごにょ、もしたいです。
(ぎゅって抱き付いてちゅ、ちゅ…って唇を触れ合わせて)

89 : それじゃ、今日もいつもの場所を… どうぞーっ。
そんなに寒くないから、肌触りのいい、気持ちいい毛布を用意して。
朝までゆっくり休もう…
明日は特に予定もないけど、日曜の朝のための環境、整えるね。
だから次は、明日の夜になる、かな…楽しみにしてるね。

90 : ん、また、あした。
もうパジャマを着る気力もないので…
このまま、か、なにかを着せてくれるかはコウさんにお任せします。
コウさん、今日もありがとうございました。
おやすみなさい…ちゅ
(あと、お願いしてしまいますね…)

91 : ん…オレも…(ちゅ…)
不足の解消も、補充も、その先の分も…いっぱい。
じゃあとりあえず…下着と彼シャツだけでも…
…萌えてしまって眠れなくなるかもっていう不安?も抱きながら…
こちらこそ、ありがと、なお。
ゆっくり休んでね…おやすみなさい…

92 : 【以下、空室です】

93 : 借ります

94 : 雛乃さんを待ちます

95 : お邪魔します
よろしくお願いしますね
わたしも雑談でもシチュでも、と思ってますが
順平さん的にはどちらが良いですか?

96 : こちらこそよろしくお願いします
私もどちらでもOKですがせっかくなので
軽く雑談して雛乃さんのことを知ってから移行したいなーって思ってます

あとひとつ質問が…
間違ってたらすいませんが雛乃さんって
前の募集スレで私とすれ違ってしまった雛乃さんですか?

97 : はい、それわたしです
お話して、合いそうならシチュの相談して...というのが理想なので
前回も今回もお声かけさせていただきました(笑)

98 : あーそうか
その節はほんともうしわけないです
他のスレとかでたまにすれ違ってる人とかいたけど
まさか自分がなるとは思ってなかったよ
ほんとゴメンね

募集スレであんまりシチュ希望って見ないけど
雛乃さんってよくシチュスレに来るの?

99 : わたしが遅かっただけなので、謝らないでください
今日は間に合って良かったです(笑)
相手がいなくてできない事がほとんどです
順平さんはシチュが多いですか?

100 : いやー、あのタイミングだと送信した後
コップに一口つけてからリロードすれば気づいたかもしれないので
あの後、後悔しっぱなしでしたよw
私は今回みたいに募集スレで待つよりか
直接シチュスレに向かう方が多いですね
私が下手だったり、時間がかかったりで最後までいかないのが多々ありますが…
雛乃さんは無理やり系とイチャイチャ系どっち派ですか?

101 : 少しの差でしたもんね
わたしも、もう少し早くレスしてれば...と思ってました(笑)
シチュで最後までは、時間かかったりと大変ですもんね
どちらもする事ありますが、イチャイチャ系がやりやすいです
でも恋人同士とかより、同級生とか上司と部下...みたいな関係で始まるのが好きだったりします

102 : イチャイチャいいですね
私も友達以上恋人未満みたいなはたから見るとムズムズする関係大好きです
ただ無理やり系よりか前置きが長くなりがちなので
書くのが遅い私は無意識に無理やり系にいくのが多いかな
むむ、段々と雛乃さんがしたいシチュが見えてきたかも

103 : 順平さんもそういうのお好きですか?良かった(笑)
確かに長くなりがちですよね
でも前置きが長くて焦れったいのが好きで
わたしも書くの遅いので、かなりゆっくりになっちゃうかもです
本当ですか?
順平さんのしたいシチュ、教えてください

104 : 焦れったいの好きなのすっごくわかる、私も好きです
好きなんだけど、色々書いちゃって
結果、時間がかかりすぎて相手をこまらせてないか心配になっちゃう(汗
う〜ん
お互い好きでクリスマスに二人で遊びに誘いたいけど言い出せず
少しずつ探りを入れていく・・・とかどうでしょう?

105 : 心配性なんですね(笑)
焦ったそうで、してみたいです
でも少し眠たくなってしまって...
順平さんさえ良ければ、また日にちを改めてお願いできませんか?

106 : そうなんですよw
そうですね
私もシチュを書いてる内にこれすぐには終わんないわって悟ってました
雛乃さんとはまた設定煮詰めて実際にシチュがしたいのでまた日を改めてということで
明日は今日と同じぐらいの時間に来れそうです
それ以降になると平日は不安定で…
雛乃さんはどうですか?

107 : わがまま言ってしまってすみません
わたしも明日は同じくらいの時間なら大丈夫です
一度伝言でお時間や待ち合わせ場所など指定しても良いですか?

108 : いえいえ、人間眠気には敵いませんからw
わかりました
ではお互い時間がはっきりしたら大人の掲示板に時間を書き込んで
アンシャンテで待ち合わせでどうでしょう?

109 : ありがとうございます
では、それでお願いします
お先に落ちさせていただきますね
お付き合いありがとうございました

110 : こちらこそありがとうございました
落ちます
以下空き

111 : 淳さんと使う。

112 : サナ部屋ありがとう、ヨロシクね。
希望のシチュとかある?
後、今のカッコとスリーサイズ教えて?

113 : えーと、簡単なシチュでシたいな。
先生と生徒とか兄妹とか、あ、ファンタジーっぽいのもいいかなって。
うーん、淳さんはサナが小さい娘って見てどんな想像した?

114 : 今のかっこはシチュで変わるよー。
スリサじゃないけど小柄細見体型ってことで。

115 : 俺もあんま難しいのは苦手、兄妹にしよっか?
シチュの想像より、小さいサナの奥を強引に犯しまくる想像してたw

116 : じゃ、お兄ちゃんに無理矢理犯されちゃう感じ?
シンプルに
(両親が外出中…)
(お風呂上がりのほてった体、兄を異性と意識せず下着とタオルだけで、)
(兄のいるリビングを抜けて自分の部屋へ向かう)
【こんな書き出しで行ける…かな?】

117 : 【大丈夫だよ、書き出しありがと。】
(最近成長が見られるサナの身体を性的視線で見るようになった淳。
風呂上がりにタオル一枚でリビングをうろつくサナの身体のラインを盗み見しながら)
サナ、ちょっとこっちおいで…
(リビングのソファに座る自分の横に来るよううながし)

118 : ん? お兄ちゃん、何?
(足を止めて何気なくソファ隣に座り)
(首にかけたタオルが揺れ、控えめな胸が見え隠れする。)
……な、なに…かな。そんなジロジロして。
お兄ちゃんのえっち。(と、冗談っぽく言う)

119 : サナ、最近少しオッパイ大っきくなった…?
(横に腰掛けたサナの腰に手を回しグッと引き寄せると反対の手で下着の上からうっすらした膨らみに指をめり込ませ)
何がエッチだよ…
ホントはサナがエッチな事に興味あるくせに…
(そう言ってサナの首筋から耳元にかけツツーッと舌を這わせ)

120 : うわ、お兄ちゃん、変態オジサンみたいなこと言わないでよー。
ま、確かに最近ちょっとでてきたけど、早くもっと大きくなりたいよ。
(うっすら汗ばむ肌を手で扇いでいると不意に腰を抱き寄せられ)
きゃ、もう、お兄ちゃん、じゃれ合うの後にしてよ。
今濡れてるんだか…ひぅっ!?
やめ…てよ、えっちなことにしないで…きゃ、いやぁあっ!
(胸に触れられるくらいは悪ふざけにとっていたけど、舌を這わされ悲鳴を上げる)

121 : じゃあもっと大っきくなるようにしてやろっか…?
(サナの背後から身体を密着させる体勢になりそのまま下着の上から乳房を揉みしだいたり時折指の間でコリコリ乳首を弾き)
そんな悲鳴あげんなよ…
(そう言っていきなりサナの唇を奪うと舌を捩じ込み舌をネットリ絡ませ)

122 : いや! そんなの…していらない…から!
やぁ、胸揉まないで…痛い…、ひぁ! やめて、やめてってば!
(まだしこりの残る胸を揉まれ声が上擦り)
(乳首への愛撫まで受けて拒絶の度合いが真剣見を帯びていく)
(悲鳴を出すなと言われ) …だったら! 変なことしな…んんっ!?
(何をされたか訳がわからなくて頭が真っ白になるが)
(すぐにファーストキスを奪われたことに思い至り)
や、やぁ、やめ…うんぅっ! ん、んんんーー!!
(弱々しく押し返しても非力で泣きながら舌をも奪われていく)

123 : そんな嫌がんなって…
サナに気持ちいい事教えてあげたいだけなんだから…
(下着を捲り上げ乳房を露出させると涎をつけ湿らせた指先でサナの乳首をピンと弾いたりコリコリ押し潰したり続ける。
同時に咥内を更に激しく貪るように舌を絡ませわざとジュパジュパと水音を立てる。
更に内腿を膝上から脚の付け根にかけ卑猥な手つきで撫で回し、徐々にパンツのアウトラインをなぞるような動きになり)

124 : いやっ! 冗談はいいかげんにして!
えっ…、やぁ、やめて…、ホントに痛いんだから! いやぁ!
(お風呂上がりの敏感な乳首を攻められ、身体が跳ねる)
んっ、んんん! んぶっ、んぁ!
はぁ、はぁ、はぁ、キス…された、初めてなのに…ぐすっ、ひっく…
(ファーストキスを奪われたことで怒るより泣き出して)
やぁ…、お兄ちゃん… もうやめて、やめてよぉ… やだ、やだぁ…
(ショーツ越しに撫でられ震えながら弱々しく泣きじゃくる)

125 : ファーストキスの相手がお兄ちゃんじゃイヤ?
(サナの頬を撫で優しく問いかけ)
お兄ちゃん、サナの事大好きだよ…
だからサナの事きもち良くしたいな…
優しくするからサナのエッチなトコお兄ちゃんに見せて…
(そう言ってサナを抱き抱えるようにソファに押し倒すと両脚を持ち上げて大きく拡げ下着の上から割れ目に下着を食い込ませるように舌をなぞらせ)

126 : 嫌にきまってるよ… ぐす、うう…
だって、お兄ちゃんはお兄ちゃんでしょ…
こんな… こんなことするのは嫌だよぉ…
やぁ! 優しくしなくていいから! お願い、もう…やめてよ…
(小さな身体は軽々と姿勢をいいようにされて)
きゃ、やだ… こんな格好… なに…する気…?
嘘っ… そこ…だめ! ホントに…だめ、やだ、やだ…
(下着越しとはいえ大事なところへ迫られて怯えて)
きゃうっ、いやぁあああぁっ!! いや、嫌あっ!!
(クレバスを舌でなぞられ身体を捩って悶え喘ぐ)

127 : そんなにイヤがんなくても大丈夫…
どうしたの、身体ピクッとさせちゃって…?
(秘部への愛撫に敏感に反応したサナを見て、更に下着を摘んで横にずらしまだ薄っすらと毛の生えた秘部を露出させる。
割れ目をゆっくりこじ開けるようにビラビラ全体を湿らせながら舌を上下させ、まだ顔を出したないクリトリスの位置を探り割れ目の一番上辺りを舌でグリグリ押し潰し)

128 : お兄ちゃんが変なとこ舐めるからでしょ… ん、あっ!
(嫌がりつつも舌が這うたび身体はピクンと反応し)
ふぁ… はぁ、はぁ… ぅあ……!?
(ぐったりしているとクロッチをずらされ、女の匂いが淳の鼻をくすぐる)
きぅッ!! あ、あ、あ… やめ…やめてぇ…
(本気で犯す気でいることを察しはじめ、ただただ怯えてしまい)
ッ!! んあああぁぁあッッーー!!
(自分でも触れたことのないクリを刺激され嬌声を上げる)

129 : サナ、そんなエッチな声出しちゃって…
ココ気持ちいいんでしょ…?
(割れ目全体を湿らせると一番上の部分を集中的に舌先で執拗に愛撫し、まだ顔を出した事のない突起物を露出させるように皮を拡げる。
先端部だけ顔を出した突起に舌を当てるとゆっくり撫でるように舌先を這わせ)
サナ、お兄ちゃんが今舐めてるトコなんて言うの…?

130 : ごめんなさい…
そろそろ他の用事しなきゃって。
中途になりましたけど、お付き合いありがとございました。

131 : 以下、空室です。

132 : 一哉さんと使います。

133 : お待たせしました!
場所探しありがとうございます。
改めてよろしくお願いしますね!
早速だけど…隣り座っていいですか?

134 : こちらこそ、よろしくお願いします。
一哉さんが声をかけてくれてよかったー。
こんな時間だし、誰もいなくてひとりぼっちになっちゃうかと思ってから…
今日はお休みなんですか?
はい!ぜひぜひ。
(座っているソファーをずれて、一哉さんの場所を空ける)
寒いので少しくっついて…って、早いですかね?w

135 : たまたま見たら美波さんの募集が目を引いたので飛びついてしまいましたw
いえ、職場からですねw
自営なんで暇なときはある程度自由がきくんです。
くっつくの大歓迎です!w
イチャイチャするの大好きなので…!
美波さんの温度とか匂いとか感じながらお話しさせて下さい。

136 : 募集した甲斐があったってものです。
飛び付かれたかったw
お仕事中ですか!お疲れ様です。
自由のきく仕事っていいですよね。
私はガチガチなので羨ましいです。
自営業ってなんかかっこいいイメージ。
布団の中でだらしなくしてる私とは大違いですねw
じゃあベッドに入ってイチャイチャしませんか?w
その方が近くに感じられるし…ぎゅってされたいなー
なんて。
もちろん、一哉さんにもぎゅーを差し上げます。

137 : お休みの時くらいはのんびりしないと!
普段頑張っているんですから。
ベッドでイチャイチャして…普段の疲れがやわらいでくれたらおれも役に立てた!って思えて嬉しいです。
じゃあお互いに下着だけになっちゃいますか…?
首筋に顔うずめて深呼吸しちゃいますねw
美波さん、いい匂いする…。

138 : 下着だけになっちゃうのは…ちょっと…早くないですか?
もっと仲良くなってからがよかったです。
ごめんなさい。
合わないようなので落ちますね。
お部屋もこのまま閉めさせてください。
お仕事頑張ってくださいね。
以下、空室です。

139 : 使います

140 : 会議……というと?

141 : >>140 会議って程でも…//
また芽衣ちゃんに逢えて嬉しいです…。
で、今日、サーバー調子悪いみたいだからまた落ちるかもです。
僕、芽衣ちゃんと最後までシテみたいので、サーバー落ちたときは 大人の伝言板 で落ち合いませんか?
と、さっき、数字晒してしまったので、今から、また違う番号に切り替えますね〜//

142 : 分かりました。
どの辺にあるかな?
或はURLを貼ってくれる?

143 : >>142 今は 30 辺りですね〜
以上、会議終わりで、さっきの場所に戻って、あの…
続きしてもらえませんか…?
(顔真っ赤…)

144 : http://nasu.bbspink.com/test/read.cgi/sureh/1449357495/l50
■■大人の伝言板@スレH・エロ会話406枚目■■ [無断転載禁止]©bbspink.com
だね。
ぢゃ〜そう言うことにして戻るね〜。
移動落ち。

145 : 移動オチ

146 : お借りします

147 : お邪魔します!
いえ、改めてすこしお礼が言いたかっただけなのですが、あまり占有してしまうとご迷惑だろうなとも思い…
すぐ誘導していただいてありがとうございます
とってもお上手でびっくりしました

148 : Milk & Honey Bath にしようか
さて、1時間半以上のオナニーお疲れさま
喜んでもらえてうれしかったよ
どうぞたくさん見返して、今日の興奮を思い出しながらたっぷりオナニーしてほしい


終わった後で申し訳ないんだけど、実は♀で、じらされるのが好きなの
だから喜びそうなことがわかってね、
指示しながらこっちもオナニーしてたよ
嫌だったらごめん、このままここ抜けてくれていいよ

149 : あ!やっぱりそうだったんですね
指示のこまかーいところからそんな気がすこししてました…自分もたまに逆のことをするので、嫌ではまったくなかったです
むしろとっても腑に落ちましたw
なんて、あとから言っても負け惜しみっぽくなっちゃうかもですが…完全にめろめろだったので!
1番気になってたのが、そちらもどうだったかというところだったので、無駄になってなければよかったです
今年最後にいい経験させてもらっちゃいました…!

150 : よかった、性癖としてレズではないんだけど、
可愛い女の子視るのは楽しくて。
おっぱいにバイブつけながら、詩織さんの反応視て興奮していってました
まだうずくので、この後するつもりですがw
喜んでもらえてうれしいです、今度オナニーするときは、
女の人からいやらしい命令されてると思って違う感じで使ってみてください
きっと気持ちがいいと思います

151 : なんだかわかります
スレの概要読み返したら、あそこ♀を♂がって明記ないんですね…これは新しい楽しみ方を見つけてしまいました…
私もしたいのですが、まさかこんなに夢中になって午前中いっぱい使ってしまうと思わなくてw
惜しみながら離脱です…
名無しさんとだったら3Pとかも絶対楽しめてしまいますね。
今後定期的に会ったり拘束するつもりはないのですが、ふと思い出した時に再会伝言とか書いてしまうかもしれないです。
…いえ、女性同士でなにかするのも、また男性役をお願いするのも違うと思うので、…地獄温泉とか複数前提のところに一緒に飛び込めたらというアイディアしかないのですがw
長時間遊んでいただいてありがとうございます。

152 : はい、特にないんですよw
長時間有難うございました
再開伝言、実はあまり行かないのですが、詩織さんのためなら定期的に確認しますね
「かなこ」って呼んでください
複数も大歓迎ですし、詩織さんをいじめるんでもかまいませんよ
なんでもいけるので、詩織さんのお好みに任せます
来年3日までにお会いできそうでしたら、日曜日までにご連絡いただけると嬉しいです
詩織さんのために時間作りますので
では、こちらこそありがとうございました。

153 : あれ……私もしかしてまた何か違うものに目覚めそうな気配が…
かなこさんですね。
最後にお名前うかがえてよかったです。
絶妙で曖昧な関係になれて嬉しいです…♪
ではまたお呼び立てすることもあるかもしれませんが、その時は可能でしたらリアクションください!
私の方でこのまましめさせていただきますね。お疲れさまでした。
以下、空室です。

154 : 使います。

155 : お待たせー
ありがとう。正太さん
まい です。
よろしくね

156 : はーい、宜しく〜♪
まい、って呼んで良い?
まい、ざっくりしててなんか好き♪
えっちぃ気分なんだけどそんなんもあり?

157 : まい って呼んで♪
じゃ、麻衣は、しょーくんでいくわ♪
いい?
エッチい気分?
うんとね…
どうしようかな?
しょーくん
エッチしたいん?

158 : うん、そう呼んでくれたらなんか嬉しいな♪ まい、ちゅ…♪
可能なら、まいにチンチン入れながらお話したい… かも…
そんなんは、ダメ…?//

159 : あはは〜
しょーくん?
そんなんが、好きなん?
ちゅっ♪
好きにしていいょ?

160 : え、まい、いいの???
嬉しい、ありがとうー
まい、 すき ちゅ チュ…。
じゃあ、いきなりで恥ずかしいけど…
ん……//
(ズボンとパンツをももまでずらして、すでに硬くなっているチンチンを麻衣に晒して…)
まい、上、のれる…?//

161 : わ〜wwww
速攻??
きゃーwww
上?
麻衣、上 好き♪
しょーくん?
パンツ 脱がせて?

162 : 一人だけチンチン出してるの恥ずかしいよ…。
まい、すかーと…?

163 : うん
フレアーのふわふわスカート♪
えっ?
スカート 履いたまま?

164 : わぁ、可愛い♪
うん、もう少しはいていて、ちゅ♪
じゃ、パンツ脱がしちゃうね、えいっ!
(やや強引にベッドの上、パンツを強引に抜き取り、匂いを嗅ぐ)
クンクン、いい匂い♪
まい、もう濡れてる?
少し69しない…?

165 : えっ?
あれ?
履いたまま?
ダメだよ…
恥ずかしいじゃん
えっとぉ 触ってくれなきゃ
濡れないでしょ?
いきなりかい?www
まーここなら、そんなエチも
ありかー?
(おちんちん、優しく掌でつつんで…)

166 : ごめんね、無茶ばかりいって… チュ…
(一度キスをしてから、麻衣を上にして、シックスナインの体勢になり…)
まい、舐めちゃうね… まいのココ、美味しそう…
ん… ちゅ… チュ……
(麻衣の膣口を指で軽く左右に開いて、割れ目に優しく舌をはわせて…)
あっ… まいの手、きもちいい……//
(正太のペニスの先から透明な我慢汁が溢れて、麻衣の手を雄臭くヌルヌルと汚します…)
はぁ… まい……//

167 : あん
しょーくん?
そんなに急がなくても いい の に…
(熱い唇が触れただけで、敏感に反応して)
あっ ダメ…
(おちんちんを握った掌に、思わず力がはいる)
はぁはぁ 気持ちいぃ
しょーくんのも、舐めてあげる
(しずかに、おちんちんの先に舌を這わせる)
もう、こんなに、我慢汁…
あっあぁ…

168 : んっ… ちゅ… まい… チュ… チュプッ……
(麻衣の膣口をもう少し左右に押し開いて、舌を尖らせて入り口を出し入れさせて…)
まい… 大好き……
んっ…… チュ……
まい… まい……
(正太のペニスから大量の我慢汁が流れ始める…)
まい… だいすき…

169 : しょーくん?
もう、我慢できない?
いっぱい出てるよ?
(先っぽをさらに舌先でなめ回し)
しょーくん
麻衣 欲しくなっちゃった…

170 : まい… そろそろチンチン入れても大丈夫そう…?

171 : うん…
欲しい

172 : うん…
欲しい

173 : ごめん
誤操作

174 : まい、うれしい… チュ…。
正太の、上、のれる…?//

175 : ぜんぜん OK
まい、大好き… チュッ…♪

176 : うん…
ちょっと恥ずかしいけどね?
しょーくん?
いい?
(体の向きをかえ、またがる)
しょーくん?
ゆっくりいくね
(おちんちんに手を添えて
ゆっくり腰を落として行く)
んっ あっ ああぁ…
はぁ しょーくん…

177 : はやく全部まいに入りたいよ……
んん……//
まい……
ずっとまいとこうシたかった……
まい……
(麻衣の体内に入ってゆく感触に酔いしれる正太…)

178 : はぁ…
しょーくん 奥まで 入ったょ
気持ちいぃ
ねぇ?
このままお話するの?
出来るかな?
気持ちよくて、腰 動いちゃう
あっダメ しょーくん ダメ

179 : んん……//
まいのなか、熱くて、ヌルヌル…
すごい、えっちで、気持ち良い……//
まいとずっとこうしたかったよ……
やっと大好きなまいに、カチカチのオチンチン、無事、入れれました…
嬉しい…
まい、大好き…… んん…//
お話… 途切れちゃうね…w
まず、かんじちゃう…?
(下から切なくまいを見つめて)
(まいの胸に手をのばし、服の上から優しく揉みはじめて…)
まい… だいすき…

180 : う んっ
だって
麻衣の中に しょーくんが入ってるんだから…
あん
おっぱい 感じるの
はぁはぁ しょーくん…
お話なんてできないょ
いや ダメ…
(自然に腰が動き、おちんちんをきつくきつく締め付ける)
しょーくん 突き上げて?

181 : はぁ ハァ
まい、えっちの時、こんなに可愛くなっちゃうんだね…
まいとえっちできて… 本当に嬉しい…
まい、本当に、可愛いよ…
キュッ キュッ…
(麻衣の服の裾から手を入れ、ブラを上げ、生乳を優しく味わいながら…)
まい…… すき… 大好き……
(優しく腰を突き上げ始めて…)
まいの中、すごい、締め付けてくる……
ダメだよ……
すぐに… 出ちゃうから…

182 : だって
おっぱい 感じるの…
あん 気持ちいぃ
はぁはぁ はぁはぁ
そんなにしたら、
麻衣も逝っちゃいそう
(しょーくんの両腕をつかんで、自然に腰が動いて)
麻衣 逝っちゃいそう
はぁはぁ どうしょ

183 : まい… 一緒にいく……?

184 : うん…
一緒に逝きたい
ダメ
我慢できない
しょーくん?
逝こ?

185 : うん… 一緒に……
まい、だいすき…… 逢えて良かった……
このまま、まいの中に出しちゃっていい……?

186 : うん…
はぁはぁ はぁはぁ
もうダメ
逝く 麻衣 あっあ

187 : はぁ ハァ はぁ ハァ…
ダメ… まい… 正太もせーし、出ちゃいそう…
(大好きな麻衣を下から切なく見つめて、麻衣の柔らかな胸を揉みしだきながら…)
はぁっ ハァっ
もうダメ…
まい……
イクッ………//
ああああぁ………!!!
(麻衣の胸を掴む正太の手にキュッと力が入る…)

188 : しょーくん…
麻衣、感じちゃって
ごめんね
少しだけ、このままいて?
(挿れたまま、しょーくんの胸に顔をうずめる)
しょーくん?
感じてくれた?麻衣のこと?

189 : はぁ ハァ…
まい、大丈夫…♪ 正太もいっぱいいっぱい気持ち良かったから…♪
正太、まいをいっぱい感じたよ…♪
せーし、いっぱい出ちゃった… ゴメンね…//
(リアでもいっぱい出ちゃいました…//)
ぎゅっ……
(繋がったままもたれ掛かってきた麻衣を優しく両手で抱き締めて…)
まい、今日、最初、えっちする気あった…?

190 : うーむ
どうだろ?
別にどっちでも、良かった。
そうい

191 : そうい……???

192 : ごめんなさい。
途中で、送ってしまいました。
あのね
麻衣は、エッチをしたくて、ここに来るわけじゃなくて
誰かと、繋がっていたい
だから、エチをしたいと言われたらするし、しなくてもいいなら
お話だけでもいいの
ただ、優しく抱きしめてもらえたら、それだけでいい

193 : なら良かったー♪
正太はなんとなく今一番ここでしてもらいたかったこと、まいに、しっかりとしてもらえた気がします。
こんなん久々かもー
気遣わなくて、なんかすごくやりやすくて、楽しかったー
まい、ありがとう…♪
大好き、ありがとう…
ぎゅ… チュ…
(下から優しく抱き締めながらキスをして…)

194 : 抱きしめてくれてありがと
麻衣も、たのしかったよ
いつもとは、ちょっとちがう、エチ
だったけど、
たまには、こんなんもありかな?
ありがとう、しょーくん
そろそろ帰るね
またね
落ち

195 : うん、だから本当にありがとう…♪
ぎゅ…… チュ…♪
さてーー!!
天気も良いしお出掛け、お出掛けー♪
今日はまいと遊べて本当に良かったー☆☆☆
また機会があったら宜しくお願い致します!
まい、良き一日をー♪♪♪
オチ 以下空き部屋です…♪

196 : 歩子さんを待ちます。

197 : 透さあん…こんにちは
んと
入り口でちょっと迷うの
ここ
カップルのためのホテルって書いてあるけど
…私と透さんで使っていいのかな
使っていいと…
思う?

198 : 歩子さん、こんにちは。
確かに書いてありますね、何となくいい匂いかなって思って予約しちゃった。
どうしようかな、別のトコに移動するか今日だけ歩子さんと俺カップルになっちゃうか…
移動したければまた探して来ますよ?

199 : くん…確かに
いい匂いするw
んと…どうしようか迷ったけど、そんなに時間もあるわけじゃないし
じゃ、今からしばし
なんちゃってカップルということでw
よろしくお願いします(ぺこり)

200 : 段取り悪くてゴメンね?
でもおかげで歩子さんと一緒になれて嬉しいな…
せっかくカップル設定なんだからもっとこっちおいで…
じゃないと怪しまれちゃうよ?
(ソファに座りながら歩子の腰に手を回し自分の方へグッと強く抱き寄せ)
歩子、こういうの嫌い…?

201 : あ、ううん
お願いしたのは私なので
ただちょっとピタって入り口で一緒足が止まっちゃったのw
んん?
前になんちゃって、をつけておいたんですがあ?
大丈夫
もう入っちゃったら誰にも見えない(はず)
(遠慮がちに少し離れて座ったものの、容易く透さんに引き寄せられると、少し困ったような笑顔を向けて)
嫌い…?って聞かれると返答に困る
人見知りが激しいの
だから
慣れる前に近づき過ぎちゃうのは…苦手
透さんは、
あんまり人見知りない?w

202 : 歩子は注意深いね、俺ズボラだなw
急過ぎた?
この部屋の香りより歩子の方がいい匂い、いい女の匂いがするからつい先走っちゃったね…
今日なんかムラムラしちゃってて…
歩子の喋り方や仕草がスゴいタイプだったし…
今日も寒いから歩子とくっついてイチャイチャしたいな…
ダメ…?

203 : だめw
そう…
私、透さんの言う通り
注意深い、というか、
石橋を叩いて渡らないタイプなのw
急過ぎだもん
私の募集文、見直してきて?
楽、に一緒にいたいの
このままじゃ
ちょっと引き気味にいなくちゃいられなくなる
でも、寒いのはほんと
一緒だし
ね?来て?
(透さんの手を取り立ち上がるとバスルームに向かって)
ねーねー
四季の香り、ってどんな香りだと思う?
時間ないけど、それでちょっと足指ちっくにしたらきっとあたたまると思うんだ
そういうのは透さん…嫌い?

204 : 足指ちっくってなにw
足湯ちっくです
予測変換ミス失礼しました

205 : 確かに楽に過ごしたいって書いてましたね。
ちょっと歩子さんの気分を害してしまったかも、ゴメンね…
今日は反省も込めて落ちときます、短い時間だけどありがとう。

206 : 害した、って言ったら
私の方こそ、透さんのアゲアゲな気分を腰砕けにしてしまったみたいでごめんなさい
(ひとり残されたバスルームに手近なオイルを垂らして)
ん…いい香り
ひとときのカップル気分をありがとうございました
以下、ご利用になれます

207 : 使います。

208 : 慎一おじさん
遅くなってごめんね
うとうとしちゃった
へへ

209 : 大丈夫だよ、華子。
昨日、あの後、私のことを待っていたみたいだね。
嬉しいよ。
おいで。
(両腕を広げて華子を迎える)

210 : 三(つ`・ω・´)っ

211 : 会いたかったの
すごく…ギュッ

212 : (胸に飛び込んでくる華子をぎゅっと抱きしめて頭を優しくなでる)
若い娘は素直に気持ちを表現するから可愛いな。
(耳元で囁く)
もう…溢れてきてるんだよね? 華子。

213 : !??
なんでわかるの??

214 : 君の表情と瞳を見ればわかるよ。
顔、赤くなって、瞳、うるうるだよ。
(軽くキスをする)
さあ、おじさんにどうして欲しいか言ってごらん。

215 : (((´ω`)))ふるふるふるふる
わ…わかんない…
え…
き、キス…したい

216 : (((´ω`)))ふるふるふるふる
わ…わかんない…
え…
き、キス…したい

217 : ん、わかった。
(ベッドに腰掛けて、立っている華子を下から見つめる)
キス、してごらん。華子。

218 : え…
(おずおずとおじさんの両膝の間に進んで
両手でおじさんの両頬をタッチ
自分の顔をおじさんの顔と垂直に交差させて
唇をぺろっとひとなめしたあと
唇で顎や唇を噛む)
あぐ
ん…
ちゅ
あぐあぐ…
ちゅっ…

219 : 手、あったかいね。
(華子に誘われるまま、キスを。
 甘噛みの感触を楽しんでいる)
ん…んん…
(両手で華子の体を服の上からなでている)

220 : んっ…
はぁ…っ
慎一おじさん…
(首に両手を掛けて
おじさんの膝の上にまたがる)
んぅっ…あぐ…
ちゅ…
(耳たぶをあまがみ
舌先で耳たぶを弄んだり…)

221 : ん? なんだい、華子。
(膝の上にまたがる華子の腰を両手で支える)
耳、くすぐったいよ、華子…
(本能のままに愛撫を続ける華子のことが愛おしくなる)
昨日、私に逢えなかった後、どうしてた?

222 : …思い出してしまって
おじさんのコト…
(おでことおでこをくっつけて
おじさんの目を見つめながら
手はおじさんのワイシャツのボタンを
下から外していく)

223 : (華子の瞳を見つめながら、服をぬがされていく)
思い出していたんだね。
で、何をしてた?
おじさんに教えてごらん。
(いたずらっぽい眼で微笑みかける)

224 : あそこで待ってたの…
うずうずしながら…
でも、眠くなってきちゃって…
寝たんだけど夢見ちゃったの
おじさんに
何回も何回も犯されちゃう夢…
華子が泣いてるのに許してくれないの…

225 : 夢か。たしかに、昨日は時間があれば華子をずっと犯していたよ。
じゃあ、起きたときは、いっぱい溢れてたね、きっと。
華子、今は夢じゃないよ。私はここにいる。
もう犯してあげようか。
(立ち上がり、華子の手をとって、洗面台へ。)
ここに手をついて、腰を突き出してごらん。

226 : うん。
朝起きたら
すごいことになってて…
シャワー浴びちゃった
あ!
おじさん!!いやっ
ヤメテ!!
あんっ!
鏡…

227 : あはは、やっぱりそうか。
(華子の後ろに立つと、服を全て脱ぎ捨て全裸になる。)
華子はまだ服を着たままだよ。いいね?
(スカートの中に手を入れて、ストッキングを脱がす。
 パンティを横に少しずらすと、すでに潤っている部分に先をあてがう)
私も昨日は華子のこと思い出していたんだ。
我慢、できないんだ、華子。
(先だけ華子の中に入る)

228 : やぁ…っ!!!!
んっ!!
いた…っ
おじさん…
痛い…っ
はぁ…ぅ…
脚が…
立ってられな…

229 : 昨日がはじめてだったから、まだ慣れていないかな…
(と言いつつも、ゆっくりと奥まで挿入する)
(耳元で囁く)
華子の中、私の形ぴったりになっているよ。
もう少し、こうしていようね。
(立っていられないと言う華子を両腕で抱きしめて支える)
(また囁く)
鏡、見てごらん、華子。

230 : はぁっ…はぁ…
いたい…硬くて…ぃたぃの…
んんっ!
鏡…?
はぁ…っ
いやらしい華子が
映ってる…
犯されて…悦んでる華子…
あっ…っ…
(立っていられなくて片足を太腿から台の上に上げる)

231 : 華子、片足、あげたんだ。それ、もっと奥まで入る体勢だよ。
どんどん大人になっていくんだ、華子は。
(腰を小刻みに動かし、奥を突き始める)
そうだよ、こんなに可愛い顔になるんだよ、華子は。
私はこの顔を見れば見るほど、華子のことが好きになっていくんだ。
(耳元で囁く)
それに…こんなに硬くなってくるんだよ。
中でわかるかい?

232 : いやあっ…
変な顔…見ないでっ!
あぁんっ…
奥…あたっちゃ…ぅ
んんっ!
中で…中でおっきくなってるの…
突き刺されたまま…
おっきく…ぅっ…
ぁあっ…っ
華子…
だめ…
も…だめなのっっ!

233 : どうして? 変なじゃないよ…もっとよく見て。
そうだね、大きくなってるよね。全部華子のせいだからね。
(もうだめと言いながら、中をひくひくさせているのを感じて、華子がいきそうになっているのがわかる)
私にかまわず、いって欲しい。
また、華子の可愛い顔が見られて嬉しいよ。
(一定のリズムで腰を動かし続ける)

234 : (洗面台の壁によりかかりながらずるずる
倒れ込む)
はぁっ…ん…
はぁ…っ…
あ…ぅんっ…っ…

235 : いっちゃったの…
華子…中が…
きゅーきゅーしてる…っ
はぁっ…ん…
はぁ…っ…
あ…ぅんっ…っ…

236 : (一度、華子の中から引き抜く。
 脱力して倒れこむ華子の頭や背中を優しくなでる)
刺激、強すぎたかな? 
中の締め付け、凄かったよ。
(ゆっくりと華子の服を脱がしていく)
華子、どうする? ベッドに行く? それとも、お風呂に行く?

237 : ぅふ…
綺麗にしなきゃ…
嫌われちゃうね…
でもだめだ…
ちょっと待って…
脚が…がくがくして
動けないの

238 : 嫌わないよ、華子。
動けないのか…
(華子をお姫様だっこすると、すでにお湯がはってある広めの湯船にそっと入れる。)
一緒に入ろうか。
(華子をちょっと動かして、華子の後ろへ。
 華子を後ろから抱きかかえるように入る)
あー…、お風呂、気持ちいいね…

239 : 慎一おじさん…
力…つよい…
華子…お姫様抱っこされたの
初めて…
ぁ…だめだ…
中がまだきゅんきゅんしてる…
カラダ全体で
おじさんにときめいちゃってるよ…
(半身をよじらせておじさんの胸にうっとりと
顔をうづめる)

240 : ちょっと鍛えていて良かった(笑)。
お姫様だっこ、初めてかあ。
これから何度でもしてあげるよ。可愛い華子。
ん、そんなに私のことを…
(華子の顎を指でくぃっとあげてキスをする。
 舌をゆっくりと絡めていく。
 片方の手の指先で乳首のまわりをなでていく)

241 : んぅ…
ちゅ…っ
…っ!
あんっ!だめえっ!
ま、まだ…
敏感になってるのっ!
そんなこと…されたら…

242 : そんなこと、されたら?
どうなるの?
(指先で乳首をいじり始める。時折、きゅっとつまむ。)
華子のこと、もっともっと知りたい。
素直に反応してごらん。
(硬くなっているものを華子の体にぐっと押し付ける)

243 : ぁ…あっ…んっ

だめっ
また欲しくなっちゃう…
華子…先に上がるねっ!
(顔を上気させて
おじさんを突き放す。
お湯から出て体を拭くとバスローブを羽織って
ソファに座って内腿を固く閉ざして恍惚放心…)
はぁあぁ…

244 : あ、華子…?
(華子が去ったあと、ゆっくりと湯船からあがり、
 バスタオルでさっと体を拭くと、全裸のまま部屋に)
華子、どうした?
(ソファに座っている華子の前に仁王立ちになる。
 硬くなったものが上を向いている)
敏感なのかな? 華子は。

245 : おじさん…
だめなの…
華子だめなの…
やめられなくなっちゃう…(うるうる)

246 : じゃあ…やめなくていいんじゃない?
(華子のバスローブをばっとはだけて、両脚を無理やり広げる。
 華子の脚の間に座り、両腕で華子の腰を引き寄せると、
 顔の前に華子のおまんこが)
昨日は、ちょっとだけで止められたから、今日は止めるなよ、華子。
(両手の指でおまんこを広げると、クリにキスをして舌で愛撫する)

247 : !!!!
ぃっ!いやぁあああっ!
ヤメテ!
お願いっ!やめてえっ!
(首を振りながら
おじさんの肩を手で押す)
いやぁあっ!

248 : (華子の拒絶に全く動じず、クンニを続ける。
 舌をネロネロと動かしたり、チロチロとしたり、早く動かしたりして
 クリをいろいろと責める。
 中指を第二関節まで入れて、クリの裏側をトントンと刺激する)

249 : おじさん…華子…
ホントにまた逝っちゃう…

250 : やあぁあっ!
ばかっ
おじさんの
ばかっ
やめてえっ!

251 : (いっていいよ、という思いをこめつつ、
 舌と指の愛撫を続ける。
 片方の手で華子の片手を指を絡ませて恋人握りをする。)

252 : やぁぁぁぁ…ぁ…
(急に弱い声になると
空いた方の手の指を自分でしゃぶりはじめる
カラダを痙攣のようにひくひくさせて…
舐められてる部分がぴくぴく収縮してる)
んっ…
ぅん…んっ…
ばか…

253 : (立ち上がって華子に微笑みかける)
私の愛撫でいってくれたんだ。
体の反応、素敵だったよ。
(偶然、硬くなったものが、華子の顔の前に…)

254 : もぉ…
華子…雌…
(誘われるようにおじさんの
おちんちんを左手で握ると
うっとりしたままのだらしない表情で
鼻先と唇、顎で舐めるともなく
と息をかけながらすりすりする)
はぁ…ん…
はぁ…んっ…ぁ…
(時々思い出したかのように舌を出して)
ちろっ…
んふ…
あ…ん…
れろっ…
ちゅ…っ

255 : (顔を下げてたまたまちゃんも)
ちゅっ…
づづっ…
ちゅぱっ…
じゅるっ…
あぐ
(かたたまちゃんを口に入れる頬張って
舌先で弄ぶように優しく転がす)
じゅるる…
ちゅぷぷ…

256 : ふふっ…華子は、もうそんなふうに遊ぶ技を身につけたんだね。
舌の動き、可愛いよ。
昨日、私がお願いしたこと、覚えているかい?

257 : 覚えていてくれたんだ…凄い…

258 : 華子だけのもの…

259 : じゅっ…れろれろっ…
んっ…
美味しい…
ぁ…んっ
あぐあぐ
(おじさまのたまたまちゃんを
片方づつ愛しんで…
片手をおじさんの押しに回して
指先でアナルを探す…)

260 : (華子の上手な攻めに、ぐっと硬さが増して、先から透明な液が…)
まったく、華子は凄いよ…ん?
(華子がアナルのまわりに指を這わせているのに気づいて)
昨日まで処女だったとは思えない…華子、君は一体…?
(とまどいを覚えながらも体が反応していく)

261 : ???
ここ…きもちいいの?
じゃあ…
(片手でおちんちんをさすさすしながら
顔をたまたまちゃんの下にくぐらせ
思いっきり舌を伸ばす)
ここ???
れろっ…
ぺろぺろぺろっ

262 : あはは
頭乗りちんちん!
れろっ
ちゅ
れろれろれろれろっ

263 : ああ…
(華子の思わぬ動きに声が出てしまう)
さっきまで、抵抗するだけだったのに、こんなに攻めてくるなんて…
(そう言いつつも、華子が変態になっていくのを楽しんでいる)

264 : (えっΣ(゚д゚;)変態???)
はしたない???

265 : いい意味の「変態」だよ。
エッチを心から楽しんでいる、ということかな。
華子、また、フェラして欲しい。
今日は華子に私のを味わってほしいんだ。
ダメかな?

266 : いいよ
ベッドに横になって…
おじさんの…
おっきい…(ぽ///)
(ベッドに横たわったおじさまのおちんちんを左手でそっと支え
指先で先っぽの裂け目を拡げて硬く尖らせた舌先を入れるように
刺激する)
ちゅ…れろ
ちろちろちろっ…
ん…
かたぁい…
んぅ…
食べちゃおっか、なー…
(先だけ口に入れて軽く吸いながら
舌の面で先っぽや側面を刺激する)
ぢゅ
でろっ
くちゅっ…
くちゅっくちゅ…
ちゅぷぷ…

267 : ありがとう、華子。
(言われるままにベッドに横たわり、身を任せる)
華子のフェラ、音がいやらしくて興奮するよ…
(リラックスしていると、華子の舌の動きや吸い付きで
 ぐっとピークに近づく)
おまんこの中も気持ちいいけど、口も…んん…
華子、もう少しで出てしまうよ。
私のを全部飲んでくれるかい?
(むずむず感が増してくる)

268 : おっきいから
全部お口に入らない…

あぐあぐっ…
ちゅぷっ
くちゅっ…くちゅっ
あ…また
おっきくなる
くちゅ…くちゅ…

269 : 華子…全部…飲む
くちゅ…くちゅっ…
ちゅぷっ
ちゅぷぷ

270 : おいし…い…
ちゅぅうぅうっ
じゅるるるるる

271 : は…んっぅ…
おいしい…
おじさんの…あっ…
ちゅぷぷ…
おちんちん…
をいしい…っ
ちゅくっ…ちゅっ

272 : いくよ、華子…全部…頼む。
(華子の頭に両手を添えて動きを止めると、
 華子の口の中でぐっとおちんちんが膨らむ。
 その後、勢いよく射精する)
ん!んん…ん…
(最後の一滴まで…)
華子…華子…

273 : かぽっ
あぐあぐっ
んっぅ…ふぅ…
ちゅぷぷ…

274 : んんんんんっ
んぐっ
ごくん…
んっぅ…
おいしい…
(うっとりした顔で口角から滴る精液を
したなめずりする)
んふっ
いっぱい…

275 : キレイキレイするね
ちゅっ
れろん
ちゅぱっ…

276 : (先っちょ)ちゅうぅぅうっっぅうっ

277 : 【華子、レス、多い(笑)】
いっぱい出たよ…きれいにしてくれるのかい?
ありがとう…
私の、どんな味だった?
【そろそろ時間かも…明日は仕事なので…】

278 : 慎一おじさまぁ
お口の中が
にがぁいっ!

279 : あのね
ほんとにほんとに
おじさまに気持ちよくなってほしかったから…
今日はもうお別れなんだね…
あの…
また
会ってくれるのかな?

280 : あははっ、苦かったか。
ごめんごめん。
口、ゆすいでおいで。

281 : もちろん、また逢うよ。
今度はいつがいい?

282 : 苦いけど
全部飲む
ジュースでながしこむもん
おじさまの
全部もらうの
華子のものだから

283 : >>281
華子は毎日だって会いたいし
昨日もずっとがまんしてたの
おじさまの方が忙しいだろうし・・・
おじさまが決めてください
華子はちゃんと待ってるよ。

284 : おじさま
お願いがあるの

285 : 本当に華子は可愛いね…。
私も毎日逢いたいよ。
でも、逢わないときがあるほうが、
逢えたときに、もっと気持ちよくなれるよ。
お願い?
何だろう。言ってごらん。

286 : そんなの
おじさまの勝手な言い訳だよ(怒)
華子は毎日会いたい
毎日犯して欲しいもん
あのね
お願いは
華子の右のおっぱいに
キスマークつけて欲しいの
「私のですからね」って。

287 : あははっ、そうか。言い訳か。
年をとると、こうなってしまうんだな。
反省反省(笑)。
キスマークだね。
いいよ。
(右の胸の乳首の少し上あたりを強めに吸ってキスマークをつける。)
ほら、これで華子は私のものだ。

でも、やっぱり毎日は無理だな。
「恋する伝言」でやりとりしませんか?
それでお互いの都合がよい日にまた愛し合おう。
ダメかな?

288 : よいよ。
そこに書けばいつかあえるのね?
わかったー

289 : 慎一おじさん…
華子のこと
嫌いにならないでね
華子のこと離さないで…
おじさんだけのものにしててね

290 : うん、そのとおり。
華子は素直でいい子だね。
(頭を優しくなでる)
じゃあ、今日はここまでにしよう。
今度も必ず逢うから。逢って華子を犯すからね。
じゃあ。
(先に落ちます。では)

291 : 淋しい…
華子もおうち帰って寝よう…
おじさん…ありがと
またね
おやすみなさい。
[以下空室]

292 : 予約します

293 : 美帆さん、こんにちは
シャンパンバスに浸かっていちゃいちゃしましょうか?
(バスローブを手渡し、ソファーに腰を下ろす)
よろしくお願いします

294 : 洵さん 声掛けてくれてありがとうございました。
既にエロエロモードなんですけどよろしくお願いします///
シャンパンバス いいですね…
あ、ありがとう
(手渡されたバスローブを受け取る)
美帆、脱いじゃいますね///
(ソファーの洵さんに見せ付けるようにして服を脱いでいき)
下着は洵さんに取ってほしいな?
だめかな…?ん…
(黒のレース下着姿でソファーに座る洵さんに勝手に跨がって)
(わざと二の腕で乳房を寄せてGcupの谷間を強調して見せる)
洵さん 美帆、もう我慢できないよぅ…

295 : 寝起きでムラムラしてた美帆さんをほっとけませんでしたよ
たっぷり感じて思いっきりイってくださいね?
あ、俺が脱がしてあげるね、そのセクシーなショーツを
(作った谷間にやらしく中指でなぞると両手で左右にひらく)
浅めに座り直して、腰を浮かせてごらん…
(お尻側からゆっくり脱がして、ショーツを咥える)

296 : はい、洵さん優しい…///
寝起きでイヤらしくなってるからいっぱいイッちゃいそうですぅ
(甘えるように猫なで声を出して洵さんを誘い)
んっあっ…
(腰を浮かすとショーツが脱がされて、腰の括れが際立った真っ白でプリっとしたお尻が露になる)
洵さんの変態、うふふ
美帆のエッチな蜜いっぱい付いたショーツ咥えてる…
美帆のいやらしい匂いする?
(わざと割れ目を擦り合わせてパイパンの割れ目から響くクチュクチュという水音を発てて洵さんに聞かせる)

297 : 優しいのが好き?激しいのはもって好きだよねっ
やらしい音たてて誘惑してるの…それに匂いもさ
(舌を伸ばして下から上に向かって、割れ目に這わせる)
俺が声をかけなかったらどうするつもりだったの?
正直に答えられるかな…
(一旦舌を引き抜いて顔をみる)

298 : 優しいのも、激しいのも両方好き///
ずーっとおまんこトロトロのままで何回もイッちゃいたいっ
我慢しないで潮も噴いていいですか?///
あっあっぅ…!舌がっ…!
あんんっっ、はあはあ、んん!
(割れ目に舌が這われると腰がびくついて)
あ、やんっ、止めないでっ
言いますから…もっと舐めてくださいっ
(洵さんを見つめながら泣きそうな声でお願いして)
その…もしお相手見付からなかったら、クンニ動画見ながらクリいじってオナニーするつもりでした…

299 : まったくエッチに貪欲だから美帆はね
舌先でクリを弾くだけで潮ふいちゃうし…
ん…?クンニの動画を観ながら自分のクリを苛めてイくつもりだったとは
じゃ、俺が舐めてるときに自分でも弄りなよ
(陰唇の左右を交互に舐めるとクリを貪ってちゅうちゅう吸う)
どうされたい?舐められて1回イこうか…

300 : うん、そう…
クリちんぽで連続イキして、潮まで噴いちゃう変態なのっ
ああっ!いいっ、クリちゃん吸ったらだめっ、きもちいっ!
(固くこりこりに勃起したクリを吸われると、膣が蠢いて愛液がとろっと溢れてアナルまで垂れてしまう)
やぁ、やぁっ、出ちゃうっっ!
(クリがひくついたかと思うと、ピュピュっと少しだけ滴が吹き上がる)
んんっ!はあはあ…
このままクンニにイキたいっ///
クリちんぽでイキたいですぅ

301 : いつもクリちんぽって言ってるんだね…?
ほんとに変態美帆はスケベなんだから
(吹き上げた滴が顔にかかり、拭うとまた噴だして顔を濡らす)
イきたくてイきたくて我慢してたんだろ…
思いっきり大声だしてイっちゃいなよ
(口を大きく開いて、唇全体で陰唇を覆い、吸い込みながら舌でクリ弾き続ける)
さあいいよ、イちゃって…

302 : イき落ちされたようなので閉めて落ちます
以下、ご使用になれます

303 : お借りします。

304 : こんばんは
本当に伝言が遅くなって、心配をかけてしまいました
ごめんなさい

305 : こんばんは。
いえいえ、もう何も問題ないですよ。
圭織が体調を壊したりしてなければ安心です。
寒くなってきてるし疲れもあるだろうから、もしもと思ってしまいましたが
もう安心しました。
でも、これからも油断はしないで下さいよ。
圭織は私にとって大切な存在なんですから。

306 : ありがとうございます
でも、ちょっと恥ずかしくなりますね
想われ過ぎるのも…
大切に想って貰えているのは嬉しいです

307 : こんなに私の想いが強くなってしまうと、圭織は困ってしまいますか・・・
それならもっと距離を遠ざけたほうがいいですか?
そうなると、圭織の身体はこれから我慢は出来るんですか?

308 : 意地悪な質問は今夜は無しですよ
慎司さんをしたいので、今夜はのんびりお話でもどうでしょ?

309 : 圭織との話なら、私はいつでも歓迎ですよ。
圭織の肩へ腕を回して暖まりながらゆっくりと話もしたいですね。

310 : お言葉に甘えて肩をおかります
またにはこんな夜を過ごすのもいいですよね
慎司さんは、忙しくして過ごしたの?

311 : 文字が…消えてましたね
またにはではなく、たまにはの間違いです

312 : 私のほうは、相変わらずですね。
年末まで仕事はあと一週間足らずですが、差し迫って片付ける仕事を進めてました。
突発的な事がこれ以上なければ、今週で一段落する見込みです。
年末年始は6日間ほどの休暇になる予定ですが、のんびり出来そうです。
圭織のほうは身の回りのほうが忙しそうですね。

313 : 何事もなく無事に年末のお仕事を終わらせたいですよね
年末年始はゆっくり過ごせそうでなによりです
今日の私は、本当に朝から慌ただしく気をもむような一日でした…
仕事は何とか順調に終われそうで、大掃除を残すところです

314 : 圭織のほうは色々と大変そうですね。
やはり無理をして体調を壊したりしないか、心配をしてしまいます。
年末年始はどこかへ行く予定なんですか? 帰省など。
私は帰省などはないんですが、何日かは知り合いの付き合いで
出掛ける事にはなりそうです。

315 : 心配をさせてしまってすみません
自己管理をしっかりするように気をつけますね
私も帰省の予定をたててはいますが、まだはっきりはしてないけれど…これから計画です
慎司さんは、既に予定もあり楽しみですね

316 : 私の予定は楽しみと言えば楽しみですが、まぁ例年のような日常という感じです。
でも、今年は圭織の存在もあるのでかなり気持ちの面では違うという気はしています。
いつでも私は圭織への繋がりを思い浮かべながら過ごしてしまいますよ。

317 : 癒しのアロマの室内で、秘密のお話はするのは少し刺激的な感じもするけれど…
それもありですよね
ベッドで横になりながら続きのお話を。

318 : 圭織が思い浮かべている刺激的な話というのは、どんな話なんでしょうね・・・
私にとっても圭織にとっても、秘密を持ち続けることは必要でしょう?
この秘密は大切な秘密のはずですよね・・・・
ベッドで横になるだけでいいんですか?

319 : 圭織。大丈夫ですか?

320 : 落ちてしまったようですね・・・
身体には気をつけてて下さいよ。
おやすみなさい。

321 : 【以下、空きとなります】

322 : つかいます

323 : お待たせしました。

324 : こんばんは。よろしくお願いします。
いっぱい一緒に気持ちよくなりましょう。
オナだけで足りなくなっちゃったらゆかさんを求めてしまうかもしれませんが・・・
今はどこでどんな格好ですか?

325 : こんばんは。遼さん。こちらこそよろしくお願いします。
今はパジャマで布団の中でもう胸弄ってます…

326 : じゃあ俺はそのゆかさんの横にいてちんこいじってるっていうていでしましょうか。
リアではPCの前に座って弄ってます。
俺に一杯おっぱい見せてください。どういうパジャマですか?
俺はグレーのスウェットです。

327 : 恥ずかしいけど遼さんゆかの胸見てください
乳首クニクニしてます
ピンクのスウェットです。

328 : 可愛いねゆかさん。乳首舐めたくなっちゃうよ。もう乳首固くなってきてるでしょ?
俺もだんだんとゆかさんの事考えてたら勃起してきたよ
ゆかさん、胸エロい…舐めまくりたい!!乳首にゆかさん自身のヨダレ付けてぐちょぐちょ弄ってみてくれる?
俺のチンコ大きくなったのもゆかさんに見てもらおうかな

329 : ゆかも遼さんに舐めて欲しい…
はあん、ぬるぬる乳首気持ちいいよぅ…

330 : じゃあ舐めていいんだね?
俺が舐めてるの想像して一杯いじくるんだよ
(ゆかの乳首に舌を伸ばして絡み付いたゆかの唾液を舌で拭い取るように舐める)
(そのまま口にくわえてゆかの乳首を吸う)
オナじゃなくてスレHになってきたけどどうする?俺のコレ・・・最後ゆかの中に欲しくない?
(ズボンの中のガチガチのチンコをゆかにズボンの上から触らせる)

331 : 遼さんにされてるって思って弄ってます。
あそこがきゅんきゅんです。

332 : 俺のチンコ触ってみてどう?どうしたい?エロい質問ばっかりゆかさんにしちゃうね俺
それでチンコすごい勃起してきちゃってるよ
ゆかさんのあそこも舐めたいよ。どんなパンツ?パンツの匂い嗅いだり変態的な事していい?
もっと乳首ぐちょぐちょにしていいよゆかさん。その可愛いエッチな乳首

333 : パンツはブルーのレースのついたのです。
遼さんの大きくて硬い…
もっといやらしいことしてください。

334 : ブルーのレースの付いたパンツか。あとでたっぷり舐めちゃうね
じゃあこういうのはどう?ゆか、さっきから俺ずっとゆかとキスしたかったんだよ
(ズボンを脱いでトランクス越しに固いチンコをゆかのあそこに擦りつけながらゆかの上に乗る)
(ちんこをゆかのおまんこにくいっと何度も押しあててゆかの口に舌を入れて舐めまわす)
ゆかの唾液飲みたい。俺の口に入れて?早く…
(荒くはぁはぁと言いながらじゅるじゅるゆかの舌を吸い、おっぱいを揉む)

335 : はあん、遼さん、キス気持ちいい…ゆかの唾液飲んで…

描写下手ですいません。
できたらオナ指示のほうがいいのですが…。

336 : オナ指示の方がいい?その方がやりやすいか。
でも舐めて欲しかったり触ってほしかったら言うんだよ
もう下の方は触ってるのかな?スウェット脱いじゃおうか

337 : わがままですいません。
まだ下は触ってません。
スウェット脱ぎました。

338 : 大丈夫だよ。ゆかが気持ちよくなる事だけを考えればいいよ
その姿を教えてくれるだけで俺も勃起できるから
乳首だけじゃ物足りないんじゃない?パンツに染み出来ちゃうよ
乳首涎で両方トロトロにしてる?いっぱい俺に見せつけるみたいにぐちょぐちょにして

339 : 乳首親指と人差し指でクニクニ摘まんでます。
胸も遼さんに揉まれてるって思って激しく揉んでます。

340 : 可愛いねゆか。どんな顔していじってるんだろう気になっちゃうな
スウェット脱いだんだね。足広げて見せてくれる?寒いから暖房付けた方がいいかもしれないね
俺のもまだ固いよ。俺のはグレーのトランクス。膨らんでるの見えるかな

341 : 気持ち良くていやらしい顔してると思う
足広げてます…遼さん見てください。

342 : そうなんだ。そう聞くとぞくぞくしてきちゃうよ俺。
声は出ちゃってる?いっぱいやらしい声出していいんだよ
綺麗な足だ!!本当に舐めまわしたくなる位やらしくて綺麗だねゆか
パンツ染み出来てる?割れ目なぞってみてごらん
俺もゆかのまんこに顔近づけて凝視してるのイメージしながらチンコ扱いてるよ

343 : はあん、胸弄ってるだけで声でちゃいそうです。
ゆかのあそこアツくなってます

344 : いいんだよ。いっぱい声出して。やらしい声出していっぱいいじるんだよ
唇の端から涎垂らして乳首もマンコもとろとろにしちゃえばいいよ
ゆかのパンツが愛液で湿るのが見たいなぁ…
俺、我慢できないからチンコ直接出しちゃうね。どう?見える?

345 : 遼さんも一緒に気持ち良くなろ。
パンツの上からあそこ触ってます。
腰動いちゃう
遼さんのはどうなってるの?

346 : うん。もちろん一緒に気持ちよくなりたいよ。
だから赤裸々にゆかの身体がどれだけエッチになってるか教えてね
ゆかはどんな風にまんこいじってんの?指あてがいながら自分で腰振るなんてエロすぎるよ
俺のは皮が剥けて我慢汁出てるよ。ゆかに舐めて欲しいくらいだよ
ゆかの股に顔埋めてどんな匂いするか味わってみたい!!!

347 : 大股広げてパンツの上から中指であそこ弄ってます
遼さんと69したら気持ちいいだろうな

348 : エッチなお汁出て来たかな?パンツのクロッチをあそこに食い込ませて
左右に動かしたりしてみようか。
俺はいっぱいゆかと69もキスもしたいけどゆかはオナ指示がいいんだもんなぁ〜
俺は今ゆかの名前呼びながらチンコ扱いてる。我慢汁で濡れてるよ

349 : はあん、あん、あん、遼さんの名前呼びながらしたらスゴい気持ちいい…
中指止まんない

350 : 可愛いなゆか!!!もっともっと弄っていいよ
舐めまわしてでろでろになった指をクリに押し付けたり
割れ目に入れてグチュグチュしたり・・・パンツのクロッチにたくさん染みつけて
俺変態だからパンツ好きなんだよね。愛液の付いたパンツ
それをチンコに巻きつけたり匂い嗅いだり舐めたりしたい
もちろん直接ゆかのアソコを舐めたいけど…こんな変態な事言ってたらまた我慢汁出てきちゃったよ

351 : 遼さんゆかのあそこ舐めて
ゆかもっと興奮させて

352 : 舐めていいのか?ゆか…エロい気分になってきたんだね
ゆか…ゆかの足に我慢汁塗れのチンコ擦りつけたりしたいって思ってたんだよ
ゆかのマンコ・・・・あああああ!!!
(ゆかと逆向きに横になってゆかの太ももをキスしてから股に顔をうずめる)
嬉しいよゆか。ずっとさっきから焦らされて俺射精するにもしたくなくなってたよ
(両方の太ももを持ちながらゆかのクリに鼻がこすれるほど密着してパンツの愛液を吸っていく)
すごい生々しい匂いするよゆか!!でもマジ興奮する!!!あああ・・・こういうのを待ってたんだよ
(ゆかのアソコを上から下へ小刻みに舐めていく。パンツはあえて脱がさずにクロッチの部分を裏返して鼻を当ててにおいを嗅ぐとクリを指で弄りながらクロッチを舐める)

353 : あぁん、遼さん、スゴい興奮する、
気持ちいいよぅ
ゆかのあそこぬるぬるして、アツくなってます

354 : 興奮してくれてる??もっとしたいよ!
ゆかのパンツ貸してよ。恥ずかしいだろうけどリアルなゆかのパンツのクロッチどんなになってるか教えて
舐めたい!!舐めたりチンコに巻きつけたい!!!ああああ!!ゆかにチンコに唾垂らされてそれで扱かれたいよ

355 : ゆか!チンコ気持ちいい・・・・

356 : パンツのまん中に縦にしみができてるよ
遼さんパンツあげる
好きにして。
ゆかのあそこぐちゃぐちゃいってる
中指止まんない…

357 : ほら、見てよゆか!!ゆかのパンツのクロッチの所俺のチンコのカリの所に充てるともっと染み濃くなっちゃってる
中指とまらない?俺に貸して
(ゆかの手首をとってゆかの中指をじゅるっと舌を絡ませていやらしく舐める)
ゆか!ゆかのパンツ巻きつけた俺のチンコに唾塗ってくれる?
代わりにこうしてあげる・・・だから・・・ゆか・・・マンコとろとろじゃん
(ゆかの割れ目を広げてツーンとした匂いに嬉しそうに笑って舌を中に入れ始める)
ゆかのまんこ・・・まんこ・・・やっぱオナ指示よりエッチしたいよ。どう?

358 : ごめんなさい
遼さん気持ち良くて軽くイッちゃいました
お付き合いありがとうございました。

359 : 分かった!俺ももうイク!w
楽しかったよゆか。結構強引な男でごめんね。

360 : じゃあここは閉めておくね
以下空室

361 : 亜希と使います

362 : 優輔、ごめんね…
油断してて全然伝言板確認してなかった(泣)
疲れてるのに本当ごめんね。

363 : 大丈夫、亜希が謝ることなんか全然ないよ
逆に来てくれて嬉しいよ//
ありがと、亜希…ぎゅっ
(亜希を引き寄せ、ぎゅっと抱きしめる)
断捨離上手くいった?

364 : ありがとう…優輔。
(少し泣きそうな表情のまま、優輔をぎゅっと抱きしめかえして)
今夜は逢えないと思ってたから…

うん、すごくスッキリしたよ。
思い切って捨てたかな。
優輔はすごく物が少ないって言ってたから。
見習おうと思って…。

365 : 泣かなくても、大丈夫だよ
ちゃんと亜希を迎えに来るから…
(亜希を両頬に手を当て、目を見つめ優しくキスする)
ちゅ…亜希…愛してる…
あんまり遅くまでは居られないけど
亜希におやすみしてから寝たいなって思って
物は少ないけど、雑誌とか文庫とか漫画
とにかく本がいっぱいあるん
これどうにかしないと…
でも本は捨てられないw

366 : ありがとう…、優輔。
(柔らかく微笑んで優輔を見つめ)
…っん、ちゅ…私も愛してる……
23時半くらいに寝ようね。
優輔、明日も早いもんね。
じゃ、もうお布団入っちゃおうか?
本って捨てられないよね。
私も本は手付かずだよ…
整理始めたら読んじゃって1ミリも進まない自信あるよw

367 : 亜希の愛してるで、ものすごく元気になるよ
ありがと//
(何度も何度も唇を重ね合わせ、求め合う)
ん…亜希…ちゅ…大事な亜希//
ん、それくらいで寝ようかな、今日は
お布団行こ
(亜希の肩を抱き、寄り添って布団へ)
少しあっためて置いたから
どうかな…
雑誌はね、捨てなきゃダメなんだけど
んー、捨てられない
20年くらい買い続けてるから
読み出すと1日潰れるから
手をつけられない

368 : えっ…ほんと?
それで元気になってくれるならもっと言っちゃうよ?
(優輔の唇と舌を求めて何度も交わし絡めあう)
…ん、はぁ…優輔、愛してる…すごく、ちゅっ
ん、ありがとう…
(ふたりで布団に横になり)
あったかいよ…優輔のぬくもり…
(優輔の腕の中で顔を押しつけ匂いを嗅いで)
優輔の匂い…落ち着く…好き。
20年買い続けてる雑誌?!
なあに?
すごいね!

369 : 元気になるよ
だって、愛してるって言ってもらえるんだよ
嬉しいよ//
俺も…いっぱい愛してるよ
亜希…ちゅ
(キスの音と亜希の温もり、両方を感じながら…)
俺の匂いで癒されるのなら、いくらでも…
亜希のための俺だもん
numberっていうスポーツの雑誌
知ってる?

370 : 私も優輔の愛の言葉…すごく大切だよ。
たくさん言ってくれるから毎日幸せで//
優輔、もっとぎゅって抱いて…
このまま優輔とふたりきり。
ずっとずっとそばにいたい……
知ってる!
有名な雑誌だしね。
優輔はスポーツが好きなんだね。

371 : 言葉にするって、やっぱ大事だよね
特にここでは…
想いを伝えるのは言葉だけだもんね
俺も幸せだよ…すっごく
ずっと2人きり、いつまでもどこまでもね
必ず亜希の側にいるから//
そうだね、スポーツは何でも好きだね
特にサッカー、野球、ラグビーかな
亜希、俺の次のレスで締めようか
今日も俺の我儘聞いてくれてありがとね//

372 : そうだよね…。
いつも、ありがとう。
優輔と一緒のお布団あったかいから
もう眠れそう…
優輔、ありがとう。
たくさん待たせたのに待っててくれて。
優輔、おやすみなさい。
ぎゅっ…愛してる。

373 : こちらこそ、ありがと
いっぱい感謝してるよ
今日も2人で寝ようね
亜希が風邪ひかないように、温めながら
ぎゅっと抱きしめて
おやすみ、亜希
また明日も伝言するね
愛してる…
以下、空室です

374 : お借りしますね

375 : 来ました。お部屋ありがとうございます
凛さんはどういうのが希望ですか?

376 : こちらこそ来て下さり凄く嬉しいです。
私はクンニされるのが凄く好きなので
一杯あそこを舐めなめして欲しいです。
拓也さんの希望も聞いてあげたいです

377 : 落ちますね

378 : 以下、空室です。

379 : 愛美さんとお借りします。

380 : 修司さん着きました♪
愛実がお誘いしたのに誘導ありがとうございました。
夕方の17時頃から一時間ほど抜けたいです。
修司さんはどうですか?

381 : >>380
移動有難うございます。
17時頃ですね。その間に買い物済ませたりしますね。
ネトのゲームで離れるっても、愛美さんと居る時や約束してる時間は
愛美さんを優先しますよっ。

382 : 愛実に合わせてくれるんですか?
申し訳ないけど嬉しい(笑)
ありがとうございます♪
修司さんっ優しいですね。
そちらもありがとうございます。
優先してもらっていいのかな?
ゲームオーバーしちゃいませんか?(笑)

383 : >>382
スタンプラリー?みたいなゲームなのですが、
神社の鳥居や、変わった看板などをチェックポイントにして、
敵からそのポイントを奪ったり、奪われたりするゲームなので…
基本的には、ゲームオーバーにはなりませんしね。

384 : へー、そういうゲームなんですねっ。
それを聞いて安心しました(笑)
私はスマホゲームはツムツムだけです。
愛実、修司さんに興味沸いちゃって、色々知りたくなっちゃったんですけど、聞いても平気ですか?
際どい質問はしないので(笑)

385 : 内容にもよりますけど…ね。
聞かない事には、NGかどうかも分かりませんし。

386 : じゃあ、NGだったらスルーでおねがいします(笑)
結婚はしてますか?
ここはよく遊びに来てますか?

387 : はーい、内緒とか…そんな感じで伏せますね(笑
健全は健全なのですが、アイツ(敵)が寝てる頃狙って取り返しちゃえ!と、
スマホ持った怪しい深夜徘徊?で、警察に職質される話も聞きますね(汗
>>386
質問ですね。
1.未婚です
2.多い時で週2−4ぐらいかな。(寒くなって増えてる様な…)
基本的には特定の相手もいないので、来たく成ったらって感じです。

388 : 波線が文字化けしちゃった。『週に2=4回ぐらい』

389 : 警察に職質って、ゲームの中でってことですよね?(笑)
面白そうですね!後で探してみます!
あ、答えてくれたっ
ありがとうございます♪
修司さんの返答で、愛実の知りたかったことまで聞けました(笑)
修司さんは、愛実の何か知りたいこととかないんですか?(笑)
興味無しですかっ(泣…

390 : >>388
了解ですっ♪

391 : >>389
ゲームの中の話じゃ無く、
本当の街中に居る巡回中の警官さん等です (汗
自転車泥などで、自転車に乗って移動してたりすると、
何してるのか?聞かれるっぽいですね。
愛美さんに聞きたいこと…
1,既婚なのかな?
2.よく来ますか?
3.SかMと言えばどちらにはいりますか?

392 : えーーっ!
修司さん怪しまれてるんですねっ
笑っちゃいました(笑)
ごめんなさいっ
1、既婚です。
2、最近は特定の人もいないし、ROMばかりで昨日の夜中は久しぶりの書き込みでした。
3、正直両方あります!
責めるのも好きだったりします…
修司さんは、女性から責められるのはどうですか?

393 : >>392
怪しまれるというか、自転車に乗ってる人などを片っ端、
車体番号などチェックしてるみたいですね…
(自転車などの盗難が多いみたいで…)
1,既婚さんなのですか、悪いお姉さんですねっ。
(こうやって話せて、凄く楽しいですけど)
2,おー、ROM専だったとは、タイミング良かったんですね…神に感謝、愛美姫さまにも感謝。
3、雰囲気でも多少は、SにもMにも変わったりもしますね…
(主導権握って今日は責めてみたいとか。)
責められるのは、ちょい苦手かなぁ…
(感じすぎて直ぐ終わるかも?
お姉さんと年下モノに有るような「ココ舐めて」と、
お姉さんにおねだりされる感じで、
奉仕する感じが好きかもなぁ…

394 : そうそう、自転車のチェックはしつこいくらいしてきますよねー。
学生時代は振り切って逃げることもありましたよ(笑)
日本って盗まれた自転車が返って来る国で、それって世界的に見ても凄いことみたいですよね。
既婚って何となく言いにくかったので、受け入れてもらえて嬉しいですっ
最近は修司さんと一緒で寒くなったせいか、寂しい日も増えて、つい昨日は書き込みしちゃいました…
愛実も今日は修司さんとお会いできて良かった…
甘い雰囲気と舐めてもらうのが大好きなので、修司さんはクンニも上手だし優しいし、本当今日ツイてますっ
サンタクロースの贈り物かな?(笑)
愛実も甘えたなので、おねだりして舐めてもらったり、イカせてもらうの好きです…///
でも同時にしてあげたくもなっちゃって…

395 : 黙って自転車乗って行っても、変なところへ放置するぐらいなら、
遅くなっても返せば少しは違うのになぁ…とは思う事は有りますね。
愛美さんにそう言って貰えて嬉しいです。
(もうちょっと早く入力出来るように成ると良いんだけどねぇ…
凄く待たせてごめんなさい。
自分ばかり気持ちよくさせてもらうだけじゃなく、
相手の方と一緒に気持ちよくなりたい…ってのは、
有るかもですねぇ…
一緒にイケた時も妙に嬉しくなりますし。

396 : そうですよね。
例え勝手に持って行ったとしても、そっと返してくれたら許すのにって思います。
いえ、そんな。
レスのスピードは全然気にしないでくださいっ
愛実は、ゆっくりでも内容が濃い方が嬉しいです…///
そうなんですよ、自分ばっかりは悪いような気がするのもあって。
修司さんは責められるより、してあげる方が好きなんですよね?
愛実は修司さんに何かしてあげたくなったら、お口でするとかも嫌ですか?
挿入する方がいいのかな?(汗

397 : 愛美さん、内容濃い感じが好きと φ(..)メモメモ…(笑
長文だと読むのに疲れるとか、遅くなるなら、短くしてれるポンス良くしてと。
好き嫌い別れるんですよね。
基本的には、してあげたい方ですね。
イクのを見るとこの人可愛い!とゾクゾクしてきちゃって
もっと感じさせたい!!って成っちゃうけど。
気分が乗ってお口に欲しい等、そんな感じになったら、
好きにしていいですよ。
最後は中に入れて一緒にイクのが良いとは思うけど…時間の関係とか出てきますしねぇ。

398 : メモってくれるんですか?
嬉しいです///
本当に優しい人ですね、修司さんっ♪
好きになったらどうしましょう///
修司さんにいっぱいイカせてもらいたいな。
もうだめ、ごめんなさい、アソコおかしくなっちゃうってなるくらい(笑)
はい、時間の問題もありますね;
最後までするとなると、どうしても長くなってしまいますから。
やっぱり最後は繋がって、一緒にイクのがいいですよね///
クンニも挿入も、手繋いでするのが好きです…
そろそろ時間なので、また一時間後くらいに待ち合わせしてくれますか…?
ふつーの待合所など如何ですか?

399 : 【愛美さんのやってる、ツムツムですけど、午後茶でイベントやってます?
(D.ツムツムらしい)】
ふつーの伝言板にカキコして、アンシャンテ待機になるかな…
18時頃待機しますね♪

400 : そうですよ。
ディズニーのツムツムです♪
午後ティーでイベントしたりしますね。
今はスターウォーズのイベントしてますよー♪
はい、では愛実もその頃になったらアンシャンテに向かいます。
また後でね、修司さんっ♪
以下、使えます。

401 : 絢音さんと使います

402 : 移動先、ありがとうございました。
プレゼントには何が入っていましたか?

403 : お待ちしてました絢音さん
誘ってくださってありがとう
今夜はどんな気分ですか?
雑談だけになるとしても、心地のいいアロマな部屋で憩いたかったので選びました
移動してくる絢音さんを待ってから、いただいたプレゼントの箱をアンパックしようと思ってました
(きれいなリボンのラッピングを解いて矩形の箱をとりだしてふたを開ける・・・・・・・・・)
あ。これは・・ 
焼き菓子のようですね
(絢音さん、スイーツ好きそう)
さっきのココアの受けにいただけばよかった〜
でもすぐいただいちゃいます
んぐ・・(サックリ さくさく・・)
あ、これは!りんごですね、
わぁいパン・ド・ネージュ♪
紅玉をざっくりとソテーした酸味の多いタイプ。アイスクリームをのせて食べたくなります
りんごたくさんもらうと煮てコンポートにしたり、バターと砂糖でキャラメリゼにして
熱いままバニラアイスのっけて食べるのも好きです
ありがとうございました、すごく美味しいです
いっしょに食べましょうよ
さっぱりとしたミントとローズヒップのハーブティも用意しましたから

404 : お風呂だけじゃなくてお部屋の香りも選べるのでしょうか?
バスエッセンスも芳香剤やお香もいろんな香りがあって迷いますよね。
アップルパイみたいなものでしょうか?
コンポート作るのもめんどくさそうなので作ったことがありません。
その前にりんごはあまりもらうこともないかも。
駿さんはよくいただくのでしょうか?
ローズヒップはちょっと苦手かも…
ミントだけのお茶でお願いします。

405 : 選べるようですよ
大きなタブのようですから、いっしょに入りながらおしゃべり続けますか?
エッセンシャルオイル、選んでください。複数を混ぜるのがいいみたいですよ
りんご園をしてる実家をもつ友人がいて
よくどっさりともらいます
多いので、いろんな手段で使ってます
ではミントティーで
冬の空は四季のうちで最も澄んで青いと感じることがあります
空気が冷たく引き締まってくると空がクリーニングされたようにさーっときれいに見える晴れた日がときどきありますよ

406 : お風呂は…いらないかも。
オイル、混ぜたことないです。
なので、どうすればいいのかわかりません。
りんごといえば信州や青森の寒いところのイメージですね。
駿さんがお菓子作るんですか?
青いというか夏に比べると薄い色に見えます。
夏から秋にかわるときの空の色が好きかも。
空の色も好みですよね。
今日、ぼーっと東の空の月を眺めていました。
曇り空だったからか光の筋が見えて綺麗でした。

407 : アロマバスはお好きなエッセンシャルオイルを落として入るものです
半身浴でゆっくり浸かるといいですよ
僕は深い睡眠を導いてくれるラベンダーのアロマが好きです
つくりますよ
けっこういろいろつくります
シフォンケーキとかも(米粉でつくったりも)
東の空の月?闌けてきてからの月ですね
クリスマスにぼーっと月ってマイペースでいいかもしれない
ただ澄んだ空気じゃないときに薄い雲を媒質に様々な彩りを見せてくれることありますよね
空見るのも好きですよ
絢音さんはここ板にはよくいらしてるんですか?

408 : 入浴剤入れてるかも。
ラベンダー、昔は好きだったかな。
今は甘いフローラル系の香りがいいです。
シフォンケーキも焼いたことないです。
私より女子力高いですね。
赤い月や青い月ですか?
あかーいときの月は不気味です。
なんで赤くなるんでしょうね?
最近はよくきているほうだと思いますよ。
駿さんはよくこられるんですか?

409 : 甘い香りですね
お菓子つくるのは、気分転換です
あと、おもたせなどは自分でつくったものがいいかなとも
空気を媒質にしたときの波長の微妙な組み合わせによって
青かったり赤かったりして人間に見えているようです
しばらく間ありました
絢音さんは少し年上の気がします
でもこの時間なんで、ちょっとずつ言葉をカジュアルにしていきましょうか

410 : おもたせってなんですか?
プレゼント?
波長…なんですか。
全部、空気に含まれる物質?みたいなものの影響?
どれくらいきていなかったんですか?
年齢はどうでしょうね。
どのあたりで年上と判断されたのかわかりかねますが。
カジュアル…、くずすってことでしょうか?
駿さんはお好きにどうぞ。

411 : 友人の家でパーティするときなんかの手みやげ
物質じゃないです。波です。そう見えてる色彩は空気のプリズム
1年ほどやすんでました もう来ないかとも
大人な感じがしたんで
はい、お互いにフランクに話せればと

412 : 追いコンで男の子も手作り料理強制していたの思い出しました。
そういえばクッキー焼いたりお好み焼き作ってきたりしていたかも。
波があるんですか。
…よくわからないです。
色の見え方みたいな感じ…?
私も最近まで人と話すのもめずらしかったくらいの頻度しかきていなかったかも。
大人…ですか?w
わからないことだらけの年齢は大人ですw
釣られるかもしれないので駿さんがくずしてくれたら。

413 : 追いコンw懐かしい
してたでしょ?男子は思いの外、つくるの好きなんですよ
たぶん、ややマニアックだからでしょう
食事の常備菜などをつくるより燻製つくったり焼き菓子つくったり
物質は分子れべるまで極微でとらえれば素粒子となりますが
それをもっと細かく見ると波
ですから、目の前にあるカップも絢音さんも、こうして会話してる声も
声で納得する観念も、細分化していけば波です
波と波の干渉
人と話すのも珍しい頻度 〜募集スレには来るけど移動に至らない?
意味分からないけどw大人ってことにしておこう
大学生だとしたら1年先輩くらいの
真面目な説明じゃなきゃくずしちゃいますよ
雑談したいんですから

414 : 調理師さんに男性多いのはそういうことなんですね。
日本だからかはわからないけど、技術的なものって男性が得意なイメージです。
その分野に熱中できるからかはわからないけど。
なんだか科学なお話ですね。
光の反射のお話で聞いたことあるような気がします。
駿さんは理系でした?
1年以上募集していなかったと思います。
移動していないからそう思うのかもしれませんが。
大学生なんですか?
冬休みのバイトはしないんですか?
えーと、駿さんは大人じゃない年齢なんですね。
17のときに板にきていたんですか?w

415 : それと、過去の偏見かもしれませんが
女性は月経のたびに味覚がずれるので
一定の味付けをたえず守る一流レストランのシェフになかなかなれなかったともいわれています
細やかなことに目を付けて改良するのは女性の方が秀でてるはずなんですが
文系だけど大学で物理学を一般教養でとってました
波動概念はおもしろいよ
だって窮極、カップと人間がコミュニケートできるくらいの話ですから
スピな話じゃなくてね
募集せずにどう過ごしてたんです?ここで
大学生じゃないですよ。さすがにもう卒業してますw
板に来たとき20歳過ぎてましたよ
絢音さんはどんな人なんですか?
何に興味があって、いったい何才くらいで、ここでどんなひとときを求めてるか
なんてね

416 : そんな偏見があるんですね。
じゃあ、お母さんの味は毎月変わるのかな?
私の親、いつも同じ味なんですけど。
女性は細かいということでしょうか?
スピってなんですか?
コミュニケートというか、ふれることができるところが人間もカップも物質ということではないでしょうか?
雑談スレに遊びにいっていました。
うーん…
じゃあ一つ年上くらいに感じるということでしょうか?
12年上かもしれないし、12年下かもしれない。
ただ実年齢より年上に見せるのは難しいかもしれない。
経験豊富で物事をよく知っているような人なら、実年齢より上に見せられるかもしれない。
大人の年齢でも誰かにとっては子供に見えたり、そういう振る舞いしかできなかったり、
そういう一部しか見えなかったり。
どんなひとときが欲しくて駿さんと話しているのか、自分でもわからないかもしれません。
のんびりと、ぼんやりと。
誰かと話しているのがいいのかも。

417 : ほかにもレストランの厨房は大きな調理器具を使うので女性は重いものがもてないとかですね
欧米だと肥った女性が楽々ドデカ鍋を移し替えたり、パンを振ってますけど
家庭の味は決まった調味料や香辛料の量を間違えなければあまり変わりませんが
専門店の調理は素材から手作りなので、数値で定まらないその日の素材の特徴をすぐに見抜いて柔軟につかいます
生鮮ものへの味覚や嗅覚が少しでも不安定になってしまうとどうしても同じソースがつくれないのです
そうですね。とくに視覚的に細かい。目が行き届くということでしょうか?
なのでレストランだとフロア担当なら抜群の顧客満足をつねに満たせる能力をもちます
スピ=スピリチャル(もともとは精神世界全般をさす悪い意味ではなかったのですが
日本では新興宗教とか自己啓発セミナーが精神世界を悪用するようになって
スピ系というと、あやしいこと信じてる人、そういうセミナーや本ばかり求める人のことを指すようです
なるほど、わかります
話すトピックや語彙でわかってくるんですけどね実際
上にいれば下は見える、下から上を見るときはよほど慧眼が必要という意味として、別に理解もできます
ですよね
眠りにつくまえのふわふわとした雑談
いささかまじめに返答しすぎてた自分×でしたw

418 : 絢音さん、急に睡魔が・・ ごめんなさい
もっとお話したかったんですが
寝落ちするのは失礼なので、今のうちに挨拶をしておきます
今夜誘ってくれてありがとうございました
次があればもっとフランクになんでもない雑談しましょう

419 : 重いものはわかるかもしれません。
でも調理師さんに女性がいても担当が重いものを扱わないところだったりしませんか?
ソースとかは寸胴で作るだろうから重そうですが。
逆にフロアでも重いものを移動することもあるから、男性がいないと大変なこともありそうです。
なんだか私はそういう定義的なものが好きではないようです。
そうなんだとは思えない。
だって男性も接客してる人多いし、顧客を怒らせる女性もいるだろうから。
精神的なコミュニケーション…ということですか。
物を大切にしているなら、あるかもしれませんね。
それもどうでしょうね。
語彙は親や環境から継がれているものも多いですし。
話す内容によっては、上下がかわるのもよくある話です。
真面目に話すのもたまにはいいものですw
ただ私は偉そうな物言い、生意気にしかできないので、駿さんの気を悪くさせていたらごめんなさい。

420 : >>418
レス遅くてすみませんでした。
ゆっくり眠ってくださいね。
おやすみなさい。
閉めていいのかわからないので、ちょっとだけ待ちますね。

421 : >>419
つねに中身のあるレスありがとう
僕が返答してたのも、一般論の定義にすぎないし
偏見だねと思っています
ただ、ジェンダーの特性を活かした職域指導については考えるときがあります
波動の話にもどりますが
カップと人とのコミュニケーションというのは
極端にいうと、ひび割れたカップ(という波動状態を)人間の波動との干渉によって調律することもできるという理論みたいです
科学って先端へいくほどトンデモなだけに面白いし、といってまんざらうさんくさいものでもない
ここだと長文では見えにくいですが
LINEなんかで見る語彙、アイテム、とらえ方、略し方
同世代とのコミュニケーションが主な人はすぐ出ると思いますが
絢音さんとの会話は面白かったです
ちっとも生意気と感じてないです
手応えのないやりとりは苦手ですが
それでは僕はここで落ちます
ベッドで絢音さんの最後の言葉までは追えると思いますが
またご縁があれば
楽しみました。ありがとう

422 : >>420
閉めはお願いしていいですか?
思慮深い一面を感じて、また好感をもちました
ではまた

423 : じぇんだーってなんだろう…
特性があってもやってみなきゃわからないことは多々ありですが。
活かすでもなく、発見することもありますから。
ひび割れたカップ…は無理。
植物とかならわかるけど。
それができたなら、みんな超能力者です…
同世代とのコミュニケーション…
この板にいる人がいくつくらいの人なのかわからないから、なんともいえないです。
傾向はあるかもしれないけど、それもやっぱり環境。
では閉めます。

以下空室です。

424 : 使います

425 : お待たせしました
場所ありがとうございます

426 : 改めてよろしくお願いします。
生理なのにオナニーしたくなっちゃったんですか?

427 : よろしくお願いします。
そうなんです。。なんかムラってきちゃって、、変ですよね、、、

428 : 変というか、エッチなんだなぁって思いました。笑
もうすぐにでも始めたい感じですか?

429 : エッチな子だめですか?>_<
生理前はムラムラくること多いんですけど、今回は始まっても続いてる感じですね、、
雑談の後とかでもいいですよ!
委ねます、

430 : 全然ダメじゃないですよ。
むしろ嬉しいです笑
みささんがどうしても我慢出来ないって言うならすぐにでも始めてあげますけど、どんな感じですか?
ちょっと意地悪しながら指示したいです。

431 : そう言ってもらえると安心です(^ ^)

いじわるされたいです、、
そんな風に言われると、触りたくなってきました、、、

432 : そのかわり沢山エッチな姿見せてくださいね。
意地悪されるの好きなんですか?
それじゃ、どこ触りたいか教えてください...

433 : がんばります
そりゃ、あの、一番触りたいのは、、、お股のとこです、、

434 : お股のとこって?
ちゃんと言わないと触らせませんよ?
わかりやすいように見せつけながら言ってください...

435 : ん、、ここの、ク、クリトリスが触りたいです、、、

436 : クリトリス触りたいなんていやらしい事よく言えるね。
さっき会ったばかりなのに...
クリトリスの皮剥いて、どうなってるか教えて?
まだ触っちゃダメだよ...

437 : うう、言わないで、、
く、クリトリス、、剥かれてるし、意地悪されてるしではやく触ってほしくてキュンキュンしてる、
いつもりより、ピンクで大きくなってる気がする、、、

438 : いやらしい事大好きなんでしょ?
触りたかったらいやらしくおねだりしてごらん?
エッチにおねだり出来たら触らせてあげるね...
俺に向かっておまんこ突き出しておねだりして?

439 : いやらしくおねだりって、、
なんて言えばいいか分かんないよ、、
クリトリスすっごく触りたいんです。
弄らせてください///

440 : みさのいやらしいクリトリスでオナニーさせてください...とか
おまんこイカせてください...とかいやらしくない?
またやりながら聞かせてもらうからね?
焦らされてたから敏感になっちゃったかな?
指にたっぷり涎つけて、円の字にクリトリス触ってごらん...

441 : ううう、また言わされるの??
恥ずかしい、、
ずっと空気当たってて冷たくてヒクヒクしてた、、
んん、コリコリってなるたびに腰いちゃいそう、、

442 : いいんだよ、腰動いちゃっても...
おまんこ触れないのも、もどかしいでしょ?
みさの目の前でオナニー見られてると思って触ってごらん?

443 : すっごくもどかしい、、いつもならもう、、、
見られてると思ったら声我慢しちゃいそう、、でも吐息がもれちゃう、

444 : いつもならどうするの?
見られて興奮してるんでしょ?
もっと見てくださいって言わないと...

445 : おまんこに指ズボズボしちゃってる、、、
見られて興奮しちゃうやらしいみさのオナニーもっと見てください、、

446 : 見られてするのと、普段のオナニーとどっちが興奮するの?
もっと激しく触ってごらん...
おまんこもヒクヒクしてるでしょ?

447 : 見られてする方がいつもよりずっと興奮します、、
おまんこすごいヒクヒクなってる、きっと、透明のお汁も出てきてる、、

448 : みさのいやらしいおまんこ想像しただけでちんこが硬くなっちゃうよ...
もっといやらしい姿見せて?
おっぱいも触ってもっと激しくクリトリス虐めて?

449 : そんな風に言ってもらえると嬉しいです、、

んわ、
乳首もコリコリになってるし、
これ以上さわっちゃったら気持ちよすぎていっちゃいそうです、、

450 : 男の人にも興奮してもらえて嬉しいでしょ?
いいよ、イッでも...
そのかわりちゃんとイカせてください...っていやらしくおねだりするんだよ?

451 : 嬉しいです、興奮してくれてるなんて、、、
みさのいやらしいおまんこ理さんが見てる前でイカせてください、

452 : みさが興奮してくれて嬉しいよ...
いいよ、イッてごらん。
みさのいやらしくイク姿見せて...

453 : わたしも理さんが私で興奮してくれて嬉しい、、理さんのも、どうなってるか教えて、、
んん、いく!!
クリいじりながらいっちゃう!、!

454 : さっきから興奮して硬くなって、勃起したちんぽ扱いてますよ...
イッてごらん...
イッても続けられるようならそのまま触り続けて?

455 : 白いのでるかな、、

気持ちよくて手が止まらないです、、
ずっと触ってたら足がピーンってなるしガクガク震えてる、、

456 : 白いの出して欲しい?
そのまま触り続けてまたイッちゃえば?
みさのいやらしい姿想像して、ちんぽがもっと硬くなってきた...

457 : 出るとこみたいなあ、、って、、
なんかこのままいったら戻れなくなりそう、、でも気持ちいから手が止まらない
ああ。、またおっきいのがきそう、、いっちゃいそう、、

458 : じゃー出してあげるからもっといやらしい事言って?
おかしくなるまでオナニーしちゃおっか。
みさのイクところもっと見せてごらん...

459 : みさの目の前で、おちんちんから白いのいっぱいぴゅっぴゅしてください、、
足がピーンとなっていっちゃう、、
ふううぅ

460 : みさの顔に白いのかかっちゃうかもよ?
それでもいい?
ちんぽ凄い硬くて暑くなってきたよ...
我慢汁も出てきたし、もうすぐイッちゃいそう。
みさも一緒にいこ?
もっと脚広げて、激しくイッてごらん...

461 : いいよ、ううん、かけてください、
一緒にイこ
んん、もうきてる、、

462 : いいよ、じゃ沢山かけてあげるね...
もういきそうだよ...
あぁ、出るっ...!
みさも一緒に気持ちよくなって...

463 : んん、理さんの熱いのかかってる、、

腰が今までで1番高く跳ねちゃうくらい気持ちい!!!
カラダのガクガクが止まらないよお、、

464 : すっごく気持ちよかったです
ありがとうございます、
ほんとに今までに無いくらい腰が跳ねました、、

465 : 白いのたくさん出ちゃった...
いやらしくイッちゃったね...
まだ足りないならもっとしてあげるよ?
本当にみさのおまんこは変態だね...

466 : 気持ちよくなってくれてよかった。
もう遅いからこの辺にしておこうかね。
みさちゃんエッチだから楽しかったよ。
こちらこそありがとう。

467 : 嬉しいです、、理さんのちょっと苦い、、
すっごく満たされました、、、
気持ちよく眠れそうです。
ほんとはもっともっとしてほしいけど続きは、また機会があれば、、でもいいですか??
寝落ちしちゃいそうで、、

468 : また見かけたら声かけさせてもらいますね。
もっと意地悪な事してあげたくなっちゃった。笑
こちらこそ気持ちよくなってもらえてよかった。
ゆっくり休んでくださいね。
部屋は閉めておきますね。
では、おやすみなさい。

以下空室です。

469 : あ、なんかレス入れ違いになっちゃいましたね、
では、今日は落ちますね。
理さん、またお会いできたらもっともっと意地悪してくださいね。
でわ、おやすみなさい
落ちます

470 : 以下、空室です。

471 : 使います。

472 : 来ました
健太さん、場所ありがとうございます

473 : >>472 あかりさん、ようこそです♪
えっと… 寒いので、ベッドに入りませんか…?
(顔を赤くして尋ねる健太…)

474 : あ、そうですね〜ぬくぬくしましょう

475 : では、お先に失礼します…
(いそいそと大きなベッドのお布団に潜り込む健太…)
あ、あかりさん、どうぞこちらに…。
(ドキドキしながら誘います…)

476 : お邪魔します♪
(言いながら布団に入って健太さんにぴたっとくっつく)
健太さんあったかいですね

477 : はぁ… あかりさんも暖かい〜…♪♪♪
ぎゅっ…
ねぇ… あかり って読んでも良い…?

478 : ん、いいよ
じゃあ私も健太って呼ぶね

479 : あかり… ありがと…
うん、健太 って呼んで…?
なんかすっごいドキドキしてきちゃったよ…
あかり…… チュ…
(ドキドキしながら、あかりのほっぺにキスします…)

480 : すごい健太の心臓ドキドキしてるなって思ってた(笑)
キス、もっとして?

481 : たって、あかり、可愛くて、柔らかくて、暖かくて、良い匂いするから……//
きす…?
うん… あかり… すき… 大好き…
ちゅ… チュ、 ちゅぷ… ちゅ…
(あかりの唇に、キスをしはじめて…)

482 : そんなに言われると照れちゃう…
それに私も健太と同じくらいドキドキしてるよ
ん、ちゅ…ちゅ…健太、好き…ちゅ

483 : ちゅ チュッ チュプッ… んっ…
(あかりの口内に舌を差し込み、あかりの舌にヌルヌルと絡ませ、ねっとりとあかりを求め始めて…)
あかり……
(舌を絡ませるキスをしながら、あかりの身体を抱き締めまさぐります…)
ぐっ…
(あかりの下腹部に、何か熱く硬いものが押し付けられて…)
あかり……。
(切ない顔の健太…)

484 : んっふ…ちゅぅ、ちゅ…健太、んっ
けんたの硬いね
(健太を見つめ返して)
暑いの、健太、服脱がして

485 : うん、あかり… 硬くなっちゃった……。
あかり… ん… ちゅ…
(あかりの服を脱がし始めます…)
(あかりの下も脱がして、お布団の中、あかりを下着姿にしてしまいます…)
あかり… 健太も脱いでいい…?

486 : (健太の下腹部に手を伸ばして服の上から触りながら)
硬いし大きい…
うん、健太も脱いでくっつこう?

487 : うん、脱いじゃうね… んっ……//
(服とズボンを脱ぎ、パンツも脱いで全裸になる健太…)
(あかりの手をとり、熱くガチガチに勃起してしまっているペニスをあかりに握らせる…)
(溢れているヌルヌルの我慢汁が、雄臭くあかりの可愛い指を汚します…)
あかり… 大好きだよ… ぎゅっ…。
(裸のあかりに密着して抱き締めて…)

488 : 健太すごい…手、ベトベトになっちゃうよ
(両手で擦りながら)
ね、きもちいい?
私も、健太が大好き…もっと健太を感じたいよ

489 : んっ……//
あかり… チンチン、きもちいい……。
ずっと、触って欲しかった……
あかり… きもちいい…
(目を細め気持ち良さに浸る健太…)

490 : すいません、急遽出掛けなきゃいけなくなりました…
これからって時でごめんなさい、落ちます

491 : はーい、あかりさん、ありがとうでした!
良き一日を♪
オチ 以下空き部屋です…♪

492 : 亜希と使います

493 : 優輔…
ありがとう、迎えに来てくれて。
眠くない?
もう寝る支度できたかな?

494 : 亜希、来てくれてありがとね
うん、寝る用意出来てるよ
亜希の温もり、いっぱいもらっていかないと
(亜希を抱きしめて、背中を手で摩り)
今年もありがと
ほんとに最後にきていい年だったよ

495 : (ぎゅっと抱きしめ返して)
年の締めくくりに優輔に逢えて嬉しいよ。
まだ出逢って1ヶ月だけど、もっと長く一緒にいるみたいな感じするね。

496 : 亜希の伝言、嬉しかったよ
ほんとに亜希と逢えて、救われたこと
いっぱいある
来年もほんとによろしくね
(抱き合ったまま、亜希を見つめて)
亜希…愛してる…ちゅ
(亜希の唇に自分の唇を重ねる)

497 : そう?
私なんかで救われてるの?
来年もよろしくお願いします。
…っん、ちゅ……優輔…
愛してる…んっ
(優輔を見上げて柔らかな唇を重ね)
明日は関西方面に行くんでしょ?
どの辺りに行くの?

498 : うん、いっぱい救われてるよ
亜希の伝言や、こうやって逢ってくれること
すごくありがたいよ
逆にあんまり時間作ってあげられなくて
申し訳ないなぁって思う
ごめんね、亜希
亜希…なしではいられないね、もう
(何度も何度も口づけを交わし)
明日はね、京都まで
神社とか、ラーメン屋とかw

499 : ……そうなんだ。
優輔、明日すごく近くにいるんだね。
私も昨日ラーメン食べ納めしたよ。
実家帰ってくると昼はあちこちラーメン巡りするw

500 : 京都駅のラーメン小路みたいなとこに行く予定なんだ
そうか…近くにいるんだね
俺も大学の時は京都に住んでたんだよね
なんか懐かしく感じるよ

501 : そうなんだ。
そこならますたにが私は好き。
駅近くなら第一旭の本店も美味しいよ。
大学は同じエリアにいたかもしれないね。
もうそろそろ寝ないと?

502 : ますたにあるね
第一旭も行ったし、北白川の天一とか通ってたからね
同じエリアか、すごい偶然だよね
縁があるんだね、俺たちは
23時過ぎたら寝ようかな

503 : 私は優輔が寝たら、これから年越し蕎麦食べて、初詣に行ってくるよ。
離れたくなくなる…ん、ぎゅっ…
優輔…

504 : 気をつけていってきてね
俺も…いっぱい抱きしめて
亜希の感触を記憶に残しとく
ぎゅっ…
亜希の匂い…来年もいっぱい嗅ぎたいね
じゃ、先に寝ようかな
亜希、ほんとに今年はありがとう
来年もよろしくお願いします
今年最後のキス…ちゅ
亜希、愛してるね

505 : うん…
来年もよろしくお願いします。
ちゅ…おやすみなさい。
今夜は私がこのまま閉めるね。
以下、空室です。

506 : お借りします。

507 : お待たせしました、宜しくお願いします

508 : あけましておめでとう、圭一さん

509 : 彩さんこちらこそ、よろしくお願いします。
初日の出や、初詣はされました?
昨夜近所に初詣し、初日の出見て帰り、シャワー浴びて…
寒気がどうにか引いたところです。
TVがちょっとつまらなくて…話し相手有難うございます♪

510 : 遅くなりましたが、
彩さん、明けましておめでとうございます♪
いい年にしたいですねっ。

511 : 昨日は、初詣に行きそびれてしまいました。
凄く寒いですよね。テレビは余り見ないです。
ベランダから朝日は少し見ました。

512 : 元日から風邪を引いちゃって大変です。
誰かに暖めて欲しい気分です

513 : ベランダから見えるんだ、良いですね。
うちは窓開けると、隣の壁です(汗
朝方は結構冷えるのに、風邪引かれたんじゃ…
余計に冷えを感じますよね。
それじゃ、一緒にお布団に入って温まりますか…
(彩さんをお姫様抱っこして、ベッドに運びそっと寝かせて、
腕枕をして頬に軽く触れるぐらいのキス…)

514 : はい。素敵な景色です。
一人のときに風邪を引くと凄く心細いです。
嬉しい。あ、そんな・・・
(お姫様抱っこして頂き感動している、
そのままベッドに運ばれ、腕枕や頬への優しいキスまで)
ん・・・(赤く火照る頬)
なんだか、お姫様みたい。こういうの憧れです。凄く嬉しい

515 : >>514
体調いい時は気にしませんが、ちょっと出掛けるのも辛い時や
寝込んだ時は、凄く心細く成りますよね。
痛みや体の自由が辛い時に、更に酷くなったらどうしようとか。
彩さん感じ良さそうでしたので、お姫様抱っこしました。
ちょっと恥ずかしいかな?とも思ったのですけどね。
体が少し冷えてるね…
(彩さんの耳たぶに吸い付くように、唇で挟んではむはむと甘噛みし…
そっと形の良い胸に手を伸ばし、服の上から胸をそっと包んで、
持ち上げるように、優しく揉んでいく…)

516 : 心細すぎて人肌が恋しくなります
切なく苦しい感じです
いいえ、凄く嬉しいです
はい、とっても身体が凍えています
ん、ぁんっ!(耳たぶに吸い付かれ、唇で挟むように
はむはむと甘く噛まれ声を上げてしまう)
んっ、んんっ!!(胸に手を伸ばされ、服の上から
優しく揉まれる。友人などから、形が良いと良く褒められるおっぱい)
(そっと包み込み、持ち上げるようなその動きに魅了されている)
はぁ、ぅ。(媚びたような吐息が漏れ出てしまう)

517 : 心細く成って、そんな感じに成ってるですね…
彩さん、甘い声漏れてますよ…
とっても感じやすいんですねっ♪
(耳たぶをはむはむと甘噛みし、首筋からあごの方へ
舌先でツーっと舐める)
ほんのりと、紅潮して彩さん綺麗です…んん…ちゅっ…
(唇に軽く触れるぐらいのキスして、
彩さんの唇をこじ開ける様に、すっと唇を舌先で舐めていき…
服の上から胸の膨らみの先端、乳首辺りを
人差し指で円を描くように撫でながら、胸を同時に揉んでいく…)

518 : 寂しくて寂しくて
ぁぁん、圭一さんが上手いからだよ
こんなのされたら感じすぎちゃうよ
ぁぅぅ、ぁぁ、ん、。(耳たぶをはむはむ甘く噛まれ、
首筋から顎のほうへと舌先でツーっと舐められる、彼の唾液が肌に光る)
なんだか身体が温かいです。ほわほわしてしまいます、。
(ほんのり紅潮してる)ぁ、ん、。ん、んん、。ちゅ・・・ちゅ
(唇が触れる程度の軽いキスから、唇をこじ開けるようなキスへ、。
唇が舌先で舐められてゆく、。服の上からは胸のふくらみの先端や乳首周辺を
指で円を書くようになでられ揉まれてゆく)ぁぁぁぁんんん、気持ち良いです。
(衣服の下では乳首が尖り、ショーツは濡れ湿ってきている)

519 : 人寂しさ忘れるくらい、
彩さんも、一緒に気持ちよくなって欲しいですからね。
【彩さんすいませんが、パジャマにブラとショーツみたいな、
大雑把に格好教えて頂けると、助かります。
ちなみに私は、Tシャツにトランクスのパンツです】
ん…んん…気持ち良さそうな彩さんとっても色っぽい…
(キスして、舌先で彩さんの唇を割り…
上下の歯や歯茎を舌先で撫でては、
彩さんの舌の動きに合わせる様に、舌を絡め合う…)
キスも彩さんの柔らかい胸揉んでるだけでも気持ちいいです…
指先に、少し固くなった乳首を感じながら…、
服の上から、軽く乳首を挟んでは、引っ張って…プルンと何度も摘んでいき…
彩さんの股を開かせるように…
そっと彩さんの足に足を絡めて開かせて…
膝から、太腿にかけて指でなで上げては、
足の付け根をお尻の方から、前の方へ…
焦らすように内ももを撫でていく…)

520 : 凄く気持ち良いです
【パジャマにショーツです、スポーツブラつけています】
ん、んん、ん。(顔を赤らめながら舌を絡めあう、、、。
上下の歯や歯茎を舌先でなでられる。そのたびに小さく身体がぴくぴく反応してしまう)
はぁん。気持ち良いです。ぁぁん、(乳首や胸を責められつつ、圭一さんが
足を絡めてきて股を開かせられてゆく)
膝や腿をなでられ、足の付け根、お尻、前のほう、焦らされれば焦らされるほど
ショーツがぐっしょりと染みを濃くする)
駄目、これ以上濡れちゃうとパジャマまで汚しちゃう・・・ぁぁ・・・ん

521 : 【服装有難うございました。】
彩さんに感じてもらえて、嬉しいです♪
んん…ちゅっ…くちゅっ…彩さん、舌を出して…
(唾液を交換するように、舌を絡め合い…、顔を話すとキラキラと唾液の橋がツーっと出来る…
彩さんの出した舌に吸い付き、顔を動かして
彩さんの舌を唇でしごいていく…)
彩さん、ぱじゃま汚れちゃうから脱がせてあげるね。
(そっと腰を浮かせた彩さんから、するするとパジャマ(下)を脱がせ、
足の付け根や太腿やなで上げててた手で、
少し湿り気を帯びたショーツの上から割れ目あたりを、
中指で軽く食い込ませる様に…
優しくお尻の方から前の方へと撫でていく…)

522 : レス遅く落ちちゃったかな…
彩さん、すいませんでした。
以下、空いてます

523 : 【ごめんなさい、具合が悪くて休んでいました、すみません。落ちます】


524 : >>523
彩さんそうでしたか、お体をお大事にしてくださいね。
機会有れば、またよろしくお願いします。
落ち
以下、空いてます。

525 : 使用予約します

526 : 誘導どうもです。
よろしくお願いします。
軽く自己紹介でもいただけますか?

527 : いらっしゃいませ。自己紹介、了解です。
隆弥(たかや)、25歳♂です。
体型は175の65、リアではふつーのサラリーマンで彼女はいません。
好きな体位は対面座位です。
この年末年始は地元でだらだら友達と遊んだりスノボ行ったりしてだらだら過ごしてるところです。
そちらも自己紹介いただいてもいいですか?

528 : なんかすごいまじめそうだねw
優子、26歳です。
年末年始は結構エッチしてたかなw
最後にしたのはいつなの?

529 : 真面目な印象のほうがモテるかなとw
適当に書くと、何この人!?とか切られるかなーって
年近いんだね、嬉しいな
エッチはしてないけどお店へ抜きにw
最後は三ヶ月くらいかなあ
元カノを呼んでしちゃった

530 : まあたしかにねえw
たぶん2個上かな?
年上好き?
風俗には結構行くんだw
あらあらw
セフレにはならなかったの?

531 : でしょ?やっぱり優子さん的には雑なのよりマメなほうがいい?
年上好きです〜
優子お姉さんですね、後ろから抱っこして年上女性を甘やかしてみたいです。
風俗はお休みの時とかエッチしてないときは利用しますね。風俗嬢様々です。
元カノは現在大学生で今忙しいみたいでそんな感じにはならなさそーです。
優子セフレはいるの?

532 : んーこういうとこではまめなのがいいね。
リアルではどっちでもいいかなー
年上との経験はある?
そうなんだー。ピンサロ?
就かつ中とかなのかな?
相手はサークルの後輩だった人とか?
セフレは数人いるよw

533 : 年上ありますよー
仕事の絡みで取引先の年上の人と食事して帰りにエッチしちゃったw
ううん、箱ヘルスだよ。
ピンサロはリーズナブルだけどあんま好きじゃなくて。
そうそう、就活してるサークルの後輩
よくあるパターンでしょ?w

534 : 結構やりちんでしょ?w
その人は1回きりなの?
ヘルスなのね。
なら結構風俗にかねつかってそうw
後輩は狙いやすいもんね。
就活中には狙ったりしてた?

535 : ただのラッキースケベで、一回切りですよー、旦那さんと最近してないって話聞いてたら誘われちゃって。
年に10回もないから多くても年間20万円くらいじゃないかな。
就活の相談みたいな話から会って話してアレヨコレヨとしてたらエッチしてたw
優子さんのセフレはどんな関係だった人なの?

536 : 結構年上だったのかな?
よかったねw
経験人数ドンくらい?
いやそれでも結構つかってるかとw
なるほどねー
就かつ中はあたしも盛んだったなw
いろいろあるねー。
昔からの関係、勤め先の人、友達などw

537 : 10歳上でした。抱きごこちやテクは素晴らしかったです、あれで年上に目覚めちゃってますね。
人数は風俗なしにしたら7人、かな。
えー、普通ですよ。男のたしなみとしてw
あ、就活中にリクスーでセックスしまくってた人だったり?w
ぜひぜひ優子さんのセフレ四天王に入れて欲しいもんですねw

538 : けっこうえだねw
さすがに10個したとはまだ経験ないなw
あら、思ったより少なかった。
そうなのかw
なんかスポーツとかしてたの?
そのくちだねw
あとくされないからオープンだったw
そこにははいれるかわかんないよー
一回きりの人も結構多いかな。

539 : 当時23歳でしたけどね。
ヤリチンまではいかない微妙なラインでしょう?w
サッカーしてましたよ。補欠だけどw
優子さん体型どんな感じですか?すらっと系?プニプニ系?
まじかぁ
リクスー優子さんと盛りたかったです。
っていうかすでに四天王いるんだw
こういうのは相性だからねー、お試しいただいて捨てていただいても構いませんよw

540 : ごめんね、ちょっと電話はいってしまったのでおちますね。
ありがとうございました

541 : こちらこそ、またお会いできたらお願いします
ありがとうございました。
以下空きです

542 : 使います

543 : 来たよ…絵里

544 : もぉっ…
待ってって言ってるのにぃ…

545 : >>544
本当は、早くやらしいことしたかったくせに…(巨乳をぐにゃぐにゃ揉みくちゃにしながら)

546 : 絵里パイ絵里パイハァハァ

547 : >>545
ぁんっ
お見通しなのぉ??

548 : >>547
疼いてたの分かるんだよ…

549 : >>546
まってたんだよぉ?

550 : 絵里パイにチンチン押し付けよっと
ハァハァ、グニィグニィ!
ハァハァおっぱいでかい絵里たん

551 : >>548
ずぅーっと うずうずしてたの

552 : >>550
おっぱいにチンチン擦り付けてるのぉ?
おっぱい突っつかれてる

553 : >>551
絵里…さっさと股開けよ…
やらしいことしたいだろ…?

554 : >>553
ソコはもっと楽しんでから…
あーんっ パクッ
じゅぽっ、、、じゅぽじゅぽジュポ
チンポ きもちひい?

555 : >>554
やらしい女だな…チンポくわえやがって…ちゃんと綺麗に舐めろよ…(絵里の頭を押さえつけ腰を前後に振り)

556 : 服の下から絵里パイに生チンつけるわ
ハァハァあーすっげえ気持ちいいいい!
絵里おっぱいトップは何cm?

557 : >>555
んぐっ、、んぐ、んんんぐ…
ぷはぁっ、、、はぁっ…ハァ…

558 : >>556
生でおっぱいにチンポ擦り付けてぇっ
おっぱいをチンチン臭くして…
(トップは89です)

559 : >>557
どうした絵里…?もうおしまいか?
(チンポを根元までくわえさせ、頭を押さえつけ)

560 : >>559
んぐぐぐ
(白目を向き、涙を流しながら、口角からヨダレを垂らして…)
んがっ……っんが…んぐ…

561 : は、89! !絵里のおっぱいマジやばいな
ハァハァバスト89898989!89898989!
もう我慢出来んぞ!絵里のおっぱいの谷間にチンチン挟んでつっこむ!
ムニュウ!ズリズリズリズリいいいい!

562 : >>561
89のEカップのおっぱいでパイズリしてあげるっ
シュコシュコシュコ

563 : >>560
いい顔つきじゃん…
四つん這いになれよ…
(絵里を四つん這いにさせ、極太バイブをオマンコへ間髪入れずに突き刺し…)

564 : あぁあぁ絵里ちゃんのパイズリキタキタキタぁ!
89cmのEカップ 超たまんねぇ!ヨダレでちまう
絵里ちゃん俺の仮性包茎チンチンおもいっきりパイズリしてくれ!

565 : >>563
ふぁい…
(涙でマスカラも溶け出し、黒い涙のようになっている)
ひぎぃいいっ…
(四つん這いになった途端極太バイブを強引に挿入されてしまう)

566 : >>564
あんっ
仮性包茎なの?
なんで先に言わなかったの?
唇で皮を剥き、カリの窪みや裏筋に鼻を擦り付け匂いを吸い込む

567 : >>565
肉便器なんだろ?
こう言うことされて悦ぶんだよなぁ…
(バイブのスイッチを入れると、絵里の中でグネグネとバイブがうね回る)

568 : 仮性って言うの恥ずかしかったんでちゅ
あぁあぁ絵里ちゃんチンチンの皮ムキムキしてる…くっそエロ
またパイズリしてして!

569 : >>567
ひ…ひぃっ…
は、はい
肉便器ですぅ。絵里は皆様の肉便器ですぅ…

570 : >>568
チンポの皮大好きなのぉ
チンポの皮を甘噛みして伸ばしてみせる
はぁっはぁっ…
亀頭を鼻に擦り付け、むせかえるような匂いを堪能する

571 : >>569
たまんねぇなぁ…
絵里…我慢出来ねぇから入れるかんな…(極太バイブを出し入れさせ絵里の中をかき混ぜながら、絵里のアナルにいきり立ったチンポを押し付け、ギチギチとアナルの中へ突き刺してゆく)

572 : >>571
あっ、あ゛あ゛あ゛っ
アナルはだめえっ……
ひぎぃぃっ!!
(挿入された瞬間に腰をびくんびくんと跳ねさせて果ててしまう)

573 : >>572
くぁぁあ…
たまんねぇなぁ…絵里の尻穴よく締まるじゃねーか…
好きなんだろこれがよ…
(絵里の尻をガッシリ掴み、激しく腰振りズボズボズボズボ…チンポを突き刺し)

574 : >>573
う……うっ、、う…うっ…
(へたり込んだ身体でも腰の動きに合わせて声が漏れてしまっている)

575 : >>574
絵里…彼氏とすんのとどっちがいいんだ?
やらしく腰振りながら答えろよ

576 : 絵里っ!俺の仮性包茎チンチンをフェラチオしてくれ!
フェラして!フェラ!

577 : >>575
名無し様ですぅ…
彼氏とより、名無し様とのセックスの方がきもちいいのっ

578 : >>577
よく言えるよな…
本当は性欲満たせれば誰でもいいんだろ?
だから肉便器なんだよな

579 : >>576
仮性包茎のチンポ
フェラしてほしいんだ?ん?
唇で皮剥かれて、先端が露わになったチンポをフェラしてほしいの?
あーんっ パクッ
ほーら、包茎チンポくわえちゃった…

580 : あぁ絵里ちゃんそうだよ!もっと責めてくれ!仮性包茎チンチンをジュポジュポしてよ
あぅっ!絵里ちゃんの口あったけぇ〜
全開でフェラお願い!
あー女の口最高だ

581 : >>578
はぃっ…
月一回の彼氏より、週一回の他人の方が興奮しますっ

582 : >>581
近けりゃ犯しに行ってやるよ…
チンポに飢えてんだな

583 : >>580
絵里のお口でチンポしごかれたいんだ?ん?
いっぱい扱いてあげる…
(きゅうっと口内の内圧を高め、頬を凹ませながらチンポに吸い付く)
ほら…絵里のヨダレでヌルヌルだよぉ?
ジュポ……じゅぽじゅぽ…
(口を上下に動かす度に白泡がチンポをまとう)

584 : >>582
イブイブにホテルでサンタコス3Pして
イブにはおざなりな普通のエッチ…
彼氏とのエッチなんてつまらないただの儀式なのぉ

585 : >>584
それなら…密会して楽しもうぜ…

586 : あふう…絵里ちゃんのお口で俺の生チンをじゅぽじゅぽしごかれたいんですぅ!
ハァハァハァハァ…絵里ちゃんのフェラすんごい…き、キンタマも舐めてね!
俺はおっぱい揉むから

587 : >>586
キンタマ舐められるの好きなのぉ
絵里もキンタマ舐めるの好きぃ
はむっ
(左右のキンタマを口に頬張り、舌で舐めまわす)

588 : >>587
絵里…ありがとう

589 : >>585
ここで会って
またエッチなことしましょ?

590 : >>589
大事な人と仲良くした方がいいかなって

591 : >>590
絵里にはセックスの合う人が必要なの…
今の彼はそうじゃない…
極太バイブ入れられてアナルセックスなんて彼とのエッチより遥かに興奮したの

592 : >>591
じゃあ…また会おう…

593 : >>592
あんっ
だめっ
そんな…

594 : >>593
まだ足りない?

595 : >>593
もう見てないよな?

596 : 以下、空室です。

597 : お借りします

598 : こんばんは
少しだけでもと…図々しいと思いながら来ました

599 : 無理を言ってすみませんでした。
ちょっと強引でしたが、これも私の性格なので。
体調のほうはどうですか?
年末年始で少し休められていれば良いが、と思ってたのですが。

600 : 体調の方はここ三日間ぐらいは、ようやく少し落ち着いてすごせています
ここであまりお話しをすることは出来ないけど
元々が丈夫ではないので…
見境なくなってしまった自分への戒めなのかもしれません

601 : 私が少し圭織に無理をさせてしまったのが悪かったんでしょうね。
見境なくなってしまったというのは、どういうことですか?
圭織はちゃんと秘密も守り通して普段はいつも通りに過ごせてたと思ってましたが・・・・
でも、何よりも体調を優先して下さい。
そうでないと私のほうも困りますから。

602 : 慎司さんが悪いわけではなく、私にとって魅力的だったと言うのが正直なところです
時間を忘れるほど、連日連夜夢中になっていましたから…
勿論、秘密も守っていましたし普段の生活も当たり前に過ごしていました
体調がついていかなかった事と、 諸々が重なってしまったからです
ご心配かけてすみませんでした

603 : いずれにしても、圭織に無理をさせないように私も気をつける必要があります。
圭織に夢中になってしまったのは私のほうなんです。
それに前にも言いましたが、圭織にとってはストレスも原因で体調に影響が出たんだろうという気はしています。
その強い性欲が、普段はあまり満たされてない様子を感じてましたからね・・・

604 : 心労もありますし、病気もあるので体調管理が難しかったりします
あまり詳しいことは話せませんが、自分自身の管理が甘かったことが原因です
時々寝込んでしまうこともあるので、慎司さんに不愉快な思いもさせたくないし、楽しめる相手は他にもいると思えて昨年あの伝言をしました

605 : 私のほうは圭織のその様子に不愉快なんて思ったことはありませんよ。
それよりも余計な事に反応してしまう面を心配しただけです。
ここで出会って繋がっていく以上は、ある程度は色々な雑音も承知しておく必要もあります。
私は圭織を必要としてます。
その私の想いは圭織に伝わっていませんでしたか?
私のほうは他の相手なんて考えた事もありません。

606 : 普段の生活で主人以外の男性が、私を必要としてくれるなんてこと事ないので自分に自信がないです
だから慎司さんが伝えてくれる気持ちをわかっていながらも、周囲に反応してしまうんです
よい性格ではないですよね

607 : もう、これからは私の言う通りに周りには反応せずに私だけを見るようにして下さい。
そして、無理も絶対にしないように。
圭織は私をとても悦ばせてくれる女性なんです。
私の想いもわかって下さい。
圭織は私を愛せませんか?

608 : 正直この性格なので、直ぐには慎司さんが望むような事は出来ないけど…気を付けます
私は慎司さんとゆっくりでも時間を掛けて繋がりを深めたいです
慎司さんはどんな時間を想い描いてますか?
お話しをしたり、時には貪りあうような事をしたり。
時には風変わりでシチュエーションなど二人で膨らませて、描写を交えての行為をしてみたり
そんな中で愛しあいたいです

609 : 私は、心でも身体でも圭織を愛し続けたいと想ってます。
もちろん、圭織と過ごす時は私が欲望がすぐに沸いてしまいますが
こうして、同じ時間を圭織と過ごせる事だけでも私は嬉しく思ってます。
毎日の伝言は、とても私を嬉しくさせてくれてるんです。
圭織と私とのセックスの相性もすごくいいと私は感じてるんですよ。
愛してます・・・と圭織を責め続けながら言わせたくなるんです。

610 : 色々な事をしてみたいです
私は何時も刺激が欲しい欲張りだと想います

611 : 圭織の強い性欲、自分でもよくわかってるでしょう?
私はその圭織の性欲も満たしたいんですよ・・・・
縛られて卑劣な行為で狂わされるセックスが圭織には必要でしょう?
マゾである事をもっともっと実感させられるようなセックス、求めていませんか?

612 : 気持ちを文字で伝えるのは難しいですね
誤解もうまれやすいし…
そのお話し…今夜は控えます
(首に腕をまわし耳元で息を吹き掛けるように囁き体を密着させる)
こんなニュアンスの気持ちを伝えたつもりでしたが…伝わりましたか?

613 : (圭織の身体へ腕を回して撫で回しながら・・・)
それ以上言えないように圭織の唇を塞ぎますよ。
このまま圭織の下着の中へ私が手を伸ばしてクリトリスへ触れたら
圭織の身体の様子も、すぐに確かめられてしまいますよ。
愛してるんですよ・・・・・圭織を。

614 : だめ…それ以上は止まらなくなります
(背中から腰へ撫でられる身体が僅かに腰を揺らし、伸ばそうとする指先を抑える)
無言になる前に、今夜はここで挨拶させてくださいね
そろそろ横になります

615 : 今夜はありがとう。
話をしてくれたおかげで、安心できました。
また伝言します。
ゆっくりと休んで下さい。
おやすみなさい。

616 : 子供みたいな私を受け入れてくれて、ありがとうございます
慎司さんを好きな気持ちは本当です
おやすみなさい
伝言しますね

617 : 【以下、空き部屋となります】

618 : 使います

619 : 大樹さんお部屋に連れてきてくれて
今夜はありがとっ。
早くっ、大樹さんと続きしたいです
チュッ

620 : 改めて…ベッド上で
また挿入するよ
シュボシュボ…ザーメンでいっぱいのマンコに大樹の極太チンポがまたいっぱいに
なったよ
ゆっくりと左右に腰を動かしてるよ
ああ…葵

621 : はぁああ...温泉のお湯が邪魔しないから
大樹さんのたっぷり出してくれたザーメンと
グショグショの愛液で、ジュポジュポもっと気持ちいいよ...
大樹さんの極太おちんぽ...あ、あっ、ああぅ
今夜だけはひとり占めしちゃうもん
足を左右に動かす腰に絡めて。

622 : 今日は葵のマンコの形が
俺のチンポ形になるくらいピストンするよ
ほら…いやらし腰つき
また突き上げて速くピストンしたら
止めて焦らすよ
凄いよ巨乳が揺れる
乳首をペロペロしちゃうよペロペロ…スチャウよ
チュパチュパ
いやらしよおっぱいが
ふらふらになるくらい
セックスするよ

623 : 大樹さんのおちんぽで形が作られちゃうの...
恥ずかしいけど、嬉しいっ
はぁはぁ...
激しくピストンされる度にお尻まで垂れちゃってる
大樹さんっ、あぁ、んっんぅ...また、意地悪
抱き付いたら大樹さんの胸に乳首スリスリなっちゃうよ、気持ちいい?
動きをとめられたら、ピクピク痙攣が止まんないよぉ
乳首...ぺろぺろして、いっぱい吸って、大樹さんっ。

624 : こちらこそ葵を独占するよ
ああ…このおっぱいをペロペロ…美味しい
いっぱい抱きしめてる
(腰を止めたり、また突き上げ左右にマンコ汁でぐちゃぐちゃの膣内を回すようにペニス動かす

625 : ふふっ。改めて大樹さんに今夜は特別な事言われちゃうだけで、顔が真っ赤になっちゃてます
抱きしめてもらいながら、セックス...
部屋に響くような声出しちゃってるから
喉もカラカラ...ぁあ、ああ...気持ちよすぎて腰がヘロヘロ
(舐められるおっぱいを頭を撫でながら見つめかき回されるペニスの蠢きに目をトロンとさせる)

626 : ああ…乳首…美味しいよ
せっかく温泉で唾がきれいになったのに
乳輪が唾液でベトベトだね
かりがまたクリを虐めてる膣癖を擦りながら
グチョグチョだ

627 : 大樹さんはおっぱいが好き?!
私...乳首とクリ一緒にだと、いっちゃう
直ぐ、いっちゃいそう
ぁあだめ、大樹さんのおちんぽシコシコしながら
いっていい?

628 : 抱きしめると乳首が当たるたわわなおっぱいが
激しく胸で踊る
ああ…葵!
気持ちいいよ・堪らない!
パッンパッンと下品な音でチンポが激しく突き上げて左右する
おっぱいを掴んで乳首擦ってる

629 : ああ…また出すね
いくよ…いくよ…ドビュドビュドビュ
出したよこんなに
もっと欲しい?

630 : クラクラ、大樹さん...
このままおまんこに入れたままにして一緒に
ギュッされて眠りたいなっ
チュッ、大樹さぁん...気持ちよすぎて
おまんこも陰毛までべとべと
ありがとうっ、大樹さんっ、チュ、チュッ

631 : 僕も今日は一体になって
眠ろう
可愛い葵!
沢山ザーメン出して
ベトベトになって
疲れはたね
おやすみ〜部屋は閉めとく
ああ…閃いた…温泉でまた会えるね
実は葵が眠くなかったら
ワンワンスタイルでバックからチンポを入れたかったよ

632 : おやすみ葵
長い間ありがとうございました
以下空き部屋です
落ちます

633 : 使います。

634 : >>633
改めまして、よろしくね。

635 : こちらこそ、よろしくお願いしますね。
半年位、愛撫をしてもらってません。
良かったら、全身舐め回していただけますか?

636 : >>635
良いですよ。
それでは初対面の私達が、なんとなくホテルに…で良ければ書き出しをお願いします。

637 : 上手く書き出せません…
シチュみたいなのは、あまり経験がありません。
良ければ、リードしていただけますか?

638 : あらあら…可愛いですね。
希望があれば、都度、言ってください。
それでは書き出しますね。
(ホテルの部屋に入り、中に♀を誘導する)
いきなりで何ですが、まだ名前を聞いてませんでしたね。
私は谷口です。

639 : 可愛いって言って下さって、ホッとしました。
ありがとうございます。
優花と申します。
谷口さん、改めましてよろしくお願いします。
(谷口さんの後を追って部屋に入る)

640 : 優花さん…初対面の私とホテルに来るなんて、そんなに犯されたかったの?
(右手二本の指先で優花のキャミワンピ枯死にお尻の割れ目をなぞりあげて、様子を伺う)

641 : 谷口さん…
お、犯されたかったわけでは…
ただ、優しくしてもらいたいだけなんです…
(谷口さんの発言にドキドキしながらも、繊細な指づかいに集中してしまう)

642 : 優しく…ですか…
(右手二本の指先を優花のキャミワンピ越しにお尻の割れ目にめり込ませながら、お尻を押してベッドに歩いて近付いていく)
こんなふうにですか?
(いきなり優花を抱き締め、右手でお尻を鷲掴みして、見つめる)
・・・・
(無言で優花の唇に私の唇を近付いていく)

643 : えっ…
た、谷口さん…
(抱きしめられ、身体が硬くなる)
(谷口さんの顔が近づき柔らかい唇がそっと触れる)

644 : (優花の唇に私の唇を密着させ、舌で優花の唇をこじ開けながら貪るように優花の口内を舐めまわし、
さらに右手でキャミワンピ越しにお尻を鷲掴みして左手で太股を撫で回す…)
・・・・
(唾液が絡み合う音が室内に響く中、左手でキャミワンピを捲り上げていく)

645 : …
(谷口さんの熱い口づけを受け入れて、舌を絡め合わせていく)
んんっ…
(キャミワンピを捲り上げられ、思わずビクっとなる)

646 : (優花の舌を舐めまわし、さらに舌を吸い上げながら、唇を離していき…)
優花…キスは好きか?
(互いの唇に唾液の糸が伸びている…
左手を優花の太股から腰、お腹、脇に這い回らせてキャミワンピを捲り上げながら、右手二本の指先で下着越しにお尻の割れ目を優しく擦り始める)
【優花のショーツとブラの色と形を教えなさい】

647 : 【ブラは着けてませんが、キャミワンピとお揃いのパープルのレースのスケスケTバックを履いてます】
谷口さん、キス好きです…
(激しいキスを交わしていくと、口周りは唾液まみれになり、谷口さんの指づかいに身体がクネクネと動いてしまう)

648 : 【ノーブラ…もしかしてキャミワンピもショーツもリアの服装ですか】
可愛いね…優花は
(左手で優花の右膝を曲げさせてベッドに乗せさせ、開いた股間に右手を添える)
ここにもキスされたら優花はどうなっちゃうの?
(右手二本の指先を優花のショーツ越しに割れ目にめり込ませていき、そのままクリからアナルに沿って優しく何度も何度も擦るように往復させる)

649 : 外出のお誘いが来ました。
断れなくて、ごめんなさい。
ここまで、ありがとうございました。
素敵な時間を共有できて、楽しかったです。
では、お先に失礼します。

650 : 落ちます

651 : 落ちます。
【以下空室です】

652 : 使います

653 : 直樹さん♪
ぎゅっ
ちゅっちゅっ
お風呂…入るの?
いいけど…
触ったら、ダメだよ?

654 : こんばんにょ♪
おっ、ちゅちゅちゅ・・ぎゅぅぅぅー
えっ!お風呂二人で入って触ったらダメってルールにするの?
それって、瑠奈が我慢できるかどうかも考えて言ってる?
お風呂二人で入っていちゃつくのって
いいよなぁって風呂入りながら考えたのです

655 : だ、だって、のぼせそうじゃん…
そんな、触り魔みたいに言わないでよ//
さ、触らないもん…
お風呂入りながら、そんなことを…//
ちゅっちゅっ

656 : ちゅちゅ
のぼせるほどやるつもりなんだね(ニヤ
ほぉほぉ、じゃお風呂入ろうよ
さ、脱いで脱いで
(勝手に脱いで、すっぽんぽんでお風呂に・・)
瑠奈!大変だ、まだお湯はってなかった
ちょっと脱いだまま抱き合おう

657 : え、え///
ちゅーくらいしかしないつもりなの?
う、うん…
(ワンピの後ろのファスナーを外して、脱いで、ブラも脱いで脱衣場に置く)
(ストッキングも片足ずつ脱ぎ終えてから、下着も脱いで、タオルで前を隠す)
お湯張ってないの?
何の匂いがいいかなぁ…
ちょっと時期ずれるけど、柚子とか?
だ、抱き合うって//
や、やだ//
(顔を赤らめて反発する)

658 : いやぁ、そりゃもぉ色んなことするつもりだけど
さわっちゃぁダメって言うわりに
のぼせることを心配してるなぁって思ってね
じゃその柚子にしよ
いや、こんな恰好で今更恥ずかしがられても・・
ほら、冷えるからこっちにおいで
(反発する瑠奈の身体を包み込むように抱きしめる)
こうやって抱きしめるといつものことなんだけど
お尻の盛り上がりが凄くそそるね(スリスリ)

659 : いろんなことって//
だって、顔が触る気満々って書いてあるんだもん///
今さらって//
じゃ、どーんと立つ方がいいの?
ひゃっ
(抱きしめられると、大げさなくらいに驚いて)
あ、だ、だめっ
お尻触っちゃ…
お風呂入るんでしょ?//

660 : そりゃ書いてあるでしょ
二人でお風呂入ろうって提案してる時点で
目論見はそこにある
まぁそこははにかんでほしい処ではあるな
いや、お尻は触られるためにあるんだから
触らないといけないんだ(すりすり、もにゅもにゅ)
うん、いい弾力だ
あ、お風呂張れたみたいだよ
さ、はいろ

661 : え、ええっ//
大人しくお風呂を堪能するって選択肢はないの?
わ、わがままだっ…
んっ…
お返しっ
(鎖骨の辺りにちゅっっ)
は、入るけど…
ううっ選択失敗したかも…
濁り湯系にすればよかった…
(足だけいれて、タオルで前を隠したまま湯船の縁に腰かける)

662 : そういうのは一人で入るときにやればいいんですよ
二人で入ればそれは無理ッス
ちゅぅ好きだねw
あのねぇ、もう今までに穴が開くほどるなの身体はみてるのですよ
まぁ実際穴が開いてるから見たくなるんだけどね
(自分は肩までつかって)あら?入らないの?気持ちいよ
ぉ・・(丁度視線高が瑠奈の股間に会ってるのに気が付いて)
まぁ腰ゆって言うか、まずは足から暖めると良いとは言うよね
(とか言いつつ、いい感じの位置にゆるゆると移動して)
脚の裏でもお揉みしますか?(これでぱっくり見えたりしないかなと考える)

663 : えー、温泉とかはゆっくり入ろうよ…
え、だめ?
こちょこちょこそばす方がよかった?
そ、それとこれとは別だよっ
だって、なんか、明るいじゃん、ここ

う、うん…だって、入ったら落ち着かなそうなんだもん…
最近は半身浴が流行りだしね?
足の裏?
足つぼマッサージ?
え、怪しいなぁ…
じゃあ、優しくして?

664 : ゆっくり入るよ、触るだけで
それやるとお風呂で縛られる羽目になるよ
明るいからいいんじゃないか
てか、お湯もあるし湯気もあるから
それ程はっきりとは見えたりしないもんですよ
・・たぶん・・(ニヤニヤ

あぃょ!じゃ足出して
(足の指を一本一本丹念に揉みながら足裏を取って)
ちょっとこっちに引っ張るよぉ(足を延ばさせて左方向に開かせるように)
足裏のツボがね、(グリグリやりながら・・なかなか開かないじゃないか)
この際両足同時に(もう片方の足も取って)
やれば開くはず!・・あっ・・

665 : 触るだけって、私が落ち着かないじゃん//
えー?
こちょこちょはダメなの?
う、うそだ…
顔がニヤニヤやらしい顔してる…
うん、いい感じ…
そこ、ちょっと痛いや…
やっぱり肩こり酷いんだなぁ…
え、ちょ、ちょっとっ
見えちゃうから、だめっ
(慌てて手で隠す)

666 : それはそれで落ち着くはずです
中まで濡れ濡れで
だめです、縛ってしばきます
尻肉を
(ゴホン
か、隠しちゃだめじゃないか!
えーぃ面倒だ、足裏だけじゃなくて
太ももマッサージだ!
(内腿に手を這わせて、両内腿をスリスリむにゅむにゅ)
この奥に興味がある!早く見せろ!(←もう野獣)

667 : お、落ち着いてないじゃんっ//
えーっ、やだっ
こちょこちょたまにはしたいっ
か、隠すよっ
だって、目が怖いもんっ
や、やだっ//
そ、そこっ//
興味があるって…それこそ、いつもみてんじゃん//
な、なんか、飢えた獣みたい…
こ、怖いよお…

668 : (ガルル・・あっ)
コ、コホン・・いや、失敬した

じゃ、まぁ、ゆっくり湯につかって
日頃の疲れを癒しますか
(こりゃ方針転換が必要だな)
あー、明日は休みなの?

669 : う、うう…こ、怖かった…
うん…
(疑心暗鬼の目を向けて)
明日は休みっ
だけど、百貨店の解体セールでカニゲット!するつもり
直樹さんはお仕事だよねぇ…

670 : そ、そうかい・・(もう少しだったが
なんだその視線は
カニか・・それは食いたいものですなぁ
明日は朝に少々の仕事を抱えてしまいましたが
何もなければ昼からはお休みの予定です
ま、思い通りにいかないのがここ最近の常識なので
どうなることやら・・
なんだろ
昨日もしっかり寝たし
今日も優雅方から寝たのに
何故か眠い・・
最近胃が痛くて
それが今落ち着いてるからなんか
凄く気持ちいい・・炬燵だし・・この中はぐーたらになるね

671 : なんか、残念そうな顔してる…
寒くなってきたし、つかろ…
ちゃぷんっ
カニはカニでも、山陰のだってっ
あー、開店前から並ばないと、買えないかなぁ…
へー、ちゃんと休みになるように、お祈りしとこっ
異が痛いって…
食生活が悪いとか?
それとも、ストレス?
ぐーたら?
これで、鍋なら最高だね♪
ね、寝たらこそばすよ?

672 : まぁ、大いなる挫折感を感じているのだょ
ほぉほぉ
いいじゃない、山陰でも
開店前・・よく出るパチンコ屋みたいだね

ストレスかなぁ
まぁ食生活も良くないよねw
寝たらわからなくなりそうだな
てか、ここお風呂だよね
お風呂で寝たら水死しないの?

673 : 挫折感…
へ、へー?
いや、どーせロシア産とかかなぁって思ってたからさ♪
パチンコ…うん、確かにパチンコも並ぶね、みんな…
いや…冷えかもしれない…
さすがに溺れかけて、起きそうだけど…
その前に、お湯が冷めて、寒くなりそう…

674 : カニがそれほど好まれるのは
やっぱ美味いからなんだよね
ええ?
冷えると胃が痛むの?
なんかそれ合ってるかも知れない
お風呂入ったり、炬燵でいると痛みが和らぐんだ
じゃぁ低温で死ぬか
溺れて死ぬかなんだね
じゃお風呂で寝るのは危険だねぇ

675 : 直樹さんもカニ好き?
あれ、取るのが面倒で嫌いって人もいるから…
胃かどうかは分かんないけど、冷えからキリキリと…
って、病院は?(泣)
だ、だから、その前に起きるって(汗)
友達と私で実証済みっ

676 : うん、好き
チマチマ食うの大好きw
無口になるけど
行ってないよ
行く暇なかったからね
それに家に帰ると和らぐし
飯が食えないって事もないしね
二人で寝たの?それもすごいね

677 : カニは無口になるねぇ…
だ、だよねぇ…
家帰ったら和らぐって…
やっぱり、働きすぎなんじゃ…
ぎゅっっ
いや、友人が寝た話を学生ん時に聞いて、「バカめ」と思ってたら、
最近になって、私もやらかすようになりました…
たまに、わぷっってブクブクして慌てることが…

678 : だよね
だからその冷えってのが当てはまるような気がするが
それって病名は何?潰瘍?癌?胃酸過多?
あー二人で寝たんじゃなくて
二人が寝たのか
お風呂で寝るってよほど寝不足なのかな?
おれは寝たことないなw

679 : 刺身、焼き、ゆで、そして鍋っ
あー、食べたいっ
病名聞かれても…
私がこないだかかった時に、「冷えと疲れで痛んでるね」
って言われただけだし…
って、病名ある病気ばかりじゃない気も…
そうです、二人で一緒にはさすがに…
やったらバカすぎる…
うーん、元々、なが風呂だからねぇ…
眠くてもどうしても入りたい時なんかに入ると、ダメだね

680 : 鍋と茹でと焼がいいな
刺身は・・微妙

そうだよね、医者でも答えられないw
なるほど・・まぁ暖めて休める時に休んどこ
う、うん、だよねw

ほぉ
長ぶろねぇ
風呂で何してるんだろ

681 : 私は天ぷらがあんまり…
そいや、ビオフェルミン的なの処方された気が…
う、うん、友達はバカにちがいないけど(ヒドイ)
え、やましいことは何もしてないよ?
本(マンガ含む)持ち込んだり、スマホで動画かけたり、ゲームしたり…
本当はそれこそマッサージしたらいいんだろうけど…

682 : カニは天ぷらはおれも
エビは天ぷらが良いけど
そうか、ピロリが悪さしてるとか?
それもあるかも知れないなぁ
なるほど、よほど友達をバカにしてるんだね
へっ?それよく聞くけど
全部、濡れないの?
マッサージかぁ
てか洗わないの?

683 : エビは確かに天ぷらっ
うーん、胃液で荒れてるとか?
いや、他にも弟君の部屋で何故か裸でマンガ借りてて、見つかったりとかしてるバカちんだからww
え、お湯の中に落としたら濡れるよ?
それに、読まない時はビニールに入れるとか工夫してるし
も、もちろん洗うけどっ
洗わない時間かなって

684 : 荒れてるのかぁ
とにかくR1買って
ヨーグルト食うことにする
明日からヨーグルト漬けだな
それ弟としでかしやがりましたね
そこまでしてやる意味が・・
露わないお風呂の時間かぁ
まぁつかってる時間だよなぁ
でも、その時は肩までつかってるけど・・
漫画もスマホも読める状態にないがなぁ

685 : R-1って、いいのかな?
いや、弟には「何してんだ、このバカ姉は」って、鼻で笑われたらしい…
えー、長ふろしてると暇だし〜
肩までって、半身浴だよ?
ま、実際はもっと浸かってるけど
うーん…
ちゅっ

686 : さぁ、あれって免疫効果が上がるとか言ってるけどねぇ
ほぉほぉ
で、何してたの?裸で
暇ならとっとと出てくればいいんじゃないのかい?
上は寒くないの?一応お風呂なんだから裸でしょ?

687 : ちゅちゅ
忘れてた

688 : け、検証結果聞きたいっ
さあ?
真夏にマンガ読んでて、暑くなったから、まだ帰ってこないし服脱ごう♪ってなったらしいけど…
えー、温まらないと、じゃん
それに、寒くなったら、肩までつかるよ?
ちゅっちゅっ…
はむっ(軽く喉に噛みつく)

689 : じゃ、とにかく買って飲んでみる
ほぉ、漫画がエロくてもよおした訳じゃないんだ
寒くなったらって、それなら始めから肩までつかればいいのでは?
おっ、またきかw
そろそろお風呂あがる?
マジで眠くなってきた

690 : あれ、食べるんじゃないの?
飲むタイプもある?
も、もよおす??
多分、少年マンガ読んでたんだと思うけど…
えー?
い、いじめる…
うん、お布団いこ?
ちゅっ

691 : ああ、食べるタイプなの?
ちっこいのは飲むんだとばかり
まぁ色々ツボは人によってだから
そう言うのもあるのかとw
ほぃほぃ
じゃいこ

692 : 買ったことないから、知らない…
し、少年マンガ読んではさすがに…どうだろ?
お姫様抱っこで♪
あ、でも、恥ずかしいから、服着る…

693 : そか、まあ買ったら報告するよw
さぁ、熱いからって素っ裸になる必要はどこにある?
あいよ
(抱っこするから、タオルは持って)
服着るの?
ああ、じゃぁどうぞ
おれはスッパで先にいってるよ

694 : うん♪
いや、もよおしたら、それこそ自分の部屋帰るんじゃないの?
う、うん…
(慌てて、ローブを羽織って)
は、裸って、お腹痛いときに?
ぎゅっっ
ちゅっ
はむはむっ

695 : なるほど・・弟の部屋だからもよおしたとか
でも、お腹痛いって言っても
胃が痛むんだけどね
下してるわけじゃないし
それに何か着てると寝付けない
ちゅちゅって
もう服着てキスしてるの?それ?
バスローブの下は裸じゃないのかい?

696 : あー、そうか…
って、マジ?
だって、冷やしてるかもしれないんでしょ?
うわ…
習慣って怖い…
え、うん、裸…//
だめ?
だって、裸で移動は恥ずかしいもん//
ちゅっちゅっ
かぷっ
ペロペロ…

697 : さぁ、人には人の事情があるし

確かに

裸で移動が恥ずかしいって
部屋の中でも?

まぁなんにせよ
こんなところで道草食ってる方が冷えると思われますので
先にベットに行くね

698 : ま、まぁ、そうだけども//
うん
一人ならそうでもないかもだけど、直樹さん見てると思うと…
あ、一緒に行くっ
(慌ててついてく)
直樹さん、好き…

699 : ほぉ、おれが見てるとダメなんだ・・

おれも大好きちゅちゅちゅ
てか、ちょっと胃が痛み始めた
胃薬飲むよ
こんな時間だしそろそろホントに寝る?
明日の夜はいつもより早くするとかできる?
無理なら、いつも通りでいいけど
1時くらいで寝られると有難いんだけど

700 : う

701 : >>700
う?
どうした?消えた?

702 : にゃー、書き込んじゃった…
う、うん、なんとなく…
ほんとに?
ちゅっちゅっ…
だ、大丈夫?
ポンポン冷やすから…
うん、早く来るようにするよ♪
何時くらい?
だから、お布団はいろ?
ほらっ

703 : いや、早ければ9時にでも
でも瑠奈の都合もあるだろうし
ありがとう
では失礼いたします
だめだ、かなり痛くなってきた
ごめん、痛み止め飲んで寝るわ
申し訳ないけど
締めてもらえると有難い
じゃまたあしたね
おやすみ〜

704 : うん、分かった
間に合うか分かんないけど、善処するっ
うぅ…何もできない自分がもどかしいや…
お腹なでなでする…
あまり痛いようなら、救急なっちゃうけど、病院行ってね?
うん、お休み♪
ちゅっちゅっ
ぎゅっ
ゆっくり休んで?
【以下、空いてます】

705 : 使います。

706 : こんばんは。
お部屋ありがとうございます。
よろしくお願いします。

707 : よろしくお願いします。
今、どんな格好ですか?
下に家族がいるってことは若い人かな?

708 : こんばんは。
宜しくお願いします。
今はどのような状況ですか?
場所、服装、あそこなど…

709 : >>708
場所はベッドでパジャマです。
あそこもしぼんだままです。

710 : >>709
あの…部屋間違えてませんか?

711 : 失礼しました。
墜ちた方がいいですよね。

712 : ベッドの上です。
気持ちよくなりたくて、クリトリス触っていたらやっぱり我慢できなくて。。
あそこはもう濡れてます。。
ワンピースのようなパジャマを着てます。
ズボンもはいていましたが、そちらはもう脱いでしまいました

713 : >>712
クリトリスを触りながらレスしてたんですね…
いやらしい方だ。
下着は着けてますか?

714 : 大変失礼しました。
ごゆっくり、お楽しみください。
落ちます

715 : はい。。
募集のときにはもう。。
下着も一緒に脱いじゃいました。
足を軽く開いて、あそこ触ってます。。

716 : >>715
募集しながら…
指示しがいがあります。
もう濡れているなら、クリトリスを人差し指と中指で挟むように上下して下さい。
可能性ならバイブを舐めたりくわえたりしながら。

717 : 気持ちいい。。
指のひらが当たるところが気持ちいいです。。
バイブお口にくわえました。
夕方もこのバイブでいやらしいことしていて。。
思い出してしまいます。。

718 : 下にさげた際はそうなって気持ちいいでしょう。
指を上にあげた際はクリトリスが剥き出しになりませんか?
いやらしく腫れ上がったクリトリスが…
じゃあ、エッチな味がするのでは?
美味しいですか?

719 : 上に あげたとき、クリトリスが見えました。
感じてると、こんなに大きいの?とビックリしています。。
一応、水で洗ったけど。。
すごく濡らしてしまったので、いやらしいおつゆがのこってるかもしれないですね。。

720 : そのいやらしく大きくなったクリトリスを舐めてあげたいよ。
舌で転がされてると思って指の腹でクリトリスの中心をグリグリしてごらん?
ペニスも負けないように舐め続けるんだよ?

721 : sageのeが抜けているから次から気をつけて。

722 : ぐりぐり気持ちいい。。
声出ちゃう。
止まらないです。。
お口は半分ぐらいで苦しくなるのに
あそこは全部飲み込んじゃうんですよね。。

723 : クリトリスの転がしを徐々に速めてごらん?
変態ゆきなのおまんこは欲しがりさんだね?
奥の奥まで硬いペニスで突かれたいからだろ?

724 : ごめんなさい、あがっちゃいましたね。
速くしたら逝っちゃう。。
さっきより濡れてる。。
あそこの一番深いところをペニスで突かれたいです。
もうペニスが欲しくなってます。。

725 : 大丈夫、ゆきながリアルに興奮してるからだろ。
逝ってもいいぞ。
舌や唇で激しくクリトリスを舐められているところを想像して逝ってごらん?
クリ逝きしたら、後でたっぷり突いてあげるから。

726 : 舐められるの好きぃ。
あぁあ、クリトリスで逝っちゃいます
やばい、いく

727 : ぴちゃぴちゃ音を立てて激しく舐めてあげるからな。
逝った後もゆっくり舌をクリトリスに這わせてあげる。
ヒクヒクしてエロい姿だろうな?

728 : 逝っちゃいました。
最後「舐めて、もっとして」って言いながら。。
逝ってすぐなのに、また刺激されたら。。。
あそこが疼いちゃいます。。

729 : もっと舐めて欲しいんだろ?
だから舐め続けるんだよ。
じゃあ、お待ちかねのペニス…
でも、直ぐに入れてはいけないぞ!
ペニスの先でさっき逝って更に大きくなっているクリトリスを転がしてごらん?

730 : だんなおち

731 : バイブがクリトリスに当たって。。
強く当たるように動いちゃいます。
早く中に欲しいです。
入り口のとこだけでいいから。。
お願いします。。。

732 : まだまだ…
入口までペニスの先を持って行くけど、またクリトリスに戻す…
これをずっと繰り返してごらん?

733 : 残念です。以下空室です。

734 : 晒し上げしとく

735 : 入り口とクリトリスにバイブが。。
すごく濡れてて、えっちな音が聞こえます。。
入れたくなるの我慢してます
入ってくるのを想像しちゃう。

736 : その音をリアルに聞いてみたいよ。
興奮して我慢汁が大量に出そう…
それを更にゆきなのクリトリスに塗りつけたい…

737 : クリだけじゃなくて。。
おまんこの中に。。
ペニス入れてください
欲しいの。

738 : こちらから言わせてないのに淫乱な言葉を良く言えたな?
ご褒美に一気に奥まで入れな。
でも、ゆっくりゆっくり奥深くに進めるように。

739 : ゆきなのおまんこにペニス入ってます。。
奥まで。。
入ってるだけなのに気持ちよくて、ペニス締め付けてしまいます。
これで突かれたら。。

740 : まだまだ。
自分で太股を抱え込んで…もっと深く!

741 : あぁ、おまんこの奥にペニスが当たるのが。。バイブを両手でもって奥に奥に入れました。
気持ちいいです。。

742 : そのまま奥に入れてバイブのお尻側を手のひらで押さえるようにぐりっと回してごらん?
これが欲しかったんだろ?

743 : そろそろ睡魔が・・・なんですが

744 : じゅぶって音が。。
あぁ、それしたらまた
またおまんこが濡れちゃう
もっとください。ゆきなのおまんこにペニスください。
奥やばいです

745 : じゃあ、ピストンもしてみようか?
さっき言ったように太股を抱え込んで、くちゅくちゅ音がするように突いてごらん?
                  

746 : すごい
ぐちゅぐちゅして。熱い
ペニスで突かれてる
つつけたら逝っちゃう
きもちい

747 : いやらしいお汁が溢れそうじゃないか?
溢れそうだったら、おまんこを上に向けるように腰をもっとあげてごらん?
そして、ピストンを徐々に速く…
逝きそうだったら逝ってもいいぞ。                

748 : いきたいよぉ
おまんこいきたい

749 : もっと激しくだ!
何度もピストンして、時に奥までグッと突きさして!
ゆきな逝ってみろ。

750 : お汁が飛び散るぐらい抜き差ししてみな!
恥ずかしい姿をさらけ出せ!

751 : 逝っちゃった。
ボーッとしてしてます。。
頭がまわらないです

752 : 気持ち良く逝けたようで良かった。
夕方のように、もう一度する?
と言うか…眠気もきてるよな?

753 : はい。
逝ったらすごく眠い。。
もう3時なんですね。
今日は気持ちよくなったまま眠りたいです。。

754 : 抱き締めてあげるから、このまま眠りな。
ここも俺が閉めておくので。

755 : ありがとうございます。
腕の中で丸くなって眠ります。
おやすみなさい。
落ちます。

756 : 夕方、そしてこんな深夜までこちらこそありがとう。
おやすみ、良い夢を…

757 : 以下、空き。

758 : 使います

759 : 隆さんありがとう。よろしくお願いします。

760 : はじめまして
こちらには久々きました。
ななみさんはよく来るんですか?

761 : そうなんですね。
ごくたま〜に暇な時だけなので
月1くらいかな。今月は始めてですよ
隆さん失礼ですがおいくつですか?
イチャイチャしてくれますかー?

762 : 歳は32歳で独身です。
ななみさんは独身ですか?
少しななみさんと話してからでいいですか。いきなりは難しいので

763 : 年上の方大好きなので嬉しいです。
私も独身ですよ
ではなにをお話しましょう。

764 : 今日は休みですか?
3連休ではなかったですけど今日は休みです。
彼氏はどのくらいいないんですか?
お互い敬語が抜けてからイチャイチャしましょう。

765 : はい、休みですよ。
彼氏は去年の夏に別れてっきりです。
半年も…

766 : ななみさんもしかしてたまっていたりしませんか?
Eカップなんていいもの持ちながら半年誰にも触っていただいてないんですね。

767 : そーなんです。自分で言うのも変だけど、もったいないなぁって思っちゃって。
チヤホヤされたくなる時もあるし、でも休日することもないし、って感じです。わびしいですね。笑

768 : じゃあ僕が半年振りに相手しちゃおうかな。
でも1日限りの付き合いってあまり好きじゃないんだよね。

769 : お相手してもらいたいですね。男の人に抱かれたい。
1日限りだから良いところもあると思いますよ

770 : じゃあななみさんもう少し近くに来て
体預けながら話そうか。
1日限りって体験みたい

771 : じゃあちょっと隆さんに寄りかかるようにします。
こういう場だから1回限りで仕方ないですよ。
隆さんはどんな女性がお好みなんですか?

772 : ななみ、近くでみたら胸が大きいね。
彼氏うらやましいな。
今日は僕の彼女になってね。
普段はどうやって発散しているの?

773 : 大きいですか?今日は隆さんの好きにしていいんですよ
別れた彼と悲しいお別れだったから、いまだに引きずってるかもしれません。
彼とのセックスを思い出してます。

774 : 敬語はやめていいからね。
差し支えなければどんな悲しいお別れしたの?
洋服の上から胸揉むね。
気分乗ってきたら脱いで
どんなエッチだったの?
ぼくでよければ

775 : うーん、年上の人だったからすごい可愛がってくれて、愛してるよって毎日言ってくれてたんだけど、実は若い女と三股くらいしてて。
隆さんに触ってもらえて嬉しいな

776 : そうなんだ。
じゃあ僕がその寂しい隙間を埋めてあげるね。
胸柔らかくて気持ちよさそう…
ブラとかはずして直にさわりたい
さっきの質問答えてなかったね。
僕の事を一番に思ってくれる女性が好き。

777 : 隆さんに埋めてもらいたいな
直に触ってもいいですよ
隆さん優しくしてくれそう
えっちな女性は嫌ですか?

778 : ななみ、心と体が冷え切っているね。
僕の愛で暖めてあげる。
直で触ると弾力がすごく伝わるよ。
ななみはどんな男性が好き?
趣味聞いてもいい。
エッチな女性嫌いじゃないよ。
でも誰にでも股広げる女性はイヤだな。
僕だけなら大好き

779 : 上の服、脱いじゃいます。もっと見て欲しいから…
男性は、落ち着いてゆっくり喋るようなスローペースな人が好きです。
だからスローセックスも大好き。勢いだけのは嫌なんです。
そうなんだ。今日はななみが隆さんのお相手になりますね。
ちゅーも、してもいいですか?

780 : じっくり見ちゃうよ。
スローテンポね。
今日だけって寂しいな。
今後も会いたいな。

781 : 隆さんが昨日別スレでフラれた理由がわかりました。ごめんなさい。落ちます。

782 : 昨日は来てないけど
落ちます

783 : 以下、空室です。

784 : さきさんと使います。

785 : 移動しました、よろしくお願いします。靖さんはどんなエッチがお好きですか?

786 : よろしくお願いします。
俺は、Sの時は焦らしたり、辱しめたりするエッチかな?
最近Mにも目覚めたので、その逆で責められたりも、好きですよ。
さきさんは?

787 : 私は、立ちバックで責められるのがすきです。どちらかというと、M気質です。。

788 : 窓際とか外で手を付かせての立ちバックで思い切り突くの、俺も、好きだよ。
激しいセックスも好きなんだ?
露出とか経験ある?

789 : おもちゃを使うのはすきじゃないですけど、思いっきり恥ずかしいセックスはすきです。
露出経験はまだないです。。対面座位もすきです。

790 : 恥ずかしいセックス好きなんだ?
Mだね。
対面も好きなんだね。
結合部をお互いに擦りつけあいながら、濃厚なキスするのいいよね。
フェラは好き?

791 : ふぇらも好きです。相手の人の気持ちよさそうな顔や声が大好きなので、、。

792 : 俺は舐めてもらうの好きなんだ。
そうそう、声とか出ちゃうよね。。
じゃ、かなり旨いんだね?
ザーメン飲んじゃったり?

793 : 本当に好きな人の以外は飲みません、、笑 男の人のいきそうな声とかにすごく興奮しちゃって、、。

794 : 声って無意識に出ちゃうんだよね。
じゃ、フェラでさきさんのおまんこも濡れちゃうんだ?
舐められるのは好き?

795 : うん、濡れちゃいます。舐められるのも好きです、舌は手と違った気持ちよさが
ある気がします。

796 : フェラで濡れちゃうんだね?
濡れやすい子好きだよ。
思い切り舐めてあげたいよ。
エッチな、匂いと味の、さきさんのおまんこ。

797 : 靖さんとお話してて、もう濡れてきちゃってます。。私も靖さんのおちんちんに
ふぇらしてあげたい。。

798 : もう濡れてるんだ?
下着に、シミできちゃってる?
エッチだね。
俺も、さきさんと話して勃起してるよ。
俺も、さきさんにフェラしてもらいたい…

799 : じゃあさきからフェラしてあげるね。。靖さんは今どんな格好ですか?さきは
黒のパンティにキャミ一枚の恰好だよ。(靖さんのパンツの上からおちんちんをさする)

800 : 本当に?
俺は今、部屋でスエットだよ。
(さきさんに触られ、ビクッと感じてしまう)
さきさんもエッチな格好だね。
想像して更に勃起したよ。

801 : じゃあパンツ脱がしますね。。(少し硬くなったおちんちんを手でしごきだす)
どんどんおっきくなってく。。(舌で先っぽをなめて、徐々に竿全体を口に含む)
んっ、、またむくっておっきくなってる。。どんどんで口に含んで、さきの
涎で吸い上げてくね。。

802 : ぁあっ…さきさんの舌と唾液凄く気持ちいいよ…奥まで飲み込まれてる…
うっ…ぁぁ…っっんん
(仰け反りながら、声か出てしまう)
涎まみれに舐めまわして…ぁぁっ

803 : 気持ちいい?もっといっぱい声だしてね。。(竿を口全体に含み、吸い上げる)
靖さんのおちんちん、どんどんおっきくなるね、さきの涎でてかてかしていやらしい。。
(口に含みながら、舌で竿を吸い上げる)はぁ、はぁ、。。
さきのおっぱいではさんじゃっていい?(ブラととり、おっぱいで竿をはさむ)

804 : ぁぁ…あん…ぁっ、
気持ちいいよ…さき…
我慢汁がどんどん溢れて、さきの涎と混ざってグチュグチュしてるよ…
ぁんぁぁっ、…さきのおっぱいに挟まれてる…んんっあぁぁ…ん
気持ちいいよ…ぁぁっ…ぁぁん

805 : じゃあおっぱいではさんじゃうね、、(おっぱいで竿を挟みゆする)
靖さんのおちんちん、びんびんになってる、、さきの涎とおっぱいにはさまれて
いやらしいよ。。
はぁ、はぁ、、もう靖さんのおちんちんが欲しいよ。。

806 : さきは、エッチだね…
俺も、さきのおまんこが欲しいよ…
思い切り突きたいな。
(さきの下着を脱がし、テカテカに濡れているおまんこを見る)
いやらしいおまんこだね?
(おまんこに亀頭をゆっくり擦りながらさきの表情を見る)

807 : ぁああっ、すごい、、靖さんのおちんちんが入ってきてる。。さき、すごく興奮しちゃって、、
恥ずかしいけど、もう我慢できないの。。

808 : ゆっくりと入れるよ…
凄く濡れてちんぽに、さきのおまん汁が絡みつくよ。
ぁあっ…奥まで入ったよ?
ぁぁっ…ぁっ。

809 : 全部入ってる、、。。ああっ、気持ちいいよ。。さきのおまんこ、思いっきりついてね?
腰がゆれちゃう。。
はぁ、はぁ。。

810 : 気持ちいいよ…さきの、おまんこ。
温かくて、ヌルヌルだよ。
じゃ今度は後ろから突いてあげるよ、
壁に手をついて腰を突きだしてごらん?
(後ろから硬くなっているちんぽを思い切り突き刺す)

811 : ぁあああっ、、すごい、奥まで刺さってる。。気持ちいいよ、、さきいっちゃいそう。。
靖さんのおちんちん、おまんこの中でまたおっきくなってる。。

812 : (さきを後ろからお尻に打ち付けるように激しく腰をふる)
ぁぁっ、ぁぁ、気持ちいいよ
ぁぁっ、おまんこ締め付けるよ?
ぁぁ、、
俺も、さきの中で思い切りいっちゃいそう…ぁぁあっんんっ

813 : さきも、もうだめ、、、ぁああっ、、さきの中に出して?もう、、いきそう、、!!

814 : ぁあっん、あっ…ぁぁっ
俺も、さきのおまんこの中で思い切り精子出しちゃうよ?
ぁあっぁぁっ、さき…いくつイクっ…だぁん……

815 : さき?
イケた?

816 : イケたみたいだね?
ありがとう!
おちますね。
以外空室

817 : 由姫さん待ち。

818 : >>817
お相手は別の方に声かけてます
勘違いされてますよ

819 : 最低限のマナー守れよな
【以下空室】

820 : 438 大樹 sage 2016/01/15(金) 01:09:53.28 ID:rMvt0QjnO
いくよ葵

ビュルビュルビュル…ああ…

沢山ザーメンが出たよ
マンコに
抱きしめて上げる
チュウ

821 : 聖と使わせてもらいます

822 : こんばんは、醇さん
いいね!疲れ気味にアロマのお風呂って
どれにしようかな…
ねえねえ、醇さんやっぱり疲れてるでしょ?
醇さんはどれがいい?

823 : いらっしゃい。
支払いありがとう。
聖のほっぺはやわらかくて触りごこちがいいよ。
読んでたのは少女漫画。

824 : いや、ま…まあ疲れてるってほどじゃあ…
でも一緒に入るなら喜んで。
ハーブの香りのはどうかな?

825 : いつも待っていて貰うばっかりだから、飲み物ぐらいでごちそうにもならないけどね
遅刻ばっかりでごめんね
ハーブバスに決定ね
リラックスしながら、ちょっとリッチな気分になれそう
醇さん先に入ってていいよ、目隠して待ってて
ところで?少女漫画読むの?醇さん…
益々イメージがつかないんですけどぉ

826 : そうか?いつもこっちが待ってるかな。
先に俺が入っても?…いいけど何か大胆だね、今日の聖。
少女漫画って言ってもイメージしてるだろう恋愛コミックとはちょっと違うよ。
ストレッチっていう漫画だよ。WEBでも読めるかも。
おお…すうーっとする、ミントっぽい香り。
では聖を残して脱衣場で全裸になって…と。

827 : 大胆?そっかな…
寒いときはお風呂が1番でしょ?
それにほら、せっかくのアロマバスだし醇さんの疲れもとりながら、のんびりいい香りに酔いしれてお喋りも楽しそうだし
先に入っててもらわないと…
待っている間中、アレコレ想像しちゃって私が先にのぼせちゃいそうだもん
醇さーん、後ろ向いてて目隠ししててよ
今から…入りますね
まだ、まだだよ…
ふうぅ…気持ちいいね、頭がスッキリするような香りだし
ストレッチって漫画Webでも読めるみたいだね
どんな内容なのか気になってきました

828 : だって昨日はちょっと浴衣が肌蹴ただけで恥ずかしがってたじゃん。
後ろ向いて目隠し?んー、そういうことかっ。
いいよ、聖も浸かったかい?
湯がさざめいて水位が上がって…聖の息づかいを背中に感じるよ。
振り向いていいかな?
少し同性愛っぽい話だけどおもしろいから機会があれば漫画読んでみてね。

829 : いったい醇さんはどんな風に理解してたの?
それ、怪しいかも
昨日のあの流れだと恥ずかしいです
浴衣って肌蹴ると妙に、艶かしい感じしちゃうでしょ
あ、もういいよぉ
湯気でぼんやりしか見えないし、お湯に浸かってるから大丈夫
醇さんって…不思議な感じする
同性愛ぽい?んー…想像つかないけど、読んでようかなぁ
醇さん?同性愛者?

830 : よしっ、じゃあ向かい合って脚を伸ばそうかなぁ
どきどきするな?
薄ぼんやりとだけど水面の下側に、白い胸やおなかが見えるよ?
怪しい?…確かに浴衣が着崩れするとエロいけど、この状況のほうが余程恥ずかしいと思うんだが…
ちゃぽん。
俺の足先と聖の太腿の外側が触ってる…
レズってもそんな赤裸裸じゃなくてルームシェア中のOLと女子大生のほのぼのとした話。
俺は男には興味ないしw

831 : 興味がないのに読んでる所が…謎めいてる
可笑しな醇さんだね
ああ!ダメ…向かい合って脚なんて伸ばしたら
醇さんの長い脚が届いてるもん
見えないようにタオル巻いて入ったから、抑えていれば大丈夫
醇さんが透視でも出来るならアウトだけどねー
その足先で触るのナシだよ…

832 : まぁ読んでみれば理解できるかも…。
ずるいな。俺は真っ裸なにも着けてないのに。
お風呂にタオルを巻いて浸かるのは反則だよ?
脚をいったん引っ込めて…聖の足と足の間に伸ばしてしまおうかな……
股の内側に足が当たってるよ、そのまま立ち上がって逃げようとしてもタオルが外れてしまうだろう。

833 : タオルを巻いて入ってはいけないのは、温泉だけでしょ?
醇さんと初めてのお風呂で、タオルを巻かないで入るのは恥ずかしいもん…ずるいかなぁ
そんな事されちゃったら、立てないし動けないよ
これ以上…醇さんの足が割り込んでこないように、閉じる力を入れておくしかないみたい

834 : 風呂でタオル禁止は俺のルール。
まいいや。特別に今日は許そう。
俺だって全裸で聖に見られるのは恥ずかしいんだから…
もう一本の脚も割り込ませて…だんだんタオルが湯の中で浮き上がって…聖の太腿が広がってきたよ。
これ以上見られない為に、もうしっかり抱き合うしかないね。(こうやって…)
こっちおいで。

835 : えぇ…醇さんが勝手に決めたルールは取り消してよぉ
醇さんも見られのは恥ずかしい?
私は、見るのも恥ずかしくて、視線の場所にさっきから困ってたのは事実なんだけど…
醇さんは昨日も今日も、誘い方がすごくエッチで…もう、のぼせちゃいそうなくらい火照る感じする
そっち、いく。
抱きしめられてら見られることないけど…これって肌がぴったり密着…です

836 : 伸ばした俺の脚の上に、お尻をのせて。
少しずつ前へずって…
密着、しているな聖…?
さ。その背中にこの両腕を回して、タオルごと聖を力強く抱き締めるよ?
は、あっっ…
(聖のお尻の挟間に、硬く尖らせたものが当たってる…。)

837 : こう?
脚の上に跨がって滑るように…んぅ…
醇さん…
抱きしめられると余計に密着して、つぶれちゃう…
あぁ、っ…醇さん、あぁっ。
(腕を回し引き寄せられ抱きしめられ体が股間の固さを伝えられ…)

838 : もうタオルなんか取ってしまおう、ほら…
ふたりとも…全裸、だ
ああ。気持ちいいよあちこち当たってる……
俺のが、喜んで、聖の太股の間ではずんで撥ねているのが…わかるだろ
ああ、聖…っ。

839 : 醇さん…あぁっん…
すごく…んんっ、はあぁ…恥ずかしくなるくらい、そこに当たると気持ちいぃ
あっ…ああ、醇さん

840 : やわらかい胸の先の尖ったのが…俺の胸にもあたってる。
おい聖?…自分からお尻をくねらせてない?
そんなに腰をいやらしく動かしちゃ…駄目だよ。ん…っ
こうされるとそんなに気持ち良いのか?うん?
硬いのが…ぬるぬるした場所を前後に擦ってる、わかる?

841 : 体が…エッチになっちゃってる…
醇さんに抱きしめられてたら、気持ちが安心しちゃったのかな
ああっあぁ…醇さん、そこ、んんっ…いやっ
擦られたら、感じてきちゃうから

842 : のぼせて赤くなって髪の毛を濡らして。色っぽいよ、聖…。
ほらまた、腰が自分から動きだした。
動くと余計に尖らせた勃起の先が、聖の中にもぐり込んで入ってしまうぞ?
(浴槽の湯をあばれさせ胸と胸を押しつけたままで下半身だけ猥褻に動かす二人)
つらそうだね…キスしてやる……チュ
ああ、っ。気持ちいいぃ…ぎゅうっ

843 : そんな言葉いうから興奮しちゃうんだよ…
会うと胸がドキドキすることばっかりなんだもん
はんっ…もっと強く、ぎゅうぅっしてて…
勝手に腰が動かないようにって
醇さんのおっきく膨らんでしまってる先が、間違っても入らないように…
明日も醇さん早起きでしょ、眠れなくなっちゃうから…ああぁ、だめっ…っんん
(パシャパシャと波立たせながら尖った乳首を胸元に擦り虚ろな紅潮した顔で見つめながら)
醇さん…っんん。
(唇で塞がれた口から熱い吐息を吹き込み抱きしめられる体にしがみつく)

844 : チュ…。もっとえっちな体にしてやろうか…?
力いっぱい抱きしめても…聖の腰はもう止まらなくなってるよ?
ン、ンっ。あ……
反り返った太い勃起が…
聖の熱くとろけたそこ、何度も撥ね上げるみたいに擦ってる…っ
腰をちょっと浮かせて脚を開いたら…すぐ入ってしまいそうだよ。どうする聖…?
(耳を唇を嬲り、手を動かしハーブの湯の中で乳房をまさぐって片手で勃起を握る)

845 : もっとエッチな体に…んぅ、んんっ…醇さんの凄く硬いのが、どんどん押し付けられて挟まっていくんだもん…
腰が動いちゃうし、お湯の中なのにぬるぬるしてきてるのが擦られる度に感じて…っあああ…
(耳から唇へ、膨らみ固くなった乳首が掌で転がりながら形を歪ませられ)
あ、ぁああ…脚、開いたら、あぁっ、ああ…
醇さん…っああ!
(悶えていた腰が浮き沈みこんだ先に待ち構えられたように先端が押し広げられる)

846 : っは、あぁぁ。…あぁ、入った…さ、もっと、深く…
(聖の脇を抱え上げ浴槽の底で腰をずらして挿入しやすい体勢にして)
顔、見せて…
俺のちんぽが埋まってる時の、聖のかわいい顔…
(浮力を使ってお湯の中で聖を上下に揺らしながらじっと見つめる)
お湯の中だからか浮遊感が気持ちいい…
太いのが奥まですっかり入ってしまったぞ。
もっと下から突き上げてあげようか?このままじっとしてようか。

847 : っ、んんぅ…醇さん、入っちゃてる…醇さんと繋がっちゃったね…うぅ、っ…きつい、醇さん
(吸い付くように膣内で受入、挿入された圧迫感に息が詰まる声を漏らし)
んぁっ、あぁ…醇さん…そんなに顔をみちゃいやぁ…
(肩に手を載せ揺らされる度にたゆむ胸元を片手で抑え)
(膣内を擦られるように深く浅く蠢きを締め付け、虚ろなまま半開きの唇を震わせる)
はぁんっ、あっ、ああ…
(問い掛ける言葉に眉根を寄せ戸惑うばかりに唇を噛み締める)

848 : まさか初めてがお風呂の中でこんなことになるなんて…な
ああっ、でも気持ちいいっ…
(締めつけながらも先端を太らせた勃起にえぐられる聖の中は湯よりも熱くて)
はあっ、はあっ、……ぁっ
もっと激しく突いてもいいんだな?
(問いかけながら前を隠す手を払いのけ乳房を探って乳首を指で弄る)
(ほとんど寝そべってた体を起こしながら聖の腰を抱き、突き当たりまで勃起を押し進める)
いいかい、いくぞ聖…
(膨張させた亀頭を小刻みに奥へと送り込み強く抱き締める)

849 : 醇さんがいたずらするから…んぁっ、あぁ…
苦しいけど気持ちいい…
(狭く襞がいりくむ膣内を押し拡げながら存在を強められ苦し気に息を乱れさせ)
あぁ…っああ、乳首…醇、じゅんさん、あああ
(敏感な乳首が痺れる感覚と奥へ深く突き進む熱感に背中を反らせ体を震わせる)
ああっ、あっ、あっ、ああっ…醇、あぁ醇さん
(引き寄せられる体を悶え腰を振りながら膣内の締め付け、解きほぐすように最奥を突き上げられると登り詰める快楽に呻きあげる)

850 : ちゃぷ…
ああ…聖…
(ビクビクと聖の奥で律動しながら精を一気に放出してしまうと漂うように力が抜ける)
風呂に誘ったのは聖だよ。でも、一つになれて良かった…。
(しがみつくように一体に繋がったまま優しく口づけ肩と尻を抱き寄せる)
湯冷めしないうちにでようか…?

851 : 誘ったのは私…でも…
(目を閉じるとそのまま伏せてしまいそうな余韻に醇の体に凭れながら)
今ごろって醇さん笑うかもだけど…
恥ずかしい…
なんて言うか、醇さんが男らしい?ん…大人の魅力的な感じがしちゃった…
(包み込まれる体が力ごと抜け落ちて)
歩けないもん…醇さん抱っこして連れてって
ねっ、いいでしょ…おねがい
(甘えるように頬を胸に擦り寄せて顔を見上ながら頬笑みかける)

852 : 醇さん
私、こんなだけど…大丈夫?
もしね、合わないなーとか、絡みにくいなーとか、ちょっとでもある時は気にしないから言ってね
プロフからの始りだから、ぴったり合う人みつけないと勿体無いもん

853 : 大人だよ。だってもう50近いんだから。
抱っこか…そう言うと思ったよ?
(笑いかけお尻を下から支えるように抱いて一気に立ち上がる)
しっかりつかまって、しがみついているんだぞ聖…
(内からの熱気に火照った裸の体を抱え、顔を見つめ合う)
アロマよりいい香りがするよ。
(唇を甘く吸って深く埋めたものをまた震わせる)

854 : 聖、ぴったり100%合う人間なんて存在しないよ。
これから二人ですき間を埋めて100%にしていくんだよ。
…それじゃあ悪いか?
満足だよ俺は。こうして気持ちよく時間を一緒に過ごす人といれて。

855 : えっ?そんなに大人だったの?!
あはっ。それなら醇さん…
私がお願いしたいことなんて、なーんでもお見通し出来ちゃうね
ちゃんと抱きしめててね、落としちゃ嫌よ
(立ち上がる醇さんに言われるまま、首にしっかりとしがみつき囁くように耳元で呟き見つめる)
んっ?アロマの香りよりも…っん
(余韻の残るまま唇を甘く優しく啄まれ、気持ちを伝えるように啄み返し首筋に唇を押し当てる)

856 : 心置きなく甘えられるだろう?
お湯の中と違ってずっしりくるな。
タオルでさっと拭いて早くベッドに横になろう。そして…

857 : 悪いことないけど…私、隙間だらけでしょ
ありがとう、醇さん
やさしい言葉で、またひとつ隙間を埋めてもらえた気分です
私はとっても醇さんが大人男子で安心しました
これからもっーと甘えられそう
改めてよろしくお願いします

858 : 私が言う前に醇さん、先に自分で言っちゃってるし
甘えてもらうの嬉しいんだ…甘えちゃうからね
面倒がらずに可愛がってくれる?
あ、体は自分で拭くよ…恥ずかしい…
早く、醇さん
ベッドの中でもぎゅうっ…してね
んんっ?!
そして…そしてって…続きの言葉は何でしょ…

859 : 隙間だらけ…
ま、それも面白い。
育て甲斐がありそうだw
(ベッドにーまで抱えていくと慎重に寝かせ、覆い被さって)
こちらこそよろしく。今日はともかく二人で体をぴったり重ねて寝よう?
(瑞々しく光る裸に手を這わせながら寄り添い寝転ぶ)
おやすみ。

860 : そして…続きは夢の中で
ぎゅうっ…

861 : 育てがいって…ペットじゃないですよ
もぉ…
でも、育てて貰えるくらい面倒みてもらえるのは嬉しいです
今夜は醇さんの腕枕でぴったり寄り添って眠らせてね
目が覚めて痺れてるーって嘆いちゃだめだよ
(布団を引っ張り仲良く肩からすっぽり掛けて頬に軽く唇で触れる)
醇さん、明日何時に起きるんだろう…
寝ちゃってるから答えてくれないよね…
これからは遅くまでデートするときは、お休みの前の日にしようね
おやすみなさい
【以下空室です】

862 : 桜智さんと使います
桜智さんをお待ちしますね

863 : お部屋をありがとうございます。
桜智です。
よろしくお願いします。
直紀さん?こんな時間ですが、眠くないですか?
お仕事は、お休みですか?

864 : 改めてこんばんは、桜智さん
こちらこそよろしくお願いしますね
今は眠くはありませんが…いきなりドーンっと眠気が来るかもしれませんので、
お互い寝オチOKというコトでいかがでしょうか?
明日、お仕事はお休みですよ
桜智さんこそ、こんな時間に目が覚めるなんて…どうしたんですか?
あ、それと桜智さんってMっ気のあるいけない女性なんですか?

865 : なんででしょうね?
お仕事から、帰って、疲れてしまって、コテっと眠ったはずなんですけどね。
直紀さんと、お話するためかな?
目が覚めてしまったのは?
寝落ち、了解しました。
お互い、恨みっこなしでね(笑)
私は、Mなのかな?
自分でも、良くわからないんです。
直紀さんは、Sなの?
攻めるのが、好きなの?

866 : もうこの時間じゃ、さすがに恨っこなしですよね(笑)
僕とお話するため…嬉しいコト言ってくれますね、桜智さん
自分でもM属性かよく分からないんですか…
僕はSですよ
少なくても初詣デート、女の子がミニスカにも関わらずノーパンにさせるような
はたない雄です(恥)
攻めるっていうより、辱めるのが好きです

867 : うーん
あまり経験ないんです。
だから、自分でもどうなっちゃうか
わからない。
Mなのかもね?
試してみますか?
このお部屋、素敵なお風呂があるみたいだし?
どんなお風呂がいいかなぁ…
直紀さん、決めてくださいますか?

868 : 経験少ないんだ、桜智さん
ないの?
例えば…勿論、シチュだけど玄関に宅配便の配達人に押し倒されて、スカートめくられて、
パンツ下げられて、お尻の山割られて犯されこと?
ダメって思っているのに、股間に挿入されたにくぼうが気持ちよくて、
はしたなく淫らな声を上げたこと?
お風呂に入りたいの、桜智さん?
だったらシャンパンバスでしょう?
蒸発するアルコールに桜智さんがドンドンはしたない姿になるところ
しっかり見てあげたいな?
でも、いいのかい?
こんなドS男の前で痴態晒してお風呂に入るなんて…
万が一、犯されても文句言えないよ?

869 : 直紀さん?
いつも、そんな感じなのですか?
リアルでも?
私、ここでも、あまりそんなことしたことなくて。
もちろん、リアルでは、ありえない話だし。
うまくお相手できるかな?
ちょっと心配になってきちゃった。
直紀さんが、上手くリードしてくださるなら、出来るかな?
シャンパンで、酔わせて?
ちょっと怖いけど、気持ちいいかもね?
直紀さんと、一緒に気持ち良くなりたい。

870 : ええ、リアルでそんな感じですよ
例えば深夜、家の前で女の子に電話して、窓の鍵あけてもらっておいて、
そこから侵入してベッドに眠っている(フリをしている)女の子を強姦したり…
心配いらないよ
そもそもはえっち雑で募集したんだから、桜智さんを犯したいわけじゃないし…
お風呂でアルコール使う時は、本当はシャンパンじゃなくて安くてアルコールのキツイ日本酒を使うんだけどね
女の子の肌にサッと赤身が走って、酔っぱらって腰砕けになって、ゆっくり&はしたなく
股を開いて僕を誘ってくれるよ
いいのかい、桜智さん?
まだまだ経験の少ないおまんこにドS男のスケベなおちんちん挿れられちゃうよ?

871 : リアルで、直紀さんの彼女になったら、ドキドキの連続ですね?
何されるか、わからないもの。
でも、そんなドキドキ…
きっと癖になっちゃうんだろうな?
直紀さん?
お風呂、せっかくだからはいりますか?
でも、はしたなく足を開けるかは?
直紀さん?
あなたの腕次第!(ニヤリ)
シャンパンに、酔いたいなー
なんて(笑)

872 : 何されるかわからない彼氏はお嫌いですか?
うん、きっと桜智さんにいけないこといっぱいしちゃうよ
だからかな?
別に調教とか、そーゆーのはよく分からないけど、相手の女の子がドンドンとM化しちゃうんだ
シャンパンに酔いたいんだ
日本酒だと楽だけどね
安いヤツでも先にお風呂に入って、混ぜておくだけでアルコールに強くない女の子はトロンとした眼になっちゃうし…
桜智さん、シャンパンがいいんだ…
じゃあ、先に入ってよ
いけないコトされるってわかっているのに自分から湯舟に入る桜智さんの裸体、
しっかり目で犯してあげるから(よかったら、いけない妄想出来るよーに桜智さんの
スリーサイズやアンダーヘアーの感じ教えて)…

873 : 落ちます
おやすみなさい、桜智さん
よい夢を…
落ちます
以下、空室です

874 : 使います
芽衣子を待ちます

875 : お待たせ。
うみゅ〜、外寒かった〜
(靖行さんに抱きついて)
ぬくぬくだ〜。
ここお風呂使わないといけないんだね。
日本酒はちょっと勿体ないけどw
靖行さんの好みでいいよ

876 : うん、ぬくぬく
(芽衣子を強くぎゅっと抱きしめる。背中にまわした手で強く抱きしめる)
お風呂やベッドと書いてあるから、即ベッドでもいいのかと思ったがw
芽衣子が入りたいお風呂でいいよ。
俺は芽衣子がいれば、どこでもよいw

877 : お任せを譲り合っても仕方ないじゃない…^^;
じゃあ、ローズヒップのハーブバスで。
お肌しっとりすべすべ効果w
(お風呂にお湯を入れて、棚からローズヒップ油を取り出してお湯に溶かす)
あ、靖行さんがお疲れならカモミールでもよかったなー。
それは次回ね。
んーと…。先にお風呂にしますか? それともベッドにしますか〜?
(バスルームから戻ると靖行さんの首に両腕を回して
 背伸びしながら顔を近づけて)
芽衣子はどちらでもw
(今日は、リアではもうお風呂は終わってて、寝巻き代わりの襦袢着てるの
 下着は淡いオレンジ)

878 : (戻ってきた芽衣子をぎゅっと抱きしめて、キスする)
ちゅっ…ありがとう。
いきなりベッドと言いたいけど、せっかく用意してくれたんだから、風呂に行きましょう。
あれ、前回もそうだったような(笑)
(芽衣子の帯を解き、着物を脱がせていく)
下着をとるのはあっちでwお楽しみは後でね
うん、オレンジも似合ってるね。
(バスルームの前で襦袢を肩から落とし、ショーツに手をかけ、するするとおろして脱がせる)
きれいだ…
(シャワーのお湯を芽衣子にかけ、自分の手で肌をなでて軽く汚れを落とすと、いっしょに湯船に浸かる)
うーん、あったかい。このままずっとここにいてもいいや(笑)

879 : >>877
(風呂上がりの芽衣子、ほかほかしてあったかそう。抱きしめたいね)

880 : 前回はまだお風呂に入ってなかったんだもん。
シャワーだけでよかったのにw
うーん、すぐ脱がしてしまうのに下着の色は必要なのかと
いつも思うんだけど、靖行さんにはそこ重要なのね?
芽衣子にはまだ理解できない領域だ(笑)
(笑いながら、脱がされるままに下着から足を抜いて)
…ばか…、そんなにまじまじ見ないで…いつまでたっても緊張する…
(自分の視線をそらしたからって、靖行さんの視線から逃げられるわけじゃないけど)
(二人でお湯に浸かって温まると、やっと靖行さんと視線を合わせられて)
ん、靖行さんとこうしてお風呂に入ったの、いつぶりだろ?
ここ、前にも来たことあるからその時だけだっけ?
あー、温泉も記憶が…
芽衣子は靖行さんとしか、お風呂に入ってない。
靖行さんは……んー、なんだかちょっと妬けてきたw

881 : >>879
(湯冷めしないよう暖めてね。期待してるw)

882 : だって、せっかくローズヒップがどうのこうのと言ってきたからさ(笑)
たまにはいいでしょう、こういうのも
(風呂のお湯を手で軽くすくって、芽衣子のほうにはねかける)
ええ、重要です。今日の芽衣子はどういう気分なのかなと。どんなのを見られたいのかが分かりますからw
(目に焼き付いたオレンジを瞼の裏で思い起こす)
妬けるって……芽衣子だってこれまで誰と入ってきてるんだよ(笑)
いろいろ楽しんできたくせに…
ああ、妬けてきた…
(風呂の中で芽衣子を抱きしめて)
俺、ここ大好き…
(豊かな乳房に手をあて、揉みしだく)

883 : >>881
(またそうやってハードルを上げるw)

884 : (顔にかかったお湯を手で拭いながら)
子供みたいなことを(笑)
ハーブは詳しくないから迷ったんだけど
ローズヒップは美肌効果があるから。
せっかくのデートだから、しっとり肌もいいかなあと。
下着はリアデートだとそうだよね、相手の好みも加味して選んでた、と思う。
靖行さんの好みはまだ把握できてない。
派手な色は苦手っぽいのかな、くらい?
妬けるって言われてもー、ここでは靖行さんとだけだし
もう何年も、だよ。妬かれても困るーw
(背中から抱きしめられて、靖行さんの太ももの上に乗せられて)
…あんっ…後ろから触られると…感じちゃう
(胸を弄ぶ靖行さんの腕を抱くようにして押さえる)

885 : >>883
(上げてないってば。靖行さんがレベル上げると芽衣子が困るー)

886 : お風呂に入ったらお約束でしょう(笑)
濡れたってかまわないんだし。
美肌ねえ…
(肌を撫でながら)充分すべすべだと思うけど、さらに効果がありそうだね。
うん、触ってる俺の手が感激してるw
(押さえられてもものともせず、両手で両方の胸を揉む)
この姿勢好きだよ。なんだろう、安心できるような、それでいて芽衣子を俺のものにしてる感がたっぷりというか…
(さらに芽衣子を自分へと引き寄せ、倒させる)
(するとぷっかりと乳房が湯船から出てくる)
まったく、見せつけるんだからw
(体を動かし、左手で芽衣子の背中を支え、右から顔を伸ばし、乳首を口に含み、舌先で転がす)
う…、ローズの香り(笑)
(舌でころころと乳首を回し、ちゅーと吸い上げる)

887 : >>885
(俺低レベルだからwひたすら芽衣子に襲いかかってるだけww 反応する表情を楽しみたいのさ)

888 : (体を倒されて、シルバーの簪で緩くまとめていた髪が解けて湯船に落ちる。
 不安定な体勢に閉じていた脚が靖行さんの膝を挟んで開いて)
…ぁ…、ぅん…っ
(乳首を唇で挟まれて、思わず小さく声をあげる)
ああんっ、そこ…だめ…感じて…
(吸い上げられるたび割れ目がヒクっとして、全身で靖行さんに伝えてしまう)

889 : >>887
(そんなことないよ。イメージしやすくて感じちゃうもん。
 芽衣子の方がつたなくて申し訳ないくらい)

890 : ふふ…女性がまとめていた髪が、バサッとほどけてふわりと広がるのって見てて楽しいなあ。
(足を伸ばし、親指と人差し指で栓から伸びる鎖を挟み、引いて栓を抜く)
(お湯が抜けはじめ、ゆっくりと水位が下がっていく)
だんだん…芽衣子の全身が見えてくるよ…
(露わになる上半身に乗りかかるようになり、乳房から脇、お腹へとキスを這わせていく)
体が熱くなってきて…もうぜんぜん寒くないや
(貪るように芽衣子の体にキスを這わせる)
このまま襲いかかりたいけど…ちょっと芽衣子に奉仕してもらおうか
(お湯の水位が低くなったところで再び栓をする)
(湯船に背中をつけ、足を開くと、芽衣子の体を引き寄せ、後頭部を押し、顔を自分の局部へと近づける)
見られると恥ずかしいな、早く咥えてくれよ…
(さらに押し、唇をペニスに当てる)

891 : >>889
(いえいえ、芽衣子の描写には負けるよ。さっきのかんざしをはずして髪の毛がほどけるところなんかすごく想像できたもん)
(まあ、下着の好みに関しては、お察しの通りですw薄い色のをよろしく。濡れるとすぐ分かるしww)

892 : (敏感になった熱い肌にキスを浴びせられて)
あんっ…どこに触れられても…んっ…感じちゃう。
いやんっ…芽衣子の反応を面白がってるでしょっ
(無意識に腰が跳ねて、息を震わせて喘ぐ)
(体の奥が靖行さんが欲しくてたまらないと甘く痺れる。
 熱っぽく潤んだ目で靖行さんを見上げて)
…いじわる…わかってるくせに…
(強引に促されるままに、ペニスを口に含み、舌を絡めながら深く咥え込んで
 ゆっくりと上下に唇を滑らせる)
んっ…んっ…ぁ…
(咥えたペニスがピクピクと反応すると、あそこがきゅぅと締まって)
ぁあっ…ぃぃ…もっと…感じて…ね?
(唾液でクチュクチュといやらしく音を立てながら、夢中でしゃぶりつく)

893 : うん、いい表情だ…
(頭を優しく撫でながら、芽衣子からの愛撫を受け取る)
あ…ううっ…舌が…気持ちいい…
感じてね…って、感じるようにやってんだろ?
そんな顔で…夢中な顔で俺のチンポしゃぶってる顔見てたら…あ、すごい…
(全裸の女が体をかがめて自分のを口に含むのを見ていると、激しく硬くなり、びくんびくんと脈打つ)
(体の奥から、溜まった精子がペニスに集まってくる感覚になり…)
うう…口に出したい。口が嫌なら顔に浴びせたい…たまには顔がいいかな。シャワーで流せるし…
(どっくんどっくんと動き、跳ねるペニスが、限界が近いことを伝えるかのように口の中で動く)

894 : >>891
(いまだに手探りなんだけどな。
 簪ね…そういうとこに反応するんだ。スルーするとことの見極めが難しいなーw)
(濡れた下着を観察されるのは恥ずかしすぎる〜。はよ脱がしてくれって思っちゃう。
 けど、それでからかわれると感じるんだよね^^;)

895 : >>894
(いいんですよ手探りで。芽衣子の思うがまま、感じてるがままに書いてくれればそれが嬉しい)
(そこらへんの女心の微妙さは未だ理解できないところもあるが、私のやりたいように好きなようにからかいます・笑)

896 : (頭上に靖行さんの熱い息遣いを感じて、ますます興奮が高まっていく)
ぁぁん…まだ…出しちゃいや…
(浮き出た筋を硬く尖らせた舌先でなぞりながら
 吸い付くようにペニスを激しくしゃぶる)
芽衣子のあそこも…ヒクヒクして…我慢できない…
ああんっ、この硬いの…欲しい

897 : しょうがないなあ…それが芽衣子の望みなら聞きましょう
この間芽衣子としてからずっと溜まっているのをたっぷりと中に出してあげるよ
ほらっ、どこが欲しがってるって?
(芽衣子の体を起こし、振り向かせて湯船の縁に両手をつかせる)
よーし、こっちにお尻を向けて、ほら、もっと上に上げるんだよ
(頭を下げさせ、腰を持ち上げると、覗き込むようにして芽衣子のおまんこを見る)
なんだ、こんなにヒクヒクさせて…待ってるのか?
(いやらしくバクバクと震えるところにキスする)
(舌でねっとりと舐めて、音を出して吸い上げる)
いやらしいな…もっといやらしくおねだりしろよ
(顔を離し、指を中に入れ、くちゅくちゅと音を立てながら)
芽衣子の濡れたおまんこにぶっとい硬いチンポをぶち込んでくださいって言えよ
濡れて待っている芽衣子のおまんこにチンポをぶち込んでくれって言え

898 : >>895
(最初の頃からそう言ってくれてたよね。
 少しは成長したはずなんだけど、毎回初舞台の気分w)

899 : >>898
(変わらないのは同じ人間という証拠ですw)
(エッチするときはいつも緊張するさ。せっかく同じ時間を過ごしたのに、つまんなかったと思われたら最悪w)

900 : (バスタブの縁にしがみつくように伏せてお尻をあげる)
はぅぅ…そんなに見ちゃいやぁ…
(視線と吐息が刺さるように感じて、割れ目がいやらしく蠢く)
(溶けてしまいそうに熱い割れ目を舌が這うと、伏せていた顔を上げて背中をそらせて)
ああん…っ そこ…っ…いいっ…
(もっと…とおねだりするように腰を揺らすが、いきそうなところでやめられて)
はぁはぁ…またいじわるするぅ…あ、ああ、あああっ
(中のザラザラを指で擦られ、体を硬くして震わせて)
ああん、いじわるっ…
(泣きそうな声で途切れ途切れに)
濡れて待ってる芽衣子の…おまんこ…靖行さんの…
(声がだんだん震えてきて)
…ぶっとい…お…ちんぽ……ぶち込んでくださいっ! …ぁぁっ
(靖行さんの指を襞がぎゅぅと締め付けて)
・・・っ…いっちゃう…っ

901 : >>899
(初めて会った日、明日も会おうと言ってもらえてすごくほっとしたの。
 あの時と今も同じ。
 変わったのは芽衣子がヤキモチ妬くようになったくらいだ)

902 : (指でくちゅくちゅと続けながら)
えらいぞ、よく言ったね。
(指がきつく締めつけられる。ここにチンポを入れたらどんなに気持ちいいだろうと思うと体が震えてくる)
まだいくんじゃない。いくときは俺のチンポでいくんだ。
さーて、天国を味わわせていただきますか…
(突き立つように硬くなったチンポを後ろからあてがう。腰を両手で鷲づかみにし、ずぶずぶと押し込んでいく)
(驚いたようにぎゅっと閉まる膣の動きに逆らうように中へ、奥へと突き入れる)
相変わらず狭いね、気持ちいい…
(腰を掴み、ゆさゆさと揺らしながら出し入れする)
ほら、ちゃんと手で支えてろよ。まだまだ突くぞ!

903 : >>901
(会いたかったからそう言っただけのことさ)
(可愛いやきもちなら心情の素直なあらわれと思うからむしろ微笑ましいかもw)

904 : はぁっはぁ…っ、はぁっ
(ぐったりした表情で縁につかまって、靖行さんのペニスを入口に感じて)
んっ……、はあぁっ
(硬い塊が襞を押し分けてきて、鳥肌が立つような快感が全身に走る)
芽衣子も気持ちいい…ああんっ
芽衣子が狭いんじゃなくて…靖行さんのが…大きいのよ
入口が広げられて、切れてしまいそうなくらい痛い…
ぁあ、痛いんじゃないなら…熱い…
もっと奥まで…んっ…んんっ…そのコリっとしたとこ…いいっ
あ、あっ、ああああっ、もうイクっ
(縁に胸を押し付けて、背中をそらせ体をガクガクさせる)
(リアもいきそう)

905 : >>903
(大好きじゃなかったら妬かない。大好きも安易な気持ちで言えないし。
 いつの間にか大好きになってた)

906 : 何言ってんだよ、こんなにぎゅうぎゅう締めつけておいて…
(ペニスの先が奥にあたっている感じのところへ出したくなり)
もう我慢できないぞ。中に出す、いいな
もうこれまでに何回も受け止めた俺の精子だ。今日も子宮を汚してやる
(言い終わらないうちに我慢できなくなり、腰を強く打ちつけると、そのまま放出欲にまかせる)
ああ…気持ちいい
(ドクドクと出していることを感じながら、膣内射精を続ける)
今日は見せてもらうぞ。中出しの証拠
(芽衣子から離れると、芽衣子を縁に腰かけさせる。脚をぐいっと開かせると、付け根からは白いものが垂れている)
これが見たかった。俺が今出したばかりの精子。芽衣子の中に出したやつだ。
(指を中に入れ、掻き出すと、とろとろと精子が出てくる)
芽衣子はいやらしいな。男に中出しされ、こうやって精子を体内から出している)
(やべ、もう我慢できん)

907 : >>905
(簡単には好きなんて言えないよね、俺もだよ。そして好きになってくれてありがとう)

908 : ああっ…靖行さんの…いっぱい出てる…
(ドクンドクンと脈打つペニスを中で感じる)
芽衣子の中も…はぅ…ぅ
(靖行さんが射精を続ける間に何度も絶頂感を繰り返して)
(放心状態で無抵抗のままバスタブの縁に載せられて脚を広げられて覗き込まれる)
(割れ目から垂れてくる精液を自分でも感じて、恥かしさで呼吸が震えて)
ばかぁ…見ないで。
(いやらしいと言われて、感じてしまうあそこに戸惑いながら)
靖行さんのだから…いいの…
(大好きだもん。あなたに壊されたいくらい)
(いっちゃった。割れ目触ってもなかったのにとろとろだった)

909 : >>907
(リアで好きな人ができそうにないのが困るけど。でも大好き)
(別な場所で出会いたかったな。ってのが本音)

910 : うん、受け止めてくれてありがとう。
きれいにしないとね。シャワーで流していいかな。
(掻き出してあふれ出た精液を流す)
(芽衣子を立たせて全身をシャワーで洗い、バスタブから出てバスタオルで拭く)
今日もありがとう。ちゅっ
(少し長めのキスをして)
ベッドに行こう。このまま朝まで熟睡しそうだ(笑)
(うん、俺もだ。ほんとど同時

911 : >>909
(こればかりは仕方ないさ。会えたことだけでも感謝だね)

912 : (濡れた体をタオルで拭いてもらいながら)
なんだか子供みたい。
でも、こういうのシアワセな気分になる。
何も考えないで甘えていられるというの、滅多ないもん。
(差し出された手を握りしめて指を絡めて、ベッドに向かい)
ん…朝までこうして手を離さないでくれる?
抱きしめてくれても別にいいけど
(靖行さんもいけたならよかった)

913 : 甘えればいいじゃないか、これからも。かまわないよ。
(ベッドに横になり、手を握る)
手もいいけどさ、やっぱり全身を抱きたい。
(布団の中でぎゅっと抱きしめる)
あったかいよ。このまま、おやすみ。
(ゆったりとした気分でうとうとしだす)
(本当にほんわかした、いい気分です)

914 : >>911
(ん…。残念だけど仕方ないよね。ちゃんとわかってる)

915 : なかなかに甘え下手なんですw
普段が面倒見のいいオネーサンなんで(笑)
…芽衣子も眠くなってきた。
今夜は冷えそうだから、このままぎゅっと抱きしめていてね。
(うとうとしてる靖行さんの鼻にちゅっとして)
おやすみなさい。

916 : ふだんとのギャップが楽しみだ。
いつもと違う芽衣子をこれからも見せてね。
今日は私がしめましょう。
ありがとう。おやすみ。ちゅっ…
(以下空室)

917 : 聖と使わせてもらいますもらいます

918 : キャンセルして落ちます。
(以下空きです)

919 : 聖と使わせてもらいますもらいます

920 : ありがとう、醇さん
リラックスできるお部屋に連れてきてくれて
あれ?!
もしかして…この前、お部屋準備しててくれたんだね
おまかせすればよかったー
ねぇねぇ醇さん、今夜はどのバスにしよっか?

921 : そうだなミルク&ハニーってやつにしてみよう。
いっしょにお風呂に入ったら疲れもとれてエネルギーも充填されて一石二鳥かな
聖の部屋に招かれるのも同じくらい嬉しいことだけどね
乳白色ですべすべしたお湯がすぐ一杯になったよ。。
さあ今日は脱がせてあげようか?

922 : いつも私のお部屋より、こんな風に大きなバスタブに二人で一緒にのんびり入れるのもいいね
乳白色がとってもお肌すべすべになりそう
甘い匂いも癒されるし
恥ずかしいけど…脱がせて欲しいです
あんまりジロジロ見るのは無しだよ

923 : ミルク色だから見えにくいのもいいかもね。
じゃあ後ろに立ってこうして背中から脱がせてあげよう…
それなら恥ずかしくないだろう?
上着を抜き取りていねいにスカートを脱がせて
聖を下着だけにさせたところで両手を胸に下からあてがってみる…

924 : そうだね、白色だと隠せるから恥ずかしさも少しはないかな…
後ろ向きで脱がされるのは、目が合わないからいいかなって思ったけれど…私が見えない所を見られちゃうのは恥ずかしい
だって、醇さん…
胸の重さでも確かめてるみたいに触るんだもん
早く、お風呂に入ろうよぉ
恥ずかしくなってきた

925 : いや…聖の背中きれいだよ?白くてすべすべで。
待ってて。ブラを取ってやって下着一枚だけになったら今度は俺の番。
手早く靴下も全部脱いでパンツだけになった。これでおあいこだ…
聖の見てる前で先に全裸になるからな?
今度は聖のも…。よく見せて。
(体を寄せていって顔を見つめたまま聖の最後の一枚を腰から降ろして素っ裸にさせる)

926 : 見えない背中側から見られてるのって、やっぱり恥ずかしいよ…
あっ…醇さん、見られるの恥ずかしくない?
目のやりばに困ってしまって、うぅ…
醇さんの身体…改めてとってもたのもしいなっておもっちゃったりしてるよ
下着まで脱がせて貰わなくても大丈夫なのに…
ああっ、醇さんちゃんと目を見てて
視線違うとこ見ちゃ嫌だからね
(見つめられて顔が熱くなるのを感じながら胸元を隠し、脱がされると直ぐに片手で大切なところを抑える)

927 : そりゃちょっとは俺も気恥ずかしくはある…けどお互いだからね。
さあ脚を片方ずつ上げて。たまにはこうやって全裸にしてもらうのも良いだろ?
隠さなくていいって。
ほら。二人とも裸だ。
…おいで
(乳房と太腿の間に置かれた聖の両手を握って、浴室の前で全裸で抱き締め合う)

928 : うん…
醇さんと二人だもんね
ちょっと恥ずかしいけどこんな風に優しくお話しながら脱がされるのもいいのかもしれないね
(裸体を露に解かれた手を握られ)
醇さんの肌…いつもより気持ちよく感じる
温もりが心地よくて、お互いのドキドキが響き合ってるみたいだね
(抱き締められるまま身体の温もりを分かち合うみたいに背中に腕をまわして、顔を見つめる)

929 : うん…落ち着くよなこうして裸で二人でぴったり抱き合ってると
(肌をぴったり合わせ立ったまま腕を回していると聖の体温が伝わり)
…聖。
(大きく太くなったものを擦りつけるような動きで下半身をくっつけ)
気持ち良いよ…。
(やわらかい乳房が胸板に心地良く押し当てられるとそれは更に上向きに硬さを増しながら突き出される)
さ、入ろうか?
(にっこり笑い唇にキスすると手を握り湯気の立つバスルームに連れ立って)

930 : ドキドキしてるのに、安心してるみたいな感覚ってあるんだね…これって言葉ではうまく伝えられないかも
(頬を染め触れていた身体の部分は感じるままに反応して刺激され)
はぅ…息するの忘れちゃってた
(硬い膨らみが下腹部を擦られ唇が僅かに震え吐息が漏れそうになる)
一緒のお風呂に…
(優しいキスに微笑んで連れられるバスルームで掛け湯をすると一緒の湯舟で醇の膝に身体を乗せていく)

931 : 今日は大胆になっていいぞ聖
このまえと違い、入る前に抱き合ってから浸かった所為かおたがいに和んで寄り添い合える…
さ…膝の上に。重くないからおしりをのせて。
(伸ばした脚の太腿の上に、聖の丸いお尻を置かせて後ろから腰に手を回す)
あったかいな…
(湯槽に浮かんだ乳房にミルク&ハニーのお湯をかけてやる)

932 : 大胆になっても…って言われると困っちゃう
だけど今は醇さん不足を解消したい
抱き締められるのも好きだし、こんな風に…
(大きなお尻を乗せて腿を滑らせ、股間に密着させると首に抱き付き首筋に唇を押し当てそっと離す)
気持ちいいね…ミルク&ハニーバス…
醇さんの身体もとっても感じちゃうよ…
(首に腕を回したまま胸元を離すと、硬さが一段と増してくる感触に腰を緩く揺らす)

933 : ああ。最高だね。甘い良い香りが浴槽全体から漂っているし。
ん…ほらもうこんなに固く尖らせて…おっぱいも全体的に張りを増して固くなってるみたいだ…
(湯船から顔を出した乳頭を親指でなぞって乳房を手の平で包みこむ)
あぁ、お湯の中で、聖のあそこが、あたってる
(隆々とした幹の裏筋にあたる粘膜の感覚に吐息をつく)

934 : とっても気持ちが癒されて…
醇さんになぞられてるだけで、んんぅ…膨らんでるところが固くなってきてる…ああ…
(指先でなぞられる乳首が痛い程に固くなって包まれる乳房を背中を反らせて悶えてしまう)
お湯の中でも醇さんの熱い…気持ちよくて、醇さんの…
(吐息をもらす唇を啄み見つめながら、息を荒くさせて腰を沈め前後に大きく揺らして)
んんぅ…醇さん…もっと気持ちよくなりたい…
(懇願する視線は目をとろんとさえ、自ら腰をくねらせてしまう)

935 : 入れて欲しいのか、聖?
はっきりそう言っておねだりしなきゃ。
(両手でリズミカルに乳房をほぐしその手で顔を支えてじっと瞳を見詰める)
聖のいやらしい腰の動きで…
俺の太いのがお湯の中でゆらゆら揺れてる。
自分の手で握って好きなようにしてもいいよ?
(だらしなく開けた唇にすかさず舌を捩じ込んでいく)

936 : 欲しい…です…
とっても硬いのが当たって擦れてると、中で感じたい…
(息を吐きながら見つめられる視線を受け止め吐息混じりにおねだりする)
…んっ、っ…
(半開きの唇に捩じ込まれる舌先に絡ませ、見つめたまま股間に手を伸ばし)
(硬い膨らみを手の中に包み込むと、大きさを感じるままに根元から緩く上下させて絡み付く舌を吸い付く)

937 : うぅ。んん…
中で…奥まで全部いれて…?
(指先が湯の中で勃起を優しくつつみ、怒張したそれが血管を浮かべながら上向きに反り返る)
いいよ…そのまま聖の中に押し込んで…。
奥までずっぽり
(重ねた唇の隙間から声を漏らしながら両手で乳房を愛撫する)

938 : いい…挿れちゃってもいい?
すごく疼いちゃってるの…醇さんの浮き出だ血管も指先に伝わってるんだもん
(根元を握り勃起した反り返る逞しいまでのものを揺らし、腰をくねらせ花弁を捲りあげ)
ああ…まだ先っぽだけなのに、気持ちよくて…
欲しい…醇さん、あぁっん…
(括れた箇所を指先で小刻みに扱きながら腰を深く沈め、膣口を押し広げるようにヌプヌプ押し込まれる)
んぁ、っあ…ああっ。
(濡れ溢れる膣内が収縮を強め奥へ飲み込むように咥えこんで締め付けてしまう)

939 : あぁぁ…はあ。今日の聖…いいよ、その腰つき、さわり方。
(先っぽだけ浅く挿入させた状態で扱いてくる情熱的な手つきにのけ反りながら腰を突き出し…)
そう…そのままずっと奥まで。
(狭い所をくぐりぬけた亀頭が膨張しながら襞の間に減り込んでいって…)
凄く締めつけてくる…ううっ。
ああ、聖っ…
(下から腰を突き起こすように揺すり湯を撥ね上げて気持ちのいい中の締めつけを無心に味わう)
はあ、はあ、はぁっっ
………

940 : じゅ…醇さん、はぁっ、っああ、んあっ…
きつい…やぁぁ…突き上げちゃ
(襞を擦られ収まりを求めるように深く抉られる突き上げに、堪らない声を響かせ)
はぁ…っ、はぁ…あっ…ああっ、い、いっちゃう
(仰け反り反りながら腰を激しく揺らし、奥を突かれる快感に溺れるように悶え喘ぎ、身体を預けるようにしがみつき)
醇さん、ああああっ。
(全身の痙攣が止まると身体を跳ねあげ受け止めようとばかりに膣内を熱く締め付ける)

941 : もっと奥まで挿れなきゃ駄目だよ?
全部入れてみなきゃ…んっ…
(片手で乳房を絞りながら片手でお尻をまさぐり抱き寄せる)
あああいい、ああ。
いぃ。いく。
聖っ………。
(陰茎の根っこまで完全に埋めてしまうと、しがみつく聖と一体に押し寄せる快感に身を委せる)
うっう。あぁ…いいよ、出してる、おまえのなかに…ああぁぁ。
(跨がらせたまま胸と胸とを重ね濡れ髪を抱いて、断続的に熱い液を聖の膣の奥へ放出を続ける)
はあ。いい……よかった……。
(少し汗ばんだ顔を擦り寄せて耳許にささやくと呼吸が静まるまでじっとしてる)

942 : …はぁ……はぁっ……
(咥えきれない大きさを乳房を歪ませられながら、狂おしい強さで全て受入れ注がれ)
醇さん……気持ちよすぎちゃって…
(肩で息をしながら繋がったままの奥で続く熱い迸りに目を瞑り、囁かれる耳元のくすぐったさに柔らかく微笑む)
このままずっーと、こうしていたいくらいだね
気持ちよくて…ね、醇さんもそう?
(蕩けた顔を近付け鼻先にキスをするとぎゅっとしがみつき、耳元で小さく囁く…)
ベッドにこのまま連れてってね
醇さんと…朝まで一緒にいたいもん
今夜は醇さんと一緒だから大人しく眠れるよ
ホントだから…ね、いいでしょ?
(耳朶を甘噛みしながら腰をくねらせ、胸元を指でなぞるように悪戯して微笑む)

943 : そうだな、動きたくない…。
このミルク色の風呂の中で聖と溶けてしまいたい。
(抱っこの体勢のままで戯れ合うようにキスを繰り返す)
んっん、またベッドまで繋がったままで…か
(悪戯っぽい仕草に勃起がまた中で硬さを増してゆく)
しょうがない。聖には勝てないな。
(囁きかけてくる唇に唇を押しつけて湯から立ち上がる)
甘ったれた、大きな赤ちゃんみたいだな。んじゃあ、一つになって寝るか?
(厚みのある尻を大きな手でしっかりと抱いて支え、抱き締め直す)

944 : ううっ…またかって、醇さんはいや?
嫌だな〜面倒だな〜って言っても今夜はだーめ
一緒にこのまま眠って、しっかり醇さん不足を補給するんだもん
(悪戯してる乳首への愛撫を続けながら、放出した熱い液をそのままに再び窮屈さが増して)
しょうがないって呆れてもいいし、甘ったれのおっきな赤ちゃんでもいいですよー
醇さんが好きなんだもん
(唇を重ねながら抱き締められる強さに頬擦りして甘えた声で囁く)
醇さんは聖不足解消できた?充電は…満タン?
(歩む度に震動で奥を突かれベッドにそっと横に沈みこむ)

945 : いや、面倒じゃないけど…まあいいや、もう時間も遅いしな。
ああ。バッチリ聖成分に満たされたよ。それどころか満たされ過ぎてオーバーフローしそうだ。
(体はすっかり乾いてるのに繋がった部分だけ湿ってやけに熱くて)
溺れそうだよ…聖に。
(スプリングの効いたベッドにそっと降ろすと隣りにすべりこみシーツをかぶって)
風邪ひかないように裸でしがみついて寝るか。んっっ

946 : まぁいいやって気になっちゃうよ!
でも今夜は頭も回らないし理解不能で叱られそうだから、また今度話してね
(意地悪な言い回しに鼻先をぱくっと唇で噛んで)
オバーフローは困る…早く寝よぉ
醇さんとぴったりくっついて、ぎゅうっとしててね
風邪引いたら大変だから朝までずっと、ずっーとぎゅうっだよ
(身体を寄せあい繋がったままの潤みに抜け落ちそうになりながらじっと見つめ…)
溺れそうじゃ寂しいから、しっかり溺れてもらえるように…おやすみなさい
(唇に吸い付き啄みを繰返しながら、静かな寝息をたてていく)

947 : 洗い場で体を洗いっこしたりしようかなって考えてただけ。
はいはい。ずーっとぎゅうってきつく抱いてるよ…
(唇をつけ合いお尻を抱くと微睡みに心地良く落ちてく)
おやすみ聖。朝までずっと一緒……

948 : 以下空室です

次スレ…【癒し】ホテル☆アロマ 96【雑談・スレH】
http://nasu.bbspink.com/test/read.cgi/sureh/1453997204/l50

949 :うふ〜ん

950 : 使用します

951 : 遅くなりました…ごめんなさい

952 : いいえ、なにも問題ないですよ
しかし絵を描くのが上手ですね、あれは手書きで?
髪はショートなんですね、フェラ顔がよく見えます
子宮は元の場所に戻りましたか…
さて、これからなにしましょう
私をイかせてもらいましょうか
それとも挿れてほしい?

953 : お風呂でお尻の穴の中まで洗っちゃいました
えへへ♪ あれは手書きなんですよ?
タブレット持ってるからペンタッチで描けちゃうの
髪はショートなんです
頬はもう少しふっくらしてます
膣の襞は奥に引っ込んじゃった
これから…うぅん…挿れてほしい…

954 : そうだね、綺麗にして匂いも消して
私の匂いと入れ替えようね
なかなか上手じゃないか、センスいいよ
丸顔は好きだね、やらしい顔はもっと好きだけど
そうさ、いつまでも飛び出してたらここへ来なくていいし
ぶち込んだらまた出てくるだろうし…
しゃぶって大きくしなさい
固くなったら入れてあげよう

955 : 綺麗にしておきました。
だって…隆一様が舐めてくださるかもって思ったから…
ありがとうございます♪
丸顔で目はやや細いかも
それじゃ失礼します…
(隆一様の前に全裸のまま正座しておちんぽを指で掴むとそのまま舌で裏筋から舐め挙げ)
ペロペロ…ちゅちゅぅ…ああーん…
(見上げながら舌を這わせて祈祷を唇で含み吸い出すようにちゅうちゅうー)
ああん…あたしも弄っててもいいですか?
(パイパンの部分を指で撫でて)

956 : ああ、舌を窄めて抜き差しを繰りかえしてあげたい
その舌先でクリをビンビン弾いてあげるよ
すると一重かな…?
いいじゃないか、舐めてから吸うまでの強弱がとてもいい
先走り汁は飲んじゃってくれ…
(頭を抱えて奥深く誘導する)
なんだ、同時にきもちよくなりたいのか…
(中指に手を添えて、割れ目をひろげて膣口に埋める)
もっと舌をつかって音もだしてじゅるじゅるやってくれ

957 : 一重じゃないです、奥二重ですね
舌でお尻の肛門をつんつんして欲しいです…
お風呂ではよく電気歯ブラシ使ってすみずみまで綺麗にしてるの
んぐんぐうぅ…!
(太ももを叩きながら喉の奥まで届いて唾液が逆流してきて)
んぐうっ…!
(柔らかい膣の襞に固い指がぐぐっ、と侵入してきてお汁が隙間から太ももに伝い流れて)
あ…はぃ…
(根元までペニスを頬張り、懸命に首をふり、ぐぼっぐぼっ…)
んぐぅう…ぐはぁ…ぁ…
じゅるぢゅばぢゅばぁ…
こんな感じでいいですか…?
(唾液とおちんぽの汁を涎のように口元から垂らして見上げながら)
ああん…おまんこぬちゃぬちゃぁ…
(指でくちゅくちゅ音を立てながら、時折クリを挟んでこすってみてる)

958 : そうかそうなのか、じゃあ私と同じだよ
その可愛い顔にぶっかけてあげたいくらいだ
(もう一度舌を目いっぱい窄めて、アナルをつんつん…)
こんなもんじゃもの足りないか…
(両側にひろげて舌をひねりながら挿しこむ)
かなり入ったよ、なつきのアナルはゆるゆるだからな
イラマも馴れたもんだ… 涎の量がハンパじゃない
それにぶっとい糸をたらして苦しそうな顔がたまらないよ
さ、もう挿れることにしよう
跨ってお尻をふりなさい…

959 : 【まじリアルナースですか?感じるところ未婚ですね】

960 : ああ…ん…!アナルに舌が入って…
ゃあん…変な感じぃ…
(お尻を大きく広げられて舌がねじ込まれて)
はい…
(にゅぶ…っ、と口からペニスを外してそのまま寝そべってる隆一様の上に跨り
亀頭をおまんこの襞にクチクチッ…と絡めて腰をゆっくり落として)
あ…ぁ、あぁ…あぅ…!太くて…はぁぁ…あん!奥まではいっちゃったぁ‥
(胸に両手を置いて腰をゆっくり動かしながら見つめてる)

961 : >>959
【リアルですよ】

962 : なつきの身体は全身性感帯だなあ… 一体どこが一番感じるかわからんよ
(お尻を掴んで前後に何度も往復させて)
仰け反れば上のポイントにあたるからやってみなさい
そこがいいはずだ、なつみも分かってるだろ…
(亀頭が擦れ、射精の一歩手前で堪えて顔が歪む)
ほら、もう時間だ… いくぞ!
ああっ… はぁはぁ

963 : >>961
【年とウエストはサバ読みかな】

964 : >>963
【どうしてそんなこと聞くんですか?そういうこと言われるとなんだか冷めちゃいます。誰かと間違えてるんじゃないですか】
なんだか冷めたから今日はここで落ちますね
失礼します

以下空室

965 : 予約します。

966 : 優花、お待たせ。
場所、ありがとね

967 : 来てくれて、ありがとう。
先日の月曜日は、ごめんね。
すれ違ってしまって、残念でした。

968 : 時間取れそうだったんだけど、急に予定がつかなくなっちゃったんだ
こっちこそ、ごめん
今日は、そこそこゆっくりできるよ^^
相変わらず寒いけど、体調崩してない?

969 : ううん、大丈夫。
会えて、嬉しい ♪
相変わらず、寒いけど、こちらの天気は良かった。
体調は、大丈夫だよ。
浩史は、大丈夫かな?
WiFiが安定しないの。
ID変わっちゃうかも。

970 : 俺も会えてうれしいよ^^
体調、問題なさそうでよかった
こっちも天気いいよ。
でも、同じで寒い…
体調は問題ないよ
ID変わっても、トリあるから大丈夫
今日は、お休み?

971 : 水曜日は、お休みだよ。
あたしだけ、お休みでごめんね。
あたし、アロマが大好きなの ♪
今はラベンダーがお気に入り。
浩史、アロマは?

972 : そっか^^
休めるのはいいことだよ
リラックスモードかな^^
アロマかぁ
あんまり詳しくないんだけど、近づいたとき甘い香りがするのは、ちょっと好きかも
ラベンダーは、落ち付く香だよね

973 : ジムでトレーニングしてきたよ。
リラックスと言うよりも、リフレッシュかな
そうだね、ラベンダーは落ち着く香だね。
寝る前とかに、マッサージすると、よく眠れちゃうの。
浩史を癒してあげるよ。
右手を借りてもいいかな?

974 : リフレッシュってなんかいいね
トレーニング、がんばってるねぇ
マッサージしながら寝ると気持ちいいよね〜
癒してくれるの?
じゃあ、お願い^^
(右手を差し出す)

975 : トレーニングで、今日も筋肉イジメてきたよ。
腹筋いい感じなの ♪
右手ありがとう。
じゃあ、まずはラベンダーのオイルつけて、
親指と小指の間に指を入れて、掌を拡げて指の根元をマッサージするね。

976 : イジメてきたの(笑)
やっぱ、ちょっとMっけありかな
お、オイルとは、けっこう本格的じゃない?
(指の根元をマッサージされて)
いい香り…
気持ちいいよ
上手だね^^

977 : あたしは、鍛えてあげると言うよりも、イジメてる感覚なの。
限界から、更に5回以上は続けるから…
かなり、ピクピクしちゃう。
ちょっぴりMっけなのかな?
目を閉じて、ゆっくり深呼吸してね。
(母子球の辺りを押してマッサージを続ける)

978 : ちょっぴりMかな^^
うん…ふぅーっ…
(目を閉じて、深呼吸を)
いいね…
(母子球の上を滑らかに指が滑っていく)

979 : なんだか、エロいね…
(オイルを足して、呼吸に合わせて、指圧していく)
寒いのにホカホカしてきた…
浩史…
あたし、癒してあげれてる?

980 : エロい?
出る言葉は、Hしてるときといっしょだね
ホカホカしてる?
ふふっ…
(少し微笑んで)
癒されてるよ…
こうして会えてるだけでも
優花のことも癒してあげたい…
脱がせていい?

981 : おっぱいえろえろ網茄子でーす

982 : うん、癒して欲しい…
服、脱がしてもいいよ…
浩史のこと、癒してあげれて良かった。
お互いもっと、癒しあおうよ…

983 : じゃあ、脱がすよ
(するすると服を脱がし下着だけの姿にして、自分も全部脱いでしまう)
癒しあおうね…いっぱい…
(ブラをとり、オイルのついた手で胸を揉んでいく)
オイルがついてるから、凄く滑らかだ…

984 : いっぱい、癒しあおう…
イイね、この言葉…
(服を脱がされて、ラベンダーの香がする手で胸を愛撫される)
なんだか、うっとりするね…
ここ、アロマのお部屋だから、ハーブバスに入ろうよ…
(浩史の手を引いて、ハーブのいい香のするバスへ移動する)

985 : ハーブバス、いいね
いこう…
(移動して、いい香りの立ち込める風呂場へ)
バスタブ、いっしょに入ろう
(手を取って、大きな浴槽に浸かる)
温かくて、気持ちいいよ

986 : 寒いから、なおさら温かくて気持ちいいね
(繋いでいた手に指を絡め)
浩史…
もっと癒してあげる…
(ハーブの優雅な香に誘われ)
ちゃぷ
(浩史の膝の上に跨り、対面する)
ちゅ…
(微笑むと、唇を重ねる)

987 : うん、癒して…
ちゅ…
(膝の上の優花の腰に手を回し引き寄せ、唇を重ねる)
俺も優花のこと癒してあげるよ…
んっ…
(舌を滑り込ませ、絡めて、再び胸を揉む)

988 : 浩史…
ちゅ…
(キスがディープになり、舌を絡めあうと、時々顔を離し、うっとりと見つめ合い、またキスをする)
浩史、好き…
(両手で顔を挟み、おでこをコツンと合わせる)

989 : (乳首を弄りつつ)
俺も好きだよ
(おでこを合せたまま)
俺にしか見せない、Hな優花を見せて…
(立ち上がり、硬くなり始めたものを顔の前に現し)

990 : 特別だよ…
(愛を交わすと見つめあい微笑み)
(目の前に現れた肉棒を両手で軽く握ると、上下に擦り、硬さを目の当たりにする)
硬いね…
美味しそう…
(擦っていた先端から透明な汁が滲み出ると、目を閉じて亀頭を口に含み、舌を絡める)

991 : 気持ちいいよ…
(上下に擦られ、硬さを増し)
っあ…
(口に含まれると快感に声を漏らして)
上手だよ…
(亀頭に舌先が走る感覚に酔い)
ねえ、目を合わせながら、つづけて
(優花の頭を撫でながら)

992 : 出たね、ちょっぴりSなとこ…
じゃあ、よく見ててね…
(ゆっくり目を開けると、見つめ合い、再び肉棒に舌を這わせると、見せつける様に勃起に舌を絡める)
うっとりしてるね…
気持ちいい?
(段々と恥ずかしさが増し、顔を赤らめながら、口をすぼめて、肉棒に吸い付く)

993 : ちょっとSだから^^
見てるよ…
(うっとりとした、表情で目を合わせ)
舌、イヤらしい…
(舌が肉棒に絡み付き、這い回る)
すごく興奮するよ…
(すぼめた口に、勃起した肉棒が吸い込まれ…)
はぁ…はぁ…
気持ちいい…

(やばい、すごく興奮してるよ)

994 : じゅる…
(しゃぶる水音が卑猥に漏れる)
っん…んぐっ…
(上目遣いに目をそらさずに、一気に喉奥まで飲み込む様に、根元まで肉棒を含む)
浩史、このまま出してもいいよ…
(肉棒の硬さが増し、亀頭がエラを張ると、スピードをあげ、卑猥な音を響かせながら必死にしゃぶりつく)

【あたしも、すごい興奮してるよ…】

995 : 優花、音もすごくヤラしい…
(水音が響いて)
そんなに激しくしたら…
(達しそうになるのを堪えながら)
ああっ…いく!
(激しい動きに、口の中で達してします)
気もち良すぎちゃうよ
(咥えられたまま、目を合わせて微笑み)
凄くよかった
(頭を撫でる)
今度は、優花のこと気持ちよくしてあげる
どうして欲しい?

(優花、すごくHだよ)

996 : 喜んでくれて、良かった。
(口内で達してしまった肉棒を愛おしそうに…)
(頭を撫でられると、ニッコリと微笑み)
浩史の全てが欲しい…
(仁王立ちの浩史を座らせて、再び膝の上に跨る)
ちゅ…
(見つめたままキスをする)

997 : ちゅ…
(再び、向かい合いキスをして)
俺の全て?
どうすれば、全部あげられるかな
(何度も、キスを繰り返し)
ちゅ…ちゅ…
(抱き寄せ、おでこ、頬、唇とキスをし見つめて)
(手を滑り込ませ、クリを弄る)
全部、受け止めてくれる?

998 : キスの嵐だ…
すごく嬉しい…
(微笑みとキスが絶え間なく降り注がれる)
全部欲しいの。
全て受け止めるから…
(膝の上で脚をM字に拡げて…)

999 : 受け止めてくれるんだね…
ありがとう
(M字に広げられた、中央を自分の肉棒で上下になぞり続け)
凄く、優花のここヌルヌルしてる…
(熱い先端が、割れ目を滑らかに上下して硬さを取り戻し)
いくよ…
(熱い入口に押し当て、優花の体を引き寄せ、中に根本まで飲み込まれて)
熱いよ…優花のなか…
とろけそう…

1000 : 全身全霊で愛して…
(見つめあったまま、奥深く繋がる)
あっ…
…んっ…
(首に手を回し引き寄せると、目をそらすこなく、ゆっくりと体を上下に動かす)
とろけちゃう…
すごく、いい…
もっとして…
(激しく体を揺らし肉棒を締め付ける)

1001 : このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

mmpnca
lud20160215005411ca
このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/sureh/1449328340/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | 動画:Youtube fc2 Tube8 xvideo pornhost >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「【癒し】ホテル☆アロマ 95【雑談・スレH】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->画像>2枚 」を見た人も見ています:
【GF】ガールフレンド(仮)三叙目 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>919枚
小学生のパンチラスレ 13人目 ©bbspink.com ->動画>51本->画像>384枚
【純真】女子小学生の胸ポチって最高【無垢】->動画>19本->画像>174枚
【こども】ロリコンさんいらっしゃい105【大好き】 ©bbspink.com ->動画>49本->画像>777枚
●●●みんくちゃんねる垢特定・公開板●●● Part4 ©bbspink.com ->->画像>506枚
札幌 vs 仙台 ->動画>4本->画像>10枚
私服姿の女子小中学生274着目 ©bbspink.com ->動画>28本->画像>1022枚
小学生のパンチラスレ 3人目->動画>38本->画像>738枚
あうロリ画像->->画像>126枚
スパッツ型スクール水着・競泳水着フェチ 2着目->動画>24本->画像>888枚
【Sleeping Beauty】昏睡レイプ動画を集めるスレ->動画>144本->画像>53枚
【渋谷】 路上・会場アンケート16 【新宿】 [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>2本
ここのパスわかる人いない?★51 ©bbspink.com ->->画像>60枚
【画像】vipあうろり部 ->->画像>135枚
最強の盗撮法->->画像>16枚
3次フルバック尻画像->->画像>372枚
【PC】デッドオアアライブ5LR MOD晒しスレ24 ©bbspink.com ->動画>2本->画像>245枚
スカートめくりの画像&動画->動画>60本->画像>73枚
【ロリ】新youtubeのちょっとエロいロリ動画 2 ©bbspink.com ->動画>44本->画像>35枚
【マイクロビキニ】日本人エロビキニ【シースルー】->->画像>61枚
lenfried XVII [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>28枚
【ロリ】YouTubeのちょっとエロい動画【チラ等】 4 ©bbspink.com ->動画>94本->画像>37枚
【画像】女の子って小学生の頃一度はこういうエッチな事したことあるの? [462593891]->->画像>13枚
女児モノ下着が好きなやつ 9->動画>2本->画像>85枚
ひっそりアウロリ画像スレ [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>3枚
【純粋な】個人撮影or流出かつ中出し【生殖・快楽】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>10本->画像>56枚
JSのマンコ触ってる画像唐驍
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart21【JS】->動画>29本->画像>389枚
お前らアウロリ放出したらガチで通報してくれる? ->->画像>87枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart17【JS】->動画>4本->画像>511枚
ロリ画像唐チたからよかったら抜いてね [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>15枚
☆川崎・南町メ[プ宴☆ part24 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>3枚
xvideosでガチ小学生のツルツルおまんこwww
父親が危篤状態の中で呑気にゲームボーイをしてる安倍晋三の写真が公開される [811370815]->動画>6本->画像>67枚
【こども】ロリコンさんいらっしゃい62【大好き】->動画>15本->画像>1001枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart12【JS】->動画>6本->画像>853枚
体操服・ジャージずぶ濡れ泥んこフェチ3->動画>5本->画像>14枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart11【JS】->動画>10本->画像>643枚
【下着女装】下着女装スレ1【専用】->->画像>60枚
今日保存した最高のすぐ消す画像を転載するスレ 2->動画>6本->画像>966枚
佐川急便の裏事情3->動画>6本->画像>11枚
【ゲイ】●オナニー用おかず画像143●【専用】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>14本->画像>735枚
【獣人】オスケモ・ケモショタ専用【ケモホモ】->動画>3本->画像>302枚
鈴木沙彩さんの肉体は灰になっても、ネット上では永遠に生き続けるんだね(´・ω・`)->動画>6本->画像>133枚
ちんぽの画像ください->動画>4本->画像>755枚
【イケメン】ゲイビデオモデル出演作品一覧 6【スター】->画像>58枚
ゆゆ式->->画像>250枚
孕ませるエロマンガスレその27->動画>3本->画像>371枚
真梨邑ケイ 濱田のり子 2->動画>4本->画像>28枚
女性を化け物に変えちゃうフェチ・9 ©bbspink.com ->動画>276本->画像>44枚
デブ小学生 1Kg->->画像>301枚
女の子に首輪をつけさせてるフェチ ©bbspink.com ->動画>2本->画像>63枚
オナニーしたいからあうろり画像くれ [無断転載禁止]©2ch.net
★★ わき・ワキ・脇・腋:パート158 ★★ [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>18本->画像>1057枚
母親、お母さん、ママのエッチな思い出 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>1枚
 【伝説再浮上】 岡本夏生 【ハイレグ】 ->動画>6本->画像>53枚
【るくなす】高橋佳代子さん4【アデランス】->動画>3本->画像>36枚
【下着】熟女のコスプレ【衣装】->動画>4本->画像>210枚
安枝瞳たんのスレッド☆4 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>12本->画像>383枚
粗チンで惨めな思いをする事に興奮する->->画像>9枚
小学生の無修正まんこ画像wwwwwwwwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>2枚
【xvideo】男の尻がよく映る男女もの【tube8】->動画>46本->画像>3枚
[有機]美少女アンドロイド:20号機[無機]->動画>5本->画像>59枚
【小中学生】♪美少女らいすっき♪ 364 【天てれ・子役・素人・ボゴOK】 ©2ch.net->動画>32本->画像>2969枚
【P常基本】現在流出してる女たち10【megaroのみ】->->画像>205枚
【喪無し限定】XVIDEOSの抜ける日本人動画 Part22 ©bbspink.com ->動画>253本->画像>14枚
08:31:35 up 2 days, 23:16, 4 users, load average: 1.71, 1.91, 2.02

in 0.063166856765747 sec @0.063166856765747@e11 on 052721