"朝日●●(●●市●●経営)"を名乗る人物へ:未成年を売春させることが犯罪です。
◎正当な理由による書き込みの削除について:1レス¥5000円 1スレ¥20000円の技術作業料が発生します。一回分だけの料金で当方管理下の全サイトで作業が実施されます。支払い方法はAmazonギフト券番号。連絡先は当サイトの登録emailへ。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/ice/1171384835/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1 :
名無しの車窓から
2007/02/14(水) 01:40:35 ID:ERey3cA+
割と誰でも知ってたり、
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
好事家は結構知ってたり、
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
詳細不明だが妙にカッコ良かったり、
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
よく分からないがとにかくすごい自信だったり、
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
もう辛抱たまらんかったり、
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

そんな禁断の変型機達を手当たり次第に掘り起こして
サイコーな奴を選べたらいいなぁ(´・ω・ω・`)
2 :
鈴木
2007/02/15(木) 00:44:41 ID:QFHN1sNP
まずは>>1氏投稿の私的説明を。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
米国Southern Pacificのキャブフォワード。
火室側から勘定して4-8-8-2。単式マレー。油焚き。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
米国Lima製、3台車Shay。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
ガーラット↓
http://users.powernet.co.uk/hamilton/pics6.html 出所のURLを明らかにするべきでは。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
米国3ft.ゲージの「グース」

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
米国のInspection Carと思います。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
オーストリア国鉄のGosdolf設計、4気筒過熱複式、2-12-0、1911年製
このサイトは珍型蒸気機関車専業

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
米国NYCのジェットエンジン車

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
米国B&Oのキャメルだが、火室の幅が狭く後ろに延びている古い形。Winnans設計。
無煙炭使用のための工夫。
3 :
鈴木
2007/02/15(木) 01:05:44 ID:QFHN1sNP
連投ですが、変形蒸気機関車入門サイトを(なお、>>2「Gosdolf」は「Golsdorf」に訂正)

http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/locoloco.htm
最も充実。

http://www.skyrocket.de/locomotive/
そこそこ

http://www.trainweb.org/nzgearedlocomotives/price.html
ニュージーランド林業用

http://www.ironhorse129.com/Prototype/MasonBogie/Mason_Bogie.htm
Mason ボギー

http://www.shaylocomotives.com/data/dataframe.htm
シェイ歯車式

http://www.climaxlocomotives.com/
クライマックス歯車式

http://users.powernet.co.uk/hamilton/source.html
ガーラット
4 :
元祖4番げったー ◆E999IQr1WQ
2007/02/15(木) 20:38:50 ID:pj7nhDPZ
4様

A-boyトレイン
5 :
名無しの車窓から
2007/02/16(金) 23:33:06 ID:ONHCbXpN
シェイとクライマックスが出てハイスラーが無いのは何故?
6 :
鈴木
2007/02/17(土) 00:05:21 ID:M6Yujvrs
>>5
ハイスラーの総合的なサイトが見つからないからです。
知ってたらよろしく。
http://www.steaminthewoods.com/Heisler/Heislers.htm
↑この程度ならあるんだけど、そこそこです。
7 :
2007/02/17(土) 03:07:02 ID:e2gwH1It
遅レスすんまそん。
新設板で人来るのか?と半信半疑で立てたので、
不親切満載のこっ恥ずかしい書き出しになり面目ないっス。
よく知らない人が来て、「おいおい、なんかおっかねーな」と思われないように
以後気を付けます(昔よく使ったなーこの台詞)。
ガーラットの出所はご指摘の通りでございますm(_ _)m

次からはこんな感じにしますかね、えーっと...

http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/swisselec/swisselc.htm
物件:スイスの電気式蒸気機関車???

解説:大戦中に石炭の供給が不足したんで、代わりに電気でお湯を沸そうってことになったらしい。
それなら素直に電気機関車を造れよって、ついツッコミを入れそうになるが、確かに
あの時代のスイスでは(見た目を無視すれば)蒸気機関車にパンタグラフとヒーター他を積んだ方が
安上がりで早かった(のか?)のだろう。



8 :
鈴木
2007/02/17(土) 10:19:57 ID:CrtzzRh+
>>1氏へ
色々ケチ付けしてすんまそん。
が、私好みのスレです。
このスイス機、電装品はブラウンボベリー社です。
http://homepages.cwi.nl/~dik/english/public_transport/odds_and_ends/tram.html
↑市電を引く写真も残されてる
9 :
2007/02/17(土) 19:40:58 ID:e2gwH1It
>>8
いやいや、何も言われないと調子に乗ってしまいますんで、
少し弄られる位が丁度いい湯加減かなと思ってます。
しかしアレですね...ど真ん中直球ストライクですわこのスイス機の編成。
見た瞬間鼻血吹いて卒倒しそうになりましたよw
フリーランスの鉄道模型とか遊園地のアトラクション等のはるか上をいってますな。
編成写真で久しぶりに爆笑しました、多謝多謝です。

10 :
名無しの車窓から
2007/02/18(日) 02:08:23 ID:uB3GEq+O
変形機なら火気を避ける場所で使われていた「無火機関車」も是非加えて欲しい。
11 :
鈴木
2007/02/18(日) 03:44:49 ID:OuXn+64i
http://www.rr-fallenflags.org/porter/porter-pd.html
ポーター社カタログより。
同社は米国ではFireless Locomotiveの有力メーカー。

http://www.flickr.com/photos/kotaroooo/346961353/
http://www.baum.com.au/Dr_J_Baum/cgi/hledat?klic=24080
↑はドイツ車
12 :
名無しの車窓から
2007/02/19(月) 19:04:30 ID:bGXZQqMw
無火機関車サンクス

後はフェアリーとか双合機関車かな?
それとラック式蒸気も
13 :
名無しの車窓から
2007/02/27(火) 04:52:50 ID:Kb/NTtUX
機芸出版の「特殊構造をもつ機関車とライブスチーム」に変形機関車が紹介されていますね。
改めて考えるとシェイとかガラットは変型機だったんですね。模型とか写真で見慣れていると
普通に思えてきます。 ところでトレビシックの機関車やロケット号やグラスホッパーは
変型機に含まれるのでしょうか?黎明期においては主流?だったようですが。
14 :
鈴木
2007/02/28(水) 01:20:53 ID:4FDHKAmZ
私がシェイやガーラットを知ったのは1960年頃発行の
機芸社、"鉄道車両401集、下"でした。当時の「変形機」の最右翼?

>ところでトレビシックの機関車やロケット号やグラスホッパーは
古典機をどう扱うのかは私も気になってました。
その他外見は普通だが、内部機構が変なのとかはスレ違い?
15 :
13
2007/03/01(木) 03:15:35 ID:9mNibYG9
>>14
ありがとうございます。古典機の扱いは気になりますね。1さんの意見はどうでしょう?
内部機構が変といいますとチェーン駆動の弁の3気筒スパム缶やPRRのポペットバルブ
等も含まれるのでしょうか?
16 :
鈴木
2007/03/01(木) 04:57:43 ID:7NRGLzo6
色関係では白いC56
http://www7.plala.or.jp/yu-betsu/tetudou-2.htm
が記録されてますが、

金色の
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
http://www.northeast.railfan.net/steam11.html
これも迫力アリです。
17 :
名無しの車窓から
2007/03/01(木) 07:18:47 ID:/7TLvjix
18 :
名無しの車窓から
2007/03/01(木) 10:46:06 ID:9CZwXoSd
イギリスの変形機といえばこれを見たときの衝撃が忘れられない。
http://www.lner.info/locos/Y/y1y3.shtml
歯車式で生意気にも二段変速付。
最高速度36.5mphは時速58キロなので、意外と速度も出せる?
でも快走しているところは見たくねえw

イラクに輸出もされている。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
19 :
名無しの車窓から
2007/03/01(木) 22:39:33 ID:XLpyi3Za
>>18
なんか見るからに壊れそうなデザイン

わしが一番衝撃を受けたのはこれかな
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/leader/leader.htm

実用性に乏しく、数年でアボーンされてしまったみたいだが、
蒸気機関車の未来形みたいなすごい形している。

これ、建築限界ぎりぎりじゃないのかしら
20 :
鈴木
2007/03/02(金) 00:41:54 ID:u05L2R0O
>>15
チェーン駆動の弁の3気筒、はBulleid氏の1941年の
ワルシャート弁3セットを油入りの箱に密封した機関車?

スパム缶、はどういうものか知識がありません。

PRRのポペットバルブ、は改変機は別として、ワルシャートを変形した
Stevart弁モーションで揺れカムを動かし、
給気弁のみならず、排気弁のタイミングをも運転手が独立制御可能なものと思います。
「FSSD」とか造語する本もあるが、
「Franklin(社 揺れ)Poppett弁」と称する物です。
21 :
鈴木
2007/03/02(金) 00:43:44 ID:u05L2R0O
>>18
http://www.kurogane-rail.jp/sabah/esbh-p03.html
↑はマレーシアのSentinel
http://www.lokomotive.de/lokomotivgeschichte/dokumente/SKF/d_skf_egypt.htm
↑は同じSentinel社の3気筒気動車。ボイラーがボギー台車に乗ってるので曲線で首振ります。
Sentinelの親玉は
http://home.freeuk.com/btnobbins/MUSEUM/LOCOLOCO/argmotor/argmotor.htm
↑ですね。

>>19
http://www.semg.org.uk/steam/leader_01.html
正面図でわかるように、ボイラーが中心線から偏ってます。
各ボギー台車に3気筒で計6気筒機関車。
22 :
鈴木
2007/03/02(金) 07:01:03 ID:MV5YSv0G
>>20
間違った事書いてしまいました。
PRRのFranklin Poppett弁は、
×排気弁のタイミングをも運転手が独立制御可能
○排気弁のタイミングは、普通のワルシャートのごとく給気弁のタイミング制御による不必要な影響を受けない

給気、排気の別個なカムは持ってるが、独立制御はしていないです。失礼しました。
23 :
名無しの車窓から
2007/03/02(金) 23:06:29 ID:w2opNZPv
>21
うわ!これらの蒸気モーター車両もすごいですね

世界的に全然普及しなかったのは
やはりデメリットだらけだったせい?

結局何処見てもオーソドックスな
普通の蒸気機関車が多いしな

日本でも蒸気タービンの機関車とか無かったような・・・


ライブスチームでこれらの変態機関車作る人とかいないんですかね
これらの動くメカニズムが興味深い
24 :
名無しの車窓から
2007/03/02(金) 23:42:34 ID:vSdzNRG+
Sentinelの垂直ボイラーギアロコは蒸気動車、
入替機あわせておそらく800両くらいは製造され、
英国植民地を中心に多くの国々で使用されているので、
全然普及しなかったというほどではない。
もちろん通常型に比べるとはるかに少ないけど。

戦前の朝鮮も輸入してたはず。
25 :
鈴木
2007/03/04(日) 22:23:15 ID:roBLbFPo
http://www.flickr.com/photos/kotaroooo/409864553/
エジプトのセンチネル機関車。
26 :
15
2007/03/06(火) 07:53:51 ID:AAGQnIFj
>>20,22
ありがとうございます。勉強になります。スパム缶というのは↓です。説明不足ですみません。
http://www.asterhobby.co.jp/CL04_01/detail.php?id=4
>>23
ライブスチームで機構を再現するのは興味深いですね。
27 :
鈴木
2007/03/06(火) 13:04:18 ID:o1GGs8Js
ありがとうございます。スパム缶と言うのはアスターの説明を読む限りでは外見の表現のような気がしました。
本機の弁機構を説明した良いサイトがありました。
http://www.locos-in-profile.co.uk/Bulleid_Society/master_frames/master_bv.html?Master=blackmoor_valve_gear.html
↑の中の「VALVE GEAR」ページに
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑があり、図中の、6、Chain wheel driving three-throw jockey shaft が
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑だと思います。これら全体が油漬けになってます。

高速で走らせると高速で油温が上昇して、油が飛び散り、
動輪に付いた油でスリップする問題があった、
とどこかで聞いた記憶があります。

英国のライブスチーマーは、特殊機構の作動に挑戦する傾向が強いですね。
ライブの本義は外見の精密化だの「運客」だのじゃなくて、
実物と同じ動作を模型で確認して喜ぶ事じゃないかと…作れない私が言うのも何だけど。
(非改行文失礼)
28 :
26
2007/03/07(水) 08:08:33 ID:B3I1xR4r
>>27
鈴木様 サイトを紹介していただき、ありがとうございます。勉強になります。
29 :
名無しの車窓から
2007/03/07(水) 18:17:48 ID:XDnYxelj
マイヤー(メイヤー?)型は?
30 :
鈴木
2007/03/07(水) 19:07:15 ID:Ls8I5f+U
メイヤーで最萌変型機と言えば
http://www.kitson-meyer.com/karamoja.html
↑Kitson-Meyer機はどでしょう。
ラック式関節機関車
31 :
名無しの車窓から
2007/03/07(水) 20:36:17 ID:EcXQmFLh
>>30
ウホ
実機も萌えるがGの模型もなかなか
32 :
鈴木
2007/03/08(木) 01:05:05 ID:UqwOkkp/
私は混乱しましたが、実は先程のキットソンのラック機は納入後数年でラックをはずされてます。

http://www.kitson-meyer.com/history.html
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑が納入直後のラック付きで、前台車に4気筒、後台車に2気筒、計6気筒付いてます。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
従って↑は、ラックはずし改造後の外見に近く
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑の図は後ろ台車がラック付きなので、私は腑に落ちない図です。
それともキットソンメイヤー製関節ラックに2種類あったのだろうか?
http://members.fortunecity.es/treneschilefotos/vapor/vapor-0083.html
蛇足ながら↑はラック無しで稼働中の姿と考えてます。
33 :
名無しの車窓から
2007/03/09(金) 04:22:29 ID:YO6Oz0fq
>>27
よくみたら実物とライブでは弁装置に違いがあるようですね。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
45mmで実物同様の構造を再現するのは難しそうですね。
>ライブの本義は外見の精密化だの「運客」だのじゃなくて、
実物と同じ動作を模型で確認して喜ぶ事じゃないかと…
自分も同感です。
34 :
鈴木
2007/03/09(金) 04:51:46 ID:7jlp0yQe
このアスターの説明図は見てませんでした。全体は不明ですが、
右下隅の側面図は多分中央気筒用弁装置と思います。 で

1、普通のワルシャートと違って、実物通り
第2動輪のたった1つのエキセン輪に
90度ずれた2つのテコのピンを使うことで全部こなしてます。(クロスヘッドの動きを採集していない)
2、普通の模型なら外側給気が簡単なのにわざわざ内側給気にしている。
と言うわけで、目に見えない部分に手をかけた製品に見えました。
35 :
名無しの車窓から
2007/03/09(金) 10:55:06 ID:sWM1STjj
test
36 :
鈴木
2007/03/09(金) 13:15:49 ID:+j7wsuX3
>>32 自己訂正レスです。
その後機関車に詳しい人からキットソンメイヤーのラック機について
下記の教示を受け私は納得しました。

「キットソンメイヤー・ラック機関車は当初、
前部台車は粘着式でラックピニオンなし、
後部台車に2個のラックピニオンで提案されていました。
ところが急勾配でのスリップを懸念する納入先の声に応えて前部台車にも
ラックピニオンと駆動用のシリンダーを追加してCTRに納入された経緯があります。

その後の改造で前部台車のラックピニオンとシリンダーのみを取った訳ですから、
図面に後部台車のラックピニオンが描かれていても不思議はないし、
2種類存在したわけでもない。
後部台車は1貫してラックのみです。従って後部台車の車輪は単なるひきずりです。
後部シリンダーからのメインロッド、メインロッドは
ラック軸のクランクに掛かっているだけです」
37 :
鈴木
2007/03/11(日) 10:02:56 ID:yS6oEAJD
Kitson-Still機関車はどうでしょう。
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/kitson/kitsonst.htm
Still社のエンジンは、1つの気筒に1つのピストンで
@シリンダヘッド側はディゼルエンジン(水冷ジャケット付き)。
Aクロスヘッド側は蒸気エンジン(水冷ジャケット無し)。
@の排熱を蒸気ボイラーに供給して経済的。
動輪直結ディゼルエンジン(クラッチや変速歯車は無い)では発進出来ないので、
発進時はAを使う。
@Aの同時使用も@だけAだけの使用も可能。
蒸気ボイラーの燃料はディゼルと共用。
Kitson-Still機関車はこの気筒を4気筒×2=8気筒の水平対向エンジンにして、
ボイラーと主台車の隙間に押し込んだ。

Kitson-Still機関車は不況時代で採用鉄道が無く
伝統を誇るKitson社自体、間もなく機関車製造全体を止めた。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑の絵図で、上段の機関車は
Schneider社の計画したStill-Schneiderです。
http://www.flickr.com/photos/kotaroooo/416935134/
Still-Schneider機関車のタテ形エンジンですが多分未実現です。
38 :
名無しの車窓から
2007/03/11(日) 11:00:03 ID:nC8jkhal
Still社のエンジンは、1つの気筒に1つのピストンで
@シリンダヘッド側はディゼルエンジン(水冷ジャケット付き)。
Aクロスヘッド側は蒸気エンジン(水冷ジャケット無し)。
は誤解を生む表現ですね。
図面などを見ずに、これを読んでギョッとしました。
水平対向8気筒で納得しましたが。
39 :
鈴木
2007/03/11(日) 13:17:19 ID:BMeBbHWg
>>38
文章で説明すると、こうなっちゃうのですが、
もっと解り易い説明文があれば、お願いします。
40 :
名無しの車窓から
2007/03/11(日) 13:31:14 ID:n0pPp/J6
ディーゼルエンジンは余熱されたシリンダー内の燃料を圧縮して自然発火してエネルギーを生み出す。
つまり静止状態からの始動は大きなエネルギーを必要として苦手とする。
だからボイラーの真下に置いてシリンダーを暖めるし、蒸気シリンダーの力で始動させりャあいい!


・・・始動の仕組みを改善したディーゼルエンジンを開発したほうがもっといいw
厳冬期の北海道など深夜も気動車のエンジンをかけっぱなしにさせた話を思い出させますね。
バッテリーが弱かったから早朝に冷えたエンジンの始動に失敗したときのリスクが怖かった。



41 :
名無しの車窓から
2007/03/11(日) 15:26:26 ID:KYCy290U
>38,39
それに煙室寄り(鈴木さんの言われるシリンダーヘッド側)は全てディーゼル、
キャブ寄り(同クロスヘッド側)は全て蒸気であるような解釈は間違っていませんか?
LOCOLOCOの解説では4インナー・シリンダーが蒸気、4アウトサイド・シリンダーが
ディーゼルとなっています。
この配置のほうがハイブリッドの理にかなっているようにも思います。

説明するなら「Still社のエンジンは水平対向8気筒のうち、外側4気筒がディーゼル、
内側4気筒が蒸気である」とでも。
42 :
鈴木
2007/03/11(日) 16:59:53 ID:U4/gURBe
>>41
この機関車は煙室側からキャブ側に向かって順番に、
気筒ヘッド(Diesel)→気筒クロスヘッド側(Steam)→気筒クロスヘッド側(Steam)→気筒ヘッド(Diesel)
の順に並んでます。

Kitson機関車のエンジン全体は水平対向8気筒複動式ですが、
Stillエンジンのキモは同一気筒内に内燃&外燃が居るという事なので
どうしても1気筒あたりの説明が必要でした。
私は蒸気は「クロスヘッド側」と表現しましたが「クランク側」でもいいと思います。

通常の機関車なら気筒ヘッドと言えば機関車前方を指すようですが、
Kitson-Still機関車は気筒ヘッドが前方と後方にありますから、
キャブ側にも気筒ヘッドがあります。
つまり私とLOCOLOCOの理解は同じです。

あなたの
「4インナー・シリンダーが蒸気、4アウトサイド・シリンダー」と言う書き方をすると
「4インナー・シリンダー」とは車体中心線寄りシリンダー
「4アウトサイド・シリンダー」とは車体側面寄りシリンダーの意味に誤解される恐れがあります。
43 :
名無しの車窓から
2007/03/11(日) 17:31:59 ID:KYCy290U
>42
すみません。わたしの理解不足・勘違いでした。
http://www.lner.info/locos/IC/kitson.shtml
↑のページで次の記述がありました。
The basic principle was that of a diesel engine with double acting pistons. One side of the pistons was diesel, and the other side was operated by steam.
鈴木さんのおっしゃる通りです。
44 :
鈴木
2007/03/11(日) 18:52:32 ID:oUeDzk+h
>>43
意見が一致してなによりです。
今後ともよろしくお願いします。

蛇足ながら
Kitson-Stillのディゼルは4サイクルだが、
Schneider-Still(計画)のディゼルは2サイクルでした。

Still機関車をはっきり名乗る完成確認機関車はKitson-Still式のみなんですが、
1939年〜1948年にかけてソ連で作られた大型変形機関車で
Maizel機関車と言うのがあり、これは原理的にStillエンジンだ、と主張する人がいます。
ただし蒸気ボイラー燃料は石炭。
http://www.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=1250
http://www.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=1251
http://www.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=1252
↑の中に混じってるかも知れません。(未確認)
45 :
名無しの車窓から
2007/03/11(日) 20:46:08 ID:KYCy290U
>44
こちらこそよろしくお願いします。
LOCOLOCOの記述がまさしく「4インナー・シリンダーが蒸気、4アウトサイド・シリンダーがディーゼル」と
あったので車体中心線寄りシリンダーと車体側面寄りシリンダーという誤った解釈をしてしまいました。
鈴木さんのご賢察の通りです。
46 :
33
2007/03/13(火) 05:13:31 ID:6hK+WVN+
>>34
鈴木様、判り易い解説を戴きありがとうございます。
同じ1枚の図面でもベテランの方が見ると多くの情報を読み取れるのですね。
勉強になります。
47 :
鈴木
2007/03/13(火) 14:55:46 ID:on/UmI+m
ソ連のMaizel機関車の内、
http://www.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=1250
↑に関しては
1940年製、8気筒、煙突は第4動輪と第5動輪の中間付近。
燃料は粉炭(テンダー内で石炭粉砕)をボイラーに供給し、
さらにこの粉炭からガスをテンダー内で作り出しディゼルエンジンの燃料に使う、とあります。

ソ連共産党政権時代の秘密資料の発掘が進めばもう少し詳しくわかるかも知れません。
1980年代だか1970年代だったか月刊トレイン誌に
ソ連のMaizel機関車を3両程度32mmゲージで作った写真が紹介されてました。
当時は私も理解出来ませんでしたが、トレイン誌の解説もそこそこの程度だった記憶があります。
48 :
名無しの車窓から
2007/03/16(金) 04:27:02 ID:y62B+scT
ソ連は西側のデッドコピーを作っていたと思っていましたが、独創的な機関車も作っていたのですね。
固体燃料からガスを生成して内燃機関の燃料にする方法は戦時中の代燃車を連想しました。
最近の石炭火力発電もガス化してガスタービン、蒸気タービンの複合サイクルで発電しているようですね。
ガス化のユニットを小型化すれば次世代の蒸気機関車?若しくは蒸気動車ができるかも知れないと妄想してしまいました。
49 :
鈴木
2007/03/18(日) 01:47:20 ID:0Zw+UKBX
http://www.flickr.com/photos/kotaroooo/69598685/
Traction Increaser。
内側気筒だから見えないが、気筒は第1動輪に結ばれています。
カップリングロッドは無いので第2動輪に見える大径車輪はフリー。
ただし、ここ一番の時だけ第1動輪との間の小径ローラーを引き上げて食い込ませると
第2動輪としての働きをします。
「第2動輪」の右下にバランスウェイト状の物がついてるが、なぜついてるのか?理由が解りません。

フランシス Webbの作品。
Webb氏は有名鉄道の会社の技師長の割には奇抜な機関車を他にも作ってます。
50 :
名無しの車窓から
2007/03/18(日) 21:34:55 ID:waqoxKvT
51 :
鈴木
2007/03/23(金) 10:37:33 ID:5aoxS0vP
スエーデンのユングストローム式タービン機関車
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
出所忘れ
52 :
名無しの車窓から
2007/03/27(火) 18:04:18 ID:tlSyFC7+
>>7-8
SBB (スイス国鉄)の E3/3は、名古屋模型鉄道クラブの鈴木茂臣氏が、スイスから取り寄せた資料で
模型化していますね。(先日発売の『とれいん』 2007年4月号 p.44にも紹介されていました)
http://www.mirai.ne.jp/~eurocity/japanese/jsbbe33.html



あ、もしや鈴木さんって…?
53 :
鈴木
2007/03/27(火) 19:42:33 ID:BHqKAOrd
いや、茂臣氏のような良い模型をは作れない鈴木です。
この改造した電気→蒸気機関車の結果は、
元の純正蒸気機関車に比べて出力で劣ったが
冷水状態からの機関車の発進にまでに必要とする時間は元の機関車の半分だったそうです。
使用電気はAC.15,000V/16.67サイクル。
電気の調整装置は無くON/OFFスィッチだけだったそうです。

スイスは戦後間もなく電気&ハズミ車の入れ替え用凸電も作ってますね。
非電化の引きこみ線に入る時はハズミ車に蓄えた力で、と。
54 :
名無しの車窓から
2007/03/27(火) 21:05:37 ID:ctroCifT
変型というのは、外観ですか?それとも内部ですか?
55 :
名無しの車窓から
2007/03/29(木) 00:46:58 ID:/MAy7meD
>>53
少し詳しく御教授戴きたいのですが、
蒸気を電気で発生させると早く沸騰するのでしょうか?
出力が弱くなるというのは蒸気の供給が追いつかないからでしょうか?
それともスーパーヒーターがなくて高温、高圧の蒸気を発生する事が出来ないからでしょうか?
素人的な質問ですみません。
>>54
自分も気になります。
56 :
名無しの車窓から
2007/03/29(木) 00:50:42 ID:Yw2oG5Jv
>>54
良くわからんが
たぶん機構だと思うが
57 :
鈴木
2007/03/29(木) 08:25:34 ID:VDS9mSy9
>>55
理系の勉強をしたことが無いので、間違っていたら訂正して下さい。
石炭を使う場合は、紙かボロ布→木切れ→石炭の順に点火し、
8分通り湯だって来たら火床に誘引通風を効かせる、
という準備に時間がかかる、という意味と思います。
「出力が弱くなるというのは」
1、石炭に比べて、設置した電熱線が生み出す時間当たり熱量が少ない
2、スーパーヒーターは大改造すれば電熱線の脇にそれを設置すれば可能なんでしょうが、
多分そこまではやっていないんじゃないか、と思ってます。
単純に大煙管内のスーパーヒーターをはずしてその部分に電熱線を突っ込んだんじゃないか、
と思ってるんですが、確認はしてないです。

実は、本機は電気走行以外に石炭走行も出来るような気がするんですが、
英文の解説読み取りに自信がないのです。
仮に石炭走行も出来るとしたら、
ア、石炭走行中は電熱線を設置した大煙管内に石炭燃焼ガスが通らないように
蓋をするのか?そんな事気にせず電熱線を煤まみれにしてるのか?
イ、石炭走行用の煙管過熱器も数本だけ残して使ってるのか
等解らない事が沢山あります。

私の説明は英国の月刊誌"The Locomotive"1946年1月号に依拠してます。
1ページ弱の解説ですが、要点だけ書いてあるのでタメになります。
ただし書いた姿勢はブラウンボベリー社の立場のようです。国会図書館在庫です。

>>54
過疎スレなので特段の苦情が無い限り、外観でも内部でも、
面白いネタがあればいいんじゃないでしょうか?
http://railpictures.net/viewphoto.php?id=100067
↑パンタが付いてるので自走可と思うが、
自走不能の除雪車だとしたら、スレ違いで取り消しします。
ペンシルバニア鉄道、GG1の切り身
58 :
鈴木
2007/03/29(木) 12:08:50 ID:ZHJ4QZG8
>>57
あと、電気走行中は
1、すべての煙管を塞いで、缶の通気をゼロにする。(隙間風をなくし放熱を減らすため)
2、ブラストノズルはなくし、排気はそのまんまモワーッと煙突から出す(気筒の排気の負圧を無くすため)
の方が良いはずですが、一時的な改造だからそこまでやらなかったんじゃないかと思います。
59 :
55
2007/03/30(金) 08:05:28 ID:XtcFmQRZ
>>57-58
鈴木様
御教授戴き有難うございます。勉強になります。
60 :
名無しの車窓から
2007/04/01(日) 22:31:47 ID:/Zc5dGy6
>>57
>GG1の切り身

これはひどいw
なんかの博物館とかに置いてあるのかな。

日本で言うとEF58を真っ二つにして
入れ替え用とかに改造したようなものか。
切り継ぎとかはよくあるけど、
真っ二つにするのは日本だと余り例が無いような。
61 :
名無しの車窓から
2007/04/03(火) 00:16:37 ID:5cVBRQ0Q
>真っ二つにするのは日本だと余り例が無いような。

蒸機では無いからスレ違いかも知れないが、西大寺鉄道(3フィートナロー)で
ボギーの気動車を2輌の2軸車に分けた例が有ったかと
62 :
鈴木
2007/04/03(火) 01:04:57 ID:DG+/Mx/K
http://www.accpf.cl/html/gal/img/trasandino-3.html
http://www.accpf.cl/html/gal/fctc.html
ここにも有りました。チリのキットソン製メイヤー式ラック機関車の勇ましい姿。
同時期の対抗馬、チリ向け、エスリンゲン製も探してるのですが、こっちは見つかりません。
>>61 スレタイは「蒸機限定」とは書いてないようです。
63 :
名無しの車窓から
2007/04/07(土) 01:39:45 ID:0rTqUeRK
TRのラック式Kitson-Meyerですが、チリ区間向けの3両、
アルゼンチン区間向けの6両が存在しました。
6気筒に十分な蒸気を送るにはボイラーの蒸発能力が不足しており、
前部(粘着)台車のラック機構は1911年に取り外されました。
アルゼンチン向け最後の2両は最初からラック機構は後部台車のみの4気筒で製造されました。

エスリンゲンの0-6-8-0は前部台車がラックのみ、後部が粘着のみですが、
Kitson-Meyerと異なり後部は固定台枠の半関節型で、前部低圧、後部高圧の複式でした。
文献によってマレーとされたり、単にSemi-Articulatedとされたりではっきりしません。
半関節のせいもあるのか、Kitson-Meyerに比べて曲線通過性能が低く、2両の導入で終わりました。

エスリンゲンでもイタリアのSaronno工場で作られたのがチリの海港Aricaと、
ボリビアの首都La Pazを結ぶArica-La Paz鉄道(メーターゲージ)の0-4-10-0です。
これも前部ラック、後部粘着の半関節機ですが、シリンダサイズは前後同じで単式だったものと思われます。
ラック式単式マレーと呼んでよいのでしょうか。

ラック式マレーでは他にウィーン機関車工場製、ボスニアのナローゲージ(760mm)向け0-4-6-0(複式)が2両ありました。

ラック台車と粘着台車を分けるアイデアは、特にスペースの制約が大きい狭軌において、
気筒の配置やロッド類のデザインに有利だったのかもしれませんが、
必然的に大型化し、特に粘着運転時は大きな死重を抱えることになるので、
あまり普及しなかったのだろうと思われます。

これらの写真は手元の文献にはあるのですが、
著作権切れになっていないのでアップは出来ません。
Webではいろいろ探しましたが見つかりませんね。
64 :
鈴木
2007/04/07(土) 02:04:01 ID:Z17kfp4R
>>63
「エスリンゲンの0-6-8-0」
は1910年に崖から転落して、「ほったらかし、その後土砂に埋もれたはず」
のが有るはずと言う事で、近年鉄オタが土砂をほじくったが未だ見つからないそうです。
(出典、Locomotive International、2004年8,9月)

「ボスニアのナローゲージ(760mm)向け0-4-6-0」とは
http://www.angelfire.com/co3/drustvo/Cira/Cira.html
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑これの事じゃないでしょうか?
65 :
鈴木
2007/04/07(土) 02:07:22 ID:Z17kfp4R
>>64
最初のURL内の
「196-001 Mallet system rack locomotive originate from BHStB.」
の説明機関車です。
2つ目のURLは×



66 :
名無しの車窓から
2007/04/07(土) 02:45:21 ID:0rTqUeRK
>>64
Kiton Meyer Articulated Locomotives, Binns, Trackside Pub., 2003によると、
0-6-8-0は
CTR 10→チリ国鉄3350、1908年製 Wno. 3477が1963年まで使用、故障により放置後、1977年解体
CTR 11→チリ国鉄3351、1911年製 Wno. 3623が1940年代に事故で破壊とあります。
事故の年代がかなり違いますが埋もれているのは後者でしょうか。

ボスニアのマレーはその通りです。
2つ目のURLの185型はKlose式半関節機ですね。
他にもKlose
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

※191-001の説明で軸配置1D1とありますが、E1が正しいと思われます。

Hagans
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

Mallet rack
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

とボスニアのナローは変型機の宝庫です。
67 :
名無しの車窓から
2007/04/07(土) 04:16:37 ID:0rTqUeRK
Aveling & Porterのギアロコもかなりステキです。
蒸気自動車の製造が主力ですが、単気筒またはニ気筒複式の
2-2-0や0-4-0を英国ケント地方のセメント専用線に40両ほど供給。

単気筒2-2-0
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

ニ気筒複式0-4-0
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
68 :
鈴木
2007/04/07(土) 11:12:29 ID:Dg6oI/dO
関節機ではないが、曲線で動輪クネクネする
クローゼ式のラック機関車もどこかにありました。
69 :
名無しの車窓から
2007/04/13(金) 04:55:19 ID:fi9oA+rT
>>67
以前、科学教材社で売っていたベビーエレファント号を思い出しました。
ちなみに蒸気自動車というのはトラクションエンジンでしょうか?それとも
スタンレースチーマーのようなタイプでしょうか?
70 :
名無しの車窓から
2007/04/13(金) 15:40:27 ID:BUkcHwgO
>>69
トラクションエンジンですね。
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&um=1&hl=ja&safe=off&rls=GGLG%2CGGLG%3A2006-40%2CGGLG%3Aja&q=Aveling+%26+Porter+steam+wagon

要は一番左上の奴の車輪を鉄道用に履き替えて機関車にしてたんだな。
71 :
名無しの車窓から
2007/04/14(土) 02:49:57 ID:fMgQIdOd
スイスRhBの関節型(メイヤー?)自走蒸気ロータリー車
http://www.railpix-ch.de/4images/details.php?image_id=541&mode=search&sessionid=84449be2b2f906afecd4d35b4a4774a1
72 :
69
2007/04/15(日) 02:51:52 ID:Ku8+oBwx
>>70
ありがとうございます。
73 :
名無しの車窓から
2007/04/23(月) 03:00:31 ID:pYcUsUFL
国内でも圧縮空気式の機関車が使用されていたそうですが、その辺りの資料はあるでしょうか?
74 :
名無しの車窓から
2007/04/23(月) 05:25:29 ID:wqy0Ftxk
島根県のみなさん、パチンコをするなら、

  優良パチンコ店 エ○ト○ン

に行こう! 遠隔(※1)をやっていないパチンコ店は「エ○ト○ン」だけ!
違法ロム(※2)を使っていないパチンコ店も「エ○ト○ン」だけ!
エ○ト○ンでは、遠隔等が可能な設備は入れていません。 ロムも、警察がチェックしやすくしています。

詳しい方はご存知の通り、どんなにパチンコの遊戯人口が変動しても、その市場規模は変わりません(※3)。
要するに、客が減っても、残った客から絞り盗る量を増やして調整しているのです。
しかし、何故それが可能なのか?…ご理解頂けると思いますが、9割以上の店が確実に遠隔等を行ってます。
1万店以上のパチンコ店の中で、遠隔も違法ロムも確実にやってないのは「エ○ト○ン」ただ1店です!

※1…遠隔とは
 「お、あの客は新顔だな。勝たせて味を占めさせるか。遠隔操作で設定変更しよ」
 「客が減ってきたな。ま、設定を絞めて(違法)、1人あたりから搾る量を増やせばいいか」
 「あのオヤジ負け続けてるからそろそろ辞めるかもな。今日は勝たせてやるか」

※2…違法ロムとは
 「うちのアタリ確率は、もちろん他と同じ『○○○分の1』ですよ!(ロムいじってるからウソだけど)」

※3       市場規模   遊戯人口
 平成06年 30兆4,780億円 2,930万人
 平成08年 30兆0,630億円 2,760万人
 平成10年 28兆0,570億円 1,980万人
 平成12年 28兆6,970億円 2,020万人
 平成14年 29兆2,250億円 2,170万人
 平成16年 29兆4,860億円 1,790万人
75 :
名無しの車窓から
2007/04/23(月) 13:07:45 ID:JuIX3zmb
ファイアレスエンジンじゃなくて?
カラーブックス「蒸気機関車」広田尚敬著に
横浜の鶴見かどっかのシェル石油の無火機関車が載ってたな。
板違い失礼。
76 :
鈴木
2007/04/23(月) 14:19:23 ID:pQJNM7Vg
77 :
名無しの車窓から
2007/04/23(月) 17:39:47 ID:vUWzEdGS
エアーロコは直方市石炭記念館や田川市石炭・歴史博物館に展示されています。
同じタイプのものがJTBキャンブックス「全国鉱山鉄道」にも載っていました。
http://railphotos.sitejp.com/todayspic/2002/05/18.html
http://www.joho.tagawa.fukuoka.jp/sekitan/tenji-04.htm

「鉄道史料」20号には汽車会社製エアーロコの組立図と解説が載ってます。
これはタンクに魚雷ボンベを3本使用し、充填圧200kg/cm^2と高圧のようです。

また、PorterとEimcoのカタログ、マニュアルや写真がこちらに。
http://www.narrowgaugechaos.com/RPC/images/Porter/PorterIndex.htm
http://www.narrowgaugechaos.com/RPC/images/Eimco/EimcoIndex.htm

78 :
73
2007/04/24(火) 05:02:04 ID:G15imeYd
>>75-77
ありがとうございます。御親切に感謝します。
79 :
鈴木
2007/04/24(火) 10:11:53 ID:cXyxR9Wb
http://railphotos.sitejp.com/todayspic/2002/05/18.html
↑自走距離は『400米程度/回』とは随分少ないですね。

http://www.amtuir.org/03_htu_generale/htu_3_1891_1899/images/vcy001.htm
↑はフランスで使われた空気市電
80 :
名無しの車窓から
2007/04/24(火) 14:19:50 ID:KLHFnCXJ
この説明によると、直方市石炭記念館のエアーロコの充填圧は5-7瓩と低圧です。
自走距離が短いのも頷けるのでは。
http://www5.pf-x.net/~tamisan/Sharyou/40Fukuoka/4006Nougata/Nougata.html

こちら、田川市石炭・歴史博物館のピンクに塗られた展示品と同一機と思われます。
http://sts.kahaku.go.jp/sts/detail.php?18=&key=100910281329&APage=349
81 :
名無しの車窓から
2007/04/24(火) 14:51:19 ID:jgpt58In
ソフトバンク携帯について

この携帯は「全然つながらないから解約しようとしたら、6万請求された」とよく聞く(※)。
(つながりにくい理由は、ソフトバンクが使用する周波数が建物に弱いこと等、色々)
そして、各種プランが良くないが、ホワイトプランが特に良くない。
携帯のメーカーの数で考えて「友人の4分の1くらいは持ってる?」と考えがちだが…

  ソフトバンク携帯を持つのは 約300人 に 1人。

300人の友人がいても、確率的にはそのうち1人しか無料にならない。(契約数/日本人口で計算)
その1人以外の通信料はすべて、他社の約2倍。1日たった7分でも月に1万円を超える。

トップが朝鮮人だからとは言わないが、日本人の客の満足度を真剣に考えてるとは思えない。
つながりにくいことにも、予想以上に金がかかることにも、解約金にも、すべて「後から」気づく。
「金さえとれば後で文句を言われてもOK」とも感じるので、気をつけて欲しい。

※…新聞記事は「0円携帯 解約に6万円 県、ソフトバンクに改善要望」で検索
  ↓ついでに。カモにされてるのは、ソフトバンク株を買ってる者も同じだった…
  http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1176891847/
82 :
鈴木
2007/04/24(火) 22:22:42 ID:koLdQ7+Y
>>79 URL書くの失敗しました。
http://www.amtuir.org/03_htu_generale/htu_3_1891_1899/htu_3.htm
↑の中に空気市電が含まれてます。

http://www.ville-cusset.fr/culture/tramway/tram1.htm
↑の上半分も空気市電。
パリかどうか解らないが
83 :
78
2007/04/28(土) 14:28:26 ID:bmYOYzWz
>>80,82
ありがとうございます。勉強になります。
84 :
名無しの車窓から
2007/05/05(土) 15:26:41 ID:4Akyj9TD
ここでひとやすみ。水力鉄道?

http://www.pell.portland.or.us/~efbrazil/itatinga.html
85 :
名無しの車窓から
2007/05/05(土) 16:39:30 ID:yExYe4m/
そういや昔16番で電熱蒸気作った人いましたね。ボイラ内に煙管のかわりに
抵抗を入れてお湯沸かして。
86 :
鈴木
2007/05/05(土) 19:19:18 ID:ntQtkx7k
そういや昔ライオネル製品で、
ドライアイスで走らすライブスチーム(?)製品存在したような気もします。
87 :
名無しの車窓から
2007/05/05(土) 20:23:17 ID:ARXTNEXn
>>84
>水力鉄道?
どういう意味でしょうか?
ご紹介の鉄道はナローの電軌ではないですか。
88 :
鈴木
2007/05/06(日) 00:05:30 ID:JlkW2lN6
水力発電所鉄道のミスタイプと推測
89 :
名無しの車窓から
2007/05/06(日) 05:43:00 ID:J0viikhH
>>85
16番の電熱ライブはTMSに掲載されていた気がしますが何号でしたでしょう?
また、今でも作っている方がいらっしゃるようですね。
http://www.geocities.jp/ho_livesteam/
また、ホーンビィから販売されていて、メディカルアートで取り扱っているようです。
ガス焚きの物は、TMS:319号で紹介され、後に京都のマツモト模型から発売されていました。
当時はシリンダが真鍮でピストンが燐青銅でしたが、近年、16番ライブを作られた方は
オイルレス使用の為、テフロンを使用されているようです。
そういえば、学研の大人の科学の付録についていた蒸気エンジンもテフロン製だった気がします。
>>86
ドライアイスで走るというのは興味深いです。以前、フリーフライトの模型飛行機用に
ガスリバン製のCO2エンジン(ユニフロー単動式)という物がありましたが、気になります。
90 :
名無しの車窓から
2007/05/12(土) 12:50:51 ID:6AXlhgnN
>>84
マイナーで知る人ぞ知る・・・だが
内情は電車と電気機関車だな

ただ本物の水力鉄道もあるぜ
探してみな
まあ正しくは水の重量を使用した鉄道ではあるが
91 :
鈴木
2007/05/12(土) 15:26:15 ID:cQgXBZut
http://www.gearedsteam.com/other/other_stuv.htm
↑面倒抜きにこの辺、中々
92 :
名無しの車窓から
2007/05/12(土) 18:04:56 ID:a/4aZc1R
>>84>>90
この鉄道はGoogle Earthで確認できますよ。

>ただ本物の水力鉄道もあるぜ
高知県にもありますね。



93 :
名無しの車窓から
2007/05/12(土) 18:35:34 ID:a/4aZc1R
94 :
名無しの車窓から
2007/05/12(土) 20:47:06 ID:6AXlhgnN
>>84
ついでだから映像も紹介しとこうか
3分半杉くらいからエエムードだよ
http://video.google.com/videoplay?docid=-8204723761590413778
95 :
鈴木
2007/05/13(日) 01:40:00 ID:txliSN/T
http://www.irsociety.co.uk/Archives/19/Dedicated.htm
ロコモティブクレーンは日本も作ったし、少なからずある。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
Avonside製のこれは煙突中心にクレーンが回転するのが、少しだけ目を引きます。
96 :
鈴木
2007/05/13(日) 01:42:26 ID:txliSN/T
>>95 失敗。↓でした。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
97 :
名無しの車窓から
2007/05/13(日) 03:39:13 ID:96hpLiVX
ここの住人でどきどき魔女神判のスレ見ている人何人ぐらいいるの?
http://www.dokimajo.com/
↑公式ほむぺ 当初、魔女裁判というタイトルだったのですが、神判になったそうです。
98 :
名無しの車窓から
2007/05/13(日) 14:13:48 ID:eotvQ4eR
>97
擦れ違いなのわかるけど、公式頁になんで中文版まであるんだ?
日中同時発売? こんなタイトルが……。
99 :
名無しの車窓から
2007/05/14(月) 07:16:52 ID:6PbI4hqR
だれか余所のスレに書いたでしょ。

【Nゲージ】蒸気機関車専用スレッド その10
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/gage/1173628324/553

だめじゃない、一般の蒸機ファンを誘惑しちゃw
100 :
名無しの車窓から
2007/05/17(木) 02:52:11 ID:FtTDlD8q
【DS】どきどき魔女裁判!(仮)【SNK】
http://game12.2ch.net/test/read.cgi/gal/1160905735/
だめじゃない、一般のヲタを誘惑しちゃw
101 :
鈴木
2007/05/17(木) 16:31:49 ID:36AOWeRP
102 :
鈴木
2007/05/17(木) 16:37:26 ID:36AOWeRP
103 :
鈴木
2007/05/24(木) 23:31:20 ID:mGaTjblp
http://www.prov.vic.gov.au/images/12800/12800-00001-000111-540.asp
http://www.prov.vic.gov.au/images/12800/12800-00001-000005-160.asp
走行用車輪にフランジが全く付いてない例。
斜め横に取り付けたフランジ専用車輪で脱線を防いでいる。
本機はオーストラリアの木製線路用です。
104 :
名無しの車窓から
2007/05/27(日) 11:53:31 ID:754NZwcN
世の中には変わった形式の機関車が多々あるのですね。逆説的ですが、今、こうして変型機として
認識されている機関車も例えば、山岳地帯で急勾配、急カーブばかりの環境が特殊ではなく、
一般的であったなら、主流になっていたかもしれませんね。
105 :
名無しの車窓から
2007/05/27(日) 13:21:48 ID:kevhzOWI
まぁ、そういう機関車を投入しなきゃならんような地形のところは、
できるだけ避けて路線を建設するのが普通なんだけどな。
106 :
鈴木
2007/05/28(月) 18:52:33 ID:A2KB59yG
19世紀後半から20世紀初頭にかけては、
自動車が全く信頼出来なかった。
現在世界の自動車設計主任技師が1000人いるとしたら、
その彼ら全部が機関車の設計にしのぎを削ってるような物です。

Klose氏は軽便機関車の技師のように見えるがちゃんとした機関車の技師
http://mc.locomotives.free.fr/html/allemagne/vapeur/1893_klose.htm

Mallete氏は複式関節機の開発者だが、Latigueモノレール鉄道で、機関車設計担当。
下記のハンスレット製機関車がマレー設計かどうか忘れたが、この直前に作られたデモ機は氏の設計です。
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/lartigue/lartigue.htm

フェアリー氏はフェアリー機以前は関節式2階建て蒸気気動車なんかを作ったりした。
107 :
名無しの車窓から
2007/06/01(金) 03:34:05 ID:f+c7Q+VI
マレーといえば今月のTMSの名作探訪に掲載されていますね。弁室をオフセットした理由が
よくわかりました。
108 :
234
2007/06/01(金) 07:25:25 ID:raq71oU3
>>107
というか、4500の弁室が水平ではなく、傾けている理由でしょ。
109 :
名無しの車窓から
2007/06/02(土) 16:48:27 ID:Apcstx7B
この板で双頭と聞くとレールや機関車を連想するけど。他所では違うらしい。何故?
110 :
鈴木
2007/06/24(日) 16:08:17 ID:U2SGpe8E
111 :
鈴木
2007/06/24(日) 16:16:46 ID:U2SGpe8E
http://demophile.free.fr/CFV/locomotivesANF.htm
バイキャビンって言うんだったか?……
112 :
鈴木
2007/07/01(日) 21:22:43 ID:P+7pBYmD
過疎スレ作りました。
"鉄道の歴史"
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/train/1183292029/l50
113 :
名無しの車窓から
2007/07/03(火) 03:36:54 ID:g7XsIVvW
>>112
乙です。
114 :
鉄野 道彦
2007/07/08(日) 12:56:33 ID:iS/jn7NI
貨物専用の「ミカサ」なんて走っていた。
ローカルな用足し、例えば国民学校の帰り道に「よりみち」で使った列車を
引ッぱったり、押したりしていたのは、「シグイ」だった。
ヤードでは、「コロナ」なんて、可愛いタンクが チョコマカ走り廻っていた。
近距離?遠出は「パシシ」か「パシコ」、「パシロ」に至らずに終った。
その頃普通の遠出には、勿論、「光」や「望」、外地(内地?)では総称して「アジア号」
とか呼ばれていた由。
さて、本題。
ユングストローム、彼らの情報をお持ちでしたら、お知らせ下されば幸甚です。
115 :
鉄野 道彦
2007/07/08(日) 13:00:58 ID:iS/jn7NI
貨物専用の「ミカサ」なんて走っていた。
ローカルな用足し、例えば国民学校の帰り道に「よりみち」で使った列車を
引ッぱったり、押したりしていたのは、「シグイ」だった。
ヤードでは、「コロナ」なんて、可愛いタンクが チョコマカ走り廻っていた。
近距離?遠出は「パシシ」か「パシコ」、「パシロ」に至らずに終った。
その頃普通の遠出には、勿論、「光」や「望」、外地(内地?)では総称して「アジア号」
とか呼ばれていた由。
さて、本題。
ユングストローム、彼らの情報をお持ちでしたら、お知らせ下されば幸甚です。
116 :
鈴木
2007/07/08(日) 14:21:32 ID:/61qhqT6
>>115
実際に満鉄の列車をご覧になったのでしたら、ご年輩と思われます。
満鉄の3気筒2-8-2(米国製&和製)とかもご覧になったのでしょうか?

ユングストローム機関車(スエーデン)で詳しいのは
Engineering誌、1922年1月号、(英国雑誌、連載記事)

水で1%に薄めた話は
http://white.ap.teacup.com/applet/kotaroooo/20070506/archive

タービンはレシプロに比べ効率が良いので、
定置機関や舶用機関で成功したタービンを鉄道に使えないか?が発端かと。
火床には熱風を供給、羽車は一方方向回転なので逆転は歯車切り替え、
排気蒸気は缶の通風&大気放出に使用せず水に戻して、再利用かと。
117 :
名無しの車窓から
2007/07/09(月) 03:04:03 ID:U10smBd2
タービン式は一定の速度で回転する場合には優れていると思いますが、
起動時等、低速でのトルクの必要な時は牽引力が不足しなかったのでしょうか?
118 :
鈴木
2007/07/09(月) 09:58:29 ID:VWmpKv9v
>>117氏の話の通りと思いますが、工学の勉強してないので、正確に説明出来ません。
ユングストロームのような、Geared Turbine蒸気機関車は
出力の変化が少ない、平野を長時間無停車で走る列車に向いてるんじゃないでしょうか。
入れ替え機には不向きでしょう。
119 :
名無しの車窓から
2007/07/10(火) 16:06:15 ID:kh2EehK1
>>116
>>115の話題は満鉄ぢゃないぜ
やっぱ住人は外地のことは弱いんだな(鬱
120 :
名無しの車窓から
2007/07/11(水) 01:11:50 ID:iFC/YYS7
>>118
素人的な質問で申し訳ありませんが、
ギヤードタービン式がバックで走る時は変速機で逆転したのでしょうか?この場合、
先頭方向が変わると最高速度も変わるのでしょうか?或いは、タービンの回転方向を
逆回転させたのでしょうか?答えられる範囲内で御教授戴けると幸いです。
121 :
鈴木
2007/07/11(水) 02:17:30 ID:k+ef4BXv
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
上はユングストローム1号機の側面図(左図)と正面図(右図)です。
以下は私の推測なので、違う意見が出ても構いません。
左図で一番上が羽根車の軸。一番下が動輪軸。
垂直の中心線に沿って動力を伝えるのが、前進だが、
現在、その中間歯車が噛んでいない。
その代わり、左端の別の歯車が噛んでる。つまり平歯車が一枚余分に介在している。
という事で後進状態。
前進に切り替えるためには、左端の歯車をどけて、さらに中間歯車と動輪軸の軸距離
を縮めなければならないが、この辺がはっきり解りません。

ユングストローム機の後進時の不都合は歯車が一枚増える事程度じゃないでしょうか。
あと動輪を先頭にして走るのはフランジが減って勿体無いとか。

別の例、米国ペンシーの6-8-6は
前進用タービンと後進用タービンがついていて、進行方向によって蒸気の供給先を変える物でした。
当然前進用は強力でバック用は弱力です。
前進用羽根車、6900HP
後進用羽根車、1500HP
前進時は後進用タービンはクラッチで切って停止させておくが、
後進時は前進用タービンを(逆方向に)空転させながら後進する。

羽根車そのものを逆回転して動かす例は今の所見つけてません。
122 :
120
2007/07/18(水) 01:04:06 ID:rtJTf4MD
>>121
丁寧な御説明を頂き有難うございます。勉強になります。
123 :
名無しの車窓から
2007/07/26(木) 16:40:04 ID:fqaK1MZv
http://www.catskillarchive.com/rrextra/erie2601.Html
エリー鉄道、0-8-8-0
ウーテン火室付き
124 :
名無しさん@そうだ選挙に行こう
2007/07/29(日) 16:34:15 ID:J91/6WSd
こういうのって、機関士と機関助士の意思疎通とかどうしていたんだ?
125 :
名無しの車窓から
2007/07/30(月) 11:52:26 ID:gRTHBHFT
伝声管かな?
126 :
鈴木
2007/08/03(金) 23:37:20 ID:pnDPy+5r
http://cnum.cnam.fr/CGI/fpage.cgi?4KY28.40/293/100/530/0/0
メキシコのジョンストン式機関車。
ダブル缶、シングル火室。
2つの動力台車は曲線で首を振るが、
4つの気筒は車体に固定。
米国、ロードアイランド社製。
127 :
鈴木
2007/08/04(土) 00:16:02 ID:ziGmd7Rn
>>126
書き間違い。
本機は4気筒でなく、8気筒です。
128 :
名無しの車窓から
2007/08/04(土) 08:23:24 ID:kYTtLB5Q
>>126
写真のほうが良く分ります。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
129 :
鈴木
2007/08/04(土) 10:51:34 ID:j5lVTj86
>>128
なるほど、この方が良く解りますね。
130 :
名無しの車窓から
2007/08/11(土) 05:01:00 ID:1hnC5Ql+
ここのスレの参加者の視点から見てJAMはどうでしょう?
131 :
名無しの車窓から
2007/08/16(木) 02:08:34 ID:bREuaHUg
日本の凸型のディーゼル機関車(DD13、DD51等)のような型って、海外では有るの?それとも日本だけ?
132 :
名無しの車窓から
2007/08/16(木) 03:40:16 ID:9EIX8ToZ
>>131
似たような形の機関車がドイツにありますよ。日本では本線で使われていますが、
海外ではもっぱら入れ替えようとして使用されています。元々、凸型は入れ替え用に
適した形状らしいです。それを日本では本線で走らせているようです。
133 :
名無しの車窓から
2007/08/16(木) 09:44:04 ID:JGArxLjB
>>131
日本の凸型はもともと米軍が持ち込んだDD12からだからな。
134 :
鈴木
2007/08/16(木) 16:11:07 ID:StgR3gZq
135 :
名無しの車窓から
2007/08/17(金) 19:00:10 ID:g5Fr3ouq
>131>132
フランスでは凸電が本線用でかなり活躍してた。旅客列車運用もあった。
ただ、液体式凸型DLで本線用というのは、他に例がないかも。しかもあの輌数で。

>133
DB10とか成田鉄道D1001とかあったよ。戦前の凸型DL。
ただ、DD12というか8500のデザインがDD11以降に与えた影響は大きかったと思う。
136 :
名無しの車窓から
2007/08/18(土) 14:37:29 ID:aIeMhbrb
本線用の凸電って珍しいですね。見てみたいですね。侮れないなフランス
137 :
名無しの車窓から
2007/08/18(土) 16:37:28 ID:LX3XNOVq
凸電で本線用なんて、良く考えたらEF13にED30があるわな。忘れてた。

>136
http://www.railfaneurope.net/pix/fr/electric/ac/12000/pix.html
BB12000
http://www.railfaneurope.net/pix/fr/electric/ac/14000/pix.html
CC14000

他にも数形式あり。
138 :
名無しの車窓から
2007/08/18(土) 21:02:14 ID:4YSoR4Cd
ちなみに、電気式凸型ディーゼル機関車は存在するの?フランスの凸型電気機関車を見て、日本の私鉄で使われていた電気機関車を思い出しました。
139 :
名無しの車窓から
2007/08/18(土) 21:10:17 ID:Z1GHuNiS
凸型電気式ディーゼル機関車、アメリカを中心にたくさん。
140 :
名無しの車窓から
2007/08/18(土) 21:17:40 ID:j71f99Fw
そういえば前から見ても横から見ても凸形と言う電気機関車がアメリカにいたなあ。
141 :
鈴木
2007/08/18(土) 22:01:51 ID:A0oCXc1p
142 :
名無しの車窓から
2007/08/19(日) 22:31:33 ID:CFat0jo3
最近の環境問題で、ディーゼル機関車の代わりに、燃料電池機関車とか水素燃料やバイオ燃料を使用した機関車等
出て来ないのかな
143 :
名無しの車窓から
2007/08/20(月) 16:25:34 ID:pedlC8yc
機関車だと日立がイギリスでディーゼル/電動機+回生制動・蓄電池の
ハイブリッド機関車を長期試験してるくらいかな?
144 :
名無しの車窓から
2007/08/21(火) 02:58:52 ID:xvwn/iAh
米国ではGreenGoatと呼ばれるハイブリッド機関車が試験的に運用されているようですね。
http://www.railpower.com/vid/gg_demo_sm.mov
http://www.treehugger.com/files/2005/05/green_goat_give.php
http://www.railpower.com/products_gg.html
他にも技術革新は進みつつあるようです。
http://www.designnewsjapan.com/magazine/2005/07cover.html
145 :
名無しの車窓から
2007/08/26(日) 06:23:56 ID:Kdj+veWD
age
146 :
名無しの車窓から
2007/09/14(金) 01:48:30 ID:yOSN4BbF
蒸気動車はどのような種類があったのでしょう?
147 :
鈴木
2007/09/14(金) 04:55:11 ID:kl86uFS+
>>146
種類分けとなると解りません。
外観は平凡ですが、Besler Steam Train なんかどうでしょう
http://www.archive.org/details/BeslerCo1932
宣伝映画ですが、蒸気自動車→蒸気飛行機→流線型蒸気気動車の順に出ます。
複式、コンデンサー付き。
148 :
名無しの車窓から
2007/09/14(金) 09:55:27 ID:xnpLRPpM
>>146
いろんな種類分けの仕方があるからな。どんな分け方がお望み?
149 :
鈴木
2007/09/18(火) 23:24:52 ID:LYre1JJB
http://www.railmotor93.org/railmotorpower.html
↑、こういうのを色々挙げていけ、と言う意味かな?
150 :
名無しの車窓から
2007/09/24(月) 17:11:01 ID:XGtPTd62
良い分類法だと思います。
151 :
鈴木
2007/09/28(金) 00:21:42 ID:+QYrOA3x
>>150
缶の種類と言う意味ですか?

Ganz Rail Auto-Car。
ハンガリー。1904年製。
縦型ボイラー。二重の水ジャケットで、
大径の内側に小径の筒型水ジャケット。
大径筒と小径筒の間は多数の水管で繋いでいる。
どちらかと言うと水管ボイラー。
普通は縦型ボイラーだが、高性能注文の場合は縦型を2個並べるそうだ。

エンジンは水平2気筒複式を台車内に設置。
車軸への伝導の途中に変速ギァ(2速)付き。
ロシア、セルビア、ハンガリー、で使用中もしくは製造中と書いてある。

しかし、文章でゴチャゴチャ説明しても、読んだ人はイメージを掴めない気が。
152 :
357
2007/10/02(火) 17:10:51 ID:TjdgFnFX
>>151
写真か図版があれば助かります。
153 :
名無しの車窓から
2007/10/16(火) 03:18:49 ID:hKS6KfmR
かつては様々な種類があったのですね。
154 :
鈴木
2007/10/18(木) 02:09:27 ID:75VBN5IT
そです。
19世紀には機関車は先端技術の1つで、
今のコンピューターやロケットのレベルだったんですが。
落ちも落ちたり、今じゃ「イラネー」とか言われてます。
155 :
名無しの車窓から
2007/10/31(水) 02:05:25 ID:YpCkIwPj
機関車の必要性は今後、モーダルシフトを推進する上で欠かせない物で、
重要性は高まりつつあるのではないでしょうか?
156 :
鈴木
2007/11/04(日) 23:29:52 ID:pU9kRbEg
http://www.lrpresse.fr/trains/viewtopic.php?t=8267
こんなトラックどうです?
157 :
名無しの車窓から
2007/11/06(火) 00:23:49 ID:H/auukIN
>>156
デュアルモードビークルですね。戦前には日本にもあったそうですね。
ウニモグでも同様のオプションがあるそうですね。
158 :
名無しの車窓から
2007/11/06(火) 01:44:54 ID:qLGAqJWg
http://prr.railfan.net/RubberTiredSwitchers.html
ペンシー、ゴムタイヤ機関車集
159 :
名無しの車窓から
2007/11/10(土) 20:02:00 ID:KND67Af6
初心者なのですが、関節型とフランスのシャプロンの蒸気機関車が好きなのですがマレーの複式と複式4シリンダーの違いを教えて下さい?
160 :
名無しの車窓から
2007/11/10(土) 20:07:39 ID:SFlpwMA3
>>159
マレーは走り装置が前後にあリます。前は低圧シリンダの為太いです。
複式4シリンダというのは台枠の内側にもシリンダがある形式でしょうか?
ドイツのS3/6が代表的だと思います。詳しくは156の鈴木氏に聞けばよいと思います。
161 :
名無しの車窓から
2007/11/10(土) 21:27:21 ID:SDQePJL5
>>159>>160
複式4シリンダーについてはボークレイン式もあるので一概に言えないが、
160氏の言うように鈴木氏のブログを一読することをお勧めする。
http://white.ap.teacup.com/kotaroooo/
162 :
鈴木
2007/11/10(土) 23:07:04 ID:aNKpWt+0
複式4気筒機関車は各種あるが、その一種であるマレー式は。
2気筒の動力群を2つ持ち、しかもその内の1つが関節式になってる。
後寄り動力群は高圧2気筒で、缶との関係が固定して、蒸気管のヒンジを無くして漏れを防いでいる。
前寄り動力群は低圧2気筒で、缶との関係が関節状に動く。低圧なので、蒸気管のヒンジがあっても割と平気。
前寄り台車の関節中心ピンは一番後ろ、つまり車体中頃、後寄り台車とのさかい目。

マレーを省いた、複式4気筒機関車一般は種類が多く書ききれないです。
そのほとんどは固定台枠&1動力群ですが
ごく少数ながら、マレー以外の関節式もあるし、固定台枠&2動力群もありますです。
163 :
名無しの車窓から
2007/11/11(日) 01:12:52 ID:gL/+vRFV
>>158
これを鉄道車輌と呼ぶのは相当厳しいものがあるな。
コヒのDMVのほうが2048倍鉄道車輌だww
164 :
鈴木
2007/11/11(日) 06:56:41 ID:vGyWh0Os
http://www.northeast.railfan.net/diesel32.html
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
ペンシーゴムタイヤ気動車
165 :
名無しの車窓から
2007/11/11(日) 13:52:10 ID:AY02DYbX
なんだか新交通システムを彷彿させる物がありますね。
166 :
名無しの車窓から
2007/11/11(日) 14:07:51 ID:gL/+vRFV
>>164
先のトラックショーに、
産業用ゴムタイヤにフランジ貼り付けた貨車移動機が出品してたのを思い出した。
167 :
名無しの車窓から
2007/11/11(日) 16:25:25 ID:eEdhPsk6
複式4シリンダーにも色々あるんですね。フランス以外でもオーストリアの310シリーズとか、国の大きさを考えると凄い事ですね
168 :
鈴木
2007/11/11(日) 21:26:33 ID:ZvOn2JR2
歴史上最初の複式4気筒は、1886年。
Alfred de Glehn 設計、フランスNord鉄道 No701の、2-2-2-0、
http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k24678x/f273.chemindefer
↑と言われてます。
最初のマレー関節、複式4気筒は、1887年。
ドコービル製、0-4-4-0。60cmゲージ。
169 :
鈴木
2007/11/12(月) 14:36:39 ID:eenZI6WF
http://mc.locomotives.free.fr/html/france/vapeur/1932_151-plm.html
フランス、151A、4気筒複式、固定台枠。
外見は2-4-6-2のデュープレックスだが、
第2動輪と第3動輪は台枠内側のカップリングロッドで連結されている。
従って、2-10-2
170 :
名無しの車窓から
2007/11/13(火) 20:44:53 ID:I+wn6tfY
フランスでは、関節型とかは亜流で通常型の複式4シリンダーが主流になって行ったのかな
171 :
鈴木
2007/11/14(水) 23:13:18 ID:UTlYJA6q
172 :
名無しの車窓から
2007/11/16(金) 11:06:42 ID:IKG1vTQa
メーカー名もThe Pole Locomotive Co.(旧名Tanner & Delaney Engine Co.)製の
Pole Road 機関車
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
173 :
名無しの車窓から
2007/11/16(金) 11:14:50 ID:IKG1vTQa
スマソ、171と172は同じ画像だった。
174 :
鈴木
2007/11/16(金) 14:26:37 ID:9TTj5HZn
>>173
「メーカー名もThe Pole Locomotive Co.(旧名Tanner & Delaney Engine Co.)製」
↑これは知りませんでした。

丸太線路用機関車の無名メーカーとして私が他に確認してるのは、1886年頃の
Spangenberg, Pendleton & Co., of Warren, O., です。

珍機関車の画像はエロ写真じゃないが、あちこちコピーが出回るから、どれが誰のコピーやら?
カチ合ったからと言ってスマソなどと言う必要も無いと思われ
175 :
名無しの車窓から
2007/11/16(金) 16:58:57 ID:EluLxNzA
Pole機関車で最右翼はRobb Engineering Co.(カナダ)製のコレ。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
176 :
鈴木
2007/11/16(金) 20:51:50 ID:KIC1Ah4d
>>175
Emile Stehelin氏が敷設したpole roadで使われた機関車。1903年頃製造。
材木積み出しのWeymouthの港まで15マイルの輸送に従事。
残念ながらゲージが不明。
タイヤ断面は一見U字形だが、曲線通過の為若干の傾きが付けられている。
デファレンシャル歯車は説明されてないので、多分付いてないのでしょう。
エンジンの平歯車伝達比は 1:4 。

缶が傾いてるのは、水の対流を良くするため。
火室は缶の軸と平行にセット(つまり傾斜してる)された円筒形。
ステイボルトが無いので、保守も楽です。
蒸気ドームは馬鹿デカイので、開ければ中に人間がしゃがみ込んで、大部分の煙管外側に
直接タッチ出来るはず。
傾斜した円筒火室内に火床が水平に設置されているので、空気の取り入れも良い。
火床下の燃えカスは円筒火室底が後ろに向かって傾斜してるので簡単に掃き出せる。
Robb社はこの形の缶を元々機関車缶でなく作業用汎用缶として売っていたらしいです。

Robb社の英国代理店はDick, Kerr社。(←これって有名なデッカー社?)
177 :
名無しの車窓から
2007/11/17(土) 09:13:13 ID:bFokn+XJ
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
ニカラグア向けに1896年にDayton,Ohioで作られたPole機関車。
Poleのほか鉄レールやレール無しの一般道も走れるよう車輪が交換できる。
そのため機関車前方にステアリングホィールも付いている。
178 :
名無しの車窓から
2007/11/17(土) 09:33:14 ID:bFokn+XJ
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
ドンキーエンジンを使った製材所自製のPole機関車。木樽は水タンク代り。
179 :
鈴木
2007/11/17(土) 17:18:41 ID:lzo0ujpT
>>178->>177 氏の紹介した写真も面白いですね。
その歯車機関車の隣接ページに
http://www.gearedsteam.com/other/
↑があり、その中の
http://www.gearedsteam.com/other/dolbleer-john_taubeneck.DOC
↑にwordファイルが有り、その中にある
「Steeples Engineering Co. Seattle, WA
#? 2-4-0 (rebuilt to 4-4-0) with 4-wheel trailer 165 HP gas mech. 8’ gauge」
↑に注目してます。ガソリンエンジンの8feet(2440mm)ゲージと言う事だそうで。
180 :
名無しの車窓から
2007/12/02(日) 12:58:15 ID:9FA1rGZi
本当に奥が深いですね。
181 :
名無しの車窓から
2007/12/16(日) 12:42:02 ID:H0iipyBs
デュアルモードビークルと聞くと目新しい感じがしますが、実際には古くから
あるのですね。まさに温故知新とでも言うのでしょうか。
182 :
名無しの車窓から
2007/12/28(金) 17:04:46 ID:d8XWt8K/
本スレ的には温故知新だろうが、俺はそうは読まない。
経営的には全路線の半分以上廃止したいが、上層部が路線維持の覚悟を決めたってことだ。
動機は知らんがね。
183 :
名無しの車窓から
2007/12/30(日) 10:51:22 ID:HPrAMZ4g
DMVが昭和40年代に出来ていれば(技術的には不可能ではないはず)廃止を免れたかも
知れない路線があるのではないでしょうか?DMVであれば損益分岐点を下げられるのでは
ないでしょうか?
184 :
名無しの車窓から
2007/12/30(日) 18:08:43 ID:BdloNxAV
多少下がったところで目くそ鼻くそ

一日数本→信号イラネだが、GPSで代替(道路の感覚に近い)現行信号廃棄
本当は路線自体イラネだが、「線路」という意味だけで残す。
185 :
名無しの車窓から
2008/01/09(水) 22:58:56 ID:Wo5m4QvR
DMVなら軽量なので保線間隔が長くなり保線費用が安く済みそうなので損益分岐点を下げ、
深名線等を残す事が出来たかもしれないと思いますが如何でしょう?
186 :
名無しの車窓から
2008/01/12(土) 22:59:47 ID:Q8s/Uz8e
北の従業員1人あたり売り上げ 950マソ
人件費だけで過半が消える。平均輸送密度は5K/日。

全費用自治体持ちにでもしない限り、深名線など残るわけなかろう。
187 :
名無しの車窓から
2008/01/16(水) 19:15:22 ID:x56xOm+U
機械・工学@2ch掲示板 ≡≡ 面白いエンジンの話−3 ≡≡
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/kikai/1200130670/l50
188 :
名無しの車窓から
2008/01/29(火) 03:14:12 ID:Pn9V9PSy
↑議論の展開を読むと面白いです。普段、鉄道関係のスレだとある程度鉄道の知識が
ある事を前提として話を進めますが、他分野の方と交流すると議論の方向も変わってくるのですね。
読んでいると議論がかみ合っていない場面もあります。
189 :
名無しの車窓から
2008/01/29(火) 13:21:23 ID:8M7iUE/E
上のほうで出ていた「前から見ても横から見ても凸電」は
ニューヨークセントラル鉄道のS形電気機関車の事でしょ。
「電関」の名前で知られてる奴。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
190 :
名無しの車窓から
2008/01/29(火) 13:54:06 ID:vMFKzFDr
gふいtぎぎゅjcふぇkぐfcrglff
191 :
うま
2008/01/29(火) 21:14:18 ID:8M7iUE/E
Google Patentsで、特許申請年月を1880〜1930年ぐらいにしてLocomotiveで検索すると
想像を絶するような変形機がゾロゾロ出てくる。
多くは机上の空論に終わったようだが、一見の価値あり。

ポッティカリーのタービン機関車
http://www.google.com/patents?id=DDhwAAAAEBAJ

ロングリッジの関節機関車
http://www.google.com/patents?id=HnZiAAAAEBAJ

ボスウェルの改良機関車2題
http://www.google.com/patents?id=nrJwAAAAEBAJ
http://www.google.com/patents?id=5z9AAAAAEBAJ

ボイントンのモノレール機関車2題
http://www.google.com/patents?id=PINtAAAAEBAJ
http://www.google.com/patents?id=8h5gAAAAEBAJ
192 :
名無しの車窓から
2008/01/31(木) 13:00:48 ID:G680UTJI
ボールドウインのギアードロコ2タイプと、それらの米国特許。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
http://www.google.com/patents?id=Al5AAAAAEBAJ
http://www.google.com/patents?id=h3VJAAAAEBAJ
193 :
うま
2008/02/02(土) 22:18:36 ID:I7K4GwBe
それでは私もギアードロコ関連の特許を紹介します。
まずは基本中の基本から。

シェイ式
http://www.google.com/patents?id=RvpGAAAAEBAJ

ハイスラー式
http://www.google.com/patents?id=QQx2AAAAEBAJ
http://www.google.com/patents?id=UZxfAAAAEBAJ

クライマックス式
http://www.google.com/patents?id=kUZ2AAAAEBAJ
194 :
うま
2008/02/04(月) 12:36:09 ID:TzizIiaA
http://www.google.com/patents?id=-ptVAAAAEBAJ
http://www.google.com/patents?id=QRtAAAAAEBAJ
計画のみに終わった大型シェイ。

スコット式
http://www.google.com/patents?id=UXBJAAAAEBAJ
中央の2組のシリンダーで前後の台車をギア駆動する。
スコット氏はクライマックスの考案者。

ホプキンス式
http://www.google.com/patents?id=C0R5AAAAEBAJ
駆動部はシェイ式だが、台車はロッド駆動。

マクホワーター式
http://www.google.com/patents?id=BmpCAAAAEBAJ
駆動部はクライマックス式だが、台車はロッド駆動。

マクギファート式
http://www.google.com/patents?id=y3x-AAAAEBAJ
前部の台車を駆動し、そこからベベルギアを使い
シャフトを経由して後部の台車を駆動する。

ターニー式
http://www.google.com/patents?id=T_dVAAAAEBAJ
http://www.google.com/patents?id=8j5SAAAAEBAJ
恐らく唯一の変速機付きギアードロコ。

ヒューバー式
http://www.google.com/patents?id=jdReAAAAEBAJ
前後の台車をチェーンで駆動する。
195 :
名無しの車窓から
2008/02/05(火) 04:08:49 ID:aFz9NiHK
様々な種類があるのですね。勉強になります。
196 :
名無しの車窓から
2008/02/05(火) 13:39:09 ID:saL+e34x
>>194
クライマックスのクラスAはシフトレバーにより縦型エンジンの
クランクシャフトとラインシャフトのギア比をかえ変速出来ますが。
197 :
うま
2008/02/05(火) 22:13:47 ID:GZCS7xjM
そうですか。それは知りませんでした。
なかなか工学的なことは苦手なんで
198 :
名無しの車窓から
2008/02/11(月) 16:01:03 ID:3nkWTTXb
>>197
>>194のような解説をされる方のお言葉とも思えませんが。
199 :
名無しの車窓から
2008/03/01(土) 07:46:19 ID:aqUqxDUW
お詳しいですね。
200 :
名無しの車窓から
2008/03/02(日) 12:06:20 ID:QQVNJaWW
>>199
詳しいも何もちょっとググれば分ることですよ。
201 :
名無しの車窓から
2008/03/09(日) 12:27:26 ID:2xSRU59E
↑200Getおめでとうござます。
202 :
名無しの車窓から
2008/04/13(日) 14:13:47 ID:CLXiMEoS
山岳用は種類が豊富ですね。カンブリア紀のようです。
203 :
うま
2008/05/19(月) 12:53:30 ID:0jWVKmDp
事情があってずっとご無沙汰していましたが、やっと復帰しました。
ずいぶん前ですが、ろくに調べずに適当な事を書いてしまって恥ずかしいです。

さて、いくつか変形機関連のHPを探したので書いて置きますね。

New Zealand Geared Locomotives
http://www.trainweb.org/nzgearedlocomotives

The Industrial Railway Record
http://www.irsociety.co.uk/Archives/back_issues.htm
204 :
うま
2008/05/21(水) 19:39:40 ID:gAiYjjeo
なんだか物凄いモノを見つけてしまいました。

http://blog.modernmechanix.com/2008/02/19/steampunk-remote-controled-train/

1936年に日本で作られたリモートコントロール実験用の鉄道模型です。
どうやらATSのようなシステムも備えていたらしいです。
実物ではないのでスレチかもしれませんが、とにかくリンク先を見て下さい。
あまりに奇怪すぎるデザイン…実物を見てみたかったです。
205 :
名無しの車窓から
2008/05/22(木) 22:12:01 ID:npazbboh
>>204
画期的ですね。このようなものがあったとは知りませんでした。
206 :
名無しの車窓から
2008/05/25(日) 10:55:41 ID:TAzumPky
>>204
宮崎アニメを先取りしてる…
この模型ってどこで研究されたのかな?
207 :
名無しの車窓から
2008/05/26(月) 15:53:53 ID:9EuBR8ZS
気になりますね。もしかしたら旧帝国陸軍の研究所でしょうか?サクラ大戦に
出て来そうな意匠です。
208 :
うま
2008/06/05(木) 21:57:37 ID:zAyFF2Nn
記事に書かれていないので詳細は分からないのですが、当時の鉄道省か陸軍が
研究していたものだったとしたら非常に興味深いですね。

変形機愛好家には面白そうなスレが鉄道総合板で立ったようです。

何で蒸気機関車は動力分散方式に進化しないの?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/train/1211729580
209 :
うま
2008/06/05(木) 22:02:43 ID:zAyFF2Nn
あと、気になっている機関車があります。

http://geoff-plumb.fotopic.net/p48311048.html

これって「蒸気機関車200年史」で紹介されていた、クルー工場の専用線で
使われていた18インチゲージの機関車と同じものなのでしょうか?
210 :
名無しの車窓から
2008/06/10(火) 21:01:45 ID:yWlHdvPR
Horwich Worksとあるからランカシャー・ヨークシャー鉄道のだね。
ダービー、スウィンドン、ドンカスターあたりにも似たようなナローはあったのかな。
211 :
機械・工学@2ch掲示板
2008/06/12(木) 07:41:23 ID:CefvGsD4
>>187 ← (話−3)は、こちらに有ります。

≡≡ 面白いエンジンの話−4 ≡≡
http://science6.2ch.net/test/read.cgi/kikai/1210718994/l50
212 :
名無しの車窓から
2008/06/12(木) 23:32:09 ID:KCO5BTmn
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/locoloco.htm

このへんあさっときゃいいだろ。
213 :
名無しの車窓から
2008/06/13(金) 20:38:10 ID:vJWWjHHJ
>>212
>3で既出
214 :
名無しの車窓から
2008/06/13(金) 20:40:37 ID:vJWWjHHJ
>>209
そんなことはないと思い、図書館で「200年史」を見てきました。
同書に載っていたのは↓と同じ自社製の機関車です。(但し煙突の長い初期型)
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

>>210
機関車工場の18吋ゲージはCreweとHorwichだけのハズ。
軍関係ではWoolwich ArsenalやChatham Dockyardに在りました。
215 :
名無しの車窓から
2008/06/13(金) 21:02:11 ID:vJWWjHHJ
>>214
リンク先がおかしくて申し訳ない。同じ写真です。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
216 :
うま
2008/06/21(土) 13:59:24 ID:n4nyedTq
なるほど、結構違いますね。記憶違いは恐ろしい…
こういった鉄道工場の専用軌道は調べてみると色々面白そうですね。

他にも最近気になっているモノがあります。


・製鉄所で使用される消火機関車

製鉄所でコークスを生産する設備に使用される電気機関車です。
RM LIBRARYの写真で縦長の奇妙な外観を見て以来、詳しく知りたいと思っているのですが
ネット上では東芝のサイト以外見つかりません。


・相互に乗り上げられる列車

昔、鉄道パズルの本で「列車が双方からやってきて、単線なのにすれ違う事ができた。なぜか」
という問題の答えとして「その列車は、一方の車両の上に乗り上げて通過する事が出来る構造だった。
そのような構造の列車が19世紀アメリカで考案された」と読んだ覚えがあります。


・ケーブルカーの車体を背中合わせに繋ぎ合わせた気動車

数年前Rail Magazineで読んだ覚えがありますが、内容を詳しく思い出せません。
どこの国のものかも忘れてしまったので調べようが無いです。
217 :
名無しの車窓から
2008/06/21(土) 16:20:35 ID:0t/oxYVF
218 :
うま
2008/06/21(土) 20:05:57 ID:n4nyedTq
ありがとうございます。
英語名が分からなかったので、海外サイトで調べようが無かったのですが
Quench Locomotiveと言うんですね!
219 :
名無しの車窓から
2008/06/22(日) 13:56:40 ID:auo9qc1+
てかこの作業を鉄道でやる必然性が未だよくわからんw
220 :
名無しの車窓から
2008/06/24(火) 16:45:09 ID:n0PjwpMV
マルハンジャパン銀行   パチンコ業界と警察  パチンコ業界と警察  
池田犬作AA荒らしの解説  北朝鮮に送金  パチ屋の売り上げ1割が偽札だった    
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1209949043

池田犬作AA荒らしにより○○○マルハンパチンコタワーパート13○○○2008/05/04〜05/21(水)は、たった18日間で512k超えで終了
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1209868638/601-700
池田犬作AA荒らしにより○○○マルハンパチンコタワー渋谷パート12○○○は、たった12日で終了
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1208790114

内部告発文書?

マルハン王国の闇
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/1733/1086581896/3-8
221 :
うま
2008/07/01(火) 13:31:14 ID:WIWkPDGl
フェアリー式などの双頭機関車は有名ですが、これの逆バージョンのような奇妙な機関車を見つけました。
「石炭の搭載量を多くできない」「ボイラーがキャブの中を貫通するため不便」といった、双頭式の問題点を
解決するために考えられたようですが、これはこれで厄介そうですね。

フェアリー式
http://www.google.com/patents?id=JkUAAAAAEBAJ

双頭機関車を考案したフェアリー氏が、その逆バージョンも考案していたというのは興味深いです。
この図面に描かれている8動輪の機関車は旅客用で、貨物用には12動輪のものと書かれています。
煙室扉は煙室のどちらか一方の側面に設置される事になっています。


グールディング式
http://www.google.com/patents?id=oShDAAAAEBAJ

こちらはフェアリー式よりも後にアメリカで考案された方式です。
図面に描かれている4動輪の機関車は旅客用、8動輪の機関車は貨物用と書かれています。
フェアリー式とは違ってシリンダーは車体中央寄りに配置されており、クロスヘッドが動輪よりも
後ろに位置しているという変わった構造になっています。
222 :
名無しの車窓から
2008/07/02(水) 23:32:51 ID:Wvod7Eub
http://mikes.railhistory.railfan.net/r097.html

ページ中ほどに「流線型列車の時代」で紹介されていた旧ソ連のボールベアリング列車の鮮明な写真があります。
「合成写真ではないのか」と書かれていましたが、この写真を見る限りでは実車が存在したようです。
しかしボールベアリングを使用した駆動装置の構造がまったく分かりませんね。やはりただのモックアップだったのでしょうか。
223 :
名無しの車窓から
2008/07/03(木) 17:59:40 ID:nVbnwsgB
ロシアは機関車の開発では一時期先行していた時期があるそうです。
帝政ロシア時代に既にガスタービン機関車の原型を開発していたという
説もあるそうです。
224 :
うま
2008/07/06(日) 14:12:48 ID:NAZxNIdA
>>222
本当にこのボールベアリング列車が存在したんですね!
本に載っている写真は不鮮明だったので、てっきり合成写真かと思っていました。

蒸気機関車発祥の地であるペナダレンの機関車のサイトを見つけました。
黎明期の機関車についての貴重な資料です。
http://www.irsociety.co.uk/Archives/59/Locos.htm

ペナダレンには三箇所の製鉄所が存在し、この中でDowlais製鉄所はかなり早い時期から
ギアードロコやラック式機関車を使用していたようです。
また同製鉄所の機関車は、トンネルの建築限界の関係で煙突が可動式になっています。
225 :
名無しの車窓から
2008/07/09(水) 15:02:11 ID:5NNCVaEt
有用なサイトを紹介して頂きありがとうございます。
226 :
名無しの車窓から
2008/07/18(金) 21:46:19 ID:649cRTDh
>>225
ありがとうございます。
このサイトは色々と面白いのでお勧めですよ。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
ウィキメディアコモンズで見つけた機関車です。
見るからに変わった構造をしていますが、私には詳しい事がまったく分かりません。
第2先輪が接地していないように見えますがどうなのでしょうか。
どなたか詳しい方、解説をお願いします。
227 :
うま
2008/07/18(金) 21:47:23 ID:649cRTDh
>>226
あっ、名前を入れ忘れました。
228 :
名無しの車窓から
2008/07/19(土) 09:05:11 ID:BOwDWMHt
>>226
スタート時のブースターらしい。
http://de.wikipedia.org/wiki/Pf%C3%A4lzische_P_3.2
229 :
うま
2008/07/19(土) 10:26:06 ID:Jga5RU6c
>>228
スタート時には第2先輪を接地させ、前部のシリンダーで駆動する構造なのでしょうか。
よく見ると小型の縦型シリンダー?にロッドが繋がっていますね。
これで第2先輪を接地させるのでしょうか。
230 :
名無しの車窓から
2008/07/20(日) 17:35:02 ID:4x1iJ/oP
>>84のサイトに出ているトラムですが…かなりのゲテモノです。

http://www.railpictures.net/viewphoto.php?id=92680&nseq=540
元はスティープルキャブ(凸電の事です)で、前後にデッキを取り付ける改造が施されたそうです。
そのため運転室が中央にあり、デッキを通して前方を見る構造になっています。
231 :
名無しの車窓から
2008/07/25(金) 10:17:24 ID:EPIruBIa
こういう変型機って日本にもあるんでしょうか?
232 :
うま
2008/07/26(土) 01:12:03 ID:MQKjGDCT
>>231
日本には、本線級の変形機はマレーぐらいしかありませんが、産業用軌道になら結構存在したようです。
例えば、津軽森林鉄道や八幡製鉄所などでシェイが使用されていました。
他にも日本陸軍にはクリン=リントナーやコッペル・ギアシステムの機関車が存在しました。
お国柄なのか、日本には機構的に変わった構造の変形機はあまり存在しませんね。
あとはいわゆる「ゲテモノ」ぐらいでしょうか。
233 :
名無しの車窓から
2008/08/08(金) 09:01:31 ID:XHzgKmCJ
>>232
丁寧なご説明を戴き、有難うございます。八幡製鉄所のシェイは気になります。
234 :
名無しの車窓から
2008/09/11(木) 10:52:01 ID:pv1fMxSu
そのシェイが、八幡製鉄所の池に沈んでいるという都市伝説
235 :
うま
2008/09/12(金) 20:59:05 ID:rrA9yV8U
>>234
本当ですか?初めて聞きました。
236 :
名無しの車窓から
2008/09/13(土) 17:29:52 ID:WBUx4WrB
確かにそのような噂はあるそうですね。また、浜名湖の北にある猪鼻湖に
4式戦車、九七式戦車等が沈んでいるという噂もあります。
237 :
名無しの車窓から
2008/09/17(水) 06:53:46 ID:aefdpc7v
>>235
河内貯水池伝説。ダイバーが潜って調べたが、泥の堆積がものすごくて
金属探知機を使っても確認できなかったらしい。
238 :
鈴木
2008/10/15(水) 11:56:22 ID:SkTHfWR4
>>226 の機関車に関して。
http://cnum.cnam.fr/CGI/fpage.cgi?8XAE570.2/323/100/452/441/442
に形式図面があります。
第1輪 第1先輪(ボギー先台車)
第2輪 主台枠に直接付けたブースター動輪(フランジ無し)
第3輪 第2先輪(ボギー先台車)
第4輪 第1動輪(主動輪、内側クランク)
第5輪 第2動輪
第6輪 従輪(首振り式)
主エンジンは内側2気筒複式、弁駆動は変形ワルシャート式、第4輪駆動
ブースターエンジンは外側2気筒単式、弁駆動はジョイ式、第2輪駆動
第2輪は通常はレールより30mm持ち上げていて回転しない。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
上の写真で煙室サドルのような箱があり取っ手がついてるがこの中に水平に蒸気シリンダーが置かれ
これで第2輪を使う時だけ押し下げる。下げるのは発車時。普段はバネで持ち上げておく。
(続きます)
239 :
鈴木
2008/10/15(水) 11:57:04 ID:SkTHfWR4
(続きです)
高速用機関車にブースターを装着する理由は、
高速走行時余計な粘着動輪は走行抵抗になるから。

第4輪と第5輪を連結するロッドが二重に見えるのは、
その内の1本は第5輪の後の箱の中に設置してある、ダミーのクロスヘッドを動かすためで、
これは主エンジンの前後動と反対方向に動いて振動を打ち消すための物。

本機はクラウス社の未来志向機だったが量産は無かった。
1900年パリ博覧会に展示。
同様な考えのブースター機は1897年頃クラウス製、ハバリア鉄道で、
シングルドライバー+ブースター輪付きがありました。
(終ります) 
240 :
名無しの車窓から
2008/10/15(水) 21:54:10 ID:87DlsiSD
>>239
御無沙汰しています。いつも有為な資料を紹介して頂き、有難うございます。
241 :
鈴木
2008/10/17(金) 11:32:24 ID:3p82wIFI


NYCの映画集ですが、最後2:40を過ぎたあたりで、
>>2に書いた米国NYCのジェットエンジン車が見れます。
242 :
鈴木
2008/10/19(日) 22:05:09 ID:Wng6Elxg
亀レスですが、
>>191、2008/01/29
ボスウェルの改良機関車
http://www.google.com/patents?id=5z9AAAAAEBAJ
↑この機関車は実際に作られました。
シカゴのHicks Locomotive & Car Works社が古い機関車を改造して1907年頃作りました。
Bothwell Locomotive社は引き続きこの機関車の注文を待ちましたが、以後作った記録は見つかりません。

ボイントンのモノレール機関車
http://www.google.com/patents?id=8h5gAAAAEBAJ
↑この一本レール機関車も作られ短区間ですが、営業運転しました。
http://www.jamd.com/image/g/3376637
http://www.catskillarchive.com/rrextra/odboyn.Html
243 :
鈴木
2008/10/19(日) 22:44:38 ID:Wng6Elxg
244 :
名無しの車窓から
2008/10/20(月) 23:07:00 ID:6ZZi7OFN
>>241-243
世の中には様々な車輌があったのですね。
245 :
鈴木
2008/10/21(火) 00:43:18 ID:RK+CK0pF
ネタが無いから亀レスです。
>>216 2008/06/21
>・相互に乗り上げられる列車

これは発明や構想の図で1、2、見たことがありますが
本格的な鉄道の例は見つかりません。
http://www.ilnpictures.co.uk/ProductDetails.asp?ProductDetailID=69166
↑のような物は遊園地鉄道で人気があった、と言われてます。
246 :
名無しの車窓から
2008/10/26(日) 17:53:52 ID:vC41zPH7
奇抜なアイディアを具現化した例は興味があります。
247 :
鈴木
2008/10/26(日) 23:27:36 ID:IrA04bcx
英国ブライトンの"足長おじさん"
http://www.urban75.org/railway/brighton-sea-railway.html
ドイツ人電気鉄道技師Magnus Volk 氏の発明。
給電法は1本架線。もう一本はレール&海水にアースしてる。
泳いでる人は平気らしい。当時の医者には「ここで泳ぐと電気の力で健康に良い」という人もいたとか。
最大の難関は海底のレール上に泥が堆積すること。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑は英国でなく、フランスの例。こっちは電車じゃなくて、ケーブルで引いてる。
248 :
鈴木
2008/10/28(火) 21:32:00 ID:/e9RTvpa
http://voiemetrique.org/display2.aspx?Id=2217
http://voiemetrique.org/album/album.aspx?Id=17
貴賓車のように見えます。
0-4-2、たて型缶、アラン式弁装置
249 :
名無しの車窓から
2008/10/30(木) 22:37:27 ID:5W6xK+kP
>>247
アイディア倒れや想像図ではなく、実際に建設するところがすごいですね。
当時はジュールベルヌの小説に出てくるような発明家の荒唐無稽の計画に
出資する資本家がいたのでしょうか?
>>248
羅須地人鉄道のマフポッター号にどことなく似ていますね。
いつも有難うございます。
250 :
鈴木
2008/10/30(木) 23:10:43 ID:gsGmutGo
http://www.ak-ansichtskarten.de/ak/index.php?menu=90&shop=22063&card=1292686&tabsessfilltab=d605b4ea99e66e85294c8ab127221da0&tabsessfilltab=d605b4ea99e66e85294c8ab127221da0
ベルギー国鉄0-6-0。
もとより変型機と言えるほどの物ではないが、今日の目から見るとかなり異質です。
内側2気筒、単式。
説明文にベルギー式火室とあるが、これが低質炭を焚くための元祖ベルペア火室。
煙突が四角いのは、断面積を少しでも大きくするため。

251 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2008/10/31(金) 20:46:30 ID:3qvc3Bif
>>238 >>242 >>245
過去に紹介したネタ、詳細に解説して下さりありがとうございます。

おなじみのDouglas Self Siteに架空の変形機のイラストが載りましたね。
ウィーンの科学博物館に展示されてるらしいです。
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/fictional/fictional.htm
252 :
鈴木
2008/11/01(土) 00:33:57 ID:n5wqJGb5
253 :
名無しの車窓から
2008/11/01(土) 13:09:01 ID:B54QzRGJ
>>247
これは面白い!

今でもそれの後継?の鉄道が生き残っているみたいね
http://www.volkselectricrailway.co.uk/
254 :
鈴木
2008/11/04(火) 11:02:21 ID:ey81FzBd
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
http://thierry.stora.free.fr/pgalmal2_f.htm
二階建て用煙突機関車
255 :
名無しの車窓から
2008/11/05(水) 18:51:06 ID:vcnmrzcL
すみません。
どなたかこういう形の機関車の名称・型番ご存知ありませんか?

 / / /
○○○
(6気筒、3軸駆動、外国)
256 :
名無しの車窓から
2008/11/05(水) 20:08:00 ID:DsNtMafT
257 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2008/11/05(水) 22:11:45 ID:JLWS2kmL
>>256

 ///  \\\
○○○  □  ○○○
  |    |

このようにシリンダーが横に6個並んだ形ではないでしょうか?
Google Patentsでこんな機関車の図面を見た覚えが…
258 :
名無しの車窓から
2008/11/06(木) 12:33:57 ID:nzhBghQ0
255です。レスどうもです。

外国の鉄道模型の写真を見ただけなので詳細がわからないのです。
しかもその写真を後から捜して見つからないという状態で。
見た目は森林鉄道か?という感じだったように思います。

検索では
『フランス6気筒は戦後も 1945年に外見2C2だが各軸駆動なので、
2AAA2(?)を出現させてます。』
というのがありましたが、恐らくこれではないかと考えているのですが。
259 :
鈴木
2008/11/06(木) 20:58:21 ID:xpKG/Kjn
>>258
>見た目は森林鉄道か?という感じだったように
>フランス6気筒は戦後も 1945年に外見2C2だが各軸駆動

全体が掴めないのですが、森林鉄道に2C2を使う可能性は少ないはずです。
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/frenchHP/frenchHP.htm
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑、フランスには2C2各軸駆動が1両登場しましたが18気筒です。
上記機関車の概要は
1940年前後に完成、ドイツ軍に隠すためスイスに隠匿。戦後フランスに登場。
メーカーはアルザスとファイブスリールとスイスロコ共同。
動輪径1550mmφ。
スチームエンジンの回転数は800r.p.mで時速70マイル/h
260 :
名無しの車窓から
2008/11/06(木) 22:12:54 ID:nzhBghQ0
>>259
258です。どうも。

森林鉄道か?というのは小型で駆動力重視の機体に見えたためです。

これはどうも基本に戻って、元々の写真を捜すのが
一番確実ではないかという気がしてきました。
今度改めてじっくり調べてみます。年内に何かわかれば報告にきます。
261 :
名無しの車窓から
2008/11/07(金) 07:12:00 ID:MlEaxjA9
お世話になります。宜しくお願いします。
262 :
鈴木
2008/11/10(月) 20:54:46 ID:BeRCrtEs
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
http://www.rail.lu/archives.html
フランスのラック機? とのこと。
263 :
名無しの車窓から
2008/11/12(水) 02:01:40 ID:cJGKVNIt
色々な形式があるのですね。
264 :
名無しの車窓から
2008/11/12(水) 16:14:02 ID:amVNGtDK
何気なくきかんしゃトーマスのスレを見てたら変形機についてチラホラと…

きかんしゃトーマス、事故多杉… 第5期
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/train/1211605652/
265 :
鈴木
2008/11/13(木) 03:55:14 ID:56TN3lwM
http://www.amicitreni.com/gallery/displayimage.php?album=lastup&cat=182&pos=5
フランコクロスティ式の様子が解る写真。
ボイラーの真下にも円筒が(予熱器)
266 :
名無しの車窓から
2008/11/23(日) 15:44:57 ID:d1164xoq
>>265
伊のフランコ機は現在、動態機はあるのでしょうか?
267 :
鈴木
2008/11/23(日) 16:48:15 ID:rhAmTFG9
動体保存には興味は無いが
http://mc.locomotives.free.fr/html/italie/vapeur/1937-gr743.html
この機関車は1972年には動いたようです。
268 :
鈴木
2008/11/26(水) 23:57:59 ID:Oku/lOWY
http://www9.plala.or.jp/Hatsukari/material/report.html#ATRANTIC
http://www9.plala.or.jp/Hatsukari/
↑フランスの232Uは上記の中にも和文解説が出てます。
本機は元来スエーデンのLjungström(ユングストローム)式タービン搭載の予定でした。
スエーデンのユングストローム式タービン機は最初何台かコンデンス式だったのですが、
後に方針が変わりコンデンス式を止めて普通テンダーに振り返られ、
テンダー搭載のタービンは、ボイラー前方のデッキ搭載の方針に変わってます。

232Uが仮にタービン式として実現したら、年代的にはユングストローム後期形なんでしょうが解りません。
269 :
鈴木
2008/11/27(木) 00:07:00 ID:jQAuxokB
>>268
図面スレに書くべきなのを間違って書き込んでしまいました。

270 :
名無しの車窓から
2008/11/28(金) 11:20:50 ID:FpzwRX23
いつもお世話になります。
271 :
名無しの車窓から
2008/11/29(土) 02:14:04 ID:MztOy2QO
名称問題のスレで鈴木氏を名乗る方がいますが論調が以前とは異なります。
同一人物でしょうか、それとも他人が成り済ましているのでしょうか?
272 :
名無しの車窓から
2008/11/29(土) 23:37:14 ID:zKPwyDQX
>>271
確かに名称問題スレの鈴木なる人物は馬力氏っぽい辛辣な論調になってるねえ…
どうもこのスレでの論調とは違う気がする。
273 :
名無しの車窓から
2008/11/30(日) 16:54:54 ID:7hFHnnQ3
以前の名称問題の鈴木氏は客観的な資料を提示して冷静なコメントを書かれる方でした。
以前にも偽者が名乗っていた場合もありました。
274 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2008/11/30(日) 19:43:03 ID:j0rskCnt
今読んできましたが明らかに鈴木氏の論調ではありませんね。
「貴兄の脳味噌内風景は議論の対象外です」「最大勢力はプラレール」などと粗暴な事を仰るとは思えません。
何らかの対策が必要だと思いますので、当スレへの復帰願います。
275 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2008/11/30(日) 20:32:45 ID:j0rskCnt
補足になりますが、鈴木氏の名を騙った偽物を防ぐためにもトリップをお勧めします。
276 :
名無しの車窓から
2008/12/02(火) 07:20:11 ID:sJGAd6gC
同感です。他人の名を名乗るとはけしからんですね。
277 :
鈴木
2008/12/02(火) 12:23:18 ID:GknBYFoR
@この1年は同じ名前で投稿する別人は確認してません。
A鉄模のHO名称スレでは間違った事を書いてないしこのスレ同様、古い資料を調べて書いてますが、
それに関しては最萌変型機スレは別スレなので書きません。
B最近再びアクセス禁止に悩まされてます。この書き込みも出るかどうか不明です。
一方で落書き投稿(当スレには無いが)が多量に野放しされ、
一方でそれなりにに資料を調べ1時間もかけて書く投稿がアク禁になるのは残念なことです。
278 :
名無しの車窓から
2008/12/03(水) 19:40:32 ID:IHAkFrwL
ナロー蒸気機関車でよく見られるOUTSIDE-FRAMEって、変形機の範疇には入りませんよね?
279 :
名無しの車窓から
2008/12/04(木) 09:32:43 ID:VjDUkDoP
>>278
変形機か?といえばそうでない気もします。でも少数派なのでいえなくも無い様な
気がします。
280 :
45
2008/12/04(木) 13:43:32 ID:SzxAZ1JD
変型機の定義というか、線引きは難しいな。
281 :
鈴木
2008/12/04(木) 22:35:50 ID:E3hX9fz2
外側台枠の利点
軸箱が露出してるから、注油が確実
火床の幅を広くしやすい
外側台枠の欠点
外側気筒の場合、気筒の左右間隔が広がるため、振動が大きい
左右の板台枠を結合する部材は内側の動輪を避けなければならない
とこんな所ですか。

外側台枠は20世紀初頭迄の欧州では普通にありました。
http://www.lrpresse.fr/trains/viewtopic.php?t=19799&postdays=0&postorder=asc&start=135
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

英国には内側台枠と外側台枠の両方を持った(ダブルフレーム)機関車もかなりありましたよ。

>>278過疎スレだから、現在から見た感じで変形な気がする、という程度でもOKじゃないですか?
282 :
名無しの車窓から
2008/12/05(金) 09:28:24 ID:ScmQqP/x
> 火床の幅を広くしやすい

ナローの蒸機でアウトサイドフレームが多い一番の理由かと。
ナローのマレーで前部台車はインサイドフレームに対し、
後部はアウトサイドフレームのものは同じ理由ですな。
283 :
鈴木
2008/12/06(土) 10:45:47 ID:97xHkmqJ
284 :
名無しの車窓から
2008/12/06(土) 12:26:10 ID:YCUQ0DBy
>>283
そういうマレーできましたか?

24吋ゲージのコッペルのマレー。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
285 :
名無しの車窓から
2008/12/06(土) 13:55:48 ID:e1AwiqZQ
>>284
コッペルのマレーって、実在したんですね。
フリーランスの模型なら知っていたけど。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
286 :
鈴木
2008/12/06(土) 15:00:58 ID:VapfG1wu
http://www.internationalsteam.co.uk/trains/mallet.htm
コッペルマレーはジャワにもありました。
弁駆動用エキセン棒が垂直に立ち上がってるのもコッペルには多いですね。
287 :
名無しの車窓から
2008/12/06(土) 15:29:10 ID:zB5s2pvL
>>285
Backwoodsの模型はフリーじゃないよ。プロトタイプは>>284の下側の写真のPenolesのヤツ。

>>286
そりゃコッペル弁と呼ばれているほどだから多いのも当然ね。
288 :
鈴木
2008/12/06(土) 16:04:23 ID:VapfG1wu
>>284の変形マレーは
http://www.irsociety.co.uk/Archives/40/O&K.htm
↑ですね。
289 :
鈴木
2008/12/06(土) 20:45:06 ID:/4upb2fx
http://englishrussia.com/?p=1316
ソ連のジェットカー
290 :
名無しの車窓から
2008/12/08(月) 20:28:22 ID:vpChiCDp
世界最後のフランジレスロコだそうです。

【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

angle iron railの上を走っていたそうですが、このレールがどのようなものかご存知の方はいますか?
291 :
鈴木
2008/12/09(火) 00:12:26 ID:HJixZqDe

http://www.enuii.org/vulcan_foundry/photographs/pictorial_loco_list.htm
↑に依拠して書いてると思われます。(先にこれを出して欲しいです)
この中に1873年、
#681 0-4-0, 2'11.25" gauge, Tredegar Iron Company (world's last flangeless loco)があります。
ゲージは2フィート11.25インチ (895.75mm)
「flangeless」の状態が挙げられた写真からははっきりしませんが、車輪がフラットで、
レール側にフランジが付いてる物じゃないでしょうか。英国の表現では、
Flange Rail = レール側にフチがついてる
Edge Rail = 車輪側にフチがついてる(現在のほとんどのレール)

  「tredegar iron company」は
1、http://www.mdgorman.com/Other_Sites/tredegar_iron_works.htm
   ↑米国バージニア
2、http://www.tredegar.co.uk/history/
  【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
   ↑英国のTredegar Iron Company
の2つ在るが後者の英国じゃないだろうか。

http://en.wikipedia.org/wiki/Wagonway
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑英国産業史で「tram rail」や「Waggon way」と言うと市電では無く、
Flange rail(車輪でなく、レール側にフランジを付けた物)を指す場合が多い。
トレビシックもロバートスチブンソン社もフランジレス車輪の機関車を製作したはず。

http://www.irsociety.co.uk/Archives/59/Locos.htm
↑にはフランジレス機関車がいくつか出てます。
292 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2008/12/09(火) 15:58:43 ID:qEKkcwpA
>>277
ご本人でしたのなら無責任な事を書いてしまい申し訳ありませんでした。

>>278
外側台枠は変形機には入らないと思いますが、可動車軸を持つ関節機には構造上外側台枠を持つ機関車が多いですね。

http://www.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=317&LNG=EN
近代機でシングルドライバー(動輪が1軸)はかなり珍しいのではないでしょうか。

http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/paget/paget.htm
パジェット式機関車の写真は上で紹介している一枚しか存在しないと言われていましたが
さらに鮮明な写真が存在しました。
http://www.skyrocket.de/locomotive/data/mid_2299.htm
293 :
鈴木
2008/12/09(火) 21:06:16 ID:5wNhtPx9
>>292
いえいえ、今後もよろしくお願いします。
294 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2008/12/11(木) 13:18:11 ID:Fs6c8T6W
http://blog.modernmechanix.com/
昔の科学雑誌の記事を集めたブログですが、色々面白いものを見つけました。

http://blog.modernmechanix.com/2008/05/11/a-railway-that-falls-down-hill/
旅客用ジェットコースター。

http://blog.modernmechanix.com/2008/02/07/new-rail-car-runs-on-air-electric-perpetual-drive/
空気だけで永久に駆動できるという機関車。眉唾物ですが…
バッテリーでモーターを駆動→コンプレッサーで空気を圧搾→圧搾空気で車輪を駆動→
車軸に取り付けられた発電機で発電→バッテリーを充電という仕組みです。

http://blog.modernmechanix.com/2008/01/02/russias-giant-snake-train-rolls-speedily-on-steel-balls/
上でも出ていたロシアのボールベアリング列車。

http://blog.modernmechanix.com/2007/11/06/can-trains-be-run-by-perpetual-motion/
これも眉唾物ですが、特殊なレールと車輪によって動力なしで走れるという列車。
295 :
鈴木
2008/12/22(月) 02:06:09 ID:eFXCD8mr
296 :
名無しの車窓から
2008/12/22(月) 19:01:13 ID:7MN5Q+MR
スノープロウ付きハイスラー
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
297 :
名無しの車窓から
2008/12/22(月) 20:00:25 ID:7MN5Q+MR
スノープロウ付きシェイ
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
298 :
名無しの車窓から
2009/01/05(月) 17:42:13 ID:J9LSykxD
どれも貴重な資料ですね。
299 :
名無しの車窓から
2009/02/15(日) 18:18:07 ID:RvbEG5aX
age
ここんとこ常連のお二方の姿が見えないなー
300 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2009/02/17(火) 22:19:31 ID:SVAp07MP
http://www.narrow-gauge.co.uk/gallery/show.php?image_id=3465&cat_id=394
http://www.narrow-gauge.co.uk/gallery/show.php?image_id=3464&cat_id=394

このモノレール蒸機は初めて見ました。
フェスティニヨグ鉄道の動態保存機らしいです。
301 :
鈴木
2009/02/18(水) 09:34:25 ID:+LtGNimm
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%22Road+Machines%22+monorail&btnG=%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%A4%9C%E7%B4%A2&gbv=2
↑にいくつか載ってる保存鉄道ですね。

この線路はRoad Machines会社特許のシステムで、同社の1949年の紹介では、
曲線半径12ft.、勾配1/18、が使用出来る。
土建屋さんに好適。1959年にも使用実績あり、とかなり資料があります。

ただし、当時、蒸気機関車の記事はなく戦後の資料では内燃エンジン機の写真だけなので、
この蒸気機関車の出所は解りません。
302 :
鈴木
2009/02/18(水) 09:52:07 ID:+LtGNimm
>>301 ↑
URLが長過ぎで表示出来なければ

"Road Machines" monorail

で画像検索して下さい
303 :
名無しの車窓から
2009/02/18(水) 11:34:11 ID:B284UdhN
いつもお世話になり有難うございます。
304 :
165
2009/02/18(水) 13:20:47 ID:JGC37IJZ
>>301
> この蒸気機関車の出所は解りません。

Rail Machines Ltd.のHPに載ってますよ。メーカーはCentury Millwrights
http://www.freewebs.com/railmachinesltd/thesteammonotrain.htm

Century MillwrightsのHPはこちら
http://www.centurymillwrights.com/

オマケ



305 :
鈴木
2009/02/18(水) 14:17:58 ID:lIn16w3K
どうもです。
Century Millwrightsと言う会社は現在も盛業中のようです。

「Metalair Mark VI trailer waggon No. 146」は貨車と思われますが、そうすると
Millwrights社は1997-8年、古い貨車に缶やエンジンを載せて機関車と成し、
同社製造番号No. 11003 と成した、と読めますね。
306 :
鈴木
2009/02/20(金) 22:53:15 ID:n+T0OxX6
このスレではLarmanjat式モノレールは未だ出てないと思うので。
http://jfvfrosario.no.sapo.pt/Larmanjat/Larmanjat.htm
http://www.robinbarnes.net/gallery40.html
フランスのLarmanjat氏が発明し、
ポルトガルで実際に営業運転しました。
307 :
名無しの車窓から
2009/02/22(日) 18:58:54 ID:J94lv7mg
資料を紹介していただき有難うございます。
308 :
鈴木
2009/02/25(水) 13:47:46 ID:z6Vpyefl
http://www.meigselevatedrailway.com/
http://www.jamd.com/image/g/3427124
Meigsモノレール。蒸気式。

これは実際に作られました。
実地敷設前に「工場などで、安全検査を受けよ」
とかの米国の法令に拠る、工場内の写真が残されてます。
ただ、本来の場所での建設や運転は未然に終わったようです。
米国鉄道趣味本には「ソーセージ」と揶揄されてます。
309 :
名無しの車窓から
2009/02/28(土) 06:59:33 ID:ezgEzyTd
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
310 :
鈴木
2009/03/01(日) 23:52:30 ID:8HCCpjA3
http://parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=374&LNG=EN#picture
ソ連の A・アンドレエフ号
4-14-4
最多軸カップリング動輪機関車
311 :
名無しの車窓から
2009/03/06(金) 05:06:57 ID:AVp6+WSk
昔は様々な多様な形式の機関車があったのですね。
312 :
鈴木
2009/03/06(金) 06:08:57 ID:hX0lvU5R
>>331さん
日本国鉄や支那国鉄は無難な機関車しか作らなかった、
先進国は、理屈で納得すればどんな機関車でも作る、の姿勢と考えてます。
313 :
名無しの車窓から
2009/03/06(金) 08:07:39 ID:vK+LrBa/
>>312
当時の国鉄は、探究心とか足りなかったんでしょうかね?

ひょっとしたら、狭軌ならではの画期的なものや、面白いものが生まれていたかもしれないのに。
314 :
鈴木
2009/03/06(金) 16:32:25 ID:pMR3NE6z
まぁ日本製蒸気機関車でかなりの変型機では、
海軍の宮原技師が退役後作った100%水管式ボイラー機関車はどーでしょう。

残念ながら外観写真が無いのですが水管式ゆえ
缶胴は必ずしも丸形である必要も無いはずです。
国鉄技師は無視。私鉄向けに2、3両小型タンク機を作って終わりました。
315 :
名無しの車窓から
2009/03/07(土) 14:59:27 ID:Lf2WxEAN
>>314
実際に購入した山東と有田はいずれも不成功。
流山向けはボイラー検査不合格。
井笠の12t、B1は注文流れ。「系譜図」に12t、B1の組立図あり。

316 :
名無しの車窓から
2009/03/07(土) 23:34:39 ID:x/djp4jm
>>315
「系譜図」参照しました。お話のとおりの事が書いてあります。
組立図は側面のみで、正面図が無いのでボイラーの外観が角形か否かは確認できませんでした。
宮原氏が最初に発表した計画は私鉄向け小型機でなく、B6レベルの国鉄向けの簡略形式図と記憶してます。
しかしこのB6レベルは受け入れられなかったようです。
臼井氏は「小型機に水管は、戦略を誤った」と書いてますが、
国鉄用B6レベルが受け入れられないから小型機を作ったんじゃないかと思いますが、これは私の個人推測です。

ご指摘の「系譜図」では
「国鉄鷹取がBaldwin製にブロタンボイラー(100%水管でなく火室のみ水管ボイラー)を載せた事がある」
とあり、これは失念してました。

http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/LNER10000/10000.htm
英国の100%水管ボイラー機
317 :
名無しの車窓から
2009/03/26(木) 15:38:39 ID:gphNjktx
水管式ボイラーは高圧蒸気を得られる反面、缶水の管理が厳しそうですね。
スケールが溜まると掃除が大変そうですね。
318 :
鈴木
2009/03/27(金) 01:50:09 ID:1Wq3bfau
>>317
確かに、非復水式ボイラーでは水管式は掃除が大変で不利、という話はよく聞いてます。
しかし、蒸気機関車の
1、水管式は、普通総ての水管の入口に洗缶用ノズルの先を正確に当てられるようになっている。一方
  煙管式は、林立するステイボルトに対して火室洗缶用ノズルは適当に噴射する他なく、一番重要なボルト取り付け部分を確実に狙えるわけではない。
2、水管式は水の対流速度が速いので、スケールが出ても付着する率が低い

の2点からスケール堆積に関しては有利な気がします。以上は、たかが文系の脳内思考ですから反論も当然あるかと思います。
製造費とか、漏れ防止の保守費とかは高額なのかもしれません。
因みにスケール堆積の場所は、
高温の場所、対流しにくい(ヘコミや窪地の陰)場所と思います。
319 :
名無しの車窓から
2009/03/28(土) 20:39:46 ID:vq3UDwMo
>>318
丁寧なご説明を頂き、有難うございます。
320 :
名無しの車窓から
2009/03/31(火) 00:21:28 ID:weCcAkqv
オーストリアの1082の詳細わかりますか?模型でつくりたいんですが、蒸機風電機なんですよね。
321 :
名無しの車窓から
2009/03/31(火) 08:31:35 ID:8JV3/x1n
322 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2009/03/31(火) 21:18:01 ID:t78SrzOt
>>320
bahnarchive内の写真は残念な事に全てリンク切れですが、Internet Archiveで検索したら一枚だけ保存されてました。
http://web.archive.org/web/20060423114549/http://www.bahnarchiv.net/1082-01-01.jpg

ところでBBÖ 1082で検索していたら出てきた鉄道アイコン画像のサイトですが、「KKÖStB project Rihosek」なる謎の電機があります。
車体先端から煙突の様なものが突き出ており、これぞまさしく蒸電気機関車なのでしょうか?
http://www.trainweb.org/railphot/MM_OBB.html
323 :
鈴木
2009/04/01(水) 02:55:00 ID:MRqsKbAL
>>320
有名でない機関車の情報を他人に求める場合、
普通の人は国名と形式と外観特徴程度では思い出しにくいです。
おそらくサムネイル程度の写真は獲得してるのでしょうから、それをネット公開するか、
著作権の問題が生じてるなら、その資料名を書いてもらわないと。
また既にお持ちのデータを書いてくれないと、どの程度詳しいのが欲しいのかわかりません。

先に回答された人の写真を参考に私も少し調べましたが、
「この程度の資料なら既に持ってる」と言われるかも知れません。
1931年、Siemens-Schukert社と、Florisdorf社の合作
1941年、ドイツの管轄下で廃車
15000v,16.67サイクル交流使用、車載の回転変流機経由でDCモーター駆動
車軸配置、2-10-2、中央動輪(主動輪)は薄いフランジ、両端動輪は±22mm横動
Length, 15654mm
Total wheelbase, 12390mm
Rigid wheelbase, 4750mm
Driving wheel diameter, 1310mm
Running wheel diameter, 994mm
Number of traction motors, 3
324 :
鈴木
2009/04/01(水) 11:41:18 ID:MRqsKbAL
http://drehscheibe-online.ist-im-web.de/forum/read.php?17,4180543
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑は実際に電熱ボイラーなのかどうか、確定出来ない蒸気機関車です。
325 :
名無しの車窓から
2009/04/05(日) 00:00:17 ID:KmRm1DLP
>>323
スイマセン。知人から、その知人の友人からこんなメールが来たと添付画像を見せてもらっただけで、
形式と少しの外観しか分かりませんですた。
326 :
鈴木
2009/04/05(日) 00:07:14 ID:NrhjBx2I
>>325
そうだったんですか。これは失礼
まぁ待ってれば思わぬところから、オーストリア電気に詳しい人が現れるかも知れませんね。
327 :
名無しの車窓から
2009/04/09(木) 20:54:09 ID:NIJv8Epc
このスレには詳しい方がおられるので心強いです。
328 :
名無しの車窓から
2009/04/15(水) 19:18:55 ID:1MraPCzp
蒸気動車について調べていますが、なかなか資料が見つからず閉口しています。
このスレに居る諸氏の中で、何か良い資料をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。
329 :
名無しの車窓から
2009/04/17(金) 13:53:15 ID:2ic8UcGB
RMライブラリーの日本の蒸気動車 上下と鉄道ピクトリアル 1971年10月号と
鉄道史料誌に記事が掲載されていたと思います。
http://www.railhobbies.com/tsiryou.html
明治村の実物や鉄道博物館等の図書室にも参考となる資料があると思います。
330 :
名無しの車窓から
2009/04/17(金) 19:37:53 ID:N/5SDhP1
>>329
ありがとうございます。
「日本の蒸気動車」と明治村以外は、存じませんでした。
鉄博は、すぐ行ける距離にあれば良いのですが・・・無念。

若干スレ違い的な質問、失礼しました。
331 :
鈴木
2009/04/17(金) 21:46:56 ID:dCpPTbWW
http://drehscheibe-online.ist-im-web.de/forum/read.php?17,4231406
Hohenzollernの無火機関車カタログ。
カタログ画像内の文字が小さいが、
ドイツ語、英語、フランス語、スペイン(?)語、ロシア語で書いてあります
332 :
うま ◆Jm1fOsd8hE
2009/04/18(土) 16:36:44 ID:mccIOgIQ
>>331
Wiesdorf号は変則的な軸配置ですね。
動輪の間に小さな従輪が在るように見えます。
333 :
鈴木
2009/04/18(土) 17:42:18 ID:y2Vg80NT
>>332
その通りですが、
http://www.merte.de/BE/archiv/51368-01.htm
↑の段階では従輪が亡失してます
334 :
鈴木
2009/04/21(火) 16:22:11 ID:IaWGb1UF
http://drehscheibe-online.ist-im-web.de/forum/read.php?17,4237952
蒸気気動車。
因みに「Dampftriebwagen」でネット検索するとかなり出ますよ
335 :
名無しの車窓から
2009/04/23(木) 10:25:51 ID:bKIibvjC
>>334
ありがとうございます。
流石、技術大国ドイツ。結構色々ありますね。
二軸の蒸気動車なんて、そんなのあったんだ・・・。
336 :
名無しの車窓から
2009/04/23(木) 13:39:11 ID:R61xyZ+d
>>335
日本にも二軸の工藤式蒸気動車があったよ。
337 :
名無しの車窓から
2009/04/28(火) 12:57:40 ID:y7CAcYhs
>>335
ドイツ等、欧州諸国に様々な種類の車両があるのは試行錯誤の歴史とも言えます。
日本にはその試行錯誤の結果生き残った物だけが輸入されて来たのです。
鉄道に限らず試行錯誤の過程が日本では少なく、未だに軽視する風潮があります。
338 :
名無しの車窓から
2009/04/28(火) 20:23:51 ID:cWdrZgGr
日本の社会って最初から使い物になるようなものを要求するんですかね。
鉄道車両の最近の独創品といったら制御つき振り子DMUと
ダイレクトドライブ、ハイブリッドくらいでしょうか。
あと超伝導磁石のマグレブ…板違いすんません…
339 :
名無しの車窓から
2009/04/30(木) 14:02:02 ID:LMNsVpO3
>>337,338
戦時中の軍用の試作機・実験機の乱発ぶりを見ていたらそうとも言えないだろw

鉄道でも「内燃動車発達史(下巻)」なんて見るとナンジャコリャだらけだし
自動車でも「隔月刊オールドタイマー」連載の「国産小型自動車の歩み」なんか見れば
おれらがただ無知なだけだ、ということがわかる

ただ高度成長前まで日本はずっと貧しい国だったから
あんまり試行錯誤してる余裕は無かった、というのはあるかもしれんが
340 :
鈴木
2009/05/01(金) 06:23:35 ID:E0FEAhUn
Alco社(米国)はグレスレー式3気筒(英国)の製造に関して特許料を払ってたと思うのだが、
国鉄や満鉄のグレスレー式3気筒は
特許料を払ってたのか、
既に特許権が切れてたのか、
有色人種はお目こぼしだったのか、特許には詳しくないが、興味がありますね。

同様にシュミット煙管過熱器(ドイツ)とかも。
341 :
鈴木
2009/05/02(土) 04:33:42 ID:xfLAkr6k
342 :
名無しの車窓から
2009/05/02(土) 06:36:23 ID:Frk/264D
>>341
その通り。?は要りません。
343 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/05/13(水) 20:52:05 ID:wt+4cK+I
検索してたらこのスレにたどりついたっす。

最近モノレールの歴史調べてたんだけども、妙なもんがけっこういろいろあんのね。自分用
のメモで作ったリンク集だけど公開したんでこちらにもお裾分け。ほとんどが日本語じゃない
けど。

・モノレールに関するサイト集
 http://nekosuki.org/landscape/others/site-monorail.htm

ラルティーグ式の機関車の保存車がフランスにあるとか、ボイントン式の蒸気機関車がかな
りのもんだとか。変形機じゃねーけどアルヴェーグ式の試験線のバンク具合なんか正気の
沙汰とは思われません。実用交通機関だけどスカイレールもなんだかなぁだし。
最近みつけてうれしかったのは「産業用モノレールを最初に作ったのはうちだ」という会社の
サイトを発見したこと(レール・マシンズ・リミテッド社。現在は廃業しているようですが、公式
サイトは残ってます)。
344 :
鈴木
2009/05/13(水) 21:59:34 ID:wwybYazB
345 :
鈴木
2009/05/13(水) 22:09:33 ID:wwybYazB
http://pro.corbis.com/popup/Enlargement.aspx?mediauids={4d92783f-4e60-4dab-bc97-22e49d2236c4}|{ffffffff-ffff-ffff-ffff-ffffffffffff}&qsPageNo=2&fdid=&Area=Search&TotalCount=289&CurrentPos=12&WinID={4d92783f-4e60-4dab-bc97-22e49d2236c4}
米国上院議院内、議員用モノレール。
製造は米国海軍だったか?
346 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/05/13(水) 22:33:34 ID:wt+4cK+I
>>344 >>345
THX。
まず上。こんなサイトもあります。
http://izmerov.narod.ru/monor/
http://www.darkroastedblend.com/2009/04/one-track-wonders-early-monorails.html
ロシア語はギリシャ語なのでよくわかんないんだよなー。自動翻訳かまして英語にしてとり
あえずは読んでみたのですが。ロマノフ式よりエルマノフ式を先になんとかしませんと。

議員内モノレールは、上の下のサイトにも載ってますけど、これは何なんでしょーね。やぱ
なんかこう海軍が作ったのならば、海軍の上院向けの営業用だったんでしょうか。介護用
モノレールの嚆矢とか言ってみたりして(=^_^;=)。
347 :
鈴木
2009/05/13(水) 23:29:50 ID:wwybYazB
上院議院と議員会館か何かを結ぶ地下通路だが、議員が投票に間に合わないとの不満があり、
通路にモノレールを敷設。
旅客定員12名。直流125V使用。レールは15kg/m。
The car makes 125 trips / day.
the length of track being 750ft.
設計はElliott Woods氏
the actual construction was by the ordnance department of the Washinton Navy Yard 也。だそうです。
348 :
鈴木
2009/05/13(水) 23:46:24 ID:wwybYazB
349 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/05/14(木) 00:00:25 ID:7d9Zq4O5
いやあきっと思いついた様式のモノレールを作ってみたかったんだな。で、どこから予算を
ぶんどってくるか考えたとき「上院」の蛇口がいちばんじゃぶじゃぶいきそうだったと(笑)。
しかしあの懸垂式の方、少なくとも30年以上は使われていたってのが意外だ。マジかお。

ただ個人的にはこれ、上下にレールがあるんで「モノレールではないだろう」とつっこみたく
なったりしました(ただ、「モノレール」って「1本のレールを使う交通機関」っていう意味では
なくて、実は「普通の二条式鉄道以外の全て」っていう定義の方が正しいような感じがする
今日このごろ)。
350 :
鈴木
2009/05/14(木) 00:56:22 ID:pSfk3KjI
>>343 のリンク集の内、
・Lartigue System : ラルティーグ式(1888年) について。
これはアルジェリアの大農場に赴任したLartigue技師が始めたもので、
それまで使っていたドコービル線路が砂嵐のたびに埋まってダメなので開発。
http://cnum.cnam.fr/CGI/fpage.cgi?4KY28.22/0024/100/448/0/0
↑、動力は人畜
本来は簡易を旨としたのだがLartigue氏自体が本格的モノレールに近づく。
http://cnum.cnam.fr/CGI/fpage.cgi?4KY28.22/0341/100/448/0/0
↑、電気式
これらは確かシーメンス社の目にとまり、ピレネー山脈東のRia銅山に採用された。
その後、Lartigue式鉄道はマレー(関節機関車で有名)な技師の協力で蒸気機関車を作り英国で採用。
アイルランドのリストーウェル&バリブニオン鉄道はモノレール蒸気運転営業として歴史上最も成功した。
この時Lartigue社の英国担当がBehr氏。

この頃Lartigue氏は引っ込み、Behr氏はLartigue式を簡易鉄道としてでなく、
高速幹線鉄道への発展として画策。
1897年、跨座式電気モノレールを博覧会で運転し120km/h。
http://glostransporthistory.visit-gloucestershire.co.uk/grcw.html
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑の写真は下回り
跨座式モノレールは脱線の心配が無いから、急曲線も急バンクで飛ばせるはず、と考えた。
これらは戦後のアルヴェーグと似てます。
351 :
鈴木
2009/05/16(土) 06:18:59 ID:7J8UDUwj
http://s25.photobucket.com/albums/c63/bengts/FS/
イタリアの排熱利用給水暖め機関車
352 :
鈴木
2009/05/16(土) 13:05:55 ID:+phX7H7o
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
Brotan式水管火室ボイラー
353 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/05/17(日) 23:01:59 ID:RR5q3vz7
>>350
あ、ひきつづきどーも。

上2つのモノレールは、パーマー式であってラルティーグ式じゃないですね。まあ、なんで
またシャルル・ラルティーグが「ラルティーグ式」を開発するに至ったのかを如実に説明す
る資料だし、パーマー式をわかりやすく説明するイラストでもあって、そういう点でとても貴
重なものだとは思います。このパーマー式に、安定させるための下部軌条を追加したのが
ラルティーグ式です。
前後関係がよくわかんないのですが、開通はリストーウェル&パリブニオンの方が先だっ
たようなんですが、開発者がフランス人なんで、フュール=パニシエル鉄道のがよりラル
ティーグの本旨には近かったんじゃないかなんて気もするんですけどね。フュール=パニ
シエル鉄道があっとゆー間に廃線になった理由がいまいちよくわかんね(そのわりに保存
車があり、それなりに大切にされているらしいあたりがもっとわがんね)。

跨座式の高速モノレールとしては、後年ロッキード式が狙った市場あたりが近いのかもし
れませんね。ロッキード式、悪いシステムじゃなかったと思うのだが、諦めが早かったとい
うか撤退が無駄に潔かったというか、そのあたりがよくわかりません。
354 :
鈴木
2009/05/18(月) 04:32:51 ID:7EflA6x4
Henry Robinson Palmer(1795年生1844死)のモノレール(英国特許No.4618=1821年、)
は石材製品を港に出すための短距離線ですが、
その構造は頑丈で、重量に耐えるものです。彼は英国土木技術の重鎮です。
  >>350の上の2つで挙げたフランス"Nature"本はパーマー式でなく、Latigue式です。
何故なら図版の下に
「No.1._Chemin de fer monorail de M. Lartigue 」と説明されてるからです。
Lartigue初期はパーマー式と違い、可搬式簡易線路で使用目的はドコービル農業用線路と同じです。

Lartigue(1834年生)の最初の特許は1882年。
初期はA型脚の側面に安定用レールが無いです。
1884年、パリ農業博覧会で電気式を公開
1885年に、蒸気機関車を導入する頃、A型脚を地面に固定したり、安定用線路を追加したのだと思います。
1888年に、Listowel & Ballybunion鉄道営業運転。この地域も海岸の砂嵐がある場所と思われます。
1924年、Listowel、内戦の被害で廃線

1894年のフランスのLatigueモノレール失敗の原因として、機関車のメーカーが、F. Beatrix, of St. Etienne なる
地元無名会社だったから、と言う人もいます。(Listowel鉄道はMallet設計Hunslet製造)
355 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/05/19(火) 00:26:27 ID:nKYfrF2l
シャルル・ラルティーグは、パーマー式をアルジェリア(だったっけか)あたりに敷設する
技術者からキャリアをはじめたんだったように記憶してます。ラルティーグが敷設したか
らといってそれがラルティーグ式と呼べるかどうかは疑問だったり。強弁はしませんが。
ラルティーグ式と呼べるのは、三条式になってからじゃないかなあ。
パーマー式の一条式のままに蒸気動力を導入した事例ってのも、ブラッドフォードモノ
レールみたいな事例があるわけですし。

おれの歴史観では、ラルティーグ式は、その後のALWEGやロッキード式などの経緯に
つらなる基本を築いたもので、その成果は高く評価できると思ってる(その前に、リロイ・
ストーン将軍がいたりするんだけど)。ただ、その明確な区切りは、三条式にしたところ
なのであって、ラルティーグが敷設したからってその全てがエポックメイキングなもので
はないだろうし、パーマー式あるいはその亜流にとどまっている間のものについては、
ラルティーグ式という名前で呼ぶのは適切じゃないような気がするんだなあ。

フュール=パニシエル鉄道の評価が案外低い理由は、よくわかんないですね。なんか
理由はあったんだろうけど。少なくとも、フュール=パニシエル鉄道がうまくいかなかっ
た理由は、今から調べてもなかなかわかんないです。いまだに保存蒸気機関車がそれ
なりに丁寧に維持されているようなんで、現地的にはそれなりの評価を得ているのかも
しんないです。
356 :
鈴木
2009/05/19(火) 01:43:34 ID:Due2CGSI
フランスのが開通直後に廃線になった理由は私も解りません。
大船ドリームランドのような技術的失敗とか、政治や財政の問題とか、何があったか解りません。
1、Listowel & Ballybunion鉄道
   機関車は英国製。動軸は3軸+テンダーブースター2軸
   敷設会社、Lartigue Railway Company Ltd.(英国)
   敷設責任者、Behr氏(ドイツ人)
   道路交差、23箇所と言われてる
   1888年〜1924年まで営業
   廃線理由、内戦破壊
2、FEURS-PANISSIÈRES 鉄道
   機関車は仏国製。車軸は4軸。全部動軸か?
   敷設責任者、Behr氏以外の人
   道路交差、0箇所
   1895年頃開通、路線距離17km
357 :
名無しの車窓から
2009/05/19(火) 11:53:40 ID:OdeUZDr9
> フュール=パニシエル鉄道の評価が案外低い理由は、よくわかんないですね。なんか
理由はあったんだろうけど。少なくとも、フュール=パニシエル鉄道がうまくいかなかっ
た理由は、今から調べてもなかなかわかんないです。

ご存知かと思うが、コレは見ましたか?
http://www.panissieres.net/panissieres/monorail2.php
358 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/05/20(水) 02:06:33 ID:NIZnV7XF
>>357
あい、そこは見ました。フランス語は解さないので機械翻訳を通して四苦八苦しましたが、
いまいち自信がもてません(=^_^;=)。
保存車があるのを知ったのもそのサイトだったなあ。フェール=パニシエル鉄道のサイト
としては、そこは一級品ですね。末永く存在していただきたいものだと思います。そこがも
し落ちたらフェール=パニシエル鉄道についてそれなりにまとまったサイトは壊滅してしま
うんじゃないだろーか。
359 :
名無しの車窓から
2009/05/23(土) 02:43:07 ID:EwpUI9Bt
機械翻訳するならフランス語→英語に翻訳する方が
フランス語→日本語よりも正確ですよ。
360 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/05/23(土) 19:34:44 ID:dzUX7CTB
あい。フランス語はそうしました。ロシア語は英語にしてもよくわからないんだよなー。
ロシア語を読むよりは千倍くらいわかりやすいんですが(ゼロに1000をかけてもなあ)。
361 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/06/08(月) 23:41:54 ID:GCs2cosf
ロマノフ式モノレール。
どーせ同時期だしランゲン式と似たようなもんだろうと思ってちゃんと調べないで放っておい
たのだが、ふと気になって調べてみたら、ランゲン式とは全然違ってた。車輪配置でいうと、
どっちかっつうと跨座式のロッキード式に似てる。結果は、懸垂式と跨座式で、ぜんぜん違
うものになっているのだが。
何考えたらこんなもの作ろうと思うのかについては想像もつかないが、とりあえず資料とし
てまとめておこうと思った。

ロシアの自国中華主義者はWikipedia英語版にも進出したようで、「エルマノフ式が世界で
最初のモノレールである」とか書いておられるようである。うむー。おれの身辺にはやつが
こないことを祈ろう(=^_^;=)。エルマノフ式、調べてはみたのだがよくわかんのよな。

おまけ。
タイム・ライフの写真画像がGoogleにあって、その中にヒューストン・スカイウェイのものが
そこそこあるのを発見。ゴムタイアを使っていることは確認できたのだが、しかし案内方式
がよくわからないんだよなあ。上野式と1年しか違わないんで、たぶん発想は似たようなも
んだろうと思うのだが。
スカイウェイは車輌あたり620馬力の内燃機関式とかいうことらしいので、それなりにがん
ばってメインストリームを目指したのだろうなあ。ちょっと調べてみようかと思う。
362 :
鈴木
2009/06/09(火) 07:42:03 ID:+EKXtVDy
>>361
>「エルマノフ式が世界で 最初のモノレールである」とか書いておられるようである。

雲をつかむような話ですが、
「エルマノフ」氏の米語表記が解れば
http://www.google.com/patents
↑で同氏が米国特許を取ったか否かは解ると思うのですが。
363 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/06/09(火) 23:53:50 ID:JH7Bsgvx
>>362
エルマノフ氏の英語表記は「Ivan Kirillovich Elmanov」であり、、ロシア語表記は「Иван
Кириллович Эльманов」らしいのですが、なんせ帝政ロシアの時代の
話だし、いくらなんでも米国特許は取ってないんじゃないかと思う。いま「Elmanov」で検索し
てみたけどひっかかんなかった。

んで、エルマノフ式のモノレールについてはわかんなかったのだが、ロマノフ式については
わかった。ロッキード式の支持方式から片側に腕を伸ばして懸垂式にしたような様式のもの
であったらしい。なぜそうしたのかはよくわからないし、同時期のランゲン式の方が百倍頭
がいいなあとも思った。

スカイウェイについては、タイムライフの写真をかたっぱしからあたっていったところ、一枚
だけガイドタイアがはしっこに見えるやつを発見。いまさらのように「総当りってけっこう大事
だなあ」とか言ってみる。
簡単にいうと、丸パイプを軌道桁として通し、上面に板をはっつけて平面としてそこに走行用
タイアを乗せる。上面中央に垂直に板を立ててそれを左右からタイアで挟んでガイドにする、
という感じ。それで160キロ出そうって、いい根性してんなあヤンキーどもはっ(=^_^;=)。
364 :
鈴木
2009/06/10(水) 04:42:08 ID:BQP3bK/+
私も「Elmanov」で米国特許の検索しましたが、やはり出ませんでした。

ただ、1918年以前でも各国の発明家は大抵米国特許を出願してます。
以下はモノレール関係の米国特許です。
http://www.google.com/patents?id=ubVyAAAAEBAJ&pg=PA1&dq=Lartigue&source=gbs_selected_pages&cad=0_1
Lartigue(フランス人)1883年、A脚型モノレール

http://www.google.com/patents/about?id=WmVMAAAAEBAJ&dq=Anatole+Mallett
Anatole Mallett(フランスorスイス人)1889年、モノレール用用機関車(ラーテイギュ用)

http://www.google.com/patents/about?id=RHNuAAAAEBAJ&dq=Ewing++singlerail
Charles Ewing(英国人)1895年、モノレール(インド向け?)

http://www.google.com/patents/about?id=87g_AAAAEBAJ&dq=Eugen+Langen+singlerail
Eugen Langen(ドイツ人)1896年、懸垂モノレール用分岐器(ブッパタール用?)

http://www.google.com/patents/about?id=LJlUAAAAEBAJ&dq=Behr+singlerail
Behr(ドイツ人)1902年、跨座モノレール(ラーティギュ社の番頭)

http://www.google.com/patents/about?id=PL9CAAAAEBAJ&dq=Schilowsky
Peter Schilowsky(ロシア人)1915年、ジャイロ車両(後ジャイロモノレール模型製作
365 :
猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ
2009/06/10(水) 18:56:49 ID:NL+wDsgp
>>364
サンクスです。
3つ目のユーイング式、結果としてはインドでしか採用事例が出ませんでしたが、あれは
こう、初期の軽便鉄道としてはけっこういいシステムだったようで。最初に見たときには、
なんだこりゃっていうかぎょっとするというか、異形のシステムですけどねえ。
廃止されてしばらくはそのまま忘れ去られていたのに、50年くらいでしたか、経過してか
ら掘り出され、動態保存に至ってしまったというあたりもほほえましくて良いです。
366 :
名無しさん@線路いっぱい
2009/07/04(土) 12:00:15 ID:To4Sdhmp
はじめまして、
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/locoloco.htm
いろいろな蒸気が紹介されています。
技術的なことはよくわからないのですが、見ていて楽しいな と、
367 :
鈴木
2009/07/05(日) 01:37:06 ID:zAiYh2mD
ネタも無いので
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/LOCOLOCO/hagans/hagans.htm
関連で。
http://www.google.com/patents/about?id=iuJ1AAAAEBAJ&dq=Christian+Hagans
↑ハガンス式機関車特許

他にChristian Hagans氏の特許。
http://www.google.com/patents/about?id=JVlTAAAAEBAJ&dq=Christian+Hagans
↑、クリンリントナー式に似てます。
http://www.google.com/patents/about?id=OzBPAAAAEBAJ&dq=Christian+Hagans
↑、固定台枠、全外側4気筒、バランス複式だが、気筒配置が珍。(多分未実現)
http://www.google.com/patents/about?id=MldFAAAAEBAJ&dq=Christian+Hagans
↑、ボイラーの過熱装置だが、火室の燃焼ガスの利用を軽視して、別に煙室の中で独立した別の火を焚いてます。(多分未実現)
368 :
鈴木
2009/07/05(日) 17:01:31 ID:pTYVAaaz
http://www.lrpresse.fr/trains/viewtopic.php?t=8715
石炭山盛りタンク機関車
369 :
名無しの車窓から
2009/07/06(月) 17:54:03 ID:v88Hn7J+
>>368
これは、ダージリンみたいにキャブよりも前に炭庫があるタイプですね。
370 :
名無しの車窓から
2009/07/22(水) 22:51:37 ID:z/unCVQl
LeRoyの読みはル・ロイではないでしょーか…
371 :
鈴木
2009/07/23(木) 02:03:43 ID:rnDOc2D6
>>370
「LeRoyの読みは」
↑、すいません、該当発言番号を記述してくれます?
372 :
鈴木
2009/07/25(土) 22:32:40 ID:T4RjvKZu
http://www.nyysa.com/archive/code/doSearch.php?a=1&e=1&x=10&al=American+Locomotive+Company&ao=270&e=1
↑の中のこれ↓
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
Alco製、Delaware & Hudson 鉄道 2-8-0 
水管火室、複式(3段膨張)、4気筒、テンダーブースターエンジン付き
373 :
名無しの車窓から
2009/08/09(日) 02:42:22 ID:Rh0/eSAN
>>370
フランス語読みならル・ロワ
英語読みならリーロイ
LeRoy式モノレールはアメリカだからリロイでいいはず
374 :
名無しの車窓から
2009/08/13(木) 14:07:43 ID:azA24rtm
鈴木氏やここに集う皆さんはJAM等のイベントには行くのですか?
驚き・発見〜鉄道模型展 会期:7月18日(土)〜9月6日(日) 会場:狭山市立博物館
鉄道模型フェスティバル 会期:8月12日(水)〜18日(火)会場:阪急百貨店梅田店
夏休みファミリーフェスティバル 大鉄道博 会期:8月1日(土)〜31日(月) 会場:グランドプリンスホテル新高輪 
わくわくレールランド2009  会期:8月13日(木)〜24日(火) 会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ
第10回国際鉄道模型コンベンション 会期:8月21日(金)〜23日(日) 会場:ビッグサイト
375 :
鈴木
2009/08/13(木) 23:02:48 ID:rgFsoW7d
>>374
行けば面白いのでしょうが、私は模型は既にオチコボレてる人間なので行かないと思います。
その分引きこもって実物の古い蒸気機関車(珍型&普通型)の資料を読んでるつもりです。
376 :
馬力 ◆1PS/GDWIWU
2009/08/15(土) 12:28:12 ID:9dJQbUse
外でロードレーサーわしわし漕いでます。
377 :
鈴木
2009/08/15(土) 16:45:24 ID:R21gLiiE
>>376
2クランク180度、オープンキャブのシングルドライバーですね
378 :
名無しの車窓から
2009/10/07(水) 22:49:20 ID:dNmwmUde
うまい表現だと思う。
379 :
名無しの車窓から
2009/11/02(月) 21:13:34 ID:ZwPRv0xW
「1−1−0」ですね。
380 :
名無しの車窓から
2010/01/06(水) 03:19:21 ID:0peIGoyD
首振りエンジンの実物に使用した例はあるのだろうか?
381 :
鈴木
2010/01/07(木) 01:12:40 ID:ozynvR4L
>>380
ありました。
http://www.catskillarchive.com/rrextra/odcuri.Html
↑の下の方Fig.30です。
Dewey Bros社の森林鉄道向け製品。1両とかでなく、それなりの台数を売ったはず。
その1/87の詳細な図が
1960年代から1980年代のModelRailroader誌に出てたはずだが、今確認出来ません。
382 :
名無しの車窓から
2010/01/08(金) 00:31:11 ID:8Ho+aqBv
>>381
MR誌1976年5月号に有り。
ただし、Filer & Stowell Co.製の0-6-0の詳細図と0-4-0の
簡略図(テンダーなし)で、いずれもSスケール。

↓は1/8のライブスチーム
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
383 :
鈴木
2010/01/08(金) 01:47:22 ID:QbSWEWRh
>>382
ありがとうございます。MRのは0-4-0と0-6-0の二種類あったような記憶が。
http://www.index.mrmag.com/tm.exe?opt=I&MAG=MR&MO=5&YR=1976
↑の目次の↓ですね。
Filer & Stowell logging locomotives
384 :
名無しの車窓から
2010/01/17(日) 11:23:33 ID:b1DEe2dD
>>381-383
詳しい御説明を戴き、ありがとうございます。御厚情に感謝申し上げます。
385 :
鈴木
2010/01/20(水) 23:18:49 ID:H4tvcul0
http://www.smokstak.com/forum/showthread.php?t=34181
↑の掲示板内の、Mike McKnight 氏 12-09-2006投稿に拠れば、
首振りエンジンは、大型エンジンを別にすると、
「Filer and Stowell, Milwaukee WI」 と 「Dewey Bros, Goldsboro NC」の二社は「oscillating cylinder logging locomotives」製造経験あり。
その他何社かは首振りエンジン自動車の製造経験あり。
と読めます。
386 :
名無しの車窓から
2010/01/25(月) 17:52:45 ID:Eki4qi/k
>>385
carriageを自動車と解されたようですが、製材機械のことでは?
Mike McKnight氏のコメントの中に次の記述がありますが、
Last year I found a F & S carriage engine, which is quite a bit bigger than a Soule'.
Soule'とは↓のことでしょう。
http://www.dself.dsl.pipex.com/museum/power/rotaryengines/soule/soule.htm
このロータリーエンジンの次の説明で、carriageがどんなものか明らかでしょう。
This engine was known as the Soulé Steam Feed, "Feed" in this case referring to feeding wood into a circular saw on a power-driven carriage.
387 :
鈴木
2010/01/25(月) 21:44:11 ID:5NzqCNMv
>>386
「carriage」を自動車と書きましたが、工場内を線路無しで動き回る専用自動車
と考えてました。
これが丸鋸に木材を押し込むエンジンかどうかは考えてませんでした。
これ以上は解りません
388 :
鈴木
2010/02/19(金) 21:22:20 ID:UkGuRvB9
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
これはソ連が作った、ディゼル蒸気両用機関車?
389 :
名無しの車窓から
2010/02/20(土) 11:18:12 ID:74ZV3b0O
>>388
おなじみのサイトに解説があるよ。
http://www.dself.dsl.pipex.com/museum/LOCOLOCO/russ/russrefr.htm
390 :
鈴木
2010/02/20(土) 19:29:25 ID:MYTWf1ME
>>389
リンク先に「pulverised coal」使用とあります。
蒸気ディゼル機関車にpulverised coal(微粉炭)が使用可能なら、
蒸気発生用ボイラーの燃料と、ディゼルエンジンの燃料を共用出来る事になります。
ディゼル氏はその内燃エンジンを油でなく価格の安い微粉炭で動かす眼目があった(最終的に放棄)
ソ連のこの機関車のディゼルエンジンが微粉炭で動くのかどうか興味があります。
391 :
鈴木
2010/02/21(日) 08:37:21 ID:qI6ftcKa
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
ワイナンス型キャメル。
石炭の投入口が火室天井にもある。
392 :
名無しの車窓から
2010/03/17(水) 08:39:03 ID:F3vcbXdz
石炭ガス化発電はどうだろう?
393 :
鈴木
2010/03/19(金) 22:42:04 ID:iRd8ateo
>>392
機関車ではないが、
東海道線京浜間電化のための蒲田発電所はこれ使ってたと思います。
394 :
名無しの車窓から
2010/04/25(日) 01:39:11 ID:TvFdqbVJ
微粉炭ディーゼルは使えるのだろうか?C重油でもかなり不完全燃焼するらしいが。
395 :
鈴木
2010/04/25(日) 08:28:36 ID:J1siZwex
ディゼル氏によるディゼルエンジン発明の眼目の一つに、
油より廉価な微粉炭で内燃機関を動かすことがあったが、彼はこれを実現出来なかった、と何かに書いてありました。
その後誰かがこれを実現したか?は不明です。
396 :
鈴木
2010/04/26(月) 21:44:23 ID:2Jecl+4S
http://forums.auran.com/trainz/showthread.php?t=39463
米国の掲示板でしょうか?
珍機関車ページ。
397 :
名無しの車窓から
2010/07/24(土) 01:26:21 ID:Snh+vs5W
面白いですね。
398 :
鈴木
2010/07/28(水) 22:01:13 ID:8TKPBWOq
http://home.comcast.net/~phstakem/rr/winans/WINANS.htm
ワイナンス型機関車の写真がいくつか含まれてます。
399 :
名無しの車窓から
2010/08/14(土) 00:56:54 ID:xVYYw/nk
これすごいよね。車輪は戸車でモーターはマブチモーター、電池ボックスは田宮製
どこでも入手できる部品を組み合わせている。
http://www.youtube.com/user/rs17420#p/u/0/AGaevdhIz9Y
ここまで滑らかに走っている動画は初めて見た。
400 :
名無しの車窓から
2010/08/28(土) 15:23:59 ID:SNRDDtDR
Douglas Self Site、リンク切れになってしまってますね。
変型機についてのまとまったサイトが無くなってしまったのは惜しいです。

>>399
ジャイロモノレールといえば、こんな写真を発見しました。
http://www.flickr.com/photos/nationalrailwaymuseum/4050456934/#/
ご存知ブレナンのジャイロモノレールですが、後ろ向きの車両の写真は初めて見ました。
日英博覧会(1910年)にて初公開、エンジンはウーズレー製とあります。
401 :
名無しの車窓から
2010/09/01(水) 10:06:12 ID:iMnr8v5E
>>400
ありがとうございます。画期的ですね。どのような乗り心地だったのか興味があります。
402 :
名無しの車窓から
2010/09/16(木) 22:52:08 ID:7BD6g5nn
Douglas Self Siteの移転先だぞ

http://www.aqpl43.dsl.pipex.com/index.htm
403 :
鈴木
2010/09/16(木) 23:43:34 ID:TI3jrzYC
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
Arnoux式機関車。パリ。
各先従輪に対して40度くらいに傾斜した2個の車輪が取り付けられていて、
これによって各先従輪が居るレールの曲率を検知し、先従輪が強制的にステアリングされる。動輪はフランジ無しのはず。
パリ〜Sceauxを結ぶ近郊線で、終着駅の急曲線Uターンを通す目的で作られた。
404 :
名無しの車窓から
2010/09/19(日) 11:03:32 ID:vetGqlnf
ソ連のВ5型蒸機
http://railfanclub.spb.ru/photo/displayimage.php?album=26&pos=12
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9F%D0%B0%D1%80%D0%BE%D0%B2%D0%BE%D0%B7_%D0%925

1937年1両のみ製造。
一見ディーゼル機のようなキャブフォワードスタイルが特徴。
80kg/cm2の高圧ボイラー搭載、前部のボギー台車をギア駆動。
405 :
名無しの車窓から
2010/09/29(水) 21:53:33 ID:4mIyAM1v
http://www.tassignon.be/trains/Vapeur%20Belge/Vapeur_Belge.htm
一番下の方に稼動中のフランコ・クロスティ機の写真があります。
406 :
名無しの車窓から
2010/09/30(木) 10:12:35 ID:Bqe446HP
どれも貴重な資料ですね。
407 :
鈴木
2010/10/01(金) 09:25:05 ID:rJ5IfMZg
http://www.sil.si.edu/smithsoniancontributions/HistoryTechnology/pdf_lo/SSHT-0025.pdf
American Single Locomotives and the "Pioneer"
John H. White, Jr. 著
408 :
名無しの車窓から
2010/10/15(金) 18:06:54 ID:G8HtVbA6
またdouglas self siteが見られなくなってる…
409 :
名無しの車窓から
2010/12/16(木) 11:22:09 ID:5jQpzOR7
どうしてかな?
410 :
名無しの車窓から
2011/01/01(土) 11:15:37 ID:Db8U9gjf
http://parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=296313&LNG=RU#picture
ソ連の蒸気ディーゼルハイブリッド、対向ピストン機No.8001の鮮明な写真がありました。
411 :
鈴木
2011/01/01(土) 12:51:22 ID:jSYqmWun
ホーッ これはすごい写真です。
出典は「архива ЛТЗ(=アーカイブЛТЗ)」だが、ググルと僅かな鉄道写真が出るだけだ。
背後に何か巨大なアーカイブHPがありそうな気がするのですが。

1948年製、8001型のmm寸法は、
先従輪直径900φ、 動輪直径1500φ、各動輪間軸距離1600φ、缶中心高さ3550。
第3動輪は第2動輪とのみ、連結されてるらしいのだが、よく解らないです。
412 :
名無しの車窓から
2011/01/02(日) 08:51:00 ID:KYpU5wcF
クランクが動輪以外に括り付けてあったり?
ディーゼルエンジンって?まさかピストンが2ストディーゼルを兼ねてるとか?
なんかよくわからん。。
413 :
鈴木
2011/01/02(日) 13:13:02 ID:LagvwpcB
Stillエンジンという物があり、その原理はスレの上の方にも書いたが、内燃外燃結合エンジン。
低回転時はディゼルが無理なので蒸気エンジンで動かすが、高回転ではディゼルエンジン、内燃外燃併用可。
ディゼルエンジンの排気熱を蒸気ボイラーの熱源に加味する。
Stillエンジン機関車は英国キットソン社が1台試作した。

ロシアの8001型はstill式を名乗ってないがStillエンジンと同じ考え。(キットソン-Still式機関車とはかなり異なる)
開発はMeizel氏なのでマイゼル式を名乗る。8001型の他に3種類があった。
"The Still Engine and Railway Traction" Duffy筆、ニューコメン協会会報1988年頃、 に拠れば8001型は8気筒。
台枠内側に気筒は無いんじゃないかと思うので、全外側で8気筒とすると、機関車の片側に於いて上段2気筒(前後各1気筒)、下段2気筒(前後各1気筒)と考えられる。(鈴木)
5つの動輪はサイドロッドで全部つながってる。
上下のピストンは第1第2動輪間にあるレバーで結合され、180度対向して動く。
下側ピストンのクロスヘッドが機関車前端(or後端)のダミークランクを回すが、後クロスヘッドはダミークランクに180度対向して
結合してるので、前後ピストンの動きも180度対向してる事になる。

「Steam was used for starting, as with the Still engine, but it was admitted to both sides of the pistons,
and at heigher speeds the inner volum
of between each pair of opposed pistons was used gor internal combustion,
with steam working the outer faces.」
↑が解らない所で、同じ気筒空間を内燃にしたり、外燃に切り替えたりしていいもんなのだろうか?
414 :
鈴木
2011/01/03(月) 02:29:19 ID:mNrH4K1e
ソ連のMaizel式機関車は、Duffy氏レポートでは
1) 8000型、4気筒、2-8-2、1939年
2) Tp1-1,Starlinets型、8気筒、2-10-2、1939年
3) 80001型、8気筒、2-10-2、1948年
4) OR23-01型、4気筒、2-10-4、1949年

http://strangernn.livejournal.com/139121.html?thread=2129521
↑は8001型の形式図を出してます。

http://ukrtrains.narod.ru/int/tm/80-11_tp1.htm
上でも説明してるようですが未だ自動翻訳にかけてない。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑の絵は、2) Tp1-1のように見えるが腰板には「8000」と書いてある。
また、この絵の機関車のテンダーが復水式に見えます。
この2-10-2は1970年代の石油ショックの時に再検討されたと言われるが、英国内の話なんだろうか?

ソ連のMaizel式機関車の他資料は
Le Fleming and Price著, Russian Locomotives, 1972年出版があるらしいが未見。
また多分この本を参考に作られたと思うOゲージ秀作模型写真が昔のトレイン誌に紹介されてた。
415 :
名無しの車窓から
2011/01/10(月) 06:28:35 ID:J6b2HWAG
>>412
>同じ気筒空間を内燃にしたり、外燃に切り替えたりしていいもんなのだろうか?
潤滑の問題さえ対策がとられていれば内燃機関を外燃機関として駆動しても問題はないのでは
ないでしょうか?
416 :
鈴木
2011/01/10(月) 13:51:04 ID:kLvkLyVE
>>415
理数系の事は解らないのですが、
ピストン外径と気筒内径の隙間寸法に関して、
ディゼルの爆発温度は1200℃以上、
過熱蒸気の温度は400℃程度と思われ、
そうすると熱膨張による隙間の変化が内燃と外燃で違うと思うのですが、
大した事ないから平気なのかどうなのか、を知らないわけです。
417 :
名無しの車窓から
2011/01/10(月) 17:20:01 ID:6yyz2Ks3
ディーゼルといいつつも、
実は焼玉機関並の低圧縮なものだったり。

418 :
名無しの車窓から
2011/01/30(日) 18:48:55 ID:X3kpUGgY
蒸機からディーゼルへのかなり乱暴な改造例
http://www.railpictures.net/viewphoto.php?id=313615&nseq=80
419 :
名無しの車窓から
2011/01/30(日) 22:29:37 ID:goU0zus8
>>418
蒙古の戦車を頭に浮かべながらクリックしたら、
予想以上に強引すぎて吹いたw
420 :
名無しの車窓から
2011/01/31(月) 11:33:39 ID:44vTmo9U
その昔、南方戦線で鉄道車両を整備する人が足りなくて
自動車の技師がC56?のシリンダの精度を
クルマのガソリンエンジン並みに調整したところ
全然動かなかった、と読んだのはどこでだったでしょうか…
421 :
鈴木
2011/04/28(木) 03:05:49.41 ID:KhzZesgn
http://www.lrpresse.fr/trains/download/file.php?id=57908
これなんか、機構的には普通なんだろうけど、
まとまり具合が異様です
422 :
名無しの車窓から
2011/05/06(金) 20:07:38.27 ID:hEJWiTqU
既出でしょうかね、 OeBB 3071。
1935年の登場時は BBOe DT 1だった。
キャブの後ろに荷物室を配した凸型タンク蒸機。
2級線の快速列車に使われ、田吾作?とのあだ名を頂戴。
ドイツに併合後、71.5形となり、
ミュンヘン東機関区で入換と客車の暖房立ち上げに従事?
20両中18両が戦後オーストリアに帰った。
「レンツ式」弁装置つき…
Strasshofというところの鉄道博物館に保存されている。
1940年にスロバキアも同形車を6両作った(M273.1)。
423 :
名無しの車窓から
2011/05/10(火) 09:52:49.44 ID:vU0YNLUO
DT = Dampf Triebwagen (綴り自信なし) = 蒸気動車扱い?
発想はキワ90に近いのかな。
424 :
鈴木
2011/05/11(水) 03:26:21.29 ID:BNhhuqSg
この手のライトバン(?)みたいなのはベルギーにかなり在ったと記憶してます。
425 :
名無しの車窓から
2011/05/13(金) 15:34:08.81 ID:WVC/mumV
名古屋でホジ見てきました。特別展で機関部取り外して見せたりしないかな。
426 :
名無しの車窓から
2011/05/14(土) 03:09:54.84 ID:dFKMKb5e
そういえば、ガンツ式蒸気動車の機構を見てみたい。
そうだそれを人生の目標のひとつに加えようw
427 :
名無しの車窓から
2011/05/14(土) 04:23:48.78 ID:dFKMKb5e
連投失礼、

アゼルバイジャンのE2M62という2車体の電気機関車は
2M62というディーゼル機関車を改造したものだそうな。
428 :
名無しの車窓から
2011/06/02(木) 21:25:38.10 ID:4nyFDz7u
http://www.cincinnativiews.net/steam%20cars.htm
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
1860年頃にシンシナティで使用された最初期のsteam dummy
鉄道車両とは思えない外観w
429 :
鈴木
2011/06/02(木) 22:39:13.68 ID:StSSolqD
>>428
http://www.cincinnativiews.net/Streetcars.htm
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
↑私はご紹介サイト内の洪水用電車に興味を持ちました。
430 :
名無しの車窓から
2011/06/08(水) 10:13:30.90 ID:0StnyInC
鉄道ファンの1980年4月号にタスマニアのK1ガラットが掲載されていたらしい。
またTMS1999年1月号にも模型のガラットが掲載されたらしい。
ナローのガラットは英国でライブスチームで16mmゲージ(軌間32mm)で人気があるらしい。
431 :
鈴木
2011/06/09(木) 04:20:15.28 ID:rAhgEUcn
タスマニアは1903年、ハガンス式(2-6-4-0,車両重量40t)を買ったが、重過ぎたと言われる。

それで1908年にガーラット氏から買った特許(英国内だけの独占使用権)を持つ
ピーコックのガーラット機を買った。
ピーコック社、1909年。製造番号5292他合計2両。
Tasmania Government向け。North East Dundas鉄道用。2ft.ゲージ。0-4-0+0-4-0、運転重量33t
これがガーラット第一号。
ガーラット機の中で本機のみが複式であり、又気筒が台車の前後端でなく中央寄りについてる。

因みにガーラット第二号はダージリン鉄道向け。2ft.ゲージ
432 :
鈴木
2011/06/09(木) 12:46:30.08 ID:e24OtMkZ
>>430
「TMS1999年1月号」
↑調べたが、p114、スタッフコラム(1/5ページ量、図版無し)を指すものと思われます。
編集員がガラットの模型を英国から買った内輪話の程度で参考になるものはあまり無いと思われます。
433 :
鈴木
2011/09/23(金) 01:26:25.10 ID:WP+yc6oy
大したモノでもないが、たまには貼りますか
http://www.freerails.com/view_topic.php?id=3487&forum_id=19
434 :
名無しの車窓から
2011/10/09(日) 09:54:35.57 ID:CSMVtsby
オーストラリアのナローゲージのガラットK1
http://naa12.naa.gov.au/scripts/Imagine.asp
435 :
名無しの車窓から
2011/10/09(日) 09:56:51.73 ID:CSMVtsby
436 :
鈴木
2011/11/13(日) 08:58:41.14 ID:7nCswhB6
http://304761.homepagemodules.de/t73594525f30-Palmen-Zucker-und-Dampf-Teil-TCs-Bilder-m-B.html
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
クラインリントナー式機関車
Hanomag製だが、 10712は製造番号か?
437 :
名無しの車窓から
2011/11/27(日) 23:36:50.19 ID:jCy1vdO8
一形式で最多両数の蒸気機関車って何だろう? ぐぐり方がわからない。
誰かが、旧ソ連のЭ型の1万両超ではないかと言っていたが…
438 :
鈴木
2011/11/30(水) 10:57:04.23 ID:gM8tkKJg
>>437
この話は私も興味があるのですが、その前に
何をもって1形式とするか? が中々むずかしいと思います。
(例えば国鉄のC55とC57なんか人の見方に拠ってはほとんど同一形式にも見える)

旧ソ連のЭ型はウィキに拠れば
http://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9F%D0%B0%D1%80%D0%BE%D0%B2%D0%BE%D0%B7_%D0%AD
↑に台数書いてあり、
「не менее 10 853 (Э — 1528; Эг — 700; Эш — 500; Эу — менее 2499; Эм — более 2325, Э — не менее 3266)

「最終10853台」とある。
ただし、それはЭг型、Эш型、Эу型、Эм型、Эр型、の合計です。
この合計には1524mmゲージ車と1435mmゲージ車双方が含まれてます。
仮にこれら全部を1形式と看做すなら世界最多になると思いますが。
439 :
名無しの車窓から
2011/12/24(土) 22:30:24.00 ID:0zPHdcT6
独逸のBR52はどうだろう?
440 :
鈴木
2011/12/26(月) 04:10:37.49 ID:WC02rIZo
>>439
既にwikiは参照してます?
http://de.wikipedia.org/wiki/DRB-Baureihe_52#Herstellung
「 (正確には言えないが) 7000台以上」と書かれてます。
441 :
名無しさん
2012/03/04(日) 01:16:18.45 ID:6ylwjQ3g
米国デラウエア=ハドソン鉄道の蒸気機関車のサイト

http://www.rr-fallenflags.org/dh/dh-stm-bk.html

442 :
名無しさん
2012/03/28(水) 13:32:52.13 ID:C0oVmYG4
世界中に出荷されたシェイ型機関車のほとんどは重量の問題でボイラーに加熱装置が付いていませんよね。
443 :
鈴木
2012/03/28(水) 23:16:49.75 ID:LOSUzzuG
>>442
ボイラーの過熱装置の事ですか
シェイの実態はよく知りません。
僻地なんかで過熱器付けると整備がめんどくさいとかあったんでしょうか。
444 :
名無しの車窓から
2012/04/05(木) 18:52:42.74 ID:JbtYllLx
ウィキペからですが、Shayのパクリもとい特許切れ後に出てきたWillametteは全て過熱器を備えていたが、Shayは通常過熱器は持たないとありますね。
2番目のサイトを見ると、Shayのスライド弁では過熱器をつけると潤滑に不具合がでるのでWillametteではピストン弁にしたということのようです。
過熱蒸気の高温が問題だったのでしょうか?

http://en.wikipedia.org/wiki/Willamette_locomotive
http://www.gearedsteam.com/willamette/different.htm
445 :
鈴木
2012/04/06(金) 08:34:12.93 ID:9P68tO5T
私「理数系の事は解らない」んで、蒸気機関車技術スレで話題にした方がいいとは思うのですが。
他人の書いた物をダラダラ羅列すると
>>444氏の挙げた中に
http://www.gearedsteam.com/willamette/different.htm
「slide valve system. This resulting lubrication loss often contributed to burnt valve faces 」
↑「スライド弁。これは潤滑が失われた時しばしばバルブ面を焼いてしまう」
があります。
手持ちのライブスチーム書"So yuo want to build a Live Steam" p43にも
「潤滑油不足時のバルブ面の焼きつきが、実物スライド弁衰退の最大理由」と書いてます。
過熱蒸気は蒸気温度が高い事と、蒸気中に潤滑の役目をする水滴が含まれない事から、潤滑の問題が深刻になると思います。
又、後年「弁行程はもっと長くした方が良い」という理論が出ると、さらに潤滑が重要問題になりました。

ピストン弁のポート面に対する圧力はパッキングが持つスプリングの力だけで、弁自体の重力さえ与えていない。
比べるスライド弁のポート面に対する圧力はパッキングこそ無いが、蒸気圧力+弁自体の重力であり、相当な力になる。
例えば運転手がラジアスロッドを上下出来ないくらい重たくなる。

理屈じゃなくて実例ですが、
国鉄も飽和機関車6700(4-4-0)を過熱機化改造(B50)する時、平弁→ピストン弁に改変してますね。
"Railway Gazette"1923年3月には英国の旧型飽和機関車の過熱機化が中々進まないのは、
平弁→ピストン弁の改変に金がかかるからだ、と書いてありました。

なお、過熱問題以外で
ピストン弁の利点は、
蒸気の出入り口の断面積を大きくしやすい。
内側給気にして熱の損失を減らす事が出来る
欠点は
作るのがめんどう
446 :
名無しさん
2012/04/27(金) 13:49:26.59 ID:ItjWsr/l
フィラデルフィア=リーディングカンパニー鉄道のキャメルバック式蒸気機関車のサイト

http://www.alphabetroute.com/rdg/1926Locos.php
447 :
鈴木
2012/04/29(日) 01:16:36.84 ID:GY9lP6oA
1902年の"Railway and Locomotive Engineering (Volume 15)"より
http://archive.org/stream/railwaylocomotiv15newyuoft#page/33/mode/1up
http://archive.org/stream/railwaylocomotiv15newyuoft#page/34/mode/1up

サンタフェの2-8-0
外観は平凡な油焚き円筒火室という程度だが、
その円筒火室内に、炉心(?)と言うのかが、3本もある。
この火室の異常さは相当なものだろう。

当時のサンタフェはボールドウインと組んで米国でも特に斬新な機関車を作ってた。
後年、1930年頃のサンタフェ蒸気機関車なんて、
これに比べれば体が大きいだけの平凡機関車になってしまった。
448 :
鈴木
2012/04/29(日) 01:28:37.40 ID:GY9lP6oA
>>447のURLはクリックでなく、直接書き込まないと、トップのページが誤表示されてしまいます。

3本の炉心と言ってもあの図だけでは判然としないから
↓参照です。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
449 :
名無しの車窓から
2012/06/13(水) 22:06:02.42 ID:OIEOgY9L
Inspection locomotive って、どんなんだろう?
450 :
鈴木
2012/06/13(水) 22:25:26.03 ID:QT7FA2J2
>>449
そのまま"Inspection locomotive"で画像ググレば出ますよ。
URLを書き込もうとしたら長すぎて却下された。
451 :
名無しの車窓から
2012/06/14(木) 19:15:48.35 ID:RAFkboKF
>>450 どうも。
英文Wikipediaにはまるで建物を載せたような蒸気機関車の
写真が1枚出ていました。

機関車は無論ですが、Inspection car というのが、
日本では林鉄くらい?でしか馴染みのない車種ですので
適切な訳語がないか探していたところです。では、
452 :
鈴木
2012/06/14(木) 21:28:28.64 ID:Zg8HTsTA
「Inspection car」については
正式な名称かどうか知らないが、
「巡察車」なる言葉も使われてますね↓。
http://shingaku-do.sblo.jp/archives/20120424-1.html
453 :
名無しの車窓から
2012/06/15(金) 05:02:40.30 ID:FYWTwdsw
>>452
どうも。とりあえず「視察車」として様子をみています。
454 :
鈴木
2012/11/23(金) 23:13:12.55 ID:0Brcwk0X
http://www.fresher.ru/2012/01/28/lokomotiv-s-propellerom/
おなじみのプロペラカーだが、
骨組みの写真は初めて見ました
455 :
名無しの車窓から
2012/11/27(火) 16:49:10.78 ID:FqONV7BU
>>454
高速通過時にホーム上の人がペラに巻き込まれそうで怖い。
456 :
名無しの車窓から
2012/11/27(火) 21:17:08.65 ID:g7Z1cWPW
だからそれを走らせる路線には途中に駅を設けてはならない
457 :
鈴木
2012/11/28(水) 04:16:10.45 ID:Fr1nD6Ps
バック運転時、ペラを逆回転させるのだろうか?
458 :
名無しの車窓から
2012/11/30(金) 11:24:18.37 ID:wkU0TXs0
終点をループにすればOK
459 :
名無しの車窓から
2012/12/16(日) 13:58:25.56 ID:GGx2Ln8E
なるほど。良いアイディアですね。
460 :
名無しの車窓から
2013/03/11(月) 12:51:02.01 ID:ZdDC6D/U
ニューヨークセントラルのジェットカーというものもかつてあった。
フランスのアエロトランもプロペラで推進していた。
リニアモータ以外の非粘着推進は限界がありそうですね。
461 :
鈴木
2013/03/12(火) 17:36:50.02 ID:C78HhZDN
http://www.aerotrain.fr/
アエロトランはジェットエンジンな気がします。
内部にプロペラがあるのかな?
462 :
名無しの車窓から
2013/03/21(木) 03:02:03.31 ID:N8DiJpfP
「瀞峡のジェット船」が不意に脳裏をよぎった。
463 :
鈴木
2013/03/21(木) 17:03:51.23 ID:e7crK1fE
>>462
ジェットと言っていいか解らないけど
扇風機船ですね。
464 :
名無しさん
2013/05/09(木) 14:13:48.72 ID:PC3+exka
機関車の重量を軽くするために通常の炭素鋼より頑丈なニッケル鋼で作られたボイラーを搭載した蒸気機関車に対するコメントを求めます。
465 :
名無しの車窓から
2013/05/10(金) 01:29:41.04 ID:Nn2yMFAM
佐賀藩が蘭学者の銅板で作れとの忠告に従わず鉄の鋳物でボイラーを作製作した
が破裂した、という逸話を思い出した。
466 :
鈴木
2013/05/10(金) 23:51:42.40 ID:uc19OBMQ
>>465
これは、初めて知りました。
467 :
名無しの車窓から
2013/05/11(土) 01:04:45.92 ID:eijsy6EZ
>>465
たぶん話のディテールが間違っているものと思われ
468 :
名無しの車窓から
2013/09/11(水) 14:10:19.62 ID:0KvxlZsE
>>463
ジェット船とプロペラ船は全く違う。
469 :
名無しの車窓から
2013/09/11(水) 15:19:16.98 ID:sfSy1HiT
>>468
それは失礼
470 :
名無しの車窓から
2013/09/25(水) 23:51:51.77 ID:R9JRtEq8
ペリー来航時に昌平坂学問所の河田興氏が乗車されたとか?
471 :
鈴木
2013/09/26(木) 08:18:46.87 ID:or6oTv5O
私が昔読んだ記憶では、
皆が怖くて客車の屋根に跨るのを躊躇してるとき
河田なる武士が若かったため、
先輩たちに「お前乗って見ろ」とけしかけられて乗りました、と。

http://desktop2ch.tv/mokei/1119371594/
↑の面白い掲示板のNo.664にその事が書かれてますね。

しかしペリーのは薪焚き実物機関車の模型化に見えるのだが、燃料は石炭だったのだろうか?
ロシアのプチャーチンの模型はアルコール焚きと思われる。
472 :
名無しの車窓から
2013/10/12(土) 20:42:26.14 ID:Pdxw01I0
東京オリンピックまでに女性専用車の廃止させよう


<女のわがままを満たすために、男性が混雑や改札/階段から遠くなる不便さを押し付けられています>

 この映像で混雑差の具合が分かりますよ

;feature=channel&list=UL

  オリンピックで来日した海外の男性にまでも及ぶ男性への侮辱
  女のわがままを許容してしまった日本の恥
 
男性を差別した悪質な女のわがままである女性専用車両をを廃止させよう
473 :
鈴木
2013/11/01(金) 01:39:33.66 ID:+RXAodyy
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
http://member.cyberstation.ne.jp/mmb/MBWTRAIN/JR30227032107/korearailmuseum.htm
変形機とは言えないだろうが、塗色が....
日本人から見れば驚きの朝鮮の優等電車
474 :
名無しの車窓から
2013/11/01(金) 04:10:21.08 ID:o4nSuxMC
むかしフィンランドに似たような色合いのがあったような
475 :
名無しの車窓から
2013/11/01(金) 18:59:15.23 ID:aCrb/WlF
>>473
485の模倣品では?
ちなみに隣の国には151や485初期車を模倣した車両も存在するみたい
476 :
鈴木
2013/11/02(土) 00:46:52.73 ID:42XpdfOT
この国鉄の"こだま"に似た電車(気動車?)作った頃の南朝鮮は
日本文化輸入禁止の決まりがあったはず。
日本の歌を劇場やTVで歌う事も、日本文化排斥のため禁止されてたはず。
"こだま"に似た色の電車作った人なんて処罰されなかったのだろうか?
477 :
名無しの車窓から
2013/12/05(木) 03:12:07.58 ID:6oruloNk
キハ80みたいな客車とか、最近まで有った筈。
478 :
名無しの車窓から
2013/12/09(月) 15:51:59.58 ID:HVCUKeJH
インドネシア国鉄のモンスター蒸気機関車DD52のサイト
http://id.wikipedia.org/wiki/DD52
479 :
鈴木
2013/12/09(月) 21:19:00.40 ID:9f68lBk4
>>478
せっかくですが、丸投げURL見ても何が何だか解りません。

そのインドネシア語を英語に機械翻訳して見ると、
表によれば、「Date of manufacture 1902」となってます。
しかし本文には「in 1923 SS ordered again 10 unit of locomotive DD52」と書いてある。
この矛盾は何か?
製造年に関しておそらく本文が正しく、表の記載は間違い(場合によっては私の機械翻訳のミス)になる。

表によれば、「size cylinders 340mm x 370mm」となってます。
これではどれが気筒直径か、どれが気筒行程かも解らない。複式なのか? もはっきりしない。

私の手持ち資料に依れば、
DD52か否か不明だが、
インドネシアのジャワ2-8-8-0マレーとて
1925年、ドイツのHanomag製があり、
気筒直径=450mm, 701mm。 気筒行程=610mmがある。複式。
動輪径=1102mmがありますが、
これが該当するんじゃないでしょうか? これが後の形式変更後のDD52かどうかは不明ですが。

http://keretapi.tripod.com/steamroster.html
↑に依れば
DD5201-03 2-8-8-0 1923 Hanomag 10221-10223
SS 1254-1256 DD5204-06 2-8-8-0 1924 Hartmann 4586-4588
SS 1257-1260 DD5207-10 2-8-8-0 1923 Werkspoor 538-541
が確認出来る。

現在保存↓されてるのはDD52か否かは不明。Werkspoor製?
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
480 :
鈴木
2013/12/09(月) 23:18:59.80 ID:9f68lBk4
文句ばかり言ってもなんだから。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
ハノーバー製ジャワ2-8-8-0
481 :
名無しの車窓から
2013/12/10(火) 00:29:03.29 ID:NMBxVdqI
>>475-476
韓国鉄道庁の幹部が485系を気に入って、「ぜひともあのような電車を」と日立に設計依頼したとか
482 :
鈴木
2013/12/10(火) 06:02:49.29 ID:EhhNbWzf
>>481
これについて若干の反省もしてます。
もし外国が日本に注文した場合、日本メーカーとしては
「既成の日本車のデザインを使うのが安上がり」と説明するかも知れない。
まぁ、塗色まで共通にしろ、とは言わないでしょうが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7251%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A
上は三菱がスペインに輸出した機関車だが、EF66によく似てます。
483 :
鈴木
2013/12/10(火) 06:05:16.60 ID:EhhNbWzf
http://trainspo.com/photo/38119/
これの方が似てました。
484 :
名無しの車窓から
2013/12/10(火) 15:03:48.99 ID:4IiNIuC5
鈴木さん、インドネシア版ウィキペディアに書かれていたデータは間違いだらけだったのでしょう。
正確なデータはこちらのサイトにあると思います
http://orion.math.iastate.edu/jdhsmith/term/slripnka.htm
485 :
鈴木
2013/12/10(火) 18:48:37.99 ID:qMUsIN0Q
>>484
大体私の考えと一致してますね。
なお、私が出した図は、キャブに「SS1251」と書いてあるので、
Hanomag 製造番号10221〜10223のどれか
輸入時形式SS1251、
形式名変更後DD5201〜DD5203のどれか と考えられます。

ウイペディアに関しては
1 一応ウイペディアに書くほどの人なのだから、私の知らない何か別の根拠があるのかも知れない
2 インドネシア語→英語の機械翻訳に限界があるのかも知れない
3 私の英語力もたかが知れてるから誤訳かも知れない
というような反省もあります。
486 :
名無しの車窓から
2014/01/08(水) 15:36:51.33 ID:MrX2mGUd
1メートルゲージでは史上最大級の蒸気機関車である東アフリカ鉄道のクラス59のサイト
http://en.wikipedia.org/wiki/EAR_59_class
487 :
鈴木
2014/01/08(水) 23:07:37.86 ID:C+C8/69D
59型の最後の製造番号7700-7706(1955年)はPeacock社終末期ですね。
同社は製造番号7862(1958年)の2ft.ゲージガーラットで蒸気機関車製造を終えてる。
488 :
名無しの車窓から
2014/01/10(金) 15:11:41.17 ID:Vg3pjegY
不思議なことにピーコック社は第二次世界大戦のしばらく後に南アフリカやオーストラリアにガーラット式の蒸気機関車を狂ったように製造していましたね。
489 :
鈴木
2014/01/11(土) 02:38:07.11 ID:uq1ubw1b
>>488
一々台数まで合算してないが、形式数で言えば
かなり数多くのガーラット、
数少ない固定台枠蒸気機関車、
僅かなディゼル機、
で終末を迎えたと思います。
電気機関車は作らなかったと思います。
490 :
名無しの車窓から
2014/01/12(日) 20:48:04.96 ID:Ujgz24Jc
>>487
このリストでは最終製造番号7868になっているが...。
http://users.powernet.co.uk/hamilton/bp.html
また、同リストではガーラット製造台数1023、うち組立台数1018

>>489
これによると、他社との共同で電機も作っているようだ。
http://www.beyerpeacock.co.uk/history/History%20of%20Beyer%20Peacock.html
491 :
鈴木
2014/01/13(月) 03:05:28.85 ID:lkHlZg/e
>>490
調べた所ピーコックの最終ガーラットとして書いた
No.7862【TSUMEB Corpolation(S.A.) (South African Class N.G./G16) 2-6-2+2-6-2, 2ft.ゲージ】なる機関車は
7台製造されたようです。
従ってお説の通り、7862〜7868になります。 「7862が最終」は間違ってました。

電気機関車もお説の通り少しは作ってるようですね。
492 :
名無しの車窓から
2014/02/28(金) 14:26:40.42 ID:0LA0GIfz
ブルガリアの蒸気機関車のサイト
http://railwaymodeling.com/siff-m/project_en.html
493 :
名無しの車窓から
2014/02/28(金) 14:34:06.59 ID:0LA0GIfz
494 :
名無しの車窓から
2014/04/21(月) 15:10:34.38 ID:8ZNfpBs6
火室が極端に大きいキャメルバック式蒸気機関車のサイト
http://www.northeast.railfan.net/cnj_steam2.html
495 :
鈴木
2014/05/04(日) 23:11:48.61 ID:HQyN2OcZ
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
気色悪い動輪だなぁ。
「スカリンディスク」だっけ? 自信無い。
機関車はペンシーK4s
496 :
鈴木
2014/05/19(月) 01:57:23.28 ID:WnuvJ91g
>>495 訂正
このK4sの動輪が本当にスカリンディスクか多少の疑義が生じた。
穴が少な過ぎるから、間違いの可能性もある。
念の為間違いない
スカリンディスクの例の図はこれ↓
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
出典、Railway Gazette, 1934年、5月

http://sbiii.com/rr1.html
のページの下の方に依れば、ボックスは鋳物なのに、スカリンは溶接、と説明してるようだ。
497 :
保守
2014/12/04(木) 18:05:11.58 ID:QqPuhiAL
三相交流電化って、ピクにも出てた1903年のドイツの高速試験と
ゴルナーグラートやユングフラウの登山電車だけかと思ってたら、
北イタリアにもあったんだな。

ジェノバの北のジオビ峠の、アペニン山脈をくぐるトンネル内で
貨物列車の蒸気機関車の乗務員が窒息かなんかして暴走し
他の列車に突っ込んで以後、 (三相交流で) 電化することになったと。

その三相交流集電の機関車が使われなくなったのは
1955年なのかな?それとも1965年?
一部がブレンナー峠で使われた?

http://www.museoferroviariopiemontese.com/ENG/PARROT-m.asp#locele

↑ ピエモンテ州サビリアノの鉄道博物館で静態保存されているとか。


電化工事にあたっては、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%9B%BD%E9%89%84V40%E5%BD%A2%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A

で有名なハンガリーのカンドー技師が現地指導したらしい。
498 :
鈴木
2014/12/04(木) 21:10:23.14 ID:7FmkozHM
http://www.rotaie.it/New%20Pages/I_Pantografi_FS.html
模型パンタのHPだが、ダブルパンタの外観が良く解ります。
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
電車もあったとは知らなんだ。
499 :
497
2014/12/04(木) 21:25:06.71 ID:2/kZJ3IX
>>498
ご教示ありがとうございます。
500 :
鈴木
2014/12/09(火) 22:54:53.38 ID:eed8DQ1Y
既に"蒸気機関車の歴史"スレにも書きこんだネタのだが、
Fink式。
http://hu.wikipedia.org/wiki/M%C3%81V_TIVa
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚

後ろに引いてる2軸のワフみたいなのは、この機関車には必ず連結されていようだ。
考えるに、ブレーキバンなんだろうか?(Wiki機械翻訳ではtool carriage≒工具車?) 
それとも単なる貨車?
台数5台。
製造、1862 〜1867年。
動力群は普通の蒸気機関車と同じように1個だが、後部台車は屈曲する。
このWikiでは車軸配列を「 CB-n2t 」と表示してる。
501 :
鈴木
2015/02/08(日) 22:26:33.87 ID:xgNnCjDB
http://www.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=296313&;LNG=RU#picture
ソ連のディゼル蒸気式機関車
502 :
鈴木
2015/03/12(木) 22:26:04.42 ID:xD+e/2s2
クラウスの所謂「ブースター」付き機関車
http://www.railwaypassion.com/forums/index.php?topic=237.240
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
先頭から3番目の小径車輪は、低速走行時だけ、動力車輪。
高速走行時は上に引き上げてレールから離す(写真の状態)。
台数、1台。
503 :
名無しの車窓から
2015/05/18(月) 00:54:49.38 ID:9JKYB504
テアゴスティーニが新雑誌の企画を募集しています!
http://deagostini.jp/ideaman/
我々からはアフリカを走っていた大型ガーラット式蒸気機関車の模型を作る雑誌の企画でも送りましょうか?
504 :
名無しの車窓から
2015/05/18(月) 07:34:32.96 ID:bK7fXFqP
完成まで何十万かかるのでしょうか
505 :
名無しの車窓から
2015/05/22(金) 11:39:31.54 ID:2G5XL8YR
やるかやらないかは自由!!
超本命で暇なときに遊んでみて
何となくやってみたらウハウハですた↑

□をsに変換、※を削除する
□nn2ch.n※et/s12/83arisa.jpg
506 :
名無しの車窓から
2015/05/22(金) 12:43:21.02 ID:GRTBUlq+
売れるのは創刊号だけ?
507 :
名無しの車窓から
2015/06/29(月) 22:44:48.91 ID:R8T/sztE
アプト式蒸気機関車のサイト
http://cnum.cnam.fr/CGI/fpage.cgi?M70/27/100/63/0054/0063
508 :
名無しの車窓から
2015/07/23(木) 16:09:30.07 ID:vMX7LEbt
19世紀末の蒸気機関車のサイト
http://www.tassignon.be/trains/PDF/Sauvage_chapitre5.pdf
509 :
名無しの車窓から
2015/08/17(月) 04:09:05.98 ID:Sx+ZPg7U
JR常磐線佐貫駅改称に関する意見交換会の入り口

510 :
名無し野電車区
2015/09/08(火) 22:26:26.76 ID:EwjFBVf2
シェイ型機関車のサイト
http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=chi.103537667;view=thumb;seq=1
511 :
名無しの車窓から
2015/09/25(金) 21:51:52.22 ID:q6t9UQOw
アメリカのマレー式蒸気機関車のサイト
http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.b3035823;view=thumb;seq=53
512 :
名無しの車窓から
2015/11/15(日) 23:46:35.14 ID:/dwJSrp3
harman geared locomotive
【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚
250KB

lud20160502130619c
このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/ice/1171384835/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | 動画:Youtube fc2 Tube8 xvideo pornhost >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「【Garratt】最萌変型機選考委員会【Goose】YouTube動画>4本 ->画像>156枚 」を見た人も見ています:
 【女子小中学生の膨らんだ胸の画像 Part.2】©bbspink.com ->動画>20本->画像>427枚
洋ロリ画像->->画像>58枚
危ない薬をやってると思われるAV作品名・動画Part2->動画>385本->画像>66枚
裸の立ち絵画像を集めようぜ Part25 ©bbspink.com ->->画像>764枚
【横浜】ナイスデイ・ナイスレディ 42【ナイスG】->->画像>2枚
【ロリ】youtubeのちょっとエロいロリ動画13 ©bbspink.com ->動画>28本->画像>72枚
女子小学生のいやらしいケツ->動画>20本->画像>357枚
スカトロCGを激しく集めるスレver44->->画像>215枚
【こども】ロリコンさんいらっしゃい82【大好き】->動画>22本->画像>245枚
女子小学生エロ画像15枚 女子中学生エロ画像30枚 女子高生エロ画像50どれが欲しい? [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>29枚
         昭和JSパンチラ->->画像>4枚
◆吉原◆ファンタジー14◆停止中◆ [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>2枚
小学生のパンチラスレ 14人目 ©bbspink.com ->動画>162本->画像>261枚
☆○★大興奮!全裸で演劇する動画★○☆->動画>273本->画像>52枚
【こども】ロリコンさんいらっしゃい103【大好き】©bbspink.com ->動画>30本->画像>740枚
裸の立ち絵画像を集めようぜ Part23©bbspink.com ->->画像>1978枚
女子小学生がエロいやばい->動画>18本->画像>321枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart2【JS】->動画>12本->画像>489枚
あうろり
【画像】女子小学生のマン筋が見えてる ©2ch.net [342992884]->->画像>89枚
【千葉栄町】しゃぼんくらぶ一番館・Sweet Mode 10 ©bbspink.com ->->画像>2枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart24【JS】 ©bbspink.com ->動画>6本->画像>226枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart12【JS】->動画>6本->画像>853枚
あうろりスレ->->画像>36枚
女子小中学生の膨らみかけのおっぱいwww->->画像>388枚
【吉原】サブマリン【MSJ】 Part6->動画>1本->画像>8枚
今日保存した画像を転載・雑談するスレ115 ©bbspink.com ->動画>22本->画像>946枚
【横浜】多恋人★2【激安】 ©bbspink.com ->->画像>4枚
【中国】 いじめ脱がし動画 【ロシア】->動画>44本->画像>129枚
【PC】デッドオアアライブ5LR MOD晒しスレ15 ©bbspink.com ->->画像>369枚
70以上 老女が好き3->動画>1本->画像>58枚
中国の巨乳小学生->動画>8本->画像>104枚
睡眠・昏睡姦のXvideos->動画>212本->画像>133枚
花咲まゆ 3 ©bbspink.com ->動画>1本->画像>81枚
【動画】外人男と日本女のsexに興奮する人のスレ 2 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>30本->画像>2枚
スジ->動画>5本->画像>967枚
【動画専用】これ誰と聞けば教えてくれるスレ 159 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>319本->画像>86枚
美少女画像スレ ©bbspink.com ->動画>14本->画像>163枚
【人身売買】失踪したAV女優について今更考えてみる->->画像>7枚
作品名専用】AVのタイトルを教えてくれるスレ 27 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>259本->画像>329枚
■ 関西・廣島・埼玉など素人物テンプレート ■->動画>7本->画像>66枚
【Pは基本】過去に流出した女たち 56【Pは基本】->動画>6本->画像>65枚
青山知可子->動画>3本->画像>59枚
【チラ】Picasa・Google+等かわいい娘 part27【歓迎】->動画>2本->画像>466枚
【経済】10〜12月GDP、前期比年率▲1.4%(速報値) [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>16本->画像>32枚
超魅力的な母親のHな画像 28 ©bbspink.com ->動画>2本->画像>1292枚
千葉県の熟女画像 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>3枚
大学2年20歳童貞wwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net
【画像専用】これ誰と聞けば教えてくれるスレ168 ©bbspink.com ->画像>741枚
素敵な人妻大井智恵子さんとセックスしたい人 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>3枚
洋ロリっていうか16くらいに見える動画を見たいんだけど日本人だと18歳で16に見える動画とかたくさんあるのになんで外人のは無いの? [無断転載禁止]©2ch.net
美少女が「おまんこビーム!」って言いながらおしっこかけてきたらどうする?
女子小学生に性欲沸くとか頭おかしい←はあ!?この画像見てもそんなこと言えるのかよ ->->画像>22枚
テレビに映ったかわいい素人! Part.16 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>11本->画像>1187枚
「イクッ イク〜」はもう古い->動画>1本->画像>2枚
テレビ番組で恥ずかしい部分を見せちゃった女の子2->動画>24本->画像>98枚
AV撮影現場であったアクシデント->動画>3本->画像>39枚
今日保存した最高の画像を転載するスレ 357 ©bbspink.com ->動画>5本->画像>1309枚
【ビッチ】本田望結がウザすぎて嫌いです【性悪】->->画像>40枚
全裸や裸同然で活躍する女の子 7 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>1本->画像>22枚
【胸チラ】YouTubeのちょっとエロい動画【ロリ】->動画>673本->画像>6枚
【非18禁】一般誌のエロ漫画スレ7 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>1025枚
少年誌等の挿入シーンが無い微エロ漫画スレ55©bbspink.com ->->画像>79枚
年上のお姉さん×小さい男の子【おねショタ】part69 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>3本->画像>255枚
男の女性・女体化 伍如来様->->画像>391枚
【xvideo専用】娘の名前はここで聞け Part.26 ©bbspink.com ->動画>865本->画像>36枚
出会い系で1000人切りしたった。->->画像>1枚
10:51:32 up 46 days, 11:22, 2 users, load average: 2.69, 2.66, 2.75

in 0.055474996566772 sec @0.055474996566772@e11 on 022000