◎正当な理由による書き込みの削除について:1レス¥5000円 1スレ¥20000円の技術作業料が発生します。一回分だけの料金で当方管理下の全サイトで作業が実施されます。支払い方法はAmazonギフト券番号。連絡先は当サイトの登録emailへ。

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/army/1478849044/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1 :
名無し三等兵
2016/11/11(金) 16:24:04.70 ID:y6CxghDe
軍事に関する質問はこのスレッドで

質問する前に検索してください

前スレ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 869
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1477290731/l50
2 :
名無し三等兵
2016/11/11(金) 16:39:08.21 ID:NToHUbMs
質問・回答をする前に必ずテンプレ(>>1-4) を読んでください
このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません
議論がしたい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探してください

●スレ立てルール
 このスレの>>950が次スレを立ててください
 立てられない時はその旨と次スレ立てる人の指名を願います
 その宣言後か、または30分以上スレが立てられなかった時は別の人が宣言して立てて下さい
 そもそも950から何も反応が無い場合は、善意の人が自発的に次スレ建てを宣言し、実行して下さい
 テンプレの大幅な改編及び2ch外部のリンクやサイト名をテンプレに入れるのは禁止です
3 :
名無し三等兵
2016/11/11(金) 16:39:57.59 ID:NToHUbMs
派生議論スレ46
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1407854048/

軍事板書籍・書評スレ 72 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1463362439/

軍事雑誌総合スレ 第30号 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1466939100/

自衛隊関係はこちらへ
 http://wc2014.2ch.net/jsdf/

 映画や小説、創作設定については
■○創作関連質問&相談スレ 83○■ [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1478164474/

 質問を元に雑談を行いたい場合、アンケート質問などは
◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ2466◆◆©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1476544627/
4 :
名無し三等兵
2016/11/11(金) 16:41:30.28 ID:NToHUbMs
◆質問者の皆様へ

・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止です

・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です

・「目の前の箱使え」「ググれ」と回答されたり、Wikipediaを紹介された場合、それでもわからなければ「どんな『検索ワード』を使えばいいか?」を尋ねてください
 それらの回答は、まず自分で調べることをあなたに求めており、かつあなたにそれが十分に可能で回答者が考えています

・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません

・各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は状況次第で容易に逆転し、単純に比較できるものではなく、「最強論議」は無意味です
 「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」 という質問は回答の対象になりません

・「〜で××見たけど何かあったの?」という質問は、守秘義務等により回答の対象になりえないこともあり、回答がついてもそれはただの想像であるかも知れません

・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません

・回答があるまでに数日間かかることもありますがm回答の催促、コピペで同じ質問の繰り返しはコピペ馬鹿と嫌われ回答対象外になります

・初心者の方には難しいかも知れませんが、質問はなるべく具体的に、できれば知りたいことの資料や画像などを示して下さい
  時代、国、軍の種類によっても回答は様々になりますからこれらを可能な限り絞り込んだ質問にすると求める回答が得やすくなります
5 :
名無し三等兵
2016/11/11(金) 18:22:44.16 ID:SzttjyC5
九三式一型改二の横舵機用調和弁と調和発條ピストンの後方にある横舵気筒の作動原理を教えて下さい。
6 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 13:06:46.12 ID:tkLGIPvW
ソ連の自走砲SUシリーズのSUはСамоходная установкаのイニシャルのようですが
ロシア語の現代の「自走砲」はСамоходная артиллерийская установкаで、SUではなくSAUです
SUとSAUは日本語に訳すとどう違うんでしょうか?
7 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 14:30:55.63 ID:f9uJP6bZ
>>6
https://translate.google.co.jp/
世の中にはグーグル機械翻訳という便利なサービスがあるから一度試してみようね
8 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 14:51:12.40 ID:D2B0uorS
自衛隊が物量を軽視するのは何故?
9 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:09:41.33 ID:qIzarPv1
>>8
予算上の制約で数を揃えられないだけで、軽視していませんが。
総主張するなら、ソース出してね。

テンプレ4
「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません
10 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:15:16.96 ID:eHASrk7w
手に入り得ないものを求めても仕方ない。有事にはアメリカ無限の補給力を当てにする事にはなってるけど。
11 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:16:20.93 ID:EVWdJSAE
>>6
СУは「自走ユニット」САУは「自走砲兵ユニット」
登場当時は自走〇〇といえば自走砲しかなかったので、砲兵を表すАが無くても「自走砲」として通じたって感じかな
12 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:52:44.90 ID:OKfWcSR2
>923 : 名無し三等兵2016/11/09(水) 21:27:53.68 ID:kJJjcsIo
>895
>だからさ、それはデータが古いんだっての
>「スティムソン恩人説」は過大評価されてきていて、
>今後機密解除がなされて京都が目標だということが明らかになれば
>スティムソンの評価もまた変わってくる可能性もある
>スティムソンが頑張れたのは、最初の1発2発目の目標から京都をはずす条件を付>けるとこだけ
>その条件が無ければトルーマン大統領からの原爆投下指令は承認されなかった
>だからグローブス准将が折れて妥協しただけのこと
>だがいったん大統領から原爆投下作戦が承認されれば、
>指揮権は文官の手から離れて、現場の責任者のものとなる
>つまり後の作戦の実行はグローブス准将の判断にまかせられる
>そしてグローブス准将は色々な資料が示すとおりに京都を壊滅させることに意欲的
>だった
>おそらくはあのまま戦争が継続されていれば京都は消滅していたであろう
>つまり3発目以降の原爆投下についてはスティムソンは介入できないんだよ
>なので要するにお前さんが「スティムソンのほうが階級が上」なんて言い方は
>トンチンカンな言い訳にしかすぎないってこと
>実際の原爆投下においてはグローブス准将のほうが指揮権が上なんだから
>こんなことは少し考えれば当たり前のことであって、いったん作戦が発動されれば
>細かい用兵とか砲火器の使用とかでいちいち大統領のお伺いを立てるわけではな
>い
>「何発大砲を撃ちましょうか」なんて文官に聞くわけではない
>いったん攻撃が始まれば「弾を撃ち尽くすか」あるいは「相手が降伏するか」
>ひたすら撃ちまくるだけのこと

>原爆だって1発ごとに大統領に許可を求めるわけではない、

>いったん原爆投下が承認されれば製造できたそばから原爆投下し続けるだけ
>実際にグローブス准将の書簡から判断しても彼はそうするつもりだった
>軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか
13 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:53:20.48 ID:OKfWcSR2
アメリカ軍では、大統領=最高司令官の命令が絶対です!

「軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか」!
グローブス少将は、トルーマン大統領=最高司令官の命令に従うしか無かったのです。
14 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:54:01.38 ID:OKfWcSR2
>933 : 名無し三等兵2016/11/10(木) 16:51:32.78 ID:h/Zb/uGB
>「原爆だって1発ごとに大統領に許可を求め」た!
>「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」

>「トルーマンは、広島市への原子爆弾投下後に「オッペンハイマーはここにいる間中、>いつも『自分の手は血まみれだ』と私に言い続けてきた」
>「これ以上日本の子ども達を殺すなど、恐ろしいことだ!・・・
>頭痛がする。肉体的にか、それとも精神的にか?・・・両方だ」とも述べている。そし
>て、2発目の長崎市への原子爆弾投下後の8月10日の閣議で「再び10万人もの
>人々を抹殺してしまうということを考えるだけでぞっとする」として、

>「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」

>と決定した[8]。」


>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
15 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:54:52.59 ID:OKfWcSR2
>940 : 名無し三等兵2016/11/10(木) 19:02:44.47 ID:jSjKn9l8
>933
>だからそれはデータが古いんだっての
>お前さんが言っていることは「トルーマン大統領も人道を考慮した」という今までの通>説
>それが当のアメリカから3発目の原爆投下の「決定」が情報公開されて見直されてん>だっての
>何度同じことを言わせるんだよ
>いったん決まった

>原爆投下作戦は1発ごとに大統領から許可をもらうわけじゃねーよ

>普通に考えればそんなことすれば作戦自体が遂行不能に陥る可能性が生じるって
>わかるはずだが
>たしかに本当だったら8月15日に投下される予定だった3発目の原爆が
>8月13日において準備段階で停止して待機状態になったという事実はある
>しかしそれは「一時的に中止して日本が降伏するか様子を見るため」というのが研究>者の見解
>それが戦後になってから「トルーマン大統領を持ち上げるため」に話をすり替えられ
>た疑惑がある
>もちろんこれらの経過がきちんと情報公開されない限り断言はできないが
>将来機密情報が開示されれば評価が変わる可能性だってあるだろう

>「原爆だって1発ごとに大統領に許可を求め」た!
>「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」
16 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:55:40.83 ID:OKfWcSR2
トランプ次期大統領は、テニスコートの管理をするか?

ホワイトハウスには、テニスコートが有ります。
大統領や大統領の家族やホワイトハウスの職員が使います。
公営の普通のテニスコートでしたら、規則で、管理できます。
しかし、ホワイトハウスは、大統領の公邸です。
ホワイトハウス職員が予約していた。
その後、大統領の家族が使いたいと言い出した。
ホワイトハウスの上級職員と、ホワイトハウスの下級職員の予約がかち合った。
テニスコートの使用権限は、大統領に有ります。
しかし、忙しい大統領が、テニスコートの管理はしません。
部下に権限移譲をしてさせています。
しかし、過去に一人だけ、大統領自ら、テニスコートの管理をした例が有ります。
カーター大統領です。
エアホースワンで飛行している最中に、ホワイトハウスへ連絡して、テニスコートの管理をしていたそうです。
忙しい大統領の仕事を、テニスコートの管理で、更に忙しくしました。
願わくば、トランプ次期大統領は、テニスコートの管理などしないで、もっと重要な大統領としての職責を果たして欲しいと考えます。
しかし、テニスコートの管理の管理をしたいと言い出せば、やることは可能です。
それが、大統領の権限だからです。

原爆投下も、テニスコートの管理と同じです。
権限移譲することが出来ますし、アメリカ大統領・最高司令官の権限でする事も可能です。
「原爆投下作戦は1発ごとに大統領から許可をもら」っていました。
17 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 15:56:16.28 ID:OKfWcSR2
トルーマンは、広島市への原子爆弾投下後に「オッペンハイマーはここにいる間中、いつも『自分の手は血まみれだ』と私に言い続けてきた」「これ以上日本の子ども達を殺すなど、恐ろしいことだ!・・・
頭痛がする。肉体的にか、それとも精神的にか?・・・両方だ」とも述べている。
そして、2発目の長崎市への原子爆弾投下後の8月10日の閣議で「再び10万人もの人々を抹殺してしまうということを考えるだけでぞっとする」として、

「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した[8]。

それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、あるいは真意だったのかは、今となっては不明である。
また、原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではなく、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問いに「イエス。
(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される運命にあった」と回答している[9]。

>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
18 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 16:06:41.66 ID:OKfWcSR2
>961 : 名無し三等兵2016/11/10(木) 21:55:55.47 ID:55TLBNSL
>南北ベトナムを核攻撃して石器時代に戻せば勝てたのに、なんで米軍はしなかった>んですか?

1 国際世論の反発が予想されました。
2 効果が無いと予想されました。

核爆弾は、毒ガスと違って、国際法で禁止されていません。
しかし、使えば、国際世論の反発が予想されました。

広島長崎の原爆投下で、爆心地の地下室にいて助かった人がいます。
電車内で瞬間的に伏せた人も助かっています。
核爆弾は、全能の兵器では無いのです。
北ベトナムでは、北爆に備えて、地下壕が備えていました。
南ベトナムでも、同様でした。
南ベトナムのクチトンネルを見学した事が有ります。
地下に、蟻の巣のように、トンネルをめぐらして有りました。
核爆弾を使っても、破壊出来なかっただろうと、想像します。
19 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 16:16:27.05 ID:OKfWcSR2
>994 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 11:37:35.59 ID:I45uWhzW
>P-47は比較的に撃たれ強かったとされていますが、機内を長々と取り回されている
>ターボ系配管は弱点とはならなかったのですか

「弱点とはならなかった」だろうと、想像します。

空冷エンジン(P-47)は、水冷エンジンと比べて、「撃たれ強かったとされています」。
水冷エンジンが弱いのは、冷却装置を破壊されると、水が流れ出て、すぐにエンジンが止まってしまうからです。
空冷エンジンには、水が流れ出る冷却装置は無いです。
「ターボ系配管」は、撃たれても飛行性能が落ちるだけで、エンジンが止まるのでは無い。
20 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 16:30:44.60 ID:OKfWcSR2
>941 : 名無し三等兵2016/11/10(木) 19:08:45.49 ID:jSjKn9l8
>933
>どうやら新聞さえ読まないらしいが
>日本の新聞の記事だとすぐにリンク切れになってしまうので
>まあググれば出てくる情報だがな
>米国 日本にさらに12の原爆を投下する予定だった
>米国は、広島と長崎に原爆を投下した後も、日本への原爆攻撃をやめるつもりはな>かった。
>彼らは、三発目を投下するばかりでなく、さらに12もの原爆投下計画を持っていた。
>1945年8月13日に行われた高位の軍事専門家らによる交渉をまとめた資料は、
>より強力な三回目の攻撃のための原爆用材料が、マリアナ諸島にほぼ集められ、
>8月19日に用いられる可能性があった事を裏付けている。
>またさらなる12回の攻撃用に原爆製造の準備がなされ、
>米国は、日本が降伏するまで、原爆攻撃を続ける計画だった。
http://jp.sputniknews.com/politics/20150816753235/
21 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 16:31:19.66 ID:OKfWcSR2
問題は、3発目の原爆が、京都へ投下される予定だったかです。

トルーマン大統領は、1発目と、2発目の原爆投下を命令しました。
「(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される運命にあった」と回答している」

トルーマンは、広島市への原子爆弾投下後に「オッペンハイマーはここにいる間中、いつも『自分の手は血まみれだ』と私に言い続けてきた」「これ以上日本の子ども達を殺すなど、恐ろしいことだ!・・・
頭痛がする。肉体的にか、それとも精神的にか?・・・両方だ」とも述べている。
そして、2発目の長崎市への原子爆弾投下後の8月10日の閣議で「再び10万人もの人々を抹殺してしまうということを考えるだけでぞっとする」として、

「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した[8]。

それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、あるいは真意だったのかは、今となっては不明である。
また、原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではなく、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問いに「イエス。
(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される運命にあった」と回答している[9]。

>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
22 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 18:45:06.56 ID:7K39saAQ
何で日本の護衛艦は前部にVLSを配置するの?
あたごとかは米イージス艦に習って後部にVLSを配置してるけど、他の護衛艦はほぼ前部に配置してるよね?
米軍大好きの自衛隊がそこに拘る理由はなに?
23 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 19:05:45.08 ID:f9uJP6bZ
>>22
アーレイ・バーク級もこんごう型も前部後部両方にVLSはあるけど?
むらさめ型やたかなみ型のような汎用護衛艦のことならこんごう型などに比べれば艦が小さいし後部甲板にはヘリの発着艦デッキと格納庫があるから載せる余裕がない
24 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 19:10:43.93 ID:kzaPqkjk
>>22
排水量的な余裕がなくて、後部がヘリ甲板で一杯で設置できないから。
25 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 20:44:32.05 ID:5f9u0q9q
>>21
だからそれはデータが古いんだっての
21世紀になってから部分的に機密解除になって公開された米軍の資料というのは
3発目以降の原爆投下の「決定」であって、少なくとも中止命令というのは無かった、ということ

>問題は、3発目の原爆が、京都へ投下される予定だったかです。

ただし前にも言ったように3発目の目標に関してはいまだに機密扱い
ググっても「わからない」としか出てこない
だから京都とは断定できないが、なぜ隠しているかというと「都合が悪いから」
グローブス准将の意志を鑑みてもおそらくは京都で間違いなかろう

>それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、
>あるいは真意だったのかは、今となっては不明である。

まだ全部の機密文書が公開されているわけではないから断言はできないが
今となってはトルーマン大統領を持ち上げるためのでっち上げであろうと推測できる
26 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 20:48:52.21 ID:kzaPqkjk
>>25
あのおっさん、論破されると同じコピペを貼り付けてくるだけだよ。
サバゲーでいうゾンビ。
あくまで俺は認めてないと宣言してるだけのくず。
27 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 20:49:27.15 ID:o54E94qg
睦月型駆逐艦は旧暦の月の名前を採用してるけど
「師走」や「神無月」はともかく「葉月」は何で採用されなかったのでしょうか?
28 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 20:52:24.00 ID:5f9u0q9q
>>21
原爆投下は一発ごとに大統領の許可をもらうわけじゃねーよ
1945年の7月25日にトルーマン大統領は原爆投下作戦の承認をくだしている
そこからは指揮権は軍部に移る
これはどんな作戦でも同じことだ

ウイキにだって書いてあるじゃねーか
自分に都合が悪いことは無視するつもりかよ

>またトルーマンが日本へ計18発もの原爆投下を承認していた事実が
>ワシントン・ポスト紙にスクープされている。

この18発もの原爆投下が7月25日に承認された作戦としてワンセット
そこからなんでまたまたまた1発ごとに許可をもらわなければならんのやら
普通に考えれば有り得ないことだろーが
29 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 21:04:58.15 ID:f9uJP6bZ
>>27
秋月型駆逐艦として建造予定だった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E6%9C%88%E5%9E%8B%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6#.E5.BB.BA.E9.80.A0.E4.B8.AD.E6.AD.A2.E8.89.A6
仮称艦名第369号艦 - 葉月 - 舞鶴工廠で建造予定、1944年12月14日建造中止。
30 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 21:24:19.88 ID:pK8P6T1l
馬鹿カスを相手して無駄にスレを消費するのは荒らしと同じだと自覚した方が良いよ。
馬鹿に対しての耐性を養う場が2ちゃんだ。
31 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 23:36:16.05 ID:ClDNigpl
日本海軍の方面艦隊にシナ方面艦隊がありましたが、日中戦争から
太平洋戦争終結までの間において、戦略的にどのくらいの重要性があったの
でしょうか?特に戦力を割かねばならないほどの重要な部隊だったのでしょうか?
32 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 23:39:38.37 ID:FQWhuvbJ
>>27
つ 闘神都市2
33 :
名無し三等兵
2016/11/12(土) 23:45:40.92 ID:kzaPqkjk
>>31
戦力と言っても開戦後、とくにミッドウエー戦後は、ほとんど陸戦隊と河川砲艦ばかり。
それでも方面艦隊を名乗ってたのは、陸軍側のカウンターパートの方面軍との釣り合いを取るためだけの話。
34 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 01:06:55.82 ID:SAse6dnb
第二次世界大戦時の米海軍に関して質問です。
大西洋艦隊の戦力が太平洋艦隊に引き抜かれることはあったのでしょうか?
35 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 01:21:20.25 ID:muivMyl7
仮に中国が尖閣へ侵攻してきた場合、北朝鮮やロシア、本土防衛、補給その他諸々で
常時尖閣へ派遣出来る戦力は最高で護衛艦何隻、戦闘機及び支援機は何機程度と考えられますか?
36 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 01:27:41.59 ID:Vln54HHH
この手の質問にはいつも「なんでそんな事細かく知りたいんだ??」と疑問を感じる
37 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 01:30:36.91 ID:2FUUaGkv
常識を知らないからじゃないかな
38 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 01:40:30.90 ID:1FSMzJIt
>>35
戦艦ワシントンや空母ヨークタウン、空母ワスプのように大西洋艦隊の戦力が太平洋艦隊に引き抜かれることはあったとする説もある
39 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 01:46:22.71 ID:LemySpKk
>>34
1942年6月までだけでも、戦艦ノーウカロライナ、ニューメコシコ、ミシシッピ、アイダホ、空母ホーネット、ワスプと
大西洋艦隊から太平洋艦隊に移動している。
40 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 02:50:54.62 ID:muivMyl7
>>36-37
あー、分からないですか
あのー、我々一般人は貴方達と違って兵器の名称や仕組み、操作方法なんかどうでもよく
敵が攻めて来た時に勝てるのか勝てないのかを知りたいわけです
訓練と称して貴重な石油を浪費しCO2環境破壊を破壊を繰り返し騒音で近隣住民に迷惑をかけ
我々はお菓子の袋まで分別してゴミ出しをしているのに、平気で海洋にゴミを投棄し
たった20万人を雇用するのに5兆円を超す税金を使ってるわけで
そんな腐りきった組織を監視する義務が我々国民にはあるので質問させていただきました
41 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 03:00:59.36 ID:Vln54HHH
『一般人』が知りたがる域じゃないんだよねぇ
自称は『逸般人』の間違いじゃないんですかねぇ
42 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 03:15:09.92 ID:Q93WWq1c
荒らしだろほっとけ
43 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 04:59:35.46 ID:muivMyl7
まあ分かんないならいいですけどね
よく軍オタは中国軍なんか自衛隊単体でも相手にならんみたいな事を言うけど何を根拠に言っているんですかね
中国軍は、600機以上の第四世代戦闘機にイージス艦と同等の性能を持つ防空艦10数隻と128セル搭載の大型新鋭艦も配備予定
これと尖閣へ派遣できる自衛隊の戦力と比較して一体何を根拠に言っているのか教えて下さい
答えられないならば、軍オタの妄想ホルホルと見なします
44 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 05:25:04.90 ID:WUQEDbXF
>>43
日中戦争時に大日本帝国陸軍100万は支那軍4000万を圧倒し殆ど完勝に近い形だった
支那人はそもそも戦争を遂行するには人種的に欠けてる物が大であり
協調性、勇気、頭脳と言った点で軍司令部から一兵卒に至るまで持ち合わせなかった
だからドイツ軍の訓練と米軍の装備という世界最高の準備をしたはずの4000万の支那軍は
我が大日本帝国陸軍に対して交戦を始めた途端に瓦解した
支那軍を倒すには「日本軍」という威光だけでも十分すぎるだろう
45 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 05:26:55.35 ID:HqneyR/v
あんたの最初の質問
>仮に中国が尖閣へ侵攻してきた場合、
>北朝鮮やロシア、本土防衛、補給その他諸々で
>常時尖閣へ派遣出来る戦力は最高で護衛艦何隻、
>戦闘機及び支援機は何機程度と考えられますか?

これはどう考えても「北朝鮮やロシアが中国とともに
尖閣に派遣可能な兵力はどのぐらいか?」としか
解釈できない

43の質問を見ると、自衛隊が尖閣に派遣できる
戦力についてはすでのご存知のようだ
それならまずその戦力を詳細に記述して、それが
正しいか、どこが間違ってるか聞くべきだ

いったい何が聞きたいのか、まずご自分の頭の
中を整理して、われわれが理解可能な日本語で
質問するようにしてほしい

でないと、望む回答はいつになっても得られないよ
46 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 05:37:12.40 ID:JK0Zvjhd
ここにいる人間を軍オタと呼び回答を妄想と決めつけるなんて回答をしてもらう立場の人間の振る舞いじゃないな
だからお前は馬鹿なんだな
47 :
system ◆system65t.
2016/11/13(日) 07:45:02.94 ID:EBn0xNHh
荒らしは放置で。
48 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 09:12:38.88 ID:trKeaz7P
第二次世界大戦における日本の北進論についてお願いします。
具体的にはその目的についてです。

自分は今まで、「ドイツに乗じて日本が北進論をとってソ連を挟撃していたら勝てていた」という文句を目にして
ただ ふーん へー と思っていたのですが
昨日 http://military38.com/archives/48853966.html というブログ記事のコメント欄を読んで混乱してしまいました。
(いわゆる アフィ?ブログだと思います すいません)

質問ですが、北進論というのは
・日本がソ連に宣戦布告して参戦し、勝てないまでも (同盟国ドイツのために)ソ連の兵力を極東にしばりつけておく
のが目的ではなく

・ソ連がドイツとの戦争のために極東の兵力を輸送してがら空きになったら攻め込む というもの 
だったのでしょうか?
この場合、ソ連がモスクワ防衛のために兵力を動かすことは黙認する ということですか?

北進論というのはドイツとの戦争協力のための作戦かと思ったら、本当はそうではなかったみたいで混乱しています。
49 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 09:44:57.88 ID:muivMyl7
>>45
護衛艦という単語を使っている以上自衛隊を指しているのは明らかです
国語の勉強をしましょうね〜

でもまあ分かんないならいいですよいいですよ
けどそれすら分からないのに中国に勝てるとかは二度と言わないで下さいね
今後そういうレス見つけたら暴れに来ます
50 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:11:59.73 ID:M2TsAc3e
堂々の荒らすぞ宣言まで付属してきました
お望みの内容の答え以外認められない御様子
51 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:16:55.30 ID:Q93WWq1c
おまえらが構うから増長するんだろ
なんでスルースキル無いの?
52 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:24:49.75 ID:q0SaZyt0
あさひ型護衛艦ってVLSが少ない等武装が少ないですが、それでしたら古い護衛艦のままのほうが戦力は維持出来るんじゃないんでしょうか?
53 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:29:30.94 ID:0JfrQWGt
船体とか機関の老朽化、システムの陳腐化を考えに入れなければそうでしょうね
54 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:30:53.95 ID:DwPo67PY
最初から結論ありきで、返ってきた答を言い負かすのが目的な行為を「質問」とは言いません
55 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:32:57.15 ID:1khZuh8h
ベトナム戦争時に、北ベトナムは米本土で
テロ活動は考えなかったのでしょうか
56 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:43:13.18 ID:LemySpKk
>>55
考えてない。
あくまで北ベトナムの相手は南ベトナム。
57 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 10:53:26.30 ID:DwPo67PY
それやったら(911のように)いっそうのアメリカ軍介入、北ベトナムに対する積極敵攻撃の口実を与えることになる
58 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 13:10:01.73 ID:IAxMQPyz
>>48
「北進論」自体は明治からあった論で日清日露の戦勝で大陸、特に満州に権益を得た時期から具体化してきてる。
なので「「独ソ戦」だけに着目しても全体を見たことにはならない。

満州国の北半分がソ連の領土に囲まれていたという状況を見れば、満州を守るためor満州を足がかりにソ連極東部を占領するため、どちらでも「北進」の誘惑にかられるのはわかるだろう。
59 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 15:14:02.71 ID:q1CL+mbu
先の対戦だと、硫黄島にしてもノルマンディーにしても100%要塞化が完了する前に襲撃され
マジノ線、チャンネル諸島等の完成された要塞は迂回されました。
質問なんですが、準備万端の要塞をまともに正面攻略した例ってあるんですか?
60 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 15:21:53.45 ID:YAbxr1VH
旅順はじめ、昔の攻城戦とかなんぼでもあるやろ
61 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 15:24:28.25 ID:o/dcwXtx
>>59
WW2でなら、ブレスト=リトフスク要塞。
それにセヴァストポリ要塞。
62 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 15:26:39.81 ID:DwPo67PY
シンガポール島要塞とかコレヒドール島要塞とか、エバン・エマール要塞とかセヴァストポリ要塞とか虎頭要塞とか
63 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 15:27:28.07 ID:ay7RMAHe
>>59
ジークフリート線は事前に航空攻撃で骨抜きにされたが一応正面からの攻撃を足止めした実績はある
著名な要塞線ほど強力ではないが、迂回されずよく機能した防衛線といえばマンネルヘイム線
64 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 16:21:48.55 ID:3HAJUIIR
WWU期の洋上空母(主に日本)の揺れと食事に関するエピソードってどんなのがありましたっけ?
駆逐艦だとベチャ飯だったり飯そのものが炊けなかったりあらかじめのおにぎりとかな
話がありましたけど、食器がまるっとひっくり返るなんて事件とかありましたかね?
65 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 16:58:17.61 ID:PiQhhuuZ
59 : 名無し三等兵
2016/11/13(日) 15:14:02.71 ID:q1CL+mbu

先の対戦だと、硫黄島にしてもノルマンディーにしても100%要塞化が完了する前に襲撃され
マジノ線、チャンネル諸島等の完成された要塞は迂回されました。
質問なんですが、準備万端の要塞をまともに正面攻略した例ってあるんですか?


60 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 15:21:53.45 ID:YAbxr1VH

旅順はじめ、昔の城戦とかなんぼでもあるやろ


旅順攻囲戦 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/旅順攻囲戦

旅順要塞の構造 に移動 -
旅順は元々は清国の軍港で、露国が旅順を手中に収めた時点である程度の諸設備を持っていた。 ...
また完成は1909年の予定だったので、1904年の日露開戦により

未完成のまま(完工度は約40パーセント)戦争に突入すること ...
66 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:23:06.10 ID:PiQhhuuZ
>21 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 16:31:19.66 ID:OKfWcSR2
>問題は、3発目の原爆が、京都へ投下される予定だったかです。

>トルーマン大統領は、1発目と、2発目の原爆投下を命令しました。
>「(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している」

>トルーマンは、広島市への原子爆弾投下後に「オッペンハイマーはここにいる間中、
>いつも『自分の手は血まみれだ』と私に言い続けてきた」「これ以上日本の子ども達
>を殺すなど、恐ろしいことだ!・・・
>頭痛がする。肉体的にか、それとも精神的にか?・・・両方だ」とも述べている。
>そして、2発目の長崎市への原子爆弾投下後の8月10日の閣議で「再び10万人も
>の人々を抹殺してしまうということを考えるだけでぞっとする」として、

>「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した[8]。

>それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、あるいは真意だっ
>たのかは、今となっては不明である。
>また、原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではな
>く、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問
>いに「イエス。
>(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している[9]。

>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
67 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:23:53.39 ID:PiQhhuuZ
>28 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 20:52:24.00 ID:5f9u0q9q
>21
>原爆投下は一発ごとに大統領の許可をもらうわけじゃねーよ
>1945年の7月25日にトルーマン大統領は原爆投下作戦の承認をくだしている
>そこからは指揮権は軍部に移る
>これはどんな作戦でも同じことだ

>ウイキにだって書いてあるじゃねーか
>自分に都合が悪いことは無視するつもりかよ

>またトルーマンが日本へ計18発もの原爆投下を承認していた事実が
>ワシントン・ポスト紙にスクープされている。

>この18発もの原爆投下が7月25日に承認された作戦としてワンセット
>そこからなんでまたまたまた1発ごとに許可をもらわなければならんのやら
>普通に考えれば有り得ないことだろーが

お願い。

「指揮権は軍部に移る これはどんな作戦でも同じことだ」
とウィキペディアに書き込んでください。

「アメリカ合衆国大統領 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国大統領
1. キャッシュ
2. 類似ページ
アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the United States of America, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家 ....

大統領はアメリカ合衆国軍の最高司令官(Commander-in-Chief)としての指揮権(国家指揮権限)を保持する。

宣戦布告は議会の権限であり、軍隊を募集し編制することも議会の権限である。」
68 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:24:21.09 ID:PiQhhuuZ
>13 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 15:53:20.48 ID:OKfWcSR2
>アメリカ軍では、大統領=最高司令官の命令が絶対です!

>「軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか」!
>グローブス少将は、トルーマン大統領=最高司令官の命令に従うしか無かったので
>す
69 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:32:32.70 ID:PiQhhuuZ
>21 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 16:31:19.66 ID:OKfWcSR2
>問題は、3発目の原爆が、京都へ投下される予定だったかです。

>トルーマン大統領は、1発目と、2発目の原爆投下を命令しました。
>「(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している」

>トルーマンは、広島市への原子爆弾投下後に「オッペンハイマーはここにいる間中、
>いつも『自分の手は血まみれだ』と私に言い続けてきた」「これ以上日本の子ども達
>を殺すなど、恐ろしいことだ!・・・
>頭痛がする。肉体的にか、それとも精神的にか?・・・両方だ」とも述べている。
>そして、2発目の長崎市への原子爆弾投下後の8月10日の閣議で「再び10万人も
>の人々を抹殺してしまうということを考えるだけでぞっとする」として、

>「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した[8]。

>それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、あるいは真意だっ
>たのかは、今となっては不明である。
>また、原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではな
>く、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問
>いに「イエス。
>(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している[9]。

>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
70 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:33:30.93 ID:PiQhhuuZ
>25 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 20:44:32.05 ID:5f9u0q9q
>21
>だからそれはデータが古いんだっての
>21世紀になってから部分的に機密解除になって公開された米軍の資料というのは
>3発目以降の原爆投下の「決定」であって、少なくとも中止命令というのは無かった、
>ということ

>問題は、3発目の原爆が、京都へ投下される予定だったかです。

>ただし前にも言ったように3発目の目標に関してはいまだに機密扱い
>ググっても「わからない」としか出てこない
>だから京都とは断定できないが、なぜ隠しているかというと「都合が悪いから」
>グローブス准将の意志を鑑みてもおそらくは京都で間違いなかろう

>それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、
>あるいは真意だったのかは、今となっては不明である。

>まだ全部の機密文書が公開されているわけではないから断言はできないが
>今となってはトルーマン大統領を持ち上げるためのでっち上げであろうと推測できる

「3発目以降の原爆投下の「決定」であって、少なくとも中止命令というのは無かった」

その通りです。

>また、原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではな
>く、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問
>いに「イエス。
>(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している[9]。
71 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:33:41.05 ID:PiQhhuuZ
>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
72 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:34:50.68 ID:QOn8pZvP
>>68
いったん、命令を下して投下する権限を委譲した以上、明確に投下中止命令を出さないと
以前の命令が有効なので、そのままですよ。
あなたが提示するのは、トルーマンの投下中止命令の根拠資料です。
73 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:48:23.91 ID:HFsDFXcj
いわゆる「モーターカノン」式の機関砲は、空薬莢はどうしてたのでしょうか?
どの機体の内部図解みたいなのを見ても、機外に薬莢捨てるための排出口が作れなさそうなのですけれども…。

それから、「星形エンジンでは出力軸とプロペラシャフトが別にできないので、モーターカノンにはできない」ということなのですが、これは本当ですか?
74 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:50:24.75 ID:PiQhhuuZ
>68 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 17:24:21.09 ID:PiQhhuuZ
>13 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 15:53:20.48 ID:OKfWcSR2
>アメリカ軍では、大統領=最高司令官の命令が絶対です!

>「軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか」!
>グローブス少将は、トルーマン大統領=最高司令官の命令に従うしか無かったので
>す

>72 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 17:34:50.68 ID:QOn8pZvP
>68
>いったん、命令を下して投下する権限を委譲した以上、明確に投下中止命令を出さ
>ないと
>以前の命令が有効なので、そのままですよ。
>あなたが提示するのは、トルーマンの投下中止命令の根拠資料です。

>8月10日の閣議で「再び10万人も
>の人々を抹殺してしまうということを考えるだけでぞっとする」として、

>「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した[8]。

>それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、あるいは真意だっ
>たのかは、今となっては不明である。
>また、原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではな
>く、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問
>いに「イエス。
>(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している[9]。

>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
75 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 17:52:41.85 ID:PiQhhuuZ
>28 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 20:52:24.00 ID:5f9u0q9q
>21
>原爆投下は一発ごとに大統領の許可をもらうわけじゃねーよ
>1945年の7月25日にトルーマン大統領は原爆投下作戦の承認をくだしている
>そこからは指揮権は軍部に移る
>これはどんな作戦でも同じことだ

>ウイキにだって書いてあるじゃねーか
>自分に都合が悪いことは無視するつもりかよ

>またトルーマンが日本へ計18発もの原爆投下を承認していた事実が
>ワシントン・ポスト紙にスクープされている。

>この18発もの原爆投下が7月25日に承認された作戦としてワンセット
>そこからなんでまたまたまた1発ごとに許可をもらわなければならんのやら
>普通に考えれば有り得ないことだろーが

お願い。

「指揮権は軍部に移る これはどんな作戦でも同じことだ」
とウィキペディアに書き込んでください。

「アメリカ合衆国大統領 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカ合衆国大統領
1. キャッシュ
2. 類似ページ
アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the United States of America, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家 ....

大統領はアメリカ合衆国軍の最高司令官(Commander-in-Chief)としての指揮権(国家指揮権限)を保持する。

宣戦布告は議会の権限であり、軍隊を募集し編制することも議会の権限である。」
76 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:17:14.41 ID:7Yb1iYxJ
>>75
なんでいつもレスを引用するの?
77 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:21:21.54 ID:QOn8pZvP
>>75
>「指揮権は軍部に移る これはどんな作戦でも同じことだ」
>とウィキペディアに書き込んでください。

いやです。お前の指図を受けるわけないだろ。
78 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:25:23.72 ID:PiQhhuuZ
>75 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 17:52:41.85 ID:PiQhhuuZ
>28 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 20:52:24.00 ID:5f9u0q9q
>21
>原爆投下は一発ごとに大統領の許可をもらうわけじゃねーよ
>1945年の7月25日にトルーマン大統領は原爆投下作戦の承認をくだしている
>そこからは指揮権は軍部に移る
>これはどんな作戦でも同じことだ

>ウイキにだって書いてあるじゃねーか
>自分に都合が悪いことは無視するつもりかよ

>またトルーマンが日本へ計18発もの原爆投下を承認していた事実が
>ワシントン・ポスト紙にスクープされている。

>この18発もの原爆投下が7月25日に承認された作戦としてワンセット
>そこからなんでまたまたまた1発ごとに許可をもらわなければならんのやら
>普通に考えれば有り得ないことだろーが

>お願い。

>「指揮権は軍部に移る これはどんな作戦でも同じことだ」
>とウィキペディアに書き込んでください。
79 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:25:44.58 ID:PiQhhuuZ
>「アメリカ合衆国大統領 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ア<潟J合衆国大統領
>1. キャッシュ
>2. 類似ページ
>アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the
>United States of America, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家 ....

>大統領はアメリカ合衆国軍の最高司令官(Commander-in-Chief)としての指揮権
>(国家指揮権限)を保持する。

>宣戦布告は議会の権限であり、軍隊を募集し編制することも議会の権限である。」
80 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:26:15.60 ID:PiQhhuuZ
>76 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 18:17:14.41 ID:7Yb1iYxJ
>75
>なんでいつもレスを引用するの?

1 読む人に分かりやすくするため。
2 既に回答済みだとアピールするため。

前のレスを探し出して読むのは面倒です。
何度書き込んでも理解出来ない人がいます。

>アメリカ軍では、大統領=最高司令官の命令が絶対です!

>「軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか」!
>グローブス少将は、トルーマン大統領=最高司令官の命令に従うしか無かったので
>す
81 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:29:28.35 ID:PiQhhuuZ
>75 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 17:52:41.85 ID:PiQhhuuZ
>28 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 20:52:24.00 ID:5f9u0q9q
>21
>原爆投下は一発ごとに大統領の許可をもらうわけじゃねーよ
>1945年の7月25日にトルーマン大統領は原爆投下作戦の承認をくだしている
>そこからは指揮権は軍部に移る
>これはどんな作戦でも同じことだ

>ウイキにだって書いてあるじゃねーか
>自分に都合が悪いことは無視するつもりかよ

>またトルーマンが日本へ計18発もの原爆投下を承認していた事実が
>ワシントン・ポスト紙にスクープされている。

>この18発もの原爆投下が7月25日に承認された作戦としてワンセット
>そこからなんでまたまたまた1発ごとに許可をもらわなければならんのやら
>普通に考えれば有り得ないことだろーが

>お願い。

>「指揮権は軍部に移る これはどんな作戦でも同じことだ」
>とウィキペディアに書き込んでください。
82 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:29:46.95 ID:PiQhhuuZ
>「アメリカ合衆国大統領 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ア<潟J合衆国大統領
>1. キャッシュ
>2. 類似ページ
>アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the
>United States of America, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家 ....

>大統領はアメリカ合衆国軍の最高司令官(Commander-in-Chief)としての指揮権
>(国家指揮権限)を保持する。

>宣戦布告は議会の権限であり、軍隊を募集し編制することも議会の権限である。」
83 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:30:14.82 ID:PiQhhuuZ
>77 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 18:21:21.54 ID:QOn8pZvP
>75
>「指揮権は軍部に移る これはどんな作戦でも同じことだ」
>とウィキペディアに書き込んでください。

>いやです。お前の指図を受けるわけないだろ。

ウィキペディアに正しい事を書き込んで、世の中の間違いを直してください。
84 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:32:20.52 ID:tYPR5T3J
>>73
知らんけど
「なぜ空薬莢を機体外に放出しないといけない」のか?
回転式の銃と同じ要領で弾倉内を循環するのではいけないのか?
85 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:35:05.90 ID:7ZgseGBo
源文さんの漫画の挿絵で、
機関銃手と兵士1人の2人組が、
1人は二脚部分を持って肩だかに担いで?銃を安定させて、射手が射撃姿勢
…って感じの絵をみた記憶があるのですが、このやり方って正式なものなのでしょうか?

また、『ブラックホークダウン』では耳もとの銃声で難聴になった兵隊さんがいましたが、上記の撃ち方で耳を痛めないかわたくし心配です。耳栓などで防げるもんなんでしょうか?
86 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:35:44.98 ID:5r0SWx+h
>>74
だからその「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した、てのが怪しい
という話なのに、何言ってんだか

ウイキにだって書いてあるように
>トルーマンは原爆投下について1958年のCBSのインタビューで
>「まったく心が痛まなかった」と語っている。

だからトルーマンが多重人格者でなければどっちかが嘘をついている、ってことだろ

「原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではなく」
ていうのは言い換えれば「作戦中止命令は出されていない」ってことでしかない

おそらくは原爆2発で日本が降伏したから「自分が止めさせた」と話を盛ったんだろう
87 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:48:00.26 ID:PiQhhuuZ
>68 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 17:24:21.09 ID:PiQhhuuZ
>13 : 名無し三等兵2016/11/12(土) 15:53:20.48 ID:OKfWcSR2
>アメリカ軍では、大統領=最高司令官の命令が絶対です!

>「軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか」!
>グローブス少将は、トルーマン大統領=最高司令官の命令に従うしか無かったので
>す

>72 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 17:34:50.68 ID:QOn8pZvP
>68
>いったん、命令を下して投下する権限を委譲した以上、明確に投下中止命令を出さ
>ないと
>以前の命令が有効なので、そのままですよ。
>あなたが提示するのは、トルーマンの投下中止命令の根拠資料です。

>8月10日の閣議で「再び10万人も
>の人々を抹殺してしまうということを考えるだけでぞっとする」として、

>「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した[8]。

>それは、トルーマン自身への批判を回避するための詭弁なのか、あるいは真意だっ
>たのかは、今となっては不明である。
>また、原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではな
>く、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問
>いに「イエス。
>(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している[9]。

>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
88 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:48:23.99 ID:PiQhhuuZ
>86 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 18:35:44.98 ID:5r0SWx+h
>74
>だからその「大統領の許可なしに今後の使用は停止される」と決定した、てのが怪し
>い
>という話なのに、何言ってんだか

>ウイキにだって書いてあるように
>トルーマンは原爆投下について1958年のCBSのインタビューで
>「まったく心が痛まなかった」と語っている。

>だからトルーマンが多重人格者でなければどっちかが嘘をついている、ってことだろ

>「原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではなく」
>ていうのは言い換えれば「作戦中止命令は出されていない」ってことでしかない

>おそらくは原爆2発で日本が降伏したから「自分が止めさせた」と話を盛ったんだろう

「原爆2発で日本が降伏したから「自分が止めさせた」」のは、事実です。

>原爆使用の停止決定についても、使用の可能性を完全に否定したものではな
>く、戦後のインタビューで「日本に他の原爆が準備されて使用可能だったか」という問
>いに「イエス。
>(投下対象都市の)リストに載っていた他の二つの都市(新潟と小倉)は破壊される
>運命にあった」と回答している[9]。

>下記、ウィキペディアのハリー・S・トルーマンを参照くだささい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
89 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:58:35.64 ID:DwPo67PY
90 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 18:59:01.08 ID:D/aLegCT
>>84
> 知らんけど
> 「なぜ空薬莢を機体外に放出しないといけない」のか?
> 回転式の銃と同じ要領で弾倉内を循環するのではいけないのか?

そのために弾丸/薬莢の移送機構がいるじゃない
まあ、M61でも初期型はリンク切れてバラバラになった薬莢を
貯めるタンクがあったけど(リンクだけは機外投棄)
91 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:03:31.39 ID:IAxMQPyz
>>85
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
こんな感じの戦場写真はある。
http://defence.pk/threads/battle-report-16-fall-gelb-blitzkrieg-1940.340916/page-3
The machine gun could also be fired from the shoulder.This allowed height and range ,plus a relatively stable platform,minus the time consuming process of setting up the tripod(or in case it was absent).

キャプションには「高さがあって広い射界が得られ、比較的安定した架台がわりになるので三脚(ラフェッテ)がなかったり設置する手間を省くためにこうやって撃つこともできた」とある。
92 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:09:36.73 ID:EBn0xNHh
>>73
モーゼル27mmリボルバ・キャノンの空薬莢とリンクは銃直後の空間に貯め込まれる
排出システムが不要なのと重心移動がないことから
http://www.raf.mod.uk/equipment/mauser-cannon.cfm

>>85
書いてるとおりの理由で全然正式じゃない
他に仕方ないからやりました、だけ
93 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:09:42.95 ID:DwPo67PY
>>73
Do335では空薬莢持ち帰り方式

http://embed.pixiv.net/decorate.php?illust_id=47295158
これと同じ事を空冷でやるとして、どこに機関砲を置けばいいというのか?

>>84
あと戦闘機の場合、捨てた方が少しでも軽くなるし
94 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:11:18.65 ID:EBn0xNHh
排莢したら機体が軽くなるようなもんだが
現代の巨大な戦闘機では空薬莢の重量など大した意味がない〜排莢可能にする方が重い
95 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:13:47.67 ID:9UIIFV6v
北朝鮮は航空機搭載の精密誘導爆弾や対地ミサイルを保有しているのでしょうか?
96 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:23:07.77 ID:o/dcwXtx
>>95
対艦ミサイル改造の空対地ミサイルを保有してる、とされる。

今何発残ってるのかは知らないが、過去に保有してたことは確か。
97 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:24:37.67 ID:e9VOiBGu
>>89
こういう軽機の撃ち方ってドイツ軍の写真や映像ではよく見るけど
イギリス軍や日本軍なんかではやってたのかね?
98 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:27:11.01 ID:9UIIFV6v
>>96
回答ありがとうございます、現在保有しているとははっきり言えない状況なのですね。
99 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:35:08.27 ID:DwPo67PY
>>97
http://akabasa.blogspot.jp/2015/02/blog-post_20.html
日本軍のマニュアルでは、対空姿勢としてやってるね
100 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 19:48:16.80 ID:7+gBgaPE
>>99
おおサンクス!
101 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 21:18:27.59 ID:gzJzsZUC
シング対空火炎放射器に関する記述がある海外サイトを教えていただけませんか
いろいろと調べてみたけど全然見つからなくて…
102 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 21:37:35.76 ID:no6cEZp4
>>80
ここはあんたの独断専行が許されたスレなんですか?
ここはあんたのブログ代わりなんですか?

このスレはあんたの私物ですか?

こういう独り善がりな我侭者には反吐が出る
103 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 21:39:29.72 ID:IAxMQPyz
カスに構うなレスするなNGして忘れろって何度言われたらわかるんだよ。
104 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 22:10:10.07 ID:IAxMQPyz
105 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 23:27:50.08 ID:D/aLegCT
>>94
> 排莢可能にする方が重い

そんなこともないだろうけど
排出した薬莢が機体に当たったりしないように
が主な理由
106 :
名無し三等兵
2016/11/13(日) 23:40:54.04 ID:0JfrQWGt
>>73
星型はクランク軸とプロペラ軸が同芯になるから無理(クランク軸に弾丸が通る穴を開けられないよね?)
ギアボックス使ってプロペラ軸をクランク軸からずらすにしても、シリンダー間の狭いところに軸内砲を通す事になるし、複列だとそもそも配置ができない
まさかシリンダーヘッドの更に外側までプロペラ軸をずらす訳には行かないだろう
107 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 01:03:37.08 ID:bUXYtkP8
>>106
空冷だから冷却問題はあるが、ミッドシップ配置にして延長軸でペラ回せば可能で無いかと。
でもそれじゃモーターカノンとちと違うか。
108 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 01:16:10.99 ID:F0ANDFVk
シリンダーが機外に突きだしたような、しかし当然冷却力不足なだっ作機になってしまうだろう
109 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 02:07:21.38 ID:nLPDkIlE
日本は台湾を国家として承認していませんが
自衛官が台湾の軍人さんに対して
敬礼する事は有るのでしょうか ?
110 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 02:43:17.36 ID:/5Odv+yq
あからさまな釣り質問はご遠慮ください。
111 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 05:20:34.69 ID:UBfsQyyp
日本に向かう大型台風と共に潜水艦部隊が日本列島に突っ込んできたら
発見、撃沈する術はあるんですか?
112 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 05:47:06.45 ID:BFmwT9aE
ところで質問なんだが
このMP5のバレル上部に付いてる筒は何?
チューブマガジンなわけないよな
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
113 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 07:26:00.26 ID:wOiHRyZ1
ボルトを動かすためのガスチューブ、MP5系の元であるG3系でも銃身の上に付いているのが一見してわかる
114 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 08:16:39.34 ID:BFmwT9aE
>>113
ガスチューブか……
もひとつ機関銃繋がりで聞きたいんだが
タイフーンだかに積んでるっていうリボルバーキャノンって単基じゃ速射性低いみたいだけど
そんなのでもミサイル迎撃なりドッグファイトなりに需要あんの?
115 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 08:27:32.64 ID:pPLbhTch
>>112
>>113
G3/MP5はローラーロッキング&ディレードブローバックだからガスチューブは存在しない
件のパイプはスプリングハウジング

こんな動画あったけど参考になるかな

116 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 08:32:14.70 ID:wOiHRyZ1
ロボットアニメじゃあるまいし、戦闘機が搭載する機関砲でミサイルを落とすなど聞いたこともない
加えて毎分1700発の発射速度は、近代のガトリング砲には及ばずとも機関砲としては非常に速い
(歩兵用の機関銃で、発射速度が非常に速いことで知られたMG42ですら毎分最大1500発)
あとマウザー BK-27は炸薬量も多く、どちらかといえば空戦より対地攻撃目的で積んでる
117 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 08:35:40.65 ID:wOiHRyZ1
>>115
ガシュチューブなのはG36からでしたね、訂正どうも
118 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 08:55:22.69 ID:fHoO4qJH
日本で買える猟銃のポンプアクションの散弾銃って装弾数って何発ぐらいなんですか?

アイアムアヒーローみて上下二連式はキツイと思いまして…
119 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 09:00:59.75 ID:BFmwT9aE
>>115-117
朝から色々ありがとう
ウィンチェスターみたいな縦2連構造を見るとどうも浮き立ってしまって
120 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 09:08:27.78 ID:etFzB/Jp
>>118
散弾銃 規制 日本 検索
121 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 10:34:19.11 ID:5EzW7mEs
>>114
あとガトリングと違ってリボルバキャノンは立ち上がりが速いから
バルカンとの実効発射速度の差はもっと小さい
あんど
何発か当たらないと効かない20mmと違って2、3発でも落とせる27mmは有利

ミサイルとか敵の機銃弾とかは落とせん
122 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 10:36:06.96 ID:5EzW7mEs
>>118
>>120 なので日本では水平2連かかえてブリティッシュお貴族様スタイル決め込むのが通
123 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 13:20:58.43 ID:pkOVXFl3
昔サイガ12の五発弾倉輸入して取っ捕まったオッちゃんがいたなぁ
124 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 14:10:20.91 ID:Uu/u4dV+
M2重機関銃の代替が開発失敗したりして80年以上も現役のままなのは
重機関銃を作る技術そのものが進歩の限界に突き当たり、今の技術では(コスト面も含めた)完全上位互換が作れないためでしょうか?
125 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 14:50:46.57 ID:/5Odv+yq
>>124
というよりM2で充分役に立つので、整備が面倒で故障しやすいM85は射撃速度を変えられるというメリットだけではそれに取って代わることができなかった。
126 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 15:01:28.42 ID:Uu/u4dV+
>>125
コストや整備性も含めた上位互換みたいなものは作れないんでしょうか
コスト・整備性以外の性能とコスト・整備性は常にトレードオフ?
127 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 15:03:30.11 ID:FFNBgrEg
>>126
それだったらM2QCB(クイックチェンジバレル)っていう近代化改修型がすでにある。
128 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 15:18:33.58 ID:5EzW7mEs
>>124-127
基本は >>124の通り、技術の限界でいいと思うよ

できれば軽くしたいけど
軽量化は熱容量(連射性能)、安定性(命中精度)、耐久性とトレードオフになるため
犠牲なしでは軽く出来ず、半端な重機関銃は使い途がないので現状で停止してる

ケーシングなどを複合素材や軽量金属に置き換える事も考えられたが
その程度では軽量化に限度があり、かかる開発費用と得られる効果のバランスが取れない
初期の問題点をつぶしていって信頼性のある兵器になるまで時間もかかる
といった事情で構想止まりになってる
129 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 15:23:23.97 ID:5EzW7mEs
強いて言えば20mmとかのスマートグレネードで置き換えることも考えられるが
費用、汎用性、射程などから.50を置き換える武器にはならず
小口径ゆえの非力さが目立つばかりとなっている

5.56mmアサルトライフル
7.62mmライフル、軽機関銃
12.6mm重機関銃
40mmグレネード

5.56mmは変える余地あるが、大変な数になる上、実効は限られてるから
これにラプアなどの狙撃銃を振りかけた現在のメニューがコスパ的に当分続くだろう
130 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 15:26:39.77 ID:Uu/u4dV+
>>125-129
ありがとうございました
131 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 17:12:30.76 ID:HsACFi4c
>43 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 04:59:35.46 ID:muivMyl7
>まあ分かんないならいいですけどね
>よく軍オタは中国軍なんか自衛隊単体でも相手にならんみたいな事を言うけど何を
>根拠に言っているんですかね
>中国軍は、600機以上の第四世代戦闘機にイージス艦と同等の性能を持つ防空艦>10数隻と128セル搭載の大型新鋭艦も配備予定
>これと尖閣へ派遣できる自衛隊の戦力と比較して一体何を根拠に言っているのか教>えて下さい
>答えられないならば、軍オタの妄想ホルホルと見なします

>44 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 05:25:04.90 ID:WUQEDbXF
>43
>日中戦争時に大日本帝国陸軍100万は支那軍4000万を圧倒し殆ど完勝に近い形
>だった
>支那人はそもそも戦争を遂行するには人種的に欠けてる物が大であり
>協調性、勇気、頭脳と言った点で軍司令部から一兵卒に至るまで持ち合わせなかっ>た
>だからドイツ軍の訓練と米軍の装備という世界最高の準備をしたはずの4000万の
>支那軍は
>我が大日本帝国陸軍に対して交戦を始めた途端に瓦解した
>支那軍を倒すには「日本軍」という威光だけでも十分すぎるだろう

「日中戦争時に大日本帝国」は負けました。

日本は、アメリカやイギリスの連合国と戦う事で、その権益を排除しました。
その後、日本が戦争に負けた事で、日本の権益も無くなりました。
中国は、外国に奪われた権益を回復することに勝利しました。

「夷をもって夷を制する」の策略が成功したのです。

兵器を持って殺しあうだけが、戦争では無いのです。
戦争哲学を持ち、それを実行する事で、戦争に勝つ事が出来ます。
132 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 17:13:26.18 ID:HsACFi4c
「夷を以て夷を制すの意味 - goo国語辞書
dictionary.goo.ne.jp/jn/9049/meaning/m0u/
1. 類似ページ
夷を以て夷を制すとは。意味や解説、類語。《「後漢書」ケ禹伝から》

外国を利用して他の国を抑え、自国は戦わずに利益を収め、安全を図る。

夷を以て夷を攻 (せ) む。以夷制夷 (いいせいい) 。 - goo国語辞書は27万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新 ...」

「軍事的手段だけでなく非軍事的手段も連携し、最大限の国益を追求する」

「戦争哲学 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/戦争哲学
1. キャッシュ
2. 類似ページ
戦争と平和の哲学(せんそうとへいわのてつがく、英: Philosophy of war and peace)とは戦争と平和を主題とした哲学の発展的な研究領域である。 ....
さらに中国軍大佐の喬良と王湘穂は共著『超限戦』において「現代の戦争の形態ではこれまでの

軍事的手段だけでなく非軍事的手段も連携し、最大限の国益を追求する

ようになった」として論じた。」
133 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 17:14:54.68 ID:bo7o7G34
守秘義務や機密等で答えが出ない質問でしたら申し訳ありません。
潜水艦乗りは任務中、時事ニュースに触れる機会はあるのでしょうか?
今もヒラリーとトランプどちらが勝ったのか知らないままというのは普通にあり得ますか?
134 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 17:25:09.35 ID:/5Odv+yq
>>133
アメリカの原潜とかなら定時連絡のためにごく短時間海面上にアンテナを出して送受信したり、受信に時間はかかるけど超長波を使って潜航中でも通信傍受はできる。
長期間の哨戒任務などだと乗員の精神安定のために容量割当に制限はあるが家族とのメールのやりとりもできる。
135 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 17:42:22.24 ID:5EzW7mEs
>>134
戦略原潜乗りでもやってますね >家族とメールやり取り

何文字だか短く決まっててツイッタみたいに一生懸命詰め込んで
(ただし内容は検閲される)送受信する

ニュースはアメフトや野球の経過とかも艦内で見たりしてる
大統領選は(さすがにELFは使わんだろが)知ってるでしょ
136 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 17:43:15.44 ID:5EzW7mEs
通信テストも兼ねて定時に送ってるって話だったからELF使ってるかも
137 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 18:35:27.11 ID:bo7o7G34
>>134-136
回答ありがとうございます。
さすがに米海軍はニュースに接する機会が多そうですね。
自衛隊や他国の海軍はそこらへんも機密という事でしょうか。
138 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 18:49:19.47 ID:5EzW7mEs
自衛隊は充電のために定期的に浮上〜シュノーケル上げるから
ふつーにニュース入るんじゃないの?

自衛隊板で聞く方が良いだろうけど
139 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 18:50:01.09 ID:vsqbiL50
現時点 2016/11/14(月) 18:35 において、
核ミサイル発射司令はオバマ大統領の一存です
オバマが死んで副大統領が死んで、…たしか20人くらい
補欠の継承順位が明確に決まっていると聞いています
「現時点で」トランプ次期大統領に、この継承は回ってくるのでしょうか?

もちろん年度明けて「トランプ大統領」になっちゃえば、彼がボタン1位です
それまでに「次期大統領」である彼に、出番はあるの? という質問す
140 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 18:59:41.85 ID:X/CYVy4d
それは何の質問なんだ?
141 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:00:34.45 ID:HsACFi4c
>139 : 名無し三等兵2016/11/14(月) 18:50:01.09 ID:vsqbiL50
>現時点 2016/11/14(月) 18:35 において、
>核ミサイル発射司令はオバマ大統領の一存です
>オバマが死んで副大統領が死んで、…たしか20人くらい
>補欠の継承順位が明確に決まっていると聞いています
>「現時点で」トランプ次期大統領に、この継承は回ってくるのでしょうか?
>もちろん年度明けて「トランプ大統領」になっちゃえば、彼がボタン1位です
>それまでに「次期大統領」である彼に、出番はあるの? という質問す

大統領就任式まで無い。

「黒いカバン(通称「フットボール」)を提げた軍人が付き従っている」。
大統領本人が持ちわけでは無い。
大統領就任式のとき、「軍人が付き従っている」。

「オバマ氏 広島訪問へ 現職米大統領で初、5月27日で調整 - NewsPicks
https://newspicks.com/news/1515953/
1. キャッシュ
2016/04/21 - 核兵器のボタンを押すことは何を意味するのかを、理解してもらったうえで外交や政治にたずさわってもらいたい。 ... 米国の大統領には、

黒いカバン(通称「フットボール」)を提げた軍人が付き従っている

。核 ... なお、オバマ大統領の広島訪問が取りざたされた直後に小川和久氏もコメントしていたが、現職のアメリカ大統領が広島を ...」
142 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:00:45.68 ID:X/CYVy4d
あら失礼、誤爆しました。
143 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:00:48.62 ID:vsqbiL50
核ミサイル継承順位者に「次期大統領」て入ってるの?

あ。1行で済んだ。頭悪くてごめん
144 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:03:50.59 ID:FFNBgrEg
>>139
ない。

大統領選に当選しても(手続き上はまだ選挙結果は確定していないので、トランプはまだ公的には
「候補」でしかないわけだが)宣誓して就任式を終えるまではあくまで「予定者」にすぎないので。
145 :
139=143
2016/11/14(月) 19:07:28.89 ID:vsqbiL50
>>144 いちばん最初の回答ありがとうございました
146 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:13:26.34 ID:FFNBgrEg
>>145
ちなみに、アメリカ政府の「大統領権限継承順位」は20位以上あるよ。

根本的には「連邦政府職員の身分を持つものが1人もいない」になるまでは継承されるように決められてる。

まあ、20位以下の人間に席が回るような状況になったら、もう「アメリカ」というものが機能しなくなってると思うが・・・。
147 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:14:50.68 ID:HsACFi4c
>143 : 名無し三等兵2016/11/14(月) 19:00:48.62 ID:vsqbiL50
>核ミサイル継承順位者に「次期大統領」て入ってるの?
>あ。1行で済んだ。頭悪くてごめん

>144 : 名無し三等兵2016/11/14(月) 19:03:50.59 ID:FFNBgrEg
>139
>ない。
>大統領選に当選しても(手続き上はまだ選挙結果は確定していないので、トランプは
>まだ公的には
>「候補」でしかないわけだが)宣誓して就任式を終えるまではあくまで「予定者」にす
>ぎないので。

「次期大統領」と、正式に決まった訳では無い。

「12月 第二水曜日の次の月曜日 ―――  大統領選挙人による投票」が行われる。
これで、「次期大統領」が選挙で決まる。
従って、現段階では、トランプ氏は、なんでも無いのです。

「12月 第二水曜日の次の月曜日 ―――  大統領選挙人による投票 
   過半数の 270人以上の票を獲得した候補者が大統領となる。 が、11月の一般選挙で結果はわかってい
  るので、この選挙は形式的な選挙である。 過半数の270人以上獲得した候補者がいない場合は、上位3人
  の候補の中から連邦下院議会の投票で選ぶことになっている。
   11月の一般選挙で選ばれた大統領選挙人が、各州都に集まり、大統領を選挙する。

 Q なぜ、このような形式上の選挙をするのか?
    交通や通信手段が発達していなかった時代の名残りである。 以前は、アメリカ全土の票を短時間に集計
   することができなかったので、少人数の選挙人に託した。 今では形式化しており、やめようという声もある。


下記、大統領選挙のしくみ を参照ください。

http://www.kyoritsu-wu.ac.jp/nichukou/sub/sub_gensya/World/America_Canada/America/politics/how_to_elect_the_President.htm
148 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:39:26.20 ID:HsACFi4c
>146 : 名無し三等兵2016/11/14(月) 19:13:26.34 ID:FFNBgrEg
>145

>ちなみに、

>アメリカ政府の「大統領権限継承順位」は20位

>以上あるよ。

>根本的には

>「連邦政府職員の身分を持つものが1人もいない」になるまでは継承されるように決>められてる。

>まあ、20位以下の人間に席が回るような状況になったら、もう「アメリカ」というものが>機能しなくなってると思うが・・・。


「「アメリカ政府の「大統領権限継承順位」は」17「位」
「「連邦政府職員の身分を持つものが1人もいない」になるまでは継承されるように決められて」無い!
149 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:42:50.68 ID:HsACFi4c
下表は、1947年大統領継承法(合衆国法典第3編第19条[1])によって示され、その後の改正によって新設の閣僚が追加された、2014年7月30日現在の大統領権限継承順位の一覧である。
)
150 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:43:24.11 ID:HsACFi4c
継承順位 職名 現職者
1 副大統領兼上院議長
ジョー・バイデン (民)
2 下院議長
ポール・ライアン (共)
3 上院仮議長
オリン・ハッチ (共)
4 国務長官
ジョン・ケリー (民)
5 財務長官
ジェイコブ・ルー (民)
6 国防長官
アシュトン・カーター (民)
7 司法長官
ロレッタ・リンチ (民)
- 内務長官
サリー・ジュエル (民)[2]
151 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:43:56.14 ID:HsACFi4c
8 農務長官
トム・ヴィルサック (民)
9 商務長官
ペニー・プリツカー (民)
10 労働長官
トーマス・ペレス (民)
11 保健福祉長官
シルヴィア・バーウェル (民)
12 住宅都市開発長官
フリアン・カストロ (民)
13 運輸長官
アンソニー・フォックス (民)
14 エネルギー長官
アーネスト・モニツ (民)
15 教育長官
アーン・ダンカン (民)
16 退役軍人長官
ロバート・マクドナルド (共)
17 国土安全保障長官
ジェイ・ジョンソン (民)」
152 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 19:44:30.76 ID:HsACFi4c
1. 現在の継承順序の中にいる者は、全員ワシントンD.C.の近辺に居住し、勤務している。核兵器や化学兵器、生物兵器による攻撃があった場合、名簿に載っている者全てが死亡し、あるいは執務不能に陥る事態が考えられるし、そうなる可能性すらある。




下記、ウィキペディアの、 アメリカ合衆国大統領権限の継承順位を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AE%E7%B6%99%E6%89%BF%E9%A0%86%E4%BD%8D
153 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 20:21:13.92 ID:RjKPgfDZ
気球で高度数万〜10万mまで飛んでそこから誘導爆弾を落とせばかなりの離れた場所まで爆撃出来ると思うのですが
というか通常爆弾でも高度10万mなら対空ミサイルも届かないので無敵の要塞だと思うのですが
気球なんて安価ですし
こういう兵器って開発されなかったんですか?
154 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 20:25:36.30 ID:o4DpF2bJ
いつもの奴くせえな
155 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 20:35:04.70 ID:oA6Lq+Sk
>>153
高高度気球ってのはあるけど、世界記録はJAXAが作った5万3千m
これって、気球の厚さ2.8μmっていうテクノロジーの塊
爆弾積めるくらいの気球で数万mなんてのは現代のテクノロジーでは無理

気球を戦略爆撃に応用したのはWW2日本の風船爆弾
相対的に安価だけど、ペイロードが限られてるのと無誘導なんで、戦果らしい戦果は出てない

気球って、戦争の技術としてはかなりありふれた技術で、
WW1で大々的に使用されてて、気球狩りの技術も進歩してるし、気球側の運用術の進歩もある
WW2でも阻塞気球とかで大活躍してる
飛行機が主流になる前の航空兵科なんで、よく調べてみると面白いよ
156 :
145
2016/11/14(月) 21:33:27.56 ID:vsqbiL50
>>146 なるほど〜。ありがとうございました
157 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 21:49:33.73 ID:7jZpDmsB
WW2では東部戦線で独軍が砲兵隊の着弾観測用に気球を使ってたりするんだな
観測気球章つーその役職専門の勲章があったり
女性エースパイロットで有名なリトヴァク氏が撃墜してたり、なかなかに面白い
158 :
system ◆system65t.
2016/11/14(月) 22:03:55.30 ID:FtlgWFPC
一次大戦時の弾着観測、偵察気球は敵機の攻撃の的となるため
対空砲火でガチガチに守られていたが、これが一部パイロットのボタンを押してしまい
気球撃墜に執着する変態の一群を産んだとさ
(ついでにパラシュートも産んだ >気球兵用に)
159 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 22:08:53.65 ID:FFNBgrEg
かのM2 .50口径機関銃だって、開発目的と当初の用途は「気球攻撃用」だしねえ。
160 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 22:20:41.88 ID:oHyo2Uyk
対気球用なのは原型の水冷式M1重機関銃じゃないの?
161 :
名無し三等兵
2016/11/14(月) 22:27:20.47 ID:o4DpF2bJ
>>158
そもそも観測気球なんて第一攻撃目標だろ
パラシュートの前にさっさと気球引き上げるけどな
気の早い奴や間に合わない時は落ちるが(フランスは何故かパラシュートないけど)
162 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 00:00:32.06 ID:PypChZ07
気球の軍事利用ってフランス革命あたりで既になされてなかったっけ
日本でも西南の役で政府側が使おうと画策してた(間に合わなかったけど)
163 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 00:27:40.81 ID:fPIL69IG
アサルトライフルについて質問です
Colt M727とColt M733は何年頃に登場したのでしょうか?1984年なのか85年なのか情報がバラつきがあって気になりました
M733はM727と同じ年に出た?
ソースが欲しいです。よろしくお願いします
164 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 04:13:39.60 ID:0CBgp250
250lbのSDB積んで高度3万m程度で満足するなら
今の技術でも十分さ
問題はこれが有人/無人爆撃機やミサイルよりも
数倍から数十倍高価になるということで、ヘリウム
供給の関係で量産効果は期待できない点だな
165 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 06:05:48.37 ID:t2/Pw+PQ
いずもにF-35は載せれるの?と聞くと、必ず無理って言われるんだけど
フォークランドでは即席で徴用された民間のコンテナ船でハリアーを発進させています
耐熱マット敷けば運用出来る気がするのですがどういうこと?
166 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 06:12:26.98 ID:0CBgp250
甲板の強度が足りないんだ
167 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 06:25:55.68 ID:6X03bnWh
いずもよりコンテナ船の方が頑丈なの?
168 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 06:26:58.85 ID:gJbrDEnE
現時点で海自といずも型はF35Bがどうしても必要になる事態を想定してない
仮に運用できてもいずも型が抜けた対潜の穴は誰が埋めるって話になるし
質問自体がナンセンス
169 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 06:29:19.04 ID:0CBgp250
AV-8AはF-35Bより軽いんだよ
ペイロードも少ないしね
170 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 06:55:53.62 ID:OKxiZoGI
なら耐熱マット2枚敷けばいいじゃん
てか今の技術ならもっと丈夫な耐熱マットあるでしょ?
コンテナ船より貧弱なわけあるまいし
171 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 07:14:24.42 ID:0CBgp250
耐熱マットと甲板強度は関係ない
「2枚敷く」ことは重量増となる、つまり甲板が耐えられる
荷重を削る結果になるだけだ

ハリアーとF-35は排気温度も大きく違う
半世紀分の「耐熱マットの技術の進歩」はこの差を埋めきれて
いない
そして温度が上がれば上がるほど、金属材料の強度は急速に
低下する
まぁ、あきらめろw

ちなみにいずもでのF-35の「運用」はまったく不可能というわけ
でもない
少数機を1回や2回、離着艦させようという程度なら可能だし
そういう研究やら模擬演習やらは過去、何度かニュースに
なってる
172 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 07:18:45.59 ID:a4q1OTrr
ただ積んで他の艦に移すだけの航空輸送艦としてのコンテナ船がわりでいいならできるけどいずもで運用するのはむり。
173 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 07:20:36.99 ID:YwdqODzt
根本的な問題として、いずも型にF-35載せても、することないからな・・・。

それなら各種ヘリの洋上基地として使うほうが遥かに有用というものだ。
174 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 07:23:59.22 ID:4GBNpHDs
技術的には可能だし、不可能だとしても改修で対応することは可能……改修については、海自も条件付きで認めている。

ただし、正規空母は勿論のこと、アメリカ型強襲揚陸艦に比べても2万t近く排水量が少ない、いずも型では、満足な数を搭載することは出来ず、戦力としてはあまり期待が出来ない。
一方でF-35Bの導入に伴う、国内の政治的配慮や、F-35Aとはやや異なる整備・運用体制の構築、パイロットの育成などには、多額の予算と長い準備期間が必要となり、コスパが見合わない。

なにせハリアー系ならまだしも、その倍以上も重くて大きいF-35Bだ、救難ヘリなども搭載すると、いずも型を以ってしても、1飛行中隊12機程度しか積めないんだよ。
175 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 09:04:46.59 ID:WTWu3SNI
「運用」っていうのは恒常的に使用することであって有事の際に臨時で
での使用は運用とは言わない。
フォークランドのような非常時の使用例を出すのは不適切。
176 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 09:22:49.33 ID:jcMeAfz9
回答者が頓珍漢揃いだからな
無理って言うけど?
無理じゃないです
で終わる質問ww
177 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 09:41:46.62 ID:wTArpbtv
『無意味です』の間違いだろ
178 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 11:13:30.21 ID:TqbsdED/
日本列島という不沈空母の横で作戦するのに
半端なSTOVL空母付け足してもなあ
179 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 11:18:32.18 ID:oFRcwybe
>>165
もっと根本的な話をすると、F35Bは重すぎて軽荷重じゃないとVTOLできないのよ。
なのでアトランティック・コンベアーみたいなコンテナ船の特設甲板からだと、燃料弾薬ほとんど積まずに発艦、
着艦時も燃料ほとんど積まない状態でってしかできない。
それだとさすがに「飛べる」けど「運用できる」とは言えないよね。
180 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 12:12:24.79 ID:8qvgcwZF
コンテナ船の甲板は、1つ数t以上もあるコンテナを何十個と積載しても耐えられるほどの強度がある。
それに特化した船だからね。
その特殊船舶の甲板といずもの甲板を同列に語るのはおかしいでしょう。
181 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 13:35:45.31 ID:wdBAKF76
>>165>>175 WW2ではCAMシップなんてもん繰り出したお国柄だし。「緊急時の一時的裁量」の幅の奥深さ自体は見習うべきだと思うけど、恒常的運用と取り違えちゃいかんよね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/CAM%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97
http://p.twipple.jp/7qCPt
182 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 13:47:00.41 ID:TqbsdED/
なにより必要性

可能です

必要です

の間には深くて締まりの良い溝があるのよ
183 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 15:41:24.15 ID:IQI0sJMD
>>164
どうせ使い捨てなんだから高価なヘリウムじゃなくて水素で十分
じゃないかな、第二次大戦中の米軍じゃ気球の浮体ガス源と
して水素化リチウムを利用してたし。
184 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 15:48:14.86 ID:TqbsdED/
水素は抜けやすいんで一発勝負には向くが長時間使用に向かない
185 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 16:48:16.14 ID:wTArpbtv
ヘリウムだって抜けるぜ
186 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 17:01:04.70 ID:b8n8XeU+
派生議論スレでどうぞ
187 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 17:08:13.09 ID:RHy1umku
上のフォークランドのハリアーですけど、当時のハリアー/シーハリアーって
陸上滑走路、正規空母〜軽空母、VTOL など運用方法の違いによって、
積載重量制限に違いは無かったんでしょうか?
うろ覚えでは、急造母艦からVTOLによる燃料制限も、ミラージュの艦隊侵入
を許した一因に挙げられていたような覚えがあるのですが‥
188 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 17:19:42.86 ID:YwdqODzt
>>187
おもっくそあるけど、それはハリアーについての基礎知識なので
まずは本の一冊でも読もう。
189 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 17:21:40.27 ID:YwdqODzt
>>188
というか、それは「V/STOL航空機についての基礎知識」の範疇なんだけども
>運用方法の違いによって積載重量制限に違いはないのか

F-35だったら関係ない、わけではないし。
190 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 17:40:30.24 ID:TqbsdED/
V/STOL, STOVLに限らず航空機の基礎知識、でわ
191 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 18:05:07.87 ID:oFRcwybe
>>187
てか、急造母艦(アトランティック・コンベアーの事だと思うが)は増援のハリアーを運んできただけで、
そこからは運用してない。
エグゾゼで撃沈される直前にハリアーを2隻の空母に向けて発進させただけ。
アルゼンチン空海軍機に対する迎撃が不完全だったのは、早期警戒機の不備で空母そのものの
防空が不完全だからフォークランド諸島近海に空母を配置できなかったため。
192 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 18:46:12.91 ID:LVkmqJnq
やっぱりそうなんですね。
>179あたりで、急場しのぎだけどハリアーは代用空母+VTOLで通常運用できてた
VTOLで重量制限かかるのはF35B固有の問題‥みたいに読めたもので
どーもです
193 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 19:43:30.83 ID:Hts8iQ+x
ハワイに向かうもしくは日本に向かう台風の目に沿って移動していけば敵から攻撃されることなく近づけるのに
何故太平洋戦争ではやらなかったんですか?
194 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 20:02:54.36 ID:SipzyX64
またいつもの
195 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 20:19:17.47 ID:v2LlThph
日本で発生してハワイに向かう台風が存在すると思ってるのか
196 :
名無し三等兵
2016/11/15(火) 20:30:16.50 ID:TmAOrrBP
>>195
いい加減学習しろカス
197 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 03:23:21.93 ID:+uKc92Vm
>>192
一応、アトランティック・コンベアーでも1機だけサイドワインダー搭載したハリアーを特設パッドの上に乗せて、
何かあった場合には緊急発進可能なように常時待機はさせてたのよ。
そういう意味じゃF35Bよりはハリアーの方が制限はゆるかったのは確か。
スペイン海軍じゃ大戦中に就役したインデペンデンス級軽空母で運用してたくらいで。
(もちろん木甲板じゃ傷むので、飛行甲板の発着部には表面処理や強化はやった)

ただ、それも程度問題で普通はVTOLで運用なんてあまりしないんだけどね。
198 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 05:25:53.34 ID:2CaJTaEz
カタパルトって何で未だに米軍以外は開発実用化出来ないんですか?
199 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 05:48:36.22 ID:y/qyt99l
空母を作らない限り無用の長物で他に金と時間をかけて研究開発するものがあるから
200 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 06:16:02.86 ID:+uKc92Vm
>>198
昔はイギリスも実用化してて、自国やブランスの空母に採用されていました。
火薬式や圧縮空気式カタパルトなら日本も実用化していますし、蒸気カタパルトはドイツが最初に実用化しています。
201 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 10:17:35.61 ID:wJVHj19v
>>198-200
つか、空母用カタパルトを初めて実用化したのはイギリスだ。
202 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 10:27:42.65 ID:zEkQaolh
ドイツの蒸気カタパルトのソースを見たことがない
203 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 10:52:26.96 ID:xvNNCJR/
>>202
イヤ、私も同じこと思って突っ込もうと調べたら
http://en.wikipedia.org/wiki/Aircraft_catapult
http://en.wikipedia.org/wiki/Naval_aviation#Establishment

どうもアメリカが先らしい。

本気で始めたのは確かに英国なのだけど
http://en.wikipedia.org/wiki/Naval_aviation#Development_of_the_aircraft_carrier

どこを「実用化」とするかの問題ですね。
204 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 10:53:02.71 ID:xvNNCJR/
訂正:アンカーミス

>>203
>>201に対するレス。
205 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 12:11:42.54 ID:8U5rr+5p
真珠湾攻撃機動部隊が北太平洋を回ってハワイに行ったのは
大圏コースで実はそれほど遠回りでもない。メルカトル図だと騙される
冬期の北太平洋は、低気圧の墓場で大荒れ。商船がいない=被発見確率が最低

気象を味方に付けることは計画最初から盛り込まれていたし、
じっさいも、そのように実行された
台風だけが自然の味方ではない
206 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 14:43:26.08 ID:wZK4mVz8
>>205
ミッドウェーの場合は気象が敵になったなw
207 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 14:47:35.89 ID:kn1NbPMa
>>195
ハワイ付近で発生したハリケーンが日付変更線を超えて台風に
なって日本の近海に来ることは数年に一回くらいあるけどその逆も
あるのかな?
208 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 14:49:45.50 ID:3SH18uFr
>>202
ドイツの蒸気カタパルトというのは艦上機用じゃなくておそらくは飛行艇用のやつのことではないだろうか
209 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 14:54:06.18 ID:7qMomAXs
大体台風の中組織的な作戦行動なんて取れるわけないだろ。
米海軍の機動部隊が台風に遭遇してかなりの被害を出し
戦後の改修でハリケーンバウにした事も知らないんだろうな。
210 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 15:05:16.03 ID:xvNNCJR/
>>208
むしろこれだべ >ドイツのカタパルト
http://en.wikipedia.org/wiki/Aircraft_catapult#Civilian_use

ただ >>203に書いたとおり米の方が早いし
本気の空母とか言うなら英国になる
211 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 16:35:38.67 ID:36F8aKlM
航路選択については3パターン(史実ルート、ミッドウェー近海通る直進ルート、南太平洋方面からのルート)が
検討されたけど後者2つは被発見率が高すぎて話にならんということだった
212 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 16:43:32.31 ID:iLWYRRe+
>198 : 名無し三等兵2016/11/16(水) 05:25:53.34 ID:2CaJTaEz
>カタパルトって何で未だに米軍以外は開発実用化出来ないんですか?

>201 : 名無し三等兵2016/11/16(水) 10:17:35.61 ID:wJVHj19v
>198-200
>つか、空母用カタパルトを初めて実用化したのはイギリスだ。

日本海軍をはじめ、世界各国で「開発実用化出来」ている。!
空母用蒸気カタパルトは、開発国のイギリスで、正規空母を保有しなくなったため、「米軍以外は開発実用化出来ないんです」!
空母用蒸気カタパルトは、ノウハウの塊だそうです。
おいそれと、真似出来ないのです。
213 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 16:46:19.55 ID:iLWYRRe+
「カタパルト (aircraft catapult) は、艦艇(現代では主に航空母艦)から航空機を射出するための機械である。
また宇宙船やロボットなどを射出する装置もカタパルトと呼ばれる。射出機(しゃしゅつき)とも呼ばれる。
また、地上から滑走路を使わずに離陸する場合に使われる、動力つきの発射台もカタパルトと呼ばれる。
214 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 16:48:28.93 ID:iLWYRRe+
概要[編集]
カタパルトには火薬式、油圧式、空気式、蒸気式、電磁式のものがある。開発初期の試作においてはスプリング式やフライホイール式が実験されたこともある。
航空機が飛び立つための充分な長さの飛行甲板を持たない場合などにカタパルトにより射出し、離陸速度を確保した。
飛行甲板自体の長さが発艦に足りる長さであっても、
カタパルトをあわせて利用することで甲板後部により多くの航空機を並べて待機させ、作戦に同時投入することも可能となるメリットがある。
現代のカタパルト付きの空母で運用されているジェット機(CTOL機)は重量があり失速速度も高いので、カタパルト無しでの発艦は考慮されていない。
航空母艦以外での運用[編集]
航空機が発達し水上機が実用化された1920年代から、軍艦に水上機を搭載し偵察・哨戒に用いる動きが各国海軍で起こった。
しかし当初は航行する艦上から水上機を発艦させる手段がなかったため、
艦を停止して水上機をデリックで水面に下ろす必要があった。この不便を解消するため、
飛行甲板を持たない戦艦・巡洋艦の上から水上機を直接発艦させる手段としてカタパルトの研究が行われた。
数々の試作型を経て実用的なカタパルトが開発され、第二次世界大戦の始まった頃には多くの戦艦・巡洋艦がカタパルトと水上機を装備するようになっていた。
戦艦・巡洋艦など砲撃をその主目的とする艦の搭載水上機には、それ以外にも弾着観測という任務があり、大型艦の多くがカタパルトを搭載していた。
このほか、水上機を多数載せカタパルト発艦させる水上機母艦という専門の艦種も生まれた。また、潜水艦のような小型艦でもカタパルトを搭載すれば水上機の運用ができた。
大日本帝国海軍では、火薬式のカタパルトを巡洋艦以上の艦艇に搭載し、戦艦には弾着観測を目的とした二座水偵(水上偵察機)を、
巡洋艦には偵察を目的とした三座水偵を搭載するという運用をしていた(カタパルトを2基装備し格納庫が広かった大和型戦艦には両機種とも搭載された)。
215 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 16:50:17.55 ID:y1xpdPWX
>>207
太平洋上の台風ってのは赤道近くに発生しおおむね西や北に向かって移動を始めるもので、東で発生してそれより西で消える台風なんて存在しねえだろ
216 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 16:50:21.40 ID:iLWYRRe+
「ソビエト連邦/ロシア[編集]
1980年代前半に蒸気カタパルトを含む陸上の発着シミュレートシステム「ニートカ(ロシア語版)」を建設し、蒸気式カタパルトの開発が進められ、ほぼ実用化した[5]。
この蒸気カタパルト「マヤーク」の試作型は同施設に設置された。
しかしソビエト連邦初の実質的な正規空母(ソビエト連邦/ロシアは政治上の理由から航空母艦という用語を用いず重航空巡洋艦と呼称している)
「アドミラル・クズネツォフ」の建造においては、蒸気式カタパルトにかかる大きなコストが問題視され、
政治的判断でスキージャンプ台を用いたSTOBAR運用で十分とされたためカタパルトは搭載されなかった。
ウリヤノフスク級原子力空母を建造する際には開発した蒸気式カタパルト「マヤーク」を搭載する予定であったが、
資金難で建造そのものがキャンセルとなり実現しなかった。
また、クズネツォフの後継となる将来空母用に電磁カタパルトを開発している[6]。
ブラジル[編集]
空母「サン・パウロ」において蒸気式カタパルトを運用している。サン・パウロはもともとはフランス海軍の「フォッシュ」であり、
フォッシュがフランス海軍で運用されていた当時は搭載されているカタパルトはイギリス製のミッチェル・ブラウンBS5であった。ブラジルへの売却時に換装されたかどうかについては詳細は不明である。」

下記、ウィキペディアのカタパルトを参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%88#.E3.82.BD.E3.83.93.E3.82.A8.E3.83.88.E9.80.A3.E9.82.A6.EF.BC.8F.E3.83.AD.E3.82.B7.E3.82.A2
217 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 16:52:25.61 ID:y1xpdPWX
なお殆ど北に進み、カーブして若干東に消えた台風もあるが、日本から遠く離れている
218 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 17:06:50.88 ID:eJ5aR/mc
軍事というより外交の質問ですが、一応戦争関連という事でこちらで質問させていただきます
アメリカのハルノートは「同じことをされたらルクセンブルクさえ戦っただろう」と言われますが
近代以降で、同じように厳しい最後通牒を突き付けられたときに、戦わずに相手の要求を呑んだ例って何かありますか?
219 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 17:10:48.91 ID:3SH18uFr
>>218
バルト諸国

ソ連に屈したよ
220 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 17:20:56.93 ID:y1xpdPWX
ドイツに対するチェコやオーストリアも、侵攻されながらも戦ってはいないね
221 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 17:24:50.69 ID:rnLYuwlM
>>218
>>同じことをされたらルクセンブルクさえ戦っただろう
と言ったのは東京裁判で東郷茂徳の弁護人になったブレイクニーであり、弁護人である以上被告に有利な論旨になるのは当然。
ハル・ノートに関しては単なる覚書であるから事実上の宣戦布告まで立場によって様々な解釈がありただひとつの発言でその性格が決まるようなものではない。

という風にそもそもが政治や法律論の問題なので板違い。
222 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 17:53:47.52 ID:iLWYRRe+
>80 : >名無し三等兵2016/11/13(日) 18:26:15.60 ID:PiQhhuuZ
>76 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 18:17:14.41 ID:7Yb1iYxJ
>75
>なんでいつもレスを引用するの?

>1 読む人に分かりやすくするため。
>2 既に回答済みだとアピールするため。

>前のレスを探し出して読むのは面倒です。
>何度書き込んでも理解出来ない人がいます。

>アメリカ軍では、大統領=最高司令官の命令が絶対です!

>「軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか」!
>グローブス少将は、トルーマン大統領=最高司令官の命令に従うしか無かったので

>102 : 名無し三等兵2016/11/13(日) 21:37:35.76 ID:no6cEZp4
>80
>ここはあんたの独断専行が許されたスレなんですか?
>ここはあんたのブログ代わりなんですか?
>このスレはあんたの私物ですか?
>こういう独り善がりな我侭者には反吐が出る

「このスレはあんたの私物で」は無い!

他の人が書き込んだ文を、再利用しています。

>「軍板にいながらこんな当たり前のこともわからんのか」!
223 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 18:22:38.65 ID:eJ5aR/mc
>>219>>220
その例を失念していました、確かに結構ありますね
>>221
やはり弁護のための発言である以上はかなり日本擁護に偏った発言ということですか

若干スレチの質問失礼しました
224 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 18:56:10.46 ID:F2RR/FDY
>>223
ハルノートを受け取った時にはすでに機動部隊は出撃して南方の輸送船団も出航待機状態だったので何を言っても言い訳でしかありませんけどね。
225 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 18:58:03.08 ID:+Y+hxvu/
>>224
米帝は支那に数千機のフライングタイガース部隊を送り込んで事実上の同盟国だったんだが
226 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 19:02:30.69 ID:+uKc92Vm
>>210
元質問者の>>198は「空母のカタパルト」なんて書いてないから、そこまでこだわる必要無いのよ。
さすがに飛行機射出用じゃない古代のカタパルトはアレだから含めなかったがw
227 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 19:08:34.40 ID:3SH18uFr
>>225
数千機のフライングタイガースってどこのパラレルワールドなんだ?
228 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 19:15:40.96 ID:y1xpdPWX
その当時だと送り込んだのは99機、後に30機追加だな
数千機って・・・中国人なみの捏造数字だ
229 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 19:16:53.56 ID:+uKc92Vm
その理屈で言うとソ連もドイツも中国の事実上の同盟国になるな
230 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 19:19:38.52 ID:y1xpdPWX
ソ連はともかく、ドイツは陸軍の軍事顧問だけでパイロットの実戦参加は無いと思うが
231 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 19:57:03.06 ID:YbAij962
朝鮮戦争で戦ったアメリカ軍兵士って
入隊直後の訓練中に戦争終わったから旅行気分で徴兵先の日本に行ったら
沖縄戦以上に激戦だった朝鮮半島に飛ばされた可哀想な人なの?
232 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 20:11:05.23 ID:+Y+hxvu/
>>231
第二次世界大戦から朝鮮戦争開始まで5年も経ってるぞ
アメリカ軍が5年間もの徴兵制度を敷いてたと思うの?
233 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 20:20:10.29 ID:8U5rr+5p
終戦直後の日本進駐軍て、米軍内では、最大のハズレクジやん

都市は、見渡すかぎりの丸焼け原野
生野菜サラダは寄生虫で食えない、
鶏卵の調達は丸一日ががり(マッカーサー逸話)
ギブミーチョコレートと群がる土民ガキ、
舗装道路はほとんどない、軽くジープで移動するだけでホコリまみれ
水洗トイレなにそれな下水道普及率
234 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 20:21:36.35 ID:wJVHj19v
>>231
>入隊直後の訓練中に戦争終わった
そういった人たちのほとんどはそのまんま除隊となり、
「兵隊として戦争に行ったけど、結局アメリカから一歩も出ていない」
って人がたくさんいたりする。

なので朝鮮戦争に参加した兵士と太平洋戦争に参加した兵士、特に
末期に入隊した人はほとんど被っていない。
235 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 21:13:49.51 ID:y1xpdPWX
>>233
アメリカ兵と結婚した日本人女性が3〜4万人いるので、その夫たちにとっては当たりだったんじゃね
236 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 21:34:03.98 ID:+b+pzzZo
>>232
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アメリカの徴兵制の歴史
237 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 21:58:24.11 ID:bPguSwas
FN社のSCARを、主力小銃として採用している・採用する予定のある国はありますか?

HK416の方はノルウェー軍が大量導して、フランス軍では時期小銃かとの話がありますが、
SCARの方がどうか分かりませんでした。

本家本元のベルギー軍はFN FNCからそのうちSCARに移行する予定でしょうか?
238 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 22:28:36.82 ID:rnLYuwlM
>>237
SCARってもともと特殊部隊用に開発された銃で「主力」として使うようなものじゃないけど。
https://en.wikipedia.org/wiki/FN_SCAR#Users
239 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 22:36:05.74 ID:EmPopB3r
SCAR、高いよ
で性能活かすには技術要るよ

しろーとさんにはお薦めしない
240 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 22:45:34.22 ID:rnLYuwlM
https://en.wikipedia.org/wiki/Belgian_Land_Component#Firearms
ベルギー軍では2015〜2017年にFNCをSCAR-LやHに更新する予定のようだ。
4500丁というのはずいぶん少ないような気もするけど。
241 :
名無し三等兵
2016/11/16(水) 23:59:28.60 ID:AgR8cGQo
荒らしはNGしろって言うけど
それはまともにやってる側へ耳を塞いで「アーアー聞こえなーい」をやれって言うのと同じじゃね?
まともな側が荒らす側に道を明け渡すのが荒らし対策なん?
242 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 00:13:28.14 ID:VBnOAQWz
うぜえので議論スレで思う存分思う所を述べてください。
243 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 00:26:45.45 ID:QHm00z7G
>>241
こちらでがんばってwwwwwww

初心者歓迎スレ立てる前に此処で質問を868(ワッチョイ) [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1478855882/
244 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 06:25:04.53 ID:l+JepkM6
先の大戦の時には、すでに陸運の主役は自動車だったのに、日本はなんで馬産に力を入れていたんですか? 
245 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 06:52:45.65 ID:ndLqbdJv
いやちゃんと国産トラックも作ってますが?
ただ当時は運転免許を持ってない人の方が多く、部隊全員が乗れるトラックが用意してあったのに運転手が足りず、歩いていったという信じがたい話も
あとドイツ軍も、あれだけ機械化されてるように見えて補給馬車の数が相当多い
246 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 07:59:19.25 ID:V38SBlol
免許もってるだけで特技兵扱いで本部付け、将校に見つかると厄介だから殴られなかったらしいね
247 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 08:03:01.27 ID:9Hx4jrwO
じゃあアメリカはどうなんだ?
248 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 08:03:14.13 ID:V3ae6Zs6
>>246
そんな国が米帝に喧嘩を売ったなんてw
249 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 08:06:08.53 ID:V38SBlol
アメリカは1920年代から自動車産業が発達して戦時中は運転できる人はごろごろいた
250 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 08:44:12.76 ID:UjKjZ9OQ
日本軍部が初めて戦力としての自動車の有用性を「体感」したのが1933年の熱河作戦とされる。
そこからトラックの国産化に国家として本格的に取り組み始め、1936年の自動車製造事業法へ
つながるのだが、いかにも遅すぎ、また大規模な計画すぎた。
1937年から全面戦争を始めてしまった日本にはそのような余裕がなかったともいえる。

初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
251 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 08:53:19.34 ID:Xe5GmjOr
>>247
どっかのデーターで米帝の家庭の自動車保有率は半分近かったはず
映画ではあるがパシフィックや星条旗見ても、米帝の地方有力者の家庭と、日帝の軍政府要人の家庭の生活レベルが同じくらいという現実・・・
252 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 09:02:35.48 ID:z0SxXpCv
戦艦大和乗員でも、電話したことある、ってだけで重要ポジ任されたりするし
そういう時代だったというしかない
ただ技術差国力差に目をつぶって開戦したトップを非難するのは別のスレでやってくれ
253 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 09:23:44.17 ID:UjKjZ9OQ
戦前アメリカの自動車生産台数がピークに達したのは1929年。

ILOの統計によると1929年のアメリカ全自動車生産台数は535万8420台、内訳は
乗用車444万5178台、トラック88万1909台(Antique Automobile Club of America)。
254 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 11:19:57.17 ID:NZRlww5E
一方では、M3スチュアートを鹵獲したときに取扱説明の金属図版が車内に張ってあって、それ見ながら動かしてみたら3週間(確か)でものになったなんてことも。
同時期、日本軍戦車だとクラッチ繋ぐのに一年間の修練が必要だった模様。戦闘性能とは別に(もちろん日本軍比較ならそちらも遥かに上だが)機械のしての出来の良さが段違いなんだよね・・・

なお、馬産なら馬産で、輓曳競馬を奨励して農耕馬/砲兵トラクターとしての重輓馬に力を注いでいればまだ良かったんだが、
一次大戦で戦略的には無意味なのが決定的になった競走馬…それも障害競技とか考えてないレーストラック用…を騎兵馬名目として育成していたのは、同時代視点でも批判されるべきではないかと。

>>247 趣味で「飛行機」の免許獲ってた人が女性含めいくらでもいた。概ね開戦と同時に軍に志願。女性パイロットは後方地域での機材輸送を担っている。
255 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 11:49:37.71 ID:ndLqbdJv
略称でWASPと呼ばれた女性パイロットは約1000人
アラスカ経由でシベリアにレンドリースの軍用機を空輸する任務にもついていた
256 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 14:08:44.80 ID:g+Bkp60U
F-35もF-22みたいな先行する戦闘機からのデータリンクで、
後方の戦闘機からミサイルを射って敵機を攻撃できますか?
もしかして、現代戦では常識?
257 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 14:50:30.99 ID:QqB48F1y
ヘリ空母専用艦って世界的にあまり無いように思えます
(軽空母をヘリ空母として運用してる物はありますが)
世界的にヘリ空母作るなら強襲揚陸艦か軽空母作るわって感じなのでしょうか?

またもし日本に予算や人員、世論の制約がなかったらヘリ空母ではなく
強襲揚陸艦か軽空母を作るべきでしたか?
258 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 15:05:33.71 ID:ndLqbdJv
まあ西側の場合、最初から対潜ヘリ空母に転用できる小型空母が余ってたので、専用で新造とか見られない
公式の分類ではヘリコプター巡洋艦だけど、モスクワ級とかソ連は作っていたし、キエフ級もフォージャーの搭載決定で設計変更される前はヘリ専用だった
259 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 15:09:26.02 ID:J6K++iVt
『対潜ヘリ空母』って名称があるくらい、ヘリ空母は世にありふれた物だと思っていたが?
そもそも戦闘艦たる空母と、輸送船たる揚陸艦とでは、速力やダメージコントロールなどが、全くの別物だ。

特にフェリー構造になっている、ドック型揚陸艦やドック付きの強襲揚陸艦は、喫水線下に被弾すると簡単に沈んでしまう。
本来なら隔壁があるべき場所が、全通の格納庫になってるからな。

本気で艦隊戦や対潜ハンターキラーをやるつもりなら、揚陸艦では代替できないよ。
260 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 15:55:29.20 ID:VBnOAQWz
質問者が「ヘリ空母専用艦」なるものを一体どう定義してるのか、積んだヘリコプターに何をやらせるつもりなのかよくわからないんだが。
261 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 16:08:29.59 ID:VBnOAQWz
最近の傾向でいえばスペインのファン・カルロス級が嚆矢となった「LHD(ドック型強襲揚陸艦)だけど全通甲板とスキージャンプ台も備えていてヘリや将来的にはSTOVLも運用可能な多目的艦」というのが出てきている。
海自のひゅうが型やいずも型も病院船や補給、輸送機能もある程度備えていて災害救援その他の多目的任務に対応している。
262 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 16:28:33.76 ID:P502atJl
>>257
強襲揚陸艦は建造予定
軽空母は現在の自衛隊の任務内容からしたら不要
263 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 16:55:18.53 ID:J6K++iVt
たとえ全通甲板があろうと、おおすみ型が空母ではなく輸送艦であるように、スキージャンプがあろうと、ファン・カルロスは揚陸艦であって空母ではない。
マルチパーパス・キャリアーは多目的母艦ではあっても、イコール空母とは定義出来ないんだよ。

こうした艦艇が搭載する航空機は、輸送やCASに使うものであって、敵艦艇や航空機と渡り合うことを想定していない。
そもそも母艦からして戦闘までは想定しておらず、たとえ重武装の艦で「攻撃すること」を志向していても、「攻撃されること」には耐えられないからね。
その火力は航空機と同様に、あくまで上陸支援のため。

輸送艦=揚陸艦と、戦闘艦=空母を分かつ特徴は、防御力やダメージコントロールにあり、見かけの外見ではないんだ。
264 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 17:30:49.06 ID:bVeb1mfz
>>254
日本の競馬押しは「競馬で馬産産業を活性化させる(儲けさせる)ことで軍馬の生産も活性化させる」ってのも一つの目的なので軍の競馬押しもあながち見当違いってわけでもない。
まぁ競馬で軍馬育成は無理だけど、騎馬民族でもない日本で軍馬育てようとなると補助金をじゃんじゃかつぎ込むか競馬で収益上げさせるくらいしか手がないのも事実
265 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 18:27:36.98 ID:4FjYbebd
ヘリ空母といえばインヴィンシブル
ハリアー載せることにしたのはだいぶ計画進んでから
266 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 18:30:15.84 ID:gcoCYBxS
イラク派遣部隊にMRAPが配備される以前、装甲ハンヴィーがよく使われていたそうですが、
なぜ歩兵戦闘車や装甲兵員輸送車を使わず、ハンヴィーを多用していたのですか?
アメリカ軍って装甲車たくさん持ってますよね?
267 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 18:58:48.87 ID:4FjYbebd
歩兵戦闘車や兵員装甲輸送車も使って
さらに装甲ハンヴィーを使ってた
268 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 19:00:43.13 ID:VBnOAQWz
>>266
そういうのはパトロールに向いてない。
でかくて重くて燃費が悪くて整備に手間がかかる。
フセイン残党相手に重装備は必要ない(と最初は思ってた)
269 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 20:44:25.97 ID:J6K++iVt
イラクから撤退するにあたって、米軍は急増のMRAPなどを現地政府に寄贈したり、或いはただ単に捨てたりしている。
MRAPは確かにIEDに強いかも知れないが、余りに特化し過ぎていて汎用になり難く、米軍であっても持て余し物なんだよ。
まぁ急増で大量生産したり、惜しげもなく手放す辺りは、やはり米軍だが。
270 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 21:04:24.12 ID:Nc1KcFmk
戦闘後、降伏の意思を示している敵将兵を殺傷したり、捕虜にした後虐待してはならない事はよく知られていますが、
では降伏の意思を示している敵将兵を相手にせずその場に放置する行為は国際条約等で禁止されている 
でしょうか?
例えば、砂漠のど真ん中。我が機甲部隊が敵防御陣を撃破。敵守備部隊は降伏してきた。我が軍は敵の装備・書類等を押収又は破壊し
敵を無力化。直後、「俺達は今電撃戦の最中で忙しいんだ。」
と言い残し、敵守備部隊を放置して我が機甲部隊は前進。と言う場合。
271 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 21:22:57.56 ID:109eoX5y
>>270
降伏を受け入れる義務はない。放置で無問題。
272 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 21:24:53.92 ID:VBnOAQWz
>>270
http://www.mod.go.jp/j/presiding/treaty/geneva/geneva3.html
第十九条〔捕虜の後送〕
 捕虜は、捕虜とされた後できる限りすみやかに、戦闘地域から充分に離れた危険の圏外にある地域の収容所に後送しなければならない。
A負傷又は病気のため、後送すれば現在地にとどめるよりも大きな危険にさらすこととなる捕虜に限り、これを一時的に危険地帯にとどめることができる。
A捕虜は、戦闘地域から後送するまでの間に、不必要に危険にさらしてはならない。
第二十条〔後送の条件〕
 捕虜の後送は、常に、人道的に、且つ、抑留国の軍隊の移駐の場合に適用される条件と同様の条件で行わなければならない。
A抑留国は、後送中の捕虜に対し、食糧及び飲料水を充分に供給し、且つ、必要な被服及び医療上の手当を与えなければならない。
 抑留国は、捕虜の後送中その安全を確保するために適当なすべての予防措置を執り、且つ、後送される捕虜の名簿をできる限りすみやかに作成しなければならない。
B捕虜が後送中に通過収容所を経由しなければならない場合には、その収容所における捕虜の滞在は、できる限り短期間のものとしなければならない。

実際にはノルマンディなどで投降してきたドイツ兵に対し部隊指揮官が「後方に行って自分で捕虜の申告しろ」と指示だけして先に進んだ例はある。
273 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 21:33:36.26 ID:yoTD8Cmi
今西部劇見て疑問に思ったんだけど現在販売されてるリピーティングライフルで
自動拳銃の弾を使うモデルって存在してる?
リム付の弾丸よりリムレスのほうがチューブマガジンには便利そうなんで無いのが不思議なんだけど
274 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 23:36:10.87 ID:X+C5rt99
ピストルカービンなら沢山あるんじゃないかな?
そもそもSMG、特にクローズボルトで撃つ物は、殆どがピストルカービンとして使える訳だから。
275 :
名無し三等兵
2016/11/17(木) 23:50:15.21 ID:Je7NZVKo
>>273
チューブマガジン形式の鉄砲にはリムファイアではない弾薬は基本的には使えない。
危ないので。
276 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 00:09:12.36 ID:W4luzTe9
>>273 Lever Acrion .45ACPでぐぐったけど市販品はないようだ(マーリン1894を注文に応じてカスタムするガンスミスならいる)
12万件ヒットはしたが、フォーラムで長年考えてたんだけどと質問してみたら、リムレスだとチューブマガジンで弾頭が前のプライマーどついて暴発するぞとか、銃身長に比して火薬量不足です本当に(ryとか、散々言われてる奴ばかりだね。

>>275 リム付のリボルバー弾を使うレバーアクションライフルなら、Rossi社だけでもこれくらい。
http://www.rossiusa.com/product-list.cfm?category=8
277 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 00:26:53.02 ID:virk4Uwg
空自次期主力戦闘機について「ソフトウェア開発の面で苦労しそうだね」と言ったら「いざとなればF-2のソフトをぶち込めばいい」というレスを貰ったのですが
新型軍用機に旧世代機の飛行ソフトウェアを入れて飛ばした例ってあるのでしょうか?
278 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 00:43:19.01 ID:MxTp/XCe
>>274-276
あーやっぱり問題が出るのねえ
回答ありがとうです
279 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 08:03:02.04 ID:uwbPQcCx
>>270
Uボートが漂流している船員を救助中に攻撃を受けることがあり、デーニッツが原則命令「難船者救助はその陳述がUボートにとって重要な場合に限る」
を出したのを、見殺しにする行為だからと、戦後戦犯容疑にされた。なおニミッツが「うちでもやってたと」証言したので、この点では無罪。
280 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 11:26:58.42 ID:IWBGfhm1
装輪装甲車のタイヤって、映像で見る限り思ったより小さく感じましたが、
それでも100キロくらいはあるんでしょうか?
281 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 11:51:29.32 ID:fBaHhwY0
WW2期のアメリカ陸海軍機って結構塗装なし銀色のまんま戦場に送られてますけど
ああいう塗装なしじゃ目立ったりして危険じゃないんでしょうか?実際どうなのでしょうか?
282 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 11:56:00.90 ID:2ofj8gum
戦況が余裕になった後半だとそんなんでいい
下手に迷彩すると同士討ちしたりぶつかったりする可能性が増すので
圧倒的に有利なら派手なほうが逆によい

あと楽だし金もかからん
283 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 12:10:47.35 ID:1mloRKIM
>>281
レストア飛燕を見て気がついたが、ジュラルミンって経年変化を考慮しても案外くすんだ灰色に見える
昼間要撃でB29がキラッと光って見えたってのは常套句だが、雲が多いなら背景に溶け込んで見えるんじゃないか
284 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 12:19:58.16 ID:W4luzTe9
>>282に追加すると、飛行機は1gでも軽い方がいいし、全面塗装するとそれなりに重くなる。圧倒的優位なら目立っても軽い方がいい。
285 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 12:21:21.35 ID:DRbRb27W
魚の腹が銀色なのと同じで意外と迷彩効果がある。なんて話をどこかで聞いたがソースが思い出せない。多分俗説

>>283
それなりの面積の平面がある以上、たとえつや消し黒塗装であっても日光下では角度によってキラッとするのは避けられないと思うよ
286 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 12:51:24.08 ID:uwbPQcCx
>>281
制空権をとった大戦後半だと、銀色の上に黄色とか赤とか黄橙とか白黒チェッカーとか、部隊独自の派手なマーキングがされてたり、
白黒縞のインベンション・ストライプが施されたり、迷彩より敵味方識別が優先になってる
287 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 14:24:03.47 ID:/BmZtarO
私は元創価の会員でした。
すぐ隣に防衛省の背広組みの官舎があるのですが、
自分の家の窓にUSB接続のwebカムを貼り付けて、そこの動画を撮影し続け、
学会本部に送っていました。

別に大したものは写っていません。ゴミだしとか奥さんが子供を遊ばせている所とか。
官舎が老朽化し使われなくなってから、
今まで法人税(うちは自営業です)をほぼ払わなくても済んでいたのが、
もう守ってやれないのでこれからは満額申告するように言われました。
納得がいかないと言うと、君は自業自得で餓鬼地獄へ落ちる、
朝夕南無妙法蓮華経と三千回ずつ唱えて心をきれいにしなさいと言われ
馬鹿らしくなって脱会しました。

それ以来、どこへ行くにもぞろ目ナンバーの車につけまわされたり大変な日々です。
全ては自分の出来心から起きた事で、どこに訴えて出ると言う訳にもいかないのですが、
なんとかあの人たちと縁を切った上で新しい始まりを迎える方法はないんだろうか。
288 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 15:46:53.75 ID:iqsd0DcY
今すぐ入院しましょう
289 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 17:27:27.99 ID:3p7URA2R
https://ja.wikipedia.org/wiki/VLS
WIKIにVLSの欠点はセル数少なくしても価格あんま下がらんのよ
って書いてあるんだけど、これってどうしてなの?
290 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 17:27:28.82 ID:3p7URA2R
https://ja.wikipedia.org/wiki/VLS
WIKIにVLSの欠点はセル数少なくしても価格あんま下がらんのよ
って書いてあるんだけど、これってどうしてなの?
291 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 18:41:49.25 ID:XA4LdUSZ
VLSの値段って、アメリカの調達価格で13億円、日本で作っても23億円だよ? 700億円を超える護衛艦の値段としては、決定的な差にはならんわな。
それでも戦車が3両買える値段だし、他にもファランクスCIWSなどを用廃になった艦から中古として転用したりと、努力を重ねて建造費を抑えるんだ。
292 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 19:01:03.84 ID:3p7URA2R
>>291
>VLSの値段って、アメリカの調達価格で13億円、日本で作っても23億円だよ? 700億円を超える護衛艦の値段としては、決定的な差にはならんわな。
>それでも戦車が3両買える値段だし、他にもファランクスCIWSなどを用廃になった艦から中古として転用したりと、努力を重ねて建造費を抑えるんだ。
地道な努力を重ねてたんやね。知らんかった。
あと申し訳ない。もうちょっと質問内容詳しく書けばよかった(´・ω・`)

WIKIに書いてあったのがVLSのセル数を(例えば32セル→16セル)としたとしても
そんなに値段が変わらず値段が半額にならない
みたいなことが書いてあると思うんだけど、どうしてそんなに安くならないのかな?
って質問内容だったんだ。もし知ってたら教えて(´・ω・`)
293 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 19:22:23.14 ID:WRXHWcaT
>>292
その価格はランチャーだけの話なのか射撃管制システムやらレーダーやらミサイルを撃つためのシステム諸々一式を含んでるのかで答えは違ってくると思うが。
294 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 19:30:18.24 ID:3p7URA2R
>>293 >>291
そっかシステムも含んでる可能性があるのか
それだったら半額とか無理やね。ありがとうすっきりした。
700億超えるような護衛艦では相対的に小さな金額になるから乗せられるけど
もっと小さな艦だと金額の割合が大きくなるから乗せにくくなるのか。
295 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 19:38:06.25 ID:Bv2/0IPe
自衛隊PKOの人とかランボーの大佐がかぶっているベレー帽ってなんで斜めにずらしてるんですか?
まっすぐかぶると違反?
頭部を保護する効果は期待できなさそう。
儀礼的なものですかね。任務中もあの帽子かぶってるの?教えて!
296 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:02:06.28 ID:uwbPQcCx
特に規定はなく、ファッション的なもの
なおナチスドイツ時代の戦車兵が大戦初期に被っていたベレーは、中に頭部の保護材が仕込んであり、まっすぐ被る
297 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:14:43.57 ID:xtNCR0k3
ウィキペディアの「あさひ型護衛艦(2代)」の項に
「・・・19DDが防空重視であったのに対し、本型では対潜戦に比重を移している。
19DDのFCS-3Aは、従来の個艦防空に留まらず、限定的ながら艦隊防空を担いうる
僚艦防空(LAD)というコンセプトを適用されていたのに対し、本型では、やはりFCS-3
シリーズを搭載するものの、その能力は従来通りの個艦防空に戻されている・・・」

とありました。
一隻の汎用駆逐艦に対空・対潜の両方を重視した装備を搭載するのは難しいのですか?
現在の技術では、対空・対潜装備を汎用駆逐艦の船体に収める体積・重量に抑えるには
対空か対潜かのどちらかを優先し、残りをある程度諦めざるを得ないという事でしょうか?
298 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:21:54.73 ID:ZIiOqHzV
7mm機銃でB29を撃墜した記録があるという噂を耳にしたんですが本当なんですか?
299 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:27:06.41 ID:cC2pCPC2
軍事による抑止に関して質問です。
「太平洋戦争で日本は強力な軍事力を持つアメリカに挑んだ、だから軍事力は抑止力にならない」という意見を聞いたのですが、これを持って抑止力を否定できるのでしょうか?
300 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:28:25.39 ID:uwbPQcCx
「丸」誌での元パイロットたちの座談会で、誰だったかが「反航攻撃なら7.7mmでB-29でも落とせる」とか言ってたが、実際に落としたとは言ってなかったような
301 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:36:55.49 ID:/I1tX2pi
>>299
開戦当初、米帝は平時状態で西太平洋の戦力は米帝<日帝だった
もし開戦前から米帝がチートモードに入っていたら抑止力として効いていたんじゃないかな

カタログスペックでは自衛隊は強力な軍隊だけど、有事の際にも色々と制約を受けるのが明らかであり、中国や北朝鮮に抑止力として効いているのか?
今一度我々は歴史の悲劇を教訓にして考えたほうがいいのかもしれない
302 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:39:45.84 ID:eoYhw+pB
>>297
現代の技術ではってことではなく、いつの時代もそうだと思うよ
303 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:41:33.05 ID:eoYhw+pB
>>301
>中国や北朝鮮に抑止力として効いているのか?

戦争になってないって事はお互いに効いてるんじゃないの
304 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:46:55.43 ID:TFWKW8qV
>>299
「軍事力は戦争に対する抑止力にならない」と主張するからには、歴史上のあらゆる戦争が軍事力の不均衡以外の原因で勃発したことを証明しなければならない。

つまりその一例が正しいか正しくないかに関わらず、その例だけで「軍事力が抑止力にならない」事を証明したことにはならない。
305 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:51:40.88 ID:/I1tX2pi
>>303
抑止力が自衛隊ではなくて、米軍・米帝の核があるからではないのか?
ロシアと国境を接する小国ではない、日本は大国なのだから真剣な議論が必要じゃないかな
306 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 20:58:26.83 ID:eoYhw+pB
>>305
軍事力だけ分離して抑止力を評価するのはできないし
多国関係に寄る相互安全保障を緯に
安全保障は検証できない
お前とお前の仲間以外の人々は真剣に考えてるよ
307 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 21:25:58.77 ID:cuXv31V3
カンボジア→ベトナム、アルゼンチン→イギリス、グルジア→ロシアみたいに
総合戦力では圧倒的に劣っている側が、コレコレの事情で相手側は
軍事行動に出ない・本格的な反撃はしない出来ないハズ。って甘い見通しで
吹っ掛ける事はあるわな。
だから、「軍事力を保有しているだけ」では抑止にならないってのはある意味正しい。
軍事力を保有しており、それを実際に使用する意思(があると相手に信じさせる事)
が無ければ抑止力にならない。って事だ〜ね
308 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 21:34:25.36 ID:kenqlXk/
有難うございます。
宜しければ、軍事による抑止が成功した例なども紹介して頂けないでしょうか?
309 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 21:42:07.52 ID:WRXHWcaT
>>297
バカ高くなる
艦隊を守る防空と潜水艦を追い回す対潜を同時にこなせるわけじゃないので別々に二隻作ったほうがマシ
310 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 21:44:24.58 ID:WRXHWcaT
>>308
「冷戦」は米ソが直接対決せずにソ連とその同盟国の体制変革という形で終わった。
311 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 22:49:47.12 ID:pC76bcu5
第2次大戦中にアメリカが巨費を投じて原子爆弾を完成させましたが
その後のアメリカ以外の核保有国は、みんな独力で作ったのですか?
ソ連の原爆開発は、アメリカの技術を盗用して進めたと聞いたことがあります。
イギリスは、アメリカの技術に基づいて作られたのですか?
中国はやはり、ソ連の技術が入り込んでいるのでしょうか?
北朝鮮は中国の技術を流用したと見ると、この4カ国は結局アメリカの複製ですか?
フランス、インド、パキスタンは独自開発ですか?イスラエルはアメリカ複製?
312 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 22:51:13.40 ID:virk4Uwg
戦争は誰かが戦勝を確信すると始まる
戦勝を確信できなくて消えたあらゆる計画が抑止力の存在を物語る
313 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 22:52:07.97 ID:ZIiOqHzV
古くから糞尿は兵器として利用されてきましたが、現代では使われなくなったのはどうしてですか?
非殺傷ですし
314 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 22:52:28.61 ID:D5nmaWFr
トランプ次期大統領の軍事アドバイザーに就くという
マイケル フリンとはどのような人物なのでしょうか?

軍にいた時に、軍内部からの改革に挫折したため、
軍の上からの権力で変革させてやろう的な目標を持っている感じには見えますが、
陰謀論的過ぎますでしょうか?

Wikiで見て大体のことは理解したつもりですが、
生粋の民主党員で共和党の政権に入り込めるのはなぜなのでしょうか?

共和党の内部から、古き良き時代の民主党のやり方を浸透させようとかいう野望に燃えているのでしょうか?

長文ですいません。
315 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 22:56:22.13 ID:tDGBroCP
>>314
スレどころか板違い
316 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 23:03:26.76 ID:uwbPQcCx
>>313
ベトナム戦争でベトコンが罠に塗りつけて使ってましたが
317 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 23:14:55.86 ID:Ndv0u8jp
戦車の運転席の液晶(?)画面とかペリスコープって
使ってても目悪くならないのですか?
318 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 23:20:21.43 ID:8GyQrSPr
悪くなる
319 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 23:42:39.60 ID:2ofj8gum
>>313
お前も何度目だよwwwwwww
320 :
名無し三等兵
2016/11/18(金) 23:59:25.33 ID:tYqP6JWr
日本国内の攻城戦で
投石器が使われたケースはありますか?
321 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 00:32:33.81 ID:zD5vE0wE
>>320
明確にはない。
日本の場合、ほとんど山城で投石機を城の近くまで持っていくことが困難。
戦国末期から、平山城とか平城になってるけどそのころには大筒というものが入ってきて
投石機なんてものを使う必要性がなくなってる。
322 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 00:50:14.86 ID:c+0nlAZH
確か『投石機』なる兵器が使われた記録はあるが、単に石を落とす樋か何かだった可能性もあって、明確に記録が残る例は無いんだよね。
弩とか投石機、それに古代を除いて持ち盾がほとんど使われてない日本の合戦は、世界的に見てもかなり特異なものらしい。
323 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 01:33:58.05 ID:hQ1KZ8Fc
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B0%E5%9C%B0
印地打ちといって石を投げて殺傷するという方法は日本でも戦闘で使われていて、手ぬぐいや長いひもと石を包む布などでできた投石具(スリング)を使うことは盛んに行われていたが、大掛かりな投石機は使われていない。
324 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 06:41:05.84 ID:A276eSJJ
>>283
高強度だが耐食性の劣るデュラルミンを無塗装で使う事は
幾ら当時の軍用機の寿命が短かかったとは言え考え難く
戦前から日米で存在した純アルミとのクラッド材であった
可能性が高い
純アルミはアルミホイルを見れば分かるが圧延時に美しく
仕上げれば酸化皮膜によりその光沢を保つ特性がある
325 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 09:41:49.49 ID:2nswpHeh
第二次世界大戦での質問ですが航空機のサイズというものはどういう運用方法でのどういう種類の航空機が小さい傾向があり一番小さいというか小型の機種はなんだったんですか?

大型の方は戦略爆撃機で機種もおそらくB17やB29みたいなイメージがあるのですが
326 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 10:18:57.61 ID:935S8naY
アルミの弁当箱と同じアルマイト(陽極酸化)処理で、表面に皮膜作ってます
327 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 10:24:01.40 ID:935S8naY
>>325
戦後のセスナみたいな見た目の連絡機や初等練習機とか、小さく軽い
あとエアレーサーから発展した設計の小型戦闘機(SAI.207とかI-16とか)
328 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 12:42:50.26 ID:yVHiQamp
自衛隊は対潜能力だけなら米軍に比肩するほど力をいれていると聞きました。
でも哨戒機を飛ばす為には制空権確保が絶対条件なのに、哨戒機と比較して制空戦闘機が電子戦機が貧弱なのはどうしてですか?
329 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 12:59:08.92 ID:5sKCL28Q
そもそも冷戦期にアメリカとの役割分担で対潜哨戒機が増勢された結果のなごりだから。
そもそも日本列島の太平洋側で活動する分には制空機も電子戦機も必要ない。
330 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 13:03:12.46 ID:oCIWurwU
>>328
米軍と作戦行動を共にするのが前提=米軍の制空権下で対戦任務を行うから
良いのか悪いのか、アメリカと軍事同盟を結んでいる国は、アメリカ軍無しではロクな軍事行動が取れないよね
あのフランスでさえも空母一隻番長だしw
331 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 14:14:17.59 ID:oH2BUEkw
>>328
なんであんなに哨戒機持ってるのか、への答えは上に出てるけど、日本の保有規模で
「制空戦闘機が少ない」なんて言ったら、世界で「十分な制空戦闘機持ってる」国なんて
数えるほどしかなくなっちまうぞ。
332 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 14:16:52.31 ID:pbH5H4nS
普通に考えたらイーグル200機とかwww
アメリカ以外なら普通に勝てそうなレベル

ただし肝心の総理大臣があうあうあーだからそこはまぁ
333 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 15:07:54.05 ID:+KfBRZug
対潜哨戒装備が突出してるだけであって、防空装備が貧弱というわけではないという事だね。
334 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 15:51:24.51 ID:MKDyU9QU
>>325
一応「航空機」ってくくりだと一番小さいのは特殊攻撃機桜花やV1、ロケット迎撃機Ba349じゃないかと。
朝鮮戦争くらいまでは爆装した無人のヘルキャットを無線誘導で特攻させたりしてるし、
まだミサイルと航空機の区別が曖昧な時代なんで、着陸装置も無く離陸すらマトモに行わないミサイル同然の
無人/有人機が一番小型軽量簡易かと。

あと小さい飛行機というと、最低限の大きさで飛行特性やパワーユニットの性能を確かめる実験機の類がかなり
小さくて、グライダーやマイクロプレーンみたいだったりも。
その中でも無尾翼機みたいに胴体が極端に短い機体なんかは本当に小さい。
それらから発展した小さな実用機というとロケット戦闘機のMe163じゃなかろうか。
335 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 16:56:33.52 ID:Ivvv41Ez
>313 : 名無し三等兵2016/11/18(金) 22:52:07.97 ID:ZIiOqHzV
>古くから糞尿は兵器として利用されてきましたが、現代では使われなくなったのはど>うしてですか?
>非殺傷ですし

「古くから」「尿は兵器として利用されてきま」せん!

尿は、清潔なので、毒としては使えないのです。

下記、「出たばかりの尿は非常に清潔であるというのは本当なんでしょうか?」を参照ください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q103122400
336 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:14:42.95 ID:S0lyl2wE
訂正欲で釣ろうと。姑息だねえ
相手すんなよ
337 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:20:56.66 ID:Ivvv41Ez
>311 : 名無し三等兵2016/11/18(金) 22:49:47.12 ID:pC76bcu5
>第2次大戦中にアメリカが巨費を投じて原子爆弾を完成させましたが
>その後のアメリカ以外の核保有国は、みんな独力で作ったのですか?
>ソ連の原爆開発は、アメリカの技術を盗用して進めたと聞いたことがあります。
>イギリスは、アメリカの技術に基づいて作られたのですか?
>中国はやはり、ソ連の技術が入り込んでいるのでしょうか?
>北朝鮮は中国の技術を流用したと見ると、この4カ国は結局アメリカの複製です
>か?
>フランス、インド、パキスタンは独自開発ですか?イスラエルはアメリカ複製?

「ソ連は多くの情報をマンハッタン計画内の自主的なスパイから受けとっていたとされている」
「核分裂を利用した兵器は、最初アメリカ、イギリス、カナダの協力によるマンハッタン計画によって開発された」
「ソ連は中国のために核兵器工場を建設した」
「パキスタン政府は今年2月、カーン博士らが「核の闇市場」を通じて北朝鮮、イラン、リビアに対し核技術を個人的に流出させたと発表」
338 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:21:24.42 ID:Ivvv41Ez
核兵器の歴史 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/核兵器の歴史
1. キャッシュ
2. 類似ページ
核兵器の歴史では、核兵器の開発史を時系列で記述する。
核兵器とは、核分裂および核融合を用いた大量破壊兵器の総称である。 1930年代になされた核 .....
しかし、戦時中を通して、

ソ連は多くの情報をマンハッタン計画内の自主的なスパイから受けとっていたとされている

(ソビエトの ...
ソ連の核開発はアメリカで恐怖をもって受けいれられ、ジョセフ・マッカーシー上院議員による赤狩り(マッカーシズム)のような事件を引き起こした。」
339 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:22:36.11 ID:Ivvv41Ez
「核兵器の歴史 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/核兵器の歴史
1. キャッシュ
2. 類似ページ
核兵器の歴史では、核兵器の開発史を時系列で記述する。核兵器とは、核分裂および核融合を用いた大量破壊兵器の総称である。 1930年代になされた核 ...
原子爆弾と呼ばれる

核分裂を利用した兵器は、最初アメリカ、イギリス、カナダの協力によるマンハッタン計画によって開発された

。 ......
訴えた。1958年、アメリカ、ソ連そしてイギリス連邦 (新規の核保有国) は政治問題と健康問題への配慮から、共同で宣言を発表し核実験の一時 ..」
340 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:23:00.25 ID:Ivvv41Ez
「中国の核実験 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/中国の核実験
1. キャッシュ
2. 類似ページ
ソ連からの技術供与の背景 に移動 - ミコヤンは

「ソ連は中国のために核兵器工場を建設した」

とのちに証言している。 ... 側の態度に際してフルシチョフは核開発技術移転をスピードダウンするように命じ、1959年6月20日には原爆関連の援助を中止した。」
341 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:23:28.42 ID:Ivvv41Ez
「パキスタン政府は今年2月、カーン博士らが「核の闇市場」を通じて北朝鮮、イラン、リビアに対し核技術を個人的に流出させたと発表。一方で、政府の関与は一切否定していた。」

下記、「北朝鮮からミサイル技術購入」 パキスタン元首相証言を参照ください。

http://www.asahi.com/special/nuclear/TKY200407170390.html
342 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:39:28.77 ID:Ivvv41Ez
>281 : 名無し三等兵2016/11/18(金) 11:51:29.32 ID:fBaHhwY0
>WW2期のアメリカ陸海軍機って結構塗装なし銀色のまんま戦場に送られてますけど
>ああいう塗装なしじゃ目立ったりして危険じゃないんでしょうか?実際どうなのでしょ
>うか?

「WW2期のアメリカ」「海軍機って結構塗装なし銀色のまんま戦場に送られて」無い!
「目立ったりして危険じゃない」!

「海軍機って」海で使うんです!
塗装しないと、腐食が激しくなります。

「WW2期のアメリカ陸」「軍機って」強かったのです。
「塗装なしじゃ目立っ」ても構わない!
かかれるものなら、かかって来いとの自信の表れです。
塗装しないと、性能が向上しました。
343 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:40:16.47 ID:Ivvv41Ez
「ジュラルミンの現物知ってれば簡単なことですが、本来は無塗装でギラギラ光る金属ではありません。
パネルごとに微妙に色が違って見えることでも判るはずです。
ステンレスならギラギラ光る金属なので、一律ギラギラ光っています。
光沢があるように見えるのは、表面にクリアー塗装をしてるからです。
これはツルツルにすることで空気抵抗の減少を狙っています。
また、ジュラルミンは腐食に弱い金属なので、機体保護の為にクリアーを塗ったり、純アルミでコーティングしたりします。

具体的にはP-51の主翼は特別な主翼断面で、特に表面の平滑性を求められたので、
原則的にクリアー塗料を塗布して平滑に仕上げています。これは必須です。
また、空気抵抗の削減を狙って機体も同様にしたという話も有ります。
これはまさに戦闘機としての戦闘力を高めるためのものでした。
他の戦闘機、P−47についてはそういうことは無いので基本的に無塗装です。
344 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:40:41.79 ID:Ivvv41Ez
逆に、爆弾や燃料を目いっぱい積むのが目的のB−29は、超高空を巡航速度で飛べばいいので、本当に無塗装だったといいます。
塗料も余計な重量とみなされたんですね。
また、高高度では無塗装のジュラルミン(いわゆる鈍く光る銀)は背景に溶け込んで迷彩効果があるということで、
光の反射が増すラッカーやワックスは塗りませんでした。

それから、戦時中の部隊写真はともかく、広報写真や、戦後の引退した機体では、
見栄えを良くするためと、ジュラルミンの防腐の意味から、クリアー塗装やワックス塗装が多いようです。
それと、戦後の機体(ジェット機等)については、機体材質やそれこそ銀色塗装やアルミメッキ等、
製造段階から関係してくる、さまざまな方法により銀色になった機体が登場しますが、これらは別な話になります。

「ドープ塗料」と言うのは、航空機用語では一般的に機体の布の部分(補助翼の布張り部分等)に行う銀色の塗料の事で、
これは布の強化や保護、平滑化を目的とした塗料です。
第1次大戦時の、機体から複葉の翼まで布張りの飛行機は、下地として全面にこれを塗っています。
ただし、これは厳密には「銀色ドープ塗料」と呼ばれるものがあまりにも一般的になったための呼称のようで、
単に「ワニス(透明塗料)」を指す場合もあるようです。(航空機用語以外ではそっちが一般的のようです)
P−51も補助翼は布張りなので銀色ドープ塗装をしています。

規定としては、大戦中の米軍機で全面クリア(ワニス)塗装の指定の機体は無いのですが、
P−51の主翼塗装の件があるので、前線で全面塗装していても不思議はありません。
(最先端航空力学を理解して主翼だけに塗るより、表面が平滑なら速いだろうと全面に塗る輩はいただろう)
全面クリアー塗装の機体は、そういう機体ではないかと、個人的には考えています。」

下記、戦時中の米軍機は…
戦時中の米軍機にはB-29やムスタングのような銀色をした機体が多く見られますよね。を参照ください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316455308
345 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:50:13.87 ID:Ivvv41Ez
>244 : 名無し三等兵2016/11/17(木) 06:25:04.53 ID:l+JepkM6
>先の大戦の時には、すでに陸運の主役は自動車だったのに、日本はなんで馬産に
>力を入れていたんですか? 

「日本は」輸送力の主力だった「馬産に力を入れていたんです」!

この事情は、ドイツやソ連も同じです。
第二次世界大戦中に、基本的に軍馬を廃止したのは、自動車生産の多かった、アメリカと、アメリカから武器貸与法で、自動車を貸与された、イギリス連邦だけです。
346 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 17:53:29.70 ID:YRMLQYID
相変わらず間違いだらけの馬鹿カスだなw
初心者は信じちゃいけない。
黙ってスルー推奨。
347 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 18:02:07.12 ID:Ivvv41Ez
54 : 名無し三等兵2016/11/17(木) 11:19:57.17 ID:NZRlww5E
>方では、M3スチュアートを鹵獲したときに取扱説明の金属図版が車内に張ってあっ
>て、それ見ながら動かしてみたら3週間(確か)でものになったなんてことも。
>同時期、日本軍戦車だとクラッチ繋ぐのに一年間の修練が必要だった模様。戦闘性
>能とは別に(もちろん日本軍比較ならそちらも遥かに上だが)機械のしての出来の良
>さが段違いなんだよね・・・
>なお、馬産なら馬産で、輓曳競馬を奨励して農耕馬/砲兵トラクターとしての重輓馬
>に力を注いでいればまだ良かったんだが、
>一次大戦で戦略的には無意味なのが決定的になった競走馬…それも障害競技とか
>考えてないレーストラック用…を騎兵馬名目として育成していたのは、同時代視点で

>も批判されるべきではないかと。

>247 趣味で「飛行機」の免許獲ってた人が女性含めいくらでもいた。概ね開戦と同
>時に軍に志願。女性パイロットは後方地域での機材輸送を担っている。

>64 : 名無し三等兵2016/11/17(木) 17:30:49.06 ID:bVeb1mfz
>254
>日本の競馬押しは「競馬で馬産産業を活性化させる(儲けさせる)ことで軍馬の生産
>も活性化させる」ってのも一つの目的なので軍の競馬押しもあながち見当違いって
>わけでもない。
>まぁ競馬で軍馬育成は無理だけど、騎馬民族でもない日本で軍馬育てようとなると
>補助金をじゃんじゃかつぎ込むか競馬で収益上げさせるくらいしか手がないのも事
>実

「競馬で軍馬育成は」した!
348 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 18:02:38.07 ID:Ivvv41Ez
「補助金競馬[編集]
馬券の発売が禁止されたことにより公認競馬の各施行体は収入源を断たれ、競馬を開催することがきわめて困難な状況に追い込まれた。
しかしながら当時の政府は前述したように軍馬の品種改良に取り組んでおり生産の奨励、品種改良の成果確認のために競馬の開催を必要としていた。
そのため、政府は馬券発売を伴わない競馬開催を推進することとした。
政府は旧来の施行体をすべて解散させ新たに全国11の競馬倶楽部を競馬施行体とし、補助金を支出した。
このような補助金をもとにして行われた競馬を補助金競馬という。
なお補助金競馬の開始に伴い1908年(明治41年)11月、閣令として競馬規程が発せられた。
景品競馬[編集]
前述のように馬券は禁止され、政府は馬券発売を伴わない競馬を推奨したが馬券を売らない競馬は開催しても不人気で観客席は閑古鳥が鳴いていた。
あまりの不人気に、実際には入場者に対して勝ち馬を予想し、的中者に景品を付与するという形で賭けが行われるようになった。
これを景品競馬という。このとき発売したのは馬券ではなく勝馬投票券といい、この勝馬投票券という名称は現代でも馬券の正式名称として使われている言葉である。
現金ではなく景品での払い戻し、なおかつ販売枚数や払い戻しの上限を設ければギリギリ賭博罪を免れながら、賭る楽しみを求められるだろうという苦肉の発案である。
景品競馬は1913年(大正2年)に宮崎競馬倶楽部が宮崎競馬場において実施し、翌年には目黒競馬場などでも取り入れ、以降全国各地の競馬場で行われた[12][13]。
景品競馬は後述のように(旧)競馬法が成立し馬券発売が再開された後には公認競馬では行われなくなったが、
畜産組合が主催する競馬および地方競馬では引き続き行われた。」

下記、ウィキペディアの競馬の歴史 (日本)を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
349 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 18:24:54.70 ID:Ivvv41Ez
>231 : 名無し三等兵2016/11/16(水) 19:57:03.06 ID:YbAij962
>朝鮮戦争で戦ったアメリカ軍兵士って
>入隊直後の訓練中に戦争終わったから旅行気分で徴兵先の日本に行ったら
>沖縄戦以上に激戦だった朝鮮半島に飛ばされた可哀想な人なの?

>234 :名無し三等兵2016/11/16(水) 20:21:36.35 ID:wJVHj19v
>231
>入隊直後の訓練中に戦争終わった
>そういった人たちのほとんどはそのまんま除隊となり、
>「兵隊として戦争に行ったけど、結局アメリカから一歩も出ていない」
>って人がたくさんいたりする。
>なので朝鮮戦争に参加した兵士と太平洋戦争に参加した兵士、特に
>末期に入隊した人はほとんど被っていない。

「朝鮮戦争で戦ったアメリカ軍兵士って入隊直後の訓練」は、アメリカでしました。
「朝鮮戦争に参加した兵士と太平洋戦争に参加した兵士、特に」士官と下士官は「被ってい」た場合が多い。

アメリカ陸軍は、新兵教育をブートキャンプでします。
アメリカ本国に在ります。
それから、部隊へ配属されます。
旧日本陸軍では、新兵を部隊へ配属して、そこで教育しました。
350 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 18:25:31.59 ID:Ivvv41Ez
コリン・パウエルは1958年にニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業すると、少尉としてアメリカ陸軍に任官している[1]。」
ドイツ駐留のアメリカ陸軍へ入りました。
大尉クラスは、第二次世界大戦と朝鮮戦争経験者が多かったそうです。
第二次世界大戦が1945年に終わりました。
アメリカ陸軍は、大幅な復員をしました。
しかし、士官や下士官で、軍隊が気に入った人は残りました。
1950年に勃発した、朝鮮戦争では、第二次世界大戦の経験者が多かったです。
351 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 18:27:02.78 ID:Ivvv41Ez
「アメリカ陸軍基礎訓練(初期入隊訓練[1]、英: United States Army Basic Training, ブートキャンプとも)は、
個人がアメリカ陸軍兵士、アメリカ陸軍予備役、アメリカ陸軍州兵になるために行う肉体的、精神的な訓練プログラムである。
合衆国内のいくつかの基地で行われている。基礎訓練は非常に激しく、挑戦的に行われる。特に体力訓練の困難さは、
不慣れな生活に体力的に迅速に適応しなければならないことから来ている。
基礎訓練は基礎戦闘訓練と先進個別訓練の2つからなる。
基本戦闘訓練(Basic Combat Training、BCT)は基礎訓練全体の最初の10週間で行われ、[2]
内容は陸軍、陸軍予備役、陸軍州兵の新兵で全て同じである。ここでは戦闘の技術から上官への挨拶まで、
個人が兵士であることの基礎について全て学ぶ場所である。BCTでは戦闘の精神的・肉体的なストレスに耐性を付けるため、
一人ひとりが厳しい体力訓練を受ける。BCTで訓練される最も重要な要素は自己管理力であり、
新兵は多くの一般人の予想を超える多くの任務をこなす忙しい毎日に晒される。
高等個別訓練(Advanced Individual Training、AIT)は基礎訓練全体の残りの期間で行われ、新兵が個々の専門的な技能について学ぶ場所であり、
その内容は兵科や職種専門技能(Military Occupational Specialty、MOS)によって異なる。例えば、新兵がヒューミント情報収集者の技能を有していれば、
その新兵はBCTの終了後、アリゾナ州シエラビスタのフォート・ワチューカの情報学校に送られるだろう。
また軍医のMOSを所有していれば、テキサス州サンアントニオ、サムヒューストンの陸軍衛生学校に送られるであろう。
AITコースは最短4週間から最長52週間まで幅がある。多くのAITスクールはBCTのように戦闘に集中することはないが、
新兵は絶えず武器使用と体力の試験を受け、結果によっては懲戒の対象となることがある。」

下記、ウィキペディアのアメリカ陸軍基礎訓練を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E9%99%B8%E8%BB%8D%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E8%A8%93%E7%B7%B4
352 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 18:30:19.95 ID:0+kDGurX
触ると無駄レスが増えるからな
カスミンに触れる奴は自分自身がカスミン培地になってるということを理解するべき
353 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 19:07:32.68 ID:Ivvv41Ez
>314 : 名無し三等兵2016/11/18(金) 22:52:28.61 ID:D5nmaWFr
>トランプ次期大統領の軍事アドバイザーに就くという
>マイケル フリンとはどのような人物なのでしょうか?
>軍にいた時に、軍内部からの改革に挫折したため、
>軍の上からの権力で変革させてやろう的な目標を持っている感じには見えますが、
>陰謀論的過ぎますでしょうか?
>Wikiで見て大体のことは理解したつもりですが、
>生粋の民主党員で共和党の政権に入り込めるのはなぜなのでしょうか?
>共和党の内部から、古き良き時代の民主党のやり方を浸透させようとかいう野望に
>燃えているのでしょうか?
>長文ですいません。

アメリカは、政党の拘束力が弱いのです。

反対政党の内閣へ入った人もいます。

「アメリカの政党 - Wikiwand
www.wikiwand.com/ja/アメリカの政党
1. キャッシュ
このページを訳す
2004年の時点で、7200万人が民主党、5500万人が共和党と登録しており、4200万人が無所属もしくはなんらかの第3党(小 ...

通常時には党の組織的活動はほとんどみられず(院内会派の活動はあるが、これも他国と比べると拘束力が小さい)

、各選挙ごとに ...」
354 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 19:28:25.56 ID:Ivvv41Ez
>233 : 名無し三等兵2016/11/16(水) 20:20:10.29 ID:8U5rr+5p
>終戦直後の日本進駐軍て、米軍内では、最大のハズレクジやん
>都市は、見渡すかぎりの丸焼け原野
>生野菜サラダは寄生虫で食えない、
>鶏卵の調達は丸一日ががり(マッカーサー逸話)
>ギブミーチョコレートと群がる土民ガキ、
>舗装道路はほとんどない、軽くジープで移動するだけでホコリまみれ
>水洗トイレなにそれな下水道普及率

「終戦直後の日本進駐軍て、米軍内では、最大の」天国でした。

焼け残った、建物を接収して使いました。
第一生命ビル、帝国ホテル、個人の邸宅。

「生野菜サラダは寄生虫」の付かない、清浄野菜を、日本の農家の栽培されました。
外国から持ち込む事も可能でした。

鶏卵は日本に有りました。
マッカーサーが進駐の初期に、横浜グランドホテルで鶏卵が出なかったのは、本当と想像します。
しかし、それは例外なのです。
横浜グランドホテルは、民間のホテルです。
だから食糧難だったのです。
日本海軍の搭乗員には、毎日鶏卵が支給されました。
現在の鶏卵は、飼料を食べさせて大量生産します。
1945年当時の日本では、鶏卵は農家の副業でした。
残飯やくず米や土中のみみずなどを食べさせました。
そのため、一軒で一羽しか買えません。
農村へ鶏卵の仲買人が出向いて、買い入れました。
高価でしたが、飼料難の影響は受けなかったのです。

「ギブミーチョコレートと群がる土民ガキ」で優越感に浸りました。
355 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 19:28:40.39 ID:Ivvv41Ez
兵隊の給料で、愛人を囲えました。
日本人が、ビールの配給で少しずつ飲んでいるとき、ビール工場へ押しかけて、ビールを強奪しました。

これらの事情は、ドイツでも同様でした。
さらに、第二次世界大戦の初期に、負けた、フランスに対して、ドイツが同じようにしていました。
356 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 19:50:07.07 ID:ZhSdwT9H
>>355
米兵が製造工場から強奪するってことは、支給されてるビールが足らない証拠だけど。
占領軍がビール工場を接収して米軍向けのビールを生産させたと兵隊が押しかけて強奪したじゃ、大違いですが。
357 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 20:40:30.79 ID:Ow9KK+3Q
youtubeでGeneration Warってドイツの映画見てたんだけど、
ドイツ兵がソビエト側からたくさん飯盒持って逃げてくるシーンあるんだけど、
飯盒ってパン作れんの?それとも米食ってるの??
358 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 20:49:10.42 ID:yVOYeos4
軍板って保守しないとスレって落ちるの?
スレ落ちるのって980から書き込み無いとき?
359 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 20:50:22.42 ID:z48Zhu+F
sm30025466
360 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 20:51:45.24 ID:DwRF8OPI
>>357
できるみたいよ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
361 :
360
2016/11/19(土) 20:52:39.81 ID:DwRF8OPI
ごめん失敗
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
362 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 21:29:11.39 ID:hQ1KZ8Fc
>>357
欧米での飯盒(mess kit)は配給されたスープやソーセージなどの糧食を携行するための容器兼食器。
火にかけてスープを温めたり取っ手付きの蓋をフライパン代わりにソーセージや卵を炒めることはできるがあれでそのまま料理を作ることは普通はしない。
ドイツ軍の師団には製パン中隊や食肉加工中隊が編成に含まれていて、師団内でパン焼きや豚の屠畜解体からソーセージの製造までやっていた。
そうした部隊や糧食班で作られた食事は例えばスープは背負式の保温容器に入れてパンやソーセージなどと共に前線の陣地に運ばれ、そこで兵士が飯盒で一人分の配給を受けて食べるという形になっていた。
無論それ以外でもニワトリや豚や小麦粉が調達できれば前線でシチューやパンの材料になることもままあった。

https://en.wikipedia.org/wiki/Mess_kit#Soviet.2FRussian_mess_kit
During the Great Patriotic War the Soviet army mess kit was a two-piece design similar to that used by the Wehrmacht
ここの記述によればソ連軍の飯盒はドイツ軍のものによく似ていたらしい。
363 :
名無し三等兵
2016/11/19(土) 21:33:30.11 ID:hQ1KZ8Fc
http://gerhard03.blog61.fc2.com/blog-entry-239.html
このブログでGeneration Warとドイツ軍の糧食について紹介されてるが保温容器(フードコンテナー)や鍋から飯盒にスープをよそってる写真が載ってる。
364 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 05:18:40.99 ID:9TiOfcZi
太平洋戦争初頭のハワイ攻略の話題でネタになったのですが(軍事とは直接関係ないです すいません)
戦前のハワイって食糧を自給できていなかった というのは本当なのでしょうか?

Aさんは、当時の住民は42万人以上いて、そこに占領日本軍を加えた人数を養うことはできない と主張し
Bさんは、漁業や家畜も盛んだったし、輸出していたというパイナップルやマカデミアナッツなどの農地を
穀物のうちに転換すれば問題ない。 日本本土からハワイへの補給なんて考える必要ない と主張していました。

また、近代の総力戦において、戦時中ドイツ軍や日本軍などが占領した外国の領土に対して
その土地を強制的に食料農地に転用したり、それに現地の住民(敵国民)を徴収させたりということはあったのでしょうか?
365 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 05:56:52.56 ID:gJlK35aZ
質問です

米国は自国の軍がクーデターを起こさないような統治機構を具体的にどう設計しているのか知りたいです
バカバカしいのは分かりますが例えば他国全部合わせてもそれより強くてかつ核やミサイルが無かった時代と仮定してみてもよいです
要するに抗えない最強の暴力があったとしてそれをどう国家が制御しているのかシステムに関心があります
366 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 06:43:14.66 ID:PmzUERF7
1930年代中期〜後期のソ連空軍は優れたI-16やSBを世界最大規模で量産しているのに
後継機に更新するのが遅れてバルバロッサ作戦の頃まで残り、すっかり旧式化してしまいましたが
これは「I-16やSBの世代で過剰に量産しすぎたせいで機種更新が遅れた」という認識で合ってますか?
367 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 07:11:11.77 ID:7KuLd4E0
X-2って今試験飛行をやってるんですか?
各務ヶ原周辺なのに見たことないんですが・・・
368 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 07:12:34.45 ID:yBHFevtp
>>364
>パイナップルやマカデミアナッツなどの農地を穀物のうちに転換すれば問題ない。
農業を知らない素人発想だね
作物の転換、ましてや一見の土壌の農地転換なんて狂気の沙汰(大躍進w)
仮に出来たとしても収穫までの食料は?
肥料の調達は?
Bさんは辻さんかな?w
仮に順調に持久戦出来たころには、週刊・月刊空母によって周りの島が占拠されてイースター島状態の予感

>また、近代の総力戦において〜
チート物量を誇るアメリカを除いては、軍票での買い上げなり、略奪なりが普通だよ
369 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 07:25:34.07 ID:yBHFevtp
>>365
上のほうでは運用と指揮が完全に分離して、大統領の命令無くして軍は動かせない
時代や大統領の好みによってやり方は変わっているけど、安全保障補佐官・統合本部・国防省に権限が分かれている

下だと兵士を大事にして不満を極力無くす
勇敢に戦って負傷したり墜とされても救助や医療の専門チームが助けてくれる
アイスや缶コーラがあるw
除隊後は大学へ行ける・・・etc

逆に不名誉除隊は社会的に抹殺されるから、その辺のアメとムチを上手く使い分けているね

銀行や官公庁でもある「定期異動」も有効な方法だよね
370 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 07:40:33.62 ID:rQCs3nql
太平洋戦争を回避する方法を議論していると
稀に共和党が政権とってたら回避できたと言う意見を聞きますが
ルーズベルトの対抗のランドンは孤立主義政策には反対してましたよね?
なんで共和党が勝ってたら戦争を回避できたかも知れないんですか?
371 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 08:49:38.19 ID:izJuHZ90
WWUの各国の出征中の兵士たちは、原則的には本国への一時帰国などは認められなかったのでしょうか?
3年〜5年間家に帰れなかったなんてことは、普通にあったことなんですか?
ドイツでは地続きのせいか、休養や師団再編などで本国に帰ることがあったように思えます(映画、フィクション等)が実際はどうなのでしょうか?
それともある程度の余裕ができた時に、長期の休暇や本国での再編などで帰国させていたのでしょうか?
国によって違うのかもしれませんが、東部戦線のドイツや中国戦線の日本、欧州でのアメリカ、イギリスあたりだとどうなんですか?
372 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 08:51:57.50 ID:uUn/oaY7
>>370
それは軍事じゃなく日本近代史板でやってくれ。
373 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 09:22:51.44 ID:P0wYlqsN
敵と味方の兵士が一斉にウンコしたらどうなるの?
374 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 10:37:56.72 ID:v5t6Hsuu
空中ミサイル補給機があれば、空母の必要性はだいぶ薄れると思うんですが
技術的にも宇宙ステーションの技術と比べたら簡易で頑張れば可能な気がするんですが、そういう研究はされなかったんですか?
375 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 10:52:09.31 ID:uUn/oaY7
376 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 10:52:20.61 ID:lYHFxdgx
>>374
されたことはある。
結論は「コレは無理」。

いろいろ研究されたけど、今のところは「空中給油がうまく行っているのが奇跡だな」というところ。

ついでに言うなら宇宙ステーションのドッキング技術のほうが遥かに簡単。


あと、一番の問題として、そんなにミサイル補給しながら延々と戦い続けるような航空戦は
普通発生しないし、戦闘用航空機の場合、一番の消耗品は実は「パイロット(の体調」だったりする。

戦闘機パイロットは一回出撃させて戦闘したら最低でも一日休養が必要なくらいには疲労する。
燃料と武装だけ補給して延々と戦わせる訳にはいかない。
377 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 12:14:04.43 ID:sThjcrbK
人民解放軍は国軍でなくて共産党の軍隊ですが
朝鮮人民軍やソ連軍はどちらなんですか?
378 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 13:24:38.38 ID:R4+7JKsu
2000、3000m級の山岳地帯にトンネル掘って隠れられたら、どうやって殲滅するんですか?
トンネル内だと赤外線センサーは反応しないから敵陣地の位置が分からず爆撃しようがないし
遮るものがないから歩兵が近づいても射程外から重機関銃や迫撃砲で滅多打ちにされるし、戦車や装甲車は持ち込めないし
空挺しようにも携行ミサイルの餌食になるだけだし
379 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 13:46:54.98 ID:eeo2gG4g
そんな山間部にトンネル掘れんなら監視衛星なり周辺の動きだったりでわかる
そうなりゃバンカーバスターぶち込んだっていいし、周辺包囲して干上がらせてもいい訳で

2、3000mの山で守備陣地築くなんて年単位の国家事業になるわ
工兵辺りが現場でなんとかできる工事じゃない
380 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 14:55:49.84 ID:58nj9EGL
軍事に関係ない話しばっかじゃん
381 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 14:58:52.55 ID:E6LUOsG3
>>371
少なくともドイツ軍では、定期的に休暇が与えられている(それを拒否して部隊に留まるエースとかもいたが)
なにしろドイツが追い込まれた大戦ド末期ですら、お役所仕事的に休暇が与えられていたくらい
382 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 15:07:31.15 ID:RD32hEos
射手助手装填手3人の機関銃ユニットで
射手が倒れると助手が繰り上がって
射手をするそうですが
その助手も倒れたらもう撤退
するのですか ?
383 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 15:15:27.97 ID:Jwl1EJi4
>>382
3人だけで戦争する訳じゃねーし、機銃が生きててそれが重要なら他の奴呼んできて助手やらせるし
それでもいないなら撤退するなり一人で死守するか

そんなもん現場の判断だわな
384 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 15:34:39.03 ID:uUn/oaY7
>>383
どこぞの陣地で一晩中、一人でMG撃ちまくって陣地を死守した話があったな。
385 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 15:42:09.03 ID:RD32hEos
>>383
thx
386 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 16:04:02.95 ID:lYHFxdgx
>>377
人民解放軍だって「国軍」だよ。
あの国は憲法で「党=国家統治組織(政府」って規定されてるんだから。

「人民解放軍は中国共産党の私兵だから国軍じゃない」っていうのは、あくまで
中華民国の側の主張(彼らから見れば、「中国」の政府)は自分たちのみ)に過ぎない。
中華人民共和国は今や国連に常任理事国の議席持って国際的に広く承認されてる以上、
その主張に実行性はないだろう。
(中華人民共和国の憲法って近代憲法としてそれでいいのか? と言うのはまた別の問題)

朝鮮人民軍も中国の人民解放軍と同じ規定(国家=党なので等の指導(指揮)下にある)だが、
これも「朝鮮半島にある正統な国家は大韓民国だけ」とするなら「国軍ではない」ということに
なるが(韓国は今も公式にはこの立場)、まあやっぱりISISみたいなのと同列に扱うには
無理があるだろな。

ソビエトの赤軍はWW2後の1946年には制度変更の上「ソビエト連邦軍」と改称して、制度上
法律上は「党の軍隊」ではなくなった。
387 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 16:22:54.05 ID:gJlK35aZ
>>369
ありがとうございます
388 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 16:27:50.48 ID:R4+7JKsu
>>379
あのー、ロバーツの尾根の戦いってご存知ですか?
タリバンの山岳陣地に米SEALsとレンジャー部隊がヘリで着陸し制圧を試みたが
敵の機関銃や迫撃砲になす術なく防戦一方でf-16、f-15、プレデター、AC130の支援も虚しく大敗北を喫した戦いです
チヌーク2機、8名の隊員が死亡し、AC130も危うく撃墜されそうになりました
有名な事件なのでまさか、知らないってわけないですよね?
ゲリラですら山岳地帯に陣地を築いているのだから出来ないはずないと思うんですが
389 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 16:28:34.18 ID:A8D8gW1U
社会生活の慣習の合理性を測る基準で
軍事的価値以上のものは何がありますか?
390 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 16:33:23.12 ID:W/2xrb5f
>>389
>>4
・軍事に関係の無い質問、ネタ質問、アンケート、またはそれに類する質問は禁止です
・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません
391 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 16:38:04.01 ID:eeo2gG4g
>>388
あれトンネルなんか掘ってたか?
自然の洞窟に陣地を置いてたって話だろ
んでもってそういう場所は山岳に限らず攻めづらいってだけ
392 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 17:37:57.10 ID:iAM6GwEf
>>388
その洞窟とやらを落としたきゃ何としてもやるし、たんに誰か立てこもってるだけならスルーして他全部制圧しちまえば終わり
ついでに君がそのトンネルとやらの中に埋まってくれれば世界が平和
393 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 18:12:47.29 ID:gW0ss20z
>355 : 名無し三等兵2016/11/19(土) 19:28:40.39 ID:Ivvv41Ez
>兵隊の給料で、愛人を囲えました。

>日本人が、ビールの配給で少しずつ飲んでいるとき、ビール工場へ押しかけて、ビ
>ールを強奪しました。

>これらの事情は、ドイツでも同様でした。
>さらに、第二次世界大戦の初期に、負けた、フランスに対して、ドイツが同じようにし
>ていました。

>356 : 名無し三等兵2016/11/19(土) 19:50:07.07 ID:ZhSdwT9H
>355
>米兵が製造工場から強奪するってことは、支給されてるビールが足らない証拠だけ>ど。
>占領軍がビール工場を接収して米軍向けのビールを生産させたと兵隊が押しかけ
>て強奪したじゃ、大違いですが。

「米軍向けのビールを」「支給され」無い!
394 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 18:13:16.64 ID:gW0ss20z
米軍は、ビールなどのアルコールを支給しません。
アメリカ軍人は、自分で買うか、敵から奪うか、自分で作りました。
アメリカの艦船では、アルコールを飲めません。
そのため、第二次世界大戦中、有志で金を出し合って、ビールを買いました。
それを、船倉に入れて置きます。
ウルシー環礁などのレクリェーションの島へ上陸して、そのビールを飲みました。
アメリカ軍人は、日本軍から奪った、日本酒を飲みました。
臭いが嫌いでしたが、仕方が無いので、我慢して飲みました。
缶詰の桃を使って、自分でアルコールを作りました。

日本やイギリスやドイツやソ連などの、普通の軍隊では、アルコールを支給しました。
アメリカ軍では、アルコール中毒が多いです。
後に大統領になった、グラント将軍のようにです。
そのため、却って、アルコールに厳しいのでしょう。
ちなみに、私は首都ワシントンのレストランで、ビールを注文して、パスポートの提示を求められました。

「ビールを強奪」した事件は、東京の吾妻橋のです。
現在、アサヒビーのビルが建っています。
「「うんこビル」の愛称で呼ばれている。」
同様な事件は、全国のビール工場で、起こっただろうと、想像します。

「スーパードライホール - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/スーパードライホール
1. キャッシュ
2. 類似ページ
スーパードライホールは、東京都墨田区吾妻橋一丁目にあるリバーピア吾妻橋敷地内のアサヒビールの吾妻橋本部ビル(アサヒビールタワー)に隣接する ...
その形状と色彩から

「うんこビル」の愛称で呼ばれている。

その他、オブジェについては「オタマジャクシ」「 ...」
395 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 18:15:19.77 ID:U7bqIiT9
>>386
君の間違った政治的解釈なんかどうでもいい

国軍と党軍の決定的な違いは、後者は外国への防衛力以上に
国民への暴力装置として働く点だ
六四天安門事件で自国民を戦車でひき殺した中国人民解放軍が国軍なんて
迷いごと、誰も信じやしないよ
396 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 18:29:01.75 ID:uUn/oaY7
>>394
>>354
>「終戦直後の日本進駐軍て、米軍内では、最大の」天国でした。

ビールを工場を襲撃しなければ飲めないような国への赴任のどこが
最大の天国だったのかの矛盾に気が付いてないのかな?

それとも、また「年度末に予算が余ると検察官は北海道へ宴会に行きます。」
なんて旧ドイツ軍がすべての会議をパリで開きました。の根拠として出してきた
あんたの認識がその程度の証拠という証明ですかw
397 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:02:34.99 ID:gW0ss20z
>354 : 名無し三等兵2016/11/19(土) 19:28:25.56 ID:Ivvv41Ez
>233 : 名無し三等兵2016/11/16(水) 20:20:10.29 ID:8U5rr+5p
>終戦直後の日本進駐軍て、米軍内では、最大のハズレクジやん
>都市は、見渡すかぎりの丸焼け原野
>生野菜サラダは寄生虫で食えない、
>鶏卵の調達は丸一日ががり(マッカーサー逸話)
>ギブミーチョコレートと群がる土民ガキ、
>舗装道路はほとんどない、軽くジープで移動するだけでホコリまみれ
>水洗トイレなにそれな下水道普及率

>「終戦直後の日本進駐軍て、米軍内では、最大の」天国でした。

>焼け残った、建物を接収して使いました。
>第一生命ビル、帝国ホテル、個人の邸宅。

>「生野菜サラダは寄生虫」の付かない、清浄野菜を、日本の農家の栽培されました。
>外国から持ち込む事も可能でした。

>鶏卵は日本に有りました。
>マッカーサーが進駐の初期に、横浜グランドホテルで鶏卵が出なかったのは、本当
>と想像します。
>しかし、それは例外なのです。
>横浜グランドホテルは、民間のホテルです。
>だから食糧難だったのです。
>日本海軍の搭乗員には、毎日鶏卵が支給されました。
>現在の鶏卵は、飼料を食べさせて大量生産します。
>1945年当時の日本では、鶏卵は農家の副業でした。
>残飯やくず米や土中のみみずなどを食べさせました。
>そのため、一軒で一羽しか買えません。
>農村へ鶏卵の仲買人が出向いて、買い入れました。
>高価でしたが、飼料難の影響は受けなかったのです。
398 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:03:08.19 ID:gW0ss20z
>「ギブミーチョコレートと群がる土民ガキ」で優越感に浸りました。
399 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:04:20.33 ID:gW0ss20z
>394 : 名無し三等兵2016/11/20(日) 18:13:16.64 ID:gW0ss20z
>米軍は、ビールなどのアルコールを支給しません。
>アメリカ軍人は、自分で買うか、敵から奪うか、自分で作りました。
>アメリカの艦船では、アルコールを飲めません。
>そのため、第二次世界大戦中、有志で金を出し合って、ビールを買いました。
>それを、船倉に入れて置きます。
>ウルシー環礁などのレクリェーションの島へ上陸して、そのビールを飲みました。
>アメリカ軍人は、日本軍から奪った、日本酒を飲みました。
>臭いが嫌いでしたが、仕方が無いので、我慢して飲みました。
>缶詰の桃を使って、自分でアルコールを作りました。

>日本やイギリスやドイツやソ連などの、普通の軍隊では、アルコールを支給しました。
>アメリカ軍では、アルコール中毒が多いです。
>後に大統領になった、グラント将軍のようにです。
>そのため、却って、アルコールに厳しいのでしょう。
>ちなみに、私は首都ワシントンのレストランで、ビールを注文して、パスポートの提示
>を求められました。

>「ビールを強奪」した事件は、東京の吾妻橋のです。
>現在、アサヒビーのビルが建っています。
>「「うんこビル」の愛称で呼ばれている。」
>同様な事件は、全国のビール工場で、起こっただろうと、想像します。
400 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:04:37.81 ID:gW0ss20z
>「スーパードライホール - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/スーパードライホール
>1. キャッシュ
>2. 類似ページ
>スーパードライホールは、東京都墨田区吾妻橋一丁目にあるリバーピア吾妻橋敷地
>内のアサヒビールの吾妻橋本部ビル(アサヒビールタワー)に隣接する ...
>その形状と色彩から

>「うんこビル」の愛称で呼ばれている。

>その他、オブジェについては「オタマジャクシ」「 ...」
401 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:05:33.37 ID:gW0ss20z
>396 : 名無し三等兵2016/11/20(日) 18:29:01.75 ID:uUn/oaY7
>394
>354
>「終戦直後の日本進駐軍て、米軍内では、最大の」天国でした。
>ビールを工場を襲撃しなければ飲めないような国への赴任のどこが
>最大の天国だったのかの矛盾に気が付いてないのかな?
>それとも、また「年度末に予算が余ると検察官は北海道へ宴会に行きます。」
>なんて旧ドイツ軍がすべての会議をパリで開きました。の根拠として出してきた
>あんたの認識がその程度の証拠という証明ですかw

「年度末に予算が余ると」官僚は、自分の出身地へ出張します。
夏になると、裁判所の、北海道への出張が増えます。
第二次世界大戦中のドイツ占領下のパリで、ドイツ軍に限らず、ドイツの会議が開催されました。
402 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:06:13.97 ID:gW0ss20z
夏の爽やかな季節に、裁判所の人は、仕事で北海道へ行く事が多くなります。

第二次世界大戦中のドイツ占領下のパリで、ドイツの会議が開催されました。

もし、あなたが、社会生活を営んでいれば、その理由はすぐに分かります。
ちなみに、産経新聞の取材に対して、各省庁は、「出張した官僚の出身地が多かった」のは偶然ですと、回答しています。
403 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:07:14.24 ID:xpBuYpCG
伊号第一潜水艦、伊1を英語にするとI-1となり、これを英語圏の人間が普通に発音すると恐らく「アイワン」になります。
Iを日本語の発音の通り「イ」と言わせたいのですが、どうすればいいですか?
これを「E-1」とすると、発音だけは近付きますが、伊、呂、波という類別の意味が失われてしまう。
404 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:09:13.54 ID:gW0ss20z
>357 : 名無し三等兵2016/11/19(土) 20:40:30.79 ID:Ow9KK+3Q
>youtubeでGeneration Warってドイツの映画見てたんだけど、
>ドイツ兵がソビエト側からたくさん飯盒持って逃げてくるシーンあるんだけど、
>飯盒ってパン作れんの?それとも米食ってるの??

>362 : 名無し三等兵2016/11/19(土) 21:29:11.39 ID:hQ1KZ8Fc
>357
>欧米での飯盒(mess kit)は配給されたスープやソーセージなどの糧食を携行するた
>めの容器兼食器。
>火にかけてスープを温めたり取っ手付きの蓋をフライパン代わりにソーセージや卵を
>炒めることはできるがあれでそのまま料理を作ることは普通はしない。
>ドイツ軍の師団には製パン中隊や食肉加工中隊が編成に含まれていて、師団内で
>パン焼きや豚の屠畜解体からソーセージの製造までやっていた。
>そうした部隊や糧食班で作られた食事は例えばスープは背負式の保温容器に入れ
>てパンやソーセージなどと共に前線の陣地に運ばれ、そこで兵士が飯盒で一人分の
>配給を受けて食べるという形になっていた。
>無論それ以外でもニワトリや豚や小麦粉が調達できれば前線でシチューやパンの
>材料になることもままあった。
http://en.wikipedia.org/wiki/Mess_kit#Soviet.2FRussian_mess_kit
During the Great Patriotic War the Soviet army mess kit was a two-piece design similar to that used by the Wehrmacht
>ここの記述によればソ連軍の飯盒はドイツ軍のものによく似ていたらしい。

「飯盒ってパン作れん」!
「米などの穀物を煮て作る料理全般をカーシャ」「食ってるの」!
第二次世界大戦中、各国の飯盒は、食事を受け取る容器として使われました。
日本では、調理器具として使われました。
405 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:09:46.88 ID:gW0ss20z
「ロシア軍戦闘糧食 - TOK2.com
10.pro.tok2.com/~phototec/ros4.htm
1. キャッシュ
肉入りカーシャ カーシャとはロシアの伝統的庶民料理で、
ロシアのことわざに「シチとカーシャがあれば満ちたりた食事」とあるほど、ロシア食文化を代表する料理です。 麦や蕎麦、

米などの穀物を煮て作る料理全般をカーシャ

と呼び、日本ではスラブ風粥と言われ ...」

1900年に、北清事変が起きました。
日本を含めて、各国は、中国へ派兵しました。
各国軍の批評が行われました。
ロシア軍は、何も持って来なかったが、何も不自由しなかったと言われました。
飯盒を使って、調理したからです。
日本軍は、これを真似ました。
ロシア軍の飯盒の元は、ドイツ軍でした。
それまでの軍は、野戦での調理は、兵士の責任とされました。
食材を支給して、兵士が調理するのです。
しかしそれでは兵士の過重負担となります
第一次世界大戦では、調理したのを兵士に支給するようになりました。
しかし、日本軍では、第二次世界大戦中まで、野戦での調理は、兵士の責任とされました。
日本の陸上自衛隊の、第二次世界大戦後の最初の飯盒は、炊飯を重視したのでした。
次の型からは、食器を重視しました。

「戦闘飯盒2型は、それまで自衛隊で使われてきた4合炊きの飯盒(いわゆる兵式飯盒のツルがスライド式になったもの)よりも、より食器としての位置づけを強めた飯盒で

下記、を参照ください。

http://blog.livedoor.jp/tanisi_corp/archives/51755149.html
406 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:12:12.88 ID:lYHFxdgx
>>403
英語圏だと「イ」は「I」、艦番号は「400」みたいにアラビア数字で書くのが一般的。

イ−1なら「I-1」になる。
これはこれでわかりづらいけど。
407 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:14:18.10 ID:lYHFxdgx
>>403
で、「発音」に関しては、「どうしても正確に書きたいなら発音記号書く」で対処されてる。

どの道言語の発音は「その言語圏以外の人には普通真似できない」ものだって認識だから
それはそれこれはこれ。
408 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:21:25.43 ID:uUn/oaY7
>>401
>第二次世界大戦中のドイツ占領下のパリで、ドイツ軍に限らず、ドイツの会議が開催されました。

西方軍集団の司令部が有ったので、行われたのは西方軍集団が主催の会議だけですがそれは当たり前の話。
せめて、ドン軍集団が、第3次ハリコフ戦の前にマンシュタインとヒットラーの会議がパリで開催された
証拠くらい出さないと、西方軍集団主催の会議なんだから当たり前と返されるだけです。
409 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:23:32.00 ID:uUn/oaY7
>>402
それで、ドイツ占領蟹パリで、ドイツのすべての会議が行われたソースは?
410 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:25:14.27 ID:SJCN1bHf
「NATO」

米英「ネイトウ」

その他「ナトー」 …だものねぇ。ましてや日本語と英語なら発音記号しかないだろな。
411 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:26:15.63 ID:gW0ss20z
>「408 : 名無し三等兵2016/11/20(日) 19:21:25.43 ID:uUn/oaY7
>401
>第二次世界大戦中のドイツ占領下のパリで、

>ドイツ軍に限らず

>、ドイツの会議が開催されました。

>西方軍集団の司令部が有ったので、行われたのは西方軍集団が主催の会議だけ
>ですがそれは当たり前の話。
>せめて、ドン軍集団が、第3次ハリコフ戦の前にマンシュタインとヒットラーの会議が
>パリで開催された
>証拠くらい出さないと、西方軍集団主催の会議なんだから当たり前と返されるだけで
>す。」

「ドイツ軍に限らず」!

官庁や民間の「ドイツの会議が開催されました。」
412 :
403
2016/11/20(日) 19:28:41.46 ID:xpBuYpCG
>>406-407
ありがとうございました。発音はそんなもんですね。
ドイツの爆撃機Stukaは、スツーカ、シュトゥーカなどと表記されますが、
ドイツ語圏の人間が聞いたら、どちらもしっくりこないかな、たぶん。
413 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:31:14.58 ID:uUn/oaY7
>>411
>「ドイツ軍に限らず」!
>官庁や民間の「ドイツの会議が開催されました。」

それをしょうめいする資料は?
占領期間中のドイツの軍、官公庁、民間で開催されたすべての会議の開催数と、
そのうち、パリで開催された会議の数を調べた資料、もしくは主張してる人の資料くらい
出してくださいよ。
あんたの言い分だと、日銀の支店長会議が東京で開催されてるから日銀内のすべての支店、部署の会議は
東京で開催されてると主張してるくらい根拠がありませんよ。
414 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:44:24.01 ID:F72/gQi6
第二次大戦中の潜水艦についての質問です。
20年近く前に他界した母方の祖父が、潜水艦乗りだったそうです。
当時は小さく、また戦後教育のせいもあってか戦時中の話は殆どしたことがありませんでした。
ただ、唯一記憶にあるのは、サイパンで沈められ、アメリカの船に助けられたという話と、大きな背中の傷跡でした。
祖母と母は存命ですが、戦争の話は怖くて聞きたくなかったから聞いていないとのことです。

潜水艦乗りは優秀?だという話も聞いたことがあるので、どこまで本当の事かはわかりませんが、
一度こっそり部屋に忍び込み戦友の話を纏めた本?のような物を見た際、「さざなみ」?と書かれた船の白黒写真が表紙の次にあった事だけは覚えているので、海軍人なのは本当だと思います。

祖父が本当に乗っていたかはわかりませんが、そのサイパンで沈んだ潜水艦の事が知りたいです。
検索をしてみても、軍事に疎い私がこれかなと思えるサイトが見つかりません。
何かヒントになるような知識を教授願えませんでしょうか。
お願いします。
415 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:44:49.76 ID:gW0ss20z
>413 : 名無し三等兵2016/11/20(日) 19:31:14.58 ID:uUn/oaY7
>411
>「ドイツ軍に限らず」!
>官庁や民間の「ドイツの会議が開催されました。」

>それをしょうめいする資料は?
>占領期間中のドイツの軍、官公庁、民間で開催されたすべての会議の開催数と、
>そのうち、パリで開催された会議の数を調べた資料、もしくは主張してる人の資料く
>らい
>出してくださいよ。
>あんたの言い分だと、日銀の支店長会議が東京で開催されてるから日銀内のすべ
>ての支店、部署の会議は
>東京で開催されてると主張してるくらい根拠がありませんよ。

「日銀の支店長会議が東京で開催されてる」のは、当たり前です。

官庁や民間の「ドイツの会議が」パリで開催されたのが異常なのです。
普通は、ドイツの首都のベルリンで開催するでしょう。
416 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:50:58.84 ID:wXFGJnxy
日米演習の際、米軍の下級士官が自衛隊の大佐クラスに横柄な態度を取ったらどうなるんですか?
417 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:52:21.29 ID:uUn/oaY7
>>415
>官庁や民間の「ドイツの会議が」パリで開催されたのが異常なのです。
>普通は、ドイツの首都のベルリンで開催するでしょう。

だから、全ドイツ軍、官公庁、民間のすべての会議がパリで開催された記録を出して
くださいよ。あんたが言い出したんだぞ。
418 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 19:52:40.25 ID:GpoavfC2
未だにカスミンをスルーできない馬鹿が一番ウザいよ。
耐性って言うのを鍛えなきゃいけない。
気持ちはわかるが完全スルーすべし。
419 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:03:49.07 ID:gW0ss20z
>364 : 名無し三等兵2016/11/20(日) 05:18:40.99 ID:9TiOfcZi
>太平洋戦争初頭のハワイ攻略の話題でネタになったのですが(軍事とは直接関係
>ないです すいません)
>戦前のハワイって食糧を自給できていなかった というのは本当なのでしょうか?
>Aさんは、当時の住民は42万人以上いて、そこに占領日本軍を加えた人数を養うこ
>とはできない と主張し
>Bさんは、漁業や家畜も盛んだったし、輸出していたというパイナップルやマカデミア
>ナッツなどの農地を
>穀物のうちに転換すれば問題ない。 日本本土からハワイへの補給なんて考える必
>要ない と主張していました。
>また、近代の総力戦において、戦時中ドイツ軍や日本軍などが占領した外国の領土
>に対して
>その土地を強制的に食料農地に転用したり、それに現地の住民(敵国民)を徴収さ
>せたりということはあったのでしょうか?

>368 : 名無し三等兵2016/11/20(日) 07:12:34.45 ID:yBHFevtp
>364
>パイナップルやマカデミアナッツなどの農地を穀物のうちに転換すれば問題ない。
>農業を知らない素人発想だね
>作物の転換、ましてや一見の土壌の農地転換なんて狂気の沙汰(大躍進w)
>仮に出来たとしても収穫までの食料は?
>肥料の調達は?
>Bさんは辻さんかな?w
>仮に順調に持久戦出来たころには、週刊・月刊空母によって周りの島が占拠されて
>イースター島状態の予感

>また、近代の総力戦において〜
>チート物量を誇るアメリカを除いては、軍票での買い上げなり、略奪なりが普通だよ

「戦前のハワイって食糧を自給できていなかった というのは本当なので」す!
「農地を 穀物のうちに転換すれば問題」でした。
「日本軍などが占領した外国の領土に対して その土地を強制的に食料農地に転用したり」しました。
420 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:04:31.04 ID:gW0ss20z
ハワイや日本やマラヤやフィリピンは「食糧を自給できていなかった」!

日本は、南部仏印などから、外米を輸入していました。
ハワイに限らず、各地で、商品の農産物を生産していたのです。
マラヤでは、ゴム。
フィリピンでは、砂糖やジュート。
インドでは綿花。
それらの地区では、仏印やタイやミャンマーから米を輸入して食べていました。
米も商品の農産物だったのです。

日本は、東南アジアを占領しました。
商品の農産物を日本が買い、かの国が必要とする商品を供給する能力は日本に無かったのです。
輸送する船舶も不足していました。
そこで、日本は各地で自足自給を指導しました。
それまで、食料生産しなかった地区で、食料生産をさせようとしたのです。
しかし、失敗しました。
421 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:05:27.66 ID:gW0ss20z
「100年前と20年前の「米騒動」 - 『digital ひえたろう』 編集長の日記 雑記 ...
taizo3.net/hietaro/2013/11/10020.php
1. キャッシュ
2. 類似ページ
2013/11/17 - 米不足の中、外米を食べることになった1993〜4年の日本人は食べ慣れない種類の米に戸惑ってしまう。 ...
で、この本。 前述のように、1900(明治33)年頃から

日本は恒常的な米の輸入国になった。

しかし多くインディカ種で ... しかし1916(大正5)年からまた米価は上昇に転じ、1920年に戦前最高値をつけるまで上昇を続けることになる。 ...
こうした料理は中流家庭向けといえるが、ある「花の日会指定外米販売所」では一升一〇銭の看板も立ち、「あんまり安いから石油くさくはないかしら」と案じる声も ...」
422 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:08:20.34 ID:UYxf3o00
>>414
潜水艦乗りだからと行って、潜水艦に乗っている時に撃沈されたとは限らない。
諸事情で異動中に空襲にあって撃沈されることもある。
「サイパンで撃沈された」
「米軍に救助された」
という事なら、サイパンに在泊していた船舶に同乗していたところ、空襲から逃れて出港後に撃沈、
米軍に救助されたという可能性も高い。
以下を参考にしてみてくれ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC4611%E8%88%B9%E5%9B%A3 (第4611船団)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8A%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E7%A9%BA%E8%A5%B2 (マリアナ諸島空襲)

なお、マリアナ沖海戦に参加した潜水艦は軒並み「艦長以下全員戦死」あるいは単なる「未帰還」として
処理されているので、同海戦で沈没喪失した潜水艦乗員の可能性は非常に低いと思う。
423 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:35:41.10 ID:omodzqXI
うちのおばあちゃんが言ってたんですが、
ベトナム戦争が終わった頃に嘉手納に住んでた時に、
アメリカ人がバイト先のお店に来て声をかけられ
アメリカ軍反対デモや座り込みの人たちの様子や数を毎週アメリカ人に報告するよう頼まれて
人数と様子を報告すると結構なお金をもらってたと言ってました。

嘘をつくような人ではないのですが、
CIAかアメリカ軍(たぶん)ってその辺のバイトしてるねーちゃん相手にスパイ活動を
依頼したりするものなんですか?
424 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:40:19.14 ID:UYxf3o00
>>423
それだけだと単にアメリカのマスコミ現地記者が雇ったバイトって可能性もあるから、何とも言えん。
結構なお金ってのも時代と土地と価値観の問題で、アメリカ人からしたらちょっとした取材協力費程度
だったかもしれんし。
425 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:40:37.19 ID:uUn/oaY7
>>423
するよ。
そんな何でもない情報でも数集めれば有効な情報になるから。
426 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:43:13.45 ID:lYHFxdgx
>>423
そのおばあさんが嘘をついていない(あるいは、長年の間に記憶が変化していない)としても、
その「依頼人」がアメリカ人であったのかどうか、ってとこからして確かめようがないわけで。

まあ、その人がそう思ってるならそれでいいんじゃない?
427 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 20:44:56.57 ID:gI5tKS9w
>>423
スパイ活動というか現地住民からの情報収集は当然やる
そういう小さい情報を大量に集めるのがCIAも軍も含めてまず第一歩にやることだ
428 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:06:28.49 ID:qJmPVI0f
地雷ってローラーで踏み潰して破壊してますけど
それを防ぐ為に50〜100キロ程度の重さじゃないと爆発しない地雷って有効にならないんですか?
子供が踏んでも大丈夫なら非人道的兵器とも言われなくて済みますし
429 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:10:26.89 ID:lYHFxdgx
>>428
そういうのは「対戦車地雷」という。
当然ながら、人間が踏んでも起爆しないなら対人用には使えないから、対人向きにしたいなら意味がない。

対戦車地雷は対人地雷に対する規制の対象外なので、対人地雷禁止条約に批准してる国でも普通に持ってる。
自衛隊も普通に保有してるぞ。
430 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:12:14.64 ID:LIWf6ZQK
>>429
じゃあマインローラーって対戦車地雷には無力なの?
431 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:14:57.83 ID:6ts5e+L+
>>416
マトモな国の軍隊なら左遷
432 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:16:04.71 ID:lYHFxdgx
>>430
自衛隊の装備してるローラー式地雷処理装置はまず第一には対戦車地雷を処理するためのものだ。
ちなみに「踏むと爆発」方式じゃない地雷(磁気反応式および直接接触式)も処理できる。

何でそういう発想になるのかわからんけど、対人地雷だって対戦車地雷だって踏んづけて起爆させられるぞ、普通に。
433 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:17:26.33 ID:Vf17qASY
無力ってこたーないよ、大抵のマインローラーは上下に稼働して
路面の追従と同時に爆発を上に逃す構造になってる
まぁそれでも何発も処理できるってもんでも無いけど
434 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:20:12.33 ID:F72/gQi6
>>422
ああ、そうか。
助けられた時に潜水艦に乗ってたとは限らないですよね。昔の記憶なので、無意識に繋いでいたのかもしれません。

さっそくのレス、本当にありがとうございます。リンク、さっそく拝見しました。
マリアナ沖海戦のページも読みました。
沢山の艦が沈んだんですね。潜水艦も沢山。亡くなった方も本当に多い。とても勉強になりました。
祖父の遺品でまだ例の本など残っているものもあるかもしれません。これをきっかけに、知識の下地を作りつつ調べてみようと思います。
ありがとうございました。
435 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:21:30.33 ID:xyf0j3L+
じゃあ50〜100キロの加圧でないと爆発しない地雷はどうやって処理するの?ローラーじゃ強すぎるでしょ?
436 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:23:33.05 ID:LIWf6ZQK
大元の質問文の中心はマインローラーを無力化する為に反応重量を重くしたらどうか?
って質問なんだから「それを対戦車地雷という」って言う回答は変じゃないの
437 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:25:16.55 ID:P2sqATAN
海上自衛隊の試験艦あすかは新兵装の発射テストに使われますが
今後開発される新SSMやG-RX6長魚雷もあすかから発射されることになりますか?
そうすると新SSMはVLSに対応させる必要がありますし、さすがに潜水艦用の大型魚雷は無理そうな気がします
438 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:27:10.57 ID:GEXYNjVG
>>435
それ「以上」重いと爆発するものなんだが
439 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:34:27.67 ID:lYHFxdgx
>>435
まずもってそういう精度のある信管装備した地雷というものを作ることが難しい。

純粋に技術的には可能だけど、地雷というものは「常にその圧力がかかる」ようになる保証がない。
地質によって、設置した場所の状態によって、「このくらいの力で踏んづけたら地雷には実際にこのくらいの力がかかる」と
いうのは変化するので。

なので「これ以上の力がかかると起爆」ではなく「この範囲でのみ起爆」にしたら、不発や非想定起爆が多発するようになるので、
意図したようにに使えない厄介なものになる。

何よりそういう精密な信管にしたらコストがかかりすぎる。

>>436
「人間が踏んでも起爆しないような信管のセッティングになってる地雷」で「対戦車地雷」と通称されない
ものは普通はない。
「対車両用」って名前のことはあるにしても。

あと、「50〜100kgで起爆」なら普通に成人が踏めば起爆するから、そもそもそれでは「対人地雷」の
カテゴリーから逃れられない。
440 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:43:29.21 ID:lYHFxdgx
>>437
潜水艦用の装備は旧型で退役間近の潜水艦を使うか、「潜水艦のハリボテ」を作って実験するのが普通。

試験艦の設備がテストしたい装備に適応してなければ、改造するかその部分だけの「ハリボテ」作るかどちらか。
「別に専業の試験艦じゃなくても、適当な艦艇をちょっと借りてちょっと改装すれば済む。ちょうどアテもある」
で済むならそうする。
441 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:45:51.50 ID:nDYJpkX4
体重60kg前後の人間が、30kgぐらいの兵装を着けて歩くんだから、そうなるわな。
442 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:49:32.67 ID:Ljp7JN93
>>439
ローラーと人の圧力なんか数十キロと数十トンの差があるわけでしょ
そんな大した精度いらないでしょ
そんな難しい技術必要なの?
443 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:52:48.67 ID:HElwoA6z
ミサイル艇って単にミサイル発射するだけなら民間船の甲板に88式対艦ミサイル車両載せたほうが早くないですか?
444 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:53:28.01 ID:eeo2gG4g
>>437
SSMランチャーぐらいならポン付けできるから大丈夫
内部の配線とシステムのインテグレートが面倒なんだけど元々そういう試験のために造られた船だからなんとかなる
長魚雷に関して言えば水上艦艇で試験しても意味無いような
445 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:58:51.95 ID:lYHFxdgx
>>443
そもそも「ミサイル艇って必要なのか?」って根本的疑問がないでもないのだが(高速哨戒艇は
必要かもしれないけど)、そのへんの民間船は時速45ノットで突っ走ったりできない。

SSMトラックを乗せて航行できるような船はそんな速度も出せないし小回りも効かないから、
代用できるような民間船というものがそもそもない。
446 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 21:58:53.76 ID:Vf17qASY
>>442
感圧センサーに関しちゃ安いもんだし、地雷の電子化ってのもアメリカなんかで研究は進められてる

でもそんなもん作ってどうすんだよって話
地雷の大きなメリットの一つに単純な構造で大量にばら撒けるってのがあんのに
447 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 23:16:18.48 ID:XFo60hCl
ものっそい初歩的な質問かもしれないけど、
国民擲弾兵と国民突撃兵はそれぞれ国防軍とナチスのどっちに所属するの?
あと退役軍人ってどっちに配属されるの?
448 :
名無し三等兵
2016/11/20(日) 23:58:02.88 ID:W/2xrb5f
>>447
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%93%B2%E5%BC%BE%E5%85%B5
国民擲弾兵(師団)は陸軍の師団。
人員の補充をこれまでの陸軍の徴兵枠だけではなく海軍や空軍の余剰人員や傷病兵、予備役、少年などから広くとったので国民擲弾兵(Volksgrenadier)という名称になった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%AA%81%E6%92%83%E9%9A%8A
国民突撃隊はヒトラーの命令で党が編成した民兵組織で陸軍や親衛隊とは別物。

http://steiner.web.fc2.com/re/02/03/03.html
ドイツでは35歳までは予備役で45歳までは後備役となり、ここまでは有事には再招集される可能性があった。
(後備役は前線ではなく国内での治安維持や捕虜収容所の警備といった後方勤務だが)
つまりこれ以降の歳なら国民突撃隊の方に招集される可能性があった。
(リンク先によると一部では60歳まで予備役の軍管区もあったとあるが)
449 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 00:17:18.00 ID:sS+ULpTW
過去に比べ射程が延びたSSMならアウトレンジ可能だし、かつての魚雷艇ほど速度が必要ないのは確かだが、敵を発見しミサイルを誘導させる為には、ある程度の電子兵装が必要だ。
現実には護衛艦ですら水平線まで40km程度しか感知出来ず、搭載ヘリでもってそれを補完しつつ、レーダーサイトや航空機からの情報で敵を感知し、ミサイルを誘導させたりしている。
民間船ではセンサーもデーターリンクも足りず、これを改装するなら、最初から安価なミサイル艇を建造した方が手間が省けるし、徴発に伴う政治的なコストもかからずに済む。

それから、以前に誰かが書いていたんだが、ミサイル艇ってのは、いわば移動可能な沿岸砲で、必要なだけの射程があり、敵の反撃さえ考慮せずに済むなら、別に移動する必要は無い訳だ。
88式や12式地対艦なら、射程は100数十kmもあるし、充分に離れた場所の充分に秘匿した陣地から敵を攻撃出来るし、地形追随能力でもって、発射地点を欺瞞しながら攻撃出来るので、反撃は受け辛い。


外部からの情報と誘導が必要なのは、ミサイル艇だろうが武装民間船だろうが、地対艦だろうが同じだろ?
450 :
437
2016/11/21(月) 00:17:29.05 ID:Oh/xF/tZ
ありがとうございます
全てがあすかで行われるわけではないのですね
451 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 01:08:20.51 ID:6oWn8Www
艦これで興味を持った質問で恐縮ですが、香取や鹿島のような独立旗艦というのは
普通の旗艦となにが違うのですか?なにから独立しているのでしょうか?
452 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 01:17:26.63 ID:ABijp5jW
>>451
日本から独立してる
戦艦そのものが独立国なのだ
453 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 01:18:49.72 ID:TTvB5vym
>>451
独立旗艦というのは、それ自体が「艦隊」という組織の中の「戦隊」などの下部組織に属さず、
「旗艦」という単位で独立して存在している艦の事を言う。

例えば第1艦隊の旗艦というだけでどこの戦隊にも所属していなければ独立旗艦。
一方、第1艦隊第1戦隊の旗艦を兼ねていれば独立旗艦とは言わない。
454 :
451
2016/11/21(月) 01:22:45.61 ID:6oWn8Www
>>453
わかりやすい回答ありがとうございました。
455 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 01:24:20.92 ID:N1TPhMiN
詳細は話せませんが、今月20日にソマリア沖へ派遣された護衛艦きりさめに知り合いが乗船しているかもしれません。
その方は自衛官ではないらしいのですが、海賊対策任務中の護衛艦に自衛官以外が乗ることはありえるのでしょうか。
また、その場合どのような目的で乗船しているのでしょうか。
456 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 01:25:06.75 ID:vbS/LhfK
>>451
艦隊は複数の「戦隊」や「隊」などの複数の艦艇からなる部隊で編成されていて旗艦もその中に含まれる。
独立旗艦はそうした部隊に含まれず一隻だけの編成なので「独立」になる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%85%AD%E8%89%A6%E9%9A%8A_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E8%BB%8D)
香取の場合は第6艦隊が潜水艦部隊である性格上、一緒に部隊を組んで行動する艦艇がいないので独立旗艦になっている。
(艦隊の艦艇は潜水艦以外は潜水母艦でそれらは戦隊に配備されている)
457 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 01:30:37.77 ID:vbS/LhfK
>>455
「きりさめ ソマリア」でググって最初に出てくるニュースを読みましょう。
458 :
451
2016/11/21(月) 01:32:21.25 ID:6oWn8Www
>>456
わかりやすい回答ありがとうございました。
459 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 01:37:53.72 ID:N1TPhMiN
>>457
見落としてました!すみません!
海上保安官かもしれません。
それ以外はないんでしょうか。
460 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 03:00:18.62 ID:vbS/LhfK
>>459
本当にあんたが知人かかどうかもわからない質問ではこれ以上回答不能。
あんたが何らかの悪意を持って身元を調べようとしていないと誰に言える?
461 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 03:49:22.24 ID:N1TPhMiN
>>460
なにその謎の憶測wきもw
まったくもって無意味な正義感振りかざしてんじゃねーよw
462 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 09:21:23.54 ID:TTvB5vym
>>461
>>4
>・このスレは軍事の初心者へのQ&Aであり、議論の初心者・人間の初心者は立入禁止です
463 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 11:03:41.06 ID:gVoLvWmv
このスレって第二次世界大戦以前の話題でも大丈夫でしょうか?

ある保守系?ブログの記事で気になったのですが
日清戦争後の三国干渉について、実は当時の日本は外国を過大評価しすぎていて
あの時点で例えばロシアと開戦したとしても決してまけることはなかった
(例えば 史実の逆であらかじめ日本がリャオトン半島やその他の要地を要塞化していればよかった など)

そうしていたら10年以上早く満州は日本によって解放されることになって
満州国も日本も現代の歴史よりももっと豊かな国になれていたはず。 という意見なのですが

質問ですが 1895年(三国干渉)当時の日本では、日露戦争のようにロシアに勝つことはむずかったのでしょうか?
(軍艦の数や兵士の人数・武器の質量など)
464 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 11:29:15.12 ID:3egFYNip
>>463
まず日清戦争から日露戦争までの間に日本がやったことを見てみましょう
金本位制の確立、八幡製鉄所建造、全国鉄道網の整備、
日露戦争を戦うことになる戦艦の発注(もちろんほとんどがイギリス製で輸入)、
日英同盟の締結、八甲田山の悲劇を含む冬季演習・冬季装備充実、
戦時中は鴨緑江を超えた段階で外債募集に成功、
また明石元次郎によるレーニン他革命家の支援・・・他にもありますが
これらはどれも日露戦争の勝利に不可欠であり準備期間も相当のものでした

日清戦争後の段階でも工業力10倍以上、総動員兵力20倍以上のロシアに単独で勝てる道理はないです
日清戦争黄海海戦当時、その付近にいたロシア艦にすら勝てないです、
当時の主力艦は日本海海戦ではもはやC級部隊でした
史実の開戦だってシベリア鉄道完成目前の苦渋の決断でしたし
講和できず長引いたら確実に負けてた戦争です、ましてや1895年当時では尚更
465 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 11:55:40.46 ID:2o+/L6OI
>>464
明石がレーニンと接触した事実はないそうだよ
彼が接触したのはロシアの「革命家」の中でも
4流の人物で、ロシア社会にはほとんど影響は
なかったし、結局はお人好しに日本人がこずるい
ロシア人に金をだまし取られただけってのが
真相のようだ
466 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 12:41:08.82 ID:3CQd0cxY
何故自衛隊は戦闘機によるバルカン砲での対地支援の訓練をしないんですか?
467 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 12:44:00.08 ID:v4OQlN2p
>>465
日本人だけがお人好しというのではなくてロシア人の革命詐欺は年代を問わず世界中で行われている
ジョージ・オーウェルはパリ・ロンドン放浪記で自身が1930年代にフランスで亡命ロシア人グループの革命詐欺に遭っている事を書いている
468 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 15:21:44.82 ID:PKlB0B3a
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚

なんでこの戦車は名札ついてるんですか?
469 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 15:32:00.17 ID:rFzX53uE
おそらくは走行デモンストレーション時の記録映像だから
470 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 15:40:27.27 ID:vbS/LhfK
>>468


この映像の最後の方に同じジャンプを別の角度から撮ったと思しきカットがある。
やっているのは戦車の公開デモンストレーションなので見学者にもわかるように戦車の名称を書いている。
時期は1953年(なのでコメットやセンチュリオンも出ている)で場所はナレーションによればボービントン基地でここには世界有数の現戦車博物館がある。
471 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 16:55:18.63 ID:gVoLvWmv
>>464
すごい丁寧にありがとうございました。一発で理解できました。
472 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 20:48:00.97 ID:kAI0rNep
川に沈められたシュツルムティーガーの写真です
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚

個人的にはダークイエローの単色に見えます。ぼやけた迷彩である可能性もあるのでしょうか?
473 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 20:48:06.50 ID:OplTESJZ
>>466
普通にやってるけど。
474 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 21:11:37.77 ID:vbS/LhfK
>>472
http://tiif.de/print.php?threadid=322&;page=1&sid=cf1e763d33bd3279a29da0fe968ca58d
ドイツ語だがこの掲示板のスレでこのシュトゥルムティーガーの沈んでいた河の特定や所属部隊について議論されてる。
場所はバイエルンのフロンテンハウゼン
3枚目の写真の説明では迷彩パターンは施されておらずベーシックな塗装のままとのこと。

なお二枚目の写真のじいさん三人はティーガーの上にいる子どもたちの数十年後の姿。
475 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 21:23:46.43 ID:kAI0rNep
>>474
貴重な情報ありがとう!
翻訳通して読んでみます
476 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 21:44:46.93 ID:0WQkgwIe
優秀なパイロットが最後に到達するのはRF-4なのは何故?
477 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 21:46:26.83 ID:vbS/LhfK
>>476
>>4
・曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません
・初心者の方には難しいかも知れませんが、質問はなるべく具体的に、できれば知りたいことの資料や画像などを示して下さい
478 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 21:49:09.38 ID:tUPmWAm9
ロシア空軍/海軍のSVP-24爆撃照準システムについて質問です。
Su-33とSu-24で使用されているようですが、GLONASSの使用は必須なのでしょうか?
479 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 21:52:01.13 ID:0WQkgwIe
>>477
え?RF-4のパイロットが猛者だらけなのは有名だし
軍オタなら常識じゃないの?
480 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:00:12.55 ID:tUPmWAm9
>>479
軍オタって一口に行っても様々だしなんとも言えんぞ
自衛隊のこと詳しくてもチェコ軍の個人装備とか分からんやろ
481 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:02:56.65 ID:z4vDiw4x
>>479
だったらここじゃなくて自衛隊板で聞いてくれ。
482 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:10:06.54 ID:bUHfsYwJ
単に年数経った機種転換受けるにも微妙なベテランが行く部隊ってだけだろ
483 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:16:12.56 ID:vbS/LhfK
F-4Jの操縦資格を持っている乗員が機種転換訓練を受けてRF-4に乗るということで「優秀なパイロットが最後に到達するのはRF-4」などという話じゃない。
雑な質問をすればテンプレ嫁という答えしか戻ってきませんよということ。
484 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:29:53.46 ID:3B9lYy9Y
海自は退役した艦艇を的にして沈めたりしてますか?
485 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:46:27.32 ID:TTvB5vym
>>484
してます。
特に新型の対艦誘導弾が開発された時とか。
486 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:50:49.79 ID:zQsdjXVW
>>484
実はけっこうやってる
例えば旧PF「かや」はASM-1の標的艦となったし旧DDG「あまつかぜ」はASM-2の標的艦となった
そして旧DDH「しらね」がごく最近XASM-3の実爆試験用実艦標的となったし
487 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 22:50:54.59 ID:vbS/LhfK
>>484
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%82%86%E3%81%8D_(%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E8%89%A6)
はまゆき (護衛艦)
2013年10月5日、実弾射撃訓練による射撃処分のため北吸岸壁を離れた。訓練は6日から11日まで若狭湾北方海域で行われ、護衛艦5隻と哨戒機2機による射撃や爆弾投下などの標的となった[1]。

この他には昨年除籍になった「しらね」が新型対艦ミサイルXASM-3の標的艦となる予定。
488 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 23:26:53.16 ID:WTqOfMNr
オーストラリア軽巡ホバートの終焉の地が知りたいんだが誰か
Miyachi Shipyard, Saki, Osaka
ってどこだか分かりますか?
489 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 23:44:04.62 ID:vbS/LhfK
>>488
Sakiって堺(Sakai)の間違いじゃないの。
Miyachiは「宮地」かもしれないし「宮内(MIyauchi)」の誤記かもしれない。
490 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 23:44:41.30 ID:z4vDiw4x
491 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 23:55:20.28 ID:HAvX6hd6
>>489
大阪の咲洲のことではないかね
492 :
名無し三等兵
2016/11/21(月) 23:58:51.81 ID:WTqOfMNr
>>489
やっぱりそうかなぁ〜
一応オーストラリア海軍のホームページにそう書かれているからあってるとは思いたいんだが
http://www.navy.gov.au/hmas-hobart-i
493 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 00:00:05.00 ID:dzcp2w+q
大阪近くの木津川右岸に宮内造船所というのはあったみたいだな。Ctrl+Fで検索してみて。
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=00064990&;TYPE=HTML_FILE&POS=1&LANG=JA
494 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 00:01:55.20 ID:XozySYId
>>488
http://www.navy.gov.au/hmas-hobart-i
ここに載っている繋船場所の地形や建築物が国土地理院地図(http://maps.gsi.go.jp)の34度35分0.64秒 135度27分47.93秒あたりを情報リスト>空中写真・衛星画像の1961年〜1964年で見ると非常に似ているのでここかもしれない。
解体中の船らしいものも写ってるが撮影時期が1964年5月22日なのでホバートではないかもしれない。
495 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 00:02:35.56 ID:/asunEGi
2週間前くらいの休み時間
頭はちょっと弱いがビジュアルは学年トップのIちゃんが友達とワイワイしながら教壇に寝そべってた
半分うつぶせみたいになりながら同じく隣に教壇に座り込んでいる友達とじゃれあっている
そんなIちゃんのきれいな内腿の奥に思わず視線をやるとプックリ膨らむお尻の始まりの部分と
そのさらに奥にピンクの布切れを発見!サテン地のビビッドピンク!
Iちゃんはすぐに体勢を変えてパンツは一瞬しか見れなかったけど
ちょっと地黒のIちゃんの張りのあるお尻とピンクのパンティはどっちもピチピチの眩しさでした!

で今日は全校の集会で3年女子の明るくてエロ可愛いお気に入りの子のパンティゲット!
ずっと友達とシェアしてる毛布に包まって三角すわりしてたけど
最後立ち上がる前に毛布をとる一瞬に短いスカートから見える白い△をしっかり確認
白地でもちょっと生成りぽくて薄く柄が入ってそうなパンティで
何よりも真っ白な太ももに挟まれた股間のパンティがぷっくりしててやわらかそうだった!
パンティ剥ぎ取ってぷるんぷるんの中身をぺろぺろしたい!
496 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 00:04:31.96 ID:yD3XQOZe
>>491
むむ、可能性ありそうですね。ただ濠海軍HPの乗ってる写真と岸壁の形が一致しない
時代の差なのか・・・
497 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 00:12:31.62 ID:XozySYId
>>496
>>494の場所と「宮内造船所」があったという木津川河口は近いのでここ(写真の場所)に繋留してから造船所に曳航されて解体されたってことじゃないの。
498 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 00:19:36.90 ID:yD3XQOZe
>>493
いい情報ありがとう。

>>494
おお操作方法までサンクスです。国土地理院は盲点でした
大分近い感じがしますね。

総合すると、大阪府堺市の宮内造船所が終焉の地である蓋然性が高そうですね
豪海軍HPの写真とも合致する岸壁があって、木津川沿いにある Miya〜 で始まる造船所
空撮にもそれらしい船が写っている。納得です。

胸のつかえが下りました。ご協力感謝します。大阪の地理に不案内なので、非常に助かりました

旧軍とも交戦した巡洋艦が日本で解体されていたなんて、なんだか不思議な気分です
499 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 00:27:23.12 ID:76c/imDe
近年のAAM、SAMについて質問です。
何年間か軍事情報や軍板から離れていたのでAAM、SAMの直撃判定が以前と違ってきているのか疑問なので。
以前は「至近炸裂で破片やロッド、爆風にて損害を与えたら直撃扱い」だったと思うのですが、近年は機体に本当に直撃させるほどに誘導技術が向上して「直撃判定の範囲」が変わってるのでしょうか。
真に直撃のみを直撃と言うのか、至近炸裂による与損害も含めて直撃と言うのかを教えてください。
500 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 03:28:06.37 ID:XozySYId
なんで「直撃」の定義にこだわってるのかよくわかんないけど、今時の対空ミサイルってだいたい近接信管でドカンで直接ぶつかるのって少ないんじゃないの。
要はぶち落とせればそれでいいんだし。
501 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 03:33:19.44 ID:XozySYId
んでその場合目標が弾頭の炸裂によって確実に撃破される範囲(lethal radius)に入っていれば直撃(hit)したことになるんじゃないの。
502 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 04:33:02.97 ID:76c/imDe
ありがとう。爆風破片での与損害が直撃とされることが以前と変わってなくて安心した。
最近どこかのブログだかで「誘導精度が向上したので機体に衝突させてから炸裂する」とか書いてあったので、
少し離れていた自分の認識は古いものになったのかと心配になっていたのです。
503 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 07:45:11.34 ID:1/zd8Ki6
韓国軍は再編などもありもソウル以南に主要基地がありますが
開戦後ソウルは北の砲撃により大パニックになると想定されますので
交通網が麻痺し軍はまともに動けなくなると思うんですが
ソウル陥落を防ぐには軍事基地は国境付近に集中させるしかないと思うんですが
504 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 07:59:03.31 ID:oV1pdK1e
>>503
>>2
>このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません
>議論がしたい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探してください
505 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 08:30:59.97 ID:gImmdBsa
エラー画面にすら到達しない
ローニンとかいんすこせんといかんのやろか
506 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 10:52:22.08 ID:YFZbKbhg
>>499-502
なんでAAMに触発信管が付いてるのか
なんでメーカーが「成功、うちx発はdirect hit」と謳いたがるのか

考えてみような
507 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 11:00:47.47 ID:2FT2YTke
>>503
君、自分で答え書いてるじゃん。

>開戦後ソウルは北の砲撃により大パニックになると想定されますので
>交通網が麻痺し軍はまともに動けなくなると思うんですが
それを避けるためだよ。
508 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 11:28:28.06 ID:YFZbKbhg
>>499-502
で、こーゆーのがdirect hitな
http://www.ausairpower.net/TE-Evading-Missiles.html
(まん中あたり、AIM-120 on QF-100)

それ近接だろうとか言い出すなら知らん、勝手にしろ

最近の戦闘機は硬いからなるべくdirect hitを狙うのがたしなみ
で近接信管は一定距離で起爆するんじゃなく
接近したのに離れ始めたら、つまり最接近点で起爆、が基本動作
接近し続けたら起爆せず、着発信管がdirect hitで起爆する
509 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 12:40:13.72 ID:1/zd8Ki6
>>507
南にあるとソウル都市圏から逃げてくる人の波で戦線に移動できないじゃん
510 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 13:03:06.68 ID:zewCJclK
>最近の戦闘機は硬いからなるべくdirect hitを狙うのがたしなみ
ここは笑う所かな・
511 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 15:06:43.51 ID:DAlVTdnU
哨戒中の歩兵の小銃は
薬室に弾丸が装填されていますか ?
コッキングされていますか ?
セーフティが解除されてますか ?
引き金に指を掛けていますか ?
(目前に敵や不審者はいません)
512 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 15:17:14.22 ID:YFZbKbhg
>>511
時代と国と軍と状況による

テンプレ読んで
>>4
> 曖昧な内容の質問,想定する状況が非現実的な質問には明確な回答ができません

平時哨戒なら薬室は空、コッキングされておらずセイフティがかかって用心鉄に指は入れていない

が一般的な答になるだろ
513 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 15:19:33.68 ID:YFZbKbhg
考えてみると目からビーム系のは薬室に弾入りっぱなしみたいなもんだし
クシャミした拍子に出たりするから割りと安全性低いんじゃないだろか
それで哨戒中の歩兵は目からビームとかしないんだな
「気付き」があった
514 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 15:20:54.62 ID:RfW80sLz
>>508
マッハ20の核弾頭にミサイルを触発信管でぶつけられる時代に、
マッハ2の戦闘機にそれをするのは造作もないこと
ならば「近接信管は保険で触発信管が本命」という設計にすれば、
弾頭は小型で軽くて済み、迎撃ミサイル性能も上がる
それが近年のトレンドと。この解釈で良い?
515 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 15:27:42.47 ID:DAlVTdnU
>>512
thx
516 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 15:30:14.51 ID:YFZbKbhg
>>514
「造作もない」ことはないが先に書いたとおり今の軍用機は硬いから
20mmの2、3発では落ちない、近接信管で均等に破片撒いても
かなり近くで起爆しないと落ちない

なので誘導精度と機動性上げた結果
結構な確率で直撃するようにはなってる

とはいえ敵との距離や高度、弾道によっては
運動エネルギー失って相手に付いていけず直撃はムリなこともままあり
その場合は近接信管でせめてミッションキルを狙うことになる
517 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 15:38:56.68 ID:seR/UWAm
>>512
最近の平均的な小銃はコッキングしてないのにセイフティをかけることは出来ないだろ
518 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 16:04:56.96 ID:grL04DAK
>>516
現用機が昔のそれに比べて硬い、って話聞いた事ねぇんだけど
519 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 16:05:30.94 ID:u6vse3X7
>>509
ソウル首都圏は防備に1個軍団割り当てられて立てこもる想定。
またソウル以北は一般人の居住が禁止され、そこで食い止めて北へ押しもどす計画。
520 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 16:17:34.23 ID:YFZbKbhg
昔はバルカンで十分と考えられたが
現代では27mm、30mmが当然と考えられてる
ダメージに耐える構造に変わってきてる
面倒だから自分で調べてくれ
521 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 16:41:40.86 ID:C/xMjXiH
>>509
そう思って避難民を追いかけて半ば交じるように南侵して行ったら、まだ避難民が渡ってる最中の
橋を吹き飛ばした指揮官がおってな…
522 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 16:54:16.27 ID:seR/UWAm
>>520
なんで回答するのが面倒だと思ってる奴が回答者面してんの?
523 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 17:04:39.47 ID:YFZbKbhg
広範すぎるんだよ

ここ10年とかあちこちでいろんな記事見て
最近の戦闘機はファントムとかよりずっと落ちにくいと
わかってきたわけ

それは航空機の記事であり兵装の記事であり
ミサイルの記事であり、戦闘機同士の比較記事であり
戦闘機の構造の話であり

そんなもんを並べてまとめて回答したら
薄い本一冊出るわ(非エロ (BLはありかも
524 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 17:13:05.42 ID:U1zKJrkA
朝鮮戦争で南側が完全に占領された場合、共産側が日本に侵攻してくる可能性はどの位あったのでしょうか?
525 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 17:17:14.26 ID:/V/297ZT
どのくらい、なんて指標ある可能性なんか検討できるわけないだろ
アメリカの公文書にはORで検討した結果があるかもしれんが
そんなもん探し出すのは軍ヲタじゃなくて本職研究者クラス
つまり2ちゃんで回答できるレベルのことじゃない
526 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 17:24:00.15 ID:YFZbKbhg
>>524
海渡ってすでに米軍がいる日本に侵攻するのはいろいろな面からムリと考えるのが当然
そこまで押せば核の使用もあり得るし

>>525のとおり何%とか言えるものじゃないし、わかってる人間などいなかっただろうが
とても低かったことは間違いない
527 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 17:26:05.35 ID:YFZbKbhg
もっとも「なんで始めた、どー考えてもムリだってわかってたろ」
を始めちまうのが人間なんだが

この場合は海押し渡る装備の手配から始めんと
人海戦術とはいっても海は埋められんからなあ
528 :
514
2016/11/22(火) 17:32:26.95 ID:RfW80sLz
>>516 つかID:YFZbKbhgどうもありがとう

サイドワインダー&スパローの登場当時の大昔比較で、
材の物理強度だけじゃなく、ダメコン設計も発達したから
(フライバイワイヤ、同オプトも含めて)、
なおさら落ちにくくなってることは予測が付く
529 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 17:54:04.18 ID:XozySYId
https://en.wikipedia.org/wiki/Air-to-air_missile#Warhead
Warheads are typically detonated by a proximity fuze or by an impact fuze if it scores a direct hit. Less commonly
こっちでは近接信管が主で着発信管は従。

>>508のリンク先のhttp://www.ausairpower.net/TE-Evading-Missiles.htmlでは

The effectiveness of the warhead depends critically upon the performance of the fuse.
The most common fuses in current use are radio-proximity and active laser fuses.
An armed fuse will trigger when a target (or anything else) enters the volume of space immediately surrounding the missile.
A delay to warhead detonation is usually built in to allow the lethal volume to envelop the target, although to be effective this assumes adaptive fusing.

電波やレーザーでの近接信管が最もよく使われていてその目的は目標を致死的な破片の雲で包み込むこととなってるんだけどどれが正しいんだ?
530 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 19:24:58.36 ID:UIi3n4il
民間人が護身用に銃器を使用する場合、全弾撃ち切ってリロードというケースは少ないのでしょうか。
装弾数5発で予備弾無しとかでも、十分なのでしょうか。
531 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 19:36:53.18 ID:XozySYId
>>530
軍事の質問じゃないしケースバイケースとしか答えようがないし
532 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:04:15.76 ID:WaJA3/TU
>>530
ソマリアの民間人とアメリカの民間人、アメリカ内でもニューヨークの民間人とテキサスの民間人、現代と開拓時代などなど
時代や国や地域によって事情が全く違うでしょ。
さらにそこまで絞り混んでもなお個々人の考え方や好みで大きく違ってくるはず

・携帯はせずマガジン抜いたガバとマガジン2つを車に積んでおく。
・携帯するのにでかい銃は邪魔だからコンパクトピストルで5発。
・↑だけだと不安だから薬室にも入れて5+1。暴発リスク?安全装置がちゃんと仕事してくれるはずさ、多分。
・いつ強盗に撃たれるかわかったもんじゃないので車を降りる前にコックアンドロックにしておくのがここでの嗜み。
・暴発が怖いからリボルバーの次発の薬室は空にしておく。5発になってしまうが事故るよりはましだよ。

まー色々色々考えられるわな
結局のところ、持ってる当人がそれで十分と考えているなら十分なんじゃね?としか。
533 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:06:49.05 ID:u8hPkB/F
外野から失礼

>>571 最近の平均的な小銃はコッキングしてないのにセイフティをかけることは出来ないだろ
 マジっすか?

安全装置かけた状態で初弾装填できないという事ですよね。
どうしてそんな構造にしてしまったのでしょう?

64式小銃はコッキングしていようがいまいが安全装置はアタレのいずれにも入れることが出来る
つまりセイフティをかけることができるのでそれが普通なんかなと思っていたので驚いた。
534 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:10:17.65 ID:9GBaBT+c
何で今は要塞が作られなくなったの?
分厚いコンクリートによる要塞は今でも簡単に破壊出来るもんじゃないでしょ?
535 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:13:39.24 ID:CULkcV1F
>>533
AR15系列もAR18系列もみんな出来ないと思う
536 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:13:58.84 ID:O9eL4OIL
>>534
迂回されて終わりだから
敵が馬鹿正直に要塞を攻めてくれる理由なり環境を作れるならともかく、
そうでないないなら要塞作る金で機動兵力整えた方が遥かに汎用性が高い
537 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:28:11.33 ID:V0ugMHlh
大規模な物以外なら冷戦時代でもベトン製トーチカの新造は普通に見られたし
スイス等の山岳要塞は現役だ
538 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:37:08.04 ID:9GBaBT+c
>>536
迂回すればいいってのは昔も一緒でしょ
回答になってない
539 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:40:30.16 ID:u6vse3X7
>>538
ほとんどの兵隊が徒歩だった時代と自動車化された現代じゃ迂回にかかる時間が違いすぎる。
あと、航空兵力により陸上要塞は頭を抑えられて身動きが取れなくなる。
540 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:46:58.09 ID:9GBaBT+c
>>539
迂回出来ない重要箇所に要塞作ればいいだけ
そもそも迂回してくれるなら要塞の役目は半分果たしてるわけだし
空は空で航空戦力で対応すればいいじゃん
何で制空権取られて爆弾落とし放題って前提で話が進むの?
制空権さえ奪取されなければ、今でもそれなりに脅威ではあるんでしょ?
541 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:47:23.76 ID:O9eL4OIL
>>538
お前自分の中に答えあって質問してるだろ?

ここは持論に賛同してもらいたいがために質問まがいの演説する場所じゃないぞ。
542 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:50:55.61 ID:TtGTqPqV
構ってもらいたいがために後出しで条件を追加していく質問者様ですか
人間の初心者は帰って、どうぞ
543 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:57:18.79 ID:2FT2YTke
>>535
H&K HK416&417は極初期型以外はできるよ。
544 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 20:58:35.04 ID:s8FutwUi
>>540
まさに君が自分で書いてる通り「それなり」でしかないから
迂回に必要な労力が一昔前よりはるかにかからなくなり
固定拠点を作る意味がほとんどなくなったの

難攻不落の拠点ひとつ作ったところで、それをかわすのは21世紀の今じゃ簡単なんだよ
マジノ線みたいな防衛ライン作ったとしても、これはこれで
一点突破されたらそれで詰みだし
545 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 21:04:50.14 ID:fx/Pb8tn
強力な地下要塞なんかは戦局によっては未だ有効だけど
建造技術が強化されてやろうと思えばあっという間に強力な要塞を作れるようになった一方で
一度作った要塞を長時間維持するコストは馬鹿にならないというか
人手ばかり使ってプラスになる所は少ない
訓練に有効なわけでもないし民間人に協力させても機密が漏れるし
だから平時の強力な大規模要塞みたいのはもう一般的ではない
大戦争が近そうな時勢になってきたらまた要所に作られるだろうけどね
546 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 21:33:00.27 ID:kPKHvkOm
「平時の強力な大規模要塞」でも武装中立国家の要塞は現役だけどね
というか一度作られた要塞は、戦闘で破壊されるか、敗戦で軍事的に無意味になるか
超・老朽化するまでは、兵器と違って退役や解体は無く半世紀〜一世紀以上も現役で使われ続ける
547 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 21:43:06.75 ID:dzcp2w+q
加藤清正 「だな」
548 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 21:45:33.36 ID:oK11D4NC
クソ質問者がクソ逆反論で論点ズラしボヤかしするのにまんまとのせられて脱線雑談が始まる定番の流れ
549 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 21:53:56.20 ID:oq+FjyAn
以前、安倍首相が乗った戦闘機のナンバーの一部に「731」があって
中国がいちゃもん付けていましたが、
たまたまきちんと整備したなかの一番良い機体だったのか
わざとなのか、事の真相は政府と自衛隊しかわかりえないかお教えください
550 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 21:58:50.05 ID:/nMt8oPr
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
551 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 22:28:59.95 ID:2ppfR/6S
>>549
ただ単にブルーインパルスの使ってる練習機の隊長機に割当てられてる機体なだけ。
552 :
名無し三等兵
2016/11/22(火) 23:29:05.22 ID:oq+FjyAn
>551
なるほど、そういうわけでしたか
ちなみに、式典で搭乗するなどのパフォーマンスをする場合は
国内外問わず隊長機が通例なのでしょうか?
553 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 00:27:03.48 ID:YnaRYmtH
>>540
> 制空権さえ奪取されなければ

要塞なんかなくたって侵攻は防止できるから要塞自体が無意味じゃない。
554 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 02:00:00.52 ID:qUC2nP40
>>552
米軍はそう(多くは隊長機や司令官機は塗装がフルカラーで派手で見栄えするから)
他の軍はわからん
555 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 03:02:45.34 ID:76uiq1TI
>>543
メカに関しては疎いんだけど、HKのMP5とかG3ってAR15系列と比べて明らかに遅いよな
AR15は装填、再装填がすげー早くて確実に出来る
556 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 05:49:15.60 ID:CXCZzzRu
>>ぱな in横鎮 ‏@pana_rev2 11月21日
>>継続戦争のフィンランド側民間人犠牲者が1000人なの本当やばいよね、冬戦争も1000人程度だしどんだけ国家が国民を守ってたかが分かる。
>>別に家屋が破壊されなかったわけじゃない、焦土戦争にソ連、ナチとの戦いで民家破壊されまくりで国土はボコボコにされた、けど犠牲者は出てない、この差。
>>ぱな in横鎮 ‏@pana_rev2 11月21日
>>お笑い大日本帝国の民間人犠牲者80万人はほんとギャグの域。地上戦すらまともにやってないのにここまで普通死なないよね。
これは妥当な意見なのか? 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
557 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 07:29:41.99 ID:qUC2nP40
まずフィンランドの人口と人口密度、そして戦場になった場所を調べよう
国としての被害は、実はフィンランドの方が日本より大きかったんじゃないか
って気さえする
558 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 07:31:09.14 ID:s8AVJIsX
北欧空戦史じゃ冬戦争後の子供のスウェーデン疎開に関して
「事実次の戦乱の終わったとき、フィンランドにおける戦争による孤児の数は五万人に達し、それは実に人口の一.四%にもあたることになった。」
とあるけどね

まぁ古い本だしこの件の出典が分からんけど、万単位の孤児が出たのが事実なら民間人犠牲者総数は2000人だかってのは不釣合いではないかな
父親が従軍で命を落としても母親が居れば孤児にはならないはずでしょ
民間人犠牲者数も含めて再検証する必要はあるんでないの
559 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 08:51:23.46 ID:bTUyGBSW
戦車の複合装甲ってWW2の時には考え出されなかったの?
「硬い金属と柔らかい金属あるけど両方重ねたら強くならないかな」って考え
ドイツかソ連の科学者なら思いつきそうなもんだけど
560 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 08:56:32.97 ID:Q2lPCFlD
>>559
君のいうのは表面硬化装甲に近い考え方だと思うんだけどな
561 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 09:21:55.71 ID:fWY35jmx
>>559
ウィキペによれば、結局「固くて丈夫な金属板使えばいいじゃん」てことで均質圧延鋼装甲に落ち着いたとのこと
で「複合装甲」なるものはHEATやAPFSDS向けの装甲だそうで、WW2時には基本無用の長物かと
562 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 09:31:55.46 ID:sFHtg5M4
フタエノキワミアッー
563 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 09:45:13.10 ID:SnfFuwPS
ラピュタに登場する砲台が沢山ついた要塞がありますが
あれに近い要塞が現実にありましたら教えて下さい
564 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 10:17:08.40 ID:WyBrJwBu
>>563
マジノ線ググるだけでそれらしいのゴロゴロ出てくるぞ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
565 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 10:20:16.94 ID:sFHtg5M4
>>564
これって真田丸のパクリですよね、大河で見た
566 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 10:27:30.28 ID:x/zYuUwV
>>563
1942年に陥落するまでのセバストポリ要塞かな。
戦艦の主砲をそのまま設置した砲台など艦艇から
りくあげした砲を多数設置している。
567 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 11:27:53.11 ID:uB+EafAg
>>555
HK416&417はAR15をH&Kがガスピストン式にしたやつね。
416はA3型から、417はA1型からハンマー位置にかかわらずセフティが入る設計に変更されてる。
568 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 12:56:31.29 ID:Y2DylB00
スターリングラードでは、補給救出部隊を向かわせあと50キロのところまで迫りましたが
何故第六軍は決死の一点突破で補給部隊と合流しなかったんですか?
569 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 13:05:28.63 ID:dE9ILlzN
>>568
そんな余力がどこにもなかった。

>>567
HK417はAR10が元でしょ……と言いたいところなんだけどそうではない辺りがなんともややこしい。
570 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 13:32:26.03 ID:I2BDDkyd
軍事上での協定と同盟の違いとはなんですか?
571 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 13:44:47.00 ID:x/zYuUwV
>>570
言葉が違う。
572 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 13:48:27.56 ID:Laj+7JXy
まず軍事同盟は軍事協定の一種
協定は敵国・仮想敵国とも結ぶものがあるが、同盟は味方同士になること
573 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 14:07:20.85 ID:u+MdcsI2
>>569
そんな余力なかったって
猿でも分かる事を言って回答者ヅラされても
無理なら無理で具体的な数字を出してもらわないと
どちらにしてもあの局面ではやるしかなかったし
574 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 14:22:28.67 ID:QKLVB09q
テンプレ質問者向けのばかりで回答者向けのがないよな
なるべく数字・数式で表す、ソース出す、知らないなら回答しないくらいはしてほしい
575 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 14:24:07.33 ID:zokSuzN7
>>570
すごくわかりやすく言うと
仲間になりましょうってのが同盟
衛生兵は撃たないみたいな約束が協定
576 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 15:13:22.13 ID:dE9ILlzN
>>573
その「無理に決まってるだろ、猿でもわかる」状況であり状態だったんだよ、第6軍は。

一応、「救出部隊が来ていることが肉眼でわかる」範囲にいる市外外縁部の数百人くらいは呼応して脱出することはできただろう。

でもその他の市内に分散してる将兵は集結して一丸となって救出部隊に呼応して脱出のために戦闘するような弾薬も体力もない。

既に部隊としての行動は不可能な状態に陥ってるんだから。

救出部隊が市内に突入してソ連軍を追い払ってくれない限り、自分からはもうできることはなかったのだ。
577 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 15:23:22.80 ID:Laj+7JXy
それ以前に、マンシュタインが脱出せよと打診してたのに、ヒトラーの死守命令を受けていたパウルスが、燃料が無いとか言い訳して実行しなかったせいでは
578 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 15:37:08.02 ID:dE9ILlzN
>>577
まあ原因の原因はそうだろう。

でもあの時点だと既に命令違反覚悟しようが全てを捨てる覚悟しようが手遅れだ。
579 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 18:34:04.44 ID:4QVlg58b
ポーランドってドイツとソ連に酷い目にあわされてますが
戦後賠償ってどうなってますか?
580 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 18:55:55.20 ID:Lkvn1wie
>>579
第一次大戦後のソ連ポーランド戦争で獲得した東部をソ連に取り返されたけどドイツ領のシュレージエンと東プロイセンの南半分を併合した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A7%E6%88%A6%E5%BE%8C%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%BE%8C%E8%A3%9C%E5%84%9F
その他の損害補償に関しては戦後ポーランドが共産化したりドイツが東西に分裂して東ドイツが同じ共産主義国家になったこともあって補償問題は複雑化した。
最終的に東ドイツからの補償に関してはポーランドが請求権を放棄すると言うかたちでになった。
西ドイツとも同じく請求権の放棄で決着。
そしてドイツ統一後にドイツとロシア、ポーランドその他の侵略された諸国の間で国家ではなくナチ被害者に対する補償を行う条約が個別に締結されている。

逆に大戦後にプロイセンその他から財産を没収されて追放されたドイツ人とその遺族がポーランドなどに対して補償を要求する運動を起こしていたが現在は下火になってる。
581 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:10:58.43 ID:e5yHVDYK
YouTubeで見たんですが、日本の潜水艦に深海で待ち伏せされると攻撃手段がなく絶対に撃沈されない また世界で深海を攻撃出来る爆雷や魚雷を持っているのは日本ただ一国だけで
日本の魚雷は射程が40kmあるので、深海で待ち伏せしているだけで40キロ半径の船舶を一方的に撃沈でき、まさに無敵の要塞だそうです
私は詳しくないので分からないんですが、これは真実なんですか?
582 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:16:32.47 ID:7uPnaQs8
>>581
嘘なので安心して寝てください
583 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:17:24.60 ID:AJA8pQY6
現実にそんなんあったらあんな被害はなかったのでは?
584 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:21:09.18 ID:DVSqnFvC
アメリカのMk.48魚雷も同じような射程で深々度(1,000ft = 366m)発射可能ですから、「日本ただ一国」ってのはウソですね
(ちなみに『深海』ってのは光が届かなくなる深度、約200mから)
585 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:22:13.57 ID:zokSuzN7
嘘です
べつに単魚雷や対潜ロケットが届かないぐらいの深深度まで潜れる潜水艦は他国にもありますし、相手から攻撃できない深度だと日本の潜水艦も魚雷管扉が水圧に耐えきれないのでどっちも手が出せません。
また、射程40kmの長魚雷なんて外洋海軍国ならどこでも持ってます。
基本的に具体的な兵器名を出さない動画やサイトは全部デタラメです
586 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:26:47.57 ID:/AnJZWAU
>>581
現代の潜水艦関係の凄いぞ!強いぞ!系の話に真実と言い切れる情報は存在しないと思ってまず間違いない。
関係者以外しか真実を知り得ず、知ってる関係者は情報を漏らす事は許されない。
従ってその手の話題は嘘か妄想か不正な経路による機密漏洩のいずれかで、どの場合も真実かどうかを検討するのは不可能。

だいたいそこで言う「深海」が水面下何メートルからを指すのかもわからんし
587 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:29:25.47 ID:zokSuzN7
Youtubeの軍事解説動画なんて信じない方がいい
中国空軍の戦闘機はJ-10とJ-11以外はカカシでこれだけならともかく共産主義の親玉であるロシア空軍の稼働率が6割だから子分の中国は3割ぐらいだから中国空軍の戦闘機は60機ぐらいしか役に立たない!
とか言ってる動画あったしな
588 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:31:12.09 ID:Lkvn1wie
サムネに赤や黄色のやたらデカデカとした文字で景気いいこと書いてる映像はvideo blockerで投稿者をブロックすれば「あなたへのおすすめ」がたいへんきれいになるのでおすすめ。
589 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:36:35.11 ID:ueO4GHvk
ソース元動画です


よければ具体的な反論お願いします
590 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:41:06.20 ID:7uPnaQs8
かまってちゃんなの?
591 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:50:11.45 ID:zokSuzN7
ここ質問スレだから質問以外は他所見つけてやるか自分で建ててくれ
592 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:53:52.70 ID:14xZmD4u
指揮官が最前線近くまで来ると指揮って上がるんですか?
593 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:55:34.69 ID:7uPnaQs8
指揮が上がる??
594 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 19:56:55.99 ID:DVSqnFvC
その指揮官が有能で部下に支持されていれば、そのとおり
無能でも余計な指示を出さず、前線に来ただけで有能な部下に任せていればまた然り
595 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:04:14.98 ID:x/zYuUwV
>>592
小隊長、中隊長くらいまではその通り。それ以上うえの大隊長とか来ると逆に
うっとおしい。
596 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:05:41.51 ID:zokSuzN7
人間って自分が必要とされているとわかると無意識でもモチベーション上がるから
指揮官に重視されてるんだ、ってなる
597 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:09:47.32 ID:x/zYuUwV
>>589
元質問と違う単発IDでおもいっきり釣り質問
598 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:10:16.92 ID:nvDpTN8z
>中国空軍の戦闘機はJ-10とJ-11以外はカカシで
>共産主義の親玉であるロシア空軍の稼働率が6割だから
>子分の中国は3割ぐらいだから
>中国空軍の戦闘機は60機ぐらいしか役に立たない!
「アメリカ艦船の命中率は低いから、対米7割でも足りている」とか
「ソ連の練度は低いから、ソ連1個師団は関東軍の0.6個師団に相当。だから関東軍は足りてる」とか、
ww2開戦前のプロパガンダ・インチキ算数とソックリだな
599 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:31:00.89 ID:e8j4lf5m
CBU-97のような兵器をMLRSから発射出来るならもう戦車の時代は終わりな気がするんですが
なにか対処方法はあるんですか?
600 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:35:57.84 ID:14xZmD4u
>>594 595. 596

ありがとうございます!
やっぱ『有能』な指揮官が来ると頑張っちゃうんですね〜
601 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:38:18.32 ID:bHt+s7w+
東部戦線ではドイツが制空権を握っていたのに、何でソ連の戦車部隊にやられまくってるんですか?
602 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:44:41.96 ID:x/zYuUwV
>>601
そういうほど制空権をドイツ側がもってなかったから。
ばかげた数の撃墜王が何人もでてるけどもそれって、基地を離陸したらすぐ会敵してた証拠で、
数の優位はソビエト側にあったから。
603 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:45:45.07 ID:uB+EafAg
>>601
ドイツが制空権を握れていたのは1944年の春まで。

以降はソ連軍が完全に制空権を握ってて、ドイツ空軍はその狭間になんとか飛べていただけだ。
604 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:46:51.73 ID:Lkvn1wie
>>599
航空優勢を確保してそうした兵器を落とされないようにする。
>>600
まあ上司があんまり張り切りすぎて無謀な命令を出すと弾が後ろから飛んできて名誉の戦死を遂げることがあるけどね。
605 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:48:03.82 ID:0/MRA862
握ってないから
戦場が広大過ぎて足の短いドイツ機じゃカバーしきれないとか
悪天候が多すぎて飛行機使えなかったりとか
そもそもソ連軍の数が多すぎとか

ぶっちゃけドイツ機がアホみたいに大戦果あげてるつうのは
そんだけ雲霞の如くソ連機が襲いかかってきたからで
はっきりいって対処能力の限界超えてたつうことでもあるんよ
戦闘機1機が1回の戦闘で墜とせる数なんてたかが知れてるんだからね
606 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 20:51:36.24 ID:kWNFmwUm
STOBARってなんて読めばいいんですか?
エストーバー?ストーバー?
607 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 21:00:50.51 ID:DVSqnFvC
>>601
少なくともドイツが航空優勢だった時期、「ソ連の戦車部隊にやられまくっていた」ことなど無いのだが
608 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 21:35:44.26 ID:4UNPRWHm
>>599
それって目標の場所がハッキリわかってて
現在ただいまそれを射程内に入れてる十分な部隊がいて
んでもってただいま直ぐに撃てる体勢にあるって条件が

わかってるんか、と
609 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 22:29:32.84 ID:NV5iXYgw
ヴァッフェントレーガー計画とはどんなものだったんですか?
610 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 22:34:28.18 ID:Lkvn1wie
>>609
>>1
質問する前に検索してください

検索すると死ぬ病気の治療はここではやっておりません。
611 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:07:10.17 ID:E6+CK6if
>>559
実は君の言うような「複合装甲」自体は随分昔からの着想であって、1900年に出版された押川春浪の
「海底軍艦」に登場する海底軍艦「電光艇」がまさに複合装甲。
つまり考えるだけなら随分昔からあった。

ただ、それから単なる圧延鋼板では不十分なほど対戦車攻撃手段が進化したため必要性が生じ、
量産型戦車用複合装甲として実用化されるまでには数十年の時間がかかったというだけ。
612 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:28:15.81 ID:OMrzjCkm
WW2でヤーボが登場する以前の、単発戦闘機と単発爆撃機がはっきり分科していた時代は
戦闘機パイロットは空戦の訓練・爆撃機パイロットは地上攻撃の訓練ばかりしていたと思いますが
地上攻撃も空戦も両方こなせるヤーボのパイロットはどちらの訓練がメインだったのでしょう?
他機種からの転換の場合、戦闘機パイロット出身者より爆撃機パイロット出身者が多かったんでしょうか?
613 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:31:02.23 ID:Y/O6Okhp
帝国海軍の戦艦の主砲は長門型までずっと連装砲塔だったのに、
大和、武蔵は突然三連装砲塔になりましたが、何か理由があるんですか?
614 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:36:20.34 ID:uB+EafAg
>>613
連装砲塔だと8門(2x4)以上の砲門数が欲しい、となると艦体がかなりの長さになる。
艦体が長くなると排水量増える(重くなる)し装甲防御しなきゃならない部分が増えるしで
あまりいいことはない。

そうなると「砲塔1基当たりの門数を増やす」しかないということで、3連装にするしかない。
615 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:38:24.54 ID:Y/O6Okhp
>>614
そうすると長門型以前の戦艦の主砲を三連装にしなかったのには
同様に何か理由があったりするんでしょうか?
616 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:39:03.70 ID:uB+EafAg
>>613
なお3連装砲塔そのものは長門型設計した直後からいろいろと思案されてて、大和型で
突然出てきたわけでもない。

日本は長門型(と、結局戦艦としては完成しなかった土佐型と天城型)から大和型まで
戦艦を作ってない空白期間があるので、突然3連装になったように見えるが、試行錯誤は
いろいろとしているのだ。
617 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:44:01.78 ID:uB+EafAg
>>615
案や構想としては長門型以前にもある。

でも3連装にすると当然その分大きく重くなるし、
「10門は欲しいんだが・・・3連装3基だと9門だが、4基にすると12門。
 9門は少なすぎるし12門は多すぎるような・・・3連装は重いから連装と比べると
 「重い割に門数少ない」か「門数多いが重すぎる」かどっちかだよな・・・」
とかそういう問題が出る。

戦艦には砲塔だけ載ってるわけじゃなく、機関との兼ね合いとか装甲の存在とか
考えると、砲塔があまり大きいのは困ってしまう。

単純に3連装砲塔は技術的困難度も大きいし。

ってんでなかなか採用はされなかった。
618 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:50:17.53 ID:UM3t/uxf
技術的な問題と>314さんの回答前段の理由があった。
けれども敵艦船の速力があがり、ただでさえ命中弾の出しにくい砲戦でさらに命中弾をだしにくくなる。
そこで、散布界の砲弾密度を上げることで命中率の低下を防ぐ必要に迫られ、技術的にも可能となり三連装となった。
619 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:51:40.19 ID:x/zYuUwV
>>615
技術的に3連装砲塔に自信がなかったのと、被弾時に連装4基なら砲塔1基潰されても戦力25%ダウンだけど、
3連装の場合、1基潰されると33%の戦力ダウンとなるのを嫌がったってのもある。
620 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:52:12.50 ID:E6+CK6if
>>616
もっとわかりやすい話で言うと、大和級戦艦でよく言われる話として
「砲塔1基の重量が駆逐艦1隻に等しい」
つまり、そんな重量物を旋回させられるだけの装置をまず実用化しないといけなかったってのもある。
621 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:52:27.59 ID:UM3t/uxf
失礼、アンカーミス
>614さんでした。
622 :
名無し三等兵
2016/11/23(水) 23:55:11.55 ID:Lkvn1wie
>>612
P-47ライトニングは戦闘機としても高性能だけど頑丈さや急降下性能の高さで地上攻撃機としても使われたし、ホーカー・タイフーンは戦闘機としてはいまいちだったけど積載量の大きさで地上攻撃で役に立った。
というふうに性能や使われた経緯は機体によって違うのでケースバイケース。
623 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 00:05:20.27 ID:HTsm83q4
みなさんレスありがとうございます。

帝国海軍初どころか世界初の46cm主砲を、それまでの帝国海軍の戦艦にはない三連装砲塔で
実装するなんて、あんまりにも冒険がすぎるのではなかったのか?と思いました。
46cm砲という発想はともかく、設計面では保守的な印象の強い帝国海軍にしては、
作ったことのない大きさの主砲を、運用したことのない三連装砲塔で装備するとか、
あまりにも異質というか、異様な印象を受けてしまいます。

やっぱり大和型の設計段階で主砲を連装にするか三連装にするかで
激しい議論の応酬があったんでしょうか?
624 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 00:09:13.55 ID:5TNPlRQC
>>623
46cm砲なら第一次世界大戦時にイギリスが重巡フューリアスに積んでるだろ
625 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 00:16:57.70 ID:HTsm83q4
>>624
すいません知りませんでした
626 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 00:19:08.98 ID:WZWhvcRM
>>623
砲塔だけじゃなく船体設計から機関から激しい議論の応酬よ。
砲塔だけでも連装から4連装、中には並列4連装じゃなく連装2段重ねの4連装なんて案まであった。

そもそも7割の戦力で10割に勝とうなんて事自体が十分以上に冒険的なのであって、それに比べたら
些細な話。
627 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 00:33:54.29 ID:btZWuZ02
戦史解説には度々「事前砲撃で指揮統制を麻痺させる」という表現が現れますが、
具体的に何をしているのか分かりません。 ww1やww2の話です。
攻撃中ずっと指揮通信施設のありそうなところや主要な道路・連絡壕を撃ち続けるのでしょうか?
628 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 00:57:34.17 ID:PVFEqww+
>>623-625
フューリアスのは正18インチ(457mm)で単装砲
これに次ぐのはカイロ・デュイリオ級(1880年)の450mm20.4口径前装砲(連装)かしら
金剛代艦案で41cm三連装砲塔を検討してるんで大和型以前からそれなりに三連装砲塔の下地はあったのでは

ところで、戦艦で同一口径で装備門数の異なる砲塔を背負い式に置く型は門数が多い砲塔を下側に配置するものばかり
(KG5級、ネヴァダ級、コンテ・ディ・カブール級/アンドレア・ドリア級)だけど
日本の金剛代艦(平賀案)やA-140の各案だと門数の多い砲塔を上に置きたがるのは何故?
バーベット径が細い方を船体幅の狭い端寄りに、太い方を幅広の中央側へ持って行きたいというのは分かるけど、重心が上がるのより優先順位が高かったんですかね
629 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 01:08:59.58 ID:Xo+AIjK9
深山、つまり十三試大型陸上攻撃機で要求された性能を教えてください
最低でも速度だけは知りたいです
630 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 01:12:49.46 ID:KbmtD5gc
>>627
小隊中隊の前線指揮官や大隊指揮所など
コマンドポストや前哨潰しなどなど
砲撃による攻撃で混乱させる
631 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 01:21:58.86 ID:FeKCpr2X
第二次大戦の対戦車ライフルの命中精度ってどの位あったの?
数百mの距離からキャタピラや燃料タンクを狙うことは可能だったの?
632 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 01:25:33.90 ID:btZWuZ02
>>630
ありがとうございます。
633 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 01:37:12.59 ID:h+1wMMc5
>>631
そもそも対戦車ライフルはみんなカタログスペックはともかく実際の有効射程は100mくらいしかない。
500mとか300mとかは「それくらいなら余裕で弾は飛ぶ」という程度のものでしかないようだ。
(標的がデカいから、「ただ当たればいい」ならその距離でも当たりはしたようだけど)

どれもあんまり高度な照準器が付いてはいないが、その距離(100m程度)なら履帯や外部燃料タンク
あるいは展視孔を狙うことくらいはできたようだ。

強力な弾薬使ってるから反動も強いけど、その分本体が重いので、歩兵用小銃で本体のわりに
強力な弾薬を撃つものよりは反動による動揺は少ないものだったようだ。
634 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 01:53:53.26 ID:h+1wMMc5
>>631
つけ加えておくと「対戦車ライフル」というものは基本みんな二脚がついてて、
二脚越しに地面に置いて伏せ撃ちするものだから、一般的な小銃よりは
射撃姿勢的にも安定性は高いし命中精度も反動制御力も上がる。

照準器も、ライフルスコープつけられるようになってるものも結構あるし。


スウエーデンが開発したものには20ミリ口径だけど二脚がなく、手持ちで撃つ
ってものがあるが、これは「対戦車銃」って名前だけど実際は無反動砲なので
そういう意味では反動は問題なしだ(ちと重いけど)。
635 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:10:34.59 ID:w1yj4VP6
有効射程100mなら後期パンツァーファウストと変わらないじゃん
636 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:22:14.85 ID:zvM9dwJV
それよりは命中率は上だけどね
637 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:31:19.38 ID:mVOkpZg/
対戦車ライフルってパンツァーファウストみたいにドカーンと一発で深刻なダメージを追わせるものじゃなく、機動力や攻撃力を削ぐような物だろ
638 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:33:14.27 ID:swcyzESU
パンツもぶっちゃけ急所を狙わなければ対戦車ライフルとあんまり変わらなかったり
639 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:38:26.26 ID:6WvdX9hb
対戦車ライフルが主力武器として成り立ってた時代は戦車側の性能もそこまで良くなかったから、この程度でもまぁ(満足できないなりに)十分だったり。
あと安上がりだしね
640 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:40:34.56 ID:zvM9dwJV
>>637
最厚部が30mm程度の大戦初期の戦車に対してなら、「ダメージを追わせるもの」だ
ポーランド戦当時のドイツ戦車の大半など、最大14.5mm(チェコ製は25mm)で、実際相当数が撃破されてる
641 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:45:35.77 ID:E8XIZj6R
https://ru.wikipedia.org/wiki/%D0%9F%D0%A2%D0%A0%D0%A1#.D0.A5.D0.B0.D1.80.D0.B0.D0.BA.D1.82.D0.B5.D1.80.D0.B8.D1.81.D1.82.D0.B8.D0.BA.D0.B8
シモノフPTRSはロシア語版wikiによるとバイポッドを使って伏せ撃ちで100m先の直径22cmの円形標的に4発中3〜4発命中することが求められたと書いてあるみたい。
下の表には距離によるグルーピングの違いを書いてるようだが英語に翻訳しても変な訳され方してるみたいで意味がよくとれない。

なお英語版にはウクライナのドンバス戦争で民兵が使用したと書いてあり今だに使われてるようだ。
流石に対戦車じゃなくて対物ライフルとしてだろうけど。
642 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 02:51:20.12 ID:YJ9ia8Mi
>>637
考えてみろよチハ車みたいなのが対戦車ライフルで撃たれたらどうなると思う?
貫通した弾は運動エネルギーが無くなるまでひたすら車内を跳ね回るんだよ?
643 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 03:09:09.55 ID:yZqoxGuJ
チハに対戦車ライフルなんて要らない
M1911で十分
644 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 03:20:58.89 ID:zvM9dwJV
米軍による射撃試験の結果、12.7mmでも薄い部分を抜くのがやっとと判明しているので、それはハ号と混同した誤った認識
645 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 03:54:04.41 ID:zTZIJjyt
空軍・航空隊の編成表やOOBで出てくる「中隊本部」「飛行隊本部」などのHQ全般に所属している
その部隊の装備機種と違う戦闘機はどういう用途なんですか?
646 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 05:50:54.22 ID:E8XIZj6R
>>645
>>4
・初心者の方には難しいかも知れませんが、質問はなるべく具体的に、できれば知りたいことの資料や画像などを示して下さい
  時代、国、軍の種類によっても回答は様々になりますからこれらを可能な限り絞り込んだ質問にすると求める回答が得やすくなります
647 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 08:39:31.59 ID:YRUDlZXa
うちの親父が、

「現代のアメリカ軍のヘルメットは、第二次大戦のときのドイツ軍のパクリだ」

と主張しています。
後頭部まで覆う形を、取り入れたのだと。

これって本当でしょうか?
まあ、個人的にWWUのドイツ軍ヘルメットは合理的で素晴らしいと思いますが。
648 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 08:54:42.84 ID:B0WIDHwW
>>647
そのヘルメットの形状も元を辿れば中世の兜の影響を受けてるし(イギリスの洗面器もそうだけど)
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
1000年以上にも渡ってバトルプルーフが行われた結果生まれた
軽さと長時間被った場合の快適性と防御性のバランスがとれた一つの究極形の形と言えるから
一概にドイツ軍の真似とは言えない
649 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 09:12:43.71 ID:bYf5Y/gd
>>645
時代や国を具体的にしてないからエスパーになるけど
隊の本部付の機体は基本的に予備機
部隊の使用機種と違うなら、要員の連絡機や普段の簡単な飛行訓練に使われる
いわゆる「員数外の雑用機」と同じ使われ方と考えて差し支えない
650 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 10:41:51.11 ID:h+1wMMc5
>>641

表の部分は

射撃距離(m)|着弾範囲 高さ(縦方向)(m)|着弾範囲 幅(横方向)(m)

だね。

つまり、それぞれ着弾散布界が縦方向と横方向にどれだけあったか、で、
100mで縦21cm横18cmの範囲の楕円に着弾が散らばる、ということで、下に
>содержащая в себе 70 % попаданий
>(which contains 70% of hits)
とあるから、命中率70%と算定して、着弾の集中範囲から極端に遠いものは除いての数字、
ということになるな。
651 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 10:49:21.01 ID:NI3mUmLH
>>580
ありがとう
ソ連クソだな
652 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 12:49:21.87 ID:zvM9dwJV
>>647
あの手の形のヘルメットの通称が「フリッツスタイル」だし、影響を受けているのは間違いない
653 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 12:58:23.24 ID:phngiJon
>>647 >>648ではあるんだが、PASGTヘルメットの採用当初から、米軍部内でフリッツヘルメットと言われていたのも事実ではある。その頃の時代常識で言ってるんだと思うよ親父さん。
654 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 13:04:40.88 ID:yKOnZtG8
影響は勿論あったんだろうが
PASGTヘルメットが採用されたのは1981年で戦後40年近く経っていたのだからパクリって言うのは違うと思うな。
フリッツタイプってのも単なる俗称だから根拠にはならないしね。
655 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 13:24:30.91 ID:2fJ75/VA
>>647
パクりと言ってしまえばそうかもしれないけど、従来型では後頭部に砲弾破片を受けて受傷するケースがドイツ軍のそれに対して多かったので、
後頭部まで覆う事の有効性を認めて取り入れたのは事実。
656 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 13:31:22.24 ID:e5xTngoo
>>655
逆にフリッツヘルメットのデメリットっていうのはあるんですかね?
戦後はアメリカが採用するまではナチスのイメージが悪すぎて採用し辛らかったのもあるでしょうが
WW1にデビューしてから1945年までの間にドイツ以外の列強で見られなかった理由が知りたいです
657 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 14:18:28.91 ID:2vcEplmY
重い、加工に手がかかる→高い、量産が大変
658 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 14:19:11.44 ID:2fJ75/VA
>>656
言われているようにドイツ的なイメージに対する反発もあったでしょうし、なにより重量が増すのが兵士の負担となると考えられたようです。
軽量で強度の高い材質が使えるようになってから以降、
今尚、主流としてフリッツ型が採用されている事から、フリッツ型であるゆえのデメリットというのは、現在は無いと考えていいのではないでしょうか。
659 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 14:36:30.67 ID:2vcEplmY
PASGTも重いのとイアフォンが使いにくいことからMICH〜ACHに変わってきてるし
http://en.wikipedia.org/wiki/Modular_Integrated_Communications_Helmet
660 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 14:40:35.77 ID:phngiJon
>>656 1945年までの間、「列強」を自覚する(あるいはなりたがっている)各国は、それなりに軍事的伝統に誇りがあるんで、
小銃を国産出来る国は概ね、軍装の一環として、独自デザインのスティールヘルメットを開発している。欧州諸国や日本など。
一方、軍事的伝統に自信がない国の場合、外国の様式をそのまま取り入れてる国も多かった。
軍事的伝統の「なさ」を国是としていたアメリカは、英国式の皿型ヘルメット。ドイツの軍事的合理性・科学性を模範としたのは南米諸国・中華民国など。
第2次大戦以降の世界分割で、東欧諸国にはソ連式兵器体系と軍装が押し付けられたが、
概ね60年代までには、各国とも戦前の伝統に則った軍装(ヘルメット含む)に回帰している。ポーランド・チェコスロバキア・ハンガリー・ルーマニアなど。
(東独の軍装は、西独軍に比してガチで戦前ドイツ軍継承だったが、ヘルメットは、ヒトラーに没にされた奴を採用し直した。
一方、本気で金がなくソ連への忠誠心がピカ一なブルガリアでは、戦前に買ったドイツ式を社会主義体制崩壊まで使ってる)
西欧始め資本主義諸国では、ドイツを打倒したアメリカが軍事的合理主義の指標になったのと、
「戦時中に開発した」M1ヘルメット含む兵器体系を気前よくばらまいたんで、アメリカ嫌いなフランス含めて長らく西側各国軍の国際標準になってたが、当のアメリカはM1に満足してなかった模様だな。
661 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 15:55:34.24 ID:3epQNpNO
>647 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 08:39:31.59 ID:YRUDlZXa
>うちの親父が、
>「現代のアメリカ軍のヘルメットは、第二次大戦のときのドイツ軍のパクリだ」
>と主張しています。
>後頭部まで覆う形を、取り入れたのだと。
>これって本当でしょうか?
>まあ、個人的にWWUのドイツ軍ヘルメットは合理的で素晴らしいと思いますが。

>655 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 13:24:30.91 ID:2fJ75/VA
>647
>パクりと言ってしまえばそうかもしれないけど、従来型では後頭部に砲弾破片を受け>て受傷するケースがドイツ軍のそれに対して多かったので、
>後頭部まで覆う事の有効性を認めて取り入れたのは事実。

>656 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 13:31:22.24 ID:e5xTngoo
>655
>逆にフリッツヘルメットのデメリットっていうのはあるんですかね?
>戦後はアメリカが採用するまではナチスのイメージが悪すぎて採用し辛らかったのも>あるでしょうが
>WW1にデビューしてから1945年までの間にドイツ以外の列強で見られなかった理由>が知りたいです

「現代のアメリカ軍のヘルメットは、第二次大戦のときのドイツ軍のパクリだ」「これって本当」!

「フリッツヘルメットのデメリットっていうのはあるんです」!
ドイツ軍のヘルメットと識別が難しい。
662 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 15:56:33.21 ID:3epQNpNO
名前からして、フリッツヘルメットと、自分達が称しています。
フリッツとは、ドイツ兵の蔑称です。

ヘルメットの形状は、戦場での敵味方識別の重要ポイントです。
敵と、似た形では、識別が難しいのです。
663 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 15:57:09.21 ID:3epQNpNO
アメリカの連続戦争テレビドラマ『コンバット』で、主役のサンダース軍曹が、迷彩のヘルメットカバーを付けていました。
これは、テレビの演出と考えます。
軍隊は、同じ制服、同じ装備の人間が多数います。
テレビで主人公をはっきりさせづらいのです。
そのため、主役のサンダース軍曹だけが、迷彩のヘルメットカバーを付けていました。
他の、出演者では無かったです。
もし、現実に第二次世界大戦中のフランス戦線で、迷彩のヘルメットカバーを付けていたら、直ぐに味方のアメリカ兵から、射殺されます。
ヘルメットカバーを付けると、ヘルメットの形状が分かりません。
おまけに、ナチス武装親衛隊は、迷彩を使っていました。
アメリカ陸軍で、迷彩服を着用したのが、現実に、1個師団だけあったそうです。
味方から誤射されるので、止めたそうです。
664 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 15:57:46.91 ID:3epQNpNO
「独特な形状を持ったドイツ軍ヘルメット | ハイパー道楽の戦場日記
www.hyperdouraku.com/blog/.../独特な形状を持ったドイツ軍ヘルメット/
1. キャッシュ
2. 類似ページ
2012/07/10 - 第二次大戦を通じて、ドイツ軍のヘルメットほど有名なヘルメットはないのではないだろうか。各国が ...
近年、アメリカ軍が開発したケプラー製の

フリッツヘルメットと呼ばれるヘルメットには、ドイツ軍のヘルメットが参考にされている

という。」
665 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:11:50.46 ID:yKOnZtG8
今日も認知症の茨城人登場か。
完全スルー推奨。
初心者は読んでもいけないよ。
666 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:16:07.65 ID:3epQNpNO
>629 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 01:08:59.58 ID:Xo+AIjK9
>深山、つまり十三試大型陸上攻撃機で要求された性能を教えてください
>最低でも速度だけは知りたいです

「要求された性能」は無いと、想像します。

ダグラス DC-4Eを、「日本海軍が入手し」「中島飛行機で海軍向けの13試大型陸上攻撃機「深山」の設計をする際の参考にされた」。

軍用機の試作は、普通、軍が「要求された性能を」航空機製造会社へ提示します。
航空機製造会社が、その「要求された性能」に見合った、飛行機を、競争して開発します。
ダグラス DC-4Eを日本海軍が入手した。
それで、中島飛行機1社のみに、「要求された性能を」他の航空機製造会社へ提示しないで、開発を命じたのです。
667 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:16:40.06 ID:3epQNpNO
「ダグラス DC-4 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ダグラス_DC-4
1. キャッシュ
2. 類似ページ
ダグラス DC-4 (Douglas DC-4) は アメリカ合衆国のダグラス社が開発した大型レシプロ旅客機。軍用型としてC-54とR5Dが製作された。1942年初飛行。 ... はその後、1939年10月に

日本海軍が入手し

(海軍名義ではなく大日本航空の名義で購入した)、

中島飛行機で海軍向けの13試大型陸上攻撃機「深山」の設計をする際の参考にされた

。」
668 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:31:35.62 ID:3epQNpNO
>581 : 名無し三等兵2016/11/23(水) 19:10:58.43 ID:e5yHVDYK
>YouTubeで見たんですが、日本の潜水艦に深海で待ち伏せされると攻撃手段がなく>絶対に撃沈されない また世界で深海を攻撃出来る爆雷や魚雷を持っているのは
>日本ただ一国だけで
>日本の魚雷は射程が40kmあるので、深海で待ち伏せしているだけで40キロ半径の>船舶を一方的に撃沈でき、まさに無敵の要塞だそうです
>私は詳しくないので分からないんですが、これは真実なんですか?

「射程が40km」で、どうやって命中させるの?

命中しなければ「撃沈でき」無い!
魚雷は、近寄って発射しないと、命中しないのです。
日露戦争の黄海海戦で、日本海軍の水雷艇は、魚雷がほとんど命中しませんでした。
艇長たちを更迭して、もっと接近して魚雷を発射するように、叱咤しました。
669 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:32:04.01 ID:3epQNpNO
「日露戦争黄海海戦・その戦術的経過
daimyoshibo.la.coocan.jp/mil/koukai.html
1. キャッシュ
日露戦争において、日本海軍はロシヤ海軍のふたつの大艦隊と戦い、それを打ち破った。 ...
本稿では、日露戦争海戦史前半のクライマックスともいえるこの黄海海戦について、艦隊運動を主体とする戦術的観点から叙述を行い、 ...
第3軍はロシヤ軍の抵抗を排除しつつ旅順に接近し、7月下旬には要塞の攻囲態勢をおおむね完成した。 ...
その他駆逐艦18隻、水雷艇30隻 ....
多くの艦艇が襲撃を行ったが、あるいは防御砲火に阻まれ、あるいは

射距離が遠すぎたため、いずれの隊も魚雷を命中させることはできなかった。」
670 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:42:00.99 ID:3epQNpNO
>568 : 名無し三等兵2016/11/23(水) 12:56:31.29 ID:Y2DylB00
>スターリングラードでは、補給救出部隊を向かわせあと50キロのところまで迫りまし
>たが
>何故第六軍は決死の一点突破で補給部隊と合流しなかったんですか?

「マンシュタインはパウルスに「雷鳴」実行を厳命したが、燃料不足で動けないと回答された。
マンシュタインはさらにヒトラーに死守命令の変更を要請したが、パウルスの主張をヒトラーは追認し、変更を認めなかった」
671 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:42:40.71 ID:3epQNpNO
• 12月19日 - チル川からの側面の圧迫が増しつつも、ドン軍集団は夜間には互いの照明弾が視認できる距離まで第6軍に近づいた。
• しかし、第6軍は一向に動こうとしなかった。しびれを切らしたマンシュタイン元帥は情報参謀アイスマン少佐を空路第6軍司令部に派遣し、
• 救援に向かう「冬の嵐」(ヴィンター・ゲヴィッター)に呼応して包囲環の突破を図る「雷鳴」(ドンナーシュラーク)作戦の実施を強く求めたが、
• ヒトラーの死守命令に忠実なパウルス司令官と、十分な補給があれば復活祭まで戦い続けられるとし、燃料の不足を言い立てて撤退に消極的な参謀長アルトゥール・シュミット少将に拒否される[脚注 8]。
• パウルスは心労から体調を崩し、第6軍の作戦指揮は実際にはシュミット参謀長が握っていた。第6軍が動かせる戦車は、わずか70両だった。
• 12月20日 –
•
• マンシュタインはパウルスに「雷鳴」実行を厳命したが、燃料不足で動けないと回答された。マンシュタインはさらにヒトラーに死守命令の変更を要請したが、パウルスの主張をヒトラーは追認し、変更を認めなかった。
• に追い込もうとするソ連軍のサトゥルン(土星)作戦の阻止に努める。」

下記、ウィキペディアのスターリングラード攻防戦を参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
672 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 16:47:52.53 ID:3epQNpNO
>524 : 名無し三等兵2016/11/22(火) 17:13:05.42 ID:U1zKJrkA
>朝鮮戦争で南側が完全に占領された場合、共産側が日本に侵攻してくる可能性は
>どの位あったのでしょうか?

0%

北朝鮮軍と中国軍、ともに海軍力が無かった。
673 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:09:49.68 ID:3+TMnjdO
カスミンってまだいたのか。
しかも程度が明らかに劣化してる。
674 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:13:39.30 ID:3epQNpNO
>503 : 名無し三等兵2016/11/22(火) 07:45:11.34 ID:1/zd8Ki6
>韓国軍は再編などもありもソウル以南に主要基地がありますが
>開戦後ソウルは北の砲撃により大パニックになると想定されますので
>交通網が麻痺し軍はまともに動けなくなると思うんですが
>ソウル陥落を防ぐには軍事基地は国境付近に集中させるしかないと思うんですが

>507 : 名無し三等兵2016/11/22(火) 11:00:47.47 ID:2FT2YTke
>503
>君、自分で答え書いてるじゃん。

>開戦後ソウルは北の砲撃により大パニックになると想定されますので
>交通網が麻痺し軍はまともに動けなくなると思うんですが
それを避けるためだよ。

>509 : 名無し三等兵2016/11/22(火) 12:40:13.72 ID:1/zd8Ki6
>507
南にあるとソウル都市圏から逃げてくる人の波で戦線に移動できないじゃん

>519 : 名無し三等兵2016/11/22(火) 16:05:30.94 ID:u6vse3X7
>509
>ソウル首都圏は防備に1個軍団割り当てられて立てこもる想定。
>またソウル以北は一般人の居住が禁止され、そこで食い止めて北へ押しもどす計>画。

「ソウル陥落を防ぐ」韓国軍の政策です。
675 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:14:08.62 ID:3epQNpNO
政治的には、ソウルは重要です。
軍事的には、ソウルを放棄した方が得策です。

北朝鮮の前の憲法で、首都をソウルと規定していました。
かの民族にとって、ソウルは特別の意味を持つのです。
「ソウル と北朝鮮国境との最短距離は30キロメートル」。
余りに近すぎます。
韓国では、何度も安全な南への遷都が提案されました。
立ち消えになりました。
676 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:14:43.98 ID:3epQNpNO
「在韓米軍撤退?韓国ソウルは世界で一番危険な都市。戦争になったら生き ...
ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12181880935.html
1. キャッシュ
2016/07/18 - 在韓米軍の部隊をソウル南方の平沢に移転・集約する再編計画で、在韓米軍の主力で南北軍事境界線に近いソウル北方の東豆川に駐屯する第2歩兵師団部隊の移動が始まり、 ...
韓国ソウル と北朝鮮国境との最短距離は30キロメートル。」
677 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:15:22.64 ID:3epQNpNO
「ソウルの人口999万5784人」

「い‐ほく【以北】
1. その地点を含めて、それより北。」


「ソウルの人口999万5784人…1000万人時代に幕下ろす | Joongang ...
japanese.joins.com/article/464/216464.html
1. キャッシュ
2016/06/02 - ソウル人口1000万人時代が公式に幕を下ろした。韓国行政自治部は1日に公示した「住民登録人口統計」で、ソウル市の人口が5月末基準で999万5784人と集計されたと明らかにした。28年前の1988年の政府公式調査でソウル..


「自由の村 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/自由の村
1. キャッシュ
2. 類似ページ
自由の村(じゆうのむら)は、大韓民国京畿道坡州市郡内面造山里にある集落。
韓国と北朝鮮の間に位置する板門店の軍事境界線の500m韓国側にある。
正式名称は臺城洞自由の村で、民間人統制区域の中にあり、同区域の中で唯一

民間人が居住している。

住民のほとんどは農業を営んでおり、村の住民は、韓国人の三大義務中、納税と徴兵を免除される。 ...
臺城洞(自由の村)からほど近い、北朝鮮側(開城市)の非武装中立地帯内には、機井洞(平和の村)という農村がある。これはコンクリート製アパートが立ち並び、 ...」
678 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:17:01.49 ID:Hq7Qu6+F
>>668
いつの時代の話してるんだよ
679 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:35:53.28 ID:3epQNpNO
>668 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 16:31:35.62 ID:3epQNpNO
>581 : 名無し三等兵2016/11/23(水) 19:10:58.43 ID:e5yHVDYK
>YouTubeで見たんですが、日本の潜水艦に深海で待ち伏せされると攻撃手段がなく>絶対に撃沈されない また世界で深海を攻撃出来る爆雷や魚雷を持っているのは
>日本ただ一国だけで

>日本の魚雷は射程が40kmあるので、深海で待ち伏せしているだけで40キロ半径の>船舶を一方的に撃沈でき

、まさに無敵の要塞だそうです
>私は詳しくないので分からないんですが、これは真実なんですか?

>「射程が40km」で、どうやって命中させるの?

>命中しなければ「撃沈でき」無い!
>魚雷は、近寄って発射しないと、命中しないのです。
>日露戦争の黄海海戦で、日本海軍の水雷艇は、魚雷がほとんど命中しませんでし>た。
>艇長たちを更迭して、もっと接近して魚雷を発射するように、叱咤しました。
680 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:36:26.12 ID:3epQNpNO
>669 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 16:32:04.01 ID:3epQNpNO
>「日露戦争黄海海戦・その戦術的経過
daimyoshibo.la.coocan.jp/mil/koukai.html
>1. キャッシュ

>日露戦争において、

>日本海軍はロシヤ海軍のふたつの大艦隊と戦い、それを打ち破った。 ...
>本稿では、日露戦争海戦史前半のクライマックスともいえるこの黄海海戦について、>艦隊運動を主体とする戦術的観点から叙述を行い、 ...
>第3軍はロシヤ軍の抵抗を排除しつつ旅順に接近し、7月下旬には要塞の攻囲態>勢をおおむね完成した。 ...
>その他駆逐艦18隻、水雷艇30隻 ....
>多くの艦艇が襲撃を行ったが、あるいは防御砲火に阻まれ、あるいは

>射距離が遠すぎたため、いずれの隊も魚雷を命中させることはできなかった。」
681 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:36:55.66 ID:3epQNpNO
>678 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 17:17:01.49 ID:Hq7Qu6+F
>668
>いつの時代の話してるんだよ

「日露戦争において」!

質問

「日本の魚雷は射程が40kmあるので、深海で待ち伏せしているだけで40キロ半径の船舶を一方的に撃沈でき」たのですか?
682 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:41:14.90 ID:fA+ExlfA
>>628
知らんけど、重量物をなるべく真ん中の方に持っていこうとしてない?
683 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:46:27.48 ID:fld38YJd
>>628
ぶっちゃけ平賀の流儀
バーベット径が大きいと防御構造のための幅員が取れなくなるんで、集中防御を好んだ平賀の流儀としては
船体幅の広い側に多連装をもっていきたかった
この手法はオーストリアの超弩級艦でも採用されており、まったくの異端というわけではない

でも多連装を高い位置に配置するのは当然ながらトップヘビー問題に繋がる
要は一長一短で、どちらのメリットを優先するかという話
そして世界的な主流は平賀とは逆だった
というか、そもそも二種類の砲塔を装備すること自体が基本的に好まれなかった
684 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:48:50.61 ID:3epQNpNO
>463 : 名無し三等兵2016/11/21(月) 11:03:41.06 ID:gVoLvWmv
>このスレって第二次世界大戦以前の話題でも大丈夫でしょうか?
>ある保守系?ブログの記事で気になったのですが
>日清戦争後の三国干渉について、実は当時の日本は外国を過大評価しすぎていて
>あの時点で例えばロシアと開戦したとしても決してまけることはなかった
>(例えば 史実の逆であらかじめ日本がリャオトン半島やその他の要地を要塞化して
>いればよかった など)
>そうしていたら10年以上早く満州は日本によって解放されることになって
>満州国も日本も現代の歴史よりももっと豊かな国になれていたはず。 という意見な
>のですが
>質問ですが 1895年(三国干渉)当時の日本では、日露戦争のようにロシアに勝つこ
>とはむずかったのでしょうか?
>(軍艦の数や兵士の人数・武器の質量など)
685 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:49:18.30 ID:3epQNpNO
>464 : 名無し三等兵2016/11/21(月) 11:29:15.12 ID:3egFYNip
>463
>まず日清戦争から日露戦争までの間に日本がやったことを見てみましょう
>金本位制の確立、八幡製鉄所建造、全国鉄道網の整備、
>日露戦争を戦うことになる戦艦の発注(もちろんほとんどがイギリス製で輸入)、
>日英同盟の締結、八甲田山の悲劇を含む冬季演習・冬季装備充実、
>戦時中は鴨緑江を超えた段階で外債募集に成功、
>また明石元次郎によるレーニン他革命家の支援・・・他にもありますが
>これらはどれも日露戦争の勝利に不可欠であり準備期間も相当のものでした
>日清戦争後の段階でも工業力10倍以上、総動員兵力20倍以上のロシアに単独で
>勝てる道理はないです
>日清戦争黄海海戦当時、その付近にいたロシア艦にすら勝てないです、
>当時の主力艦は日本海海戦ではもはやC級部隊でした
>史実の開戦だってシベリア鉄道完成目前の苦渋の決断でしたし
>講和できず長引いたら確実に負けてた戦争です、ましてや1895年当時では尚更



「三国干渉について、実は当時の日本は外国を過大評価しすぎていて
あの時点で例えばロシアと開戦したとして」必ず負けていた!
686 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:49:54.99 ID:3epQNpNO
ロシア、ドイツ、フランスと戦わなくてはならなかった。
ロシア艦隊は兵力を集中出来た。


日本は、ロシア、ドイツ、フランスと戦って、勝つ事は不可能でした。
日英同盟を結んで、ドイツとフランスをけん制したから、日本とロシア、単独の戦争になったのです。

日清戦争の後、ロシアは旅順を租借して艦隊を置きました。
待望の、不凍港です。
ロシアは喜んで、大艦隊の母港としました。
しかし、そのため、ロシア艦隊は、兵力を分散しました。
日本の連合艦隊に各個撃破されてしまったのです。
旅順が、日本陸軍によって、攻撃された。
そのため、ウラジオストックに艦隊に艦隊を移動しようとした。
しかし、日本の日本の連合艦隊に阻まれたのが、黄海海戦です。
ロシアは旅順を租借して艦隊を置きさえしなかったら、ロシア艦隊は兵力の分散をしなかったでしょう。
ウラジオストック艦隊と、バルチック艦隊が、兵力を集中して、必ずや日本の連合艦隊に勝利していました。
687 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 17:50:26.63 ID:3epQNpNO
「三国干渉 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/三国干渉
1. キャッシュ
2. 類似ページ
ロシア に移動 - ロシアは遼東半島を日本に奪われることで南満州の海への出口を失うことを恐れ、日本の満州進出阻止を目論んだ。 ... 同じく清の分割に関心をもつイギリス、フランス、ドイツの3国に提唱し、仏・独の賛成を得て3国による勧告を行っ ...
‎勧告の主旨 · ‎日清戦争と欧州列強 · ‎列強の思惑 · ‎日本の反応」

「黄海海戦 (日露戦争) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/黄海海戦_(日露戦争)
1. キャッシュ
2. 類似ページ
黄海海戦(こうかいかいせん)は1904年(明治37年)8月10日に大日本帝国海軍連合艦隊とロシア帝国海軍第一太平洋艦隊(旅順艦隊)との間で戦われた ...
しかし旅順艦隊は海戦に及ぼうとせず、終始ウラジオストク方面に逃げの姿勢に徹した。日本艦隊は ...
688 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 18:30:53.42 ID:70vyKiKy
第二次大戦のソ連の異常な工業力と人員力は何処から来てるの?
ソ連なんて後進国って認識しかないんだけど
689 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 18:42:02.80 ID:krOd4P7r
戦車や軍艦についている砲について質問です
弾が発射される所の名称は、銃と同じ「銃口」という呼び方なんでしょうか?
690 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 18:48:59.22 ID:oaPpbJ+z
なぜ銃口が出てきて砲口という言葉が出ないのか
691 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 18:52:28.93 ID:zvM9dwJV
そこに付くマズルブレーキの日本名は、付いてるのが銃ではく砲なら「砲口制退器」になるし
692 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 19:02:00.39 ID:E8XIZj6R
>>688
スターリン時代に無理やり農業の集団化と工業化を進めた結果だし、広大な多民族国家なのでもともと人口はおおかったからなりふり構わない動員でなんとか数を揃えた。
しかし戦後も冷戦体制で軍事優先の非効率的な重工業偏重のままだったので西側に生産量と品質で負け、膨大な戦死者(主に男性)を出したので戦後は労働力不足や出生率の低さで失った人口は充分に補えなかった。
その結果冷戦時の軍拡競争に勝てなくなり、半世紀後にソ連は崩壊した。
693 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 19:03:58.88 ID:krOd4P7r
>>690
>>691
ありがとうございます
694 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 20:34:01.36 ID:03AqLLIg
「駆けつけ警護」ですが、これまで国連のPKO活動に参加している各国部隊が実際に駆けつけ警護を行った
例はありますか?

「これまで 駆けつけ警護」 「駆けつけ警護 実績」 「外国軍 駆けつけ警護」あたり
でぐぐったらすぐ出てくるかと思ったら意外にもそれらしいのが出てきませんでして。
695 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 20:49:46.35 ID:fld38YJd
http://blog.goo.ne.jp/kiyoshimatforgoo/e/1e13a3182171a2c5dc5908c77b45f109

まず英語圏でどう呼ばれているかを知らないと意味がないよ
rescue dispatch
つまり公的な命令による救援活動

てことは、わかると思うけど、むちゃくちゃ一般的な任務のことなのよ>駆けつけ警護
それを日本国内向けに、ややこしい用語を創り出したってだけ
696 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 20:50:17.84 ID:/qat+hLp
第二次大戦の日本軍のキルレシオが著しくショボいのはどうして?
陸上戦の沖縄戦ですらキルレシオは7対1
ドイツ軍はノルマンディーやその他戦線で米軍相手に1対1か2の交換が出来てます
日本軍が唯一米軍を苦戦させた硫黄島にしても3対1
太平洋戦争全体では17対1という有様
これは朝鮮戦争より酷いです、幾ら中露の支援を受けたとはいえ北朝鮮にすら負けてるってヤバくないですか?
何故ここまで差が開いてしまったんですか?単に日本の技術経済軍事力が列強諸国の17分の1だっただけ?
697 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 20:52:53.76 ID:fld38YJd
>>696
理由は簡単
勝敗が決まった後の損害がでかすぎるから

それは日本軍が島嶼戦のような孤立した戦場での戦いが多くて逃げるに逃げられないとか
降伏をよしとせず、絶望的な状況下で最後まで戦ったとか
そういう理由

もっと言うとな
他の国の軍隊は、ここまでキルレシオが開く前に
逃げるか降伏するかするのよ
日本軍はそれをしなかった、あるいはできなかった
698 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 20:53:27.71 ID:h+1wMMc5
>>694
それは「駆けつけ警護の結果戦闘を行った例があるか?」ということ?

PKO/PKFにおいて国連軍部隊が現地勢力に敵対的な行動を受けた(攻撃された)ので
他の国連軍部隊が救援に派遣された、というだけならPKFやPKOやってる地域だと
日常的に発生しているよ。

結果として死傷者の出るような事態になったことはそんなにはないけど。
699 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 21:15:34.37 ID:fA+ExlfA
>>697
それが決定的なんだよね。
投降したりすると家族がもろともに村八分にされると。
700 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 21:39:47.99 ID:E8XIZj6R
あとは前線に向かう途中で輸送船ごと沈められたり。
701 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 21:58:19.26 ID:n4y74HGY
>694
日本で有名なケースだと、
92年のカンボジア。国連に派遣されていた日本人警官隊が襲撃され、PKO部隊に救出される
94年のルワンダ。日本人NGOが襲撃されて、自衛隊が救出(違法だが緊急避難処置として問われず)
など。こういった、実際に日本人が襲われて、自衛隊や国連部隊が救出に出張る事例が
起きた事が、駆け付け警護を正規任務に入れるべきって提案の根本にあるのよ。
702 :
694
2016/11/24(木) 22:01:49.88 ID:03AqLLIg
皆さん、駆けつけ警護についてレスありがとうございました。とてもよく分かりました。
703 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 22:55:14.96 ID:eRaqOTes
駆けつけ三杯ちゅうてな
704 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 23:16:03.76 ID:9GFgcmMr
ヘルメットの件を質問した者です。
皆様、ありがとうございました。

つまり、ドイツは鉄兜を採用した時点から甲冑に近かったということですね。
で、アメリカなどの諸外国は量産化などの問題点がクリアされたことと、色々試してみて現在の形に落ち着いたと。

>>654
実は「いつから採用されたのでしょうか?」とも質問するつもりでした。
自分が物心ついた頃というか、湾岸戦争の頃からフリッツヘルメットでして、ベトナム戦争の映像を見ても出てこなかったので。

ありがとうございました。
705 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 23:40:16.32 ID:3+TMnjdO
>>704
兵装に関しては、ドイツは見栄えを重んじ実用性は二の次とする傾向が強かったので、ローマ〜プロイセンへと続く兜のデザインを単に継承しただけかもしれない。
それが結果的に後頭部への受傷を防ぐ事になっただけかも。
軍靴でもドイツは高価で維持に手間のかかる革で、それを常にピカピカにしておくことを義務づけられていたのだけども、
手入れの行き届いた軍靴のおかげで雪中でも冷たい水が浸み込まず、凍傷になることをある程度防ぐことができた。
一方のアメリカは革の裏側を表にした軍靴であったので雪中ではじきに水が浸み込み、塹壕足に似た凍傷にかかる兵士が続出した。
このドイツの軍靴のケースも偶然よい結果に繋がったような気がする。
706 :
名無し三等兵
2016/11/24(木) 23:52:34.14 ID:9GFgcmMr
>>705
あれ、ワックスを頻繁にかけるという実験室でのデータが実際の戦場ではあてにならなかったみたいですね。
戦闘続きでメンテナンスに時間がかけられない状態だと、高価な革靴の方が水の浸入に時間がかかるんだとか。

まあ、確かに銃などと同時に靴の手入れを徹底的に行わせるという規則の違いもあったのでしょうが。
707 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 00:51:25.85 ID:gUD3Bgu+
長残で疲れて帰って気分転換でもと初質を開いたら一度に20レス以上ぶち込むキチガイが暴れてるとか疲労感が累乗倍になるんで勘弁して欲しいわ
「嫌なら見るな!」ってのなら>>1からNGできるようコテ酉付けろよ
708 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 01:29:40.57 ID:Rc764iCq
>>707
そら仕方がない。
「猛烈な空爆を受けても2ちゃんねるの伝統を守る」
って人がいるからこのワッチョイ無し版のスレ成り立ってるわけで、文句を言う方が筋違いだわな。
709 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 02:04:24.09 ID:A9mjolZ7
(*´・ω・) スジ?
710 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 02:37:57.10 ID:Y1/lUdFH
キチガイに文句言う奴や対話を試みようとする奴が現れてぐちゃぐちゃになるのまで含めて伝統ってもんだろ
711 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 07:31:26.55 ID:Rc764iCq
>>710
だから>>707みたいな意見は全くの筋違いなのよ。
ここはカスミンの存在を許容するスレなんだから。
712 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 07:58:43.36 ID:tA3yRgab
>>697
はい?何言ってんの?
ノルマンディーでドイツ軍が降伏して大量の捕虜が出たか?
713 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 08:06:53.85 ID:iEwatEVU
「キルレシオ」という言葉の意味を理解しようね
714 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 08:11:28.81 ID:BKrxv66f
>>711
それはおかしい
このスレではカスミンを許容しない人、カスミンに口出しする人も等しく許容するべきだろ
もちろん「NGしたい奴はワッチョイスレがあるんだからそっち行けよ」と言う人も許容されるべき
みんな好きな意見を言えばいいじゃなあ
715 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 08:27:28.07 ID:FDh4xLm4
>>712
そりゃノルマンディ地方は撤退先もあれば増援も送っているような場所だから、孤立無援の島嶼とは全然違うな
716 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 08:40:37.51 ID:nb7xW/F4
グロスターF.5/34は零戦と翼面積・翼面荷重・自重がほぼ同じというデータを見て思ったのですが
零戦は要求仕様の長い滞空時間を満たすために、当時の戦闘機の中でもかなり軽量かつ翼面積が大きくなったわけですよね
それとほぼ同数値という事は、F.5/34も滞空時間や航続距離で厳しい要求性能を課されていたんでしょうか?
F.5/34はハリケーン・スピットファイアと比べても一際低翼面荷重なので、運用思想もこれらと全然違う物だったのかな?と思いまして
717 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 08:52:25.16 ID:Rc764iCq
>>714
なるほど。
確かにそりゃ言う通りだな。
スレ違いを許容するかどうかとなると、また別問題ではあるが、
スレに沿って反論したり、スレそのものへの議論は許容すべきだね。
718 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 08:55:33.10 ID:Rc764iCq
>>716
そういうわけではない。
そもそも要求仕様F5/34自体が特定の機体を指すわけじゃなく、F5/34に沿って開発された機体が
ハリケーンだったりスピットファイアだったりグロスターF5/34なわけなんで。
単に要求に対する回答が異なっただけの話。
719 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 10:10:12.76 ID:yDcLNH4s
>>704
>>659に書いたとおり、アメリカは「現在の形に落ち着いた」りはしてないよ
720 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 10:11:49.86 ID:yDcLNH4s
>>705
塹壕戦で頭部、頸部の致命傷が多いことがわかった事も効いてる
その結果でデザインが変わったのか、既用デザインが正当化されたのかは知らんが
721 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 10:22:01.54 ID:CJjY4UBt
霞ヶ浦って認知症で事故起こしてる老人と同じだな。
とにかくスルーするしか手がないよ。
722 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 11:58:08.26 ID:KCI0GAZP
あの老害が爆撃カキコする理由なんて、
見栄や虚栄心を満たす為だけだもん…
(間違えても、質問者の為にはなってない…w)
723 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 13:07:40.50 ID:3x6KReME
まー無意味に全文コピペとか「キャッシュ」みたいな関係ないもんまで全入れ、ってのは
「この手順をしないと、いけないのですっっ」みたいな感じだね
認知症か脅迫神経症とかそーゆーもんを疑うレベル
724 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 14:23:38.76 ID:bAIzYDNk
完全に認知症だろ。明らかに論破されてても論破されたコピペを頑なに貼りまくるし根拠を要求されても絶対出さないし。
725 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 14:51:55.45 ID:VMoSshbR
>>716
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Air_Ministry_specifications
ちなみにもう書いてる人もいるけど「F.5/34」というのは空軍省がメーカーに出す要求仕様の符号で「F(戦闘機)5(その年に出した5番目の仕様)/34(仕様を出した1934年)」という意味
F.5/34はコンペになったのでBristol Type 146, Martin-Baker M.B.2, Vickers Type 279 Venom, Gloster F.5/34の4案と試作機が提案されてる。
必ずしもコンペになるわけではなく、メーカーの提案に対して航空省が改めて仕様書を出して発注する場合も多い。
726 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 14:59:57.83 ID:VMoSshbR
>>720
https://en.wikipedia.org/wiki/Stahlhelm#Origin
ここの記述では頭と首を守る形状になっている14世紀のサレット(兜)を参考にしてデザインされたとなってる。
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
サレットはこんな感じで確かに目庇をとったらそのままシュタールヘルムになりそうな。
727 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 15:32:36.84 ID:yDcLNH4s
その記事は知ってる。

当時と一次大戦時では脅威の質がまったく違うわけだが
首が急所であることに違いはないから
サレットのデザインを真似てよし、と判断したのか

で塹壕戦で有効性が実証されて確定したのか

いったんデータで示されるとドイツ人のことだから
少々重くても手間がかかっても採用せざるを得ない罠
728 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 15:55:38.19 ID:VtTeYrSS
ドイツ人がデータ主義だと言う主張がよくわからないけど
ピッケルハウベはデータ的に何か有効だという資料があったから採用したの?
もしそうなら納得するけど別にピッケルハウベはデータ的に何も無いならなぜ突然前例の無いデータ主義でシュタールヘルムを採用したという確信が出て来たのか理解できない
729 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 16:20:24.02 ID:yDcLNH4s
>>728
>>727 の「したのか」は全部後に「?」付けて読んでくれ
730 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 16:28:39.17 ID:VtTeYrSS
>>729
最後の2行にしたのかは付いてないからドイツ人がデータ主義だと言うあなたの主張には関係ない
その部分は疑問でなく確信して言ってんじゃん
731 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 16:31:16.25 ID:onQl9W8V
純粋な軍事という質問でなくてすいません。
第二次世界大戦にイタリアが参戦した理由について質問です。

イタリアはドイツによるベネルクス三国&フランスへの快進撃を受けて
ムッソリーニが軍部の反対を退けて参戦、降伏末期のフランスにすら反撃された。 ということは知ったのですが

ある何て事は無いブログのコメ欄で
「ムッソリーニはイタリアがドイツに付かないと攻撃されると思ったから参戦した、あれはどうしようもない事だった」という意見が。

第二次世界大戦に関する本を色々読んでもイタリアの参戦辺りはさらっと流されて
せいぜいムッソリーニが"ドイツに後れを取りたくなかった"からと説明されています。

質問ですが、当時のイタリア指導部のムッソリーニor軍部は、
"ドイツの味方に付かないとドイツを敵に回したときにイタリアでは勝てない"と判断して参戦したのでしょうか?
(少しでもそういう史料・回想録があるのでしょうか?)

さらにヒトラーの方は、ムッソリーニ(イタリア)が枢軸国として対連合国戦争に参戦してくれることを期待(もしくは要請)していたのでしょうか?
ある本では、イタリアが勝手に味方についてからの北アフリカ戦線はヒトラーの予定に入ってなかった尻拭いだった とすら解説されていました。
732 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 16:33:18.94 ID:sYI7omzf
>>728
ピッケルハウベはロシア軍のコピーだったかと
19世紀初め(軍制改革の頃)から半ばまでのドイツ(プロシア)軍の軍装はロシア軍からのコピーが多い

>>705
ローマ兜の流を汲んでいるのはフランス軍かと
サックス元帥が18世紀中頃にローマ式カスクを復活させた
733 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 16:55:07.64 ID:t+z4bZSn
軍事系コピペについての質問です
何年も前に見たシモヘイヘやルーデルと同じような軍人TUEEE系のコピペだったと思うのですが、どれだけ検索してもヒットしません
内容は「ある建物に立て籠もった部隊のちょっと偉い階級の人が、他の軍人はみんな死ぬか逃げるかしたのに一人で大軍相手に戦い続けた」という内容のものです
ネタの特徴として「○○(強い武器)があったが使い方が分からず△△(弱い武器)を使って敵を倒した」
というのが多様されていたと思います
また、コピペの中にBAR(軽機関銃)が登場していたので第一次〜二次大戦の頃(さらにアメリカ軍?)の話だと思います
734 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 16:55:49.11 ID:bS/f3f0U
>>731
とりあえず、味方につかないも何も開戦前からイタリアはドイツの同盟国だ。
735 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 16:57:45.69 ID:VMoSshbR
>>731
>>4
・「〜って本当?」のような質問は、「〜」について述べたソース元(文献やニュース番組、ネット情報など)を提示してくださいそれはただのヨタ話・デマかもしれません

ブログのコメントとか「ある本」とか曖昧な話をされてもそこに聞けよとしか。
736 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 17:18:16.87 ID:DJZnTFPs
>>733
チャールズ・ケリーだろ
名前でググればヒットするはず
737 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 17:18:28.15 ID:onQl9W8V
>>734
鋼鉄条約については知っています。そしてたしか日独伊三国同盟が結ばれたのはイタリア参戦後の9月ですよね?

ヒトラーはムッソリーニ(イタリア)が枢軸国として対英仏戦に参加、つまり地中海や北アフリカの戦いにも
参戦することを了承(計画済み)だったということでしょうか?
738 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 20:48:15.33 ID:VMoSshbR
だから「ある本」がどんな本で誰がそれを書いたかくらい出せないの?
その著者がどういうポジションで物言ってるかわかるかもしれないのに。
739 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 20:51:27.27 ID:RfLufrKD
・質問
https://imgur.com/tcVDSGW
昭和19年夏に京都で制作された徽章です。
この徽章はどのような所属を表すものなのでしょうか?
黒生地(濃紺?)に金のコンパスマークです。
加工前で、うっすらと円形の型が縫ってあります。
予備学生のものかと思いましたが昭和18年に廃止されているとの事、
昭和19年でも使用していたのはどこなのでしょうか?
商船学校でしょうか?
740 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 20:53:10.75 ID:uBWLWMgG
 
今朝9時、BS1で再放送していた「映像の世紀」第2集で

セネガル人はアフリカ最強と呼ばれ,フランス植民地支配の実戦部隊として活躍したという。

と言ってたので、ググってみてもこの「映像の世紀」のことしか出なかったわけですw
それで、senegal Soldierでぐぐり直すと、
Senegalese Tirailleurs - Wikipedia が出てきたのです
グーグル翻訳で読んでみた限り、セネガル人中心だけど北アフリカ一帯から応募があり、
アフリカ諸国が独立するとその意義を失って自然消滅ぽい結果になったようです
で、分からないことが二つ

・セネガル人はアフリカ最強 かどうかまでは分からなかった
(アフリカ人部隊がそもそもこの部隊だけかも?w)
・フランス外人部隊 - Wikipedia とどう違うのか微妙である
(セネガル人中心と国籍問わずの違いだけ?)
741 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 20:57:30.89 ID:TEE+jZZL
>>739
それは東京商船高等学校の校章だな。
742 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 20:58:14.30 ID:TEE+jZZL
>>739
あ、すまん、「東京高等商船学校」ね。
743 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 21:04:46.49 ID:RfLufrKD
>742
ありがとうございます!
帽章でしょうか?
744 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 21:31:24.70 ID:VMoSshbR
>>740
Senegalese Tirailleurs(セネガル人部隊)はセネガル人を中心とした主にサハラ以南にあるフランス植民地出身者のアフリカ人で編成されてる。
https://en.wikipedia.org/wiki/Army_of_Africa_(France)
この他にモロッコ人からなるグミエ(Goumier)やアルジェリア人騎兵部隊のスパーヒー(Spahi)、サハラ遊牧民のラクダ部隊メアリスト(Mehariste)などの北アフリカ植民地軍部隊があった。

植民地独立後はこうした植民地軍の兵士を核としてそれぞれの国で国軍が作られている。
745 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 21:37:29.05 ID:X5L8jhr7
拳銃って弾を装填したまま携帯することってありますか?
トカレフみたいな安全装置のない銃だと(あっても危ないですけど)超危ないと思うんですけどどうなんでしょうか?

もし、しないならいちいちスライド引いて装填して発砲なんでしょうか?
746 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 21:43:53.22 ID:VtTeYrSS
>>740
1918年の西部戦線のフランス陸軍には
1 Colonial Div
2 Colonial Div
3 Colonial Div
10 Colonial Div
15 Colonial Div
Moroccan Div
45 Algerian Div
の植民地師団、アフリカ師団が編成されていてこれらは基本的に
セネガル人部隊、アルジェリア人部隊、チュニジア人部隊、モロッコ人部隊、外人部隊、ロシア人部隊
などが混合されて編成されてる
セネガル人部隊が最強だという論拠はよくわからないしデータ的にどう最強と証明出来るのかわからないが
Tirailleurs自体が歴史ある部隊だしセネガル人部隊が第一次世界大戦開始後に編成されたような他の部隊より強かったのはありうるとは思う
外人部隊との違いは当時の混沌とした状況ではそもそもお互いに
正規の運用と編成がされてなかっただろうから比較も難しいが
国籍以外に募集方法も違っただろうしセネガル人部隊は比較的本国でも積極的に使われたが外人部隊の本国での運用は少数だったと思う
大規模な植民地型師団の編成と本国まで連れてきての運用自体が第一次大戦からだから
比較的まとまってた第二次大戦時代と比べてわかりやすい説明は難しい
747 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 21:44:18.14 ID:PXc+KoQB
>>745
ヒトと状況によるとしか言いようがないが
薬室は空にして脅威が迫ったときに装填するのがデフォルト
748 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 22:54:33.10 ID:uBWLWMgG
>>744 >>746
レス有難うございます
解明は難しそうですね
749 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 23:28:38.51 ID:4LY+D/sL
>>748
そのものズバリの本があるので興味があるので読んでみては、と言っても第一世界大戦の本だが
俺は持ってない
http://www.tousuishobou.com/kenkyusyo/4-88708-422-3.htm
750 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 23:30:55.21 ID:D3+vOzOK
http://mainichi.jp/articles/20161125/k00/00m/010/090000c
THAAD日本に配備するとしたら、候補地ってどの地域になると考えられますか?
751 :
名無し三等兵
2016/11/25(金) 23:44:14.62 ID:VMoSshbR
>>750
知っている人は立場上答えられない。
知らない人は推測でしか言えない。
そもそも検討中とされていて導入も配備も決まったわけじゃじゃい。
そういう「正答」がない人によって答えの異なる質問はアンケートに該当。
ということで質問の前に>>1-4をよく読んでね。
752 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 00:42:29.06 ID:Nzz2rzjV
>>748
植民地兵でも北アフリカ系のズワーブ、アルジェリア狙撃兵(Tirailleurs)、チュニジア狙撃兵辺りは連隊規模では同一兵科の大隊(3個)のみで編成されていました
ヨーロッパ人大隊と混成の連隊を編成する事は無かった様です

対して西アフリカ系のセネガル狙撃兵はヨーロッパ人大隊と混成連隊を編成するケースが有りました
モロッコで編成された混成連隊(6個)
セネガル狙撃兵2個大隊+植民地歩兵(ヨーロッパ人)1個大隊

セネガル兵最強伝説?は、彼らと共に戦ったヨーロッパ人退役軍人達が広めたのかも
WW1後に行われたモロッコ平定でも、外人部隊とセネガル狙撃兵が活躍したので真実味を帯びて伝わった?
想像ですが・・・
753 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 01:38:18.33 ID:cl5BfjD3
STOBARはなんと読むのですか?
エストーバー?ストバー?ストーバー?
754 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 02:17:48.51 ID:dnPMBkH8
ストーバーき

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E3%81%AE%E9%9B%A2%E7%9D%80%E9%99%B8%E6%96%B9%E6%B3%95

おれ的には異論があるが、あえて書くほどでもない
755 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 02:18:19.21 ID:dnPMBkH8
あ、すまん「き」は不要だった
756 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 03:05:09.57 ID:uM3LUTPZ
すみません空戦のドキュメンタリーでもう一度みたい作品があるんですけど作品名が思い出せません
覚えているのが海外の吹き替え番組で多分ドイツ(Fw190)vsアメリカ(分からない)の空戦
アメリカ機がエンジントラブルでピンチ落とすサインとしてドイツ機が機体を振って挨拶をするシーンが印象に残ってます
757 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 03:48:46.44 ID:LtHb2upF
758 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 05:59:56.93 ID:fD8TEjyF
>>716
亀レスだが、まず>>718の言うハリケーンとスピットファイアがF5/34のコンペ機だというのは間違い
http://stanza-citta.com/bun/2008/06/12/89
ここを見ればわかるが、要するに

速度最優先ではなく複葉機も提出されたF7/30仕様のコンペが上手くいかず
↓既存の複葉戦闘機やF7/30より高速(≒高翼面荷重)な迎撃機を目指しF5/34仕様が出る
↓F7/30のスーパーマリン案とホーカーの高速フューリー計画が後から仕様改定、F5/34以上の高速戦闘機に
↓結果的にスピットファイアとハリケーンはグロスターF5/34より高翼面荷重・高速に

という時系列
グロスターF5/34は「1934年当時の計画機としては」十分に高翼面荷重の高速迎撃機であり
数年後の高翼面荷重が当たり前になった時代に低翼面荷重に設定した零戦と近い翼面荷重になってしまっただけ
なにかの運用思想があって意図的に低翼面荷重を目指した、というわけではない
759 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 08:03:45.10 ID:zsAqukoj
>>758
>>718っす。単純に考えすぎたけど、どーも実像はより入り組んでゴチャゴチャしていたようで…
フォローありがとうございます。
760 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 11:25:25.03 ID:ETNXbeBK
>>749 5000円は高いですね、
検索したら府立図書館に置いてありましたが
遠いし、このまえ借りたばかりの本もあるので
また折を見て借りてみたいです

>>752
植民地白人と協同できたというのは、
北アフリカ連隊よりレベルが高そうですね
761 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 15:06:36.72 ID:4YvRJrI+
菊水作戦は成功したといえますか?
762 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 15:17:40.33 ID:LtHb2upF
>>761
君の言う成功の条件って何?
というところからまず自分で考えましょう。
でも自説についてここで演説しないでいいです。
763 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 15:33:02.95 ID:qzZ9vz5X
目的=連合国軍の沖縄諸島方面への進攻の阻止、つまりできてないから成功なわけがない
764 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 15:34:36.24 ID:sW1taeFj
呉が地政学的に軍港に向いている理由を教えて下さい。
何故横須賀と並ぶ海自の中枢基地になれたのか一番の理由はなんですか?
765 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 15:45:35.20 ID:uM3LUTPZ
>>757
これですありがとうございます
766 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 16:36:48.71 ID:IvYGwzqr
近世スイス傭兵の長槍兵ってのはテルシオみたいに方陣を組んでいたんでしょうか?
それとも古代マケドニアのように前面のみ?
767 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 16:58:00.79 ID:LtHb2upF
>>764
内海にあって島嶼に囲まれていて敵が侵入しにくくて日本海側に出るにも太平洋側に出るにも都合のいい位置にあるという基地として最適の場所だからで、地政学とか持ち出すまでもない理由。
768 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 17:52:29.96 ID:ayCqetbm
>766
方陣。槍の穂先は基本前面(進行方法)、防御時には一面〜四面に向ける
Pike squareでググるが宜し
769 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 18:18:05.34 ID:J1mjc9yS
先日陸自の駐屯地から赤色燈を付けたジープと何か(暗くて見えなかったが給水タンク位の大きさ)を牽引したトラックが緊急車両であると叫びながら出動していました
そのときは不発弾が見つかったのかと思ったのですが出動したのは以前その駐屯地で見た不発弾作業用の車ではなかった上その後不発弾のニュースも聞きません
不発弾や災害以外で平時に自衛隊が緊急走行するのはどういう状況なんでしょうか
770 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 19:13:04.35 ID:41UbxVjC
>>769
それはまた別のものだと思うが、とりあえず自衛隊も救急車持ってるので
(あくまで自衛隊専用だけど)その自衛隊用救急車になら公道緊急走行用に
赤色灯とサイレンはついてる。
771 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 19:13:21.09 ID:flzZdnf5
>>764
>>767
さらになぜ山口や大都会岡山でないのかという理由は、広島に陸軍司令部があり、明治の戦時には広島大本営が置かれていたのもあるでしょう
772 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 20:08:38.31 ID:vkmbOIf2
>>771
地形的にみて、山口や岡山じゃ大艦隊を収容できるような泊地はないんだよ
広島湾は面積が広大なうえ、周囲を島嶼で囲まれて波も穏やかと、
日本有数の良好な泊地なわけ
773 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 20:58:11.46 ID:LtHb2upF
>>769
災害時の緊急出動訓練だったんじゃないの。
774 :
名無し三等兵
2016/11/26(土) 21:39:24.42 ID:oVP6veIU
>>769
給水車の派遣はたまにあるので、できれば駐屯地名を出してくれないか?
775 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 05:40:10.35 ID:eHE4tmIH
殆どの艦船が外洋に出るときは広島湾を回り込まないと出れないうえ
交通費が多く海の難所だらけの呉が最適だとは思えません
776 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 06:16:01.41 ID:bWrUwlHx
当時の基準では、そういう地形こそ海軍根拠地向きなのよ。
他の鎮守府もそういう地形にあるでしょ
777 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 06:16:55.31 ID:8oJekk1K
銃剣って剣と書きますけど
実際は槍に近いものなのでしょうか ?
それともやはり剣なのでしょうか ?
778 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 06:48:26.24 ID:roIpmNzw
初期のものはぶっとい針に近いよ
779 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 07:08:13.33 ID:C4Vlp2J9
>>777
銃剣が出た当初は778さんの言う通り槍タイプ
銃が単発で威力も弱いため、白兵戦や止めをさすために、槍タイプが至適だった

現在戦では銃剣はよほどのことがない限り使用されないため、ナイフ(剣)と槍を両方持ち歩くのは非合理的なため
ナイフが銃剣と兼ねられるようになっている
780 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 07:19:06.75 ID:FE0Efjuj
〜マスコミが報道しないニュース、警察が捜査しない犯罪〜


■PIAやサントロペなど大手パチンコ店の大当たりはすべて管理されたものです■

パチンコ、パチスロの大当たりは、すべて管理されてるので偶然の大当たりは1回も無いです。
コイン1枚、玉1個から完全に管理されています。
パチンコ店の幹部社員は打ち子とサクラの管理と出玉操作が仕事。
大当たりは、「割制御」による自動的な大当たりか、幹部社員が「割制御」の確率と出玉を変更させて強制的に大当たりさせたのしか無いです。
「割制御」を使えば「大ハマリ」、「大当たり」、「大当たりの単発」、「大当たりの連チャン」を自由自在にできます。
「割制御」の確率を変えれば、特定の台を20秒後に大当たりさせることができます。
社員は、打ち子には連チャンさせて勝たせて、打ち子ではない人には単発か最低の出玉にして大負けさせる。
打ち子がサクラになったり、サクラが打ち子になったりします(ある投稿漫画に「今、パチンコ店に客が7人ぐらいしかいないけど、あれ全員サクラなんだよね」って投稿がありました)。
パチンコ店のバイト店員や平社員たちにはもちろん秘密。

「割制御」とは↓
パチンコチェーンのSVやってるけど質問あるかな?
http://channelz.blog.fc2.com/blog-entry-3934.html


■PIAとサントロペの女性店員の皆様へ■

PIAとサントロペの女性店員は全員、うなじが見える髪型だけど、うなじが見える髪型をするように命令されてるの?
強制的にうなじを露出させるのは性的虐待、セクハラです。
うなじは性的な事を連想させる部分なので、これを強制的に露出するように命令してるPIAとサントロペは異常な会社だ。
低学歴の低脳が幹部にいて、仕切ってんだろうなと思う。
他の企業や公務員の女性労働者に、うなじを露出するように命令したり強要したら、性的虐待、セクハラで裁判になるってるよ。
モデルやタレントではない女性にうなじを露出させるなんて普通では考えられない事だからね。
PIAとサントロペで強制的にうなじを露出させられてる女店員は、やばい人たちの下で働いているって気がつこうね。
781 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 08:02:31.01 ID:ekWg75Ot
>>777
極初期、銃口に差し込むプラグ式の頃は両刃の短剣(当時のブロックダガー位)
銃口に差し込まず、銃身の下や横に取り付けるリング式やソケット式が登場した頃から断面が三角や円の長い針の様なタイプが多く用いられる様になりました
このタイプは spike bayonet と呼ばれています

先込めライフルが一部の兵科とは言え使用される様になると、それら先込めライフル用には剣タイプ(単体でも使用出来る正に銃に取り付ける事の出来る剣)が多く用いられました
このタイプは sword bayonet と呼ばれています

19世紀もナポレオン戦争が終わりミニーエー式ライフルが登場した頃には一般兵用にも剣形銃剣を採用する国が増えて来ました
着剣したままでの銃口からの装填を考慮し、片刃にした物、銃剣自体の形状を工夫した物なども登場しました

剣形銃剣はWW1以後は短くなり、ナイフを兼ねた様な物になりました
イギリス軍は20世紀になってもスパイク形に拘っていました
さすがに、長さは短くなっていますが
782 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 09:50:11.00 ID:8oJekk1K
>>778
>>779
>>781
ありがとうございます
時代とともに銃剣に求められる性能が
変わっていったのですね
783 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 10:10:47.75 ID:zt0vLaa9
機雷って地雷みたいなもっとお手軽な活用は出来ないんですか?
現代戦において、敵はホバーや水陸両用車で上陸してくる事が予想されますが
その対策として、沿岸部にミニサイズの機雷を大量散布すれば除去は困難で相当に効果的だと思うんですが
784 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 10:36:18.72 ID:RkyN13i2
除去が困難ってのはそのまんま自分側にも返ってくるのをお忘れなく
進攻側の話になるが日本の主要港湾や航路に感応機雷をばら撒いたアメリカ軍は占領後に自軍の舟艇が触雷して沈んだケースがある
785 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 10:40:41.01 ID:eHE4tmIH
戦争状態でやるかやられるかって時に、後処理のことまで気にしてたら何も出来ないと思います
786 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 10:42:13.60 ID:JeMgT9kF
このスレは「ぼくのかんがえたさいしょうせんじゅつ」を発表するスレではありません
787 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 10:46:52.03 ID:RkyN13i2
「後処理のことまで気にしてたら何も出来ないと思います」の結果が「自軍の舟艇が触雷して沈んだ」ですけど
これが民間船舶にまで及ぶんですよ

だいたい、「地雷みたいな」「もっとお手軽な活用」って認識の時点でアウトですわな
地雷も敷設箇所をちゃんと記録するのが筋、でなきゃ紛争地帯の地雷処理と同じ事が自国海域で発生するんですが
当然、発案者が責任持って全部除去するんですよね?
788 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 11:02:03.80 ID:R7/uRKg8
そもそも、上陸作戦阻止なら予想上陸地点の砂浜を地雷原にすりゃいいじゃん
地雷に限らずその手の上陸舟艇阻害は沿岸防御の基本だしなぁ
789 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 11:04:30.87 ID:Lh0vstT7
>>783
「水際地雷」で検索しよう。
790 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 11:07:10.01 ID:rQ9YAgL3
>>783
こういうものがあるよ。
94式水際地雷
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/9578/suisai.html
791 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 11:18:56.25 ID:vHg8vTiZ
水際地雷ってどうやって除去すんの?
水中だから砲撃や空爆による除去は非効率?
792 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 11:37:11.95 ID:Lh0vstT7
>>791
こういう車両で処理する
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
まあこんなの持ってたのはアメリカだけだが。

非効率的だけど砲撃とかでも排除はできるし、要するに「機雷」なんだから、
通常の掃海と同じ手法で処理できるよ。

なお自衛隊のもの始め、公式には「一定期間が来ると信管が死ぬから大丈夫」ということにはなっている。
793 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 12:18:41.57 ID:KKD/dWBx
じゃあその地雷を敷設した場所に現状中露が上陸する手段はないわけね
794 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 12:31:08.35 ID:K7YF+cG7
戦時でもないのに昔の「大西洋の壁」みたいに海岸を地雷だらけにするなんて、現実には不可能だが
795 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 12:43:55.23 ID:bFeQKSOI
幹部候補生になると、医者と看護婦のような関係で女自衛官喰い放題というわけでもないんですか?
796 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 12:47:48.06 ID:CzIfl6hC
>>793
普通、機雷処理の部隊は保有していると考えるのが普通だが。
797 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 12:51:51.14 ID:RsF8/K2Z
>>795
人数の比率が逆だろ
798 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 12:52:13.66 ID:C4Vlp2J9
>>795
実弾(お金)と広報能力(会話能力)が不足していて無理だね
799 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 12:55:44.86 ID:mpTarYqm
旅客機は燃費向上のために翼にウイングレットが付いていますが、軍用機には無いのが多いです。
戦闘攻撃機ならば、ミサイルなどをつける場所でウイングレットは邪魔になる、ステルス機ならステルス性を低下させてしまうとかあるので分かります。
また軍隊だから「作戦遂行>燃費」の思想があるのも分かりますが、
AWACSや空中給油機あたりならウイングレットが付いていても良い感じもします。
AWACSや空中給油機あたりは旅客機と機体のベースが同じで共通部分もあるでしょうし、それでもウイングレットをつけないのは何故ですか?
800 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 13:55:55.07 ID:0bOn8ABj
自衛隊通の書いた本では
セクハラ(階級というより年長者ゆえの)と
そのもみ消しにかけてはひどいということ書いてあったなあ
よくも悪くも組織を守るから被害者も守るがそれ以上に組織の体面を守ると

図書館で読んだからタイトル忘れたが割りと有名な著者のはず
801 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 14:13:47.12 ID:JY6UBgdL
>>799
ベースになった機体に付いてれば付いてるけど
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/エアバス_A330_MRTT

ちなみに翼端に燃料タンクやミサイルを搭載すると
翼端板と同様な効果が得られるとも
802 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 15:18:53.38 ID:gtv37pQi
>>783
イラク戦争でサダムが数百発の機雷を撒いた結果、海兵隊による上陸作戦が中止となった事例があり、アメリカのウィークポイントとして注目を浴びている。

浮遊機雷の散布は条約違反だし、そんな事をすれば指摘の通り自分の首だって締めるが、圧倒的な兵力差がある時に、言わば非対象戦としてなら現代でも効果的だ。
また現代では、アンホ火薬などをボートや廃船、冷蔵庫やブイ、ドラム缶に詰めた海のIEDなども使われ始めており、遅滞戦や海上封鎖を安価に出来るようになった。

これらは、LCSが掃海能力を求められた理由でもある。
803 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 17:04:33.29 ID:tXtMCM0/
>>783
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1477290731/956

昨日の呉云々も過去ログにあった気がするんだがなぁ
804 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 19:53:44.82 ID:W5iQnEGj
海自の基地って船底に爆弾を仕掛けようと夜間にダイバーが水中に潜って接近してきたら確実に防げるんですか?
805 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 20:00:16.21 ID:/3pHaYRZ
正直不可能
但しそれは米海軍でもほぼ不可能
806 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 20:08:53.92 ID:XHDamMXF
対ダイバーソナーなどがあるので本気で防御すれば
確実とまでは言えないが(どんなことにも確実などない)
かなりの確率で防御できる

ただし設備と運用でエラい費用がかかるので
どこまでやるか、できるかは状況次第
807 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 20:10:45.61 ID:XHDamMXF
極論するとアクティブソナー打ちっ放しにしてればダイバーは生きて接近できない
魚も浮きまくって顰蹙買うだろうし下手するとソナーも反射波で壊れそうだが
808 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 20:25:23.90 ID:jIMRlmxE
テロなんだからいつ来るか分かんないんだし
ダメダメじゃん
809 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 20:39:39.94 ID:fMx59sRM
>>799
ウイングレットは翼端の誘導抵抗を低減して燃費向上を狙っただが
エアライナーのような一定の行動と航路を取るような場合には有効だから軍用機でも輸送機などは装着してるものが多いが
その他の機体は作戦高度がミッションによりマチマチなので必ずしも有効とはならないからだよ。
810 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 20:47:48.51 ID:K7YF+cG7
沿岸警備隊の対ダイバー戦術として、ダイナマイト漁みたいに手榴弾を水中に投げ込むものがある
811 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 20:59:20.63 ID:otacK62c
>>808
「何かが起きる」事は基本的には防げない。
なので、その防げない事を認めた上で、
「何かが起きたらどうするか」の方を充実させるしか無い。

なお、防げない事を認めず「何も起きないから大丈夫!」という事にしてしまうと、
いざという時にロクな事にならない代表例が東日本大震災でのアレコレ(原発以外も)。
812 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 21:18:26.99 ID:rQ9YAgL3
>>808
そういう危険度の高いところだと防潜網張った上にオイルフェンス張ってるよ。
813 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 21:31:26.87 ID:SbWcANE4
横須賀はソナーで監視してなかったっけ
814 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 21:36:59.00 ID:oEGKwMUl
最近でいうとグルジア海軍とかそれで壊滅したな
815 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 22:05:02.56 ID:0bOn8ABj
軍人は基本リアリストだから(これは半島人ですら)問題を認識できればその対処はそこそこ大丈夫
問題は軍事官僚に牛耳られた組織の場合や
816 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 22:06:38.81 ID:Lh0vstT7
>>815
君それ大日本帝国軍人に言えるの? ってな気はするが……。

まあ
>問題を認識さえできれば
の部分だよな、問題は。
817 :
名無し三等兵
2016/11/27(日) 23:02:07.22 ID:otacK62c
>>816
問題がある事がバレると糾弾されて困るというケースもあるから、問題を認識するだけじゃなく
共有もできてないとアカンのよ。
でないと結果的に隠蔽してるのと同じ事になっちゃう。
その場しのぎが必要な場合は意図的な隠蔽も有効っちゃ有効ではあるが。
818 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 01:21:29.22 ID:fk3Q8so+
潜航中のSSBNは大統領が核のボタンを押したときの信号はどうやって受信するのですか?


また、大統領とSSBNの間の連絡網(システム)が先制攻撃を受けたとき、その連絡網が何重にもバックアップがあり、容易には破壊されないのでしょうか?
819 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 02:04:06.64 ID:Fyx29iHX
第1次世界大戦末期に「対戦車ライフル」というものが登場するまでは、普通の歩兵用小銃や
重機関銃の徹甲弾で戦車を攻撃していたそうですが、それらの7.62mm〜7.7mm〜7.92mm
といった小銃弾用徹甲弾は、どの程度の対装甲貫通力があったものなのでしょうか?

また、スウェーデンは1940年代になっても歩兵用小銃に小銃用の徹甲弾を使って「対戦車ライフル」と
していたそうですが、その弾薬はボフォース製で8x62mm小銃弾を使用していたそうです。
この弾の対装甲貫通力は、「対戦車ライフル」として通用するほどあったものなのでしょうか?
820 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 02:09:15.45 ID:2Un+f2kK
>>818
「クリムゾン・タイド」て映画見たことない?
超長波(VLF)や極超長波(ELF)という波長が極端に長い(数十km〜100km以上)の電波は海中も伝わるのでこれで地上の送信所から潜航中の潜水艦に通信文を送ることができる。
ただし潜水艦からは送信できないし通信速度が非常に遅いのでごく短い文章か符牒で指示命令が送られてくる。

この他にもごく短い時間セイルの通信アンテナだけを海上に出したり、アンテナ付き有線ブイだけを海上に浮かべるといった手段で通信を行ったり傍受したりすることもできる。
821 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 02:20:54.06 ID:2Un+f2kK
>>818
https://ja.wikipedia.org/wiki/E-6_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
米軍の場合地上の超長波通信局が破壊されても潜水艦への通信や管制が行われるように、通信装置を搭載したTACAMO(Take Charge And Move Out)と呼ばれる航空機を持っている。
822 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 02:39:07.74 ID:UMcGUHww
>>819
装甲貫徹力については他の識者に譲るが、1940年代でも通用したかどうかについては相手によりけり。
日本軍の95式軽戦車みたいに7.7mm重機関銃で側面をプスプス抜かれちゃうような「戦車」だってあったし。
823 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 05:52:23.15 ID:w3IMC0fP
>>799
ウィングレットの効果は翼端を延長してアスペクトレシオを上げたのと
同じと言われてるが、軍基地は空港みたいに翼幅に制限がある訳じゃ
ないんで、軍用機なら素直に翼端を延長しろって事かと

そもそもウィングレットの効果なんて路線が変わった機体や購入した
中古機からワザワザ費用を掛けてウィングレットを外す航空会社が
ある位、飛び方で変わっちゃうんで、様々な運用形態が求められ常に
同じ航路を飛ぶ訳じゃない軍用機で旅客機と同じ効果があるか疑問
(つか同じ航路を飛ばんでどうやって効果を算定するのかと…)

ウィングレットに関しての記述は翼端渦を小さくして誘導抵抗を減らす
ので燃料消費ガーばっかりで、何かモノを付ければ重量も空気抵抗も
増すし翼の強度マージンを削る事になるのに、それに付いてはあまり
言及していない気がする

AWACSや給油機に関しては付けた方がいい場合もあるかもだが
航空会社でさえも付けたり付けなかったりするんで結局はシミュの
結果次第で絶対に必要って程じゃない
実際、ボ社の予想図では付いてたKC-46の実機には付いてないし
E-3やC-135系は古過ぎてウィングレットの設計に手間が掛かるし
強度マージンもどうなってるかワカランので今更ボ社もやらないでしょ
824 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 06:12:30.44 ID:BTd2PVy5
サイバー攻撃は、軍板であつかわれますか? どこが適していますか?
825 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 06:23:15.21 ID:yO5O+nJj
ソ連潜水艦による近距離核攻撃で大統領他政府中枢部がやられたら誰が指揮を取るの?
826 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 06:30:43.91 ID:+S3EqKCk
第一次世界大戦から第二次世界大戦におけるアメリカ海軍の装備について質問です当時の海軍は拳銃を携帯することはあったのでしょうか?また携帯することがあった場合どのような拳銃を使用していたのでしょうか?
アメリカ陸軍の装備については情報が沢山出てくるのですが海軍についてはあまり上手く調べられなかったので質問させていただきました
827 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 06:33:59.51 ID:PKV19SXu
>>825
ソ連の潜水艦はすでに存在しません。
828 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 07:30:38.99 ID:Lh3mev3a
>>819
米軍ハーフトラックの6.35mm表面硬化装甲板は200ヤード(183m)、7.9mmの均質圧延鋼板は300ヤード(274m)以上離れないと、ドイツの7.92mm徹甲弾に抜かれる
米軍やソ連軍の7.62mm、日本軍や英軍の7.7mmはそれよりも威力は低いがより近づけば抜け、6.5mmはずっと劣る
829 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 07:47:21.80 ID:rUn+Y0Me
>799
ボーイング社の機体の場合、
給油機:主翼のフラッター,操縦/安定性対策。給油ポッドとの相互作用で、悪さをする事がある(KC-767)
AWACSなど:レーダー波を阻害する(B-737AEW)
ので、あえて付けてない。
830 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 08:20:14.18 ID:7BK21w2w
>>823
古から今更って言うのは多少違うんじゃないかな?
727なんかでもウイングレットを付けてる物もあるしそう言うのは製造メーカー以外がキットを開発してる。
要は取り付けてメリットがないあるいは弊害があるからって事だよね。
831 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 08:53:22.69 ID:llRGExTo
>>825
「ソ連」はともかく、designated survivorルールに従います。
http://en.wikipedia.org/wiki/Designated_survivor
832 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 09:09:40.94 ID:I3SIFlZ6
>>823
> ウィングレットに関しての記述は翼端渦を小さくして誘導抵抗を減らす
> ので燃料消費ガーばっかりで、何かモノを付ければ重量も空気抵抗も
> 増すし翼の強度マージンを削る事になるのに、それに付いてはあまり
> 言及していない気がする

気がするだけです
もしくは、あなたがその程度のものしか読んでないか
833 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 09:55:18.59 ID:fRHYhj5/
>>825
具体的にはこれ >大統領有事の際の指揮権
http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_presidential_line_of_succession#Current_order
834 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 10:42:01.89 ID:px9Fn3Aj
>>832
と、否定を述べるにあたり、その論拠や理由を一切示さない片手落ちな書き込みされても、誰も得しないな。
835 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 12:14:27.58 ID:UMcGUHww
>>834
そうやってレス乞食に反論しちゃう事自体が、相手にとっちゃ得なのよ。
また同じように内容の無い反論を喜んでしてくるぞ?
836 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 13:19:45.76 ID:px9Fn3Aj
>>835
たとえばの話。
俺がそのレス乞食だったら、お前も俺にレスしたために叩かれる訳だ。
そしてそのうちデタラメな回答にも乞食だからレスをするなと言い出す輩が出て、スレが無意味化するんだな。

俺には触るな見るなと頑張って、乞食に住処を与えてるようにしか見えないな。
ま、お前はそれで頑張れよ。
837 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 13:34:39.30 ID:p7BQ/RCe
戦略爆撃、特にドイツ本土爆撃で「濃密な迎撃に恐れをなして目標到達前に適当な場所に爆弾を投棄して逃げ帰ってきた」という話がありますが
そういうのは現場で「単なる誤爆」として失態を有耶無耶にしたのか、上にバレて軍法会議沙汰になったのか
どちらの場合が多かったのでしょうか?
また、バレた場合の罰はどれくらい重かったのでしょうか?
陸戦における敵前逃亡ほどには重罪にならないと思いますが
838 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 13:38:22.55 ID:zzG5qeZ0
設計者が何も考えてないわけがないのでトレードオフがあって、
その結果が路線によってすらついてたりついてなかったりなんだ、
という根拠を示さずに「誰もいわねーのな(フフン」とか言い出すからかと
839 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 13:54:20.16 ID:KRgGi+fu
今回派兵された自衛隊員にジュネーヴ条約は適用されないのでしょうか?
自衛隊は国際法上は軍隊なので、捕虜になってもジュネーヴ条約が適用されると思っていたのですが

>>4老眼かよ



集団的自衛権の行使や他国軍への後方支援を可能にする安全保障関連法が成立して1年。政府は自衛隊による新任務の訓練を始めるなど運用に動き出しているが、ここに来て、自衛隊員が海外で捕まったときのリスクについて、専門家が強い懸念を表明し始めた。
現行法では、隊員は国際法で認められている捕虜の取り扱いを受けられない可能性があるからだ。憲法解釈と現実の自衛隊の運用の新たな矛盾があらわになった。

 問題となるのは、自衛隊による後方支援活動だ。対立する軍や武装勢力から自衛隊が攻撃され、隊員が捕まったらどうなるのか。

 国際法は、兵士が残虐な行為を受けることを防ぐため、「捕虜」として人道的な扱いを保証するルールを定めている。ジュネーブ条約=キーワード=という取り決めだ。

 ところが、政府は、自衛隊員が捕らわれてもこの条約上の「捕虜」には当たらないという立場をとる。
これは昨年の国会審議で、民主党(当時)の指摘で明らかになった。辻元清美衆院議員の「捕虜の扱いを受けるのか」との追及に、岸田文雄外相は「日本は紛争当事国となることはなく、ジュネーブ条約上の捕虜になることはない」「こうした拘束は認めない。ただちに解放を求める」と述べた(2015年7月15日衆院特別委)。
だが、これでは、捕まった隊員が敵側の法で一方的に処罰されることになりかねない。

 国際法の細部に関わるだけに、すぐには大きな議論にならなかったが、次第に国際法学者から疑問の声が上がるようになった。

 真山全・大阪大教授は、「後方支援は、それが武力行使にあたらなくても、攻撃目標になる。
相手が隊員を攻撃したり、捕まえたりしたら、日本はジュネーブ条約の当事国となる。捕虜資格の否定は、敵による自衛官処罰の可能性を大きくする」と批判的だ。

 イラク復興支援で空輸部隊を指揮した元空将の織田邦男・東洋学園大講師は、「政府が自衛官を見捨てることになりかねない。隊員の士気に関わる」と語る。

 そもそも国会の議論は論点がずらされ、相互にかみ合っていない。
森肇志・東京大教授は、「野党は自衛隊員が捕虜になるかを聞いているのに、政府は後方支援が武力行使に当たるかどうかで答えている。与野党が共通の土俵に立っていない」と指摘する。

 政府は、後方支援は武力行使に当たらないという前提で、自衛隊参加の道を開いた。
「捕虜」を認めれば武力行使だと認めることになり、憲法違反になる。ガラス細工のような解釈を象徴していた。

 岩本誠吾・京都産業大教授は、「自衛隊の海外活動が増えれば、国際法と国内法の矛盾が顕在化する恐れがある。日本の法体系を国際基準に沿って修正すべきだ」と言う。

 一方、憲法に重きを置くならば、結論は逆だ。昨年の国会審議で、辻元議員が指摘したように、「さまざまな人が憲法違反と言っているのは、兵站(へいたん)
(後方支援)は戦争の一環であるというルールを全部すっ飛ばしている。これは通用しません」ということになる。

 安保法は、重大な問題を放置したままだ。
840 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 13:54:53.12 ID:KRgGi+fu
>>839
ニュー速に貼られていたものです
841 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 13:58:24.94 ID:PKV19SXu
>>840
法解釈は回答対象外。
法学板がありますのでそちらでどうぞ。
842 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 13:58:46.71 ID:Lh3mev3a
>>837
まずその話の出典を求む
戦略爆撃機であれば、編隊を組んだまま先導機に合わせて一斉に爆弾投下し、そのまま帰ってくる(単独で逃げたら迎撃機の良いカモ)わけで、先導機が適当に投下したということになる
843 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 14:25:15.84 ID:Yv7zpJMT
戦略爆撃で目標に落とせなかったからと言って罰則はない
評価は良くないだろうが
ベルリン最初の空襲はフランス海軍機が1機で夜間爆撃を敢行した物だが
この時はそもそも全く狙ってないで単に象徴的にベルリンに爆弾をばら撒いただけだ
爆弾が尽きたら機長は靴もベルリンに向けて放り投げた
発端がこんなのなんだから厳密さが無いのも無理はないな
844 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 14:30:44.83 ID:4T0ZKNwx
適切板やスレを見つけられず、こちらで失礼致します。
誘導をお願いします。

父の兄が戦時中に、中国の南京の病院で戦病死したらしいです。
陸軍病院だと思うのですが、病院跡がどこにあるのか知りたいのですが。
検索しても二つあった位しかわからず。
一般人が訪れるにはむずかしい?地なのか、ブログなどで跡の写真も
全くありません。
845 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 14:31:36.18 ID:Fyx29iHX
>>837
既に出ている回答とは違って、1機だけ勝手に目標地点とぜんぜん違うところに勝手に投弾したら
当然後で処罰される。
敵前逃亡ほどではないにしてもかなりの重罪になるが、実際は軍法会議とかの前に
「ということで君の機にはローテーションから外れて次回すぐに出撃してもらう」
ということになるので、それで生還できても何のメリットもない。

部隊全機で口裏合わせればバレないかもしれんけど、そうだとしても戦果確認で
「全く当たってない。ということでまた出撃しろ」
ということになるので、やっぱり何もメリットはない。
846 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 14:33:33.17 ID:/hBVTxeb
出展もなんも明らかではないアホ質問に
いい加減な回答w
847 :
819
2016/11/28(月) 14:36:10.32 ID:Fyx29iHX
>>822,828
回答ありがとうございます。

7.92mm徹甲弾でも装甲車相手ならそこそこ効果はあったということになるのでしょうか。
180mで6mm程度の装甲貫通力はあった、というところですね。

引き続きボフォース8x62mm小銃弾徹甲弾のデータを教えていただける方がいらっしゃいましたら
よろしくお願いします。

だいたい同じくらいでしょうか……?
848 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 14:46:07.11 ID:XhSk+BdX
メンフィス・ベルの映画の「爆撃目標が見えないから適当に落として帰ろう」の話を現実と混同してないか?
少なくとも史実では、何らかのトラブルで引き返すときに帰投前に爆弾を投棄していくことはほぼ必須だったし
日本本土空襲でもB-29が余った爆弾を田舎町に落としていくことがあった
が、「迎撃が怖いから」適当に爆弾を落として逃げ帰ったという話は聞いたことが無い
記録されない部分ではそういう事例があったかもしれないが、少なくとも記録上は残っていないだろう
849 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 14:48:28.73 ID:2w3vxyLl
>>830
件の727のウィングレットは翼への長期的な負担について未考慮だった為
後にボ社が寿命を保証しない事にしたので航空会社はどこも取り外した筈
(翼への過大な負荷やフラッターの有無の検証はしたのでFAAの認証STCは
 受けられたが強度に関しては設計的な検証をしていない)
個人所有機は飛行頻度が違うので費用を掛けてまで外してない様だが…

727のウィングレットの件は25年前の話なのでボ社が当時検討する分には
問題はなかったと思うが、今や設計は全て3DCADで当時の設計者も居ない
風洞モデルも廃棄されてるだろうし、マイクロフィルムの2D図から3D図を
新たに起こしてFEMやCFDのシムを動かすとか手間が掛かって仕方がない
古い設計の方が強度マージンも大きいだろうし、空力的な改善も見込め
そうだが時間の経過がそれを許さない
実はAWACASと給油機に関しては1980年頃に軍の予算でボ社とNASAが
設計から試験飛行までやってるので今更設計する必要はなかったわw
850 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 15:08:29.55 ID:UMcGUHww
>>848
そもそも「迎撃が怖いので適当に落として帰りました!」と馬鹿正直に申告しない限りは公式記録に残らんものな…
851 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 15:26:10.26 ID:fRHYhj5/
>>847
直接の回答にならずに申し訳ないのですが(手元にJane'sがない)

同時代スウェーデンの徹甲弾、6.5x55 APは
http://www.amkat.se/index.php?Env=Ammo&Menu_A=30&Menu_B=60&Menu_C=50&Menu_Value_A=6,5x55&Menu_Value_B=Armour%20piercing&Menu_Name=AP

上記サイトにあるとおり、100mで硬い鉄鋼なら16mm、柔らかければ28mm、300mでもそれぞれ8mm、22mmを抜き、
より強力なはずの8x63より貫徹力は強かったとあります。

その理由は、これもサイトにあるとおり、弾速が8x63mmに優り、コアの形状も徹甲に適していたから、となっています。
貫通力が単純に口径に比例するわけでもないこともお解りと思います(原則は大口径有利ですが)。
852 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 15:40:01.94 ID:tt6Ifr1f
Wikipedia情報だとCH-47のがAH-64Dより高価って書いてあるのですが
戦闘ヘリってそんなに安価でしたっけ?
853 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 16:43:44.91 ID:SmvACKgU
>>852
生産数とかによるからなんとも
開発費(またはライセンス料)+製造ライン等の設備費を生産数で割ったものが材料費と利益に追加されるから
854 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 16:46:30.80 ID:fRHYhj5/
>>852
このサイトでは(私は信用してます)
http://www.bga-aeroweb.com/Defense/CH-47-Chinook.html
CH-47F の新造価格は $29.81 million

AH-64E Block IIIB の新造価格は $35.50 million
http://www.bga-aeroweb.com/Defense/AH-64-Apache-Longbow.html
以前のタイプからの改造(remanufactured AH-64E Block IIIA)価格は $24.77 million

改造価格との混同があるのでは?
855 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 16:52:25.44 ID:fRHYhj5/
CH-47Fは確かに戦闘ヘリではありませんが、上記サイトを見ればわかるとおり、
機体もエンジンも格段にでかい上に高度な航法装置や自己防衛装置を搭載しており
安くはなりません。
856 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 17:31:08.70 ID:tt6Ifr1f
>>853
>>854
>>855
有難うございました。
857 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 17:53:46.70 ID:fRHYhj5/
>>856
ちなみに固定翼旅客機なども(乱暴な比較ですが)高価であり
http://ainet.bent.jp/aviation/civil_price.html

軍用機(あるいは戦闘機)=高価とは限らないです。
858 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 18:02:11.68 ID:yGxZSm0A
陸自のAH-64Dの最終的な調達価格一機あたり52億円
CH-47JAの場合調達継続中だけど一機あたり79億とも言われる

CH-47JAといっても実質CH-47F相当にアップグレードされていて
エンジンも川重によるチューニングバージョンとなっている

なんにしてもCH-47DのころはAH-64Dより安く調達してたのが逆転してるのは事実
859 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 18:19:39.98 ID:2Un+f2kK
>>844
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/61/gunreki26.html
当事者から三親等以内であれば本籍地の都道府県丁の「社会援護課(遺族・戦傷者援護や生活保護を担当している部署)」で軍歴資料を請求閲覧できる。
これで死亡した病院の名前がわかればそこから探すことができるかもしれない。
860 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 19:24:50.66 ID:2Un+f2kK
>>847
https://en.wikipedia.org/wiki/8%C3%9763mm_patron_m/32
ググってもボフォースの小銃弾薬は8X63mmというのしか出てこないけど62mmというのは何がソースなの?
これの150gr弾は初速が930m/sあるからかなりの威力はありそうだけど。
861 :
847
2016/11/28(月) 19:48:07.77 ID:Fyx29iHX
>>851
再度のレスありがとうございます。

そういえばスウェーデンの小銃弾って6.5mmなのでしたね……。
だととすれば、7.92mmや8mm小銃弾の徹甲弾なら、「大口径の」対戦車銃弾、
ということになったのですね……。
結果的に無意味だったみたいですけど。

>>860
情報源(正確に言うなら情報源のソース元ですが)はこのサイトなのですが
http://www.gotavapen.se/gota/artiklar/rifles_se/gev39_40.htm
今あらためて見直したら、本文はともかく画像には8x63mmとありますね……。

誤記だった、ということなんでしょうか。
862 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:00:24.78 ID:9YD7k7VE
現代の戦争とは自衛(ここでは相手に先に攻撃されたから反撃を行う)という大義名分が立たなければ出来ないのでしょうか?

イラクのクウェート侵攻も、イラクが攻撃を受けたからクウェートを攻めた、というものではありませんでしたよね?
863 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:04:35.97 ID:PKV19SXu
>>862
国連憲章を守る気がなければ自由に侵略戦争できますよ。
864 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:04:40.89 ID:A3AH3bEh
>>775
陸だろうが海だろうが、スンナリ行き来しづらくて、しかし味方にとっては有利になる経路をとらせる、
海なら味方にとって有利になる航路をとらざるを得ないようにする、というのは単なる基本常識じゃない。

> 海の難所だらけ

機雷を仕掛けるのに、狭い範囲を通るしかないという難所が多い海域のほうが都合が良いに決まってる。
暗礁の位置を熟知している海域に故意におびき寄せて、知らない敵が座礁して勝手に沈んでくれるようにする戦法もある。
陸上に地雷を仕掛けるというのも、人工的な難所を設置するのと同じこと。
865 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:07:11.50 ID:UzeHQpEr
>>861
日本の九二式重機も歩兵用小銃弾が6.5mm弾だったときに特甲弾を使って代用対戦車砲として戦う任務があった
30年代以降の戦車の急速な発達に対して7.7mm弾はほぼ無意味となったけど太平洋戦線では
LVTやM3ハーフトラックの撃破に成功してる
866 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:07:56.26 ID:tzzCOSWq
M3ハーフトラックなどの半装軌車両の利点は何ですか
どう見ても中途半端にしか見えません
867 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:07:59.11 ID:muxWLRgU
>>862
アフガンもイラクもウクライナも攻撃を受けてない米国や第三国の軍隊や礼儀正しい人達がよその国で戦争やっていたと思うが。

何か大事な部分を省略してないか?
868 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:08:50.36 ID:Fyx29iHX
>>862
というか国際連合発足以前、国際連盟の時点で「自衛行為ではない戦争は国際的違法行為」って
規定されているので、なんであれその名目を立てなければ自動的に「国際社会の敵」になってしまう。

もちろん現実は……ということだけども。
869 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:12:46.19 ID:A3AH3bEh
>>783
完全除去が困難なほど対人地雷を埋めまくったせいで後遺症に悩んでる国もあるよね。

そういう国では、母親が子供に、対人地雷に引っかからないように徹底して躾けるんだそうだ。
何ということもなくて、日本の場合に自動車に気をつけるように徹底して躾けるのと同じではある。

>>785
報復を恐れて核兵器、毒ガス等を使わないとか、「後」のことまで気にするのはむしろあたりまえ。
「気にしてたら何も出来ない」なんて事実は存在しない。
870 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:12:58.34 ID:tDKr9eoE
ステルス戦車って意味あんの?
歩兵や敵戦車に対して正面から戦うのが戦車なんだからステルスなんて大して効果ないと思うんですが
寧ろ対空ミサイル車両や自走砲、ロケット車両のほうがステルス性は重要だと思うんですが
871 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:27:43.02 ID:PKV19SXu
>>870
先制して1発、相手の側面に主砲弾打ち込める権利はありがたいと思うが。
872 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 20:58:28.28 ID:Lh3mev3a
>>866
全装軌の装甲車より低価格で、数が揃えやすい「戦場タクシー」

>>870
そもそも戦車同士が敵を発見する手段は、レーダーではなく目視
ステルスは空対地レーダーから探知され難くするための物では無いのか?
873 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 21:06:15.79 ID:Fyx29iHX
>>872
ステルス戦車ってのはこういうのね
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚

>>870
開発元によれば、ミリ波レーダーの電波と赤外線探知を減少させることを目的としているそうだ。
874 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 21:10:29.71 ID:jjdwmegt
>>866 戦争、それも国家総力戦は数だよ。
まともな全装軌を一から開発だと左右操向をつくるのが大変(簡単に作るとこんどは操作が大変)だが、半装軌なら既存車両の前半部を流用すれば、手っ取り早く数が揃う。
実際、ドイツのオペル・マウルティアにせよアメリカのM3ハーフトラックにせよ、既存車両を応用して手早くまとめている。
(Sdkfz250シリーズ初期型の複雑な面構成は、例によってドイツ式の本質をどっかにうっちゃった悪い凝り性が炸裂しただけなので無視無視…(日本のホハ車からはもう思い切り目をそらしつつ…))
ソヴィエトも戦前に試作はしたものの、あの国の泥濘期だと中途半端なのには本当に意味が無いんですっぱり諦めてる。もらいもんはありがたく使うけど。

実際中途半端な存在なんで、アメリカでもM3系列大量産以降の進展はない(戦後に全装軌式APCで置き換え)し、ドイツでは既存軽車両ベースでRSOなんて簡易車両(速度がなさ過ぎて装甲化は無理)を作ってるし、ソ連は戦中諦めて戦後にBTR-50だし。
第二次大戦後にまとまった数で開発・新規採用されたハーフトラックは、ナチの置き土産を置き換えたチェコのOT-810以外にはなかったと思うが、これも早々に全装軌式のOT-62に置き換えられている。
http://shachonokobeya.blog71.fc2.com/blog-entry-200.html
875 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 21:35:32.51 ID:5BXw0r85
>>826
アメリカ軍は1911年から1985年までM1911を制式採用してたから海軍も拳銃を装備する際はM1911を装備してたよ1926年に少し改良を加えてM1911A1という拳銃を使用してたから年代によってはM1911A1を使っていたかもしれないけど
876 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 21:56:01.79 ID:llRGExTo
>>861
Boforsのその弾薬は8x63mmなので62が誤記ですね。

で帰宅してJane'sの弾薬年鑑見ても8x63は収載されておらず
弾薬マニアのA.G.Williamsの小火器弾薬一覧にも見当たらず
8x63mmAPの貫通力は難題ですわ
877 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 22:01:05.48 ID:llRGExTo
>>870-872
戦車は経空脅威に弱いのでミリ波レーダーステルスはいろいろ有り難い
また広義のステルスは赤外、音響も含むわけなので誘導砲弾や歩兵の監視手段に対する防御にもなる
戦車対戦車であっても敵のIRセンサー能力を落とすのは有意義

紛争地で存在を誇示するための戦車と、高脅威下で命のやりとりする戦車を
同じ基準で評価してはいけない
878 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 22:02:16.33 ID:llRGExTo
さらに言えば、どちらもできるのが戦車の価値
879 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 22:34:18.99 ID:GXs8xNpl
>>870
陸軍同士ならそうかも知れないが、航空攻撃の発達した現代では、攻撃機のレーダーを欺瞞したり、ジョイントスターなどの対地管制システムを避けるのは大いに意味がある。
880 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 22:40:47.28 ID:mN8m/M1d
オートマチックの拳銃はコック&ロックでハンマーを倒したら、ダブルアクションのはそのまま撃てるけども、シングルアクションはハンマーを起こして撃たないといけないんですか?
881 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 22:57:04.69 ID:Z9R9OfAa
そもSAオート拳銃でデコッキングする奴ってあったっけ・・・
てえか「コック&ロック」の意味が違くない?
882 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 22:59:05.38 ID:llRGExTo
>>880
そうとは限らないので問題になります
http://www.usacarry.com/carrying-cocked-locked/

Condition 1

「Seeing someone carrying a single-action semi-automatic pistol in Condition 1 CL
with the hammer back makes some people nervous.」

「Condition 1 ? (Also known as “Cocked and Locked”)-
Round in the chamber; hammer cocked; thumb safety is ON; full magazine in gun.」
883 :
system ◆system65t.
2016/11/28(月) 23:06:52.18 ID:llRGExTo
>>881
うん。

>>880 はハーフコックのことを言ってるぽい
884 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 23:11:11.25 ID:Fyx29iHX
>>876
重ね重ねありがとうございました。
885 :
名無し三等兵
2016/11/28(月) 23:44:26.15 ID:kIkDU9d8
米軍ってセロックスみたいな止血剤今でも使ってるの?
ウンドスタットが問題になってたらしいけど、粒子と粉末で違いはあるのかな?
886 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 05:31:42.57 ID:HA9AoyVK
戦国時代はホモくさいエピソードが多々ありますが
太平洋戦争時はホモくさい話はないですか?
887 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 07:24:44.18 ID:7/LtLort
朝立ちでもしたのか?
ここはネタ質問には答えないよ
888 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 09:14:56.67 ID:XUW8/JFj
>>886
誘導
●笑心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を 31.6 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1478735157/
889 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 10:23:09.80 ID:DZdwKnFx
さすがに知ってる人はいなさそうやな…
どこで聞けばよろし?
890 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 10:53:53.40 ID:XkfJYIZ/
>>885
Combat Gauzeが基本かと。
http://quikclot.com/Military
891 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 10:54:47.11 ID:XkfJYIZ/
でも最近なんか新型が出るか出たかというニュースを見た憶えが
892 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 11:13:33.84 ID:Y8ONSuaG
なぜ一度のレスにまとめられないのか
893 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 11:25:50.22 ID:wecoboMw
こんなとこ自分の庭だから好き放題気軽にレスしていいと思ってる
コテハンによくある思い上がりだな
894 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 11:31:48.57 ID:XkfJYIZ/
>>892
言い訳がましくて申し訳ありませんが(言い訳だが

診察の合間に書き込む

次の診察の合間に「あ」と思い出す〜思いつく〜調べる

次の診察の合間に書き込む

のパターンに陥りがちなので。

まとめて考えて書けば良いようなものだけど、
診察の合間ではじっくり考える〜調べるヒマがなく
休み時間まで待つと完全に忘れてる。休み時間けっこう忙しいし
ただ細切れの「診察の合間」はけっこうある(医者あるある
895 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 11:35:30.38 ID:jSMy+EdT
自分語りはもっといらない
896 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 12:24:02.80 ID:DF0wPGZn
システムって医者なの?
何で医者なのに頭の悪い頓珍漢な回答ばかりするの?
897 :
844
2016/11/29(火) 12:30:43.10 ID:xaoTLo5c
>>859
レスありがとうございます。御礼が遅くなり、申し訳ないです。

父が消極的というか、高齢で認知症ではないのですが、
もう考えることが面倒というか。
もちろん父が南京を訪れることは不可能ですので、いつか私が
訪れたいです。
898 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 13:23:17.69 ID:Y8ONSuaG
>>894
誰もそんなこと聞いてないから
連レスして無駄に消費だけしなけりゃいい
お前の事情なんて誰一聞いてないし求めてない、わかった?
899 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 14:15:03.90 ID:myO/kuIp
>>890
なるほど、もう昔の装備なのね
今は使われてないのか
900 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 14:27:19.78 ID:HY6yDAyk
日本人がキャンプで飯盒焼いたりするのは軍事的な起源を感じますが
欧米の人も昔は(今も)そういうのやってたのですか?
901 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 15:12:59.51 ID:nUNC6DbG
スープやコーヒーなどをよそる物なんだから火で温めたりはする
炊飯は日本が後から付けた機能
902 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 15:19:35.64 ID:3M4jeiNS
>>900
>>900
>>362-363
上にあるように飯盒は本来は配給された糧食を携行するための容器兼食器。
欧米の軍隊では調理に使うにしてもスープを温め直すとか卵やベーコンをフライパンにも使える取っ手付きの蓋で焼くくらい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E7%9B%92
炊飯に使うのは旧軍独特でそのため日本の飯盒はサイズがかなり大きい。
903 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 15:51:11.23 ID:XkfJYIZ/
>>900-902
グラルシュうまそう
http://joyoffieldrations.blogspot.jp/2012/12/makeshift-cooking-german-army-ww2.html

1人分でも調理できるが薪などを節約するため
ドイツ軍では5人分以上を同時に調理するよう指導していた
904 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 17:35:34.51 ID:+WyKZtVd
>>881 882

ありがとう
SAオートってコック&ロックはできないんですね
可能なのはハーフコック
905 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 17:51:52.79 ID:STzMeEY9
>900 : 名無し三等兵2016/11/29(火) 14:27:19.78 ID:HY6yDAyk
>日本人がキャンプで飯盒焼いたりするのは軍事的な起源を感じますが
>欧米の人も昔は(今も)そういうのやってたのですか?

>901 : 名無し三等兵2016/11/29(火) 15:12:59.51 ID:nUNC6DbG
>スープやコーヒーなどをよそる物なんだから火で温めたりはする
>炊飯は日本が後から付けた機能

>902 : 名無し三等兵2016/11/29(火) 15:19:35.64 ID:3M4jeiNS
>900
>900
>362-363
>上にあるように飯盒は本来は配給された糧食を携行するための容器兼食器。
>欧米の軍隊では調理に使うにしてもスープを温め直すとか卵やベーコンをフライパ
>ンにも使える取っ手付きの蓋で焼くくらい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E7%9B%92
>炊飯に使うのは旧軍独特でそのため日本の飯盒はサイズがかなり大きい。

「飯盒焼いたりするのは軍事的な起源を感じますが 欧米の人も昔は」「そういうのやってたのです」!
「炊飯は日本」の前か「ら付けた機能」!
「炊飯に使うのは旧軍独特で」無い!
906 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 17:52:42.93 ID:STzMeEY9
>404名無し三等兵2016/11/20(日) 19:09:13.54 ID:gW0ss20z
>357 : 名無し三等兵2016/11/19(土) 20:40:30.79 ID:Ow9KK+3Q
>youtubeでGeneration Warってドイツの映画見てたんだけど、
>ドイツ兵がソビエト側からたくさん飯盒持って逃げてくるシーンあるんだけど、
>飯盒ってパン作れんの?それとも米食ってるの??

>362 : 名無し三等兵2016/11/19(土) 21:29:11.39 ID:hQ1KZ8Fc
>357
>欧米での飯盒(mess kit)は配給されたスープやソーセージなどの糧食を携行するた
>めの容器兼食器。
>火にかけてスープを温めたり取っ手付きの蓋をフライパン代わりにソーセージや卵を
>炒めることはできるがあれでそのまま料理を作ることは普通はしない。
>ドイツ軍の師団には製パン中隊や食肉加工中隊が編成に含まれていて、師団内で
>パン焼きや豚の屠畜解体からソーセージの製造までやっていた。
>そうした部隊や糧食班で作られた食事は例えばスープは背負式の保温容器に入れ
>てパンやソーセージなどと共に前線の陣地に運ばれ、そこで兵士が飯盒で一人分の
>配給を受けて食べるという形になっていた。
>無論それ以外でもニワトリや豚や小麦粉が調達できれば前線でシチューやパンの
>材料になることもままあった。
http://en.wikipedia.org/wiki/Mess_kit#Soviet.2FRussian_mess_kit
During the Great Patriotic War the Soviet army mess kit was a two-piece design similar to that used by the Wehrmacht
>ここの記述によればソ連軍の飯盒はドイツ軍のものによく似ていたらしい。

>「飯盒ってパン作れん」!
>「米などの穀物を煮て作る料理全般をカーシャ」「食ってるの」!
>第二次世界大戦中、各国の飯盒は、食事を受け取る容器として使われました。
>日本では、調理器具として使われました。
907 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 17:53:18.07 ID:STzMeEY9
>405 : 名無し三等兵2016/11/20(日) 19:09:46.88 ID:gW0ss20z
「ロシア軍戦闘糧食 - TOK2.com
10.pro.tok2.com/~phototec/ros4.htm
1. キャッシュ
肉入りカーシャ カーシャとはロシアの伝統的庶民料理で、
ロシアのことわざに「シチとカーシャがあれば満ちたりた食事」とあるほど、ロシア食文化を代表する料理です。 麦や蕎麦、

米などの穀物を煮て作る料理全般をカーシャ

と呼び、日本ではスラブ風粥と言われ ...」

1900年に、北清事変が起きました。
日本を含めて、各国は、中国へ派兵しました。
各国軍の批評が行われました。
ロシア軍は、何も持って来なかったが、何も不自由しなかったと言われました。
飯盒を使って、調理したからです。
日本軍は、これを真似ました。
ロシア軍の飯盒の元は、ドイツ軍でした。
それまでの軍は、野戦での調理は、兵士の責任とされました。
食材を支給して、兵士が調理するのです。
しかしそれでは兵士の過重負担となります
第一次世界大戦では、調理したのを兵士に支給するようになりました。
しかし、日本軍では、第二次世界大戦中まで、野戦での調理は、兵士の責任とされました。
日本の陸上自衛隊の、第二次世界大戦後の最初の飯盒は、炊飯を重視したのでした。
次の型からは、食器を重視しました。

「戦闘飯盒2型は、それまで自衛隊で使われてきた4合炊きの飯盒(いわゆる兵式飯盒のツルがスライド式になったもの)よりも、より食器としての位置づけを強めた飯盒で

下記、を参照ください。

http://blog.livedoor.jp/tanisi_corp/archives/51755149.html
908 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 17:56:11.01 ID:STzMeEY9
「飯盒というと、何か非常に日本臭い感じがしますが、実際はそうでないのがおわかりと思います。軍服や軍装と同じで、
要するに元々はヨーロッパの物です」


>旧ドイツ軍がまったく同じ物を携行しているようですが、
>ドイツのデザインでしょうか?
>ドイツ兵は飯を炊かないと思うのですが?

恐らくというか、多分間違いなく日本の飯盒はドイツのデザインが元だと思います。

ドイツの飯盒はフタをフライパン代わりに使えるように折りたたみの柄がついている以外は、形状が全く日本の物と同じです。
このドイツの飯盒がいつ頃からあるのかネットで調べてみたのですが、材質がアルミのものは1893年に採用されたようです。

ドイツ軍1893年型飯盒
http://www.nomanslandmilitaria.com/collection.html

1893年は明治26年で、日清戦争の前です。日本でアルミ製の飯盒が作られたのは日清戦争後の明治28年(1895)で、
ドイツから製造機械一式を輸入して製造を開始したそうです。

「日本のアルミ初めて物語」
http://www.ubemachinery.co.jp/diecasterland/topics/relay_essay/essay002/essay002_p2.html

このアルミ製飯盒が日本の陸軍に正式採用(明治31年か?)されるのは当然この後で、
日本で飯盒が作られる以前にドイツで殆ど同じ物が正式採用されていることになります。採用された時期や、
製造設備をドイツから輸入していること、
また形状が瓜二つということからして日本の飯盒はドイツに習ったものであるのは間違いないと思います。
909 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 17:58:04.22 ID:STzMeEY9
明治20年代では、すべてが欧米からの技術導入の時代ですから、習ったマネたというより、
ドイツのアルミ製飯盒製造設備を丸ごと輸入したのではないかと思います。ということで、
飯盒の特徴ある形状もドイツのデザインということになります(あるいは他のヨーロッパの国に起源があるかも?)。
英語のサイトを見てると German style 'kidney' shape (ドイツ風腎臓型?)とか書いてありますから、アメリカ人から見ると、
あの形は非常にドイツ臭い感じがするようです。

アルミ製の飯盒(携帯食器セット[米語 mess kit 英語 mess tin] )が欧米で採用されるのは1890年代のようですが、
それ以前もほぼ同じ形状の物が鉄の薄板、つまりブリキで作られてました。
イギリス軍も第二次大戦直前までは飯盒タイプの物(形がドイツのものとは少し違う)を使っており、これはナポレオン時代から使われているそうです。
910 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:00:43.12 ID:STzMeEY9
第二次大戦以前のイギリス軍の飯盒
http://www.rootsweb.com/~canmil/ww1/army/equip.htm
http://www.nomanslandmilitaria.com/ww1_a2_feild_gear.html
http://www.cybertap.com/brothers/ross/rossmesstin.html

ナポレオン時代以降、ヨーロッパ諸国は世界中で戦争をし続けてますから、各国とも同じような物を装備していたと思われます。ドイツの飯盒のデザインも、こういう中から出て来たものと思われます。

ついでに欧州各国の飯盒は

ドイツ国防軍 31年型飯盒
http://steinero.hp.infoseek.co.jp/005/005a.html

旧東ドイツ軍の飯盒
http://www.buymilitaria.com/e_german_html/east_german_misc__web_gear_&_more.htm

西ドイツ軍の飯盒
http://www.flecktarn.co.uk/flbkg1ux.html

イタリア軍 第二次大戦時の飯盒
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚

スウェーデン軍飯盒(現用?)
http://www.thearmynavy.com/430312-armynavy.html

ソビエト軍 第二次大戦時の飯盒
http://www.2ndguards.org.uk/UNIFORMS AND EQUIPMENT.htm

イギリス軍 第二次大戦時の飯盒
http://www.bayonetinc.com/britfieldgear.htm
911 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:02:05.05 ID:STzMeEY9
フランス軍 第二次大戦時?の飯盒
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚

ついでですが、日本軍の飯盒には二種類あって、
下士官兵が使う飯盒はお馴染みのあれですが、
将校用はこういう形をしてます。

日本軍将校飯盒
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/lebens/L_wiking/JASSSH.htm

これはフランス軍の物に似ています。
幕末から明治初期にかけてはフランスが陸軍のお手本でした。
当然、この時代にフランス軍の飯盒が日本に持ち込まれていたはずです。
この将校飯盒は、おそらくその名残りだと思います。
普通の飯盒を「兵式飯盒」と言う方がおられます(特に年配の方など)。
この「兵式」と言うのは軍用と言う意味ではなくて、将校飯盒に対して「兵隊」用の飯盒という意味で、
飯盒の形状の区別をしているのです。

飯盒というと、何か非常に日本臭い感じがしますが、実際はそうでないのがおわかりと思います。
軍服や軍装と同じで、要するに元々はヨーロッパの物です。

匿名希望

下記、飯盒の起源を知りたいのですを参照ください。

http://www.warbirds.jp/ansq/41/D2001951.html
912 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:02:51.70 ID:STzMeEY9
日常の食事は、麦と野菜の「粥」

「ヨーロッパの昔の食
d.hatena.ne.jp › トップページ › 2009-12-24
1. キャッシュ
2. 類似ページ
2009/12/24 - 現在のような肉食とイメージされるヨーロッパの食はそれほど古いものではなく、19世紀に入ってからの比較的新しい変化 ....
一般に中世においては、ごく一部の特権層を除いて、祝祭のとき以外の

日常の食事は、麦と野菜の「粥」

といった ...
肉は年に一度初冬に屠畜した豚の塩漬け肉以外には、ほとんど庶民の口に入らなかった。」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
913 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:03:16.91 ID:STzMeEY9
「ローマ軍団の内幕B | 気まぐれペルドン - Gucci Post
guccipost.co.jp/blog/perudon/?p=3700
1. キャッシュ
2016/10/22 - 穀物は挽いた上で・・陣営内なら



か焼いてパンにし・・
作戦行動中なら小さなビスケットにされた。肉はローマ人の食事の中心ではなかったが・・
軍内では普段よりも良い食事をとる際には・・
かなり食べられていたのが・・考古学調査で分かって ...」
914 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 18:03:29.29 ID:XkfJYIZ/
>>904
> SAオートってコック&ロックはできないんですね

そうとは限らないから

>>882 に引用した

「Seeing someone carrying a single-action semi-automatic pistol in Condition 1 CL (←Cock&Loceの略)
with the hammer back makes some people nervous.」

という話になるかと。

S&W Super 9はSAオートでコック&ロック可能なようです。
915 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:25:25.19 ID:STzMeEY9
>826 : 名無し三等兵2016/11/28(月) 06:30:43.91 ID:+S3EqKCk
>第一次世界大戦から第二次世界大戦におけるアメリカ海軍の装備について質問で
>す当時の海軍は拳銃を携帯することはあったのでしょうか?また携帯することがあっ
>た場合どのような拳銃を使用していたのでしょうか?
>アメリカ陸軍の装備については情報が沢山出てくるのですが海軍についてはあまり
>上手く調べられなかったので質問させていただきました

>875 : 名無し三等兵2016/11/28(月) 21:35:32.51 ID:5BXw0r85
>826
>アメリカ軍は1911年から1985年までM1911を制式採用してたから海軍も拳銃を装
>備する際はM1911を装備してたよ1926年に少し改良を加えてM1911A1という拳銃
>を使用してたから年代によってはM1911A1を使っていたかもしれないけど

「M1917は」「第二次大戦時にはM1917は二線級兵器となっていた」!
916 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:26:33.46 ID:STzMeEY9
「 M1917は、コルト社とS&W社が開発した回転式拳銃。
 米軍は1911年に自動拳銃のM1911を制式拳銃として採用したが、第一次世界大戦時にM1911が大量に必要になり、生産が間に合わなくなった。
そこで米軍は「大量生産が容易で、しかもM1911と同じく.45ACP弾を使用するリボルバー」をコルト社とS&W社に発注した。
そして1917年に完成・制式採用されたリボルバーがM1917である。
 両社の共同開発ではなく、あくまでそれぞれの独自開発であるため、二つのM1917は全くの別物である(補給の関係上消耗品の互換性はある)。
S&W社製(画像右)はNフレームの使用で、コルト社製(画像左)よりダブルアクション機構において優れていた。また、S&W社のM1917は後にM22のナンバーを与えられて市販され、9mmパラベラム弾仕様の小型化されたタイプも存在する。
 なお、自動拳銃用の.45ACP弾はリムレスであるため、エジェクターのツメがリムを噛む事が出来ず排莢が困難となる。
このため装填時には、ムーンクリップと呼ばれる補助具を必要とした。
 また、コルト製の極初期型などは、シリンダー内の段差が前身であるコルト ニューサービスの.45LC弾仕様のままだったため、クリップ無しだと弾が奥に入りすぎてしまうという問題があった。
段差を改良したモデルでもファイアリングピンがプライマーに届かず、S&W製はコルト製よりマシだったものの、それでも不発が頻発しクリップの使用が必須であった。
 このクリップは.45ACP弾を3発ずつ留められるハーフムーンクリップで、携帯や再装填にも便利なものだった。
戦後には、民間用に6発ずつ保弾できるフルムーンクリップが登場している。
 その後、十分な数のM1911が確保できたため、

第二次大戦時にはM1917は二線級兵器となっていた。

しかし、当時まだまだ自動拳銃の信頼性に根強い不安(偏見)を抱いていた航空隊のパイロット達の間では、
万が一の際の自衛用としてM1911よりM1917が愛用されていたという。
917 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:27:09.08 ID:STzMeEY9
 第二次世界大戦後、GHQの指示により日本でも全警察官が拳銃を携行するようになったが、配備する拳銃が全く不足していたため、
大量の拳銃が米軍より払い下げされた。コルト社とS&W社のM1917がその主たる銃であり、
ニューナンブが配備されるまでは日本の制服警官の標準装備となっていたため、日本人にも馴染みが深い拳銃と言える。」

下記を参照ください。

http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?US%20M1917%A5%EA%A5%DC%A5%EB%A5%D0%A1%BC
918 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:33:35.32 ID:STzMeEY9
>866 : 名無し三等兵2016/11/28(月) 20:07:56.26 ID:tzzCOSWq
>M3ハーフトラックなどの半装軌車両の利点は何ですか
>どう見ても中途半端にしか見えません

「特にエンジン技術が未発達で現在よりも馬力の劣るエンジンしか無かった当時では、速度と経済性を高める為には両方の長所を半分ずつ持った中間的なハーフトラック式が採用されることになった。」
919 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:34:04.53 ID:STzMeEY9
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 794
843 :霞ヶ浦の住人 ◆HfR5.9oQFw :2013/10/05(土) 19:34:11.10 ID:Pq6o00I/
下記、ウィキペディアの半装軌車を参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E8%A3%85%E8%BB%8C%E8%BB%8A

「特にエンジン技術が未発達で現在よりも馬力の劣るエンジンしか無かった当時では、速度と経済性を高める為には両方の長所を半分ずつ持った中間的なハーフトラック式が採用されることになった。

しかし、ハーフトラック式で完全に戦車に追随できる兵員輸送車を作ることには無理があり、技術の進歩と共に速度と経済性において全装軌車より優れるというメリットが消失していったこともあって、戦後は殆どが全装軌式となった。
において全装軌車より優れるというメリットが消失していったこともあって、戦後は殆どが全装軌式となった。

第二次世界大戦後も民生用としては豪雪地帯で用いられている。

ハーフトラックはブレーキをかけたときの制動距離が短いためスリップしやすい雪上での利便性が高く豪雪地帯の路面に適しているためである。
通常のトラックの改良型であるためコストもメンテナンスも専用の雪上車より安く扱いやすいと言うメリットがある。

下記、ウイキペディアのM3ハーフトラックを参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/M3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

「戦後も退役したM3を含め友好国に送られた。特にイスラエル国防軍ではエンジンをディーゼルに交換するなどの改良を加えつつ長きに渡って使い続けられ、
全装軌式のM113装甲兵員輸送車が配備された1970年代以降においても、国防予算を戦車に回したため多くが後方任務に回されながらも現役であった。
近年になって強力な装甲を持つアチザリットなどの新型兵員輸送車が登場し、M113が後方任務に回されるようになってようやく完全に引退した。
920 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:35:46.53 ID:ETFMzo6D
>>904
もとの投稿もだがコック&ロックを勘違いされてないか
コック&ロックは「ハンマーをコックして、セイフティをロック」だからハンマー上げたまま安全装置かける状態
これはSAオートならできないと危なくてしようがない (まあトカレフみたいに敵が目の前に来るまで装填するな、射ち終わったら弾を抜け、で対処してるのもあるけど)

で、セイフティとデコックが連動するのは「初弾をDAで射てるからハンマーも自動的に落としちゃえ」なダブルアクションオート
ラドムM1935とかニューナンブM57A1みたいにSAオートでデコックっていう変わり種もあるけども
921 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 18:42:32.78 ID:zFJoXNOf
基地外過ぎて何を伝えたいのか分からん
922 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 18:48:50.48 ID:XkfJYIZ/
>>920
元が「SAの場合はハンマー起こさないと撃てない」と書いておられるので
おそらくハーフコックと間違えているのでは、という話に
923 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 18:53:51.26 ID:XkfJYIZ/
そもそもコック&ロックはセイフティかけても安全とはほど遠い持ち歩き方なので
(なのでM1911にグリップセイフティが (それでも安全とは
薬室は空にして撃鉄は落とし、スライド操作で装填とコッキングして撃つ、が基本なわけで
トカレフはエラいという結論に(違
924 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:11:07.58 ID:STzMeEY9
>764 : 名無し三等兵2016/11/26(土) 15:34:36.24 ID:sW1taeFj
>呉が地政学的に軍港に向いている理由を教えて下さい。
>何故横須賀と並ぶ海自の中枢基地になれたのか一番の理由はなんですか?

>767 : 名無し三等兵2016/11/26(土) 16:58:00.79 ID:LtHb2upF
>764
>内海にあって島嶼に囲まれていて敵が侵入しにくくて日本海側に出るにも太平洋側
>に出るにも都合のいい位置にあるという基地として最適の場所だからで、地政学と
>か持ち出すまでもない理由。

>775 : 名無し三等兵2016/11/27(日) 05:40:10.35 ID:eHE4tmIH
>殆どの艦船が外洋に出るときは広島湾を回り込まないと出れないうえ
>交通費が多く海の難所だらけの呉が最適だとは思えません

>776 : 名無し三等兵2016/11/27(日) 06:16:01.41 ID:bWrUwlHx
>当時の基準では、そういう地形こそ海軍根拠地向きなのよ。
>他の鎮守府もそういう地形にあるでしょ
925 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:12:21.59 ID:STzMeEY9
「内海にあって島嶼に囲まれていて敵が侵入しに」い!
水深が深い
陸上交通が通じる

イギリスの軍港、チャタムは、オランダ海軍の襲撃に遭いました。
イギリスの軍港、スカパフローをドイツ海軍のUボートが襲撃しました。
スカパフローには、Uボートの襲撃を阻止するため、沈船は配置していました。
軍港は敵が襲撃しにくい地形を利用します。
障害物を人工的に設置したりもします。


広島県へ講演にいきました。
ついでに、呉や江田島を見学しました。
三原市にも行きました。
「鎮守府設置候補地となったが、この川の土砂堆積作用により軍港として機能停止となる可能性が懸念されたことから計画取りやめとなった」。


江田島も候補に挙がったそうです。
だが、島のため陸上交通の便が悪いと、却下されました。
926 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:12:40.34 ID:STzMeEY9
「沼田川 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/沼田川
1. キャッシュ
2. 類似ページ
沼田川(ぬたがわ)は、広島県を流れる二級河川で沼田川水系の本流。 目次. [非表示]. 1 地理; 2 沿革; 3 自然; 4 景観; 5 備考; 6 脚注; 7 参考資料; 8 関連項目. 地理[編集]. 広島県東広島市と安芸高田市の境に位置する鷹ノ巣山(標高992m)に源を発し、
東広島市内を南東方向へ向かって流れ、三原市に入っ ...
明治時代には

鎮守府設置候補地となったが、この川の土砂堆積作用により軍港として機能停止となる可能性が懸念されたことから計画取りやめとなった。

戦後時代が進むに連れ、河口部は工業地として栄え、この ...」
927 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:14:12.53 ID:bQ1ix13m
太平洋戦争中、天皇陛下は現人神の扱いでしたが
神様が憑いているのに日本軍は負けてしまいました。
現人神として裕仁陛下は力不足だったんですか?
928 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:17:02.03 ID:STzMeEY9
>760 : 名無し三等兵2016/11/26(土) 11:25:25.03 ID:ETNXbeBK
>749 5000円は高いですね、
>検索したら府立図書館に置いてありましたが
>遠いし、このまえ借りたばかりの本もあるので
>また折を見て借りてみたいです

地元の図書館へ取り寄せられますよ!

都道府県の中央図書館が中心になって、都道府県内図書館で、相互貸借をしています。
ちなみに私は『歴史群像』を取り寄せて読んでいます。
929 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:23:08.19 ID:ocrqo/8r
デコッキングのことをコック&ロックのこと勘違いしてました…
わざわざ引用までしてくれたのに理解できなくてごめんなさい

自分なりに考えたんですけどSAオートって弾を装填して持ち歩くのは危ないし面倒ですね。急に襲われてもいちいちハンマー上げる操作が必要になりますし…となるとDAは便利
930 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:24:13.20 ID:STzMeEY9
>927 : 名無し三等兵2016/11/29(火) 19:14:12.53 ID:bQ1ix13m
>太平洋戦争中、天皇陛下は現人神の扱いでしたが
>神様が憑いているのに日本軍は負けてしまいました。
>現人神として裕仁陛下は力不足だったんですか?

戦争に必ず勝てるという考えが馬鹿なのです。

昭和の日本人は、明治の日本人が、日清日露の戦争で、大国と戦って勝てた。
だから、我々も勝てるなと゜と、馬鹿な考えで開戦してしまったのです。

アメリカ海軍が日本へ来る途中に、対馬海峡は無い。
海軍力を集中して使えるのです。
ロシアは、満州へ輸送するのに、単線のシベリア鉄道を使いました。
太平洋は、鉄道より効率的な輸送路なのです。
日本の本土は、太平洋にさらけ出しています。
大陸にいる兵力は、遊兵となりました。
931 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:29:16.71 ID:w2NFnMtd
ネタ質問には答えないと言ってるのにシツコイな
932 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:34:34.29 ID:HthMx0ba
なんか嫌なことでもあったんだろ

とか書くと、
「なんか嫌なことは」ありません!
私は〜

みたいな感じで何ヵ月も粘着されちゃうのかな
933 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:50:42.95 ID:STzMeEY9
>696 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 20:50:17.84 ID:/qat+hLp
>第二次大戦の日本軍のキルレシオが著しくショボいのはどうして?
>陸上戦の沖縄戦ですらキルレシオは7対1
>ドイツ軍はノルマンディーやその他戦線で米軍相手に1対1か2の交換が出来てま
>す
>日本軍が唯一米軍を苦戦させた硫黄島にしても3対1
>太平洋戦争全体では17対1という有様
>これは朝鮮戦争より酷いです、幾ら中露の支援を受けたとはいえ北朝鮮にすら負け
>てるってヤバくないですか?
>何故ここまで差が開いてしまったんですか?単に日本の技術経済軍事力が列強諸
>国の17分の1だっただけ?

>697 : 名無し三等兵2016/11/24(木) 20:52:53.76 ID:fld38YJd
>696
>理由は簡単
>勝敗が決まった後の損害がでかすぎるから
>それは

>日本軍が島嶼戦のような孤立した戦場での戦いが多くて逃げるに逃げられない

>とか
>降伏をよしとせず、絶望的な状況下で最後まで戦ったとか
>そういう理由
>もっと言うとな
>他の国の軍隊は、ここまでキルレシオが開く前に
>逃げるか降伏するかするのよ
>日本軍はそれをしなかった、あるいはできなかった

「南方戦線、および太平洋の島々に絞ると、全戦死者の7、8割が餓死とそれにともなう病死」
「アメリカ軍がとった戦略がアイランドホッピング」
「日本軍が島嶼戦のような孤立した戦場での戦いが多くて逃げるに逃げられない」
「万歳突撃は、戦力や弾薬がなくなってからする、自殺的な最後の攻撃」
934 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:51:35.97 ID:STzMeEY9
日本軍が戦闘を交えず、餓死すれば、アメリカ軍に損害は生じません。

アメリカ軍は、日本軍の抵抗が強そうな、ラバウル、トラック諸島、台湾は「アイランドホッピング」しました。

大陸では、負けても、負傷者を後送できます。
孤立した戦場では、出来ません。

日本軍は、捕虜になることを認めていませんでした。
そのため、万歳突撃して、死にました。
935 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:53:23.30 ID:STzMeEY9
「* 太平洋戦争。膨大な戦死者は戦闘で死んだのではなかった

太平洋戦争での日本兵の死因で際立っていることは、餓死・病死した兵士の割合の高さです。
戦闘で亡くなった兵士を上回るほど、餓死者の割合が高い。

日本軍・軍属の死者数        230万人

うち餓死者と栄養失調・病死者の数 140万人(約60%)

死亡した兵士の60%が餓死・病死です。
この数字は、第二次世界大戦の戦勝国、敗戦国とくらべても、
異様な高さになっています。

焦点を

南方戦線、および太平洋の島々に絞ると、全戦死者の7、8割が餓死とそれにともなう病死

という数字が出てきます。1つの国の軍隊が、これほど高い割合で、そして百万人以上の餓死者をだした事例は、
世界の戦史のなかでも、他に例示することが困難です」


下記、◆「英霊」たちの区分けU――百数十万の日本兵の大量餓死は、なぜ引き起こされたかを参照ください。

http://www.facebook.com/notes/hideaki-ono/%E8%8B%B1%E9%9C%8A%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%8C%
BA%E5%88%86%E3%81%91%E2%85%A1%E7%99%BE%E6%95%B0%E5%8D%81%E4%B8%87%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B5%E3%81%AE
%E5%A4%A7%E9%87%8F%E9%A4%93%E6%AD%BB%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E5%BC%95%E3%81%8D%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%8B/243126435870512/
936 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:54:26.65 ID:STzMeEY9
「第二次世界大戦の太平洋戦線において、アメリカ軍がとった戦略がアイランドホッピング、またはリープフロッギング(蛙飛び)と呼ばれ、
日本では飛び石作戦と呼ばれることが多い。
これはラバウルなどの要塞化され侵攻が困難な日本軍の拠点を避けながら、
比較的日本軍の戦力が薄く、かつ日本本土に迫るには重要な位置にある島(サイパン島など)に連合軍の戦力を集中させて攻め落としてゆくというものである。」

下記、ウィキペディアのアイランドホッピングを参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0
937 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 19:55:26.77 ID:STzMeEY9
「大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について - 歴史学 解決済 ...
oshiete.goo.ne.jp › 教育・科学・学問 › 社会科学 › 歴史学
1. キャッシュ
2. 類似ページ
2010/07/21 - 大東亜戦争(太平洋戦争)での日本兵の戦い方について戦争映画が好きで、よく第二次世界大戦のものを見ます。 ...

万歳突撃は、戦力や弾薬がなくなってからする、自殺的な最後の攻撃

なので、普段の突撃の戦術ではありません。 また、日本軍でも火力 ... 地下壕の中で集団自殺をするシーンは有名かと思われます。 捕虜になる ...」
938 :
system ◆system65t.
2016/11/29(火) 21:58:16.24 ID:ra5vSgil
>>929
その通りです・・・が、DAといえども薬室に弾が入っており
その後に撃針がある以上安全とはまったく言えないわけで
(機械は必ず不都合な作動を起こす)
薬室は空にしておく、脅威下に入って初めてスライドを引く、のがたしなみです。
939 :
名無し三等兵
2016/11/29(火) 22:18:52.01 ID:0yPUxNlW
飯盒とハーフトラックと呉の立地の質問が出てたからヤベエこれリーチだわと思ったら案の定フィーバーw
940 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 05:44:39.24 ID:uja5iw0c
スウェーデン駐在の小野寺陸軍武官が、ヤルタ会談の内容をつかみ、本国へ報告していましたが、本国で信用されませんでした
この時にベルリンの大島大使とかは何か報告してなかったんでしょうか?
ドイツのソ連侵攻を真っ先に通報して上層部から信用された人物ですが
941 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 06:12:21.56 ID:LIIDVnOP
>>940
中立国のスウェーデンと枢軸国のドイツのどちらが連合国の動きに関する情報を得やすいか考えましょう。
942 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 06:14:34.93 ID:LIIDVnOP
あと大島は「駐独ドイツ大使」と揶揄されたくらいドイツ寄りでその情報にはバイアスがかかっていた点もね。
943 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 07:52:56.37 ID:dajxv7CZ
軍用小銃って威力不足を理由にした大口径化と
命中精度、携行弾数を理由にした小口径化を繰り返してる感があるんですが
いつ落ち着く所に落ち着くんですか?
944 :
system ◆system65t.
2016/11/30(水) 08:00:03.21 ID:Sp0S6ATX
だいたい今落ち着いてます。
945 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 08:05:28.95 ID:l+MDp00K
>>943
適材適所
ベトナムのジャングルで接近戦やってたら小口径高速弾が良く感じられたが、アフガンの山岳地帯で長射程で撃ち合うならやっぱ昔ながらのフルサイズ小銃弾が良く感じる
946 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 08:47:02.94 ID:GHPWTuVC
軍が考える適したものと実際に撃った(特に生身の人間を)ことがある人間が考えるものとは違うしな・・・
最近は非正規戦がメインだし、ケースバイケースで使い分けるのが最高なんだが
947 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 09:02:50.32 ID:XhQ9Q3gr
人間そのものの装甲が進化したり羽生えて空飛べたりするようになったわけじゃないし
ライフル銃そのものは20世紀初頭にはほぼ完成されてて頭打ち
連射力やスコープや対物ライフルなんかは進化といえるが
948 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 09:53:51.95 ID:1Qku0RwL
それこそパワーアーマーの実用化により更なる大口径化が進むかも知れんし
レーザーなどの火薬に頼らん武器が出てくるかも知れない
想定される環境や技術の進歩による変化なんて予測不可能だよ
949 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 13:15:26.77 ID:EPyZSkRN
>>939 ですがですよねの釣り師と、霞ヶ浦の住人がコラボすると
破壊力でかいな、げんなり

自己顕示欲と寂しさに負けつつあるsystemさんが、
回答以外の雑談を増やす傾向にある
ろくに読まずに即答するから、回答の質が下がってます
仕事の合間を縫うほどに2ch依存となってる時点でオカシイと気付け
帰宅後にワイングラスでも揺らしながら、ゆっくりやれ
950 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 14:11:16.16 ID:+WUNnmsc
>>949
駄文書く暇あるなら知恵絞れよ。

こちとら糞を捏ねても糞に変わりないのに辟易して、糞から硝石作る方法黙って考えてるんだから、手伝えや。

ワッチョイ嫌いが集まっても知恵のカスも出ねえのかと、いささか呆れても居るんだけどな。
951 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 14:14:43.62 ID:+WUNnmsc
あと、次スレ建てようとしたらダメだったから誰か頼む。
952 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 14:30:51.14 ID:r3OQ688G
スレ建て挑戦してみる
953 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 14:37:23.35 ID:r3OQ688G
ほら、新鮮な次スレだ
初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 871 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/army/1480483911/
954 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 14:47:13.02 ID:+WUNnmsc
>>953
ヒャッハー!次スレだー!!
感謝。
955 :
system ◆system65t.
2016/11/30(水) 14:49:35.97 ID:6kKFpD2r
スレ立て乙であります >>953
956 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 15:09:41.36 ID:8FLHoGEP
建てたは良いけど落ちないかね
957 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 18:26:51.18 ID:6qEg7ysK
実戦で単座使用が主体の戦闘機では
複座は常に練習だけなのでしょうか?
航空機が足りなくなったら投入するんですか?

たとえばF-15Jは戦時に使うけど、練習機のF-15DJは練習以外では使わない、とか
958 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 19:59:04.14 ID:ZiWRs/2T
F-15DJはトレーナータイプの複座型だからアビオニクスなど単座型に劣る部分があるのであくまでも補助戦力でしかないが、
同じF-15でもE系の複座型やスーパーホーネットのFA-18Fなどはマルチロールファイターだから制空戦闘でも攻撃ミッションでも第一線に投入されるよ。
959 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 20:21:22.69 ID:R0xa+Qrz
ビッグス湾事件のキューバ亡命者軍の例では、キューバ革命空軍の飛行場をCIAから供給されたレシプロ双発A-26の奇襲で破壊して、
もう非武装ジェット練習機のT-33しかないと思って、B-26だけの援護で油断して1500名で上陸したら、革命政府軍20万人に迎撃された上、
頼みのB-26も、機関銃を再装備したT-33の逆襲喰らってフルボッコにされたりしてる。もとはP-80戦闘機の複座型だもの。

赤とんぼ特攻なんてのをやらせた阿呆もいるこたいるが、たとえ初等練習機と言えども使い方次第では馬鹿にできない。魔女飛行隊のPo-2とかフォン・ローゼン伯爵のMFI-9とかは自分で検索して。
960 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 20:22:21.95 ID:6qEg7ysK
>958
なるほど、補助戦力ですか
たしかにF-15EやFA-18Fは複座でのミッション前提ですよね

戦闘機で完全なるトレーナータイプっていうのはありますか?
それとも、そもそもその機体で作るなら
補助戦力として数に数えられているのでしょうか?
961 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 20:25:47.56 ID:6qEg7ysK
>959
補助戦力機でも馬鹿にできないんですね
たしかにF-15DJって単座と違ってスペックダウンはあるもののF-15ですよね…
962 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 20:27:22.99 ID:WFykTVuY
>>960
いや、「完全なるトレーナータイプ」(固定武装は積んでないし必要に応じて積むこともできない、
FCSが積んでないので固定武装以外の武装も積めない)ってのは、だとしたらそれはもう
「戦闘機」とは呼ばないんで・・・。
963 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 20:35:59.68 ID:b+HjjZ68
HF/DF(電波方位測定器)はWW2中に英米や独が開発したものとなっていますが
それ以前にも無線封止は行われています(真珠湾攻撃など)何故ですか?
HF/DFがない(もしくは存在を知らない)なら無線封止する理由がないのでは?
さらにビーコンによる航空機の誘導などは日本でも行われていたはずで
HF/DFが「新兵器」扱いなのは、どういう理由なのでしょうか?
またHF/DFはレーダー(の電波)にも有効なのでしょうか?
WW2中に日本がHF/DFを使ったと言う話は聞いたことがないのですが
ドイツから技術導入の予定もなかったのでしょうか?
964 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 20:40:51.91 ID:6qEg7ysK
>962
あ、補助戦力って数合わせじゃなくて
戦闘そのものはできないけど、
なんらかのサポートする能力だけはあるってことだったんですね…
965 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 20:49:27.90 ID:QiYb3E8u
電波方位測定器がないと敵は無線を傍受できないのか?
方位がわならなくても不審な外国語の電波があれば艦隊の存在と大まかな距離は予測され得るし、通信量から艦隊規模や作戦発動時期を推測したり察知したり出来るかもしれない。
通話内容の傍受&解読が出来れば方位よりもっと重要な情報を得られるかもしれないし
966 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 21:14:55.50 ID:LIIDVnOP
>>965
「電波の方位を測定して発信位置を特定する」というのと「電波を傍受してその情報(波長や出力、内容など)を収集する」というのは全く別の話で電波傍受とその分析というのはELINTの基本ですが。
967 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 21:30:13.79 ID:bhcz3TUw
>>963
ハフダフの存在は終戦までドイツには知られてなかった
これを捉えたスパイによる艦艇の写真は丁度アンテナ部分を切ってしまった
ハフダフは敵から発信される無線信号を捉えて方位を知る装置
これにより群狼作戦の打合せをするUボートがどちらから仕掛けて来るかを知った
968 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 21:31:22.63 ID:LIIDVnOP
>>965
>>963へのレスとは気が付かなくて変なレスつけてしまったごめん。
969 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 21:49:23.57 ID:vlcYELvz
>>938
それは環境によりけり、としか言えないなあ
機械的な撃針ブロックであるリバウンドスライド、ハンマーブロック、トランスファーバーなどを備えたDAリボルバーは
「チャンバーを一発空けてそこにハンマーを下ろしておけ」なんて西部劇時代の持ち歩き方はしないわけだし
970 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 22:16:51.45 ID:nybZkM2L
>>964
だから戦闘出来ない訳じゃないって
F-15Jのライセンス生産に伴いTEWS(電子戦システム)の一部が輸入されず、
日本で独自に開発したJ-TEWSが載ってるのは知ってるな?
その中に電波妨害とチャフ、フレアの発射を役割とするJ/ALQ-8っつーのがあるんだが
複座機のDJはそいつを取っ払ってるんだな
んでこれと同じ役割をするAN/ALQ-8っていう外装式ポッドがあってこいつを搭載すりゃ性能的には同じもんになる
まぁセンタータンクのパイロン使うからそういう意味では性能ダウンかも
飛行教導団のDJは訓練時はこいつを積んでるな
971 :
名無し三等兵
2016/11/30(水) 22:18:21.93 ID:nybZkM2L
すまん、AN/ALQ-131だわ
972 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 02:45:40.37 ID:0NMELj+a
すいません
ピストルの銃身が命数を迎えたら
メーカーへ送ってメンテナンスして
もらうのでしょうか ?
973 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 07:28:35.79 ID:W/0MBKBs
何故、明治政府は作ったばかりの兵部省をすぐに潰して、陸軍省・海軍省の2つに 分けたんですか?
また、大正の軍縮期などに、重複する陸軍省・海軍省の軍政部門の統一を図ろうとしなかったんですか?
思うに、兵部省の解体を行ったから、軍の不統一から昭和の悲劇を招いたように思うんですが
974 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 07:58:53.84 ID:EQ/4H8px
>>960
そもそも非武装・FCSも無ければトレーナーにならない。
現代では特殊な飛行性を持った機体でも飛行訓練自体はシミュレータで出来る。
そして操縦者の能力の大部分は的確にウェポンの選択・運用が出来るかどうが多くのウェイトを占めている。
従って飛行性能だけをトレーニングする実機を開発する意義もないし予算的にも無駄。
とはいえ戦闘機の性能のアップデート多くはウェポン類の運用能力を付加するソフトウェアの更新で行うが、膨大な費用が掛かるからトレーニングに使う物まで至らない事もある。
位置的には戦力の一部で有っても戦闘能力は劣ってくるので事実上は余程の総力戦にならない限りそういった物は実戦には投入されない筈だ。
975 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 08:12:49.69 ID:xCW1IevG
>>972
部品買って自分でするか、メンテナンス出来るお店に頼むか、メーカーにたのむか、そのまま使うか

お好きなように。
976 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 08:21:00.15 ID:4LuNKirb
銃身部分は別パーツなんだから、まるまる取り替えれば済むことだしね
977 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 08:37:41.59 ID:AgZVgovj
P-38の「双胴の悪魔」という渾名は、当時前線の日本兵の少なくない割合が実際に使っていた渾名なのでしょうか?
「ペロハチ」「カツオブシ」「ピーコロ」のような蔑称に近い短く呼びやすい渾名を付けていたのに
突然「双胴の悪魔」という文学的で長い渾名が流行るというのはどうにも信じられないんですが
978 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 08:45:17.14 ID:EQ/4H8px
双胴の悪魔の出どころはちょっと検索してみればすぐ出てくる。
出目がわかれば答えはわかると思うが。
979 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 09:00:25.71 ID:AgZVgovj
>>978
出典は大空のサムライになっていますが、他のパイロットもそう呼んでいたという記録や証言は無いのでしょうか
以前坂井氏の著書や証言は史料としてあまりあてにならないという話を聞いたことがあるので、どうにも
980 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 09:09:29.12 ID:OSOgnn2W
der gabel schwanz teufel 尻尾の分かれた黒い悪魔ですね
ドイツ空軍で使われていた綽名といわれていて日本軍は関係ないですね。
981 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 09:31:44.92 ID:VUDgiccw
日本版Wikipediaの書き方が悪すぎるんだよなあ
これだとドイツじゃなくて日本でそう呼ばれたと誤解されてもしょうがないよ
忘れてなかったら今晩にでもドイツ生まれの綽名だとわかるよう編集してみる
英語版で日本軍がそう呼んだことにされている
「2飛行機、1パイロット」は知らなかったけど、こっちも正直眉唾w
982 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 09:51:24.21 ID:dZYYf52O
日本軍は「ペロハチ」としか呼んでいない
983 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 10:38:27.36 ID:wlRslKK8
ドイツ軍に取っては驚異的な性能だったけど
日本軍にとっては雑魚だったから仕方ない
984 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 11:26:47.18 ID:0NMELj+a
>>975
>>976
thx
985 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 13:10:22.99 ID:RItzCAiy
>979
欧州戦線でP-38は驚異的な性能を示し、独軍パイロットは「Gabel schwanz teufel」と呼んで恐れている。
‥初出は1943年のpopular scienceってアメリカの雑誌で、戦時中にドイツ側でそういう呼び方をしていた証拠は無し。

戦時中の日本報道で「無敵ゼロ戦。米Pはゼロファイターと呼んでガクブルってるで〜」ってのと一緒、
自国でやったプロパン報道が、戦後に事実(都市伝説)として定着したものですわよ
986 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 14:49:13.45 ID:4LuNKirb
実際、P-38が容易に撃墜できたというケースは、日本側の記録にも殆ど見られない(ソースは梅本弘『陸軍戦闘隊撃墜戦記〈1〉中国大陸の隼戦闘隊1943‐45年』)

>>983
全く逆
太平洋戦線では終戦まで大航続力と速度による一撃離脱で活躍している(最後の空戦は47戦隊の疾風に勝ち越している)が、
ドイツ機の方も高速一撃離脱を徹底していたヨーロッパでは、爆撃機の護衛任務をP-47やP-51に譲り、戦闘爆撃任務に回された
987 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 17:41:24.97 ID:JJ2FhK/F
P-38 そんなに簡単に堕とせるなら山本五十六守り切れよwww 

て感じだしな
988 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 17:57:52.61 ID:3ULjW/A4
http://books.google.co.jp/books?id=id9kQCuqepQC&pg=PA125&lpg=PA125

1943年8月25日、Bf-109相手に13機のP-38が戦果なしに撃墜された

西部戦線のエース、クルト・ビューリンゲンは
「P-38は燃えやすく、上昇力に乏しかった」

アドルフ・ガラント将軍は
「Me-110と同様に欠点がある。当方の戦闘機の方が明らかに優れていた」
989 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 18:25:14.93 ID:RItzCAiy
直衛や戦術爆撃任務で飛んでくる戦闘機に対して、迎撃戦闘機側が
(任務阻止率ならともかく)撃墜数を競っても無意味。
護衛任務の下手さと無理解、迎撃任務におけるフリーハンティングと
(手強い爆撃機を避けて)戦闘機に群がる性向、ってのは日独戦闘機隊に
共通の欠点だね〜
990 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 19:20:17.29 ID:cyV1nje4
潜水艦が敵の潜水艦や駆逐艦による雷撃を察知したら
やはり疑似魚雷をばらまいて逃げるしかないのでしょうか
991 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 19:26:30.24 ID:LhGptfPJ
「でしょうか」
992 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 19:53:20.43 ID:dzWlNRxG
疑似魚雷という言葉まで作って
993 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:28:49.89 ID:cyV1nje4
あ、疑似魚雷というものはないんですか
じゃあ潜水艦の運動性なんてたかが知れてますし撃たれたら終わりってことですね
ありがとうございましたw
994 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:33:11.88 ID:LhGptfPJ
以上典型的な「でしょうか」バカでした
995 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:35:58.53 ID:cyV1nje4
996 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:36:52.52 ID:cyV1nje4
産め
997 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:37:16.82 ID:cyV1nje4
埋め
998 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:37:37.90 ID:cyV1nje4
死ねキチガイ
999 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:37:56.05 ID:cyV1nje4
バーカ
1000 :
名無し三等兵
2016/12/01(木) 20:38:29.63 ID:cyV1nje4
クソスレ終了
1001 :
1001
Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 20日 4時間 14分 25秒
1002 :
1002
Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php
540KB
レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
★スマホ版★■掲示板に戻る■全部前100次100最新50
rm
lud20170305055538c
このスレへの固定リンク: http://2chb.net/r/army/1478849044/
ヒント:2chスレのurlに http://xxxx.2chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | 動画:Youtube fc2 Tube8 xvideo pornhost >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 870 [無断転載禁止]©2ch.netYouTube動画>4本 ->画像>51枚 」を見た人も見ています:
200円カレー、都内に初進出 しかも旨そう、食べて応援 [無断転載禁止]©2ch.net [239799309]->動画>10本->画像>74枚
【動画】女子中学生たちがvineでアウロリ動画を量産してるwwwww [無断転載禁止]©2ch.net
【この娘誰?】気楽に詳細を聞いてみるスレin半角 92 ©bbspink.com ->動画>209本->画像>786枚
【画像】女子小学生がマンコが見えそうなショートパンツを履いてる [342992884]->動画>10本->画像>241枚
山岳での兵站とロジスティクスについて語るスレ [無断転載禁止]©2ch.net->動画>4本
なんJの女子小学生画像スレがやばすぎると話題に 高画質のピチピチ肌や膨らみかけの胸とかアカンわ->動画>6本->画像>111枚
ヒラリー、サンダースとの支持率の差が一気に2%まで縮まる ちな去年は61%vs30%で圧勝していた模様 始まるぞ全米で社会主義革命が [無断転載禁止]©2ch.net [204160824]->->画像>24枚
女子中学生の体が一番エロいとう現実をこのスレで証明してやろう[悪魔のリドル] [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>849枚
神ロリ画像サイト、発見される->->画像>22枚
女子小中学生の膨らみかけのおっぱいんごwwwww->->画像>147枚
女子中学生のおっぱいで抜く奴wwwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>24枚
★☆最高の盗撮ビデオ☆★ その35->動画>2本->画像>64枚
身近なオバサンで抜いたことは?? [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>85枚
原久美子->動画>2本->画像>126枚
ぎゃはは先輩ざまあみやがれwwwwwwwwwwwwwww [無断転載禁止]©bbspink.com
【ペニス】シリコンボール・シリコンリング->->画像>44枚
男の陰部 レーザー脱毛 part.9 ->->画像>4枚
【胸ちら】乳首まで見えてしまった体験談【偶然】19->動画>8本->画像>44枚
コートコーポレーション82 coat [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>37枚
信長 6 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>1枚
【身内】近親相姦したい【大好き】->動画>2本->画像>118枚
名作PC98エロゲーを語ろう 8->動画>3本->画像>41枚
aquadressのマイクロビキニのモデルが超かわいい 9 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>12本->画像>1402枚
【すすきの】 六條&札幌秘書倶楽部 その4->->画像>2枚
女子小学生のツルツルオマンコ
陰核包皮切除術(クリトリス包茎のオペ)->->画像>23枚
この女子中学生の画像ヤバすぎww [無断転載禁止]©2ch.net->->画像>2枚
【TPE】 中華製ラブドールスレ 7 【シリコン】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>21本->画像>50枚
女子小中学生の膨らみかけのおっぱいwww->->画像>388枚
年明け最初のセフロリ画像スレ [無断転載禁止]©2ch.net ->動画>4本->画像>1458枚
ふとももフルのホットパンツ黒ニーワ落q小学生←今の時期多いけどマジ性兵器 ->->画像>2枚
柏原芳恵->動画>76本->画像>145枚
小学生のSEXが盗撮され拡散中 [無断転載禁止]©2ch.net [841955769]->画像>148枚
JSのパンチラ->->画像>29枚
【川崎・堀之内】京都妻・お姉京都・アネモネ 41【京都G】 ©bbspink.com ->動画>2本->画像>7枚
中学生ぐらいの男の子に妻を抱かせたい->動画>3本->画像>60枚
【ロリ】XVIDEOSのロリコン向け動画【JK】 4->動画>793本->画像>44枚
【深夜の】藤井彩子【女子アナ】->->画像>499枚
【朝ズバッ!】岡安弥生 4【ムチムチ☆リポート】->動画>3本->画像>166枚
可愛いくて気になってたママ友がヤリマンだった。 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>309枚
【黒アワビ】岡副麻希アナ 5センチ“マンスジ”放送事故 そのスジ深さにパイパン疑惑の声 [無断転載禁止]©2ch.net ->->画像>21枚
【熟女】エロ画像ゲスの極み!その106【一枚】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>6本->画像>1346枚
★真面目に見えて実はエッチな熟有名人★->->画像>13枚
女子体操->動画>14本->画像>847枚
【無謀視】熟女盗撮【無警戒】->->画像>33枚
【熟女】エロ画像どんどん集めろ!その77【○序H】 ©bbspink.com ->動画>10本->画像>1192枚
今日見たチンポ【会社・学校・ジム・銭湯等】39本目©bbspink.com ->画像>4128枚
吉原 ラビアンローズ part53 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>1枚
★巨乳ちゃんゴングショー 売上議論19419★ [無断転載禁止]©2ch.net->動画>6本->画像>51枚
▼▼▼▼▼真性ブルマーフェチ31枚目▼▼▼▼▼ [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>8本->画像>453枚
病院で浣腸されたい->動画>2本->画像>14枚
温泉ジャーナリストミナの画像をうpするスレ [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>2本->画像>21枚
【前立腺】エネマグラ Part80【ドライオーガズム】©bbspink.com ->動画>4本->画像>12枚
芋な女子中学生が好き7->動画>4本->画像>192枚
ショートパンツの隙間パンチラ 保存会場 ©bbspink.com ->画像>281枚
デジテンツ総合 [無断転載禁止]©bbspink.com ->->画像>5枚
【JS】女子小学生 高学年画像スレPart37【JS】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>6本->画像>876枚
☆寺本明日香☆->動画>36本->画像>87枚
【おしっこ我慢】前押さえフェチ16【おもらし寸前】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>127本->画像>29枚
【巨乳】おっぱいが大きい子 Part.2【胸】->画像>699枚
【制服】膝の裏フェチです【最高】->->画像>48枚
【CFNM】ちんちん見〜ちゃった☆Part59【キャ〜♪】 [無断転載禁止]©bbspink.com ->動画>10本->画像>85枚
美咲千春が!!->->画像>401枚
ピクセラの自デジPCってどうよ
ジェイゾロフト/Jzoloft part17【ま、いっかぁ〜】
日本人男性を去勢する->画像>30枚
04:02:32 up 79 days, 5:12, 5 users, load average: 3.45, 3.03, 3.01

in 0.072641849517822 sec @0.072641849517822@e11 on 081517